超踊る!さんま御殿!! サンタ美女が大騒ぎ!超豪華有名人の聖夜祭 泉ピン子から天才子役まで・ラグビー代表ら…


出典:『超踊る!さんま御殿!!サンタ美女が大騒ぎ!超豪華有名人の聖夜祭』の番組情報(EPGから引用)


超踊る!さんま御殿!!サンタ美女が大騒ぎ!超豪華有名人の聖夜祭[字]


今夜は4時間笑いっぱなし!①泉ピン子から天才子役まで世代間バトル勃発②ブレイク芸人&俳優陣がさんまと激突③サンタ姿でクセ強め女子会④ラグビー代表ら名場面大公開!


詳細情報

出演者

明石家さんま/泉ピン子、神田松之丞、チョコレートプラネット、中尾明慶、生見愛瑠、ねお、羽鳥慎一、ヒロミ、向井地美音、村上佳菜子、村山輝星、矢田亜希子/清野菜名、佐藤二朗、白石聖/アンジャッシュ、EXIT、中山秀征、ハリセンボン、宮下草薙/稲田直樹、王林、くわばたりえ、河野景子、小峠英二、SHELLY、高見侑里、滝沢カレン、富田望生、丸山桂里奈、みやぞん、ゆきぽよ/デヴィ夫人、土屋炎伽、若槻千夏、他

番組内容

泉ピン子がTT兄弟披露でチョコプラ困惑!?人気子役きらりちゃんにさんま本気の説教!初登場の神田松之丞が衝撃発言!清野菜名がエゴサで激怒&佐藤二朗は緊張で大パニック!イマドキ芸人EXIT&宮下草薙VSアンジャッシュ!デヴィ夫人もコスプレで参戦!ヤバい女に大久保&あさこ吠える!カレン&王林&丸山最強トリオの暴走にさんま引退!?みやぞん&ゆきぽよの恋の行方もシェリーの離婚もイジりまくりで名場面も一挙大放出!


『超踊る!さんま御殿!!サンタ美女が大騒ぎ!超豪華有名人の聖夜祭』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

超踊る!さんま御殿!! サンタ美女が大騒ぎ!超豪華有名人の聖夜祭
  1. ホント
  2. お前
  3. ヒロミ
  4. 児嶋
  5. 渡部
  6. 生見
  7. 長田
  8. 一同
  9. 若槻
  10. ウソ
  11. 大久保
  12. ダメ
  13. 中山
  14. 全然
  15. 草薙
  16. 小峠
  17. 松尾
  18. アカン
  19. 羽鳥
  20. 結構


『超踊る!さんま御殿!!サンタ美女が大騒ぎ!超豪華有名人の聖夜祭』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

<『さんま御殿‼』…>

(松尾) 現実~。

(さんま) 財前直見。

<そして!>

<さらに

1年間の総決算 豪華ゲストの
傑作トークを大公開>

<まず 1組目は…>

(生見) あっ 言う。

ぴえ~ん!

<そして…>

おいしかったの?

ワ~オ!

<さらに…>

(泉)
♪~ T! TT! TT T T

違うの?

♬~

お願いします。

<おしゃべりサンタが
日本中に 笑いをプレゼント>

<当御殿の主人
明石家さんまです>

(ヒロミ) さんちゃん! さんちゃん!
「さんちゃん」じゃないねん。

(泉) さんちゃ~ん!

ピン子さん ピン子さんまで。

(ヒロミ) ピン子! ピン子 ピン子!

ピン子! ピン子!

いやいや ホントにタイプなのよ。

昔から それは
おっしゃっていただいて。

でも こうして
子役が横にいると

何か 殴りそうな勢いですよね。

やっぱり えなり君を殴った…。

バカ 殴られるほうよ
こっちは もう。

余命いくばくもないんだから
あんた。

チンチン つまんで
おしっこさせてたなんて

そば通ったら あんた

じんましん できたら 嫌よね
泣く 私も。

何の話 してらっしゃるんですか?
(笑い)

(長田) 1つも分からない。
(ヒロミ) 飛ばし過ぎですから。

飛ばし過ぎ
ごめんなさいね ごめんなさいね。

エンジンかかっちゃってるんです
すいません。

ひとつ よろしく ピン子さん
お願いいたします。

そして 今日 初めての方が
5組も いらっしゃって。

ムカイさん。
(向井地) ムカイチです。

向井地っていうのか。
向井地美音と申します。

君が AKBの
今のキャプテンなの?

3代目 総監督に 4月から
就任させていただいてます。

初めてなので
だいぶ緊張してるんですけど…。

どれ? どれが?

あっ 私が。

(ヒロミ) ねぇ おじさん おじさん
それ ダメ あのさ…。

(松尾) うっ!てなったの
分かりましたもん。

(ヒロミ) 急にさ…。

若い子が しゃべってるんだから
素に戻るの やめて。

この番組なのか AKBなのか
ということや。

(向井地)
この番組が緊張なんですけど。

今日 でも
若い側で来てるんですけど

AKBでは もう 最近
若くて10歳の子が

受かったみたい… そう ホント。

9歳やもんね 9歳ですから

ピン子さんを抜くのに 63年間。

怖いやろ? ごめんな。

電気 来てない? 静電気。

(輝星) 大丈夫。
乾燥してるから 手が。

(泉) いや ホント!
スマホが動かないのよ。

知らんがな。

(泉) 動かないのよ!
(羽鳥) 悲しい 悲しいな。

え~ ねおちゃん
ねおちゃんは いくつですか?

18歳です。
まだ?

挨拶があるんですけど
やってもいいですか?

いやいや ダメです ダメです。
(ねお) えっ?

やらせてください。
おもしろいんですか? それ。

(ねお) インパクトがあるので!
行きます。

はい どうも こんにちは ねおです
シャキン よろしくお願いします。

(泉) つまんないわね。
えっ!

今 若い子の中では
挨拶に こう…。

シャキンとか使うの?

(向井地) それは ねおちゃんの。
自分の時なんですけど。

一応 何か
決まりのポーズを作るんだ。

(ねお) そうなんです。
はぁ~。

明石家さんまです シャッキン
とかでもいいんだ。

(ねお) うれしい!

え~ そして 生見さん。
(生見) は~い。

(生見) はっぴーす めるるです
お願いします。

おめでとうございます。

何が おめでとうございます?

もうすぐ 正月だなと思って。

こうするのが 君のポーズなの?
(生見) 違います。

私は こうです はっぴーす。
はっぴ… 何なの?

「はっぴーす」です。
はっぴーす。

そんな発音ちゃう はっぴーすって
どんな発音やったっけ?

Hapeace.

えっ! 英語できるんですか?

それで 話題になってんから
発音で。

(生見) おぉ!
じゃあ ハイシュクール スチューデントに…。

何?

ハイチュクール スチューデント?

何だっけ
ハイスチュール スクーデントに通ってる?

そういうわけじゃ ない。
(生見) そういうわけじゃ ない。

インターに通ってるかってことを
聞きたいわけ?

(輝星)
でも 学校でも 英語の授業。

普通の学校なんですけど
英語の授業があって。

普通の学校なのか。
(輝星) 1年生から。

でも まだ あの スペルで

3文字のスペルしか やってない。

あっ こんだけ しゃべれるのに
書くのは。

(輝星) 私自身も そんなに
しゃべれるってわけじゃ ない。

ウソやん!
(一同) えぇ~。

えっ?
つくられたもんなの? あれは。

違う~。
そやろ?

そやろ? びっくりしたわ。

ちゃんと できるんでしょ 英語は。

(輝星) うん。
まぁ そやよね。

(ヒロミ) でも 若いから
やっぱ 耳も いいんじゃない?

もう ほら もう…。

(泉) 私たち あんた
「ギブ ミー チョコレート」よ。

ごめんなさい 今 言っちゃった。

「ギブ ミー チョコ」 「私たちは
ギブ ミー チョコレートよ」。

「ギブ ミー チョコレート」
どう発音するの?

(輝星) Give me chocolate.

(一同) おぉ~!

(羽鳥) すごいね。

そして。
(松之丞) よろしくお願いします。

お会いは してるんですけどね
この番組 初めてですかね?

(松之丞) お会いしてないですよ。
いや してますよ。

(松之丞) いえいえ
えっ? いやいや いやいや。

いや… あれ?
≪どっちだ?≫

何よ! 何よ!
(松之丞) ホントに 僕は…。

大物だから分かるんですけど
してないんですよ 絶対。

だって さっき 楽屋に ご挨拶
行った時に ディレクターが

「さんまさん どんな人ですか?」
っつったら

「いつもどおり 明るくて
最高の人だよ」って言って。

ガチャンって開けたら
死ぬほど暗くて

「おぉ」って
これで終わったんですよ。

1人で騒いでられへんやろ 俺も
楽屋でな。

「うわ~ 座布団や!」とか… なぁ。

ひとつ よろしく 皆さん
今日は お願いいたします。

(一同) お願いします。
さぁ このテーマからです どうぞ。



なぁ…。

分かった じゃあ。

断るのが。

ハックション!

ハクシュン!

ハ~ックシュン‼

≪ハ~ックシュン‼≫

確かに くしゃみとかも
遠慮しなくなるし。

うち 奥さんも
昔は 結婚した当初は

「クン クン」ってやってたの
子犬みたいだねっつってたのが

今は ホント
加トちゃんみたいだもんね。

普通に ちゃんと やるもんね。

≪そんなですか?≫
いや ホント ホント。

(長田) ヘ~ックシュン!
ってやつですか?

どんな 加トちゃん どんな?
(長田) ヘ~ックシュン!

そんな…。
(松尾) だいぶ変わってますよ。

矢田さんなんか どう?
(矢田) 私も もう。

まだ? まだ大丈夫か。
いやいや めっちゃ大きいです。

あれは 結婚してから
子供 産んでからかな。

女子が変わるのは。

中尾 どうや? お前のとこ。
(中尾) そうですね…。

最近 でも 僕ら 夫婦で CMとか
やらせてもらっちゃってるから

あんまり ネガティブなこと
言いづらいんですよね。

(笑い)

(ヒロミ) お前!
営業に走るんじゃねえよ お前!

ホントに! ホントに!

ちょっとした小銭も欲しいしな。

そうか 夫婦円満の。
(中尾) イメージとかあるから。

悪く言ったりできないしな。
しにくくなりますね やっぱりね。

CMがあると アカンよな。

(中尾) そうですね どうしても
仲いいイメージですから。

これは そうそうそう
離婚の話し合いの時でも

「ごめんなさい CM
終わってからにしてくれる?」。

何でやねん!いう話。

何で お前のCMのオンエア終わるまで
待たなアカンねんっていう。

(松尾) そんなん あったんですか。

あるよ お前らも これから
そういうの ぶつかると思う。

矢田さん 分かるでしょ これ
俺が言ってるのは。

そうでしょうね。

(笑い)

≪「そうでしょうね」≫
そうでしょうね。

まずは こちら
長田から お願いします。

あの~
ピン子さんになんですけれども。

僕ら TT兄弟っていう
ネタがありまして。

♪~ T! TT! TTTT!

他の番組で お会いした時に

「あのTT兄弟っていうネタ 何?」
「知ってくださってるんですか?」。

「知ってる 知ってる あれ もう
めちゃくちゃ好きなのよ」。

「ホントですか!
めちゃくちゃ うれしいです」。

「そうなのよ あのリズムがね

すごい 耳に残って」
「うれしいな」。

「♪~ T T TTTT T」。

気持ち悪いリズム。

ピン子さん 違います
全然 違います リズムが。

でも あんた 年 取ると
そういうふうに聞こえるのよ。

番組の最中 やって
いただくんですけど 全然 違う。

♪~ TTT TT

言いなさいよ だったら。
(長田) 言えない 言えないです。

何やかんや 時代が
音楽 違うから。

(長田)
ちょっと やっぱね リズムの。

(泉) あれ 違ってたの?

(長田) リズムも 何か
古いリズムなんですよ 何か。

TT兄弟。

♪~ T! TT! TT T T

違うの?

(松尾) ちょっと違う。
違う?

ちょっと 何か
軍艦マーチみたいな。

そうそう おいらでも
完コピはできないねんけど

この子ら できんのか?
お前 TT。

(生見) 行きますよ せ~の。

♪~ T! TT! TTTT!

(泉) どこが違うのよ。
(長田) 完璧。

(泉) 私の耳には
同じにしか聞こえない。

あぁ そやから 曲 入るところが
今 ちゃうのやろ。

裏から入るのやろ 今の
裏から 裏打ちから

入るらしいねんけど。
えぇ~。

俺 裏から入るって分かれへんねん
ヒロミ 分かる? 裏から。

分かんない だって 俺 カラオケで
線が出てても分かんないもん。

あぁ…。

そうやよな…
彼女も TT 好きなんだ。

(輝星) うん。
(松尾) ホントに?

学校で みんな
みんな もう 廊下 歩く時でも。

ウソやん!

そんな流行ってんの? TT兄弟。
最初 結構 若者 流行ってて

そっから お母さんとかが やって
次 子供に行って。

今 めちゃくちゃ小っちゃい子

ホントに
1歳 2歳ぐらいの子供が。

T 言えないんです だから
♪~ チィ チチィ

…みたいな
めちゃくちゃ かわいいんですよ。

ごめん できれば そこ
インフルエンザって言うてくださいね。

(長田) いやいや…。
(佳菜子) すごい。

(長田) まだ無理です
無理ですよ 9歳で。

(羽鳥) 萎縮します。
(ヒロミ) 今のはダメ 今のはダメ。

今のダメ ごめんなさいね
ごめんなさいね。

(羽鳥) 戸惑ってる。
あの…。

みんな… あの 先生は

勉強が流行るように
してほしいらしいんですけど

もう みんな TT兄弟やってる。

(一同) あぁ~。
(長田:松尾) うれしい。

うれT!
T!

≪T!≫

あの~ 私 この間 撮影…。

(泉) それ ばかにしてる。

生見さん。
(生見) はい めるるなんですけど。

えっ?
「めるる」で 3文字なんで。

「めるる」で覚えたほうがええのか。
はい めるるって呼んでください。

愛瑠やろ? ホンマは。
(生見) そうです 愛瑠です。

「る」 1つ 多くなるの? 何でや?

『Popteen』なんですけど…。
(笑い)

≪「何でや?」って≫
≪まぁ 確かに≫

そうですよね
愛瑠さんですもんね。

愛瑠ちゃんでええやんか
おのののかみたいに言うな アホ。

(泉) ついて行けないの
もうちょっと…。

何ですか?
えっ 何ですか?

早過ぎて ピン子さん分からない。

分かりました
ゆっくり しゃべりますね。

あの~ 私 この間 撮影…。

(泉) それ ばかにしてる。

(松尾) 難しいな。
(羽鳥) 難しい 難しい。

自分のテンポでいい
ピン子さん 置き去りにしよう。

(生見) この間 撮影あった時に
撮影が

普段より早く終わったんですよ
巻いて終わったので

「いちきたして帰りますね」って。
えっ 何て?

「いちきたしてから 撮影
向かいます」って言ったんですよ。

いちき?
(生見) 「いちきた」。

「いちきた」?
(生見) はい そしたら

スタッフさん全員が
「ん?」って言われて。

「いちきたって使わないですか?」
ってなったんですよ。

私たち 使いますよね。
(ねお) 使う めっちゃ使う。

「いちきたしますから」
って言うのか。

いったん帰宅っていうことを。
(ヒロミ) いったん帰宅を「いちきた」。

えっ いったん帰宅を「いちきた」?
「いちきた」って言います。

「いっきた」のほうが
ええのちゃうのか?

(生見) かわいくないです!
あっ かわいく…。

かわいく… あっ 「いちきた」に
かわいさがあるの?

小さい「つ」は
かわいくないんですよ。

(羽鳥)
小さい「つ」は かわいくない?

文字 打つ時とかも
「っ」は打たないです 私。

(ねお) 愛瑠ちゃんって めるる語
っていうのがあるんですよ。

なので 絶対 「っ」を抜かして
書くので

マジで 何 言ってるか分からない
っていう。

ねぇ ひどい! ねぇ マジ ケンカ。
うわ!

(ねお) 何か めるる語
ちょっと 教えて…。

分かりました じゃあ

「よろしくおねしゃす がんばるる」
っていう感じなんですけど。

何が?
(ねお) 分かんないですよね。

俺 ちょっと いちきたするわ。

(羽鳥) ダメです ダメです。
いちきた。

俺とピン子さんとかヒロミは
弥次喜多の時代やからな。

(羽鳥) 弥次さん喜多さん。
弥次喜多。

やじきたって何ですか?
やじきた?

いちきたって何ですか?
そう言うのやったら。

いったん帰宅です。

(向井地) やじ馬みたいな?
ちゃう ちゃう ちゃう 名前 名前。

弥次喜多。
(生見) やじ馬が来たかと思った。

(泉) あぁ。
やじ馬が来た。

(長田) やじ馬も
馬になってましたよ 今。

違う 馬じゃ ないよ。

(生見) やじ馬って 馬じゃ ない?
おい 待て。

(長田)
やじ馬って 違うよ? えっ?

お前ら やじの馬やと思うの?
やじ馬かと思いました。

う~わ。

(ヒロミ) でも 人が集まった時
「やじ馬だ やじ馬 いっぱいいる」。

人が馬みたいに せかせか
集まるから やじ馬みたいな。

まぁまぁ 近い。

何で 近づく?

(ヒロミ) そのまま
遠いまんまでいてほしかったわ。

なぜ 近づく?

やった~。

そうそう みんなが 火事なんか
ぶわ~っと集まったり

ケンカしてる人たちを見て
わ~っと集まるのをやじ馬。

さんまさんみたいなことですか?

そういうこと… 何でやねん!

俺 何でも寄って行かへん。

(長田) さんまさん
1人で やじ馬だから。

(生見) なるほど。

(長田)
1人でいい 集まらんでいいの。

孤独な やじ馬?

「いちきた」だけか?
今 新しい言葉は。

あと あれです 「ぴえん」。
あっ 言う 「ぴえん」。

泣くこと?
(生見) はい はい はい はい。

若い子は みんな 「ぴえん」です。
「ぴえん」って どこで使うねん。

泣いてる時に
「ぴえ~ん」って言うだけ?

違う 違う! 何か 何か…。

(向井地) 「タピオカ 売ってなかった
ぴえん」みたいな

そういう感じです。

ホントの時は
言わないんですよ だから。

さっきの「マジ ケンカ」とかって

ホントのケンカの時は
「マジ ケンカ」って言わない。

「てめぇ この野郎!」ってなるのに
「マジ ケンカ」とか言ってるけど。

「ぴえ~ん」って付けるの? それは
LINEとかに載せるのか。

(向井地) そうです。
ぜひ皆さんも使ってみてください。

というて
小学生は使ってないねんもんね。

(輝星) うん 分からなかった。
「いちきた」も。

高校時代で終わるらしいんやな。
≪そうなんですか?≫

マジ卍って 誰も やってないやろ。
確かに。

≪マジ卍は ちょっと
よく分かんないです≫

あっ お前らは 時代が違うのか。

(ヒロミ) ほんのちょっとなんだね
ほんのちょっとの。

使って 3年間らしい。
(羽鳥) うわ~。

(ヒロミ) だから 俺たちは
覚える必要ねえんだよ。

そうですね そうですね。
≪いやいや いやいや!≫

ホントに そう。
そんなもん覚えてたら大変だよ。

おじ様たちが 「ぴえん」使ってたら
好きになっちゃいます。

何が?
使ってる!と思って 好きになる。

俺が 「ぴえん」使って
好きになるの?

(ねお) うれしいです 何か
距離 近くなった感じがして。

「ぴえん」って使ったら?
(ヒロミ) 使う気だよ あの人。

今 やる気満々でしたよ。
(ヒロミ) やる気満々だよ。

(佳菜子) でも ここでも やっぱ
結構 ジェネレーションギャップ  感じます。

村上 20…。
(佳菜子)25歳になるんですけど。

何ひとつ分かんなかったです。
「いちきた」 使わないですか?

使わないです
初めて 今日 初めて聞きました。

俺も 今 初めて聞いてん
「いちきた」は。

ワンチャンとかって使いますか?
ワンチャンは。

ワンチャンは伝わるんですけど
スタッフさんに。

ノーチャンとかフルチャン
って言うと 伝わらないです。

(ヒロミ)
ノーチャンは ノー チャンス?

ノー チャンスやろ 要するに。
「その日は ノーチャンだわ」。

使ってた。
俺も使ったけど。

フルチンは使ってない フルチン。
(生見) 違うよ 違う。

それ 完全に
フルチンになってますから 今。

(長田) おじさん!
嫌なおじさんだわ~。

ぴえ~ん!

修学旅行もネットで行くんですよ。
ネットで行く?

修学旅行 ネットで行く?

(長田) みんなで教室で… 怖っ!

羽鳥君 お願いします。

これ言うと ホント おじさんだな
と思われるんですけども

最近の若い人が
メモをとらないんです。

(一同) あぁ~。

手帳 持ってないしな。
(羽鳥) 手帳は持ってない。

書くっていう動作をしない。

先輩が後輩に 上司が部下に
とかっていう時に

説明しようとすると

「すいません
録音していいですか?」。

(一同) あぁ~。

あと ボードに いろいろ書いて
いいな?とか言うじゃないですか。

そうすると 「すいません
写真 撮っていいですか?」。

時代だから いいんですけど。
書かない。

鉛筆とかボールペン
持ってないです。

(羽鳥) 出た。

高校時代は持って行ってたやろ?
もちろん。

いや 今 学生なんですけど
持って行かないです。

全部 ネットで 宿題とかも
授業とかもネットで見て。

修学旅行もネットで行くんですよ。
ネットで行く?

