ぐるナイおもしろ荘! 田中圭&吉高由里子爆笑!ブレイク間近芸人日本一早いネタ祭 お笑い第七世代芸人が続々登場!…



出典:『ぐるナイおもしろ荘!田中圭&吉高由里子爆笑!ブレイク間近芸人日本一早いネタ祭』の番組情報(EPGから引用)


ぐるナイおもしろ荘!田中圭&吉高由里子爆笑!ブレイク間近芸人日本一早いネタ祭[字]


お笑い第七世代芸人が続々登場!え?くりぃむ運転手コンビ?超おバカ&セクシー過ぎる美女芸人&驚異の身体能力ゾンビ芸!田中圭が巨体女芸人&謎の歌姫とまさかの共演!?


詳細情報

出演者

ナインティナイン

有吉弘行、出川哲朗/田中圭、吉高由里子

番組内容

過去最多1003組から選ばれた無名10組がぶつかり合う、どこよりも早いネタ祭!吉高由里子も爆笑!?カトパン似のポッチャリ美人が田中圭のバックハグに号泣の一部始終。出川有吉が絶賛!くりぃむ運転手コンビ超天然超おバカキャラ▼歌姫が巨体芸人が田中圭と怪しい共演▼爆笑田中が突き放した問題児&全員ブーイング!?ヨイショ芸&超新星アマチュアコンビ▼おもしろ荘じゃなきゃ見れない!?2020年ブレイク間近芸人をチェック



『ぐるナイおもしろ荘!田中圭&吉高由里子爆笑!ブレイク間近芸人日本一早いネタ祭』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ぐるナイおもしろ荘! 田中圭&吉高由里子爆笑!ブレイク間近芸人
  1. 有吉
  2. 別府
  3. ホント
  4. 吉高
  5. 出川
  6. 拍手
  7. ヨイショ
  8. お願い
  9. ゾンビ
  10. お前
  11. 圭君
  12. 芸人
  13. 面白
  14. 今日
  15. OK
  16. バカ
  17. 大丈夫
  18. 田中
  19. 優勝
  20. イエス


『ぐるナイおもしろ荘!田中圭&吉高由里子爆笑!ブレイク間近芸人日本一早いネタ祭』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

<若手芸人発掘アパート
『おもしろ荘』スタート>



<昨年 優勝した
ぺこぱに続けと…>

(松陰寺)
…とも言い切れねえだろ!

俺がゾンビを倒す!

<優勝するのは 一体 誰?>

別府と申します べっぷっぷ~!

(矢部) 横綱やから…。

女子の顔! 女子の顔してる!
(拍手)

さぁ 皆さん…。

(一同) おめでとうございます。

ゲストは こちらの皆さんです
よろしくお願いします。

(岡村) よろしくお願いします。

(拍手)

さぁ 田中 圭君…。

(田中) 最近…。

忙しいもんね。

(笑い)
ファッションでしょ?

長めにしたの?

有吉さん。

(有吉) ハハハ…。

あの 宮下草薙…。

売れましたね
完全に売れましたね。

やりましたね。
(有吉) ホント やりました。

ありがとうございます ホントに。

今回の…。

(吉高) すご~い。

その中から選ばれた…。

コンテスト形式で会場のお客さん
100人の投票により

優勝者を決めたいと思います。

(後藤) ナイナイさ~ん。
はいはい。

早速なんですが
今回 出場する芸人さん

こんな方々が入居しています。

(スタジオ:岡村) あっ!
(スタジオ:有吉) 知らない。

(後藤) 今年は ほぼ全員が
平成生まれの

お笑い第7世代という
フレッシュな芸人さん

10組が集まりました。

全国放送のテレビ初登場
芸人さんや

事務所に所属せず
アマチュアで活動する芸人さんも

いらっしゃっているんですね。

喋りだしたら…。

(笑い)

ちゃんと打ち合わせ通りなのか。
田中君 どう?

(有吉) この番組…。

毎回!


<10組の芸人さんの中から

優勝 2位 3位を予想>

<3組とも当たった人の中から
抽選で

「ゴチになります!」の
舞台となったお店の

ペアお食事券を
5組10名様にプレゼント>

<参加方法はTwitterで

「#おもしろ荘」をつけて

優勝 2位 3位を
つぶやいてください>

それでは早速 見て行きましょう
最初の住人は こちらです。

(有吉) えっ また?

毎年いますね。
はい。

さぁ のぞいてみましょう。

(有吉) ハハハ…。
知ってるでしょ?

(木津) おはようございます。

知らない?

あけましておめでとうございます。

太田プロダクションです。

太田プロ? え~?

後輩じゃん。
シンテンチ 2年目のコンビ。

はい 2年目です。
もう1人は?

今ちょっと準備をしてます。

ネタの準備ね。

有吉さんに
会ったことあるんですか?

あっ そうですか 2年目。

それでは 見てみましょう
シンテンチです どうぞ。

♪~

(拍手)

俺は今日 アフリカでの
ボランティアを終えて日本に帰る。

いろんな文化に触れて

さまざまな刺激を
もらうことができた。

ありがとう! アフリカ~!

よし… 行くか。

(富里) ≪たけし~!≫

ウソだろ? おい。
(富里) たけし~!

あれは… ボランティア先の
村にいた少年だ!

お~い!

よかった~ 間に合った~。

たけし 俺たちの村に来て

日本の文化 日本の言葉

いっぱい 教えてくれたよね?

いいのに そんなの。

最後に
その時 感じた気持ちを

伝えに来ました。

一生懸命 伝えようと
してくれてるんだ。

ホントは手紙とかが
よかったんだけど

手紙は まだちょっと
難しいだから。

ありがとう 届いてるよ
お前の気持ち。

今日はフリップにして来ました。
何で?

(笑い)
えっ? 何で?

聞いてください
「たけしに伝えたい事」。

手紙よりムズない?

何か たけしが俺たちの村に
刺激 欲しそうだったから

とても言えなかったけど…。
何?

そもそも
そんなに貧しい村じゃ ない。

そうやったん?

ごめん 俺 知らんかったから。

たけし 知ってた?

俺たちの村
Wi-Fi通ってるよ。

栄えてるやん!

Wi-Fi通ってんの? あの村。

俺 スマホも持ってる。
持ってるんや。

iPhone8。
めっちゃええやつ持ってるやん。

たけし 5だから とても…。
それは言わんでええよ。

関係ないやんけ!

たけしが勉強不足で
発展途上の体で来るから

村全体が たけしに合わせだした。

何か ごめんな!
めちゃめちゃ迷惑掛けてる 俺。

この服も自分で切りました。
やらんでええって!

ごめん! でもお前 最後に
ひと言 言いに来たんやろ?

そんなん言いに来たんと
ちゃうやろ?

ボランティアあるある
言います!

聞こえてないんか?
俺の声だけ。

たけしみたいな
日本人のボランティア

なぜか みんな共通して
けん玉を持って来る。

あ~ そうなんや
俺だけじゃないんや。

たけし言ってた
日本人みんな けん玉やってる。

そんなわけねえだろ!
何? 急に 怖いって お前。

俺 たけしに言えなかったけど
日本に留学したことあんだよ。

言えや そういうのは!
何で言えへんねん おい!

あと お前 けん玉
黄色い袋から出してたけど

けん玉 ドンキで買ったの?
どこまで知ってる?

ドンキも分かんの? お前。

ごめん でも俺 マジ 時間ないから
行くわ! どこ行くねん おい!

最後に あんなん言いに来たんか
あいつは。

たけし~!
村のみんなで書いて来た。

ウソだろ?
最後に見て!

たけしが村に来てからの

わくわくの推移。
何やねん 推移って お前。

(有吉) 下がったんだ。

(富里) たけし 分かる?
はっ?

けん玉出してからは著しい…。
うるせぇよ!

