欽ちゃんの「今年ど~するの!?」~浅田真央とニトリ会長に質問攻め!~ 欽ちゃんならではの目線で斬り込み…


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『欽ちゃんの「今年ど~するの!?」~浅田真央とニトリ会長に質問攻め!~』の番組情報(EPGから引用)


欽ちゃんの『今年ど~するの!?』~浅田真央とニトリ会長に質問攻め!~[字]


芸歴60年のレジェンド芸人・萩本欽一が2019年に話題となった人を訪ね2020年の展望を質問!欽ちゃんならではの目線で斬り込み、彼らの本音を引き出すトークバラエティー!


詳細情報

番組内容

欽ちゃんが一番会いたかった人として訪ねたのは、2020年に30歳を迎えるプロフィギュアスケーターの浅田真央。欽ちゃんの思いがけない質問に、真央ちゃんもタジタジ!?人生でのファインプレー&エラー、結婚、今年ど~するのかをたっぷり語ります。インテリア家具業界の大手・ニトリホールディングス会長の似鳥昭雄氏とは、お互いの人生を比較して同世代トーク!成功者の運の掴み方を聞き出します!

出演者

【MC】

 萩本欽一


【対談ゲスト】

 浅田真央

 似鳥昭雄(ニトリHD代表取締役会長)

 辻井俊一郎(ベーゴマ製造会社社長)

 熊谷純美(鋳物工場社長)



『欽ちゃんの「今年ど~するの!?」~浅田真央とニトリ会長に質問攻め!~』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

欽ちゃんの「今年ど~するの!?」~浅田真央とニトリ会長に質問攻め
  1. 真央
  2. 自分
  3. 社長
  4. 頑張
  5. スケート
  6. ホント
  7. 家具
  8. ショー
  9. ニトリ
  10. 仕事
  11. お父さん
  12. ベーゴマ
  13. 会社
  14. お客さん
  15. 会長
  16. 言葉
  17. 今年
  18. 選手
  19. ダメ
  20. 金メダル


『欽ちゃんの「今年ど~するの!?」~浅田真央とニトリ会長に質問攻め!~』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ東京関連商品

(一同)「欽ちゃんの
『今年ど~するの!?』」。

(スタッフ)オーケーです。

(一同)「欽ちゃんの
『今年ど~するの!?』」。

(スタッフ)大丈夫です はいオーケーです。

緊張しますね。
あっ お辞儀しちゃった。

(笑い声)

昭和 平成 令和と

話題を振りまいてきた
エンターテイナー 萩本欽一が

2020年の活躍が気になる
あの人の元へ。

キーワードは 彼を支えてきたという…。

運。

令和2年。

浅田真央は 何をするのか?

大企業ニトリを一代で築いた男が
欽ちゃんと運を語り合う。

(笑い声)

残念。

(笑い声)

はじまり はじまり。

肌寒くなり始めた この季節に

大勢の人々が集まる 熱いスポットが。

お目当ては…。

真央さんといえば…。

私 浅田真央は 選手生活を終える
決断をいたしました。

2度のオリンピック出場を果たし
日本中に感動を届けた真央さん。

2017年 現役引退を発表しました。

何も悔いはないので もし
もう一度 人生があるなら

スケートの道は いかないと思います。

5歳から スケートとともに
人生を歩んだ真央さん。

引退後は スケートを
完全にやめると宣言しました。

しかし 彼女は
再びリンクに戻ってきました。

これまで応援してくれた
全国のファンに

感謝の気持ちを伝えるために。

2018年から アイスショーを開催し

全国を回っています。

ここでね 真央ちゃんがね
マッサージしてたんですよね。

残ってるよね。
ですから ここに

これ真央ちゃんが
頭に敷いてたやつだね。

ピンクでわかるね。

バックヤードから
こっそり入る欽ちゃん。

そこには こんな気遣いが。

今 行くとね

あと30秒ぐらいで始まりますので。

そしたら そっちに集中したら
そっと入ると。

アイスショー開幕。


真央ちゃん!



ショーの序盤
真央さんから欽ちゃんに

いきなりサプライズ。

(歓声)

ありがとうございます!

最後までよろしくお願いします!

もうスケートはしないと
宣言した真央さんが

自ら企画 演出した このアイスショー。

それは 2年前の

オーディションから始まりました。

選ばれたメンバーの振り付けを
指揮するのは

もちろん真央さん。

演出家として
そして プレイヤーとして

チームをまとめます。

目が開かない ほら。

オーディションから2か月。

ツアーの衣装が届きました。

ゼロから始めた
真央さんのアイスショーが

一つ一つ形になっていきます。

万全の準備を整え

ツアーの成功を祈願。

信頼する9人の仲間とともに

今 真央さんの感謝のショーが
幕を開けます。


そして いよいよ真央さんの出番。

(歓声)

演技を終えたら
休む間もなく衣装チェンジ。

そして クライマックス。

次が このアイスショー 最大の見どころ。

ソチオリンピック2日目。

前日のショートプログラムでの失敗から

完璧な滑りを見せたフリー。

この曲に合わせ 真央さんが
力をくれたファンのために

あのフリーの再演です。

いよいよ 真央さんがリンクへ。

アイスショーも いよいよクライマックス。

真央さんが登場。


(歓声)

こうして
熱い80分間のアイスショーが終了。

(拍手)

真央ちゃん!

真央ちゃん!

(萩本)真央ちゃん!

こっちこっち!

真央ちゃん!

ありがとう!

(一同)イエーイ!

おっと 後ろから。

真央さん ありがとう!

ありがとうございます。

はじめまして。
はじめまして。

欽ちゃんです。
浅田真央です。

お会いできて なんか
うれしいな俺。

ありがとうございます
私も うれしいです。

うわ~ そう?
そう言ってくれると。

はじめまして。
私なんてお呼びしたらいいですか。

欽ちゃん。

そう言ってくれると うれしいな。
じゃあ 欽ちゃんで。

そうですね。

それと なるほどな と思った。

ステージで 感謝のステージだっつって。

そうですね はい。

頑張った姿 見せると もう拍手
出てくると拍手。

はい うれしいです。

欽ちゃん どうですか?
リンクに入ってみますか?

僕 滑れないよ?
滑れると思うので。

ちょっと私が
サポートをさせてもらいつつ。

むしろ滑れないって
言っといたほうが。

こんな形が生まれるとは
なんだか うれしい。

あれ? あ~。

ホントは すごい滑るんです。
えっ?

ホントは すごい滑るんです
スケートリンクって。

そう? そうでしょ?

なんか
くっつけてくれた人がいたから。

そうですね これしてると
たぶん大丈夫だと。

こんな感じです。
あっ そう。

僕ね ショーを見てて 一つ思った。
はい。

これはね
ずっと続けてほしいなと思った。

なぜならば 僕はね これ…。

こうあったらいいなと思って。

結婚式とは どういう…。

ああいうスケート踊りながら
あの照明で。

あの音楽にのって。
はい。

きっとね ぜひ

お色直しじゃないけど
衣装替えして。

すばらしい衣装に
お正月用に。 私そのまま。

でも 真央ちゃんはね
スケート終えたらね

何するんだろうって
ちょっとね 楽しみにしてたの。

僕はね できれば学校の先生で
真央ちゃん見たいなって思ったの。

え~。
なんか真央ちゃんはね

怒り方が
うまいんじゃないかと思ってる。

先生 僕また遅刻しちゃった。

そしたら先生だったら?

