前人未答~過酷すぎて誰もやらない挑戦~ 50kg重り装着で1週間生活・都内階段をエベレスト分・腕立て月1万回…


出典:『前人未答~過酷すぎて誰もやらない挑戦~』の番組情報(EPGから引用)


前人未答~過酷すぎて誰もやらない挑戦~[字]


あばれる君50kg重り装着で1週間生活!足は速くなるの?▽バイきんぐ西村が都内階段をエベレスト分登頂!何日かかる?▽腕立て1カ月1万回生活!パンチ力はUPする?


詳細情報

出演者

【進行】

佐野瑞樹(フジテレビアナウンサー) 

【スタジオゲスト】

朝日奈央、伊集院光、澤部佑(ハライチ) 

【ロケゲスト】

あばれる君、井口浩之(ウエストランド)、西村瑞樹(バイきんぐ)、や団


『前人未答~過酷すぎて誰もやらない挑戦~』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

前人未答~過酷すぎて誰もやらない挑戦~ 50kg重り装着で1週間
  1. 西村
  2. 井口
  3. 伊集院
  4. スタッフ
  5. 日目
  6. 澤部
  7. 朝日
  8. kg
  9. 階段
  10. 村山
  11. 大丈夫
  12. エベレスト
  13. 頑張
  14. 今日
  15. 伊藤
  16. 芸人
  17. 今回
  18. 挑戦
  19. 無理
  20. ホント


『前人未答~過酷すぎて誰もやらない挑戦~』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓フジテレビ関連商品

(井口)変なの始まっちゃったよ。

[そんな 過酷過ぎて
誰もやらないことに

芸人が体当たりで挑戦]

[体を張って挑んだ人たちから
新年早々 勇気をもらいましょう]

[50kgの…]

[これまで 4万人以上
陸上の指導をしてきた

荒川さんに聞いてみると]

[挑戦するのは…]

(あばれる君)おはようございます。
おはようございます。

[まだ 何も知らない…]

(スタッフ)はい。

[まずは あばれる君の…]

[そして…]

よ~い。

(伊集院)おじさんの走り方だな。

若手だろ?
若手の走り方じゃないな。

[タイムは…]

(あばれる君)8秒 かかった?

[そこで 装着するというのが…]

いや 無理じゃん あれ
3人掛かりで。

いや 見てくださいよ あれ。

3人で必死じゃん。

いや マジで?

えっ マジで?

えっ!

[総重量50kgの重りを

あばれる君に
1週間 つけてもらう]

いや 無理 無理 無理 無理。

うわっ すごいっすよ これ。

[早速 50kgの重りを体に装着]

(澤部)とんでもない!

[果たして 1週間 50kg生活で
足は速くなるのか?]

(あばれる君)公共機関。

(朝日)きついな これ めっちゃ
心配されるんじゃないですか。

きついな これ。

もう 表情 おかしいもん。

(伊集院)つり革
ぶち切れるんじゃない?

つり革 必要ないでしょ たぶん。
揺れないでしょ もう。

(女性)頑張ってください。

[すると…]

いったん 休みます。

一瞬だけです ホント すいません
マナー 悪くて。

酔っぱらい!

だって あれ スーパーに
置いてある でかい米袋 5個だよ。

[さらに 自宅でも
50kgの悪魔は あばれるを襲う]

(ユカ)おかえり。
(あばれる君)ただいま。

(あばれる君)50kg
鍛えてるから 今。

(あばれる君)足を速くするために
やってるから。

(ユカ)はい。

(ユカ)お水ですね。
(あばれる君)お水… お水だけ。

(朝日)もう 自分じゃ
動けないもんな。

(伊集院)なるべく
地面に たくさん 着けたい。

地面に たくさん 着かないと
点で支えると もう ヤバいから。

(澤部)体を置いときたい 地面に。
(朝日)こうできないですもんね。

[そして…]

えっ 嘘 お風呂も!?

[さらに…]

(伊集院)まだ 1日目だよ
数時間でしょ これ。

これは きつい。

1日目は
いろんなことやってみよう。

1日目は やっぱり
本人 考えるんじゃない?

絵変わりも考えて。

(澤部)入んない 入んない。

[受けてしまった挑戦]

[しかし 仕事という以外でも
あばれるには…]

疲れた。

[足が速い カッコイイパパの姿を
息子に見せたい]

[これをモチベーションに
1週間を乗り切る]

[こうして 怒濤の…]

(スタッフ)おはようございます。
(あばれる君)おはようございます。

(あばれる君)きつ過ぎるかも。

[しかも この日から…]

[その移動中も…]

[すると 5日目
あばれるの体は…]

[そして この後…]

[この日の仕事は…]

[あばれるは
大勢の人の前でネタをする]

♬(音楽)

(あばれる君)
もうちょっと低くて大丈夫です。

♬(音楽)

もうちょっと下げてください。

はい このぐらいで。

♬(音楽)

(あばれる君)どうも~!

