category: 100分de名著

100分de名著 呉兢“貞観政要”(2)「判断の座標軸を持て」太宗・李世民は、巧みなたとえを駆使して…

No image

出典:『100分de名著 呉兢“貞観政要”(2)「判断の座標軸を持て」』の番組情報(EPGから引用)100分de名著 呉兢“貞観政要”(2)「判断の座標軸を持て」[解][字]「判断をする上でいかにきちんとした基準をもてるか?」は、リーダーの最も大切な条件の一つである。太宗・李世民は、巧みなたとえを駆使して判断の座標軸を示していく。詳細情報番組内容「判断をする上でいかにきちんとした基準をもてるか?」 これはリ...

100分de名著 呉兢“貞観政要”(1)「優れたリーダーの条件」 貞観政要、「何もしないのが理想のリーダーだ」と…

No image

出典:『100分de名著 呉兢“貞観政要”(1)「優れたリーダーの条件」』の番組情報(EPGから引用)100分de名著 呉兢“貞観政要” [新](1)「優れたリーダーの条件」[解][字]「世界最高のリーダー論」の一つといわれる「貞観政要」。意外にも「何もしないのが理想のリーダーだ」と記されている。その真意とは? 理想のリーダー像を読み解く。詳細情報番組内容「世界最高のリーダー論」の一つといわれる「貞観政要」。...

100分de名著 ドストエフスキー“カラマーゾフの兄弟”(1)過剰なる家族・作品の基本設定からみえる作者の世界観…

No image

出典:『100分de名著 ドストエフスキー“カラマーゾフの兄弟”(1)過剰なる家族』の番組情報(EPGから引用)100分de名著 ドストエフスキー“カラマーゾフの兄弟”[新](1)過剰なる家族[解][字]地主フョードル・カラマーゾフの三人の息子、熱血漢の長男ドミートリー、無神論者の次男イワン、修道僧の末弟アリョーシャ。作品の基本設定からみえる作者の世界観とは?詳細情報番組内容田舎地主フョードル・カラマーゾフの...

100分de名著 西田幾多郎“善の研究” 第4回「“生”と“死”を超えて」・晩年にたどり着いた「絶対矛盾的自己同一」…

No image

出典:『100分de名著 西田幾多郎“善の研究” 第4回「“生”と“死”を超えて」』の番組情報(EPGから引用)100分de名著 西田幾多郎“善の研究”[終] 第4回「“生”と“死”を超えて」[解][字]西田が晩年にたどり着いたのが「絶対矛盾的自己同一」という概念だ。主観と客観、一と多といった一見対立する者同士が実は相補的であり根源においては同一であるという。詳細情報番組内容西田が晩年にたどり着いたのが「絶対矛盾的自己...

100分de名著 西田幾多郎“善の研究” 第3回「“純粋経験”と“実在”」音楽を聴くという体験は単なる物質過程では…

No image

出典:『100分de名著 西田幾多郎“善の研究” 第3回「“純粋経験”と“実在”」』の番組情報(EPGから引用)100分de名著 西田幾多郎“善の研究” 第3回「“純粋経験”と“実在”」[解][字]音楽を聴くという体験は単なる物質過程ではない。主体も客体も分離される以前のあるがままの「純粋経験」が何にも先立って存在する。そこにたち現れる「実在」とは何か?詳細情報番組内容音楽を聴くという体験は音源から伝わる空気の振動...