いいよって言います。

頑張って 次は。

絶対そういうときに
怒るってセリフを

ニッコリ笑って言う人って
なかなかいないの。

「ダメよ!」は やっぱりね
ダメよって顔するの。

怒ることあるの?
私 家族にはすごい怒ります。

家族に?
怒ります。

怒る人が私しかいないので。

家族に怒るの?
はい。

あれ? お父さんには
怒られるんじゃなくて

お父さんも怒るの?
私 怒ります。

お父さん怒るときは どういう?

それはちょっと
ご想像にお任せします。

でも なんだか
会えてうれしかったな。

うれしいです
ありがとうございました。

わざわざ福井まで
いらしてくださって。

いやいや アイスショーでアドリブが
あるんだと思ってビックリしました。

私のとこで飛んできたり
私ね いろんなアドリブにもね

あんまり対応には ビックリしないけど
アイスショーのアドリブって

どうしたらいいんだって
あそこでね おちゃらけると

このショーぶっ壊すなと思いながら。

どうしようかなと思ってね。

次のアドリブのときには
こうしようって考えたけど

1回しか来なかった。

またぜひ
いらしてください いつでも。

そのときはね
どうしようかなと思ってね。

叫ぶかな? とかね。
楽しみにしてます 次回。

でも あれですか?
初めてですか? アイスショー 生で。

僕ね 長野オリンピックのときに
アイススケートだけ…。

金は誰ですとか覚えてない。

荒川静香さんが出てたと思います。

長野オリンピックは。
あっ そうですか。 全然 あ~。

長野オリンピックの閉会式では…。

光の萩本欽一です!

(歓声)

みんなで 私たちのふるさとは…。

(歓声)

座員も集めたの? 踊ってる…。

女性は オーディションで
男性は オーディションの子もいれば

私から声かけた子もいます。

人 どんどん入れると
随分お金かかるのよ?

そういうことも考えて。
そうですね。

あと サンクスツアーは すごい
チケットが安いんですね。

どうして?
私が選手のときに

やはり すごいフィギュアスケートの
チケットって高いなって思っていて。

自分が思ってたのね。
はい。

で すごい申し訳ない気持ちと
あと やはり

皆さん来れない
家族でも来れないし。

安くしちゃったの?

気軽に来れない。

いろんな人に見てもらいたいって
思ってました ずっと。

さっきね スタッフの人が

欽ちゃん 写真撮っていいんですか
っつってさ

一緒に撮りましょう
って撮ったの。

入場料 安くて
みんな笑顔で働けてる。

みんなね そろって
ニコッて笑ったから

それでもうね 感心しちゃった。

あそこでスタッフが
しょんぼりしてたらさ

もうちょっと あげたほうが
いいんじゃないってなるけど。

いつまでやってんの? このショー。

今 決まってるのは 10月まで。

どこを中心に回ってんの?
日本全国です。

どうして全国なの?

皆さんに感謝の滑りを

私が届けにいく
っていうのがテーマです。

あの~ 感謝感謝って言うけど

お客さんが感謝してる。

客席をにらみながら
スーッとくるのね で ニコッと笑うの。

欽ちゃんも いろんな舞台とか
されてましたよね?

どういった気持ちで
やられてましたか?

お客さん?
はい。

お客さんはね え~。

一番は もう腹が痛くなるほど
笑わせたいっていう。

俺ね 自分でステージ出ててね

見てもらう
笑ってもらうだったの。

真央ちゃんのショーはね
別だと思った。

あっ これが真央ちゃんの言う
見てもらうじゃない 届けるショー。

なんか気持ちを届けるって。
はい。

芸能界では かなわない。
なかなか届けられない。

すてきな届けるショー。

クルッと振り返っただけで
拍手するっちゅうね。

止まったお客さんを
フッと見ると拍手するの。

見てきただけでも拍手する?
はい。

こんなに拍手するステージって
どこにもないよ。

ずっと続けてほしいな。

はい 私も
続けたいなって思ってます。

今ね その言葉 言ったらね

あそこ周りで
ずっと働いてる人たちね

みんな笑顔になってるよ。
はい。

スタッフに聞いたの。
ずっとやるの? っつったらね

みんな誰も答えないで
プクッとしてた。

なんだいそれは! っつったらね

それは 真央ちゃんしか
わからないことです

って言ってたから。
そうですね はい。

みんなの気持ちがね
真央ちゃんとこに届くといいね

とは言ってたんだけど。
今ね すげえうれしそうな顔した。

どうしましょう
婚期が遅れちゃいますね。

どうしましょう
婚期が遅れちゃいますね。

あ~ いいね。
俺ね 真央ちゃんはね

スケートを終えたらね
何するんだろうって

ちょっとね 楽しみにしてたの。

若い選手を育てるとか…。
そうですね。 それは考えてます。

いつか 自分が
スケート 滑れなくなったときに

したいなと思ってます。

スケートだと いくつぐらいから
始めるのがいい?

もう 子どものときからですね。

3歳から…
早ければ早いほど

いいと思います。
そのぐらいからやらないと…。

金メダルは そのぐらいから…。
獲れないですね。

あと 気持ちでいうと
どういう人が選手としては…。

例えば 落ち込まない人とか。

やっぱり スケートが好きな子。

はい。 まず スケートを好きな子。
もう一つは?

スケートを頑張れる子。

スケート頑張れる子はね…。
練習が好きな子。

練習 好きな子。

僕はね もう一つ足してほしい。

年頃になっても
男の人に気付かない。

その集中力がないと
やっぱり どっかでね

そっちに逃げていこうとすると
逃げられるもんね。

そうじゃないと…。
一本にして まっすぐ行く子。

そうですね はい。
コーチで 金メダル獲る子。

もう絵が見えてるね。
金メダル獲って

金メダル獲ったときに
一番最初に自分にね

あ~ 獲ったね!
って言った瞬間に

ふっと気が付くと
自分でかけてさ

君は いい…。
なるほどね~。

私の味わわなかった気持ちを
味わったんだね。

いつかできたらいいなって
ちょっと思ってます。

金メダル獲れそうな子だったらね
改名してくれる?

また その名前をさ…
なんか 真央ちゃんってのはね

スケートの名前で
受け継いでほしいね。

落語の世界じゃないけど

三遊亭 ず~っと三遊亭とかね
やってんだもん。

スケートっつったら もう真央。
アハハハ…。

3代目 真央とか
4代目 真央って。

私の生徒さんに
真央って名前を付けて。

そうそうそう 付けるの。
それは すごいですね。

どんどん 付けていく…。
夢がありますね。

そう 夢があるじゃない。

勉強を頑張らないで スケートが
好きだって子は どうするの?

私 どちらかというと
そっちタイプだったので 大丈夫です。

スケート頑張れば… 勉強 嫌いでも

スケートを頑張れば いいよ。
なるほどね。 あとは?

子どものときは もちろん
自分の目標があって

やってたんですけど
それだけではなくて

母に喜んでもらいたい
っていうのがありました。

僕ね なんか成功する
っていうのはね

テレビでもね 自分で
こういうテレビにしたい

って言ったときは
うまくいかないの。

で この人に なんとか
喜んでもらいたいっていって

あ~ なんか この人のために
成功したいなって言ったときは

みんなね うまくいくの。

自分のために頑張るのは諦める。

人のために頑張るは
諦めることはできない。

つまり なんかね 申し訳なくて。

だから お母さんを
喜ばせてあげたい

お母さんを喜ばすって
言ってるうちに

金に どんどん近づいて。
そうですね。 はい。

その思いで
ずっと やってました。

メダルの今までの渡し方。

一番最初は
ママの所 持ってくのね。

そうですね。 はい。

オリンピックのときも持っていきました。

でも うちの母は
ほとんど その現地にいても

試合 見に来ないんですよ。
見れないからって言って。

バンクーバーのときには
来てたんですけど

会場には行かずに
ホテルで ずっといました。

そうすると 獲ったけど…。
えっ? 会場にいた?