今 体に 50kgの重りをつけて
1週間 生活するっていう。

「あ~」って声
聞こえたんですけど…。

これで ネタやれっていうんです。

その取材なんです 今日。

いらっしゃいませ。
ソフトクリームをお一つですね。

かしこまりました。
少々 お待ちください。

(あばれる君)はあ~ はい。

今 はんこ 押せません!

どうもありがとうございました。

(あばれる君)ヤバいよ。

[そして…]

[スタッフと…]

カッコイイ。

こうやって飲めるようになってる。

(伊集院)力 ちょっと
付いてるんじゃない?

[果たして 達成できるのか?]

[そこには
苦しむ あばれるの姿はなかった]

顔を動かすんだ!

人間って すごいな。

[芸人として 父として
様々な思いを巡らせながら…]

母の子宮に戻ってきたような
感覚があります。

生まれ変わってね!

[時は満ちた]

[ついに…]

最高でしょ。
(伊集院)どんな顔するんだろう。

お~! 早く こっちも!

うお~!

あばれるが解放された!

(スタッフ)位置について よ~い。

[達成できるか?]

位置について よ~い。

いけ!

[足は速くなる? ならない?]

(伊集院)答え 出た 答え。

(スタッフ)よ~い。
(スターターピストルの音)

いけ!

いや でも… どうだ?

いけ! あばれる!

(伊集院)どうだ?

(あばれる君)やった やったぞ!

(スタッフ)8秒…。

78。

嘘でしょ?

[初日より…]

[挑戦前と比較すると]

遅っ。

(伊集院)明らかに遅いね。

スタートから 確かに。
(伊集院)明らかに遅い。

疲れてんのかな。

[結果は…]

[いったい…]

(スタッフ)179.2。

縮んでんじゃん!

縮んでんじゃねえかよ!

1cm 縮んでんじゃねえかよ!

[専門家によると 重りの…]

[ということで…]

結局 だから お父さん…。

途中から 急に。

(朝日)初めて あばれるさんのこと
カッコイイと思えたかもしれない。

それよりも 俺は…。

ビニール袋 持って
倒れてましたから。

(佐野)あばれる君はですね
この企画を…。

その答えも出たんですね。

[…に聞くと]

(清水)上がるのは 必ず…。

[そんな…]

[おチビで弱そうな…]

[早速 今回の…]

いや できない そんな…。

(スタッフ)やってないですか?
(井口)やってないでしょ。

みんな やってないでしょ 基本。

[こうして 井口の
前人未答の挑戦が始まった]

[まずは…]

[ゲームセンターへ]

[そんな 井口には 今回…]

[それは…]
(井口)失礼します。

[明らかに危険そうな風貌だが
この男の名は?]

何ですか?

[名前は ともかく その…]

[ビーストメソッドをまとめた
書籍や YouTubeが

業界で話題となり

あの筋肉キャラで
ブレークした…]

(村山)今回 最も一般的な
やり方なんですけども

肩幅よりも ちょっとですね

手のひら 1個分ぐらいずつ
外側にしましょうか。

そこから
しっかりと おなかの面も。

[そうすると
上腕三頭筋や大胸筋に

正しく 負荷がかかり…]

で この状態から
水平に押すように スー。

もうちょい。
そうです そこから上げる。

きついですか?
(井口)はい。

[しかも 1カ月 1万回
腕立て伏せをするには

1日 平均 333回
こなさなければならない]

[しかし…]

(井口)あ~… きつい。

(澤部)汚え涙。

図としては
カツアゲの図だよね これ。

お疲れっした 行きましょう。

私は やっぱ こうね…。

っていうふうに
ずっと言ってるんですよ。

でも 何か
やる気ないしみたいな

任せてればいいでしょみたいな

そういう人に対しては
まあ ホント お断り。

(村山)素晴らしい!

腕が痛え。

(伊集院)2日目の方が
きついよな。

8・9・10。

痛い 痛い 痛い ホントに痛い。

[しかし 日を追うごとに
回数を増加させていく]

[そして
5日目にして目標の…]

初めて 333回までやりました。

[5日目までの合計 1, 330回]

[平均ノルマより
335回のマイナス]

(村山)OK。
(井口)うわ~。

(井口)あ~ そういうのか。

そうか 「きつい」って言うと
よくないですね。

(村山)やっぱり
体が きついと思っちゃうんで。

[そして この日の記録は]

(村山)よし OK。

今日ですね 160までです。

[何と 筋肉量の少ない…]

(村山)もしもし。
(井口)お疲れさまです。

(村山)おつかれさまです。

昨日から痛くなって。

[すると…]

[無念の…]

[そして…]

めちゃくちゃ復活してる。

[休養が効いたのか

この日は 210回と
復活の兆しを見せ…]

[そこから 何と…]

(井口)腕が もう かなり
太くなってはきましたね。

ちょっと
自分のものではないような

ええ 感じです。

[ここまで…]

[この日は いつものごとく…]

[すると そこには]

(原島)本日
よろしくお願いします。

[この日 指導していただくのは

美人トレーナーとして
注目を浴びる…]

ちょっと~。

[すると…]

何回ぐらい いけそうですか?