修学旅行 ネットで行く?

(長田) VRで行く?
VR?

(長田) 怖っ! みんなで教室で…
怖っ!

楽しそう。
(ヒロミ) どういうこと?

(生見) 自分のキャラがいて
アプリの中に。

入学式とかも
アプリで出るんですよ。

(長田) アバターで行く?

そうです そうです。
(ヒロミ)学校は成立するの? それで。

(生見) 成立してます
だって 行ってますもん。

何が?
(ヒロミ) 何の学校? それ。

(羽鳥) 実際 旅行 行かない…?
行かないです 行かないです。

それで 修学旅行 行ったことに
学校は してくれるの?

(生見) もちろん もちろん。
(一同) えぇ~?

(ヒロミ) ネット学校なの?
(生見) はい。

ネット学校 普通の学校じゃ ない
通信のネット学校。

(羽鳥) そういうことか。

要するに
その修学旅行 楽しいの?

楽しくないですね。
そやろ?

はい。
(長田) 楽しくないんかい!

いや 楽しくないんかい!

はぁ~ すごい。

あっ もう 矢田
全然 ついて行けないみたいやな。

(矢田) 全然 分かんないです
もう びっくりしました。

(生見) あら~!
あら~!やない。

(中尾) でも メモでいうと
もう 台本とかも…。

えっ?
台本も もう なくなって来てます。

(羽鳥) えっ!
(矢田) データで送られて来たり。

(中尾) 変更点が出ても

助監督さんが すり替えてくれたら
もう 変更は入ってるし。

台本の直しが
今 スマホに来るの?

(中尾) 直しというか 台本自体が
ないんです 紙は なくなって。

でも あんのやろ? 台本は
あんのやろ? 現場とか。

(矢田)
最終的には 本に来ますけど

でも 準備稿とか 決定も
全部 データで来るので。

ばばあは ついて行けません!

下手に消しちゃってごらん
ゴミ箱 触って。

知らんがな。

何で… 何で ゴミ箱 触るかな。

いやいや
触っちゃいけないと思って。

(ヒロミ) 触っちゃいけないと思うと
触っちゃうんでしょ?

まだ 鉛筆 使ってるでしょ?
もちろん 授業は。

はい。
鉛筆と。

何か やっぱり
HBとか 2Bとか…。

(一同) あぁ~!

≪久しぶりに聞いたな≫

あの 1年生の時は
2B 使ってたんですけど。

軟らかいやつね 軟らかい。

今は ちょっと B 使ってる。

(羽鳥)
今 B イエ~イ イエ~イ!

2Bで 今 B。
(泉) 今 選べんだ。

(ヒロミ) 昔は HBしか なかった。
そうですね。

2Bあった 2Bあった。

あったけど 大体 HBですよね。
HBやったな 大体。

(ねお:生見)
エッチビーって何ですか?

(一同) えぇ~!

(生見)
エイチビーじゃないんですか?

HB 知らない?
(ねお:生見) エイチビー。

Hの発音?
(ヒロミ) エイチビー?

そんなとこで細かく言うなよ お前
今まで 散々だったのに。

小っちゃい「つ」は
かわいくないんですって…。

HBや! お前 張り倒すぞ ボケ!

怖いんだけど。

「HB」や
「張り倒すぞ ボケ」でええやろ。

(一同) あぁ~!

(長田) 何だ~ おい おい おい!

≪天才!≫
何だよ~!

矢田さん お願いします。
(矢田) はい 何か

中学生の子に「これ 使っていい?」
って言われて

「モチのロン」って
「モチのロン」って言ったら

もう 真剣に 「えっ 何が?」。

若い子?
そうです 中学生。

モチのロン 分からない?

分かりますけど ちょっと ダサめ。
そうか ダサいからだ。

そうか… でも 意味は分かる?
分かります 「もちろん」。

(向井地) 逆に使うって感じです
1周 回って 「モチのロン」。

1周 回って 使う
という感じらしい。

ダサいと思われて…。

(ヒロミ) 俺たちが聞いても
ちょっとダサいと思う。

(矢田) えぇ~!
(松尾) ちょっとショックでした。

矢田さんには使ってほしくない
「モチのロン」は やめて。

でも 何か 「もちろんだよ!」って。
(泉) 矢田さん。

72歳が聞いても ダサいと思う。

モチのロンは いつぐらい? あれ
流行ったのは。

ちょっと前でしょ。

かなり前
50年ぐらい前になるのかな。

「ドロンします」も一緒。
(泉) あっ 「ドロンします」。

それも分かるんだ 一応。
(生見) 忍者 忍者ですよね。

いや 忍者 違う 違う 違う。
(ヒロミ) 違う 違う。

「ドロンします」って
「もう帰ります」っていう。

(生見) ドロンって言うんですか!?
でも 何か ゲームとかで

ドロンって言いますよね。
それは ドローンやろ それ。

(生見) 「はい ドロン」みたいな。
(ヒロミ) ドローね それ 引き分けね。

それは ドローや。
ドローよ。

ドローも 発音が違うから
ドローは?

分かりません。
あっ そう。

(笑い)

ちょっと 「ドロウ」って
言ってくれりゃええだけやって。

もう 全部 何か
「ドロウ」とか言うたらええねん。

(佳菜子) すごい
アドバイスが大人過ぎる。

何回も共演してるから そろそろ
分かってくれてもええ頃や。

はぁ~ これは 要するに
講談とか やってらっしゃると

若い言葉 使えないですもんね
今の流行りとか。

入れるんだ? 講談の中に。

入れるんですけど
入れると 逆にダサいんですよね。

講談は。
(松之丞)「モチのロン」は最悪です。

(笑い)
めっちゃ言われてる。

でも その「モチのロン」をちゃんと
説明しなきゃいけなかった時に

何て説明したらいいんだろうって
思っちゃって。

「もちろん」を 「の」を入れただけの
遊びやね 要するに。

痩せてる人が
昔 「骨皮筋右衛門」とか

言うてた時代や
「モチのロン」って。

名前にしてんねんな。
そうですね。

だから ゴルフなんかは
4オンすると 「ローマフォーオン」とか。

ちょっと力んだら
「山本リキンダ」とか。

≪「山本リキンダ?」≫

(長田) ホンマですか? それ。
(松尾) どこまでが?

(長田)
作ってません? ホンマですか?
言ってました? みんな。

(羽鳥) そんな隙のないゴルフを
やってるんですか。

確かに バンカーとか入れると
「イヤン バンカ~ン」とか言うから。

確かに 確かに。
真骨頂 真骨頂。

(ヒロミ) もう ずっと だから
ゴルフやって バンって

右のOB 行ったら
「もう 俺の人生と一緒や」とか。

(笑いと拍手)

(羽鳥) 素晴らしい。
(ヒロミ) うるさいの うるさいの。

このブロックの最後 お願いします。
(松之丞) あっ 僕。

何か おじさんとか おばさんって
ちょっと こう 何ていったら…。

よく認識できてないんだな
ってことがあって。

普通に こう歩いてたんですよ
着物 着て。

そしたら 「あぁ!
見てますよ テレビ」っつって。

「どうも」っつって
ちょっと うれしいなと思って。

「見てますよ 志らく師匠」
って言われたんですよ。

そしたら あっ
おっさんとか おばさんって

もう 着物 イコール
志らく師匠なんだと思って 今。

ちょっと びっくりして
全然 違うじゃん 俺!と思って。

イメージって そやな。

(ヒロミ)
着物 見たら 今 そうかもな。

伊集院さんとかが デブタレでね
同じ石塚さんとかに

「何か 間違われる」とか言って…
視聴者として見てた時

いや そんなわけないじゃんと
思ってたけど

そんなの あるんだと思って
当たり前のように。

フルネームで ちゃんと認識されるまで
かなり かかるよ 芸能界。

お前らも間違う… まだ
名前 よう言わんやろ 2人とも。

(松尾) 全然。
街中で 「T」って言われます。

「TTTT」。

(松尾) 「T」か その前だったら
もうホント IKKOと 元彌って。

だから 「どんだけ~」と「そろり」
っていう。

(ヒロミ) チョコプラとも言われないんだ。
僕らの本名 知ってる人なんか

ほぼほぼ いない。
ほぼ いないよな。

中尾でも フルネームで
言われたことないやろ。

僕も 以前 声 掛けられて 「いつも
見てます」って言われたんで

「ありがとうございます」って
おばさんなんですけど

「3階級制覇 頑張ってね」って
井岡一翔君と間違われて。

(笑い)
(羽鳥) 似てる。

「あっ 頑張ります」とか言って。

成り済ましました 僕。
お前 体も鍛えてるし そうか~。

(松之丞) 確かに ああいうのって
成り済ましますよ。

志らく師匠を演じないと
志らく師匠に悪いと思うから。

あれ 「違います」言うのも
何か 悪いような気がするしな。

だから 芸名で ヒロミなんか
正解やねん これ 覚えやすい。

僕は ないから ヒロミだから
覚えやすいじゃない。

矢沢永吉さんに会った時に
「どうも はじめまして。

僕のこと 知ってますか?」
「知ってるよ。

ヒロミ君 名字 何だっけ?」
いや 知らないなと思って。

いやいやいや
名字 使ってないからと思って。

(泉) でも 私 ポン子さんって
呼ばれた。

あと やっぱり
パー子ちゃんと間違えられる。

あぁ なるほど。
(ヒロミ) 「ピ」がね。

羽鳥君なんか
前に いっつも書いてあるから

フルネーム 覚えてもらいやすいか。
最近は覚えてもらいましたけど

でも 一時期は もう テレビに
出てる男性アナウンサーは

安住君だっていう時があって。
時期があって。

「安住さん いつも見てます」
って言われて。

僕も 申し訳ないなと思ったから
安住紳一郎ってサイン 書いて。

(向井地) えっ!

あれは どうやのやろな
ウソ 書くのか。

何か 遠くのほうから
いらっしゃったみたいで

東京に来たら
安住さんに会えるんだって

すごい喜んでたので。

一応 安住君には
こうこうこうで ごめんなさい

1枚 君のサインをしましたって
連絡は。

でも それ 安住さんと思って
生きてるほうがええのか。

(羽鳥) いや~ でも そこは…。

(泉)
でも それは だまされたほうが
いいと思う 最後まで。

最後まで
「会ったのよ」って言って。

だから 3文字の
こういう片仮名で

行ったほうが覚えてもらいやすい。
覚えやすい。

俺は さんまやから
簡単で覚えてもらいやすいから

間違いは少ないんですよ。

俺は結婚した時に 「おめでとう
大山のぶ代さんと」とか。

「それ ドラえもんの声の人や」
言うて。

(羽鳥) 名前 似てるけど。
よう間違えられた。

彼女なんかは もうね
こう かわいいし

下の名前で呼ばれるから
覚えてもらえるでしょ。

まぁ でも…。
(泉) キララちゃんかと思ってた。

私は 「きらり」です。
「きらり」。

こっちは 今 何て呼ばれてるの?
ファンからは。

みーおんです。
≪かわいい≫

本名が美音なので…。
(佳菜子) うらやましい みーおん。

えっ 何が?
(佳菜子) うらやましいんですよ。

「村上さん」って呼ばれるのが
すごく嫌で。

しょうがないでしょ
村上さんだから。

村上さんやし。

ラフに呼んでもらいたいんです
皆さんみたいな。

作ったらええねん。
(佳菜子) 作ってください。

村上…。
佳菜子です。

「佳菜ぽん」とか そんなや どうせ。

(長田) 「どうせ」?
何か ちょっと ひどいな。

ちゃんと考えてあげてくださいよ。
(松尾) そうですよ。

「どうせ」って 何ですか?
(泉) ぴえん ぴえん。

ぴえん村上にしたら?
嫌ですよ! ヤダ ヤダ!

テーマ 変えます どうぞ。



あっ ホント?


せやな 向こうは 恋人として
見てなくって 優しい先輩として。

(泉) ごはん食べるだけの。
そう 接して来て。

その線引き 難しいよね
勘違いするよね。

イメージやろ 君ら。

別に その人が若く見えたら
それでええのやろ?

はい 全然 私
年 取っててもいいです。

年 取ってて…。

指 ささない!
「全然 年 取っててもいいですよ」。

これがあるからな! いうてるけど
これはあるから お前。

羽鳥君 今 いくつでしたっけ?
(羽鳥) 48歳です。

≪えっ 見えない!≫
(泉) もう おじさん?

もう おじさんです もう。
羽鳥君が独身やったら ありやろ?

全然 ありです
48歳に見えないです。

たぶん 43歳ぐらいに見える。
あんま変わんない。

あんまり変わんない。

いくつまでなら… おじさんなの?
いくつ離れてたら。

おじさん認識ってことですか?
おお。

えっ…。
何やねん これは。

(向井地) 40歳。
40歳ぐらいで。

(向井地) いい 悪いっていうか
おじさんのラインって感じです。

(長田) うわ~!
お前は?

俺 もう 今年 40歳なんですよ。
あっ!

ぴえん!
≪ぴえん!≫

元彌でやると 「ぴえん」は?

ぴえん ぴえん。

IKKOさんでは?

え~ ぴえ~ん。

すごい!

松尾から お願いします。
(松尾) はい。

芸歴は 14年目なんですけど
ここ1年ぐらいで

テレビ いっぱい
出させてもらうようになって。

SNSで エゴサーチって。

お前 できんの?
します はい。

偉いな~。
(松尾) 自分たちの名前 入れて

見るんですけど
いろいろ書かれるんですよ。

「TT兄弟 おもしろくない」とか。

「モノマネばっか やってて
つまんない」とか。

そこらへんは まぁ
いろいろ あると思って

別に 気にしないんですけど。
気にしないのか。

引っ掛かるのが 「IKKOの
モノマネ 松尾が やってんの

あれ おじさんが おじさんのモノマネ
してるだけだろ」っていうのが。

もう 俺 おじさんなんだと思って。
あっ そうか。

37歳なんですけど。
おじさんやな。

お母さんと同い年です。
(長田:松尾) えっ!?

(生見) 37歳 ママです。
(長田) ママなの?

ママ?
(松尾) ママじゃ ない。

ま… まぼろし~。

現実~。
(笑い)

本物だ。
「本物だ」じゃ ない 偽物なんです。

そういうことになるということや
おじさんで しゃあないねん。

(松尾) そうなんです だから 僕が
おじさんというのも あれですし

IKKOさんは おじさんじゃなくて
おばさんのつもりで やってる…。

そこも… そこも
傷つけてるんですよね それ。

や… ややこしいグループ。

だから まだ 老眼とか大丈夫か。
…は 大丈夫です。

皆 そうなる
君らも ほっといたって。

俺も この時代は ならない
俺だけは老眼ならないと

思ったけど 絶対 迎えるよ。
(生見) え~ ヤダ ヤダ。

全然 見えないから
俺は もう 最近 写真 撮って

それをこうやって
のばすっていう。

ほいで もう 子供たちがいると…。

こうして見んねんね
メールとか こうなんねん。

「そんなに おもしろいメール
来てるの?」って言われる。

(長田)
何で 歯が? 何で 歯が出る?

俺は 歯が出んねん。

(長田) 口は… 口は…。
(松尾) 関係ないでしょ。

矢田 大丈夫? まだ。

私は 実は まだ 眼鏡
掛けるほどじゃないんですけど

全然 見えないです。

写真 撮るにも
これぐらい近くで撮っても

この画面が ゆがんじゃうから
こう こうやって撮ったりとか。

いやいや もう それは仕方ない。

(泉) いやいや 視力も そうだけど
だんだん 70歳 過ぎると

音量が どんどん大きくなる。

あと 風呂の温度な 若い時は
熱いのなんか好まなかったのに。

(泉) あっ そうか そうか。

風呂の温度 上がってるんです
たぶん。

私 43℃だわ。

(長田)
熱い 熱い だいぶ熱いですよ。

43℃は すごい熱いですよ。

(輝星) えっ でも 私は 45℃。

(一同) えっ!?

シャワーが45℃で
お風呂が43℃。

あなた 間違いじゃない? それ。
いや ホントに 45℃。

いやいや 熱いって
よくないと思うよ 俺。

(泉)輝星ちゃん 私の年になったら
50℃になっちゃうわよ。

(ヒロミ) それ もう 熱湯風呂だね。
熱湯風呂や。

村山さん お願いします。
(輝星) えっと 私は あの

大根おろし食べれるようになった。

えっ? 何て?

(ヒロミ) 大根おろし
食べれるようになった。

≪かわいい≫

(輝星)
おばあちゃん家で 焼きサンマ。

焼きサンマ おばあちゃん家で
出るんですけど

その時に 今まで食べれなかった
大根おろしと

あと カボス
ちょいちょいって かけて

食べられるようになった。

ハァ~!
(輝星) フフフフフ!

『踊る!御殿‼』で
しゃべる話じゃ ないの それ。

≪いいじゃないですか≫
カットね カットね。

≪何で?≫

おもしろい話や
畳み掛けるようなやつ。

≪厳しい≫
かわいくていいじゃないですか。

かわいらしい。

俺たちも そんな時期
あったんやな。

(ヒロミ) でも 9歳で なかなか
カボス搾ってなんて 早いよ 早い。

こういうの早いか。
(ヒロミ) 早いと思いますよ。

だって 9歳で そんな
大根おろしにカボスとか そんな。

食べなかったか 小っちゃい時。

(生見) だって 私なんて
カボス食べれないですし すごい。

カボス搾ったの食べれないの?
(生見) 食べれないです。

カボス いらないですもん。
大根おろしは?

(生見) …は うん まぁ でも
好んでは食べないです。

若い子 食べないな 大根おろし。
≪おいしいのに≫

(ヒロミ) 大根おろしだけでも
いい時あるもんね。

ずっと それで行けますよ。

(生見) 大根おろしが
ピンクとかだったら食べますよ。

白なんでダサい ちょっとだけ。

ごめん 醤油を
ピンクにしたらええのか?

(生見) そうです そうです だから
紅ショウガは好きです 赤なんで。

お前ら 色で決めんのか!

(ねお) はい
それが映えたりとかするので。

写真用にとか。
うん ありますね。

全部 ピンクになればええという
イメージなんだ。

サンマとかも
超ダサいんですよ 何か。

誰が…。
(長田) おいおい おいおい!

(松尾)
どっちの? どっちのサンマ?

ちょいダサなんですけど
そんなダサくなくて。

俺が ちょいダサ?
サンマ どっち? 俺?

両方。
えっ 両方!?

(羽鳥) まさかの。
このリアクション ダサいわ。

今 自分 モニターで見たけど。

そうか これは 大根おろしを
食べれるようになった。

あとは 俺 塩辛が食べれなかった
小っちゃい時ね。

あるやろ そういう小っちゃい時
食べれなかったのに

大人になってから おいしいとか。
アイスで バニラ頼んでたのに

抹茶 頼むようになった時に

何か ちょっと 大人になったなと。
年取ったな。

(ヒロミ) お茶のうまさがね。
はい。

何? もっと爽やかな話?
(輝星) 私も カレー カレーの

中辛。
(一同) わぁ~!

≪かわいい もう!≫
(羽鳥) いいな。

そんなん ホンマはアカンねんで!

(松尾)
何ですか 「アカンねんで!」。

アカンやん
『踊る!御殿‼』で お前

若手芸人は
戦場と呼んでるところで 突然

「私 カレー 中辛」。

≪かわいい≫
≪いいじゃないですか≫

アカンねん そんなん。

突然 俺が中辛 好きやって
発表したら お前ら 怒るやろ。

(松尾) 怒るっていうか
心配になります 何か。

何で 急に そんなこと
言いだしたんだ?って。

あぁ そう。
(輝星) 学童のキャンプとかで

お母さんたちとかが 甘口と中辛と
作ってくれるんですけど

3年生の今年のキャンプで

中辛 頼みました!

頼んだ… おいしかったの?

(輝星) おいしかったです!
ワ~オ!

ど突くぞ!

(笑い)

きゅ… 9歳の話から
次は ピン子さん。

年 取ったなと思うのはね
トイレのマーク 見たら

しとかなきゃと思うの おしっこ。

(羽鳥) こんな 話題 変わります?

(泉) いやいやいや あんたたち
まだね まだ笑ってるけど

ホントだってば。

もう ホントに トイレ近くなる。
はぁ~! この振り幅 すごいな。

(ヒロミ) もう
見たら とにかく行っとこうと。

とにかく行っとかないと危ない。

(長田) 大根おろしから 尿漏れ
すごいですよ。

(ヒロミ) 揺り籠から墓場
みたいじゃない。

(泉) そのうち 絶対 そうなる。
へぇ~。

大笑いしたら
ピュっと出るでしょ ちょっと。

出ない 出ない まだ大丈夫
ホントにね トイレは近くなる。

申告漏れより怖いもんね 尿漏れ。

ホントよ!

(ヒロミ) 申告漏れも 結構 怖いけど。

両方 両方 怖いです。

生見さん お願いします。
私の体の ほぼって 水分って

タピオカで できてるんですよ。
(泉) えっ?

そういうこと言う時代か。
(生見) だから 一日1タピは

絶対 するし
多い時は ツータピぐらいはする。

ツータピぐらいは
するんですけど。

…で 私の中では タピオカが 今
大ブームだと思ってたんですよ。

でも 中学生ぐらいの子が 「めるる
もう タピオカじゃなくて

次は バナナジュースが
流行るんだよ」って言われて。

えっ どない?みたいな。

お前ら 関西弁 ばかにしてるのか
お前は。

「ねぇ どない?」とか言って。

(泉) バナナジュースのほうが
前に流行ってない?