あっ そうなんですね。
いたみたいです。

終わってから
おすし屋さんに行って

渡しました。
でも 金メダル目指してたので

金メダルじゃなかったけど
って言ったら

金メダルじゃなくてもいいよ
って言って…。

言ってくれたのを覚えてます。

私たち だって
金メダルとか銀メダルって

目標があるんだもん。
我々は採点つけるものない

仕事してますもん。
どんなに おかしくなくたって

てめえで おかしかったって言えば
それで済んじゃう仕事ですから。

あれで1番2番っていうのが
あったら えらい頭痛い…。

僕はね わりと
芸能界でね 運で成功したの。

そういうスポーツっていうのは
運っていうのはあるの?

ありますね。
ある? あれ 努力とかさ

芸術じゃなくて 運もある?
あると思います。

それは よくいわれてますね。
オリンピックは運も必要だって。

これは運があったっていうのは
なんか 試合とかである?

スケートで 選手のときに

運があったなとは
思ったことないですね。

自分が目指してきたオリンピックで

金メダルというのは
獲れなかったので

選手のときは
自分の実績に関しても

満足はしてなかったです。

最高だね。

まだ上 目指したんだよ。

どんな大会の…
金を獲ったときもあるわけですよ。

チャンピオンになったときもあるわけ。

僕は 銀のとき
真央ちゃん よし やった!

おめでとう! って叫んだよ。
ありがとうございます。

なんで叫んだかっていうと
真央ちゃんはね

いいな~ これでね
金を獲るのは最高の…。

つまり 旦那を…
こっちで金を獲るっていう。

いや~ 最高だな。

ここでね 金獲っちゃうとね

もうね どうもね
旦那が出てきちゃうんだよね。

真央ちゃんは ここは偉い。

あっちも金 こっちも金って
そんな人生って うまくいかない。

そうですよね。
だから最高の金を残してあるから。

それは楽しみです。
先ほど おっしゃってました

スケートリンクの上で結婚式っていう。

例でいうと
そういうスポーツやってたでしょ。

スポーツマンっていう たくましい
そういうことをやってる

そういう男の人がいい?

それとも そういうことから
離れてる人がいい?

離れてる人がいいです。
なるほど。

芸能界 あるいは スポーツ関係の方
お引き取りください。

とりあえず
言っときましたからね。

真央ちゃんだと絶対ね
たくましい 怒りそうな人ね

出てこないような気がする。

旦那さんで。
うん そうそう。

優しい方がいいですね。

なんかね… なんか 名前をね

「さしすせそ」の人が出てきそうね。
えっ! すごい。

欽ちゃんが
占い師みたいになってます。

なんでですか? 見えるんですか。
そうそうそう 見えるんです。

「さしすせそ」ですか。

今ね パーッと 「さしすせそ」に
近いのがいるんだな。

さしすせそ…。
誰だろ?

誰だろ? って言ってりゃ
大丈夫ですけどね。

よかったですけどね。
でも こんなにね いろんなね

気さくに こうやって
言葉 聞いてるとね

ホントに いないんだなと思うね。

全部 夢物語のように
語るんだもん。

この辺に チラチラするとね

あら~ それは~ それ~は~
とかね…。

言葉は それ聞いてるとね あれ
もしかするとってあるんだけど

いろいろ話してて
まったく 気がないね。

妄想ばっかりです。

少しは スケートのことで聞こう。

スケートやってて
自分の中でのファインプレーは?

選手のときも含めてですか?
そうそうそう。

スケートやってて 自分の中での
ファインプレーは?

ファインプレー
選手のときも含めてですか?

そうそう 思い出すのは どこ?

ソチオリンピックのフリーの演技ですね。

ねっ!

あれはね 泣かせた。

奇跡が生まれるっていう。

俺 思ったよ。
あ~ ずっと苦労した人なんだな。

とんでもない点数で。
はい。

2014年 ソチオリンピック。

初日のショートプログラムで
16位に崩れた真央さんでしたが

翌日のフリーでは
8つの3回転ジャンプを決め

自己最高得点を記録。

最後まで諦めない挑戦は

日本中に勇気と感動を与えました。

(歓声)

そうですね
あのときは ショートプログラムが

ホントに すごい
下の順位になってしまって

どん底まで落ちてしまったので。

そこで やっぱり
オリンピックという舞台で

自分が目指す演技

自分が これがしたいんだ
っていう演技が

100%できたので やっぱり

選手時代の中では
一番 印象に残ってる

試合ですね。
あのときテレビの前で

叫んだね。

この人以外で
スーパースターはいないって。

スーパースターって そういうものよ。
ダメなときがあるんだけど

あるとき
とんでもない100点を出すという。

1日で それひっくり返すって。

寝るときに まだ引きずってた?
引きずってました。

ごはん食べてるときも?

そうですね もう朝起きて…。
まだ朝起きても?

朝起きて フリーの練習のときも
引きずってました。

またやるんじゃないか?

恐怖も やっぱり出てきましたね。

あれから どんでんするわけね。

どっかで変わるわけ。

あそこのね あの一瞬
誰かの言葉とかさ

なんかのセリフに ぶち当たったとか。

もう最終的には
やるしかないって。

失敗しても成功しても
やるしかない

っていうのは あったんですけど
名前がコールされてから

自分の曲が鳴るまでに

いろんな声援が
聞こえてくるんですね。

最後 静まり返ったときに

「真央ちゃんならできる!」
って言ったんだっけ。

「真央ちゃん頑張れ!」だったか
ちょっとわからないんですけど。

頑張れじゃ響かない。

真央ちゃんならできる。

その声援が こちら。

叫んでくれたのが
すごい心にグッときて。

今日 来た人じゃないの?
違います。

お父さん 浅田さ~ん!
って叫んでたけど

みんな 真央ちゃん!
って言ってるのに

浅田さん!
っつったとき特別な感じしたよ。

そのお父さんが叫んだのは

ショーのクライマックス。

真央さんが滑り終えたときでした。

その方ではないと思います。
ああ そう。

でも そのときに思えましたね。

自分一人が
闘ってるんじゃないんだって

思えました。
いい… いい。

やっぱりね
物語がね うまくできてる。

いや 見てる人も すごかったね。

失敗は たくさんある? エラーは?

選手のときですか? あります。

小さいときから?
小さいときから本番に弱い。

私 本番に すごい弱くて。

姉と ずっと一緒に
フィギュアスケート始めて

ずっと
やってきたんですけど。

姉は 練習しなくても 本番だけ
できるタイプだったんですよ。

いいね。

私は練習で できてても
本番で できないタイプで

いつも泣いてました。
俺ね… 俺 好きな子。

本番にダメな子って。

俺 そんとき会いたかったね。

すごい悩みました。
悩みましたし 今でも悩みます。

よく サインに書くんだけど

「ダメなやつほど ダメじゃない」。

なんかね 自分がそうなの。
俺 ずっとダメだと思ってたの。

でもね 今ね ずうずうしくね

ずいぶん テレビ出たりなんか
やってんのよね。

自分をよく見るとね

ダメなやつほどね
ダメじゃないっていう。 なんかね。

じゃあ お仕事されてるときも

そういった思いって
あるんですか?