最後に
これだけ言いたいんだけど

マジでお前 二度と
片手間でアフリカに来んなよ。

どうもありがとうございました。

はい ありがとうございました。
(拍手)

吉高さん いかがですか?
(吉高) そうですね。

(吉高) 留学どころじゃないです。

(笑い)
(有吉) ペラペラだね。

ハーフなの?
(富里) ハーフです。

さぁ 有吉さん。

ビックリしました。

あ~ ホントですか?
あ~ よかった。

違います。

それ松島…
松島幸太朗じゃなくて。

富里君は…。

ホントに大ファンで…。

ちょっとホントに
お聞きしたいんですけど…。

(富里) 若手の頃
言われてたんで 俺も…。

(笑い)
絶対!

絶対や!

絶対!
将来 こんな作品なんのよ。

こいつ 信じて…。

絶対アカン!
(観客) え~!

アカン アカン…。
そんなこと絶対…。

続いて行きましょう
続いての住人は こちらです。

お~ ちょっと
のぞいてみましょう どうぞ。

うわ! デカっ。
デカい。

(さきぽん) こんにちは!

大きいな。

(一同) あ~。

(笑い)
ちょっと失礼ねっていうことね。

それでは見てみましょう
さきぽんです どうぞ。

♪~

(拍手)

ノブ君
お先にシャワーいただきました。

フフっ ノブ君家で
初めてのお泊まり。

ドキドキする ウフフ…。

えっ? さっき貸してくれた
スエット?

あ~ やっぱ大丈夫
私 このまま寝るよ。

ほら そんなに今日
服 汚れてないしさ。

ううん デザインが
悪かったとかじゃなくて。

ううん
匂いも大丈夫だったよ。

むしろ ノブ君の匂いして
ドキドキした。

じゃあ 何でか?

それは… だって…。

ジャストサイズだったの!

♪~

何なら パジャマ本来の
快適さを感じるには

少々 難しいぐらいには
窮屈だった。

ごめんなさい
男の子の夢なんだよね。

彼女に自分のパジャマ貸して
ブカブカ~なんて。

分かってる!
私だって そうしたかった!

でも… でも…。

パンパンだった。

ノブ君 あのパジャマ
持って来た時

期待に満ちた目
してたもんね。

や~い 見誤ってやんの~!

ウエットスーツかと思った!

誰 笑ってんの?
私のこと ばかにしてるの?

ねぇ パンパンの服
どうやって脱ぐか知ってる?

こうは行けないんだよ?

こうなんだよ?

女の子らしく こう行きたくても
こう行くしかないの!

こうやってる私のこと
かわいいって思えるの?

♪~

優しいキスしないで…。

ノブ君が そうやって
甘やかすから

私こんなに
大きくなっちゃったんじゃん!

えっ?
おそろいのパジャマを買おう?

お腹が出ないサイズを
教えてくれ?

♪~

3L。

どうもありがとうございました。

(拍手)
いい笑顔だ。

そうやね
吉高さん いかがでしたか?

(吉高) 見入っちゃいましたね。

…って見えて来ちゃって。

さぁ 有吉さん。

(有吉) よかった 何か途中から…。

(笑い)

ステキだなと
思っちゃいましたよ。

ありがとうございます。
石塚さんにも見えて来た。

(笑い)

(出川) 俺 途中から だんだん
バナナマンの日村にも。

いろんな人に見えて来る。
いろんな人に似てる。

さぁ 圭君 いかがでしたか?
ホントに…。

見てられるというか。
(さきぽん) ありがとうございます。

(笑い)

もう 私…。

(さきぽん) ホントに いろいろ…。

最近した妄想で言うと

『おっさんずラブ』で
すごい忙しくされていたので…。

…していて 疲れて来た
圭君が帰って来て。

って言ったら 圭君が後ろから…。

(笑い)

ごめんなさい。
こんな機会ないからさ…。

実際に。
(観客) え~!

後ろから。
後ろから。

台所で後ろからやんな。

ただいま あ~ 疲れた。
おかえり。

疲れたね 『おっさんずラブ』

すごい好評だね。
うん。

相手が おっさんってのは
分かってるんだけど

やっぱり嫉妬しちゃうな
フフっ なんちゃって。

さきぽよ ごめん 上書きさせて?

(観客) キャ~!

(拍手)

(田中) 固まっちゃった。
震えてる。

よかったじゃん。

(吉高) すご~い。
さぁ 続いて行きましょう。

続いての住人は こちら。

ちょっと のぞいてみましょう
どうぞ。

(HIWA) OK! ロックバンドの
放課後ハートビートです!

よろしくお願いしま~す!

OK!

はい 存じ上げております。
(笑い)

松下君は普通?
(松下) 僕 そうですね。

一応 サポートメンバーとして
雇われてます。

サポートメンバーなのか。
ロックスターのサポート。

今日もサポート頼むぜ。
あっ はい。

(笑い)

(有吉) 言うな 言うな。
しっかりサポートして。

それでは見てみましょう
放課後ハートビートです どうぞ。

♪~

どうも~。

OK!
お願いします。

2階席~!
あっ 2階席。

アリーナ席~!
アリーナです。

スタンド席~!
スタンド。

OK! 熱く行こうぜ!
はい~。

放課後ハートビートだぜぇ!
お願いします。

OK!

よろしくお願いしま~す。

早速 メンバー紹介するぜ~。

ロックスターと
サポートメンバーだ。

あっ 僕はいいんで しっかり
ロックスターを見といてくださいね。

なぁ! 俺ぐらいの
ロックスターになるとさ

映画の主役も
できちゃうわけよ。

できる できる
例えば どんな映画の主演?

ゾンビを倒して 街を守るみたいな
カッコいいやつ。

カッコええなぁ。
OK じゃあさ

ここにいる
オーディエンスたちに

俺が主役できるところ
見せたいから。  見せよう。

ゾンビ役やって~。

これ終わる頃に 主演のオファー
殺到してるかもね。

センキュー サポートメンバー。

俺がゾンビを倒す!
うわ… うぅ…。

ハハっ 本格的やな。

めっちゃ うまいやん。

すごっ!

(吉高) ヤ~バ~!
めっちゃ うまいやん。

演技うまくな~い?

えっ?
オーディエンス 見た?

オーディエンス 見てない。
いや 全員 俺じゃなくて

ゾンビに見とれてたよ。
あ~ ウソ! ごめん。

ゾンビの相場 こっちだからさ。
こっちか。

頼むよ。
ごめん。

俺がゾンビを倒す!

さっき そこでゾンビに噛まれた!

このまま ウイルスが
体内に回って

俺は やがて
ゾンビに変わって

大好きな弟のお前を
襲うかもしれない。

その際は… うっ!

その銃を… 俺の ここに
お前が仕留めて…。

(笑い)
ヤバい ヤバい。

撃てないじゃ~ん!

情が入っちゃって
撃てないじゃ~ん!

俺 今 一瞬 泣きかけたよ?

普通のゾンビやっても 主演が
引き立たへんかなと思って。

そんな設定 乗せなくていいから。
ごめん。

いや あとさ!
まだ何かあんの?

俺 ツッコミ?

どうしたらいいの? ゾンビって。

俺がゾンビの見本 見せるから。
ありがとう。

俺がゾンビを倒す
来やがったな ゾンビ。

(観客) うわ~!
パン!

フッ! まだだ。

グシっ! ダッ!

あっ ゾンビって
そうやってやればええんやな。

いや俺 この後
できなくな~い?

なぁ!
どうしたん?

この感じ

…じゃないほうって俺?

ロックスターが
そんなこと言わんとって。

ほら俺
全力でサポートするからさ。

い~や やめさせてもらう~!

♪~ フゥ~ ウゥ~

せ~の…。

センキュー!
どうもありがとうございました。

(拍手)

吉高さん いかがですか?

ありがとうございます。

(笑い)
(有吉) それはダメ?

