遠くへ行きたい「風間トオルが北海道の大自然を走って、食べて、遊び尽くす」阿寒湖に浸かる!?・白樺樹液…



出典:『遠くへ行きたい「風間トオルが北海道の大自然を走って、食べて、遊び尽くす」』の番組情報(EPGから引用)


遠くへ行きたい「風間トオルが北海道の大自然を走って、食べて、遊び尽くす」[解][字]


釧路の朝市で豪華“勝手丼”!▽優雅!野生の“丹頂”▽雪の上でサイクリング!?▽阿寒湖に浸かる!?絶景露天風呂▽あったか屋台で巨大ホタテ!▽美味しい恵み白樺樹液


詳細情報

出演者

【旅人】

風間トオル

番組内容

風間トオルが北海道の大自然を堪能する▽1.北海道三大朝市の一つで豪華“勝手丼”!▽2.釧路湿原で野生の丹頂に感無量!驚きの生態▽3.雪の上を疾走する!爽快“スノーサイクリング”▽4.阿寒湖に浸かる!?絶景露天風呂▽5.あったか屋台で巨大ホタテとお洒落チーズ料理▽6.人生初の犬ぞり▽7.美味しい自然の恵み!“白樺樹液”でしゃぶしゃぶ

制作

ytv

田園工房

音楽

【テーマ曲】

「遠くへ行きたい」

作詞:永六輔

作曲:中村八大

番組ホームページ

http://www.to-ku.com

ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!

取材地

北海道釧路~阿寒~帯広



『遠くへ行きたい「風間トオルが北海道の大自然を走って、食べて、遊び尽くす」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

遠くへ行きたい「風間トオルが北海道の大自然を走って、食べて、遊
  1. 北海道
  2. 村中
  3. 勝手丼
  4. 丹頂
  5. コー
  6. 阿寒湖
  7. 奥寺
  8. 風間トオル
  9. オス
  10. カッカッ
  11. ホント
  12. 阿寒
  13. 屋台
  14. 自転車
  15. 体験
  16. 帯広
  17. 大地
  18. 風景
  19. ジャガイモ
  20. ハハハ


『遠くへ行きたい「風間トオルが北海道の大自然を走って、食べて、遊び尽くす」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

(風間トオル)
<北海道を代表する港町

釧路にやって来ました>

<風間トオルです>

<旅を始める前に
まずは腹ごしらえですよね>

うわっ かにだ。

これ何がに… あっ 花咲がにだ。

これ たらば? デッカ!

<北海道 三大市場の一つです>

うわ~ 立派だな これ。

これ…。

≪そうです≫

オスのほうが おいしいんですか?

≪オス おいしい≫

あっ そっか。

こんにちは。

はい? 何すか?

勝手丼? 何すか? 勝手丼って。

3軒でお刺し身
置いてるお店があるんです。

そっから選べる?
そう。

ちょっと
食べてみようかな 勝手丼。

<この勝手丼

和商市場の名物料理なんだそう>

<ご飯の上に いざ ネタ選び>

うわ すごい!

<目の前には 刺し身がずら~り>

<およそ70種>

<北海道ならではの
見慣れない刺し身に

かにのふんどし これは珍しい>

これ何でしたっけ?
≪これ たらばの脚≫

たらばが いいな。

たらばの脚を。

地元で… 食べれないのは。

ほっけ食べたことないな 俺 生で。

じゃあ ほっけを。

えび デカいな これ。

≪ちょっと時間あれば…≫

ぶどうえびって何ですか?

時期は
ちょっとズレちゃうんですけど。

あっ ぶどう色してるんだ。

ホントだ 幻のぶどうえび。

<世界遺産 知床近海で取れる

希少な ぶどうえび>

<北海道でも
なかなか お目にかかれないそう>

<これが僕の勝手丼>

<マグロ
サーモンに加え ほっけの刺し身

そこに
たらばがにと ぶどうえび>

<北海道の味 満載です>

これをのっけて。

<まずは初めての
ほっけの刺し身から>

うん うん!

おいしい!

<そして 幻のえびと呼ばれる…>

う~ん う~ん!

甘い!

<勝手丼 最高!>

<風間トオルの
『遠くへ行きたい』>

<今回の旅先は 北海道>

<釧路湿原で 野生の丹頂に遭遇>

(鳴き声)

<雪道も何のその>

<森を自転車で探検します>

<阿寒湖を見下ろす

絶景温泉に入浴>

<暖房の効いた屋台で

北海道のごちそうを堪能します>

熱っ 熱っ!