あるある。
一番 最初 テレビ出たとき

19回 テレビ止めて

「お前 テレビ向かないから来るな」
って言われたの。

へ~。
ええ。

へ~ そうなんですね。
でもね そんときにね

悩まなかった。
全然 納得できたもん。

もともと だって
できると思ってないし

やると思ってましたよ。

それで ずっと
今まで こられてて

そういった なんか…
苦労とかあったんですか?

ないないない。
どうやって それが乗り越えて?

乗り越えることないって。
ない?

ええ。 あの… なんでしょう。

ですから ひどい目にあってる
っていうことで悩むことはない。

ひどい目にあった
っていうことでいうと

大きな運が来そうだなっていう。
だから悩むことない。

悪いときがあっても
いいときも くるから。

必ずくる。
だから ひどい目にあったって

でかけりゃ でかいほど
相当でかい話が

くるのかなと思ってっから。

欽ちゃんは後に
視聴率100%男と呼ばれ 大ブレーク。

選手のときは ホントに
自分が目指していたものが

達成できなかったので。
そういった意味では

これから どんどん明るいことも
くるのかなと思いますし。

楽しみが増えましたね。

もう一つね… 聞いていい?
はい。

普通さ あれ
ちょっと不思議なんだけど

選手って終えるとさ
今度 解説とかさ ねぇ。

真央ちゃんは しないの?
そうですね。

なんか 決めたことがあんの?

話すっていうのが
そんなに得意ではなくて。

人の… 他人のことを話すのも

すごく ちょっと心の中で

どっか ストップがかかってる部分が
あります。

番組に合った言葉が
ちょっと出せないと思うから

しないという?
そうですね。

いや 真央ちゃん流で
いいんじゃないの?

「どうですか? 今の滑り」。
「最高じゃないですか

コケちゃいましたけど
いいコケですよ」

っていうの新しい…。

確かに…。 一度も まだ
したことがないんですね。

「このコケなら十分です。
私の場合は

この倍ぐらいの
痛いコケしてましたからね」とかさ。

絶対 相手を
けちつけない解説っていうの。

どうなんですかね。
テレビ いっぱい出て。

テレビ… はい。 フフフ。

「ドラマやりませんか」つったら?

ドラマも お話は いただいたりは
してるんですけど。

それは なんて断ったの?

ちょっと… なんて断った…。

ちょっと ストーリーが
私と合ってないのかな みたいな。

新しいですね。
女優さんとして

「私に ちょっと
合ってないんじゃないんですか」

つって断る人も新しいね。
たしか そんな感じだったと…。

今年は このスケートを

まぁ 一つね やり遂げる
っていうのはあるけど

それからどうすんの? 今年。

何も考えてないって。
そうなんです。

あ~ いいね。 だから
何も考えてないの すばらしい。

このショーに すべてが今
力が入ってるショー。

そうですね。
とにかく 今年の10月までですね

一応 予定としては
今 入ってるので。

そこまで全力でやりつつ

今後のことも考えつつ
っていう感じですかね。

こうして引退しても

たくさんの方が
見にきてくださって。

また 自分一人だけではなくて
いいチームに恵まれて

ホントに すばらしいスタッフの方にも
恵まれて。

そういった意味では
すごい 私は

運がいいというんですかね。
そういうのは すごく感じます。

更に パワーアップできたらいいなとは
思ってます。

もうね パワーアップって最高。

だから ホントの真央さんが
見られるのは このショー。

やっぱり
順位のある競技っていうのはね

それはね 真央ちゃんの
ちょっと悲しい顔もあったしさ

悔しい顔もあったけど。

このショーのね 笑顔は
なんとも すてきだよ。

そういうことがないショー。
(笑い声)

それがね お客さんの前
前の席 座ってごらん。

真央ちゃん 飛んできてね
ニコッて笑うの。 ねぇ。

来年も この番組やってくんない?
(笑い声)

「あれから どうしました?」
っていうの聞きたいもんね。

来年だったら また…
なんか違う

「これ やりたいです」っていうのが
見えてるかもしれない。

実は ショーの終了後 こんなシーンが。

体が ほてってきたよ。
え~。

おかしいな
みんな 真央ちゃんに見えるの。

うれしい。

ちょうどいいときに終わってね。

すいません 後ろ お願いします。
はい こちらのみんなで…。

真央さんの第二の人生は
始まったばかり。

お値段以上 ニトリ。

あら 大きい。 大きな…。

お客さんの気分で入っていこう。

いいね なんか
いらっしゃいませって。

いらっしゃいませって。

すごい。

あれ… なるほどね。

随分 これ広いのね~。

これも なんか
こだわり あるんだろうね。

この広さがさ。

あれ?

これも なんか
こだわり あるんだろうね。

なんか 家具だけじゃないのよ
うちの会社はって言ってるようで。

へ~。

ホントすてき。

お待たせ。 ニトリさんに来た!

これ! これでしょ?

ニトリさん これも売ってるの?
あれ~。

これ何階まであるの? ここ。

店舗は2階しかないの?
こんな大きなビルに?

あと 会社が入ってるの?

ホームファッションと家具を取り扱う ニトリ。

現在 国内に 533店舗。

更に 海を越えて
アメリカ 中国 台湾にも進出。

お値段以上の品質と
バラエティー豊かな品ぞろえが

国内外で人気を呼んでいます。

あ~ どうも こんにちは。

会長さんでいらっしゃいますか?
はい 似鳥です。

どうもはじめまして。
どうもよろしくお願いします。

ちょっと
お邪魔させていただけますか。

いや~ 僕 大ファンなんですよ。

会えてよかった。

こんな すてきな お言葉
いただいて幸せです。

ありがとうございます。
光栄です 今日 会えて。

今日はね いろいろ
お話 聞きたいなと思って。

私で よければ。

いつもは
いらっしゃらないんでしょ?

いつもは
この上の本部におります。

そんなに
年とってるわけではないんでしょ。

だけど 75ですから もう。

欽ちゃんと
あんまり変わらないです。

私と同じ時代を… そうですね。

じゃあ 戦後 食事も大して…。

大したもん食べてないですよね。
食べてない…。

あれがまたね なんか
やらなきゃいけないって

気持ちにさせるんですよね。

あ~ 余計! 余計 食べられない。
食べられないです。

あら~ それで帰ってきて。

会長が生まれたのは
かつて 樺太と呼ばれたサハリン。

ソ連軍が
日ソ中立条約を破棄し侵攻。

会長は3歳のととき サハリンから

家族と
命からがら札幌へ引き揚げ…。

少年時代は勉強ができず

内気な性格は
いじめられる対象に。

しかし そんな少年が
人生で気付いたこととは…。

本に 「運は創るもの」。
あ~ そうそうそう。

私ね 運の話 好きなんですよ。

自分はね 人生は運だっていう。

特に芸能界の中でね

特に運っていうのにね
うるさいんですよ。

大好きです。

欽ちゃんは芸能で
日本国民の人を笑わせるという

人のため 世のためにね
幸せにするという心が

ありますよね。
僕は衣食住のメーカーのね

住関連を安く
品質いいものをコーディネートして

提供したいっていうね そういう
思想が大事だと思うんですよ。

運っていうのは なんか…
運って 得するわけだから

業界は違っても
喜ばせるっていうのは

一緒だと思うんですよ。
それに対して

積極的にいけば
運がやってくると。

それとね 私ね
一番ビックリしたのが

家具っていう話で
私 来てるのに

いきなり 入ったらね 鍋があった。

このこだわりはね
言ってみればね

「紅白」の一番最初に
誰が歌うかと同じように

あそこに何を置くかっていうのは
かなり重要なんじゃないですか?

普通ね 鍋は置いてないですから
どっちかっていうと…。

その ないなと思う… これから
こういうの どうですか

っていうのが玄関先にあって。

未来? これから?