あの 高校の同級生にも
言ってるんですけど…。

(吉高) あっ そうなんですか
ごめんなさい。

何かホントに
いい思い出なくて…。

…高校の時。

だから あんまり…。

(吉高) ごめんなさい 嫌な思い出。
言い過ぎや。

この世界 入ったんですけど。

そうなんです あんま こう…。

(笑い)
緊張してるんです。

(HIWA) 現状 こんな…。

(笑い)
ちょっと大丈夫?

どうしたらいいですか?
ビックリしたよ 今。

大喜利とかも好きですしね。

あ~ めっちゃ震えてる。
大丈夫?

ビックリした ビックリした
僕も…。

さぁ 続いての住人は こちらです。

あら? 同期なのかな?
同期なんかな?

のぞいてみましょう どうぞ。

(松本) どうも~。
どうも。

こんにちは そいつどいつです
お願いしま~す。

そいつどいつ 芸歴7年目。
7年目です。

吉本興業。
はい。

30歳のコンビ。
はい そうですね。

相方は?
相方は ちょっと準備中で

ここ うせてるんですけど。
あっ 分かった。

ハーフやろ!
いやいや… 全く。

さぁ それでは見てみましょう
そいつどいつです どうぞ。

♪~

(拍手)

おい お前
いつまで そうしてんだよ。

(市川) ん~。
「化粧取る」っつって

戻って来て お前
ずっと その感じじゃん。

(市川) だって絶対引くもん
スッピン マジ別人だもん。

この世の終わりみたいな
顔になるもん。

南無阿弥陀仏だもん。
んだよ それ ほら。

絶対引かないからさ
見してみ ほら。

(市川) ん…。

(笑い)

まだ ばっちりしてんじゃん 化粧。

取ったんじゃなかった?

取ってなかった。
取ってなかった?

うん。
えっ?

いや 取ろうと思ったんだけど
いざ取ろうと思ったら

怖くなっちゃった。
取って来いよ。

うん 取って来る~。

何? 今までの これ。

何の時間だよ。

(流水の効果音)

ん~…。

取った?
取った。

見せてみ。

絶対引かない?
引かないって。

ホントに引かない?
引かない。

ん!
してんじゃん。

だってハズい ハズいから!

何だったんだよ 今 水の音。
あれは…。

コップ洗ってた。
何で?

何で今 コップ洗ってんの?
だって もう…。

えっ 何 取る気ないの?

取る気あるよ 取って来るよ。

何? あいつ。

(流水の効果音)

取ってる?
≪取ってる~!≫

≪化粧取ってる~!≫

コップ洗ってない?

≪コップ洗ってない
化粧取ってる~!≫

ドラマ始まったぞ。

えっ ウソ
まだ そんな時間じゃ…。

洗ってんじゃん。
あぁ~!

おい~。
もう やだ はめられた~!

何してんだよ?

ってかさ もういいよ
取る気ないなら取んなくて。

えっ 取るよ
取るって言ってんじゃん。

いや もういい 取らないじゃん
お前 もういい。

取るって…。
あぁ もういい 取らないから。

いや 取るって…。
いい もう…。

取るって言ってんじゃん!
何で取るって言ってんのに

取らないとか
訳分かんないこと言ってんの?

あぁ もういいよ じゃあ
取ればいいんでしょ 取れば。

もうどうなっても知らないからね。

(流水の効果音)
≪取ってる~!≫

≪化粧取ってる~!≫

≪あぁ~! 開かな~い!≫

≪顔認証で
iPhone開かな~い!≫

知らねえよ もう来いよ。

ん~…。
もういいよ お前。

どうせ取ってないんだろ?
ん~ ん!

取ってんじゃん
取ってんじゃん。

あっ お前 全然いいじゃん。

いや むしろ スッピンじゃ…。

えっ えっ えっ…?

えっ? えっ? えっ?

ヅラ? えっ?

出家してるの。

(笑い)

(2人) ありがとうございました。

はい ありがとうございました。
(拍手)

吉高さん。

ビックリしました
見入っちゃいましたし…。

あんなに渋ってたのに
びゃ~って ねぇ。

びゃ~ってやって もう。

ヨユ~。
あっ!

ありがとうございます。
知らない芸人の知らないギャグ?

素晴らしい。
すごいな 全国ネットで。

(2人) はい。

新作 お願いします。

ヨユ~。

チョ~ ヨユ~。

チョウになってるっていう…。
(有吉) それは もう…。

(笑い)

あるね。

覚えてます?
(有吉) はい。

(市川) あっ! な~んだ!
あ~ すげぇ!

(有吉)
『有吉の壁』っていう番組で…。

これ?
これ!

そうなんすよ。
これ…。

もう あれでね
急に有吉さんの前に出て行って

バケツで来るんですけど…。
有吉さんが来たら

ゴミ箱から出て来て…。

ママ~!

(笑い)

めっちゃ悲鳴は上がってました。

(笑い)

さぁ 続いての住人が こちらです。

さぁ のぞいてみましょう。

松竹芸能?
(小野島) はい 松竹芸能です。

2年目や。
(餅田) そうなんです~。

あだ名が これ そうやったん?

はい 私 餅田のほうの…。

(吉高) へぇ~。

確かに 色っぽいね。
上目遣いとかするからね。

(笑い)
もう分かったよ。

さぁ 準備できたようです
見てみましょう。

駆け抜けて軽トラです どうぞ。

♪~

(出川) お~!
(吉高) すごい!

(笑い)

うわ~ 久しぶりの歓楽街
楽しまなきゃな~。

か… 歓楽街!
(笑い)

ここか
女子アナのカトパンの

パンチラが見れる
っていうお店は。

ホントかな? すいませ~ん。

カトパンだ! あっ! えっ?
アナウンサーのカトパン!

あっ! わっ! えっ?

顔 カトパンだけど 体 パンパン!

あれ? あの…
アナウンサーのカトパンの

パンチラ見れるって言われて
来たんですけども…。

あっ… あれ? ダメだ!

完全に密閉されてる!

やられたよ~。

これ眺めるだけで
2万は高過ぎるよ。

クソ~!
(テーブルをたたく音)

はっ!

クソ~!
はっ!

はっ!
少し見える。

えっ? えっ? 何? これ。

驚かしたら見れるっていう
システムなんですか?

わっ! お~ 見えた。

わっ! 何だ このシステム。

どうしようかなぁ…
ん? え?

何か においません?
臭いですよね?

手だ あなた 手。

えっ どうしたの?
何 触ったの? それ。

引っ掛かった!

ごめんなさい
これ 間違えました。

笑っても? 笑っても見れる?

すごいね!

(テーブルをたたく音)
あら?

(テーブルをたたく音)
ちょっと待って これ。

(テーブルをたたく音)
はっ はっ! はっ はっ はっ!

やったよ これ。

半永久的に
パンツ見れるコツつかんだよ。

やったよ これ。

♪~ Buddy you're a boy…
歌 来た!

♪~ Playin' in the street…
歌 来たよ! 歌うまいな!

♪~ You got mud on yo'face
全部見えた!

全部見えたけど
全然エロくない 不思議だ!

♪~ We will we will
何でよ 何でよ。

♪~ rock you

「HAPPY NEW YEAR」 うま年。

この人
7年前から この仕事してる。

続けるような仕事じゃ
ないよ。

今度は? 鈴挟んで?

(鈴の音)
鳴った 鳴らしてる。

♪~ rock you
何だ これ。

パンチラ見に来たのに

特技みたいなの見せられてる。

フルコンボ!
何が?

あの~ すみません…。
(鈴の音)

ちょっと鈴が うるさくて
聞こえないんです。

あの お会計
5万円になりま~す!

何かしらの追加料金が
発生してる。

どうも
ありがとうございました!