(原島)もっと 胸を グッと。

で おうちに もし
鏡があるようでしたら

このフォームを見ながら

やっていただくといいですね。

[その後も…]

[すると
この日の記録は 何と…]

[初めて 平均ノルマがプラスに]

ちょっと 今日は50回で。

ちょっと 今日は もう 50回で。

[またしても…]

ということになっちゃいましたね。

[しかし 残すは6日]

[1万回まで あと2, 520回

やらなければならない]

[そこで…]

[スタッフは…]

[すると…]

やめちゃう可能性もあるんで。

そうしたら。

(井口)ありがとうございます。

[残すは3日 ここからは

過去最高を超える…]

[目標を持った男は強い]

[ただ ひたすら
目標達成に向かって突き進む]

最後 しっかり 伸ばして。

よし OK!
(井口)よっしゃあ!

今日も430やりました
もう ラストスパート。

くすぐったいですか?
(井口)大丈夫です。

430回 今日 やりまして
あと1日です。

頑張れ。

頑張ってください。

(河本)彼は何でもできるんで
やってくれると思います。

ようやく 最終日です。

え~ ここまで 何とか来ました。

(スタッフ)6 5 4 3 2 1…。

(スタッフ)500回!

(スタッフ)1万回です!
(井口)よし!

あ~ やった。 終わった。

(スタッフ)おめでとうございます。
(井口)ありがとうございます。

そうか 最後は これだ。

(小穴)ゆっくりと
歩みを進める井口です。

ご覧ください 自信に満ちあふれた
この表情を。

1カ月前の パンチ力は
数値は78kgでした。

果たして 今回は?
さあ いよいよ 運命の本番です!

いきます。

(朝日)えっ!

[そして…]

いきます。

(井口)ちょっと待ってください。
ちょっと待ってくださいね。

(井口)おかしくないですか?

(伊集院)「逆に」の意味が
よく分からないけど。

いきます。

(佐野)さらに低い!

[いったい…]

あらためて思いました。

[ということで…]

っていうか あれだね。

お蔵とかあったね 平成は。
(澤部)はいはい はいはい。

もう こんな しんどいし
めちゃくちゃ。

そんときに…。

やっぱり 力をつけると人間って。

筋肉が言わしてんの?
(澤部)そうだと思うんすよ。

チャレンジ企画をやってる芸人が
スタッフに対して…。

とんでもないですよね。

[人類の夢 それは

世界最高峰の山 エベレストを
登りきること]

[しかし…]

[ならば 階段を使えさえすれば
短期間で登れるのではないか]

[この挑戦に挑んだのは]

(西村)なめてもらっちゃ困るよ。

[バイきんぐ 西村と
後輩芸人 や団]

[エベレストの標高は 8, 848m]

[これを 階段1段の高さ

23cmに当てはめると…]

[しかし 今回

そこまで忙しくないはずの
西村でも

スケジュールが5日間しか
取れなかったということで]

(一同)お~!

[最初に登るのは…]

よし いこう。
(3人)はい! よっしゃ。

早っ!

(西村)あっ くるね もう。
(本間)結構 くるな。

いやいや いやいや これ くるな。

(本間)いや~ なるほど。
はいはい はいはい。

[ちなみに あくまで
登ることが目標なので…]

よし。

[2時間かけて 目標の10本
合計860段を登りきった]

[さらに
隣にある 123段の階段と

大田区の公園 152段を
それぞれ 10本 制覇]

[しかし]

≪これ 大丈夫かな。

[初日は およそ12時間で
6, 020段 登った]

[エベレストでいうと
まだ6分の1にも満たない地点]

[夜は登山中ということで
帰宅は不可]

[ベースキャンプ地で
一晩を過ごす]

(伊集院)それは
スタッフ 言ってねえだろ。

[そんな中
登山隊の本気度が伝わる

こんなやりとりも]

≪駄目ですか?

[ストイックに
山の頂を目指す男が

そこには いた]

(本間)すごい すごい
横から あ~!