ニトリにあるものは
もう奥でもいいんですよ。

「紅白」じゃないけど
トップにいこうっていうのは

あそこに置いてあるという。
今 家具ね

37%しか置いてないんですよ。
売り上げが全体の37。

3分の1なんですよ。

あと3分の2は
下のものになってきちゃう。

じゃあ もしかすると
あと10年後には

ニトリは玄関に何が置いてあるか
わかりませんよ。

それは楽しみとして
年に一度は のぞいてください。

意外にも現在
家具の売り上げは全体の37%。

しかし 会長はまだまだ
家具には思い入れがあるようで…。

これね 私が6年前に
ベッドを自社開発したんですよ。

今回 発明したのが
この1ミリなんですよ。

あっ これ?
これ こんなの。

あっ… 全然 やわらかさが違う。

こっち 太いんですね。

欽ちゃん どっか…。
座ってもいいんですか?

あら! アハハ! なるほど なるほど。
寝ていただいて…。

おもしろい。
あなたが潜りますかって

これ 潜り方が…。
もうちょっと いやね…。

最近ね… 最近
こんな乱暴な人 見たことない。

なんか うれしいね。

あっ こういう…。

ホントに人間の体に合わせて。

で ちょっと

会長 何やってるんですか!?

今回は お互い
どんな人生を歩んだのか

わかりやすく
それぞれの年表を用意。

同じ時代を
生きた2人は

人生の転機が不思議と
リンクしていました。

ビジネスとエンターテインメントで
天下を取った2人は

どのようにして
運をつかみ取ったのでしょうか?

さっき 札幌に引き揚げてきたって
言うけど…。

そうですよね。
そうですね。

僕 頭悪いから だいたい
高校を出るときに全部落ちて

もう中卒で終わる予定だったのが
うちのおふくろが

なんとか入れさせてくれないか
っていうことで

米一俵 持っていったら
裏口から いいよと。

補欠でいいよということで
夜 12時ごろ

誰も気が付かないように
米一俵ね。

それで高校 行ったんですか?

「お~ 君が似鳥くんか」
ってことで

それで 「合格!」ってね。

大学も全部 落ちたんですよね。
落ちるでしょう。

あれ だって コンクリート会社に
お入りになってるんですか?

22歳のとき。
入ったんですよ 1回。

うちの父親が
コンクリートの会社やりまして。

だとしたら だって
コンクリート会社にいたのに家具って

つながってないんじゃないですか。
ここは うちの親父の会社が

倒産しまして。
あれ! おめでとうございます。

ありがとうございます。

不思議だな~。

うちの親父も倒産して。
おめでとうございます。

それで 行くとこなくて
芸能界へ ちょっと

一発勝負で
いっちゃったもんですから。

いや 今となったら感謝ですよ。

そうですね。
それ お父さんが成功してれば

今頃…。
ちっちゃいとき お店が

7つあったんで
「お前 店をやるんだぞ」って

「はい かしこまりました」って
言ってたんです。

そしたら 現在ね
ひょっとしたら ヨドバシカメラみたく

大きくなったかもわかりませんよ。
欽ちゃんがやったら。

お父さんはダメだったけど
欽ちゃんがやって だ~っと。

いや~ 親父のね
失敗だとか不幸はね

そうじゃなくて 僕に
運を置いていってくれたんだって。

ですから 親父が使ってない
運があるから

これは頑張ったほうがいいな
と思って。

で コンクリートの会社にいたから

家具の話は
全然ないわけですよね。

なぜ家具だったのか。

僕 ちょっと サラリーマンも
やったんです 広告会社の。

この終わったあと。
営業マンやったけど

一件も取れなくて
クビになったりとか。

えっ? 一件も…。
ホントに おめでとうございます。

やっぱり
才能がないっていうのはね。

断られるとか
お前は才能ないんだって

言われることは
実は新しい才能に出会うという。

そうなんです。
それは いいことで

ホントに いいときに
クビになりまして

おめでとうございます。
今度 また土木の会社に

入ったんです。

水道本管工事。
はい それは?

それは飯場… 責任者になって
7~8人の部下ができたんです。

これは よし出世するぞと思ったら
飯場が丸焼けになって

それで解散と。 火事になって。

まぁ… もう死にたいなと
友達に言ったら

お前 死ぬのは まだ早いと。

死にたいな… 根性がない!

ハハハ! なかったんですよ。

こんなに2つ失敗したら
死にたいな。

もう 生きていくすべがないと。

じゃあ 商売があるぞと
言われたんですよ 友達に。

あっ 商売かと。

で お金がないと ゼロだから。
それは親きょうだいに

借りたら
いいでしょってことでね。

そして じゃあ 商売
何やるんだっていって

食べ物屋さん
みんな ありますよね。

もう 金物屋さん
洋品屋ある 薬屋ある。

ないのは 一つだけが
家具屋だったんです。

自分の北海道では…。
北海道 札幌の…。

ホントに なんにもないとこに

お住みになって
おめでとうございます。

歯ぐきから血 出して
ドラキュラみたくなっちゃってね。

そして じゃあ
商売 何やるんだって言って

食べ物屋さん
みんなありますよね。 衣食住。

もう金物屋さんある
洋品屋ある 薬屋ある。

ないのは 一つだけが
家具屋だったんですよ。

自分の その北海道で?
北海道 札幌の…。

ホントに なんにもないところに
お住みになって

おめでとうございます。

そこで家具がなかったから

ない家具屋さんを出せば
食べていけるかなと。

なるほど。
だから どこに住むって

東京に住むが
幸せなんじゃなくて

なんにもないとこにいたもんで
気付いたのが家具という。

もう一つですね
聞きたいのはですね

こんなに とんとん とんとん
いくっていうのはですね。

例えば 人から…
「商売が いいよ」ったら

「うん わかった」っつって
家具って決断するね

その神経が ちょっと
人と違うんじゃないですか?

短絡的でね 簡単に…。

おもしろそうだ
やってみようかとかね。

そんな深く考えずに。
人の言葉も大事にするとか。

家具屋さん もう始めちゃう?
お金は?

ないですけど。
どうしたんですか?

親きょうだい親戚から
100万円 借りました。

集まって1号店。
それは順調にいきました?

いかなかったですね。
いかないですよね。

なんか いきそうじゃないんだもん
だって

田舎のほうで家具屋さんやっても。

会長が23歳のとき
ニトリ1号店をオープン。

毎月60万が黒字なんですよ。
月60万円 売れば。

それが40万円しか
売れないんですね。

ですから赤字なんですね。

赤字だから食べていけない。
家賃も払っていけない。

さあ ここをどうやって
乗り越えたか。

なんとか生きてたけど
栄養失調になっちゃって。

似鳥が鳥目になっちゃってね
ビタミンCが足りないんですよ。

(笑い声)

お客さん来ても ふらふらして
こう いて。

歯ぐきから血 出して
ドラキュラみたくなっちゃってね。

それにもかかわらずですね
だから その神経が わかんない。

食えねえ食えねえって言ってて
色気だけがね 目だけ違うんだよ。

1号店の隣 妻 百百代と結婚って
これ わかんない。

それでね 従業員 使えないから
1人だから。

それで うちのおふくろが
いい方法があると。

結婚したら使用人で使えるし
料理も炊事洗濯もしてくれるし

夜も好きだろったから
はいって言ったんですよね。

前 おふくろが
雑貨屋やってるときに

女性に手 出して怒られたこと
あるもんですからね。

そういうことで早く結婚しろと。

だけど結婚ったって
探さなきゃなんないんですよ。

お前 つきあってる… いるか? と
「いる」と。

連れてったんですけど
だめだった あれは。

なんで?
美人でね スタイルがいいから

これは もう お客さん来たら

お客さんは
ほとんど女性だからね 7割は。

美人のスタイルいいのは

嫉妬されるから
買ってくれないと。

だから そういう女は
だめだって。

つきあってる女と…
断れなくて 僕ね。

それで どうしたんですか?