はい ありがとうござました。
(拍手)

すごいね~。
さぁ 圭君。

(餅田) ありがとうございます!
(鈴の音)

(笑い)
(出川) 返事してくれてる。

さぁ 有吉さん いかがですか?

何か 色っぽいですよね?

まぁ でもホントに…。

(笑い)
だと思うな。

男性 餅田さん。

うれしいでしょう?

圭君 ここは女子やわ。
普通にバックハグするんすか?

(餅田) ヤベェ…。

どんな感じか。
え~!

(笑い)
え~!

横綱やから…。

(笑い)

女子の顔! 女子の顔してる!

女子の顔だった!

完全に好きなったやん!

ヤバい! よかったな。

よかったな この世界入って
2年目で。

まさか田中 圭君から
バックハグされるなんて

思ってないもんね。

<前半戦5組が終了>

圭君は いかがですか?

いや みんな面白かったっすよね。

個人的にはロックスター
掘り下げたいですけど。

ロックスター 掘り下げたい
吉高さん。

いや 軽トラさん みんなを
踏み倒してったかのような

インパクトが最後 残っちゃって。

楽しいです 見てても。
そうね。

さぁ 有吉さんは?

僕 2番目に出て来た
ガリガリガリクソン  面白かったですね。

(出川) ガリガリガリクソン  出てねえよ!
出川さん いかがですか?

俺は やっぱ 狩野英孝か

トラックの… 軽トラちゃんが。
軽トラちゃんね 面白いね。

岡村さんは?
放課後かなぁ。

放課後の子
ちょっと まさかと思ったけど。

アフリカのハーフの子が
薄いっていう。

(笑い)
(吉高) ホントに何なんだろう。

<では 後半戦5組のネタバトル
まずは…>

(有吉) いやいや… えっ また?

多いね!

知ってるでしょ?
グリーンバンバン。

知らないの?
毎回 知らないんですよ。

ちょっと のぞいてみましょう。

(2人) 有吉さ~ん。

(翁長) ありがとうございます!

(笑い)
(出川) リアルだな~。

さぁ それでは見てみましょう
グリーンバンバンです どうぞ。

♪~

(2人) どうも~!

(野瀬) どうも グリーンバンバン です。
(2人) お願いします。

あの~ 僕もう28歳でね
もういい大人なんで

ちょっとバーとか
行ってみたいなと思いまして。

「もういい大人」?
そうです もう28ですよ?

親から仕送りもらってるのに?

言うな! 絶対 『おもしろ荘』で
言っちゃダメだから。

ケータイ代も払ってもらって…。
だから言うなってば。

家族で一緒に払ったほうが
安いプランなのよ。

仕送りのお金
ゲームアプリに課金してるのに…。

もう言うな! 言うな言うな!

親も笑ってないんだ おい。

親が もう笑ってないのよ 俺で。

もういい大人って言うから。
そういう話じゃなくて

俺 バーに行きたいって話。
バーに行きたいなっていう話ね。

でもさ そういうとこ 俺1人で
行ったことないから不安で。

いや だからさ…。
これ以上は何も言うな。

俺に任しとけ。

俺が言うのも何だけどさ

よく俺の口周り触れるな。

(笑い)

すいませ~ん。
いらっしゃいませ。

1人なんですけど 大丈夫ですか?
お好きな席どうぞ。

よかったら
上着お預かりしましょうか?

あっ すみません。

シュシュシュっ!

めっちゃ消臭するじゃん えっ。
シュシュシュっ!

ご注文どうなさいますか?

じゃあ何か 僕に合うようなお酒
って作ってもらえます?

かしこまりました。
やっぱ できるんすね。

お客様 沖縄出身の方ですか?

あ~ そうなんです
よく分かりましたね。

まっ 長いんで。
そういうのも分かるんすね。

お待たせいたしました
当店オリジナルカクテル

「Puzzolente」です。
「Puzzolente」?

初めて聞く名前のお酒っすね。

イタリア語で 意味は「臭い」です。

もう言うな! 言うな言うな!

俺 体からバラの香りがする
サプリメント飲んでるんだ おい。

臭くないから。
どうぞ 「しーばいかじゃ」です。

おい 言うな! 言うな言うな!

沖縄の方言で「おしっこのにおい」
って意味なんだ おい。

もう俺が沖縄って分かってて
やってるでしょ?

では マティーニに
ブルーキュラソーとウイスキーを1滴垂らした

「ザ・ブルーハーツ」 こちらなんて
いかがでしょうか?

ザ・ブルーハーツ?

ドブネズミみたいなお客様には
ピッタリかと思いまして。

おい リンダ! リンダリンダ!

誰が「ドブネズミみたく
美しくいたいんだ」 おい。

失礼でしょ ねぇ。
申し訳ございません。

おつまみのほうを出すのを
忘れておりました。

絶対 今じゃないでしょうね。
こちら 韓国風のり巻きです。

おい キンパ! キンパキンパ!

バーで出す おつまみじゃ
ないんだ おい。

バーで のり巻きなんか出すなよ。
失礼いたしました。

それでは当店自慢 生搾りカクテル
サービスいたします。

サービスしてくれんの?
すげぇ本格的じゃん。

お待たせいたしました。

スッポン生搾りカクテルです。

臭ぇ! 臭い…
えぐみしかねえじゃねぇかよ。

お客様! どうせ この後
やらしいマッサージ店 行くんでしょ?

リンパ! リンパリンパ!

誰が そんな お店行くんだ おい。

こんなバー 誰が行くか。

どうも…。
(2人) ありがとうございました。

はい ありがとうございました。

さぁ 圭君 いかがでしたか?

クセになりますね。

めっちゃ面白かったっす。

耳に残るしな。
残る。

さぁ 有吉さん。
(有吉) やっぱ…。

(笑い)

翁長君 悩みがあると。

ちょっと体毛のほうが
めちゃくちゃ濃くて。

分かる 手とか すごいじゃない。
沖縄の人はな。

ちょっと何か…。

ちょっと見せてみて。
大丈夫ですか?

ちょっと こうなんすけど…。
(吉高) うわ~!

(出川) え~!

ちょっとズレてるんすよね
へそと。

何で? それ
真ん中に入ってないやん。

こっちに
絞って行けばいいんですかね?

こう行ってごらん こう。

そうそう…。

(笑い)

つながってるよ!

<この後…>

<さらに…>

♪~

いいね!


続いての住人は こちらです。

はぁ~ すごいね
ちょっと のぞいてみましょう。

(別府) こ… こんにちは!
こんにちは。

(篠栗)はじめまして エイトブリッジ です。
はじめまして お願いします。

ナチュラルエイト所属。
はい。

くりぃむしちゅーとか
マツコ デラックスとか所属しております。

はい お世話になってます。

別府君が…。
あ~ 僕です。

有田さん。
僕 はい。

篠栗君が上田さん。

そうなんです はい。

言うて来ました?
『おもしろ荘』出ますって。

上田さんは…。

…って言ってくれました。

有田さんは?

(笑い)

さぁ それでは見てみましょう
エイトブリッジです どうぞ。

♪~

どうも~! どうも
エイトブリッジ です お願いします!

お願いしま~す!
お願いします!

僕が篠栗といいます。
そして僕がね 別府と申します。

べっぷっぷ~!

これ一応ね 別府生まれなんで…。
よろしくお願いしま~す。

ちょっと聞いてほしいんですけど
僕 今日 家からここまで

逆立ちで来たんですけどね。
えっ すげぇ体幹。

えっ?
体幹すご過ぎんだろ。

別府ちゃん。
えっ?

どこツッコんでんのよ。
えっ?

いや 「ウソつけ!」でいいんだよ。
えっ ウソなの?

ウソだよ!

あっ 昨日ってこと?
そこじゃ ないよ!

だから言ってんだよ

別府ちゃんみたいなバカには
ツッコミ向いてないよって。

ハハ…。
何 笑ってんだよ!