(生見) そうですよね
でも 何か また流行るみたいで。

タピオカも
だいぶ前から あるからね。

(生見) でも 何か こうやって
流行ってるって言うと

おじ様 おば様って 「私の時代にも
流行った」って絶対 言うんですよ。

(松尾)
まんまと はまってしまった。

(ヒロミ) 負けた感じだな。
(生見) 絶対 言うんですよね。

(ヒロミ) でもさ 体が もう
タピオカで できてるわけじゃん。

どうすんだよ?
もう 移行できないです。

(ヒロミ) だろ だから ずっと
タピオカ飲むんだろ?

(生見) ずっと タピオカ飲みます。
(ヒロミ) 絶対 飲まねえな。

絶対 飲まねえ。
(泉) タピオカって 水でしょ。

寒天みたいな。
(ヒロミ) 寒天みたいな 何か。

グミみたいなやつね かんでも
かんでも かみ切れないで。

それ ちゃんと タピオカですか?
うるさいよ ホントに。

怖いよ。

もう 最後の最後 お願いします。
あっ 僕。

最近 年を取ったなって
思うことですよね。

講談師になって
12年なんですけど

ちょっと もう 講談への情熱が
なくなって来ましたね。

来年の2月の11日から
僕 真打ちになるんですよ。

(羽鳥) 襲名しますよね。
そうなんですよ。

今 一番ピークの時に
一番 やる気なくなって。

≪何で?≫
いやいや 飽きて来てんのよ。

俺らも そうやんか ヒロミも
飽きて 辞めたやろ いったん。

俺は ホントに辞めたからね。

だから 飽きる頃があんねん。
(泉) 分かる 分かる。

私 『おしん』 終わった時に
ホントに辞めようと思った。

羽鳥君 その壁は
ぶつかってない? まだ。

あんまり こう…
言い方が ちょっと あれだな。

あんまり
高みを目指してないっていうか。

羽鳥君?
はい。

いやいや 十分やもんな。

(ヒロミ) 目指してなくて
そこにいるって

ちょっと嫌なヤツだよな。
いえいえいえ。

高み 目指さずに
ここにいる すごいよ!

俺も 頂上やと思ったけど
まだ飛びたいぐらいやもん 空に。

(ヒロミ)
まだ… まだ行きたいんだから。

(長田) 大気圏
行ってたんじゃないんですか?

もう下りて来てください もう。

中尾なんか まだ飽きない?

でも 今 一番 やっぱ 夫婦で
CMも やらせていただいて

一番楽しくて。

楽しいですね。

まだ楽しいでしょ 芸能界。
(輝星) 楽しいです。

誰かに会いたい人とかいるの?
これから共演したいなっていう人。

志らくさんとか あと…。
志らくさんに会いたいの。

共演したことありますけど。

志らくさんが すてきだったの?

「好きだ」って言ってくれて。

志らくさんが
「好きだ」って言ってくれたのか。

ほんなら 自分も意識してるの。

(松之丞) へぇ~ かわいいけど

志らく師匠 そんな いい人じゃ
ないよ 俺 知ってるけど。

≪ひどい!≫
≪言っちゃダメ!≫

「言っちゃダメ」って
おかしいでしょ。

「好きだ」と言うたら
こんな子にも効果あるんだ。

≪効果…≫
おぉ じゃあ… 俺も好きだ。

アハっ!

≪かわいい!≫

<2組目は…>

<個性派俳優…>

(佐藤) 何か。

<さらに

初登場 女優…>

(近藤) 急はね。

(拍手と歓声)

お願いします。

<聖なる夜に
大爆笑を巻き起こす!>

<当御殿の主人
明石家さんまです>

ひとつ
よろしくお願いいたしますやな。

え~ まぁまぁ 豪華なメンバー
ということやけども。

おい EXIT お前
『M-1』 落ちてんで?

やっちゃいましたよ。

俺 もう
絶対 決勝まで上ってほしくて

あの口調で
優勝させたかったんや。

ものすごい期待してたんや。

何だ 準決勝で落ちたんか?

そうです 準々決勝で落ちた…。
準々決勝で落ちたん!?

(中山) 早めだね。
「早めだね」。

(笑い)

6時の朝食みたいな…。
(笑い)

ちょっと早めだね。

去年は お前
準決勝まで行ってんやろ?

(兼近) 去年は 3回戦です。

確実にステップアップはしてる。
(笑い)

ステップは もう…。

(さんま:りんたろー。:兼近) ポンポ~ン!
上がってるわけですよ。

宮下草薙は? 『M-1』は。

(宮下) 僕らも 準々決勝で。
えっ ウソやん。

(宮下) 同じく敗退しました。

(草薙)
僕らも 去年も ホント 3回戦。

えっ 今 要するに
ブレークしてる2組が

準々決勝 敗退!
(一同) えぇ~!

ハリセンボンも 昔は受けて。

昔は 『M-1』
私たちは 一応 決勝まで

行かせていただいたことも
あるんですけど

サンドウィッチマンさんが。
…が優勝の時か!

(近藤) そうです 敗者復活から

ぶわって
そのまま優勝された年で。

お前らは あんまり もう
出てないのか そういう大会に。

そうですね。
だいぶ前にね。

『オンエアバトル』とか そういう。
もう そんな時代やもんな。

『キングオブコント』も
出てないの?

(渡部) 最初 ちょっと 出てた…
もう 出なくなっちゃいました。

落ちちゃったんで そのへんは
あまり触れてほしくない…。

えっ… えっ お前ら
あの時のコントで落ちた!?

いや そうですね ダメでしたね。

緊張すんのか 逆に 渡部なんて。

緊張もありますし
何か やっぱり こう

勢いのある若手に
交じってるじゃないですか。

ホントに
気後れしちゃうのもあるし。

オオシマなんか どういう?

児嶋だよ!
出た 出たよ。

生で見れた~!
(児嶋) やめろ。

児嶋~!
(児嶋) やめろ! それ。

何が 「児嶋~!」だよ。

ちゃかすんじゃねえよ。

そして 佐藤さんも 久々で。
(佐藤) はい。

すいませんね 勝手に
渡部とやってる番組で

みんなだいすき 佐藤二朗を
使わせていただいて。

(佐藤) あの~ うちわを?
はい。

あっ いや もう
ありがとうございます。

『みんなだいすき そらジロー』の
パロディーで

「みんなだいすき 佐藤二朗!」
って言うて。

さんまさんがね 『行列』
はっきり言えば 『行列』で。

そしたらね
あっ 全然 違う話になるわ。

えっ 何が?

(佐藤) あ… あの~ 要するに
あの~ 要するに あの~。

どれ!?
(笑い)

ちょ ちょ ちょ…!

怖いの! さんまさん 何か
ちょ ちょ ちょ… せかさないで。

(渡部) 怖くないですよ
優しく聞いてますよ。

ホントに怖い時は もっと攻める。

何を? すいません。

えっと あの うんと… えっと…。

ひつじです ひつじ 干支は。
(笑い)

(児嶋) 干支じゃ ない
えっとで考えてるの。

今 干支 聞かないから。

(兼近) 俺もひつじ 俺もひつじ!
イエ~イ!

(さんま:りんたろー。:兼近) ポンポ~ン!
(児嶋) ポンポンじゃねえよ。

(渡部) 進まないから 全然。

(中山)
さんまさん 俺も ひつじです。
(渡部) いいんですよ 秀さん。

(さんま:りんたろー。:兼近:中山)
ポンポ~ン!

(渡部) 全然 進まない。

二朗さん 何ですか?
(佐藤) いや 僕 前回 ホントに

要するに
皆さんの迫力に押されて

ひと言もしゃべってないのに
水を要求したんですよ。

なので ちょっと
今回は 僕の目標は

しっかりするという
ちゃんと話すという。

…っていうことを 今 思い付いた。
何の話やねん!

(渡部) 全然 違う話ですよ。

え~ さぁ 今日 初めての方
2人いらっしゃって。

清野さん はじめましてですよね?

1度だけ お会いしたこと…。
えっ どこでお会いしました?

別のバラエティーで。

あっ ここでは初めて。
(清野) 初めてです。

清野さんは おいくつなんですか?
25歳です。

えっ 25歳 まだ… 奇麗な方で。

まぁまぁ この3人は 恐らく
ドラマの番宣だと思いますけども。

そして 白石さん。
(白石) はい。

白石 聖っていう。
はい。

おいくつですか? 白石さん。
今年 21歳になりました。

若いけど しっかりしてる。
(渡部) どっしり。

21歳で この落ち着きは
まぁ なっ。

われわれ お笑いは 出せない。
(児嶋) ガチャガチャしますね。

お前は 若くして
デビューしてるからやな。

(中山) まぁまぁ そうです。

さんまさんと
初めてお会いした時は17歳です。

カッコよかった~!

いい? この話してもいいですか?
いや いや いや!

あれ もう
ほいけんたがモノマネして

えらいことなってんねん。
聞かせてください。

初めて 絡んだ時 生放送で
袖でね 30秒しかない時に

「明石家さん 中山と申します」。

「どうしたらいいですか?」
っつったら

「好きに来いや」。
(児嶋) カッコいい!

(中山) この背中。
(渡部) 「好きに来いや」。

(中山) もう さんちゃんの背中が
輝いて見えた。

それが ほいけんたが
振り向いて やりよんねんもん。

もう もう 嫌で 嫌で。

今度 お前な さんま 再現は。

(箕輪) あっ はい 女さんまで。

振り返って 「好きに来いや」って。

好きに来いや。

(笑い)
(近藤) 行ける 行ける!

行ける 行ける!
行けてない 行けてないよ。

それ
ビートさんも入ってるよな それ。

「好きに来い バカ野郎」。

さぁ このテーマからです どうぞ。


よし。

(部長) あっ そうだ。

うおっ!

腹 へった~。

あれ おかず まだ?

えっ?

えっ?

ノーサイド。

せやな 先輩の 何か
イタズラ好きの先輩に

合わさなアカンっていうのは
もう

お笑い芸人は
全員 経験してるか あれ。

お前ら あんな先輩が
そう吉本みたいなこと ないから。

(渡部) でも ちょっと やっぱ
さんまイズムもありますよ。

ああいう 何か言ったら
何か言わなきゃいけないみたいな。

返さなアカン。
(渡部) 返さなきゃいけない。

今の干支も そうです
えっとって言うだけで 干支で

ひつじ年まで
全部やらなきゃ気が済まない。

ワンセットで。

あれも 言ってみれば
意味 一緒ですよ VTRと。

俺 1度 バレー選手がいてて

渡部に 「お前
バレーやってたもんな」って

「やってませんよ!」っていう
ネタがあってんけど

こいつ バレーやっとってん。
(笑い)

リサーチしてないから。

やってても やってないよって
言うしかない。

やってたんです バレーボール
ホントに。

やってないことまで
お前らも そうやろ?

やってないやん
角野卓造ちゃうもんな。

いや 違うよ。
(笑い)

それは そうです それは そう
それは そうです。

さぁ 佐藤さんから お願いします。

「今年
ちょっとムカついた出来事」。

まぁ まぁ そうですね
僕 エゴサーチという。

あの エゴサーチやる人の…
われわれ 分かれへんねんもん。

あっ お前 草薙 怖いのか。

(草薙) 絶対 僕 自分の出たやつも
見れないですもん テレビ。

オンエアも見ないの?
オンエアも見れない。

(佐藤) で その
エゴサーチをしてたら ある日

菅田将暉が夢に出て来たっていう
女性がいて

その つぶやきの中に
「夢のような夢でした」と。

あぁ~ なるほど 奇麗。
(佐藤) その すぐ下に

「佐藤二朗を夢に見た」と。

「割と悪夢でしんどい」って
書いてあって。

ムカついたというか
あんまり用もないのに

エゴサは しちゃいかんな
ということを学んだっていう。

まぁまぁ
勝手に見んといてくれと。

夢にな。
夢に そうそう そうそう。

秀 どうしてんの
見てんの? 見んの?

見たりすることは
ありますけども

そこまで 追求しないですね。

あんまり
いいこと書いてないですよ。

エゴサーチは
いいこと書いてないんやろ?

(中山) まぁ。
(佐藤) いろいろありますよね。

その中にも 褒め言葉もあんの?
≪あります あります≫

(渡部) だから 中には
「佐藤二朗 演技うまい」とかで

検索もできるんですよ。
あっ なるほどね!

(渡部)
いい言葉だけを見たい人は。

そうすれば 傷つかずに済むんだ。
(渡部) そうです。

「さんま おもしろい」で検索すると
いろいろ書いてくれてるんだ。

(渡部) 僕 だから
「渡部 好き」でやると

大体 渡部篤郎さんの話ばっかり
俺じゃ ない 俺じゃ ない。

どこまで攻めるか。
(中山) どこまで攻めるかなんだ。

(児嶋) 聞いたのは
僕 やってるんですけど

「児嶋さん」で調べると
大体 褒めてると。

「児嶋」だと 調べると

「児嶋 つまんない」とかが
多いんですって。

でも 「児嶋さん」まで
セットで書いてる人は

大体 「児嶋さん つまんない」って
なかなかないですよ。

(渡部) 結構 見るよ それ。
見るのかい!

結構あるよ 全然あるよ。

でも お前 渡部 知らんのか お前。

『仮面ライダー』やで!
知ってますよ。

今度 「仮面ライダー 児嶋だよ」。

違います 違います 違います。

「仮面ライダー 児嶋だよ!」は
俺 主役になっちゃってます。

「仮面ライダー 児嶋だよ!」
っていう。

それ 誰も見ないから
やったとしても。

「仮面ライダー 児嶋だよ!」
誰が見るんだよ。

えっ 変身すると どうなるの?

だから… へん…。

いや… ちょっと やめろ おい!

すげぇテンパったぞ! 今。

(渡部)いや ちょっと待ってくれよ
何年やってんだ お前。

えっ 何だっけ? 役名は。
福添です。

福添って役で
俺 この間 初めて見たら 劇中で

「ねぇ オカゾエさん」
「いや 福添だよ!」って

やってんですよ。
(一同) えぇ~!

(渡部) 同じこと。
お前 やってるやんか!

ドラマ内でも 名前 間違えられて
怒ってるだけ。

(児嶋)
ドラマの中でも間違えられて。

監督が やってください言うて?
(児嶋) 「やってください」。

「もちろんです!」。
(笑い)

あっ そういう調べ方があるのか。

(中山) 絞り込めばいいんですね。
絞り込めばいいか。

俺は もう 見ないようにして。

(中山) 全く やんないんですか?
さんまさんは。

見ない 見ない
われわれの世代のお笑い芸人は

弱い たぶん 悪口に。

われわれ そんな 気にせんでも
笑わしたらええだけやねんけどな。

なんぼ 悪口 言われてもええから。

(児嶋) カッコいい
めちゃくちゃ カッコいい。

ホンマに
気にしてる場合 ちゃうやんか。

でも 俺らのファンは もう
あれっすよ チャラいから

「おしゃべりシーフード
マジ最強」って みんな書いてる。

書いてくれてる?
(中山) おしゃべりシーフード?

おしゃべりシーフード?
おしゃべりシーフード。

オール巨人が ちょっと
首 かしげてた。

「さんま
おしゃべりシーフード?」。

オール巨人が怒って で こいつが
「ぜ~んぶ」 何やったっけ?

全部ジャイアンツ。
(笑い)

(渡部) 全部ジャイアンツ。
(児嶋) オール巨人だ。

どうですか?
こういう 今の エゴサーチとか。

私も 結構するほうなんで。
すんの 皆。

聞いていいですか? さんまさん。
何を。

私 40代に見えますか?
40代には見えないよ!

今日 見つけたんですけど

「40代だと思ってた」って
書かれてて。

私も 結構するほうなんで

毎回 そういうの見ると
すごい ショック 受けちゃうんですよ。

40代には 絶対 見えない。
どうしようと思って。

顔はな
落ち着いてる顔やけどもな。

60代って書かれんのやろ?

(近藤) 書かれませんよ!
(笑い)

何なんですか! はぁ?

エゴサもしてないのに
傷つけられるって 何なんですか!

え~ 渡部 お願いします。

(渡部) はい 子供が生まれまして。

あっ 生まれた そうか もう。
はい。

で お笑いの先輩方の このね
祝儀とかが すごく すてきで

まず さんまさんと
ご一緒する回だったんで

ご挨拶 行こうと思ったら

さんまさんの
マネジャーさんから

「あの さんまから これ」って

祝儀袋 僕の楽屋に
わざわざ 届けてくださって。

なんて すてきな先輩だと思って
次の週 所さんに会ったんですよ。

「所さん 実は 子供 生まれました」
っつったら

「あ!」っつって その時 着てた

「渡部 お前 こういう革ジャン
好きだったよな」って

パッて脱いで 「はい」ってくれて

パッて見たら
めちゃくちゃハイブランドの

ものすごい高価な革ジャンで
うわ カッコいい!と思って。

お笑いの世界って
何て すてきなんだと思って

次の週 笑福亭鶴瓶師匠に
会ったんですよ。

で 師匠に
「師匠 子供 生まれました」。

第一声
「母乳どうや?」って言って。

最低だな!と思って。

第一声に言うこと…
怒っちゃって 俺。

いいかげんにしてくれよと。

「さんまさんは こうで
所さんは こうで

鶴瓶さん どうかと思ったら
『母乳どうや?』って

何ですか 何かないんですか?」
っつったら

「おう おう じゃあ」とか言って
何か

その日 着て来た
紺のパーカーみたいな。

ほれ とか言うから
「パーカーっすか?」みたいになって

でも まぁ 紺のパーカーだから
最悪 着れるなと思って

もらって 胸のロゴ見たら
ローマ字で

笑福亭鶴瓶って書いてる…。
(笑い)

着れるか! これ。

最低です あれ。

ちょっとどころじゃ ない
かなりムカつきました。

計算やな~。
(渡部) これ 計算ですか!

(中山) ご祝儀 言うと
さんまさんは カッコいいんだよ。

俺もね 昔 結婚式の時に。
えっ おう。

さんまさん ご招待するので
楽屋に ご案内に行ったんですよ。

「実は これこれ こうで
宝塚の子と結婚する」。

「あぁ~ そうか その日は 俺
行けへんねん」って言って

そっから 財布をパカって開けて
そこからバッと出して

「これで」。
(渡部) いや~ すごい。

「ハッ!」。
(笑い)

(中山) これが もう。
何かの動物やないか それ。

「渡しとけ ハッ!」。
(笑い)

(中山) すごくないですか? それ。
いやいや。

でも 仲間は やっぱ 一応
お祝いとかな せなアカンし。

近藤なんか もう
俺は うれしいから

すごい金額。
えぇ~!

包むわな。

えっ 偽装結婚しますわ もう
そうなったら もう。

いくらもらえるんだろう。

え~ 草薙 お願いします。

(草薙) 僕が その
ペットボトルを捨てれなくて

捨て方が分かんないというか。
何 言うてんの? お前。

飲んだ後のペットボトルを
あれって 何か

家に ホント 1000本ぐらい
今 あるんですよ その。

何か 工程が やっぱ 洗って

何か 外して キャップと別にして
つぶして

多いじゃないですか
捨てるための工程が。

だから もう そのまんまにしてて。

邪魔くさいのか そうするのが。

(草薙) で もう だから ロフトで
普段 生活してるんですけど。

ロフトで?
えっ あの 百貨店みたいなとこ?

(草薙) 違う 違う 違う。
そこではないです。

(兼近) 何でも そろってる。

黄色とか 黄色の…
何階? 何階に寝てんねん。

ベッド売り場? ベッド売り場?
ベッド売り場?

(草薙) さんまさん さんまさん
止め方が分かんないです。

止め方が… 止め方。

(渡部) 大声 大声で。
(児嶋) そのロフトじゃないって。

そのロフトじゃないんだよ‼
(笑い)

だから 2階で 僕
ペットボトル飲んで

終わったら もう バンって
その ロフトから床にみたいな。

で 今 膝元ぐらいまで
ペットボトル。

膝の高さまである。

1000本やろ?
1000本。

1回 2000本ぐらいまで行って
咳が止まんなくなっちゃって

マネジャーと 相方が来てくれて
片付けて…。

(宮下)
僕と マネジャーで だから

たぶん 1000本ぐらい たぶん
洗ったと思うんですよね。

何もやんないんですよ こいつ。

あっ そういうことできない…
掃除もしないのか?

掃除も そうです
なかなか できなくて。

最近 だから ホント
夜中とか寝てると

飲みかけのトマトジュースとかが
そのまんま あるやつが

発酵して
パン!って音するんです。

で もう
びっくりして起きちゃって

ストレスです だから。
(笑い)

そういうところ
手が掛かるヤツなんだ。

(宮下) そうなんですよ。
何でも やってくれるんで。

あっ だって 番組 出るの
練習してはりよんねんで。

(中山) 練習してから?
『御殿‼』とか 食リポとか。

今日も だから ホントに
僕がさんまさんになって

で 草薙に ふってみたいな。

一応
「宮下御殿‼」 やって来ました。

草薙を売り出したいねんて
とにかく。

今のところ 計算どおりか?
ほんだら。

ここまで売れたら。
(宮下) 正直 俺の予定では

もう 『ケンミンSHOW』
出てる予定だった。

もう 『ケンミンSHOW』は
出てるという計算だったのか?