それ じゃあ
百百代さんじゃないんですか?

違う。 あと じゃあ 親が

見合いしないかい?
っちゅうことで

見合いを父親と母親って

四方八方 手を下してですね
見合いをしたんですよ。

その方が?
いや 違う 違う…。

ちょっと まだ話が…。

1人 見合い 2人 見合いして
みんな断られるんですよ。

3人 4人 5人
6人 7人って断られて。

なぜ断られるかっちゅうと

サラリーマン 比べると休みは少ない
時間は長い 不規則だし

そして 親と一緒と言うと
最低に条件 悪いと。

話 聞くと みんな断られちゃう。

そして うちのおふくろが
今度 8人目を アパートの…。

あるアパートの大家さんが
おふくろと友達だったんですよ。

そこに遊びに行ってるときに
たまたま居間にね

家賃 払いに来たとかいうのが
うちの女房なんですね。

いよいよ 百百代さんですね。

腰が軽いし 電話は
ぱっと取ったりね 明るいしね。

早いと 愛きょうがあるとか。

それで8回目の見合いを
連れてきて

見合いはしたんですけど
見合いして

つきあってるのを見るうちにね

しかたなしに
見合いしたんだから

だから これで義理を
果たしたからねって言われてね。

あ~ そうかいということで
いったん 別れたんですけど。

その数日すると
また来たんですよ。

結婚しても いいことになったと。

たしか お互い断られたのに
どうして来たのかなったら

いや 結婚してもいいっちゅう…。
おかしいなと。

「じゃあ 1日 待って」ったら
だめだと。

あしたの朝まで返事するっちゅう
話だったんですよ。

だめだっつったら
どうすんのったら

お金 返してもらってくれと。

親子の契りは
なくなるという話でね。

出ていってくれ
ということなんですよね。

さんざん脅かされるでしょ?
私も。

親子の縁切ると
これで結婚しないと。

よそ行ったら
もう食べていけないから

しょうがないなっていうことで
朝起きたら わかりましたって。

それで結婚することに
なったんですよ それで。 8回目。

となると
その奥さんで ずいぶん

時代は どんどん
変わってくるじゃないですか。

ということは その奥さんが
かなり運をたくさん持ってきた…。

そうそう… 私 接客ね
対人恐怖症なんですよ。

その人が よく商売やりましたね。

お客さんが 「あっ すいません」と
真っ赤になって。

そうそう 汗が出てきて
動悸が激しくなってね。

顔は青くなったりして
言葉が出てこないんですよ。

緊張症なんですよね。

いいな~ 俺 大好きなのは
まったく向かない人が

その仕事してるってのが
たまんないね!

うちの家内 来てから人気が出てね
売り上げが倍になったんですよ。

80万 売れるようになって。
お母さんの言葉は鋭いね。

やっぱり人 見る目があるね
うちの おふくろは。

愛きょうがあってね
人の話も聞くし

接客も うまいから どんどん
お得意さんが増えたんですね。

今 会社の中に
入ってないんですか?

10年間やって そこで辞めました。

だとしたら もう
僕からすると あちらが会長で。

会長 社長でね。

すいません うちの家内。

このニトリの会社を
お作りになった…。

いや これは作りました!

奥さんには わりとなんか
偉そうなこと言ったことない?

会長は なんか
言いそうじゃないですね。

おい 飯だ! なんて
言わないでしょ。

すいません
ごはん お願いしますって。

あ~ おいしかったってね。
またお願いしますとかね。

(笑い声)

とりあえず褒めてあげないと
気分よく仕事してくんないから。

そうですよね。
そうしたら だって

「もう店 行くの やだわ」って
言われたら大変ですからね。

結局 うちの家内が売って
私が お客さん行ったら

お前は だめだからって
奥さん出せって言われてね。

やる仕事がない。
だから 配達と商品の仕入れです。

商品の仕入れ行ってるうちに
だんだん おもしろくなってきた。

何が売れて何が売れないか
それは なぜなのかってことがね。

奥さんのおかげで自分の
得意なほうへ回ったという。

商品の。 接客いらないから。

もう いいコンビの
相棒が見つかった。

そのころに コント55号でね
相棒が見つかってるんですよ。

相棒ですよね!
相方 相方。

私はね
たいしたことないんだけどね。

やっぱり
坂上二郎さんって人がね

向こうから
やって来たんですけれどね。

あ~ やっぱり相棒 大事ですね。
僕にとっちゃ女房の。

その人がね
これは やっぱり

自分の力でなるんじゃなくて
誰かに。

ありがたい話が出てきて。

その次に
もう 「卸センター」になってますよ。

これは1店舗で30坪 小さいけど
安いっていうイメージ お客さんにね。

「卸」って。 「センター」ったら大きい。

見たら30坪 小さいから。
北支店って付けたんです。

本店は どこですか? って
お客さんに言われたら

1時間半ぐらい離れてる
南の端ですったら

お客さん いや もう結構ですと。

じゃあ もう
ここで買うしかないから。

じゃあ カタログありますからってね
カタログ見せたりとか。

商売としては別に
卸もやってるわけじゃなくて

センターっていうほど
まだ他に本店があるように。

なんにもないけれど。

うそついて 看板をね
大きく見せたってことですね。

わからない人ですね だって
お客さんの前のが だめな人が

こんな ずうずうしいこと
考えるんですよ。

店 ちっさいのに 「卸センター」。

調子に乗った会長は
ちょっと いやらしいCMも制作。

それが こちら。

俺のうち スイートホーム
うちの家具 似鳥の家具。

俺 男前のゴリラ。

俺の かみさん
もちろん美人のゴリラ。

すること人間と同じ。

夢の世界を演出する家具の似鳥。

そこで ニトリって突然 社名を。
なんでニトリが出てくる?

漢字のニトリだったら そのね

焼き鳥屋と間違えて
来るんですよ お客さんが。

でしょうね。

あ~ ひらがなだったら
特に 「にとり」っていうと

焼けてる? って
入ってきちゃうね。

それで?
それで このカタカナにしたんですよ。

その前に ひらがなの
「にとり」にしたんですけど

どうも すっきりしない。
やっぱり これからは カタカナだと。

カタカナが出世する
名前っちゅうことでカタカナにした。

あの緑が徹底してるんですけど
なんか理由があるんですか?

緑?
色が必ず緑だから。

緑に似てるからね 読み方が。
緑に似てるから?

いいな~ あのね 発想がね
ギャグが入ってんだよ。

なんで緑なの?
「ニトリ」似てるじゃないっていう。

優れた話の中にね
ばかばかしい話が

これだけ挟まってる
っていうところが…。

お店を預けて
外で出られたことが

こんなに どんどん…
広げてったっていう。

もうちょっと最後に運ですね。
運ですね。

明るいっちゅうことですよね。
明るい哲学って。

それは つらいときにも…。
どういうときでも。

明るい哲学って
ものの考え方ですよね。

ありとあらゆる
失敗しても何してでも

きっと これを乗り切ればね。

こういう未来が
いいことがあるんだとかね。

そういうふう
明るく考えるっちゅう。

悪く ついてないったら

あ~ もうだめだっていうのは
やっぱり だめなんですよね。

運がない 運がつかない。

だけど
きっといいことがあるぞと

前向きに
進んでいればということが

大事だと思うんですよ。
明るい考え。

あとは また運で…。
まだありますよ 運の話は。

すぐやる 今やる
できるまでやるってね。

いい…! ちょっと待って
すぐやる 今やる できるまでやる。

いい言葉ですね。
なんでも すぐやるんです。

もう どうかな~と思っててもね
もうやっちゃうと。

やって だめだったら
やり直せばいいっちゅうね。

最後にですね
会長は どう思ってるんですか?