いやいや バカじゃないですよ。
バカでしょ~。

バカじゃないですから。
だって この間さぁ

「太陽が昇る方角は?」
って聞いたら何て言ってた?

あぁ 海?
ほら バカじゃ~ん。

バカじゃ ないよ この前もね 猫
追い掛けたら追い付いたんですよ。

普段 何やってんのよ?
めちゃくちゃ速かった…。

そういうところが
バカだっつってんだからさぁ!

バカじゃないですからね
ツッコミは任してくださいよ。

頼むよ? もう!
任してください 任してください。

いや ちょっと今日はね 僕
皆さんの中で 本気で

ルームシェアの相手を
探しに来たんですよ。

おぉ すごい!
僕とルームシェアしてくれたらね

メリットいっぱいありますからね。
あぁ いいですね。

部屋に いっぱい
シャンプーあるんですね。

僕ね 料理が得意なんですよ。
あぁ いいね。

とっても上手にね
コンビニ弁当 温められるんです。

いやいやいや コンビニで温めなよ。
ん?

ルームシェアすんだから
電気代 節約しないと。

めちゃくちゃキレイ好きなんですよ。
あぁ いいですね。

毎日ね 部屋を隅々まで
掃除する夢見るんです。

アハハハ…! 枕 替えなよ~。
ん~。

毎日 同じ夢見るって 枕が悪いよ。

安物の枕?
別府ちゃ~ん!

ツッコミ ぜ~んぶ
そこじゃねえよって思っちゃう。

でも 一生懸命 考えて
やってますよ。

考えなくていいよ~
バカなんだから。

もうね 思ったこと そのまま
言ってくれていいからさ。

思ったこと…
あぁ 分かりました はいはい。

いや 話止めて ごめんなさいね。
すいませんだろ!

あのね 僕…。

僕って言うなよ 俺って言えよ
ダセェ。

あの ルームシェアするための部屋探しの
練習したいなと思ってね。

別府ちゃんには今日 不動産屋さん
やってもらおうかな。

いやいや 不動産 似てないよ。

ウィ~ン。
いらっしゃいませ。

いやぁ ちょっとルームシェアしたいんで
広い部屋 探してるんですけども。

広さでいうとね
マグロの握り1500貫分で。

いや 職人によるよ。
ん~。

みんな 大きさバラバラだから。

まぁね 家賃はどんだけ高くても
構いませんから。

余裕あるんですね。
ええ 僕ね

めちゃくちゃ お金が落ちてる
駐車場 知ってます。

えっ 猫ばば! この!
えぇ 例え… 何だっけ?

あぁ 猫ばば!
ん~。

僕 日当たりいいほうがいいんでね
屋根は なしで。

えっ? いやいやいや…
換気扇の意味なくなっちゃうよ?

別府ちゃ~ん!
えっ?

恥ずかしいよ!
えっ?

俺 人生懸けてボケに来てんのよ!

あぁ 人生いろいろあるもんね。

はぁ!?

別府ちゃんのツッコミ
ぜ~んぶ おかしいから!

俺のボケ 一切 お客さんに
伝わってないじゃない!

あぁ 何でだよ? おかしいだろ!

ボケてないよ!

もう別府ちゃんとは
漫才したくないよ もういいよ!

(2人)
どうも ありがとうございました。

はい ありがとうございました。
(吉高) あぁ 面白い!

ありがとうございます。
さぁ 圭君 いかがですか?

ありがとうございます!
めちゃくちゃ面白かったし…。

ホントですか?
ホントですか? うれしいです!

(笑い)

別府ちゃん!

さぁ 吉高さん いかがでしたか?
面白かったし もうホントに

いい人そうだから
そこじゃねえよっていうのも

許しちゃうような感じで。

(笑い)

こんだけ面白いっていうのは
やっぱり…。

あぁ そうでしょうねぇ。
やっぱり。

ホンモノ。
ある日…。

おばあさんに助けられた
っていう話を

ヘラヘラしながら
喋って来たんですよ。

いや ちょっと危ないと それは。

「病院行って来い」って
行かしたんですよ。

で 病院に行って お医者さんが…。

ちょっと…。

で 装置をいろいろ付けて
お医者さんの目 見ながら

こうパクパクって食べて…。

…って聞かれたんです。

…って言われたんです。
(観客) え~!

(笑い)
してます してます。

最終的に
お医者さんに言われたのは…。

(笑い)
(有吉) ホンモノだ!

ホンモノなんですよ!
(別府) でも…。

どういう対処法ですか?

こう食べてて
クラクラってなったら…。

(息を吸う音)
…ってやれば治ります。

息を吸うっていうことですね?
はい。

まず普通の人は
クラクラならないからね。

(別府) いや~ そうですね。
(出川) ホントに! 運転 大丈夫?

何かね…。

ジミー大西やんか。
(別府) そうですね はい。

そうやろうね。

去年の有田さんの…。

あげようと思って
いろいろ考えた結果…。

(観客) え~!
何でですか? 別府ちゃん!

ハハハ… いや いつも有田さん
楽屋弁当じゃ あれかなと思って

手作りで作って…。
ほんだら?

有田さんは 「お前…」。

「お前…」。

めちゃくちゃ怒られましたね。
そりゃそうだろうな。

うわ~。

別府ちゃん…。

(別府)
僕ですか? 一番楽しいのは

でも 有田さんと喋ってる時も
そうですけど…。

(笑い)
(有吉) バカだわ~。

さぁ 続いての住人は こちらです。

のぞいてみましょう。

ベルサイユと申します。

大阪 松竹芸能。
(ベルサイユ) そうですね。

コンビやトリオを経て
今 ピン芸人やらしてもうてます。

コンビやトリオの時は
もう全くやったんですか?

はい。

(笑い)

さぁ それでは見てみましょう
ベルサイユです どうぞ。

♪~

(拍手)

今夜も歌てます
ベルサイユと申しまして

33歳 独身。

私にも
こんな幸せな時がありました。

私 今日 ケイ君に
おにぎり握って来てん はい。

あぁ 俺 ええわ ひとが握った
おにぎり無理やねん。

♪~

ちょっと待ってよ。

あんた この前 寿司屋の
おっさんが握った お寿司は

おいしそうに食べとったやんか!

あれは行けんねん。

じゃあ あんたの中で 寿司屋の
おっさんが ここやったら

私 ここっていうこと?

いや そういうことちゃうやん。

じゃあ どういうこと?
私が今日

寿司 握って持って来たら
食べてくれてたん?

ちょっと待って
ディズニーランドに

寿司握って持って来る女とか
バリキツいやん。

キツいの分かってる。

食べてくれたんか?
って聞いてんの!

じゃあ聞くけど
寿司屋のおっさんが握った

おにぎりやったら どうなん?

食べれる。

ほ~ら やっぱり
おっさんのほうが大事やんか!

別れましょう。

分かった。

引き留めてよ!

私が おにぎりなんか
握らんかったら

もっと楽しい夢
一緒に見れたんかな?

おにぎり握った私 アホや!

♪~ 男と女は

♪~ 夢芝居

待って! 待って! いつも
追い掛けるのは私ばっかり!

待って! 待って!

待って~!

(吉高) えっ!?

フフフ…。

お色直し
させていただきました。

カワウソカフェのカワウソ
かわいかったね。

ホンマやな。

なぁ カワウソのカワちゃんと私
どっちがかわいい?

カワちゃん。

じゃ カワちゃんと
付き合ったらいいやんか。

いや カワウソとは
付き合われへんやろ?

じゃあ 私と石原さとみ どっち…。

石原さとみ。

早っ! あっ そう。

あぁ じゃあ
私と坂口杏里やったら?

いろいろ込みでな。

坂口杏里。

あっ そう! じゃあ
私とJUJUやったら?

JUJU。

別れましょう。

分かった。

引き留めてよ!