あふれる あふれる
あふれる あふれる。

(西村)開けますよ。
(伊集院)西村 好きだからな。

(澤部)何? うまそう。
(朝日)おいしそう。

めちゃくちゃ うまそうだな。

(本間)ホントのやつなんですけど。

寄り添ってよ。

(澤部)たばこ。
(西村)俺は そう思うよ。

≪なるほど バイきんぐさんは
自分で?

(西村)俺は見つけてないよ。
小峠が見つけたからね。

最低。 うわっ 暗くなって…。

[2日目 最初の階段は…]

(西村)よし いこう。

ああ もう… もう きてるよ。

≪マジすか?
(西村)おう。

[すると]

≪おい 大丈夫か?

≪おい 大丈夫か?

(伊藤)今 足 踏み外して

落下しそうになりましたね。

(伊藤)くじいてはないです。

マジで心配してんのに。

何で?

[そう言いたそうな顔が
そこにはあった]

[その後
階段2カ所 合計25本 登ったが

次の階段で 登山隊に亀裂が]

しり取り リトマス試験紙。

≪キリマンジャロ。

「い」じゃないの?
≪「い」?

(西村)「い」だろ!

変なとこ厳しい。

「い」だ!

「き」だよね。

[その亀裂は埋まることなく
気まずい空気に]

[逆に疲れを増幅させてしまう]

やった 着いた。

ああ…。

[それでも
初日を上回るペースで…]

[これで エベレストを

3分の1以上
登ったことになるが

まだまだ
このペースでも間に合わない]

いや~ 厳しい。

≪足 ヤバいっす。

[疲労困憊の登山隊]

[すると ここで や団が]

えっ どのサイト 見てんの?

(伊藤)このね
サイト見ると分かるんだけど。

あっ 抜かした。
先輩 抜かした。

(西村)何だよ あれ。

いいじゃん それ 乗ってやれって。

[よかれと思って入れてきた
後輩のボケに

いら立ちを見せる隊長]

[そして 次の階段で
現場が最悪な空気に]

[この後…]

お笑いやってんじゃねえよ
お前ら。

[一同を襲う]

(中嶋)こうやって 地道に
いかなきゃいけないときも

あると思うんですよね。

(西村)正攻法しか通じない。

≪(伊藤)隊長。
隊長 ちょっと。

こうして 体重を
向こうに預けるんですよ。

何なん? あいつら。
(中嶋)行きましょう。

どうすか? これ。

(西村)どうすかじゃねえって。

うわ~!

[さらに]

結構 重心 前にいきますよ。

で 腰のストレッチにも
なりますんで。

体力の限界で
このギャグやってんだ。

(西村)何回も言うけど。

ちょっとは やってよ。

なあ。 命懸けて 登ってんだろ。

(伊集院)どうする どうする?

目が怖い。

[続く…]

[隊長のマジ説教が
効いたのか…]

[驚異的なペースで巻き返し

ついに 大台の3万段に
たどりついた]

あ~。

[果たして
あと1日でクリアできるのか]

(西村)これが…。

(西村)40 すげえな。

[121段を 怒濤の40本 制覇し]

(伊藤)ラストアタック
いきましょう!

(西村)いくぞ ラストアタック。
(3人)はい!

[最終ステージは…]

(西村)最短でいこう。
(3人)はい。

こっちは大丈夫ですね。
(西村)おしっ。

ここは 山ですからね。

≪うわっ 風が。

(西村)しっかり 一歩一歩
確かめながら踏んでいけ。

(3人)はい。

あ~。

≪やっぱ長いな。

いや もっとひどいの
見してたじゃん。

(西村)エベレスト
絶対 登頂するぞ!

(3人)お~!

≪おい 大丈夫か?

(澤部)飲んでるじゃん! えっ!?

(伊集院)しかも 2日目だぞ!

(西村)よっしゃ 行くぞ!
(3人)はい!

(朝日)すごい 間に合うんだ。

[そして]

最後 いこう。

(一同)8 7 6 5

4 3 2 1。

よっしゃ~!

やった~!

やったぞ~!

すげえな。
(3人)はい。

俺たち すげえな。

≪すごいっすよ。

[挑戦開始から5日目]

[ついに エベレストと同じ高さ
3万8, 470段 制覇]

[求め続けた最高の景色を
4人で見ることができた]

[ということで…]

いけるものなんですね。
(朝日)いけないと思ってた 正直。

途中 ちょっと
ハラハラしましたけどね。

[この後 西村隊長
衝撃のラストメッセージ]

[ここで 一番 頑張ったと思う
芸人を選出]

一番 頑張った芸人は

や団の3人です。

(佐野)なるほど や団の3人が

一番 頑張った
ということになります。

その理由は何でしょう?

何でしょうね
おそらくね…。


関連記事