これからの未来のニトリ。

そういう… 60からは

あと文化財団ですね 始めまして。
ずいぶん いろんなとこ…。

やっぱり北海道は
農業と観光しかないから

美術館を作りまして小樽に。

古い100年ぐらい前の
三井銀行とか北海道銀行とか

小樽の運河の前にね 作りまして。

3年なんですよ 今30万人 入って。

おもしろい人生になってますね。
仕事が うまくいくと。

お返しすんだね なるほど。
お返しするんです。 お返し。

俺 いけねえ
お返し 全然してないや。

全部 貯金にしちゃってるわ。
吐き出さないと。

ニトリさんってね
すごくね

思い出があんですよ。

今から20ちょっと
手前ぐらいかな…。

私 株やるわけじゃないのに
あるときですね

欽ちゃんね
これからね すごくね 家具をね

ヨーロッパから買ってきて
それを安く売るって

どんどん どんどん
成長してる会社があんの。

それ今 お持ちになったほうが
いいですって

私 株もやらないのに
そんなこと言うのよ。

どんどん輸入して売って
売れた時期がありました。

そのとき 僕ね
4, 000ぐらいかなんかで

買ったんですよ。

それでね もうかったんだから
おりなさいっていって

慌てて売ったんですけど。

4, 000円がね 4万 40万とかね
100倍以上になってるんですよ。

でしょ?
じゃあ あの株屋さんが

早く売りなさいって言ったのは
あれは うそだったんだね。

今 持ってたら
何十億になってますよ。

残念! 運がないですね。
(笑い声)

それじゃ 失礼します。

買い物しないで帰っちゃった。
忙しいんでしょ。

川口といいますと

お~!

「パーパラパッパッパッパッパー」って。

たしか あのとき
坂井さんっていう方かな。

こう 持ってね こう。

聖火台ですよ。
鋳物工場の代表作。

日本を代表する鋳物の街。

かつて市内には
多くの煙突が見えました。

それが キューポラと呼ばれる溶解炉。

車の部品や鍋に至るまで

多くの鋳物製品が
工場で造られました。

昭和22年 川口市内には

700を超える
鋳物工場がありました。

つまり たくさんの社長がいた
街だったんです。

川口を舞台にした映画
『キューポラのある街』は

吉永小百合さん主演で大ヒット。

日活映画で
「キューポラ」やってたんですよ。

隣が東映だったんですよ。

どっち見ようかなっていうんでね
未来のことも考えてね

「キューポラ」見てないんですよ。

後にね…
あ~ 見ときゃよかったね 俺も。

吉永小百合さん
ずっと好きだからね。

現在 市内にある鋳物工場は
60軒ほどになりましたが

かつての面影はまだ残っています。

わかりやすいな ベーゴマって
旗が出てるんだ もう。

わかりやすいよね。

静かだけど大丈夫?

大丈夫ですよ もうベーゴマっつったら
去った産業かと思ったら

自動車 持ってますよ。

全然 頑張ってらっしゃるんじゃ
ないですか。

あっ ベーゴマ… こんにちは。

あっ いらっしゃる。
こんにちは。

あ~ どうも。
あっ 萩本欽一さんだ。

萩本欽一さんが。
萩本欽一さん。

どうも どうも はじめまして。

社長さんですか? あ~ どうも。

ベーゴマ作ってらっしゃる?
はい 私。

いや 意外とね
もうベーゴマは ちょっと

去った産業じゃないかと
思ってるから。

ずいぶん いろんなベーゴマの
これは展示してあるけれど。

そこにあるのが…。

昔と変わってないよ。
あっ これが昔の?

これ… 古い箱に入れてあるのは
昭和のベーゴマ。

俺 昭和だよ。
俺やったんだ これ。

これ 今 いくらするの?
今 お店ですと

うちらは
そんな出してないですよ。

お店行くと だんだん だんだん…。
あ~ なるほど。

ちょっと 何? これ 金の これ。

子どもに この金ってのは。

いや これは もう今の

やっぱり 玄関に飾ったり
お正月に飾ったり。

これ 24金のメッキを
かけてありますから。

メッキじゃなくて ホントに
24金にしたらいいんじゃない?

結構 大人がね
これ1個 5万円ぐらいでね。

なんか いいんじゃないの。

取りっこ してんのよ。

でも この工場だったら…。
100人くらいの工場かと思った。

いやいや…。
工場の割には。

どんどん いなくなって3人?
それもあるんですけど…。

ですから こちらには…。
なるほど。

全然… 社長
全然若いじゃないですか 社員が。

いや そうでもないです。
息子さんじゃないの?

いやいや… 違うんです。

偉いですよ。 この若さで
よく社長についていきましたね。

(笑い声)

お恥ずかしいです。
「恥ずかしい」じゃなくて…。

よく この怪しげな…。
いや 怪しげって…。

社長さんに。

「辞めたい」っていうのは
言ったことないの?

う~ん まぁ…。

こういうところがね やっぱり
川口心っていうの?

やっぱり なんかね
その町のね 気質っていうかね。

昔の人はね…。

もっとも この社長ね

ほっておけないね。

俺 なんか
そう思ったんだと思うよ。

辞めようと思ったことは?
いやいや…。

一回も?

彼は 私がスカウトしまして。

実は…。

かなり有名なベーゴマ小僧上がりで。

ズバッといえば ベーゴマ名人?
そうですね。

ベーゴマ名人 スカウトした。

ベーゴマね 今も作ってる人って
何軒ぐらい あんの?

お父さん… お父さんだけ?
はい。

守ってあげようよ。

日本に唯一のベーゴマ製造会社
日三鋳造所は

社長の祖母 俊さんが
立ち上げました。

かつては大きな工場を所有。

最大80人の従業員が働いていて

大きな機械や車の部品などを
作っていました。

現在 ベーゴマ製造は
市内の工業地域にある

キューポラを持つ工場に委託。

最初の工程は砂型作り。

この日は 往年の野球選手の
名前が書かれた

ベーゴマを作っていました。

この砂型にキューポラで溶かした

およそ1, 500度の鉄を
流し込みます。

20分ほど鉄を冷やしたら完成。

型に流し込んで作るため

出来上がったばかりのベーゴマは
つながったまま。

これを切り分け

最後は
社長の会社で

機械を使って ピッカピカに磨けば完成。

こちらなんですけど。
こぢんまりしてますけど。

こちらから…
古い順番に。

この辺は
ご存じだと思うんですけど。

野球の選手の名前が入ってて。
また こっちは かわいくなって。

月光仮面とかね。
そういうのもあるんですね。

ベーゴマ楽しんでくれる方が

結構 全国に
たくさんいらっしゃるんですよ。

こんなに お手紙きて。
いっぱい いろんな手紙がきて。

この人たちが このお父さんの

ベーゴマをやめようっていうのを
止めた人たち。

「さいたま県川口市ベーゴマ工場」で
届いちゃう。

住所なんかないんです。

お手紙ありがとう。

お父さんが やめようかな
っていうときに

きました お手紙が。

これ読んで 「やめようかな」が

「やっぱり やろう」って
決断した お手紙ですよ。

ベーゴマ少年だった辻井社長は

大学卒業後 この会社に就職。

鋳物職人として
ベーゴマを作っていました。

しかし 20年前
職人たちの高齢化と

鋳物産業衰退に伴い 会社は閉鎖。

すると 社長のもとへ

全国から
励ましの手紙が届きました。

そのとき 先代の私の叔父が
社長だったんですけど。

「あとは お前に任すから
お前が判断しろ」って

言われたんですよ。 辞めたとき。

20年前に
一時 工場を閉めたときに

ホントに ベーゴマも何も
全部 足を洗おうということで。

なんていうんでしょう。
人の運命っていうのかな。

自分って なんなんだろうって
思ったときに

なんだ

なんなんでしょうね…。
いいね お父さん。

じゃあ 今年は… 今年は だから

世界大会 なんかやろうという
計画はあるんですか?