「俺は お前のほうが
かわいいと思うで」。

これが聞きたいだけやんか!
しかも 私

JUJUには
勝てると思ってた!

♪~

♪~ おんな港町 別れの涙は

♪~ 誰にもわからない

はい ありがとうございました。
(拍手)

ありがとうございました。

それ ちょっと
このバ~ 開けるやつ。

いえ あの これは…。

…で出て来ます。

売ってるんですね そういうのが。
(ベルサイユ) 売ってるんです はい。

さぁ 圭君。

…って感じします。
今日ね。

そうですね もう私…。

めちゃめちゃ…。

こんな近くにいますけども。

そうですね あの さっきから…。

と思うんですけど よければ…。

開けてもらいますか?
田中 圭さんに。

私 歌うので。
開けるだけですよ!

(拍手)
(ベルサイユ) お願いします。

音は なしで大丈夫です。
なしで行く?

アカペラで お願いします。

なぁ 圭 私と吉高由里子
どっちがかわいい?

吉高。

私 吉高由里子には
勝てると思ってた!

別れましょう。

♪~ 男と女は
アハハハ…! いいね!

♪~ 夢芝居
いい! キレイ!

お粗末さまでした。

ホントに ありがとうございます!
すいません!

ホントに ありがとうございます!
(拍手)

<この後…>

さぁ 続いての住人は こちらです。

ちょっと のぞいてみましょう。

あっ 似てる。
(望月) こんにちは。

(あさひ) あけまして
おめでとうございます。

おめでとうございま~す!
はい おめでとうございます。

はい。
え~ タイタン所属。

(2人) はい!
爆笑問題さんがね…。

はい。
お世話になっております。

やっぱりノブに似てるって
言われんねや?

ゴチバトルで

ノブさんの再現VTRを
やらしていただいたんです。

そうなんや。
はい。

ありがとうございます。

はい。
(笑い)

「とんでもない」。
「とんでもない」。

ちゃんとしてるね。

あんなキレイな「とんでもない」
聞いたことある?

さぁ それでは見てみましょう
ダニエルズです どうぞ。

♪~

どうも~!
どうも~!

ダニエルズです。
(2人) お願いしま~す!

いや 俺さ 映画とかドラマ
よく見るんだけど

熱い新米刑事が 警視庁のエリート
女捜査官にガツンと言うシーン。

あれ カッコいいと思うんだよね。
確かにね。

ちょっと今日やりたいから
俺 新米刑事やるから

お前 エリート女捜査官やってくれ。
エリート女捜査官。

分かりました。
お願いします。

失礼します。

所轄が捜査本部に何の用?

現場への突入許可お願いします。

いい? あなたは黙って
上の指示に従えばいいの。

持ち場へ戻りなさい。

命が懸かってるんだ~!

市民を守るのが
我々 警察でしょう!

今すぐ…!
何 大っきい声 出してんの?

えっ?
ねぇ 何で大きい声 出すの?

大きい声?
すごい大きい声 出したよね? 今。

現場への突入許可お願いします。

大きい声 出しただろ。

現場は一刻を争うんです!
一刻を争うじゃ ない!

大きい声を出したかどうかを
聞いてんだ!

すごい大きかったよ!
まだ耳キ~ンとしてるもん!

ごめんなさい ちょっと一回
やめてもらっていい?

ちょっと やめてくれ。
私はさ 全体のバランスを見てなきゃ

いけないの! そういう意味も…。
入り過ぎちゃってる お前…!

ちょっと やめたほうがいい それ。
あなた 何て言った?

えっ?
何て言った? 私に。

「命が懸かってるんだ」。
大きい声 出したんだよ!

すごい! 何 それ。
命の話じゃねえんだ!

おわっ!
ぶつよ!

大きい声出して威嚇して
感情的になりやがって この野郎!

いや 感情的になってるのは
お前だろ? だから。

違います それは
あなたが大きい声 出したから…。

それは同じことじゃん。
同じじゃ ないよ!

何言ってんの!
同じ… あっ あっ… 痛っ!

ぶつよ!
ぶったろ! 手出したろ!

大きい声 出してましたよね?
どこ行くの? 関係ない人…。

すごい大きかったよね?
大きかったって言って…。

いいかげんにしろ お前!
何やってんだ さっきから!

今 何した?
あぁ?

今 何したか言ってみろ!
頭 引っぱたいたんだろ!

違う! 大きい声 出したんだよ!
そっちかい!

全然ダメ!
何 何 何?

俺 カッコいいシーンやりたい
っつったの。

ずっと怒られてる。
あぁ じゃあ シーン変えましょう。

シーンを変える?
残業を手伝ってくれてる先輩に

缶コーヒーを差し入れする
これ カッコいいじゃないですか。

まぁまぁ 確かに確かに。
営業マンやって。

俺 女上司やるから。
女上司 大丈夫か?

大きい声 出さなかったら
大丈夫なんです。  そうなの?

お願いします。
分かりました。

もう こんな時間。

先輩。
キャッ もう何~?

ホットコーヒー買ったんで
飲んでください。

で プレゼンの資料の件
なんですけど…。

熱かったぞ。

先方から言われてるのが…。
先方の話 してるんじゃ ない!

熱かったって言ってんだ!

す~ごい熱かったよ~!
ちょっとやめて! それ やめて!

缶コーヒーって外側は高温の金属なの。
もう嫌だ それ!

はぁ!?
高温の金属 頬に押し付けた…。

やめろっつってんだよ それ!

何をやってんだ ずっと!

何で大きい声 出すの!?
おい~。

大きい声 出さないって
約束したじゃない!

大きい声 出すでしょ。
もう やりたいこと何もできない!

いや こっちのセリフだよ。

(2人)
どうも ありがとうございました。

はい ありがとうございました
さぁ 吉高さん。

すっごい嫌!

やめてください…
ごめんなさい すいません。

さぁ 有吉さん いかがですか?

有吉さん! 有吉さん…!
感想 感想。

感想やから。
すいません すいません。

そうですね 新年会がありまして

そこで
初めて お会いしたんですけど

太田さんがお酒 飲めないのに
すぐ飲んで2時間で寝て…。

(観客) え~。

頼みの綱の田中さんが…。

「『おもしろ荘』出るんですけど

ちょっとアドバイス下さい」
っつったら…。

ハハハ! ひどい!

えらい事務所に はい。
(笑い)

<この後…>

風邪ひいてまうやろ!
どういう状況? それ。

続いての住人は こちらです。

のぞいてみましょう どうぞ。

2人は 事務所には
所属しておりません。

フリー。
アマチュアとして活動中。

女性の さーやは

広告関係の会社の正社員。
はい。

ニシダは大学3年生。

いろいろと
お声掛けは頂いているので。

あぁ そう。

ハハハ…!

ちょっと水面下で いろいろと
あるっていうことですね?

(さーや) そうですね。
変わって来たな 時代も。

(有吉) ねぇ。

さぁ それでは見てみましょう
ラランドです どうぞ。

♪~

(ニシダ) どうも お願いいたします。
(さーや) どうも!

よろしくお願いいたします。
お願いいたします。

頑張って行きましょ こっからさ
やっぱ芸人になって行く上でさ

成長して行きたいから

やっぱね 女遊びをする必要が
あるんじゃないかなって思うのよ。

なるほどね
じゃ ちょっと せめて

キャバクラとかにしてもらっていい…?
あぁ キャバクラね。

やっぱ お前みたいなのはさ
女の子と喋るのにも

税金かかったほうがいいじゃん。
そんなにダメかな? 俺。

うん。
そこまでダメ?

じゃあ私 キャバ嬢やってあげるから。
やってくれんのね。

どういう女の子がいいですか?
やっぱね

元気で明るい子がいいかな。
元気で明るい子 任してください。

お願いします。

よし キャバクラ来たな。

はい どうも~!
すごい元気だね。

太客センサーが
大物を察知しましたよ!