上に上がって
『ケンミンSHOW』も

県民代表として
出てる予定だったんで

まだ お前 もうちょっと あの
向上心 持って。

お前 何県や?
僕 愛知県です。

(清野) あっ 一緒だ。
愛知… あっ 一緒?

ライバルですね じゃあ。

(笑い)

一緒やったら ポンポ~ンやろ。

(渡部) そんなルール
あるんですか? 今日。

それは ポンポ~ンで行かないと。

ポンポ~ンやな。
ポンポン!

(草薙) あの 僕も そういえば
ひつじ年でした。

(笑い)
(兼近) そうだ ポンポ~ン!

(草薙)
さっき… はい ひつじです。

遅いわ アホ!
(笑い)

何で あの時 入れへんかったんや。

秀の後 入れたやろ!

シミュレーションになかったんで。
なかった。

(笑い)

俺は もう 荒くれ! ワイルド!
(笑い)

草薙の目標は
ワイルドな芸風やったのか。

(草薙) ワイルドな はい。

清野さん お願いします 「今年
ちょっとムカついた出来事」。

はい この1月からやるドラマの
衣装合わせで

衣装合わせまで どんな服着るか

ホント分からなかったんですけど。
せやよな。

それで 行ったら
ミスパンダ っていう パンダ の衣装が

お腹が出るっていう衣装で

で その時 舞台をやってたんで
食べてたんですよ。

体 しっかりしないとと思って。

だから 一番
今年で 太ってた時期に

それが来ちゃったんで

な… あぁ~ もう 何か
ちょっと イラっとしましたね。

まぁ イラっとすんのは
分かるけど

本番 行くなら 整えとかな
アカンねやろ? 役者さんは。

完璧な状態で
常にいたいんですよ。

いたいのやろ?

だから 何か 悔しくて

だから 今
ご飯も ちょっとだけ 制限して。

それは 着るシーンは
もう 終わったの?

まだなんで。
まだ… あっ それまでに絞るのか。

(清野) まだ間に合うんで。
大変やな 女優さんも。

(兼近) それでいったら
りんたろー。さん 裸NGです。

何が? えっ 何でや?

(りんたろー。) あっ 何か 色が白くて。
(笑い)

ぽちゃっとしてるんで

体 チャラくないんで
嫌なんですよ。

体がチャラくないの?
お前も 草薙もやろ?

僕も裸NG。
(中山) NGなの?

NG 僕も 裸 もう ホントに
恥ずかしくて。

何で恥ずかしいねん その。

いやいや… やっぱ そのね
ちょっとね 太って来たしね。

いや その前からよ。
(草薙) 前から?

ほんで お前は 太ってたほうが
ええやないかい。

いや 僕は その 痩せて
シュってしてるのを見せたい…。

ちゃうやん お笑いやで?
おいしい体ってあるやんか。

俺 細かったから おいしい体に
なったことないねん。

おいしいんですか? 太ってると。

絶対 かわいい!
(草薙) かわいいとかでは…。

かわいいで やってない。
(兼近) じゃあ 何でやってんの?

俺は もう 荒くれ! ワイルド!
(笑い)

(兼近) ワイルドでは ないよ!

あっ 草薙の目標は
ワイルドな芸風やったのか。

あと 何がアカンのやったっけ?
裸 ダメ。

営業。
(宮下) はい 営業。

今 営業で 稼げる時期やんか
何で 営業 行かせへんの?

(宮下) だから ホントに
営業3回ぐらい

行かしてもらったんですけど
全部 ちょっと スベってしまって。

営業で年寄りが多かったりして
子供が多かったり おう。

で その時にスベったネタは
もう 2度とやらないんですよ。

スベっても
また くりなおしたら

ウケるようになるやないかい
ネタって。

いや ちょっと もう
何か 気持ち的に。

もう 何か その 結構 やっぱ

こいつ スベってるなみたいな
感じとかもあるし。

何か 営業の この 話を…
思い出として話すのも

苦しいぐらいです 今。
(中山) えぇ~!

えっ 何。
しょうがないよ それは。

スベって しゃあない 若手やし。

スベって
勉強して行くのやないかい。

ちょっと
テンポ 変えてみたりとかで。

≪営業で覚える…≫

誰が誰に
何を言うてんねん アホ!

(渡部) 何 お前
お笑いのアドバイスしてんだよ。

先輩 先輩。

(中山)
お笑いで営業やらなかったらね。

お前 文化祭 引っ張りだこやろ?

学園祭も だから 7件 来たんで
それも 全部 断って。

ウソやん!
(一同) えぇ~!

(草薙) 僕も でも 行きました。

サクランボの
種飛ばし大会みたいなの。

僕 サクランボアレルギー なんですよ。
(笑い)

(草薙) やっぱ
やんないといけないから

口に入れて
種飛ばし やったんですけど

その 体の この異物出したいって
パワー すご過ぎて

7mぐらい飛んで
めちゃめちゃ盛り上がったんです。

すごい盛り上がった?
はい。

お前ら 行ってんねやろ? EXITは。
(兼近) 僕ら 結構

いろんなとこ行ってますけど
1回 ホストクラブの営業があって。

女の子も店員さんも

みんな いるところで
ブワ~って出てって

イエイ イエイ イエイっつって

チャラいヤツ 2人
出て来ちゃいましたって

言ったけど
周り 全員 俺よりチャラかった。

(笑い)

秀 お願いします。
(中山) はい ちょっと これは

言わせて
いただきたいんですけども

もう さんまさんにもね
この番組で 随分 お世話になって。

群馬をかなり
今年は盛り上げていただいて。

すごい盛り上がったな あの時は。

群馬県勢 井森ちゃんも来て。
そうそう 大爆笑で。

で あれで 毎年 一応
われわれ ひとつ ゴールが

ランキングが出るんですよ
その 県の。

県の 魅力度ランキングとか。

(中山) 魅力度ランキングが
なんとですね

昨年が42位。
42位やって。

で 今年は かなり強化して。
そりゃそうや。

『さんま御殿‼』でも
2回やっていただきましたから。

なんと 45位。

落ちた。
≪下がっちゃった≫

すごい高視聴率で
スタッフも喜んでて。

あれ 言うたから
余計 落ちたんか?

さんまさんが 俺の あれですよ

流れるプールを
ばかにしたからですかね。

あれは ばかにする 俺。

「群馬県
流れるプールあるんですよ」。

どこでもあるわ いう話。

(中山) じゃあ 県庁
全国の県で一番高い高さ。

東京より?
…の次です。

(児嶋) 1番じゃないじゃん
2番じゃない。

(中山) 県庁 あれは都庁
あれは都庁。

もっと アピール度が
増せばいいねんけどな。

それを何とかね
さんまさんの力をお借りして

来年こそは 30位以内に
一気に入りたいですよ。

何をやったら上がんのやろ
ああいうのって。

さんまさんが群馬テレビで
レギュラー持ってもらう。

すごい。

こんにゃくとか
持ってたらええのやろ?

こんにゃく
持ってもらってもいいですし

焼きまんじゅう持ってもらっても
何 持ってもらっても 結構です。

焼きまんじゅうが
普通のまんじゅうやねんな。

違う まんじゅうに
味噌 塗って焼いてんですよ。

素まんじゅうあるじゃん
素まんじゅう。

素まんじゅう?
(中山) 普通の素まんじゅう。

何にもない まんじゅうを焼いて
味噌 塗るだけやねん。

そんなもん
名物って おかしいやんか。

(兼近) じゃあ あれ あの
タピオカ ぶち込めばいいんじゃない?

そしたら バズる。
そう バズる。

「バズる」。

素まんじゅうに
タピオカ ぶち込む。

(中山)でもな 宮下 群馬だもんな。
(宮下)そうです 僕 群馬出身で。

(近藤) ずっと黙ってたけど。
(笑い)

お前… お前は分かる
お前は分かるだろ?

群馬 劣勢だったんで ちょっと
入れないですね。

そや 県民性って… 魅力度
清野さん どこ?

愛知県です。
愛知県は いっぱいあるな。

(清野)
ありますね 味噌煮込みうどん。

食べ物では… 見るとこでは?
愛知は少ないか?

名古屋城は?

(草薙) 僕も愛知で
名古屋城とかですよね。

(佐藤) 僕も愛知県なんですけど。
ウソや!

ありますよね 大須観音。
ああ 大須演芸場があるところ。

ナゴヤドーム。
ナゴヤドームね。

う~ん 思い付かんね 確かに。
(笑い)

彼女は 聖ちゃんは どこなの?

神奈川です。
あっ 神奈川は。

サザンがいるもんね
ミュージシャンでは。

えっ 渡部んとこは どこ?
渡部は。

僕 八王子市 東京です。
東京の八王子やな。

八王子も いろいろ
とやかく言われるもんな。

とやかく言われます
東京に入れてもらってない…。

都民の日に休むなとか言われます。

休むわ 祝日なんだから 俺らも。

近藤 どこ? ちなみに。
東京です。

(一同) えぇ~?
何でや?

「えぇ~?」って
おかしくないですか?

「何でや?」 「何でや?」。

出身地 聞いてんねん。
いや 東京です。

何でや?
(近藤) 「何でや?」。

「何でや?」。

しかも キレ気味で。

ありますね。
例えば?

このブロックの最後
児嶋 お願いします。

僕 オープニングでも
やっていただいた

名前を間違えられて
「児嶋だよ!」っていうの

やらせていただいて ホントに
大事にしてるんですけど。

「児嶋だよ!」
もう 売りになってるもんな。

だから もう 仕事でも もちろん
一生懸命やるし

プライベートでも
新幹線とかでも

ちゃんと TPOに合わせて
言われたら

「児嶋だよ…」みたいに
ちゃんと迷惑になんないように。

「オオシマさんですか?」。
「児嶋だよ」 ちゃんと やるんです。

全力で やるようにしてるんです。
大変やな。

(児嶋) 大変でも まぁ
ありがたいじゃないですか。

だけど これ やるなら

ちゃんとやってっていう
話なんですけど

この間いたのが 女子高生の人が

「児嶋さん 児嶋さ~ん」って言って
動画 回しながら。

「児嶋さん 児嶋さん」って
近づいて来た おう。

「児嶋だよって言って はい!」
って言うんですよ。

いやいや 「いや 児嶋だよ!」
やり方が違う!

「オオシマさん」
「児嶋だよ!」なんですよ。

(渡部) どうでもいいよ そんなの。

「はい」 「児嶋だよ!」だと ただ
名前 言ってるだけなんですよ。

どうでもいいことだけど
全然 違うんですよ これ。

渡部…。
どうでもいい。

そもそも オオシマさんって
言ったとて。

「児嶋だよ!」でしょ?
(児嶋) とてじゃねえんだよ。

(渡部) 皆さん これ
何にも おもしろくないからね。

よく考えてください!
おもしろいんだよ。

「オオシマさん」 「児嶋だよ!」
こんなシンプルな!

これを笑いといっていいんですか
さんまさん!

こんなシンプルな。
お前は おもしろがれ!

何年も 何年も しがんで。

ツッコミじゃないですか
「児嶋だよ!」は。

ただ 「児嶋だよ!」 これは
訳 分かんないじゃないですか。

いや 一緒だよ。
全然 違うんだよ!

(笑い)
この構図。

「児嶋だよ!」が もう

ギャグとして成立してることが
常識 高校生とか もう。

それだけになって?
ということや。

そう言うたら
こっちも 切り ないよな?

切りないですね
正直 切りないです。

もう あれやろ
素人が ふり下手やから

めちゃくちゃ
言うて来よんねやろ?

めちゃくちゃですね
一番 困るのが

「角野卓造さんじゃ
ないんですよね?」。

「はい」。
(笑い)

(近藤)
「はい」になっちゃうんですよ
確認なんで それは。

せやから やらな しゃあないしな
素人さんに。

流行りギャグが ある場合。

宮下草薙は ないのか 今 ギャグ。

そうですね ギャグみたいなのは
ないですけど

やっぱ 草薙は
結構 絡まれたりは。

どういう絡まれ方すんの? お前。

僕は この間 その
駅のホームで待ってたら

向かいのホームの人が

「おい こっち来いよ
ぶっ殺してやるよ!」。

(笑い)
≪えぇ!?≫

(中山) 荒いね。

そりゃ もう
お笑い芸人は 皆 通る道や。

これ あの EXIT…。
(兼近) 俺ら ヤバいですよ。

ポンポン か?
道行く人から ポンポン 言われますし

ポンポンやりますし。

EXITも EXITやりますし

「真面目だね」って言われて
「チャラ男だよ!」もやりますし。

(笑い)

(兼近)
で 最近 もう 通り越して

何か 分かんないけど
俺のとこ来て

クリス松村やってくださいとか
言われるんですよ。

あっ それは やってない…。
(中山) そうなの?

そう チャラ男だから
何でもいいと思って。

何か 返さなきゃいけないから
俺も

「イエ~ イエ~」。

よく分かんない。
ホンマやな。

テーマ変えます どうぞ。



あの~。

じゃあ…。

エヘヘ あの…。

先輩…。

(クリック音)

(キーボードを打つ音)

もう~。

せやな 言い間違いは
みんな あるでしょ?

言い間違いしたって
恥かいたって。

ありますね。
例えば?

なん…。
(笑い)

(近藤) 急はね 急は なかなか
急は なかなか…。

今 普通や アホ! 普通や!

(児嶋) 追い詰めが怖いんですよ。
ありますって言うからや。

あるはあるじゃないですか
でも 急だと 出て来ないです。

えっ?
急だと…。

(りんたろー。) 怖い 怖い…。
(児嶋) 急に 出て来ないよね。

作ったらいいんですよ。
(笑い)

(佐藤) ひどい ひどい。
(児嶋) 作っちゃダメですよ。

あります? 言い間違い 恥かいた。

私 全然
話が変わっちゃうんですけど…。

変えるんですか?
(笑い)

(渡部) 頑張れ。
変えちゃダメ。

(渡部) 変えちゃダメですか?

昔は 日常チャ飯事ね。

っていう間違いが多かった。

(児嶋) そういうので
営業で 僕 緊張して

「どうも アンジャッチュです」って
かんじゃったんですよ。

そしたら こっちも緊張して
「何 キャんでんだよ」って。

(笑い)
(渡部) 若手の頃ね。

草薙 あるやろ。
(草薙) 僕も それこそ 挨拶とか。

僕 だから 最初に
コンコンコンってやって

「失礼しま~す」みたいなのとかを。

何か その~ 失礼し…。

ちょっと 見切り発車で
しゃべったんですけど。

何か おもしろそうなところが
あんま来ないなって思って。

(宮下) 大丈夫。
見切り発車で しゃべったけど。

コンコンコンっていって
キツネだと思ったでしょ。

(笑い)

コンコンコン
キツネだと思ったでしょ。

(宮下)アレンジしてもらうな お前
さんまさんに。

これ。
(草薙) それを…。

頂いても よろしいでしょうか?

(笑い)
(宮下) ダメだよ!

(児嶋) 頂くな おい。

佐藤さんから お願いします。
えっと 一番恥ずかしかった。

私 あの~ こんな私でも
キスシーンというのをですね。

20年やってますんで 俳優。

まぁ 3回ほどは…。

20年で3回。

1回目が 随分…
もう ホント 20年前です。

2回目が これは 割と最近。

えっと 『過保護のカホコ』という
ドラマで。

はい 中島ひろ子ちゃんと
チュ~をするんですけど。

それは 遊川和彦っていう
非常に素晴らしい脚本家が

上島竜兵さんとか
出川さんが よくやる

わ~って 口ゲンカして
チュ~するっていうのを

僕と 中島ひろ子に
書いたんです。

ほんで やったんです 僕
全力で。

ひろ子ちゃんと
一緒にやったんですけど。

全部 カットですよ。

遊川さんいわく 「意外と
おもしろくなかった」って。

あぁ~。
(佐藤) ほんで 3回目は今年。

今年。
僕 刑事の役 やったんですけど

僕の奥さん役が 初めて登場する
っていう回があって。

どんな人なんだろう?

そしたら 外国の人だったんです
北欧の人だった。

ほんで これは 絶対…
まぁ 要するに 外国の方だし

ブチュ~っと こう 行くと思って。
キスシーンだ!と思って。

結構 勇んで行ったんですけど
当日 監督に

「いや ほっぺに軽くチュ~で
いいですよ」って言われた。

っていうことが
恥ずかしかったんです ハハハハ。

キスシーンはね~
まぁ 女性も嫌でしょうけども。

どう? やっぱ 気を付けてるの?
朝から。

入念に 歯 磨いて。
一応?

FRISKはポッケに入れて。
一応!

でも こっちばっかり テンションが
上がってる ラブシーンっていうのも。

アハハハ。
あるじゃないですか。

俺 昔 『静かなるドン』っていう
ドラマやってる時に

石田ゆり子ちゃんが相手役で。

最後の最後にね
大ラブシーンで終わるんですよ。

それで もう 俺 朝からね
ガ~ってやってたら

ゆりちゃん
何にもしてないんですよ 別に。

それで ずっと 磨いて 磨いて
いざってなった時に

ゆりちゃんが監督に

「このラブシーン いりますか?」
っつったんですよ。

いや… で 俺が
「いるよ」っつったんですよ。

(笑い)

なっ 朝から そのつもりで。
朝から。

分かる どう? どう? 何回ぐらい
キスシーンあるんですか?

いや 3回ぐらいですかね。

まだ3回 まぁ 若いしね。

嫌だったでしょ? 最初は。

最初 すごい 相手に
緊張が伝わるのが恥ずかしくて。

誰だったんですか?
相手は 最初の。

一番最初は 岡山天音さんっていう
俳優さんだったんですけど。

そうか 俺 今でも…
田中裕子さんやからね。

ジュリーの奥さんやから。
(一同) えぇ~。

いやいや
今でも覚えてるぐらいやからな。

緊張しますよね~。

2番目が 大竹しのぶさんで。
(渡部) すごいな 2番目。

キスシーン終わって 結婚して

緊張したな~。
緊張のポイントが違うんですよ。

キスシーン 緊張する
って話ですから。

結婚生活。

別の話です。
それは違うんだ。

草薙 ようせんやろ
お前 キスシーン。

僕はしたことないです。
ちゃう ちゃう キスシーンは…。

キスはしたことあんのやろ?
いや キスもないです 僕。

ウソやん!
(清野) えっ。

「えっ」て やめてください。
(笑い)

(宮下) ホントに マジで
番組で 有吉さんと

ちょっと ノリでやったのが
たぶん ファーストキスです。

ファーストキス
有吉さんでした 僕。

ファーストキス 有吉?

柔らかかったですけどね。
(笑い)

あぁ キスシーンなんか
もしかしたら

お前 来るぞ そろそろ ドラマ。

演技が もう ホント 致命的に…
演技が もう 致命的に下手で。

あっ そんな ひどいの?
こいつ 演技 アカンの?

人類史上 一番下手なんですよ。
何で?

≪人類史上?≫
(宮下) 人類史上。

デジタル放送が始まってから
一番下手だって言われて。

(笑い)

和田アキ子さんと
CMをご一緒させてもらう

みたいなことがあったんですけど
後ろに 和田アキ子さんがいて。

和田アキ子さんは 3~4回
ぐらいまでしかやんない

みたいなのを
17回ぐらい 間違っちゃって。

NG出した!

「あっ 気のせいか」って言うだけの
シーンだったんです。

(笑い)
(宮下) そのひと言。

(児嶋) ひと言で?
(中山) よく間違えたね 逆に。

え~
続いて その草薙 お願いします。

僕も だから さっきも言った
NGが だから すごく多いので

だから 自分でも やっぱ 克服
しないといけないなって思って。

温泉… 何か 裸の仕事が
やっぱ 増えて来たんで

慣れないとって思って
銭湯 1人で行ってみて。

で 何か やっぱ その
すげぇ明るいなとか 脱ぐとこ。

明るいしな こんな明るいとこで
みんな やってんなとか

隠す布 小っちゃいなみたいな
うろうろしてて。

外から
ちょっと見えるんですけど

お湯に 人いなくなったら
行こうと思って。

こうやって ずっと見てて
全然 いなくなって。

1回 じゃあ 1回 入って
シャワーだけ こうやって浴びて。

ちょっと見たら
まだ いたんですよ。

まだ いるなって戻って
シャワー 浴びて

結局 シャワーだけ浴びて
帰って来たんですけど。

(笑い)

ホント 30分ぐらい
シャワー 浴びてて。

(中山) 入れないんだ 人がいると。
入れない。

(渡部) 見てないよ 人は。
いや 見てます。

見てます 見てます
俺の裸を見てます 人は。

(笑い)
見てない 見てない 見ないよ!

女性やったら
まだ分かるけど 同性やろ?

りんたろー。さん 分かりますよね。
(りんたろー。) 分かる!

ウソや!

だから
僕 チャラ男なんですけど

女の子と そういうふうな感じに
なった時も

僕が 女の子に 「電気 消して」って
言っちゃうんですよ。

(笑い)

どういう生い立ちで
そうなんのやろ?