<ずっと念願だった
犬ぞりを体験>

<気分はもう
犬ぞりレーサーです>

<白樺の木から採れる命の恵み>

<白樺樹液を試飲>

<さらに その樹液で

しゃぶしゃぶまで いただきます>

<冬の北海道を
体いっぱい満喫します>

<北海道の旅
まずは 日本最大の湿原

釧路湿原へ>

<僕の目的は 世界の中でも

ここ 北海道だけに生息する

固有種の丹頂に出合うこと>

<厳冬の北海道ならではの

特別な風景に出合いたくて
やって来ました>

<丹頂を研究する…>

<…を訪ねます>

うわ~。
(丹頂の鳴き声)

え~。
(鳴き声)

こんなにいるんだ。

<日本人にとって
鶴は 祝い事のシンボル>

<一度
じっくり見てみたかったんです>

<実は これ全て野生>

<1950年 この畑の持ち主

山崎定次郎さんが

絶滅したと思われた丹頂の

人工給餌に成功しました>

<このセンターでは
その作業を引き継ぎ

観測を行っています>

あっ 子供なんだ。

これは赤いですね。
(河瀬さん) そうですね 手前の。

真正面の 後ろ向いてる。

あれ 真っ赤ですね。

普段…。

粒状の皮膚が集まっていて

ここの中に
血液 流れているんです。

あれ血液なんですか?
そうそう そうそう。

どういう時に怒るかっていうと…。

彼らはそれぞれ
家族単位で縄張りを持ってます。

それで 一番の…。

オスが コーって鳴いて

メスが カッカッて鳴いて

一緒に鳴くと…。

コー カッカッ?

それはつがいであるという
証しにもなるんですね。

(鳴き声)

ホントだ コー カッカッ言ってる。

「コー」がオス…?     そうです。
メスが「カッカッ」。

女のほうが
ひと言 ふた言 多いってね

いろんなところで
言われますけど

鶴の世界でもそうみたい。
そうなんですか?

いや~ う~ん…。

ハハハ…。

この2人が夫婦っていうこと?
そうそうそう。

今 コー カッカッ そして

もう1つの夫婦が…。

(鳴き声)

ほら ほら!

縄張り争い。
また あっちに行きましたね。

こんな広いんだからいいのにね
縄張り争いしなくても。

ハハハ…。

ダンスしてますよ。
あれ ダンスだ。

あっ 邪魔された ひどい。

この2人が求愛ダンス…?
そうです そうです。

構わないで踊りましょう
って感じですね。

こうやって見ると面白いな。
そうなんです。

…のように感じるんですね。

<思いも寄らない丹頂の姿に

心 奪われました>

<さて 釧路湿原を北上し

美しい山と湖の広がる阿寒町へ>

<ここには
冬の大自然を満喫する

新たなアクティビティが
あるそうなんです>

うわ すげぇ!

え~?

<阿寒の森をガイドしている
西田さんを訪ねます>

こんにちは どうも はじめまして。

よろしくお願いいたします。

ようこそいらっしゃいました。
うわ すごいですね これ。

フフフ…
ファットバイクっていうんですよ これ。

タイヤが太くて…
雪の上 乗るために作られた

自転車なんですよね。
これ 雪の上 行けんですか?