俺より芸人っぽいじゃねえか。
どうも アヤで~す。

めちゃくちゃ名刺デカいっすね。

発注ミス~。
だいぶミスりましたね。

お願いしま~す。
お願いしますね。

アヤさんは おいくつなんですか?

22~。
あっ お若いっすね。

ウィ~ン ガシャ ウィ~ン ガシャ
ホントは42。

だいぶ さば読んだな おい。

そうそうそう
私の名前は さば読み子。

この荒波を逆らうのだ!

俺の腕が試されてんな 今日 おい
めちゃくちゃ頑張るぞ 俺な。

お名前 お伺いしていいですか?
自分 ニシダっていうんですよ。

ニシダさん 仲良くなりたいから
あだ名とか付けていいですか?

全然いいですよ。
いいですか? えっと じゃあ

ガリガリ眼鏡さんは…。
どう見えてる? 俺のこと ねぇ。

俺 どう見ても
デブデブ裸眼でしょ?

デブデブ裸眼さんは…。
呼んでいいわけじゃないっすよ

それ ねぇ。
キャバジョーク。

それ 何ですかね?
これ 何ですか?

ニシダさんって こういうとこ
よく来られるんですか?

いや 実はキャバクラ初めてで。
初めてなんだ。

やっぱ 皆さん
結構おキレイですよね。

まぁ みんな工事してますからね。
整形的な?

あそこに座ってる アカリちゃんとか。
アカリちゃん。

顔に橋 架かってます。
ホントに工事してんじゃねえか。

キャバジョーク。
それ 何なんだよな おい。

キャバ嬢界隈で
流行ってんのか? それ なぁ。

ちなみに お仕事とか
何されてるんですか?

仕事は一応 何ていうか
芸人みたいな。

えっ すご~い!
そうなんですよ。

ダブルボケ ですか?
1個目で出て来ないだろ ダブルボケ。

あんまいないよ ダブルボケ。
何ですか?

違います 俺は漫才で
ツッコミやってるんですよ。

あっ ツッコミさんなんだ
何でやねん!のほうだ。

まぁまぁまぁ そうですね。
どないやねん!みたいなやつね。

関西弁じゃないですけどね。

開けたり閉めたり
風邪ひいてまうやろ!

どういう状況? それ。
ねぇ あっ ごめんなさい。

全然 飲み物 作ってなかった。
そうですよ そういえば。

今 作りますから ごめんなさい。
喋り過ぎて 喉 渇いたんで。

はい 力水です。
俺 相撲取りじゃねえだろ なぁ。

うまい。
うまくはないですよ 別に。

そんな うまくないよ。
ボーイ集合!

いい 呼ばなくていいよ ボーイは。
「相撲取りじゃないんだから」って。

まぁまぁね うん。
「高砂部屋 入ったろか」っつって。

お前が足してんじゃねえか なぁ。
すごいね ごめんなさい。

ちゃんと作りますから。
いや お願いします ホントにもう。

はい ハイオク満タンです。
俺 車じゃねえだろ なぁ。

『カーズ』出演したろかい。
足すんじゃないよ だから なぁ!

ボーイ集合!
いい 集めなくていいよ もう。

「『カーズ』出演したろかい」だって。
それ お前が言ったやつだろ!

10tトラックのニシダです。
何やってんの? それ。

武蔵村山 走ってますよ。
やめろって もう。

車間距離 全然守りませんよ。
俺より面白いじゃねえか おい。

俺が芸肥やしたいのに
お前のほうが面白いじゃねえか。

じゃあ みんなでアフター行こっか。
いや 行けるわけねえだろ。

もういいよ。
(2人) ありがとうございました。

(拍手)
はい ありがとうございました。

すごいね アマチュアで。
(さーや) すいません アマチュアです。

何組かから会社は

声 掛けられてるんですよね?
多分 ホンマに。

そうですね ありがたいことに。
「うち どうですか?」って…。

自分らの中で ないの?

そう 伺いたいなと思って。

現段階では…。

(笑い)

でも変わろうとしてるから吉本も。
まぁまぁ ねっ。

(笑い)
すいません。

<後半5組>

みんなクセになるな。
誰だろうな?

グリーンバンバンさんの

毛とかは絶対忘れないし。
毛。

ダニエルズ 結構笑ってたよね?
吉高さん。

あぁ そうですね
笑っちゃってましたね。

さぁ 有吉さん いかがですか?
後半も全員 面白かったから

やっぱり…。

(笑い)
(吉高) めっちゃ覚えてる。

あの子 一番
ちゃんとしてなかった? ホンマに。

ホントに ちゃんとしてましたね。
ちゃんとしてるわ。

さぁ 出川さん。
いや みんな面白かったけど

やっぱ別府ちゃんは卑怯だね!
うん。

(後藤) ナイナイさ~ん。
はいはい。

以上で 全10組の芸人さんの
ネタが終了いたしました。

テレビをご覧の皆様 ベスト3は

どの芸人さんでしたでしょうか?

優勝芸人 第2位 第3位の

芸人さんを予想して

ゴチBIGに ご参加ください。

<いよいよ スタジオの…>

<そして…>

<この後は 振られた…>

マジ無理!


(拍手)

ここから登場する芸人さんは

50音の ひと文字を
リクエストされたら

その文字から始まるギャグや
持ち芸を即興で披露します。

今夜 若手ナンバーワン
50音芸人が決定します。

それでは 早速まいりましょう
最初の50音芸人さん どうぞ!

♪~

♪~        (拍手)

どうも! 「Yes!アキト」です!
イエ~ス。

ということで僕は
50音 どの音を言われても

その音から始まる 一発ギャグで
返して行きたいと思います。

1個 下さい!

アハハ…。

主婦のメンタル削るには

まずは
ガーデニングから攻めましょう。

イエ~ス 次 吉高さん。

ぬか床パンチ!

イエ~ス。

[ 『ルパン三世のテーマ』 ]
♪~ テレッテレッテレッテレ~
タン タン タタタン…

♪~ テレッテレッテレッテレ~
テケテケ…

♪~ パクっ パクっ

♪~ パクっ パクっ

♪~ パクっ パクっ

♪~ ご飯とパ~ン

イエ~ス。
(ゴング)

あっ… イエ~ス。

♪~
(後藤) 続いては グレープカンパニー 所属
カカロニ・栗谷です。

(栗谷)
僕 30歳になるんですけど

30年間
彼女いたことないんです。

そんな僕なんですけど
今まで女性に言われた ひと言を

50音で すぐ返せます。
(田中) うわ~ 気になる!

(栗谷) 行きましょう。

えっ? 来たの?

私以外も嫌いだよ?

喋るんかい!

変な顔してんね。

ていうか無理。

引くわ~ マジ無理。

(ゴング)

♪~  (後藤) 続いては…。

♪~

(松浦)
私は 全国バレエコンクールで優勝した

本物のバレリーナです。

50音でバレエギャグを
やって行きたいと思います。

それでは矢部さん。

タクシーを止めるバレエダンサー。

あれ~ タクシー来ないかな~?
タクシー! あれ?

タクシー? もう… タクシー!

バレエ大好き!

目の検査をするバレエダンサー。

はい えっと…
右ですね 左 はい 上。

はい 下です。

ウフフ… バレエ大好き!

なかなか靴が履けない
バレエダンサー。

よし 出掛けるぞ よいしょ。

あれ? 入らない。

あれ? 入らないわ。

あれ? あれ? あれ?
アハハ… アハハ… アハハハ…!

バレエ大好き!

(ゴング)
ありがとうございました。

♪~  (後藤) 続いては…。

(坂本) どうも~!

僕は 日本全国にいる
オネエの方に詳しいです。

50音 何言われても
実在するオネエの方の名前と

その方のプチ情報が言えます!
じゃあ お願いします!