たぶんね ナルシシストなんだと
思うんですよね。

逆に ナルシシストなのか。
自意識過剰。

だから 爪とかも
めっちゃ ネイルとかして

恥ずかしくないようにとか。
そんなんも恥ずかしいのか。

ほんなら 脇毛なんかも嫌なのか。
全部ないです はい。

そってんの?
ハハハ。

あぁ~ やっぱり
売れて来たから 気にしてんのか。

奇麗になりたいっていう願望が
止められなくなって来て。

でも ホントに 小顔矯正も
この間 行ったんですよ。

神の手を持つ先生のところ。
先生がいて。

隙間とか ゆがみを矯正して
ギュって

小さくなるっていうんですけど
先生 こう 首をかしげてて。

「どうしたんですか?」
って言ったら

「あなたのお顔 隙間も ゆがみも
ございません」って言われて。

ギチギチで この 完璧…。
完璧なんだ。

これが お前の 個人の
一番小ちゃい顔なんだ。

(兼近) 最高の状態。
最高ですみたいな。

でも 女優さんって
やっぱ 小っちゃいよな。

大概 俺も 小っちゃいけど

それよりも小っちゃいよな これ。
(渡部) 小っちゃいです お2人。

もう
佐藤さんの鼻ぐらいですよね。

そんなことはないですね
そんなことはないです。

いや もう 半分ぐらいって
言うかなって思ったんだけど

鼻ぐらいってことはないでしょ。

いや でもね 僕 整体の先生に
行きつけの整体の先生にですね。

首が ちょっと
痛めた時があって

その時に
整体の先生に言われたのは

「佐藤さんのお顔は 異常に大きい
だから 首を気を付けてください。

例えるならば リンゴを

つまようじで支えてるような
ものです」って言われて。

(笑い)

そんな例え…
血も涙もない例えだなと思って。

(唐田)
寝れなくなりました 興奮して。

遠回しな告白?

(いとう) ちゃんと言いますね
絶対 ない。

近藤 お願いします。
はい 今年 割と 日本テレビの

朝方に 私 多かったんですけど。
はいはいはい 『スッキリ』。

(近藤) 恥ずかしかったことが…
必ず もう ルーティンで

始まる前に
お手洗いに行くんですよ。

生放送前だし 行っときたいって
必ず行って。

…で まぁ
音姫 流れるじゃないですか。

音姫 ジャ~っていってて
人も来てて ジャ~っていって

止まった時に限って
オナラ 出ちゃうんですよ。

音が25秒ぐらい たって
ピタって止まった時に

バッて出ちゃって。
(渡部) 結構な…。

(近藤) 朝だから 朝だから。

朝だから?

言い訳にならないです
朝はバッじゃないんですよ 別に。

朝だからっていうの おかしいやろ
「だって 朝だから」。

(渡部) そんな ない 朝はバッ。
(近藤) 朝だから。

音姫との相性が悪いんですよ。

早いんじゃない? 押すのが。

すぐ押したら ええやないか。
押すんですよ。

座った途端に 自然に流れるやつが
あるんですよ。

自然に流れてるから
そのまま任せてたら

急に… 急に その

だんだん 静かになる
とかじゃなくて

急に ピタって止まるやつ。
音姫って。

ジャ~。

ブッてなるんで
合わないね~って。

合わせろ
ちょっと調整できるやろ。

でも 春菜さん
テレビ局のトイレで

オナラしなくないですか?

あっ 普通は?
(渡部) 耐えられる? そもそも。

いや 朝だから。
(笑い)

(渡部)
万能じゃないよ その言い訳。

万能じゃないよ
なるほどねってなんない。

そうか 女優さんとか
もう しないんだ オナラは。

何か 誰かがいると思っちゃうと
できないです。

あぁ そういやぁ
女性のオナラって聞かないよな。

まぁ 確かに そうですね
あんまりね 皆さん しないよね。

奥さんも しはらへん
まぁ タイプによるやろうけど。

(児嶋) しないですね
うちは しないですね。

どうや? お前のとこの奥さんは。
(渡部) 聞いたことないですね。

ホンマか~?
(渡部) いや 何で…。

僕のも
サラっと スルーしてくださいよ。

何で 俺だけ 「ホンマか?」で
何ですか。

オナラするって言うまで
終われないパターンじゃない。

ダメですよ そんなの。

ああいうな
ああいう感じで売ってる人

家で オナラ いっぱいするやん。
しない! やめろ! しませんよ。

(近藤) しないと。
(渡部) 「しないと」?

そうそう
しないと 帳尻 合わないよな。

合わないですよ。
お前みたいな人生で暮らして来て。

朝は 必ず ブッて出て。
(近藤) そうですよ。

なぁ みんなに聞かれて
言い訳が?

朝だから。
(笑い)

(渡部) 何の言い訳? 「朝だから」。
(近藤) 朝だから。

<3組目は…>

(寺田) 寝てるというか…。

いろんなところに みんな…。

<さらに>

<…を言い放つ!>

(よしこ) いや~!

(拍手)

お願いします。

<クリスマスも
熱く バトルを仕切るのは

当御殿の主人 明石家さんまです>

(歓声と拍手)

これは これは。

やっぱり すごいよね この2人
やっぱ 両ウイングやよな。

(大久保) 違う 違う 違う。
(いとう) やめてくださいよ。

すごい両ウイングやなと
この番組に関しては。

サンタとか トナカイやろ もう。
トナカイですよ。

決め打ちで来てんのやもんな。
(大久保) 決め打ち?

(いとう) クリスマスっぽく
着てくれって言われて ちゃんと。

リクエストどおりですよ。
えっ?

リクエストどおりです。
リクエストどおりや。

あっ そして デヴィさんまで着て
かわいらしい。

(デヴィ 夫人) クリスマスイブなので。

(拍手)
(いとう) おしゃれ。

この年齢で これを着こなせる
っちゅうのが また すごい。

今日 初めての方が
2人 いらっしゃいまして。

土屋さんのお姉様 OLさんなの?

(土屋) はい まだ 働いております
今日も 仕事の後に参りました。

(一同) えぇ~。

えっ どういうこと?
OLさんで その席に座って

それも 年末スペシャルで?

すごい。
すごいな。

これから芸能界で
頑張ろうとしてらっしゃる?

いや まだ あの 先は
考えてないんですけれども

あの 今 頂いたお話を
精いっぱい頑張ろうかなと思って。

妹が ああいうね 世界でやけど

どう? お姉さんとしては
嫉妬もあるでしょうし。

あっ いや 逆に もう
尊敬が すごくて。

やっぱり 家で すごく
苦労してる姿を見ているので

本当に大変な世界なんだなって
もう 尊敬です。

大変な世界ですよ。

楽しいよ。

楽しいよ。

大変な商売ですよ。

あっ あの 大変な商売
見してあげましょうか?

あんた 誰?

私 土屋太鳳です。

(笑い)

≪妹さん≫
(いとう) ヤベェ。

こんな商売です。
(土屋) よろしくお願いします。

そして 唐田さん え~
僕は 2回目ですけども。

どうでした? 僕が テレビで

3位に
選ばしていただいたんですけども。

でも すごい
リアルタイムで見てたんですけど。

あれ 生放送 見てたんだ。
(唐田) はい 見てました。

だから もう 頭が真っ白になって
結構 朝4時とか。

そうそう 3時すぎだったと
思いますね あれは。

寝れなくなりました 興奮して
アハハハ。

いやいや これ 遠回しな告白?

(笑い)

早くない? 早くない?

その判断が つかないように
なってるんですか もう。

ホンマやったら どうする?
(笑い)

(いとう) ちゃんと言いますね
絶対 ない。

(笑い)

唐田さん 今 おいくつで…?
今 22歳です。

まだ。
はい。

(デヴィ)  今 最年少ですか? ここで。
ということになるのかな?

(伊原) 私 二十歳です。
えっ?

あっ そうか お前 あれやもん
これやもんな これ。

(若槻) ゾンビ ゾンビ。

もうちょっと ありましたけどね。

そうか ほいで 去年 来てくれて。
(伊原) はい 1年前くらい。

そして 1年たって 今 二十歳か。
(伊原) 二十歳になりました。

どう? 芸能界
1年 過ごしてみて。

え~っと いろいろ知って。
「いろいろ知って」 うわ…。

辞めんのやろなぁ。
(笑い)

もう… 芸能界は お前
知ったらアカンやろ。

でも それ含めて 楽しいです。
あぁ そう。

こんなとこだと
思わなかったやろ?

もう 結構 はい 部活より
いろいろ大変…。

そら そや アホ 当たり前や。

誰が 部活と比べ いうてんねん。

ウイカちゃんなんかは もう
芸能界 残るために

ウソついてでも
仕事取るタイプやから。

もう ホンマ
おっしゃるとおりです。

(笑い)

全部 こう。

とにかく売れたいねんな。
(ファーストサマーウイカ) そうなんです。

2020年も どうにか どうにか
もう こうやって もう。

爪 ボロボロですわ もう。

怖いよな 生き残るためには…。

偶然 生き残れただけやもんな
俺たち…。

(いとう) でも そうですよ。

お笑いの世界って
偶然っぽいとこあるよな。

辞めなかったら売れた
みたいなとこありますよね。

私も OLでしたから。

日本一奇麗なOLで

日本一ゴリラなOL。

(いとう) ゴリラさせたらね
右に出る者 いないからね。

そして 寺田さん
もう辞めたんだ ニュースは。

はい 『news every.』を
9月末で卒業しまして。

今は レギュラーは
やってらっしゃらない。

やってないんですよ。
そやよな。

はい。
9月に終わったばっかりやもんな。

今 ちょっと充電期間で お家で
『ウォーキング・デッド』見てます。

(笑い)

ほんで
クマさんと一緒に寝てるんだ。

今も 大事に ちゃんとしてます。

クマ
何匹ぐらい いんのやったっけ?

6くらいは いますね。
6… 一緒に寝てる時は 6。

でも 寝てるというか
ソファに置いてあったりとか

窓辺に置いてあったりとか
いろんなところに みんな

ちゃんと住んでるので。
≪クマが≫

(笑い)
(寺田) 大事にしてるんです。

大事にしているっていうふうに
思っていただければ。

(いとう) 最初に言っとくね
あいつ ヤベェからな!

ヤバくないです
そんなことないです 普通です。

どうやの? 九州のカトパン。

(菊池) はい!
覚えてくださってたんですか?

キクパンで~す
ありがとうございま~す。

いとう 一応
みんなに言うてあげて。

(いとう)
うん あいつもヤベェからな。

覚えといて。

あいつら ヤバいから
え~ 気を付けてね。

さぁ
どういうことになりますことやら。

このテーマからです どうぞ。

えっ 何で?

(振動音)

(男性) えっ?

僕…。

あぁ…。

(明美) はい。


えっ?

ええ もちろんですよ。

(男性)
さっ どうぞ 遠慮しないで。

(若槻) 分かる 分かる。
何が 最後 「分かる 分かる」や。

分かる!

ものすごい親切な人やないか。
(いとう) そうなんだけど

白眼鏡
プライベートで掛けるって。

(デヴィ)  でも 確かに そうね。

私の周りにも 1人 いるわ
白い眼鏡の人 信用できない。

(笑い)

あぁ~。
(ブルゾンちえみ)  何か そういうね

それ以外が全部 性格もいいし
ルックスもいいんだけど

これ1つで 全部が
ダメになるということとか

あったりするんですよ
私は それが ドクロです。

(若槻) あっ 分かる!
ドクロ ドカンね。

あのVTRは眼鏡やったけど

お前は
ドクロ着けてたらアカンのか。

私は ドクロのもの着てたりとか
持ってたりするだけで

あっ もう たぶん 合わないかも。
(若槻) うん 分かる。

あっ そうか ドクロは 結構
Tシャツもあるよな。

ドカンっていうのね
分かりますよ 私も。

あと 私 先っぽが めちゃめちゃ
とんがってる靴 履いてる人。

(デヴィ)  そうね それも嫌。
(若槻) ちょっと嫌です。

あぁ~ そういうの 嫌なの
お前も。

(まひる) 全部 宮迫さんですよね。

(いとう) 違うよ。
(若槻) やめて!

(いとう) 違うよ。
(若槻) 固有名詞 やめて。

帰って すぐ 電話 入れます。

服装から直そうって。

え~ 若槻から お願いします。
(若槻) はい 私は

いろいろ男性を 見極め方を
いろいろ研究してたんですけども。

すごくシンプルな見極め方が。
≪聞きたい≫

今日は直すわ 言われて うん。

あの ニコニコした男性は
浮気します。

≪えっ?≫
≪する?≫

(笑い)

(若槻) プラスアルファ
結婚してる方で

ニヤニヤしてる人は 不倫します。
へぇ~。

(若槻) これは 私は 超シンプルな
この2つだけで見極めて来ました。

今まで… それが当たってんの?
(若槻) 当たってます。

女性って 外見だけじゃ あんまり
この人 男遊びしてるかなとか

分からないじゃないですか。
そうそう ほいで また 意外と

男遊びしてるの
おとなしめの人が遊んでたり

派手な人が
意外と堅かったりするの。

(若槻) 意外と
ギャップがあるんですけど

男の人は やっぱ もう
顔に出ちゃってるんです。

(ブルゾン)  出ちゃうんだ。
(若槻) 欲が。

めっかっちゃった!

(拍手)

あっという間に。

いや どうや? これは。

だから すぐ分かりますもん
あっ このディレクターさん

不倫してるかもとか。
えぇ~。

(若槻) 何ですかね
このニヤニヤが 何か こう もう

底から出てるニヤニヤが
あるんですよ。

あわよくばっていう。

要するに そのタレントさんを
口説こうとしてるわけか。

不倫しようとしてる笑顔。
それが もう 顔に ニヤニヤで

定着しちゃってるんです
顔に染み付いてるんですよ。

ほんなら 若槻 俺のこと ずっと
浮気男だと思ってたわけか。

いや だって もう
ミスターニヤニヤですよね。

(いとう) よっ! よっ!
ミスターニヤニヤ!

それ いらん
そんなことしてる場合やない。

ポーズ 作ってる場合 ちゃうねん。

はぁ~ ほんだら もう これは
要するに 年 取っても

浮気心ある人は ず~っと。
(若槻) 私は もう 笑顔で

あっ この人って
いつも判断します。

(大久保) あっ そうなんだ。
これは 若槻だけやて。

お前ら 笑顔で接してくれたほうが
うれしいやろ?

うれしいですよ。
(デヴィ)  でも その笑顔の裏に

何か 欲望があるっていうのは
女性 分かるから

普通の笑顔じゃないのよね。
(若槻) そうなんですよね。

ほな 一緒に飲み会とかして
俺が「若槻やな」とか言うてる時

欲望が見えてた? お前。

さんまさん もう
欲望じゃないですか 体が。

誰がやねん!

よっ! よっ 欲望!

(若槻) さんまさんは
いい例にならないんですよ。

もう ホントに もう
誰が見ても ニヤニヤだから。

仕事や! アホ。

はぁ~ そうか ちょっと また
俺は違うバージョンなのか。

職業柄が ホントにあるしな。
女性は 分かりやすくないけど

男性は すごい分かりやすいな
って いつも思ってたんです。

爽やかさじゃないヤツが
いるんだ その 笑顔に。

モテたいとか
何か そういうのが全部

顔に出て来ちゃってる人が
ちょっと苦手です。

でも そういう人のほうが
モテんねな?

(若槻) モテますね。
そういうことやな。

(菊池) 爽やかだな
すてきだなって やっぱり。

君ら 2人みたいに
あまり 男性経験がないと

余計 だまされるよな 寺田。

ちょっと いい人なんだなって
感じのいい人だなって

信じちゃうと思います。
そやわ。

これ これ 言われたから
今日から 難しいぞ。

難しいです だって 笑わない人
怖いじゃないですか。

そうそうそう。
(若槻) だから こういう2人が

不倫するんですよ。
嫌~!

「嫌~!」。

何? あのリアクション。

よしこ 叱ったれ。

クソが! こっち来い!

こっち来い てめぇ!
こっち来い。

(いとう) ありがとね。

さぁ ウイカちゃん お願いします
「私だけの男の見極め方」。

私は そのニヤニヤと 対極に
いるかもしれないんですけど。

イキリ男がダメなんですよ。

まぁ 大阪弁でいう イキリ。
調子 乗ってるっていうか。

「イキってる」は 分かるか。
(若槻) イキがってる?

イキがってる… イキがってる男。

…を見極めたいんですよね
長く付き合う上で やっぱり

そういうヤツと生活してったら
イライラすると思うんで

まず それを 最初の段階で
見極める方法があります。

あっ イキってる男を。

そいつは 大体 店を出た時に

行き先と 1回 反対の方向を
こう

見てから歩きます。

そんなヤツいる?
(ウイカ) いるんです。

(大久保) 芝居じみたの いる?
(ウイカ) いるんですよ。

あっ 一遍 イキってる男
こっち見て。

あっ 見るだけなのか。
(ウイカ) そうそう 1回 何か

主人公男なんですよ
たぶん 彼らは。

自分が 映画の主人公みたいに
なってて こう 1回。

何か 遠くを
未来か何か見てるんですよ。

あっ そうか ドラマでは
必要やからな。

(ウイカ) そうなんですよ。
≪いる?≫

(ウイカ) いるんですよ。
古くない?

もう1個あります
それで 車 乗った時に

駐車場 出ますよね
駐車券を 1回

口に くわえるヤツ
あいつも イキリです。

いる?
(ウイカ) いや いるんですよ それも。

だって ここに… ここに
こういうのあるじゃないですか。

お前 テレビ 出るためなら
ウソでも つくのか。

ホンマですって おるんですよ。

細かいこと言うと
いっぱい あります。

小銭とかも 1回 使う時に
小銭とか 1回。

チャラチャラって 1回
宙に浮かして キャッチするとか。

お前 どんなグループやねん。

今 3つとも見たことないもん。

業界にも多いです 音響さんとか
ライブハウスの音響さんとかで

音響 確認するために
ステージに 1回

来るじゃないですか
そういう時に 何か。

「上げて」みたいなのを 何か

普通に
こうやってやればいいのに 何か。

ごめん その話 伸びないと思うわ。

何で? 何で?

俺もな いろいろ うなずいてるの
探してんのやけど みんな じ~っ。

いる? そんな男。

まぁ カッコつけやな。

それで 絵になってたらええのやろ
でも。

(ウイカ) もちろん。
恐らく。

(よしこ) でも うち お兄ちゃんが
確か そんな感じというか。

お兄ちゃんが 1回
小学校の時に

お母さんと お父さんが
すごいケンカしてたんですよ。

そしたら それ見た お兄ちゃんが
ピアノのところまで行って

ピアノの あの横の映るところに。

…ってやってました。
(笑い)

ごめん…。
(よしこ) それと一緒?

無理して伸ばすな
よしこ 頑張らなくていいから。

何とかね 助け舟を
出そうと思ったんです。

すんません。
ありがとうございます。

(若槻) 何か イキってるなって
私は思ってるだけなんですけど。

ようじ ずっと
くわえてるヤツいません?

それ お前 時代劇やろ それ。

木枯し紋次郎や それ 若槻。

助けてあげようと思ったか
知らんけど お前ら 無理すんな。

(大久保) あれですかね?
(若槻) ごめん 無理だわ。

何? 大久保。
(大久保) イキってるっつって

ドングリとか
すごい食べる人ですかね。

(デヴィ)  クマじゃあるまいし。

大久保 いらない。
(デヴィ)  クマよ それは。

(いとう) 今の意見…
デヴィ夫人が 「それ クマよ」。

あっ クマですか。
今 それに挟まれちゃって。

そうそう 絵になったら…
ドラマの中の演出か。

昔は そういう演出
多かったですよね。

アラン・ドロンでも そうやし。
そうね。

カッコつけるって
利き腕じゃないほうを

使わしたりね 監督が。

分かる?
(よしこ) 分かります 分かります。

私も 今 ドラマ 出てるんで
分かります。

すっごい分かります。
お前 ほいで

ホンマに あの イボ消し係
いるらしいな お前。

あいつのイボを消さなアカンから
特別なスタッフが

撮影 終わったら
イボ消し係っていんねんな?

そうなんです 音をつなぐブース
画像をつなぐブース

私のイボを消すブース。

できちゃったんですよ
ブースがあるんですよ。

CGで消すらしいんですよ。
イボだらけだから。

まだ お前… 全部 手術して
終わった言うてるやないかい。

まだ ちょっと あるんですよ
これ ちょっと

触ってもらっていいですか?
触っても うつらない?

うつるんです。
アカンやないか アホ!

(よしこ) これをね これをやるために
私 残してるんですよ。

このやりとりのために
私 残してるんです イボ。

(デヴィ)
でも あなたの肌の表面って

火星みたい 月みたい。

(よしこ) いや~!

デヴィさん お願いいたします。
(デヴィ)  私は あの

エスコート 選ぶ時にね
まず 歯 奇麗な歯並び。

それから 爪。
爪。

それから 靴下
はいてるか はいてないか。

靴下 要するに ファッションで

革靴に 素足で履くとかいうのは
もう ダメなんだ。

もうダメ 全然ダメ。
はぁ~。

(デヴィ)  そういうことに
気を使える男性は

エスコート 非常に お上手です。

だから ちゃんと
椅子は引いてくれるし

ドアは開けてくれるし。

これは
日本人が欠けてるとこやねんな。

エスコートは
日本人は下手クソやで。

(いとう) やってないですからね。
やってないし

やるのが照れるよね。

お前らも やられたら
照れるやろ?

うまくないから
何か 先回りしようとして

こまこま こまねずみみたいに
前をね。

あれが もう
行けよ さっさとみたいな。

車の後ろに乗ってて ドア
開けてあげたら優しいのやろ。

俺ら もう
分かってると思うてても

「あっ せや!」とか
言うてしまうもん もう乗ってて。

しまった!
「あっ せや! あっ せや」。

≪びっくりする≫
慌てん坊。

ドアも そやわ 女の人が入る時
こう すっと

何げないように
入れてあげなアカンねん。

俺ら もう
「あっ せや!」って言う。

(いとう)
「せや」 そんな漫画みたいな。

やっぱり
日本人は 下手な人 多いか。

君らも やっぱり スマートに
やる人が カッコええのか。

やっぱ すてきだなって思います。

若槻なんか 「あっ せや!」の
男のほうが好きやろ?