行けます。
すごい…。

ツルツル路面でも
全然 大丈夫です。

はぁ~ カッコいい これ。

<アメリカ生まれの
新たなアクティビティ…>

<幅広のタイヤに
横滑り防止のスパイクピン>

<雪や氷の上でも
滑らない自転車なんだそうです>

自転車を倒して
こう またげば楽ですから。

<幻想的な風景が広がるという

阿寒の森を目指します>

軽いな これ。

<さすが ファットバイク>

<雪の上でも安定感抜群>

はい いよいよ 雪道ですからね。

本格的な雪道ですから。
すごいな こんな所 行けんのかな。

<出発から およそ10分>

<いよいよ 林道へ>

<雪に閉ざされた阿寒の森>

<歩けば 2時間かかるところを

ファットバイクなら
わずか30分>

フゥフゥ~。

<雪の上を走る爽快感が
たまりません>

はい ストップで~す。

よいしょ。

<いよいよ
ここからは歩いて散策>

向こうにね風間さん
カツラの大きな木があるんですよ。

へぇ~。

<まず姿を現したのは
樹齢800年

この森の主とも呼べる

カツラの巨木>

こういう育ち方
萌芽更新っていうんですよね。

切り株から枝が
どんどん どんどん成長して

どんどん
どんどん 大きくなった姿です。

ポンっと出たって感じ
分かるじゃないですか。

切り株だった頃は
1本の木だったんですか? 下は。

そうですね。

<厳冬の中で息づいて来た

巨木の生命力が伝わって来ます>

<さらに活火山に囲まれた
阿寒を象徴する

幻想的な風景が
森の奥で見られるそうです>

ポコポコが顕著な場所なんですよ。
あっ ホントだ。

ポコポコしてるでしょ?
ボコボコいってる。

<凍った川から
立ち上る温泉の湯気が

不思議な風景をつくり出す…>

<大地の息吹を感じますよね>

この木が躍動感があって
生きてる~って感じですよね。

そうですね。

火山性のガスと闘ってる
エリアでしょうけどね 木が。

<阿寒湖を取り巻く森は
国立公園>

<天然記念物のマリモを育てる
阿寒湖の水源を守るため

ガイドの付き添いなしには

この森に立ち入ることは
できません>

<北海道では
まだまだ手付かずの自然に

出合えるんですね>

秋の紅葉も
すごいキレイなんですよ ここ。

そうでしょうね。
ええ。

冬は寒さと湯気で
こう 何て言うんでしょうね

寒さと温かさの対比みたいなのが
顕著に見られて いいですよね。

このね
雪が積もってるとこから

湯気が出てるって
不思議な感じですもんね。

<貴重な冬の北海道の姿を

目に焼き付けました>

<さて しんまで冷えた体を

温泉で温めましょう!>

うわ すごいよ 絶景。

うわ~ すげぇ!

<すると
阿寒湖と溶け合うような

絶景の露天風呂が!>


寒い!

<風間トオルの北海道の旅>

うわ~。

<まるで阿寒湖に
つかっているような気分>

<吹き渡る風が気持ちいい!>

寒いとこ来たらね
温かい温泉は最高だね これ。

体に染みる。

結構 すごい風ですよね これね。

そうですね。

いや そんなにだよね。

2回目 へぇ~。

子供もみんなで
親子で遊べたりするので。

そうですよね 普通ね。

よかったね。

おっ おっ おっ。

泳いでる 泳いでる。

<水着着用なので
家族でも ゆっくり楽しめます>

<阿寒町を後に帯広市へ
やって来ました>

<ここには寒い冬に
うってつけの

僕の大好きなものがあるんです>

いや~。

前に映画の撮影で帯広に来て

1か月以上
こっちに滞在してたんですけど

ほとんど毎日 通ってたという

屋台村がありまして。

<帯広は 今や全国の町々で

ブームを起こしている
屋台村の発祥の地>

へぇ~。

<ここ 帯広の屋台は

将来 自分の店を持ちたい

若者たちの修業の場とも
なっているそうです>

へぇ~。

すいませ~ん 大丈夫ですか?

(奥寺さん) はい どうぞ。

<店内は暖房完備で
寒さも何のその>

<地元の新鮮な食材を扱う

居酒屋さんに入りました>

…なんか うまそうだな。

(奥寺さん)
はい ありがとうございます。

ないよね? ここね。

店をやってたんだ?

(奥寺さん) 元々

飲食に興味があったのと…。

お待たせいたしました
ホタテバター焼きです。

うわ すげぇ うまそう これ。

うわ 何? これ。

これ
どっから 食っていいんだろう?

熱っ 熱っ!

う~ん!

うわ 新鮮だね やっぱり。

うまい!
(奥寺さん)ありがとうございます。

これは来てよかったよ。

(奥寺さん) こちらの人って
それが当たり前なので

分からないですよね
「野菜が甘い」とか言われても

それを普通に食べてるので。
そっか 子供の時からね。

<さらに もう1軒>

こんにちは
お邪魔します こんばんは

ここは何屋さんなんですか?
(土屋さん) 一応 バーなんです…。

でもケーキみたいなのもあるね。
そうなんです。

ケーキを作っていて。
へぇ~ 自分で?

すごい! どれぐらいやってるの?

私はまだ
1年ちょっとくらいですかね。

<農産物や畜産物の本場
帯広では

多種多様な屋台が楽しめるのが
魅力>

これ いただこうかな。

こちらラクレットチーズ
バケットかジャガイモにかける…。

へぇ~。

せっかく北海道だから
ジャガイモで お願いします。

おっ お~ すげぇ 来た チーズ。

うわ うまそう。

<十勝で作られたチーズと
ジャガイモのコラボレーション>

<これは うまいに違いない>

いただきます。

う~ん うまい!

(拍手)
うん!

(拍手)
(土屋さん) フフフ やった~!

<おいしいもの
そして 人との触れ合い>

<やっぱり
屋台は居心地がいいですね>

(村中さん) じゃあ行きます。
はい お願いします。

<次は北海道の冬の
アクティブスポーツ

犬ぞりに初挑戦>


<風間トオルの北海道の旅>

<中札内村に やって来ました>

<僕には冬の北海道で
前々から

一度体験してみたいと
思っていたものがあるんです>

村中さんですか?
(村中さん) こんにちは。

今日は犬ぞりができるって聞いて
来たんですけど。

<そう やりたかったものとは

犬ぞりです>

これ 何犬っていうんですか?