横浜の「アドレナリン」という
お店で働いており…。

(有吉) 知らねえよ。
(坂本) お願いします。

ゲイバー「プラチナ」の
チーママをやっております。

お願いします。

(ゴング)
ホンマなんやろなぁ。

♪~  (後藤) 続いては…。

♪~

(コネオ・インターナショナル) え~ 私ですね
非常に ありがたいことに

いろんな先輩に かわいがって
いただいておりまして

いろんな先輩をヨイショさせて
いただいております。

なので 50音 頂いた方を
ヨイショして行きたいと思います。

まず 矢部さんから
よろしいでしょうか?  はい。

アジアの宝です! ヨイショ!

クッソ カッコいいっすね!
ヨイショ!

上様~! ヨイショ!
(吉高) アハハハ…!

マ~ジで面白いっすね!
ヨイショ!

いいかげんにしろよ これ。
(コネオ) 出川さん。

さすがっすね~! ヨイショ!

え~!? いるんですか? 本当に!
ヨイショ!

初めて こんな人に会いました!
ヨイショ!

総理大臣! ヨイショ!

「き」? え~…。

気が付いたら ここにいました!
ヨイショ!

おかしいぞ!
おかしいぞ ヨイショしてない!

アウトですか?  アウト!
了解しました! ヨイショ!

(ゴング)
ありがとうございます!

お疲れっした!
すごいな。

すぐ出たやん。
(有吉) でも…。

もう一回 お代わりいいですか?
もう一回だけ!

コネオ・インターナショナル
お願いします。

♪~

ヨイショ!
失礼します ヨイショ!

50音 下さい!

神様~! ヨイショ!

寝転がっても
カッコ良さそうですね ヨイショ!

はい!

「そ」!?

そ~んなことあります?
ヨイショ!

アウト アウト!
(出川) アウト アウト アウト…。

アウト 帰れ! 帰れ! 帰れ!
(有吉) 何やってんだよ。

何や あいつ。
(有吉) 「そんなことあります?」。

<いよいよ…>

≪いよっ!≫

(拍手)

さぁ 誰が優勝するんでしょうか?

皆さん ドキドキしてますか?

してま~す!

緊張するね。
はい!

ただ レベル高かったって
皆さん おっしゃってます。

わぁ~ ありがとうございます!
うれしいよね。

さぁ それでは発表して行きます。

まずは 3位から発表します。

第3位は…。

おぉ~!

(拍手)

どうですか?
この3位っていうのは。

(市川) うぅ~…。

泣いてる?
泣いてんの?

(笑い)

おめでとうございます!
ありがとうございます!

(拍手)
はい おめでとうございます。

さぁ 行きましょう
続いて 第2位は…。

(拍手)
(HIWA) OK~~!

うわ~!
センキュ~!

2位ですけども いかがですか?

(HIWA) まぁ でも~…。

まぁ 別に…。

緊張してま~す。
OK~!

ちょっと待ってください…。
(笑い)

≪「僕」まで言った≫
言えよ!

(出川) 言えよ!
言えよ!

分かりました はい。
じゃあ有吉さん もう一回。

ラーメン つけ麺…。

OK~!
(出川) そのまんまだよ!

<この後

いよいよ1位の発表!>

優勝者発表
出川哲朗のナイスバッティング!

(拍手と歓声)

さぁ 発表方法なんですが

去年 野球の侍ジャパンが
世界一に輝いたということで

出川哲朗さんに
この黄金のボールを

優勝者めがけて打ってもらいます。

受け取った方が優勝と。
気を付けてよ。

じゃあ田中 圭君に
トスしてもらって

出川さんが打つと。  はい。
さぁ じゃあ出川さん こちらへ。

ビックリしないでください。
はい… えっ? そんな人なんだ。

(有吉) 見ないように。
(笑い)

(笑い)

これはビックリしてる!
(有吉) 抑えて。

(笑い)

(有吉) 見ないで… 見ないでよ。
出てるよ。

出川さん 分かったね?
はい 分かりました。

皆さん よろしいですね? 準備
心の準備ね。

(笑い)

さぁ! 優勝者は
一体 誰なんでしょうか?

それでは出川さん お願いします!

(ドラムロール)

(田中) いいですか?
(出川) はい。

(ドラムロール)

イチ ニ…。
(ドラムロール)

(出川) あっ ちょっと投げ方…
違う 違う 違う 違う…!

いや 圭君!
違う 違う 違う 違う…!

今…。

それでは出川さん お願いします!

(ドラムロール)

(田中) 行きま~す イチ ニ…。
(ドラムロール)

(別府) うわっ!

どこ行った? あっ ヤバい…。
(笑い)

えっ? えっ 優勝ですか?

優勝はエイトブリッジで~す!
マジっすか? あぁ やった~!

マジっすか? え ホントっすか?
うれしいです!

ありがとうございます!
ありがとうございます!

ありがとうございます!
(篠栗) めちゃくちゃうれしい!

今の気持ちは いかがですか?
いや~ 僕は もうホント…。

そうなんですよ。
あぁ そうなん?

仕事あんねや。
そうですね だから…。

何て?

(出川)
「おめでとう」じゃねえだろ!

(別府) あっ でも…。

(笑い)

俺に?
どういうこと?

(笑い)
すいません…。

<優勝の ご褒美に
100円玉の つかみ取り>

<両手を使ってOK>

<さぁ 大金をゲットしましょう>

(別府) えっ?
やったことですか? いや…。

(笑い)
(別府) 初です 初です。

それでは お願いします どうぞ!
はい。

つかめるだけ つかんでよ!
(別府) はい 分かりました。

1回きりだからね? これ。
はい 重たいですね。

(篠栗) もっと行けんじゃない…?
もっと行けるでしょ!

(篠栗) もっと もっとちょうだい
もっとちょうだい! もっと!

(笑い)

(出川) 別府ちゃん もっと!
別府ちゃん!

すいません すいません…。

何してんの。
取れるわけないでしょ こんなの。

下から 下から。
(別府) 下から行きます。

考えて 別府ちゃん。
(別府) はい 行きます。

あ~!
(観客) あ~!

(篠栗) おい! お前~!
(笑い)

別府ちゃ~ん!
(笑い)

(別府) 予想は でも僕は…。

3万ぐらい行った?
3万ないやろ。

3万 行くか!
3万 行け! 3万!

3万!
3万!

(別府) えっ?
(篠栗) おっ! おっ!

(笑い)
(出川) 史上最低。

うわ…。
(有吉) 何やってんだよ~。

別府ちゃ~ん。
(出川) 別府ちゃん! でも…。

(笑い)
出川さん ありがとうございます!

<そして この後…>

新水曜ドラマ
『知らなくていいコト』が

1月8日 夜10時から
スタートします。

不正や 芸能人のスキャンダルを
バンバン暴いて行く

週刊誌記者の役です。

皆さん ぜひ ご覧ください。
はい よろしくお願いします。

映画『mellow』がですね
2020年1月17日

1月17日から公開です
ぜひ劇場に行ってください。

(拍手)
はい よろしくお願いします!

<そして…>

さぁ 5人で じゃあ 相談して。

さぁ! 決まりました。

それでは代表して岡村さんが
優勝者 発表してください。

お願いします!
はい。

優勝者は…。

トップバッターの彼です!

イエ~ス!
(拍手)

イェ~イ!
イエス!

ホントですか?
イェ~イ!

ヨイショ!
ヨイショ!

ヨイショ!

イエス! イエス! イエス!
イエス! イエス! イエス!

ノーヨイショ! イエス イエス!
ヨイショ!

ホンマに素晴らしかったですよね。
いやいや ホントに ホントに。

だから何か ふざけた人が
盛り上がってるから…。

(コネオ) ふざけては ないですよ!
(Yes!アキト) ホント 裏で

ムカついてたんですよ 僕!

「ま」!
誠に申し訳ございませんでした!

ヨイショ!
ヨイショ!


関連記事