そんな漫画みたいな人
誰も 嫌ですよ。

「せや」 楽しいな。

せやろ いとう せや派やな。
(いとう) 「せや」がいいです。

だから 今 おっしゃってた
スムーズな方と

あの ダメな方が
いらっしゃるっていうけど

どっちも見たことないから。

唐田さんなんか
そうか 22歳でしょ。

どう?
私 韓国でも

お仕事してて 韓国に
行くことが多いんですけど

韓国の男性は 会った瞬間に
荷物を持ってくださって。

そのまま スマートに。
韓国 女子に優しいのか。

(唐田) はい すごく優しいですね。

ニダ ニダ ハサムニダ
とか言いながら。

(笑い)

ドアに 指を挟むニダ。

(笑い)

あっ 韓国って そんな優しいの?
(唐田) 優しいですね。

あんなモテモテの奇麗な男たちが。

それが もう 文化なので。
あっ そう はぁ~。

どう? 日本の男性と
そのハサムニダと えぇ…。

(笑い)

笑ってくれるから
何回でも言っちゃうから。

うれしくて。

好きな子が笑ってくれちゃうから。

この子 そうなのよ…。

やっぱり 向こうの男性のが
優しいなと思うのか。

思いますね でも 逆に
日本の方で そうしてくださると

ちょっと ドキっと
「あっ こんな方がいるんだ」って。

そやよな それが うまく
絵になってる人やろ。

なっかなか いないよな
そやろ ブルゾン いないやろ?

(ブルゾン)  なかなか難しい
日本人で難しいですね。

でも
ネパール人もしなかったですね。

え~ 土屋さん お願いします
「私だけの男の見極め方」。

ごはんを 一緒にレストランなどに
行って お食事 いただく際に

「いただきます」を言うかどうかで
見極めています。

うわっ。
(土屋) これは 土屋家の 何か

育ち方なのかも
しれないんですけど

いつも いただく前は
家族そろって

食べる前 必ず 「いただきます」を
手を合わせて言ってたし

ごはんが出て来て
当たり前のように食べ始めると

ちょっと
何か 小っさいことの感謝とか

欠けちゃう人なのかなとか
思っちゃうので。

はぁ~! 「いただきます」 言う。

みんなが言う時は言うよ
「いただきます」って。

でも まぁ こういう集いとか…。
(デヴィ)  レストランではねぇ。

あなた カトリック?
(土屋) いえ 違います。

はい…。
(笑い)

(土屋) 失礼しました。

ねぇ ご意見番 いきなり外すの
やめていただけないですかね。

いや 時と場合やな
イタリアンとか言わない。

「いただきます」は言わないよな
家だけやな。

(いとう) 乾杯で始まるから。
そうか!

それが
いただきます代わりっていうか。

手 合わせなくてもいいんですけど
「いただきます」言ったりすると

何か 食への感謝とかが
あるのかなって。

だから 何となく言わなかったり

勝手に 「『いただきます』しよう」
って 食べる前に言っちゃいます。

かわいいけどな
土屋さんが言えば。

「ねぇねぇ 待って待って
『いただきます』しよう」って

言うのやろ?
あんたは ええけど!

こんなんが言うた日にゃあ…。

「いただきます」しよう。

(笑い)

「いただきます」しよう。

あなた 火星みたいね。

クソ! 思い出したわ!

忘れてたのに 思い出したわ!
(いとう) よしこ 笑って。

あ~ 「『いただきます』しよう」
そうか 土屋さんだけやな これは。

唐田さんも行けるか
「『いただきます』しよう」って。

関西の子はできひんって やっぱり
ウイカなんか やらないんやろ?

うちは 「たっきま~っしゅ」って
言ってました。

(一同) えっ?
何 それ。

(ブルゾン)  ホントですか?
ホント ホント ホント!

たっき?
スラングですよね 「たっきまっしゅ」。

(若槻) 「いただきます」を
崩してって。

たきまっしゅって言うのか。
そうです そうです。

(大久保)
「あざっす」みたいなことか。

「あざ~っす」か
あざ~っす たっきま~っしゅ。

(ウイカ) そうです そうです
フランクな感じで。

お兄ちゃんも そうなんです。
ウソ!

(笑い)

それなんです
「たっきま~っしゅ」って言うの。

お前 ウイカと親友なのか?

さっきから
助け舟ばっかり出してるけど。

送る 送る
助け舟 何個でも送るわ。

あ~ 「たっきま~っしゅ」って言う
これ マジで よしこ ホンマ?

はい
「たっきまっしゅ」って言います。

はぁ~
まひるちゃん 笑うてるけど。

(まひる) ウソですよ。

(大久保) 何でウソつくのよ。

鼻に こうやった時
大体 怪しいんだよ。

助けろ 助けろ!

助けたんだから こっちは
お前 今 助けに来いよ!


元気ですか~!

(いとう) 私は頑張ってま~す!

<一体 なぜ?>

いとう お願いします。
はい 私の実体験なんですけど。

自宅に 絶対に連れてかないのに

家の詳細を 必要以上に説明する
男には 嫁がいる。

ウソ。
(いとう) あの 皆さん ご存じ 私

2年 付き合って 嫁がいたことが
ある女じゃないですか。

(大久保) まぁまぁまぁ。
知るか!

そう その男が
おばと住んでるって言われた。

実家だったら もしかしたら
ご挨拶 行くじゃないですか。

1人暮らしだったら
行けるじゃないですか。

おばって 行かなくないですか?
(大久保) 気 使うか。

(いとう) おばには
関係ないじゃないですか。

俺 おばさんと住んでるんだ
っていうことなのか。

(いとう) はい
で そこだけならいいんだけど

おばと住んでて
おいっ子と めいっ子がいて。

だから どっか行くと
青と赤のグラス買って

これ おいっ子と めいっ子に
あげるんだって… 今 思えば

嫁と自分のグラスなんですけど。
(一同) あぁ~!

(いとう) 全部 ウソで。
はぁ~。

で 要は 嫁がいるから
呼びたくないから

聞いてもないのに
家の詳細をめちゃくちゃ言う。

はぁ~ 要するに
ウソついてる不倫やな 向こうは。

結婚してないって
言うてんねんやろ そいつは。

結婚してるも してないも だって
週に2日 コンビニでバイトしてる人が

結婚してると思わないですよ。
ハハハ!

(笑い)

すごくないですかぁ?
(大久保) その男も すごいけど。

すごくないですかぁ?
はぁ~!

(いとう)
分かんなかったんです ずっと。

だから 時々 今 思い返すと
おかしいこと いっぱいあります。

1回 「これ ダメだったら言ってね
保険証 借りれる?」って

1回 聞かれたこと…。
ハァ~!

分かんないけど 後から聞くと
たぶん 奥さんが風邪で

保険が ちゃんとしてないから
あさこの借りれるか?っていう。

(一同) えぇ~!

(いとう) でも 聞いて!
すごい優しい人だったの!

みんな 聞いて
すごい優しい人…!

笑ってあげて 笑ってあげなさい
笑ってあげなさい!

幸せだったよ。

(大久保) 泣くんじゃ ないの
笑ってあげなさい!

(デヴィ)  いや~
随分と かわいそうなお話。

夫人…
かわいそうって言わないで。

(大久保) あらためて。
(いとう) 笑ってますよ。

まぁ ウソついてたらな…。

結婚してるけど付き合わないか?
やったら ええねんもんな。

それはアカンのか。
(いとう) あ~。

「結婚してるけど
今 嫁さんとダメなんだ。

付き合ってくれないか?」って
いうのは 別にええねやろ それは。

それ… それで ホントに
嫁さんと別れてくれんのかって

話だよねぇ。
誰が上から言いよる。

(笑い)
泣いてしまうわ。

はぁ~ そやわな。

(デヴィ)  でもね 相手の男性は
隠してたわけですよね 奥さんを。

彼女に知られるのが
嫌だったってことは

この方のことを好きだった。
そういうことやねん。

さすが デヴィさんやわ
男の言い分 分かってくれるわ。

「何でウソつくのよ」
「君が大事だから」やねん。

元気ですか~!

(笑い)

私は頑張ってま~す!

(大久保) よかったね。

ホントに そういうことやねん。
(いとう) そっか。

ウソをつくということは あれや
好きだからや 大事だから。

(デヴィ)  そうそう
あなたを逃がしたくないからよ。

だから 浮気した人は
「してるわけないやないか」。

君が大事やねんってことやねん
同意語やねんけどもやな

浮気したことばっかり責めるから
君らは。

いや そうでしょ そうでしょ?

元気ですか~!

(笑い)
(若槻) 誰に言ってる? 誰に?

誰に伝えたいの?

え~ 大久保 お願いします
このブロックの最後。

「私だけの男の見極め方」は

初対面で 深い話をするような男は
脈なし。

えっ!
(大久保) っていうのを

今年 唯一 合コンっぽい飲み会を
したんですけど

たまたま 隣に座った方が

50歳すぎのドクターで
お医者様で。

で お医者様って
話も すごいできる人で。

私も まぁ
すごい心開いちゃって

持病のね 関節痛の話から…。
(笑い)

(いとう) お医者様だからね。

だいぶ個人情報ですよ
私だって こんな初対面で

持病の関節痛の話とか
親の病気とか介護の話 して。

そしたら 向こうも すごい
聞いてくれて いいお医者様で。

で 命の尊厳の話
してくれたんです。

(いとう) うわ~ いい人。

私 この人だなと思って。

見た目がどうこう言ってたけど
そういうことじゃ ない この人だ。

こういう話ができる人だと思って
飲んでたんです。

2軒目 行った時も 横 がっちり
マークして 飲んでたんです。

そしたら 若い女の子がね
2人ぐらい 一緒の飲み会にいた。

席 移動して来て
そのドクターが そっから 急に

「2人って どういう男が
タイプなの?」って言いだして。

「あ~ マッチョみたいなタイプ」
「俺 脱ぐと すごいんだよ」って

普通の会話したんです!

合コンっぽい会話したんです。
大久保 お前が

普通の会話の質問したら
よかったんや。

お前が 関節とか じいちゃん
ばあちゃんの話 するからや。

だって 私 そこまで深い話
できる人って いないと思って

向こうも心開いてくれてると
思ったから

もう 3か月後 結婚かなぐらいの
私 イメージで。

専門職の話やろ?
深い話やないねんな それは。

そうですか?

大久保が 深い話 したから
この人だと思ったんやろ?

そうです そうです。
向こうは 深い話 してないやろ?

命の尊厳について語ってました。
(笑い)

(若槻) お医者様だから。

深い話 したら うまく行くはず
だから 子供の頃の話をしだすと

2人は成功だとかいう
うまく行くとかいう話あるぞ。

(一同) へぇ~。

小っちゃい頃の話を
できるっていうのが

心 許してる
っていうことらしいねん。

ブルゾン これは納得できない?

経験がないんで
そうなのかな?と思って。

えっ ブルゾン お前
あれから恋人できてないの?

ないんですよ ネパール人以降。

あれ 何年前や?

3年前ぐらいですかね。
(大久保) 3年か。

3年って長いぞ。
(ブルゾン)  長いですよ。

結構 尻軽だなと思って。

尻軽 ちゃうって。

3年前でしょ?
3年で 男 つくったら…。

(大久保) 3年は尻軽ですよね。
ちょっと怖い。

お前らの中では尻軽なの?

ちゃんと こっちは重みを持ってね
ちゃんと 10年 1人です。

(ブルゾン)
まだまだ 全然 短かったです。

まひるも
まだ 恋人できないんやろ?

私 まだですね。
お前も長いよな。

私 26年 できたことないです。

ずっとか?
(まひる) 1回もないです 私。

よしこは あるの?
どっちだと思います?

(笑い)

(いとう) 考えて 考えて。

勝負に出ようかな。

これ ラストチャンス?
これ ラストチャンス?

ラスチャン ラスチャン
ラスチャン ラスチャン。

いない!
正解!

やった~!
(よしこ) あ~ 何で分かったの~!?

(若槻) ぶりっ子する子って
やり過ぎてると

かわいいって
見えて来るじゃないですか。

ずっとブスなんですよ。

こら!

続いてのブロック どうぞ。

あ~。

そっか。

お~ いいね。

メリークリスマス!

メリークリスマ~ス。

おいしい。
よかった。

(ウエーター) お待たせいたしました。

わぁ~。

これ。

(彼女) ありがとう まぁ でも…。


え~ 薄さん お願いします。

はい 何年か前に
彼氏がいた時に

クリスマスデートして
ディナー 一緒に食ったんですよ。

で 帰り道 プレゼントだよ
っつって プレゼントもらって

指輪だったんですよ。

ただ でも
全部の指に はめたんですけど

親指でも ガバガバぐらいの。
(いとう) 大っきいんだ。

デカい まず サイズ 間違えてるし
っていうのもあって。

そしたら 彼氏が 「内側 見て
名前 彫ってるから」って。

ぱって見たら… 私 「ミユキ」って
名前なんですけど

何を間違えたか モユキに
なってるんですよ… 何だ これ。

しかも そもそも 私 金属アレルギー
なんで まず できないし…。

で 気を取り直して 「俺ん家
今日 泊まる?」っつって

2人で
彼氏ん家に行ったんですけど

もう 電気が止められてんですよ
その部屋。

そいつが。
(一同) え~!

「寒いよ」っつったら
「いい方法あるから」っつって

電池で使える携帯充電器
あるじゃないですか 簡易充電器。

あれを 自分のケータイに差して
しばらくしたら 「来て 来て。

充電器 触って 温かいよ」
充電器 2人で こうやって触って。

ええやん 純愛で。

電気 止められてる男は
ダメでしょ! クリスマスに。

指輪も あちこち探して
見つけたんやと思うで。

(薄) でも そもそも 私
ホントに

安い合金みたいなクソみたいな
指輪だと すぐ荒れちゃうんで。

金属アレルギーの人
そうらしいな。

ちゃんとした金属 高いやつ
やったら 荒れないらしいな。

それ はめた途端
とんでもなく かゆくなったんで。

(笑い)
ウソだろ!?っていう。

金属アレルギーの人って
怖いらしいな。

プレゼントやいうて
ブレスレットとか渡されるとな。

(薄) そうなんですよね。
高いやつってウソついて渡して

安物やったら
すぐ結果が出るらしい。

どれぐらいから 金属アレルギーを
出さへんねんっていうことやねん。

値段。
(薄) どうなんだろうな。

3万6000円?
3万6000円?

(笑い)

え~ 菊池さん お願いします。

はい 以前 お付き合いしてた方に
勇気を出して 「クリスマスに

ごはんに行きたい」って
言ったんです。

勇気を出して?
勇気を出してないやろ?

出しました!

ウソつけ お前 「出しました!」。

普段 あんまり言えないんですよ。

ウソ ウソばっか。
ホントです。

よしこ!
(よしこ) こっち来い!

(菊池) 怖い~。
こっち来い!

(菊池) それで 勇気を出して
「クリスマスに

クリスマスディナーに
行きたい」って言ってみたんです。

そしたら 「クリスマスっていうだけで
値段が高くなるから

来月1月25日に行こう」って
言われちゃったんです。

でも 1月25日は
クリスマスディナーないですよね。

いや 男の心 分かってないなぁ。
えっ?

一生懸命 バイトして
金ためようということやろ?

社会人ですよ 仕事してますよ。
社会人でもや 金ない人はない。

1か月 お金ためて
『ひと月遅れのクリスマス』やな

映画のタイトルにするなら。

(笑い)

見に行くかな~?

こんなケチな人がいるんだと
思って びっくりしちゃいました。

向こうの 今の都合やないか。

(寺田) 11月から頑張って
1か月ためてくれてれば

よかったんじゃないですか?
11月に言うたったらええやないか。

でも 結構 早めに言いましたよ。

へっ?

何だ あの女。

(菊池) さんまさ~ん さんまさん。

(若槻) 菊池さんって 何か…
ぶりっ子する子って

やり過ぎてると かわいいって
見えて来るじゃないですか。

ずっとブスなんですよ。

ひどい ひどい!

こら! こら!

何か ずっと 安いコント
見せられてるみたいな。

してないです コント。

ごはんに行けなかったんですよ
結局。

これは 君 間違うてると思うわ。

行けなくって ごはん作ったんです
家で ちゃんと。

喜んでもらえたんですけど

ごはんの後は プレゼント交換が
あるじゃないですか。

幸いにも 頂けて プレゼントを。

私も
ハイブランドの手帳を買って…。

手帳 使う人?
手帳 使う人なんです。

刑事か!
違います 違います。

(いとう)
確かに 今 あんま いないよね。

刑事だけじゃ ないでしょ でも。
手帳を使う人いない。

スケジュールの手帳です。

ケータイに入れない人なのか。
書く派だったので で それ

あげたんです ハイブランド の あげて
喜んでくれるかなって思ったら

金銭感覚が違うって言って
ふられました。

手帳で?
ハイブランドだったから。

これは お前 間違うてるよな。
えっ 何でですか?

彼のほう 合わせてあげたら
ええやないかい。

う~ん。
う~ん か~わいい… 違う 違う。

よく見て よく見て。

見てる うん
行き過ぎたら注意してくれよ。

で 彼は 何 くれたんやったっけ?
(菊池) ネックレスをくれました。

えっ? ネックレスと手帳やったら
合うやろ バランス。

金額は ちょっと 私のほうが
高くなっちゃったんですけど。

(大久保) 4~5万円とかですか?
(菊池) 7万円ぐらい。

手帳カバーだけで7万円もすんの。
はい。

ネックレスでも高いやろ でも。

調べちゃったんですけど…。
うわっ。

(いとう) やな女~。
(大久保) やりましたよ~。

金銭感覚が違うって言われたので
違ったのかな?と思って

調べちゃった
調べたら 3万円ぐらい。

十分やて!
十分ですよ 十分です。

それで ふられてんもんな 結局。
ふられちゃって悲しいなって…。

それまでに嫌やったんやろな
お前のこと。

ちょっと!
へっ!?

(笑い)

俺 空き巣?

「ちょっと!」。

≪空き巣≫
≪見つけた?≫

どうしましょう!

クリスマスのたびに 人間性が どんどん
おかしくなって行くんですけど。


大久保 お願いします。
去年 おぎやはぎの小木さんが

「大久保さんは 寂しいから
ホームパーティーやるから」。

クリスマスイブ 呼んでくれて
行ったんですよ。

そしたら もう10何人いたのかな
で ごちそう出してくれて

シャンパンとかも飲み放題で
楽しいねって言ってたんですけど。

ぱっと しばらくして 見ると
小木夫妻 夫婦。

で アンジャッシュの児嶋君も
来てたから 奥さんと来てる。

みんな 何か 彼氏彼女なんですよ
で すっごい カップルだらけで

何か どっかで寂しいなって
スイッチが入ったんでしょうね。

私1人で もちろん 顔には出さず
あ~って言いながら飲んでて

そっから 記憶が もう
おぼろげなんですけど その後…。

後で 小木さんに聞いたんです
プレゼント交換を みんなで

回しながら こうやって やって
私のとこに

どっかの女の子が持って来た
服か何か当たったんですけど

開けるなり 「何だ これ
ダセェな」って言って 急な毒舌。

で 結果 その後 そのプレゼント
置いて 帰ったんです。

帰ってしまったんだ。
(いとう) 覚えてない?

覚えてない 家 帰って 明くる日
見たら何もないから 小木さんに

「プレゼント  どうした?」っつったら
「娘が着てる」って言われて。

服だったんだと思って
それも覚えてないから。

ウソ。

どうしましょう!

(いとう)
間に合うかな? 間に合うかな?

クリスマスのたびに 人間性が どんどん
おかしくなって行くんですけど。

そりゃ おかしくなっても
しゃあないわ もう。

みんな カップル カップルで
大久保 独りやったんやろ?

そうなんです 楽しいんです 別に
無視されてるわけじゃないから。

みんな 気 使うてな。
(大久保) そう で 何か

パテみたいの食べながら。
パテみたいの?

それ たぶん パテやろ それ
「パテみたい」?

(大久保) 記憶がなくなって
そんな失礼なことやって

こんなんですよ 私 クリスマスが
あるたびに 今後 どうしましょう。

それが よぎるのか トラウマになった。
(大久保) そう だから

今回も誘ってくれたとしても
そんなんしたら どうしようとか。

だったら 1人で ずっと 時間を
やり過ごしたほうがいいのかとか。

そうか もう 今 ボーイフレンド
雇えるみたいやから。

なぁ。
(若槻) ありますね レンタル彼氏。

うん 彼氏。

そういうことじゃ ない。
そういうことじゃ… というて

俺が ついてあげるわけにも
いかないしな。

「彼氏です」って おかしいやんか。

レンタル彼氏 え~
100万円 出します。

ハハハ!
(一同) え~!

や… やった~!
(笑い)

100万円で。

<年末恒例の…>

<延べ 478人の
豪華ゲストが繰り広げた

超貴重な爆笑トークは
もちろん…>

<1年間の傑作シーンを
全て見せます>

<スタジオでは…>

(滝沢) …って思って。

<今年も いよいよ これがラスト
最後まで しゃべり倒します>

<当御殿の主人
明石家さんまです>

これはこれは えぇ~。

ひとつ えぇ~。

まぁまぁ 今日はね
触らなアカンところがあるからな。

どうも お帰りなさいませ。
無事に戻ってまいりました。

よく帰還したな。

そして 先輩が
こちらに いらっしゃるから。

先輩 よろしくお願いします。
(河野) 仲間入り。

ありがとうございます。
河野は去年か?