夢として。
夢っていうのは そうなの。

社長 今年は ね。
頑張ります。

大きく羽ばたきましょう。

思い出しながら。

いや 私も やりますよ。

「チッチのチ」 いいな 懐かしいな。

昔も 「チッチのチ」だったんだよ。

チッチのチ。

あっ ケツから きたよ。
やばいね これは…。

あ~! 危ない 危ない 危ない…。

やっぱり相手の弱点を突いて
狙うんですよね。

リキありって ほら…。
長く回ってるほうが。

普通は ガチンコで飛び出すか

裏返しになるかで
勝負 決めるんですけど。

なくなると
また買ってもらわなきゃさ。

「母さんさ…」って。
大変ですね。

「母さんさ…」って言うとさ
「なんだい」って言われるから

「母さんさ…」。
「負けたんだね お前」。

「うん…」ってさ。

川口といったらね キューポラ。

あれ 煙突があるよ。

こんにちは。

ここかな?

火 使って。
うっかり入れない。

(スタッフ)向こうから回りましょう。

ちょっと 火 使ってるからさ。

こんにちは。

こんにちは。

こんにちは。
こんにちは。 あれ…。

こんにちは。

うれしいな。

顔見て わかってくれると。

みんな 働いてるから。

年季の入った社員だよ。

そんなことないよ。

社長さんに話を聞こうと思ったの。

社長さん?
あ~ あそこにいる方?

社長さん!? あれ~!

ちょっと 化粧が…。
汚れた格好してるもんですけども。

化粧してないんで… ノーメークなんで
恥ずかしいんですけど。

これでね 化粧しちゃうと
働いてる人が がっかりする。

まだ今日は きれいなほうですよ。

これ 今 何 作ってるの? これ。

これを出荷しなくちゃ
いけないしね。

こういう地味な仕事だね。
はい。

隣にいる方も社員の方?

私…。

あっ 旦那?
私のほうが偉いんです。

これが社長です。

社長さんで 社長の旦那。
あ~ なるほど。

急に残されて

さぁ どうしたらいいのかな
みたいな感じなんです。

もうずっと
全然 元気で働いてたんです。

娘が真っ黒になって働いてらぁ
なんてね。

こんなの残されて
ホントは困ってるんです。

何を言って… こういうね

これを普通に お父さんが
やったってね 来ないよ。

そうですか。 でも…。

来ない 来ない。 92じゃ来ない。

女性なのに やっぱり
そうやって 頑張ってさ

社長さんをやって
真っ黒になって働いてるって。

でっかい仕事場だね。

でっかい。
こんなに たくさんの仕事。

このぐらい急がしく…。

社長がさ
一番 腕のいい職人さんだって。

いや もう 働く手だよ。

こういう人が
難しい仕事を支えてるんだよね。

これが… ものになるわけ?

そうですね。 これとか

他の銀砂とか いろんなの交ぜて。

女性社長が仕切るのが

社長の純美さんは3年前に

お父さんから
この工場を継ぎました。

さっき 煙突が見えた…。

ちょっと見せてね。
これが煙突の…。

すごいな。

もう これ何十年ぐらい
使ってるの?

50年前に作って…。

流れてくるんだ。
うわ~! すごいね。

こちらでは 月に5回ほど

キューポラから溶けた鉄を
型に流し込んでいます。

純美社長も
職人たちとともに現場で作業。

キューポラを使って
送風機のモーターのカバーや

測定器の部品などを使っています。

いや~ もう
仕事の姿 見ててもね

「大変だな」しかさ
出てこないもんね。

すごいな~。

純美社長のお母さんにも ご挨拶。

うわっ! 妹 働いてるよ!

あっ 全然 姉ちゃんより
きれいな格好してるよ。

そうそう きれいな仕事してる
妹さんです。

もう だから 妹も
お父さんとしては…。

正月 どうしましょう
って感じでした。

一番の親孝行だよ。
なんにも言わずに 娘がだよ。

あっ お母さん。
わかるかな?

お母さん いる! あ~ら!

あら~ 90…。

どうも はじめまして。

萩本でございます。

いや~ いい娘さん。

娘さん いい子だね。

今 こうやって
お父さんの後を継いで。

文句ないじゃない。
それを作ったのは私です。

だって こんな美人の娘だから
二枚目でしょ?

あっちにある?
じゃあ あとで写真…。

どれどれどれ お父さん。

お父さん… あ~!

なんか お札っていうよりもね
五百円銀貨っていう

そういう顔してない?
なんか メリハリが はっきりして。

そうなんです。 ええ。

えっ!
税務署勤めをしてて

それで もう それよりも…。

税務署を。
ええ これじゃだめだって。

鋳物屋さんへ行って
教わったんじゃないんです。

そして 29歳のとき

2人の子宝に恵まれた後

44歳のときに
この工場を立ち上げました。

お父さんって
優しい言葉を言う人?

言わないです。

亡くなる ちょっと前に
「悪かったね」なんて

90になったら言うでしょ。

言わないです。
うちのお父ちゃんは。

笑うことは あんまりないし

うちのお父ちゃんは…。

あぁ そう そりゃそうだよ。

お父さん 90になって
まだ働いてたんでしょ?

働いてました。

だから お父さん 亡くなってから
わかんないことだらけで

いや 聞いてなかったよ みたいな。

だから 見て覚えろだったので。

これは男の仕事でも大変なのに。

すてきだね。
もう拍手したいね。

こういう頑張り屋で。

こういう仕事してるとさ
なんか 運があったとかさ

私にも こんな運があった。

ない? お母さん ない?

お母さんの運。

そうだね…。

ない?

今年も元気で
頑張ってやっていけそう?

あぁ そう? 社長。

一番 頑張る。

私たちは もう どうしよう?
辞める? みたいなんだけど

一人 頑張る 頑張る。

辞めるなんて とんでもないよ。

あ~ それもあるね。
一人 頑張る 頑張る。

今年も なんか 一つ
大きくしようとか思ってる?

社長?
大きく? ないですね。

無事故で年を越せたら
それが一番です。

それと 皆さんから
また 今ある注文が

同じようにきていただく…。

まぁ でも 世の中に
たくさん 同じような

環境にいる方もいるだろうけど

また あしたから頑張ろうかなって
思ってる人もいるでしょう。

このあと 真央さんへ
欽ちゃんから激しいツッコミが。

浅田真央さんの取材中
実は こんなもの撮れてました。

どうして拍手しなかったか。

それはね うまいと褒めるとね…。

男の人のほうが
うまくないよって…。

危ないからさ…。

だめだ みんな 周り…
手 たたいちゃ 男の人は。

はい ありがとうございました。

(一同)ありがとうございました。

皆さんは 今年ど~するの!?

これにて おしまい。


関連記事