改良された そり犬の。

トイレ何度もすんのは
何ですか? これ。

(村中さん)
今 これから走るのを分かってて

走ってる最中しちゃいけないので。

あ~! 今 出し切ってんだ。

そうです…
もう そういう習慣ついてます。

こちらが風間さん乗っていただく
そりになるんで。

またいで乗ってみてください。
いいすか?

ここに乗る?
そうです。

で これ結構

柔軟性のある
そりになってるので

傾けると
エッジが利くようになってます。

エッジが利くんだ これで。

コーナリングする時
少し こう グッと。

こっちへ?

一応ここに
フットブレーキが付いてるので

ブレーキでグッと踏んで
止めるっていう感じになります。

<今回は 通常のレースよりも

犬の数を減らし安全走行>

(村中さん) 今日は
このチーム編成になります。

先頭2頭 リーダー犬がいて

後ろ ホイールドッグっていって。

すごいな。
(村中さん) 力のあるコが…。

今日は
この3頭編成で行きますので。

じゃあ しっかり。

こうしてるんですね?
はい。

<特設コース
1kmのスタートです>

(村中さん) じゃあ行きます。
はい お願いします。

(村中さん) OK ゴー!

お~ ホッホッホ!

すげぇ 速いね。

速いね。

ホッホ~!

<時速は およそ20km>

<実際の
6頭引きレースともなると

なんと40km近く
出るそうです>

♬~

<走ることが楽しくて
仕方がない犬たちの姿>

<エンジンとは違って

犬の躍動感が
ぐんぐん体に伝わって来ます>

(村中さん) 止まんねえ
止まんない 全然 フフフ…。

よいしょ。

(村中さん)
ちょっと突っ込んじゃった…。

いや~ 楽しい。

すごい速いなぁ 思ったより速い。

ありがとね
ありがとね すごかったよ。

君の蹴った雪が俺の顔に当たって
すごい痛かったけど。

こんな速いとは
思わなかったですね。

3匹で こんなパワーがあるとは。

いや でも楽しかったですよ。

<犬ぞり体験は 今 準備段階>

<コース管理や
受け入れ体制が整えば

一般のお客さんの体験も

近々 可能になるそう>

<今後に期待したいですね!>

<中札内村を後に

大樹町に やって来ました>

<実は ここには

おいしくて 体にやさしい

大地の恵みをいただける場所が
あるそうなんです>

こんにちは。
(米山さん) こんにちは。

何か ここに来たら…。

はい これ 全部が…。

ここ 何ですか?

<一見 何の変哲もない林ですが

ここに体にやさしい
大地の恵みが

凝縮されているんだそうです>

白樺ですか?
そうです そうです。

この白樺から

樹液を採取してるんですよ。

えっ これの?

<大地の恵みとは…>

<こちらでは
春になると幹に穴を開け

樹液を採取し 飲料として販売>

<葉が芽吹く直前の
わずか2週間しか

得ることのできない
命の恵みだそうです>

100%なんですか?

何かで薄めたり…。
(米山さん) いえいえ

そんなことちっともしてませんし
全く何も。

へぇ~ すげぇ。

何かもっとトロっとしてんのかと
思ったら違うんですね。

皆さん
そうおっしゃるんですけど

全然 そんなことないです。

無色透明…。
いただきます。

ハハハ。

ほんのり…。
甘い!

甘い?
うん。

おいしい。
何か 水じゃなくて

飲んだ時に 体に吸収…。

吸収されるような感じします?
あ~ 確かに。

うん。

<続いては
ここでしか味わえない

特別な
しゃぶしゃぶをいただきます>

<野外で食べる
しゃぶしゃぶの味は!?>

う~ん 甘い!

<大自然の中
しゃぶしゃぶをいただきます>

いただきます じゃあ。

う~ん 甘い!

<その味の秘密は
ダシ代わりに使われた白樺樹液>

<熱すると
グルタミン酸の量が増え

うま味が増すといいます>

軟らかくするんだ。

へぇ~。

<肉も不思議と
パサつかず しっとり>

<素材の良さが引き立って
いるのが実感できます>

う~ん。
いい感じ?

いや~ おいしい!

ホント?
これ 永遠に食べれますね。

え~!

<北海道 道東の冬を

体験した今回の旅>

<体を目いっぱい使って

さまざまな刺激と恵みを
いただきました>

<ただただ 大満足>

<ありがとうございました!>


関連記事