去年です ちょうど1年。
去年の暮れか 離婚して。

SHELLYんとこ 全く大丈夫や
思ったけどな。

私も そう思ってました。
ウソ!

は~ 何年? SHELLYんとこで。
え~っと 6年足らずですね。

河野んとこは長かったよな?
23年です。

20年ぐらい たって まさか
離婚すると思わなかったやろ?

思ってもみなかったけど

もしかしたらっていうような
ことも いろいろ ありましたよ。

ありました どう思う?

(みやぞん) 何がですか?

急過ぎて… すいません
久しぶりで。

今の会話に乗らなきゃダメやねん。
はいはい はいはい。

お前も離婚した体で しゃべれ。
分かりました。

(笑い)

稲ちゃん 稲ちゃん正面から見たら
こういうふうになってんのか。

そうです 正面から見たら
ホントに普通のヤツで。

違う 違う 違う。

(稲田)
ホントに 個性も まるでない。

ある ある ある
横から行くと やっぱ すごいな。

そうなんですよね。

ラージヒルやな やっぱり。
ラージヒルです。

ジャンプ できるわ~。
(稲田) いろんな方が。

いろんな方が飛んで行きました。
(笑い)

もう 船木は飛び
岡部が飛び。

K点 越えましたよ。

稲ちゃん それ 戻すためには
手術 どれぐらい かかるの?

その計算したことないですが。

丸山なんかも 直したいとこ
あるやろ? いっぱい。

(丸山)あります ホントに。
(SHELLY)何で それ 決めつけて…。

丸山 どこ 直したいんや?
(丸山) どこですか?

知らんがな お前。
(丸山) まず 一番は足首から。

足首が すごい グラグラで
ほとんど… 何て言うんですか。

ウソつけ! アホ お前
サッカー選手が足…。

足首 グラグラでやな
サッカーできるわけないやないか。

グラグラなんですよ。
顔とかはないのか? 別に。

ありますよ やっぱり ほぼ…
変えたいですよ そりゃ。

そりゃそうですよね だってね
言われてみたら。

王林は?
(王林) 整形ですか?

変えたいとしたらや。
(王林) これからならば

三半規管とかです。
(小峠) 三半規管?

耳鼻科 行けよ それ。

三半規管は悪いの?

悪いのか… 何か 今も地平線が
分からないっていうか。

中心が分からないっていう。
えっ 何が?

その この…。
何 言ってんの こいつ。

(小峠) 前の あの3人
すごくないですか? 前の。

この世の終わりのような
並びじゃないですか。

滝沢 どう? もう 直す…
顔はないよな 別に。

私も言えるようなことじゃ
ないんですけど。

私も骨盤。
お前ら 整形の話。

(滝沢) もう 腰がホントに
砕けてるんで。

何か ちゃんと…。
(小峠) 腰 砕けてる。

こっちが 足首 グラグラで。

もう 頭 こいつら おかしいな。

グラグラと思うとんねんな
こいつら 何か。

富田は? 別に。
私 あの~ 眼鏡を掛けると

若干 斜めになるんですよ
耳の形が…。

(SHELLY) 高さが違うんだ。
そうなんです。

耳の高さが違うのか。
なので 眼鏡 好きなんですけど

結構 ずれてるんですよ。
そんなに? ウソやん。

ちょっと… 富田。
ハハっ!

富田…。
こんなデッカく映ってると…。

デッカく…
お前がデカいねん! アホ。

(笑い)

(梅沢) お前に分からないだろ!?

お前 ブスだから分かんねえんだ!

<一挙 大公開!>

<1年間の名場面が 続々 登場>

<まずは 名勝負だらけの…>

意見を言うといてから。

下手クソ司会。

(坂上) ちょっと待ってください。

俺ら 残してあげて
パス出してあげるよ。

(坂上) やっぱ…。

司会者はな。
(ヒロミ) 俺としては やっぱり

「忍…」。

(ヒロミ) おい! お前…。

(野々村) …のに
それも できないんですよ。

…っていうね。
分かってるよ 2人の子って。

仕事やってやな…。

(くわばた) あるやん。

<さらに 今どき世代に
おじさん おばさんがキレる

世代バトルも勃発>

「35歳です」。
はい。

あのね ちょっと あんたさ…。

かわいい~。

(島崎) …ぐらいですね。
(HIKAKIN) えぇ?

(堀田) おばあちゃんが…。

(島崎) 何? 何なの?

<思い上がった…>

(中川) 男の人に…。

えっ 何が?

ホントに…。

ただ 「普通に」って すごい
その人の価値基準の中で

言われてるなって思うし…。

(笑い)

<そして 最後は この人…>

<まずは…>

<すると>

えぇ~?

(大久保) 人として。
大人げがないとか

そんなことじゃないんだよ。

おい おい…。

<さらに…>

(河北) それは…。

(梅沢)
何を言ってんだ 違うんだ!

新しいのを持った時のワクワク感って
お前に分からないだろ!?

<続いては…>

<アンガールズ・ 田中
キャラ強めの…>

ゆきぽよ…。

女として。
(ゆきぽよ) ゆきは…。

えっ?
(ゆきぽよ) 黒肌がいいの。

(笑い)

(田中) 送って来なくていいから。

(田中) そりゃ 出るよ。

(三倉) だんだん…。

あれが…。

えっ?

(川村) みんな 普通…
それが 普通に…。

(笑い)

(渡辺) よだれが
すごい出たんですけど。

(羽田) ハハハハハ!

<ここからは…>

<ここからは…>

(滝沢) まず…。

(一同) えぇ?

そしたら。

「好きだす」。
(笑い)

(武田) によって…。

こだわってませんよ
っていうだけで。

(笑い)
≪やめてください≫

「食そにょもにょ…」 かわいい。

(河野) 意外と…。

って言った時に…。

(河野) そう。

(笑い)

(HIKAKIN) 無視してます?

マジっすか。

たぶん。

(笑い)

<さんまの…>

いやいや ちゃう ちゃう ちゃう。

おう。

≪あれ やってみ≫

≪「俺が老けてるわけ
ないやないかい」言うて≫

(笑い)

<ラストは…>

<柔道 杉本美香が…>

(鈴木) 僕は 結構…。

(笑い)

≪絶句≫

<その鈴木伸之は…>

(福原) あんまり好みじゃ ない…。
彼は? 男の人は?

えっ?

<そして…>

やっぱり
自分が ガタイがいいので…。

もうちょっと 何?

お前…。

そうですね。

また フラれた。

<以上
バトル&ハプニング編でした>

いやいやいや すごいよな 皆な
好みがあるから 女はな。

河野なんか 何て答えてんの?
「好みは?」って言われたら。

今は 何か 優しければいいかな。

優しくしてくれたら
もう それでいいか。

顔とかはないのか?
ないです。

富田は どう? 今 見てて。
私 滝沢さんと

最初の『さんま御殿‼』
出させていただいた時に

ご一緒したんですけど
もう おもしろくて おもしろくて。

やっぱ ず~っと
毎回 出られるたびに

ああいった発言
されてるんだなと思って。

それを
最後の年末のスペシャルで…。

何を…。
(笑い)

ハハハハハ…!

何も おもろいこと言うてないよ。
(SHELLY) 待ってましたよね。

君も 一発目 すごいね よしこの
モノマネをモノマネして。

それで 大爆笑 かったやんか。

どんなやったっけ? 財前直見。

(笑い)

ホンマ 怒られるで。

じょ… 女優さん同士やから
怒られるで。

高見さん どうですか?
見てて 今のは。

女性芸人さんたちの
かみつきっていうのが

見てる分には すごく気持ちいいな
って思うんですけど

いざ この場にいると… 私 前回
好きな男性のタイプの話になって。

鼻毛が出てる人が好きって。
あぁ 言うた 言うた。

(高見)言ったら 「何 それ 出た!」
みたいな感じで すごい言われて。

でも 何か今日のメンバーだったら
共感してくださるかなと思って。

どう? 丸山。
どのぐらいの長さですか?

あの… 違う 出るのが…。

(小峠) 何で 鼻毛の詳細
言わなくちゃいけねえんだよ。

出てるか 出てねえかだよ。
長さに 違いがあるかな。

それは どういうところが?
好きやっていう時 鼻毛が出てて。

他は
すごく小奇麗にしているのに

ちょっと こう 鼻毛が1~2mm
出てしまってる その無防備さ。

あっ。
(丸山) やっぱ 私は もう

この1mm 2mmじゃ なくて
もう ついてるぐらいに出てたら

下に出てたら いいなって
もちろん思うんですよ。

誰も いないから そういう。
下に ついてんの?

…ぐらい 出てたら
いいと思うんだけど。

滝沢 どう?

私 もう
どんなに首から下が汚い方でも

鼻毛1本 出てる方が
ホントに許せないんです。

あっ ここは もう汚くてええの?
首から下。

(くわばた) 鼻毛がアカンの?
私 鼻周りに手を持ってく人が

大嫌いで。
(SHELLY) 触るの?

もう すぐ こする人とか。
あっ こうする人とか?

(くわばた) さんまさん めっちゃ…。
俺 うん 俺は癖や これ。

そうなんです だから
さんまさんの鼻しか見れない。

えぇ~!
この癖 気になんのか? 鼻を触る。

もう気になるどころじゃ ない。

(笑い)

<続いては ひと言で
爆笑をかっさらった…>

ウソやん!

大体…。

どうや?

(黒沢) でも…。

あっ それは邪魔くさいわ。

ほな ゴミ捨てよう思うたら
キッチンの裏に行かなアカン。

(賀来) そうなんですよ。
買うたらええやないか。

隠れるような ゴミ箱。

お前…。

お前は。

今 2回目の結婚やね?

「そうだよ」。

俺は…。

結婚してるのは。
(飯島) じゃあ…。

俺 バツイチや。

(笑い)

<女優の目を見て 思わず>

お前。
いや…。

この世界の人は大丈夫やて
どうですか? 橋本さん。

なぁ。
(草薙) 目 見て大丈夫ですか?

(橋本) 大丈夫です。
ホントですか。

見ろ 見ろ。

<そして 名言といえば この人
恋愛博士こと 出川哲朗>

<好きな…>

(高見) 私は…。

連絡するのが 重いって
思われるのが嫌なのか。

(出川) ホント ごめんなさい。

(笑い)

意味 分かんないよね。

(一同) えぇ~!
(出川) いや いや いや いや。

(出川) それは最低よ。

覚えといて。

いや そんな 気 張んないで…。

(笑い)

生まれ変わりたくないけど
カッコいい。

<そして ここからは
思わず言っちゃった…>

はぁ~ そんなに
結婚してくれって… 今…。

(あきら。) はい もちろん…。

ゆきぽよ 幸せそうやな。

<恋愛の神様 HYの仲宗根>

(仲宗根) やっぱ…。

いや ブスじゃ ないですけど。

<結婚した…>

<一刀両断>

こんな… こんなバカ女がね

増え過ぎてるんすよ 姉さん。
(しずちゃん) そうなんですよ。

(中野) 河野さんの…。

「元のご主人」。
(泉)「元」 言わなくても よろしい。

そうそう 前の旦那さんの…。

はぁ~。

遠巻きに もう…。

(泉) それ ちょっと…。

それさ…。

「イヤ イヤ」じゃ ないねん。

<そして…>

(みちょぱ) …っていう感じが
ちょっと しますよね。

ちょっと。
アカンの?

ちょっと何か…。

言わへんわ アホ!

何でや?
(広末) 結構 やっぱり…。

(広末) ちょっと もう…。

(笑い)
≪おじいちゃんになってると≫

(広末) 何か円くなって
来ちゃったのかなって。

(ワタリ119) 怒られてるから
感情が こう 減ってくんですよ。

(ワタリ) 怒られて 感情が その~
何ていうんですか…。

えっ? ちょっと…。

お前や!

分かりました。

「次からね」!?
(ワタリ) すいません すいません。

<千鳥・ノブと飲みに行った粗品>

(粗品) 「ホントに
何々っていうグループは…」。

…みたいな話を
4時間ぐらい して。

「ノブさん…」。

(粗品) ほんだら ノブさんが
残った酒 全部 飲んで…。

そしたら。
いや…。

(笑い)
(ノブ) おい!

違う 違う。
(ノブ) おい!

<続いては
意外な事実や本音が続々…>

近藤 お前…。

はい でも それ 実は…。

(一同) えぇ~!
「これ このまま…」。

…って言われて。

(ゆいP) 息 できなくなる。

(近藤) 私…。

取ったんか!
(近藤) はい だって…。

何kgあるんですか?

(一同) えぇ~!
何kgですか?

≪すごい≫
何kg?

(一同) えぇ~!

(堀江) 世界レベル 世界レベル。

≪すごい!≫

<最後は…>

お兄さんは?

(小林) 隠しては
いなかったんですけど…。

(SHELLY) えぇ!?

えぇ!?
(長田) めちゃくちゃショックが。

衝撃発言だよ。
ちょっと…。

(青木) すごく
個人的なことですけど 私は…。

(出川)奥歯がないから何なんだよ。
だから 私…。

それを知られたくないから
できたら…。

(青木)
いや 分からないです 私も…。

<以上 3ブロック
まとめて お届けしました>

これは いろいろ…
王林 どう? 見てて。

何か 奥歯って
あるもんなんだって思いました。

はっ?

抜いちゃっていいもんだと
思ってたから。

奥歯 抜いちゃってええと思うた?

私は生えて来たら
すぐ抜くと思って 抜いてました。

えっ! 何で抜いたん? お前。

(くわばた)
あれやろ? 親知らず ねぇ?

何か 見えて来た歯です。

親知らずや!

(王林) 親知らず?
親知らず。

それ 奥歯って いわへんねん。
そうなんですか?

うん。
(王林) ふ~ん。

(笑い)
俺 ヤダ もう。

(SHELLY) さんまさん 頑張れ!
1人目に聞くヤツ 間違えた。

高見さん どうでした? 見てて。

恋愛博士の出川さんに
たくさん…。

お前が 一番ツッコまれたよな。
はい。

どうなの? 最近は。

今年 結婚しました。
(SHELLY) えっ!?

また同じリアクション。

さっきと。
えぇ!

聞いてないけど!?
(くわばた) さっきも見たよ それ。

(小峠) 関係ないでしょ 別に。

あれ お前 いつ結婚したん?
そんなことより。

今年の春に結婚しました。
(SHELLY) だいぶ前?

はい。
出川とかと しゃべってる時は?

結婚してた?
あの時は まだ結婚していなくて。

その後… はい。
4月に!?

はい。

相手の人は
どういう方なんですか?

音楽をやっている人で。

何ていう?
言うても大丈夫やろ もう。

flumpoolっていう。
あっ アミューズの!

(高見) はい。
(SHELLY) 事務所で。

それの その中の?
ベースをやっている人なんです。

ボーカルじゃなくて…
付き合い 長くて?

6年ほど 付き合って。

長っ!
何? SHELLY。

だとすると 2月の時点で
よくテレビで

「私 男の人に連絡するのとか
不得意で」。

(笑い)

6年 付き合ってる
彼氏がいたんでしょ。

俺は もう 嫌
もう 怖いわ この芸能…。

それを真に受けて
「えっ えっ!?」とか言うてる。

お前ら
もう ええかげんにせぇよ!

合図 送れ 「実は います」とか。

(稲田) アドバイスしてた
出川さんも恥ずかしい。

間接的。

「ちゅうちょしちゃ ダメだよ~」。
(稲田) してないねん。

全然 してないねん
むちゃくちゃやな!

(河野) さっきの鼻毛
どうなんでしょうね。

さっきから鼻毛が…。
(一同) あぁ~!

鼻毛 よく出る人なの?
(高見) そうですね。

その彼の話をしました。
うわ~!

(一同) わ~!

アホやん
「下まで ついたらいいです。」

ホントですよね! 私 めっちゃ…。

私 マジで ホント
真剣に考えたんですよ ホントに。

あれ ゆきぽよが みやぞんに
告ったの 今年?

去年 去年の ちょうど この。

あっ 去年の年末スペシャルで
「みやぞんさんが好きです」って。

そっから 進展は ないのか。

進展というか ごはん行きました
小峠さんと丸山さんと

ゆきぽよさんと
4人で 1回 行きましたよ。

1度だけ? 1年で?

≪何で?≫
何で?

周りが盛り上げ過ぎて。

この2人 連れてったの
間違いやよね。

(ゆきぽよ) 違う 違う 違うの。

ついて来てくれって
言われたんですよ 僕らは。

「キンタマだね」ばっかり言うて…。
言うわけないですよ そんなもん。

何で プライベートで
そんなん言ってるんですか。

(ゆきぽよ) ホントに よかったなって
すごい思ってたんですけど

さんまさんを筆頭に
すごい盛り上がり過ぎちゃって

ちょっと会おうと思うと…。
筆頭? 俺 筆頭?

(稲田)
また やり過ぎたみたいです。

また やり過ぎた…。

いつものことやから。

盛り上がっちゃう。

今日から もう 黙る!
いや ちゃう ちゃう。

(丸山) こっち?

(小峠) 口 思いっ切り 出てた。

あぁ そうか 逆に。

ゆきぽよは まだ でも
気持ちは変わらないのやろ?

憧れの人です うん
すごい憧れの人。

王林 どう? こういう
うらやましいでしょ?

どこがですか?

違います 違います。

王林 それは言っちゃダメ。

むちゃくちゃやな こいつら。

<続いては…>

チョコプラも初めてなの?

(長田:松尾)
よろしくお願いします。

ちょっと 一発だけ すいません。
いやいや 何をや。

いらんよ。

(長田:松尾)
♪~ T! TT! TTTT!

ありがとうございます。

<なぜか 女性に人気の稲田は…>

お前…。

そうそうそう 僕は…。

(稲田) 何でやねん! すいません。

<続いて…>

昔。
(えなり) そうですよ そうですよ。

角野卓造 最近 言うてないからな。

お前 いくつ? 今。

じゃあ 何なの? お前。

花粉症 多いから。

心配しなくて大丈夫です。

コレラちゃうのか お前。

<そして こんな…>

(笑い)

<続いては…>

<まずは…>

桑田佳祐さんの ちょっと
モノマネ やってよ そしたら。

(せいや)♪~ タバコ・ロードで逢った
Sexy ばあちゃん

(りんごちゃん)
ミュージック スターティン!

それ やめぇ言うとるやろ
♪~  スターティンって何やねん。

スターティンって 難儀やわ。
♪~          (手拍子)

♪~ 住みなれた 我が家に

♪~ 雲と 青空の下

♪~ リフォームしようよ

♪~ 私 心も 夢も

(笑いと拍手)

(春日) のぞきをしている
藤岡 弘、と 中尾 彬。

懐かしい おう。
はい 若林が

「おいおいおい…」っつって 私が。
「おいおいおい…」。

(笑い)
せやせや!

シャチホコ お前 これ 初めてか?

(Mr.シャチホコ:和田アキ子のモノマネ)
いやいや 初めてなんやね。

ごめん ごめん…
アッコさん 初めて?

いや 初めてですけど。

それは うれしいのよ
うれしいんだけど

女性と男性?
うん。

しゃあないです アッコさん
そこへ座って…。

<続いて…>

ローラは どうなの?

(岩田) 私はね あのね
全然 考えてなくてね

でもね 採用試験 受けてる時に
あっ テレビって

いい感じだなって思ったの。

(若槻) うまい!
(泉) うまい!

篠原涼子さん やって やって。

もう 何なのよ!

(笑い)

(えなり) 好きになられて
でも いやいや 他もいるのに…。

みたいな 何か…。

(押切) どういう付き合い?
お前 何で そんなこと言うねん。

<そして ここからは…>

最近
アジアン・隅田さんに似てるって。

アジアン・隅田が。
≪似てる~!≫

眼鏡 取って
ちょっと隅田の顔して。

似てる!

松岡のモノマネするのか?
(河邑) そうなんです。

うん ちゃう…。

えっ 今… 今 やってたんです。
(笑い)

(河邑) 今の感じ…。

今 一応 やってたんですけど。

松岡茉優さんで~す。

よろしくお願いします。

やってるんですよ。

(河邑) 思いっ切り はい。

<続いては…>

お前 女優さんやよな?
誰やったっけ?

(よしこ) どうも 広末涼子です。

財前 やって 財前直見。
(よしこ) どうも 財前直見です。

≪『こち亀』の両さんや それ≫

あと 小雪さんぐらいやもんな。

どうも 小雪です。

(笑い)

≪好きだな~≫

多部未華子 ちょっと
どんなんやったっけ。

どうも 多部未華子です。

(笑い)
≪怒られるぞ≫

<そして 最後は…>

いや~…。

多部未華子です どうぞ。

多部未華子です。

(笑い)
(JOY) できた!

<以上
ギャグ&モノマネ編でした>

すごいよな
くわばた 見てて どう?

くわばた あんまり
モノマネしないもんな お前。

ずっと言われてるのは
黒木 瞳さん。

違う言うてんねん。
激似やな。

どこが 黒木 瞳やったっけ?
(くわばた) ホンマに。

黒木 瞳。

(笑い)

黒木さんは これ見て
怒ってはるのかな?

1回だけ 生放送で 2人 並ばせて
もらったことあったんですけど

ツーショットは
全然 別物でしたよ。

もう汚い こっち 汚過ぎた。

王林なんかも
モノマネは しないもんな。

してます。
できるの?

はい。
誰のモノマネできるの?

美輪明宏… 違う 違う あの…。
美輪明宏さん?

クジャクみたいな格好で
すごく上に 上に…。

美空ひばりさんじゃない?
(王林) 美空ひばりさんです。

(SHELLY) えぇ~!
(小峠) ハハハハハハ!

お前 美空ひばりさん できるの?
できます。

どうや? どんなん?
≪すごいよ それ≫

あっ 間違えました
できません 私。

(小峠) えっ?

おじゃる丸ができるんです。
(小峠) 全然 関係ねえよ!

全然 関係ねえ。

おじゃる丸?

(ゆきぽよ)何で 美空ひばりさんのこと
言ったの? 一生懸命 考えた…。

それは この後に分かります。

あっ おじゃる丸をやってから
分かるのか。

はい。

ほな おじゃる丸。
(王林) 行きます。

♪~ 雨 潸々と

似てるのか? これ。

♪~ この身に落ちて

おじゃる丸 知ってる人。

(王林)♪~ わずかばかりの

♪~ 運の悪さを

(河野) いや~ どうなの?

(SHELLY) ずっと歌ってるじゃん。
(笑い)

(SHELLY) ずっと歌ってるじゃん。
≪似てる≫

(SHELLY) ハートの強さが えぐい。
(王林) 似てるんですよ。

おじゃる丸が
美空さんの歌を歌ったのか。

歌いません。
えっ? 何 言ってるの? お前。

私が思い立ったことです。
(小峠) うん?

(みやぞん) コラボしたんだね。
あっ コラボしたの?

普通の おじゃる丸 やってくれ
どんなやの?

おじゃる丸だよ。

これ どう? カレンちゃん
おじゃる丸 知ってる?

これが そうです。
(笑い)

ウソやろ? そうなん?

私が知ってる おじゃる丸と違う。

河野 できるのか?
お前 おじゃる丸のモノマネ。

お… おじゃ… おじゃる丸だよ。

(笑い)
違う?

(丸山) 違いますね。
(河野) えっ 違う?

こ… これが おじゃる丸です。

≪これは違う≫
≪これは違う≫

そや お前も しないもんな
モノマネ。

僕 でも やりますよ。
何やるの? お前。

いろいろ やります
武田鉄矢さんとか。

武田鉄矢さんは どんなん?

え~ おはようございます
武田鉄矢です。

あぁ!
似てる 似てる!

丸山 できないやろな。

(丸山) いっこく堂のモノマネ。
誰?

いっこく堂。
いっこく堂のモノマネ? すごっ。

いいですか?

声が 遅れて
聞こえて いる よ。

(笑い)

まぁ… まぁ まぁ…。

18歳から
ホントに やって来てる。

「今 私は」やろ? 一緒やろ?

違います。

(小峠) 今のは
普通に しゃべっただけですよね。

「今 私は…」。

いつもより 歯が ちょっと
出てるだけですよ それ。

(笑い)

稲ちゃんは モノマネは?
(稲田) 僕も 結構。

誰のモノマネ?
芦田愛菜ちゃん。

どういうの? 芦田愛菜。

(稲田:芦田愛菜のモノマネ)
芦田愛菜だよ。

怒られるわ! ホンマ。

(稲田:芦田愛菜のモノマネ)
芦田だよ~。

芦田愛菜ちゃんのファンに
ど突かれるぞ お前 ホンマに。

あれから 練習したん? いろいろ。

アハハ…。
「アハハ…」じゃ ないのよ。

そしたら もう一遍 行くで
芦田愛菜 そんなこと言うたら。

(稲田:芦田愛菜のモノマネ)
芦田愛菜だよ。

(小峠) 早く やんないと
これが出るのよ。

≪やって やって≫

(稲田:芦田愛菜のモノマネ)
早く やってくれよ。

≪怖いよ 愛菜ちゃん≫

(富田:広末涼子のモノマネ)
広末涼子です。

アハハ かわいい! なぁ!

私 多部さんにも広末さんにも
お会いしたことないんです。

今の ちょうど よしこのを捉えて
やってるから 偉い 偉い。

この間 ピスタチオ やってたもんな。
(小峠) ピスタチオ やってないです。

やってないです
やってないですよ。

勝手に言われただけですよ
そんなの。

わざわざ やんねえよ
ピスタチオなんか。

<ここからは
『さんま御殿‼』に欠かせない…>

<ここからは
『さんま御殿‼』に欠かせない…>

<まずは…>

(堀尾)
ベスト10に入ってるのは…。

(堀尾) ホントに来たら
ものすごい便利になりました。

分かりますよ。

(堀尾) めちゃめちゃ便利。

(笑い)

<続いて…>

そしたら 「えっ…」。

いや 多くない。

ラッパーのほうが多い?
ラッパー いる?

(笑い)

あります あります。
足立区 オリンピックやってる?

(笑い)
≪ある それは ある≫

<ここからは…>

<…の おバカ発言>

<まずは…>

8月に。
(杉本) はい。

分かってるよ そんなこと。

(笑い)
(一同) えぇ~!

<さらに…>

<彼女には…>

例えば
友達と食べてて うどんを…。

いや…。

(丸山) 実際…。

そこまで…。

うどん。

外食を食べに行った時に…。

(笑い)

<そして ここからは
『さんま御殿‼』が誇る…>

<…をご紹介 まず1人目は>

…ってあるじゃないですか。
えっ 何て?

(笑い)

<おバカトークを
連発する…>

その映画が…。

私たちにとって?

≪「たち」 誰なの?
仲間 誰おんの?≫


何だろう?
映画とも言えない?

(笑い)
(せいや) そりゃそうやろ。

一枚。
≪とある そこの板?≫

≪床になりたい?≫
はい。

この色でええの?

うわ~!

フ~。

…じゃないですか。

それを 何か
キョウリュウして来るのが…。

キョウリュウして来るのが
苦手なんですけど。

恐竜じゃ ない。

共有か?

(笑い)

<そして
『さんま御殿‼』が誇る…>

<もちろん この人>

男が ガバって行くのが。

カッコいいのやろ?
(高橋) はい 好きです。

私は…。

…が好きで。
(笑い)

(菅田) そんな人 います?

<それは…>

<せっかく…>

<3連発で どうぞ>

全部 ちゃんと 何だろう
たぶん…。

カレンちゃんは ほんなら…。

結局は。

要するに 最終的に…。

ごめんなさい。
(笑い)


原因 ないねん 言うてんねん。

これといった…。

ねぇ?

俺が言ってること。

今 うなずいてたよね?

<以上 おバカな人たちでした>

(拍手)
いや~ すごいね。

芸人泣かせですよね。
そやな。

計算なしでホームラン打つから。

芸人は
やっぱり こういうのに弱いよな。

迷惑です。
迷惑。

だから 『君の名は。』なんか
あれやもんな

知らん おっさんの横に座って。
はい。

知らん おっさんの
ポップコーン 食べてんもんな。

はい。
(SHELLY) えっ ヤバっ。

それは やっぱ 映画には
ポップコーンがつきものですから。

(SHELLY) 買って入りなさい。
あなたのじゃないんで。

それは 仕方がないんです。
何で?

もう 私は
いっぱいいっぱいだったから

その 映画館に入る時は。

早い話 盗み食いだろ? それ。
(笑い)

違います。
(小峠) 盗み食いしたって話だろ。

違う 違う
違うんですよ ホントに。

何で 食べたん?
何で 食べた?

そこにあったからです。
(笑い)

(小峠) 山みてぇに言いやがって!
(SHELLY) ダメ!

だって…。

こんなん アカンやん。

食べた時は
どんな反応されたんですか?

「えっ これ 僕のですよ」
って言われました。

ちゃんと 注意されてるやん。
(王林) 「今 食べました?」って。

(小峠) その おじさんに
君の名は?って言われなかった?

いいねぇ!
(笑いと拍手)

うん いいねぇ。

ホンマ ええ人でよかった。

それは 青森の地元の
優しい人やろうけども。

そうです そうです。
その人も怖かったやろな。

えっ?
怖いよ!

(SHELLY) 怖い 怖い。

青森 どうなってんの?
そんなん ざらなの?

ZARAはないです 青森には。
(笑い)

(小峠) 洋服屋のZARAの話
してないよ 急に。

するわけねえだろ。

そんな急に
ZARAの話 すると思うか?

俺 今年中に
もう 芸能界 辞めます。

(SHELLY)
辞めないで! 辞めないで!

こんなん ずっと
相手して行かなアカンねんで。

だって もう カレンちゃんなんか
4年やからね。

(くわばた)
4年も この座を守ってるんや。

天然だといって 4年は
まぁ キープできひんから。

23歳の5月12日が
はじめましてでした。

あっ ちゃんと覚えてんだ。

はい あの日は忘れません。

(笑い)

(くわばた) 何なん? 急に あんた
しっかりした… 何やの? あんた。

俺 手ぇ出したんかなぁ?

(笑い)

だから 王林も
もう 3年ぐらいやろ? これ。

いつから数えたらいいかは
分かんないです そこは。

たぶんですけど 初めて
出た時からじゃないですかね!?

そうですね 夏です
とある夏だったことです。

うん それは何年前や?
って聞いてんねん。

何年か前の夏です!
分かった!

<ここからは
スタジオを笑いの渦に包んだ…>

長い休みが あった時に…。

…と思って喜んで 開けたら

その先輩が その~。

ハァ~!
≪あっ 近い≫

≪病気じゃないですか もう≫

(高畑) 私は…。

(高畑) 飛べるって思…。
(笑い)

アホ 何が 「何でやねん」や。

(八代)
ゲーセン? まだ幼いのに…。

バンド用語?

えっ この子 ゲーセン ゲーセン
って言ってると思ったら

なんと…。

(八代) えっ ホント?

(カズレーザー)  よく 今ので
落とそうと思いましたね。

僕と みやぞんと ゆきぽよと
丸山桂里奈さんっていう…。

(小峠) したら…。

っつったら
丸山さんが 「小峠さん 今度…」。

(小峠) …とか言いだして。

「どこにいんだよ」
「沼ですよ 沼」っつって。

「その辺の沼 カッパ 探しに…」。

デヴィ夫人と ドイツに 一緒に

ロケ行った時の
話なんですけれども。

分かる 分かる。

それぞれの部屋 入って
寝てたら…。

(出川) 「どうしたんですか!」って
俺が…。

そしたら 夫人が ベッドの上で…。

(一同) えぇ~!

(出川) 白目で…。

(笑い)
何 言ってんの こら!

≪出川さん ダメだよ≫
(出川) 違う 違う 違う。

助けようとしてんけど
笑うてまうよな。

オンライン上で100人が
銃を探して撃ち合うっていう

ゲームがあるんですね。

その時に 声も ちょっと
変えたりとかもするんです。

どんな声で言ってんの?

(笑い)

…とか言って。
二十歳の設定なのか。

(増田) 最後 みんな 食べ終わって
締めも食べて。

「お会計します すいません…」。

カッコええね!
(増田) 返って来て。

後輩が受け取ってくれて
「増田君 ヤバいっす」。

ぱって見せたら

「フェルタム」。

フェルタム増田?
フェルタム 書きやがって。

韓国人の女の子2人がね

向かいから歩いて来たんです。

(稲田) いろいろ言うてたんです
キャッキャ キャッキャ言うてて。

…で 1個だけ
僕 覚えてた言葉があって。

「ケジントゥブ ケジントゥブ」。
(稲田) っていうのが 覚えといて。

後輩に 韓国語を
しゃべれる子がいるんです。

「ケジントゥブって
どういう意味?」って聞いたら

日本語で…。

<みやぞんの地元…>

博物館があるんですけど

何でできたかっていうと…。

(一同) えっ!?

(小島) 意味が分からない!

(みやぞん)
鈍器 持って こういう感じ。

みんな こうして 寝てはるの?
こうしてる人もいますし

まぁ こうしてる人も…。
(笑い)

<ここからは…>

矢田さんも…。

あっ 着たことないんだ 松本さん。

(松本) どこが…。

知ってます 何か

相撲協会から消えた。

消えた!
(笑い)

その人の 元奥さん。

そうなん…。

<そして 世界に誇る…>

(田村)
…っていうのがあるんですけど。

フミさんと 一緒の部屋とか
なることあるんですけど 合宿で。

もう 練習の…。

お前は後輩やから
合わせなアカンやないか。

<フォワード…>

ほんなら もし 差し入れとかが…。

いいのか? ラグビーチームには。
(坂手) 食べ物とかよりは…。

(一同) えぇ~!

≪意外!≫
(坂手) 結構 頂けるんですよ。

どこ出身でしたっけ?

新潟やったら
ボ~っとしてるやろ。

「さい」。
(笑い)

お前…。

≪似合いそう≫
≪めちゃくちゃ似合いそう≫

(笑い)

<以上 名トーク編でした>

(拍手)

そうか カレンちゃん どう?
見てて 今の。

何か
すごい 思い出の人たちで 何か。

思い出の人たち?
(滝沢) 懐かしいんですけど。

私が思うに 芸人さんが…。

やっぱり さんまさんって
ここの城の支配者だとして。

『さんま御殿‼』のな。
『御殿』の …で ホントに ここに

どう 持って来られるか
っていうのが

味だと思うんですよね。
えっ?

お料理として さんまさんが…。

俺が料理長なの。
(滝沢) そうです。

さんまさん
ここに いるはずなのに

何か みんな
ここのメンバーが違うだけで

ホントに 違う料理になるなって
思いました。

えっ どういうこと?

ええこと言ってんねんけど
ちょっと 全然 伝わらないです。

俺がいなくなってるで 今。
さんまさんは いるはずなのに…。

(稲田) あっ なるほど。
えっ どういうこと? 稲ちゃん。

あっ 分かってないです
ごめんなさい ごめんなさい。

誰か… 誰かが
相づち打たないとと思って。

お前 もう 終わらそうとするな
アホ!

何やねん それは。

(稲田) さんまさんの番組
同じ番組なのに

いろんな芸人さんが来るたびに
味が 表情が変わる。

要するに 同じ会話みたいやけど
違うと。

料理の味が。
そう。

中川家からは ほとんど
中華料理や言われてるからね。

熱い火で 炒めるだけやねんて。

フレンチみたいに
なりたいんですけど

まだ 俺 中華シェフらしいわ。

う~ん どう?
みやぞん 見てて 今のは。

シースルーとか ホントに
僕ら 分からないですよね。

ゆきぽよは知ってるよ
シースルー。

これ シースルー。
ウソでしょ?

(みやぞん) これも?
(ゆきぽよ) これ シースルー。

(みやぞん) ごめん ごめん 見ちゃった
変な意味じゃ ない。

見て大丈夫。
変な意味じゃ ない。

おかしいやろ なぁ
「これ シースルー」 「ウソでしょ?」。

(笑い)

そんなの おかしい おかしい
しゃべる気せぇへん こんなんで。

どう? 富田さん 見てて。
(富田) いや 私 あの

デヴィ夫人の金縛りの話。

何か 私も 宿泊先で
遭ったことがあって。

すごいリアルで それが… それを
ちょっと思い出したんで

やっぱ あるんだなと思って。
疲れてる時らしいねんけど。

俺らも 若い時は
よう 金縛りに遭いましたよ。

何か 幽体離脱してるんですよ。

実際に その部屋で寝ている自分を
座ってる自分が見てるんです。

そこの部屋の窓が ばって開いて
女の人が入って来て

首 ガブっ! かまれて

その瞬間に 寝てる自分に戻る…
そのまま金縛りです。

あぁ これは。
(富田) すごい それが リアルで。

疲れてる時や
むちゃくちゃ疲れてる時。

(くわばた) いやいや 幽霊でしょ
今の話は。

疲れてる話 ちゃう
幽霊の話やから。

さんまさんは疲れてるけど
こっち 幽霊やんか。

何 言うてんの もう。
金縛りに遭う時は…。

(くわばた) いやいや 幽霊やん 今の。
違う!言うてんねん。

金縛りに遭う時は 疲れて
そういう現象 見んねん。

窓 開いてたんやろ? 幽霊やん。

窓 開いてないやろ ホンマは。

窓は 開いたんです。
(くわばた) そやな 幽霊やん。

(小峠) 窓 閉まってても
たぶん 幽霊 入って来ますよ。

(笑い)

擦り抜けるでしょ 幽霊 そんな
カッチリしてないですよ 幽霊も。

「あっ 窓 閉まってるから
やめとこう」って なんないです。

いやいや あの 疲れてると…。

分かるやろ 丸山なんか
練習で疲れて 金縛りに遭う。

ホントにないです 1回もないです。
王林 あるよな?

金縛りですか? はい あります。

例えば どんな金縛りや?
私は 結構

直角の金縛りです。

終わりま~す。
(笑い)

(SHELLY) 早めの… 早めの撤退。
終わります。

金縛りなんていう言葉は
世の中にありませんから。

もう最後のブロックは
いつもの恒例 こちらです。



<その狂気の暴れっぷりを
ご覧いただこう>

彼女なんか…。

俺に。

<そのツッコミは 実に 多彩>

僕は…。

住みたいなとか思います。

(昴生) さんまさん さんまさん。

♪~

≪ダンスがダサい≫
あっ これだけ?

♪~ ブンバ ボンバ ブンバ ボン
ブンバ ボン

<この…>

次…。

…とかっつって。

俺…。

<結構…>

<恐怖の指導で
トークの戦場を支配する>

(デヴィ)
写真 撮ってくださいって来る。


お前 たぶん。
(稲田) これ…。

≪全部 「ちょっと しゃくれとるや
ないか」って言うとったらええわ≫

≪集めてないわ≫

あるやろ 最近 ちょっと不安な話。

(小林) 基本 イライラしない
タイプなんですけど。

…って言うてるやん。

<その…>

(木嶋) さんまさん 怖いです。

戦場や言うてるやろ ここ!

<そんな…>

<3つ 続けて
見ていただきましょう>

構ってとか。

…とかいう話もあるで。

お前…。

≪「こんにちは」だから≫

こちらこそ。

「ラグビー」。

(春日) フラ…。

<そして…>

いや その 柄…
柄のこと言うてんねんけども。

≪ここまで豹の人は≫

(ミッシェルさん) これはね…。

フタ。

<以上 お笑い怪獣
明石家さんまでした>

まぁ 恒例の…
どう? 丸山 見てて。

私は さんまさんを見て
ホントに変な話…。

変な話… 変じゃないですけど
一番 さんまさんって

地に足が着いてる方だなって
やっぱ 見てて思ったんですよ。

地に 足 着いてない いわれるよ。
(丸山) いや でも ホントに

地に足が着いてて
あとは なおかつ

太陽も 全部 味方にして
ホントに 太陽が もし…。

みんなで見る太陽とか
っていうよりは

しゃべって みんなに
太陽とかパワーを

与えてる方だなっていうのを
ホントに 見て 思ったんですよ。

分かります? これ。
分からない。

悪いセミナー
聞いてるみたいだよ。

(稲田) 何にも買わへんからな。
(SHELLY) お金 取られそう。

お金 取られそう これ。

つぼ買って もう 帰りますんで。

話は いいです もう。
何でです?

王林 どうやった?
(王林) ホントに さんまさんを

知りたい人 この世の中に
たくさんいると思うし。

俺のことを?
(王林) はい もっと。

さんまさんのサテツみたいなのを
ちゃんと みんなに言ってほしい。

言って広めてほしい。
サテツ?

(河野) 磁石なんかで集めるやつ?
(小峠) 磁石で集めるやつ?

砂鉄じゃないです
さんまさんの哲学みたいなのを。

(小峠) 「さんまさんの哲学」で
サテツっつったってこと?

(くわばた) 略したん?
(小峠) 分かんないよ。

さすがに くみ取れないよ それは。

それを集めたい。
あっ 集めたくないです。

(笑い)

カレン… カレンちゃん
まとめて 俺を。

いや でも

もっと さんまさんと同じ時代に
生きたかったなと思って。

(小峠) いや 生きてるよ
生きてんじゃねえかよ。

俺 死んだ?

俺 死んだ?

(笑い)

もうちょっと
一緒に いましょうよ。

もっと同じ… 私が もうちょっと
早まれば よかったんですけど。

要するに 俺は 芸歴40年やから
40年前に戻って

一緒に過ごしたかった。

親友になりたい人 ナンバーワン。

断る。
(笑い)

というわけで 皆さん
どうも よいお年を。

ありがとうございました。
(一同) ありがとうございました。

カレンちゃん まとめて 俺を。

(小峠) いや 生きてるよ
生きてんじゃねえかよ。

<滝沢さんには すてきな
クリスマスプレゼント をお贈りします>

<それでは 最後に 本日の感想を
ひと言ずつ頂きたいと思います>

すごい楽しかったです
また よろしくお願いします。

来年も よろしくお願いします!

さんまさんの いろんなことを
知ることになったので

何か… 何か ホントに

生きた化石っていわれてる理由が
すごい分かりました。

いわれてないよな。

えっと 楽しかった
でも 楽しかった やっぱり あの

楽しかったです 楽しかったです。

お茶の間にいるみたいで
楽しかったです。

いや~ どうでしたか? オオシマさん。
児嶋だよ!

全然 おもしろくないですよね。
やめろよ!

(渡部) 最後にします これ
見納めにします。

冥土の土産が
いくつも できました。

来年も ちょっと 1年 頑張って
オリンピックの年ですから

頑張って 生きて行きたいと
思っております。

(ヒロミ) まだまだ死なねえな。
アハハハハ!

私を おりから出して。

<今回のゲスト…>

<どうぞ お見逃しなく>

<採用された方には

今年も1年 ありがとう!>


関連記事