カンニング竹山の新しい人生、始めます! 新年に始めたい!セカンドライフSP 元タカラジェンヌが北海道に移住…



出典:『カンニング竹山の新しい人生、始めます!新年に始めたい!セカンドライフSP』の番組情報(EPGから引用)


カンニング竹山の新しい人生、始めます!新年に始めたい!セカンドライフSP[字]


▼元タカラジェンヌが北海道に移住!

▼千葉の絶景!棚田の里、夫婦で夢の田舎暮らし


詳細情報

番組内容

今年で48歳になったカンニング竹山と共に今後の人生を考えてみませんか!?

【新しい人生の先輩①】

元タカラジェンヌ男役が北海道に移住。雲海広がる大自然の中で大人気のペンションオーナーに転身!北の大地でなぜペンション経営を始めたのか?その暮らしぶりを紹介!

番組内容2

【新しい人生の先輩②】

リストラ宣告を受け早期退職した営業マンが、たった2か月で襖張り職人へ転身!

夫婦で仲良く第2の人生イキイキと暮らす秘訣とは…!?

番組内容3

【①人生の先輩に密着】

50歳で棚田の魅力にはまり、郵便局を定年退職後、米作りをしたくて千葉の大山千枚田に移住した増田さん67歳。年に一度の大仕事の稲刈り、果たして今年は?


【②人生の先輩に密着】

普通の主婦が絵本専門店を開業!

番組内容4

【アタマとカラダを元気に!SAMの人生100年ダンス】

TRF・SAMがプロデュース!カンタンにできる人生100年時代を健康に生きるためのダンスを紹介!

今回のテーマは「ひざ」、気軽にできる腰痛予防ダンス!

出演者

【司会】カンニング竹山


【アシスタント】角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)


【ゲスト】森永卓郎、清水国明


【人生100年ダンス】SAM

音楽

【挿入歌】

「歓びのうた」半﨑美子(日本クラウン)

関連情報

www.bs-tvtokyo.co.jp/atarashii/



『カンニング竹山の新しい人生、始めます!新年に始めたい!セカンドライフSP』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

カンニング竹山の新しい人生、始めます! 新年に始めたい!
  1. 人生
  2. 藤原
  3. ペンション
  4. 増田
  5. スタッフ
  6. 移住
  7. 夫婦
  8. お客さん
  9. 絵本
  10. 大貫
  11. クラップ
  12. クロス
  13. 先輩
  14. 北海道
  15. スタート
  16. 今日
  17. 東京
  18. 稲刈
  19. 地元
  20. 米作


『カンニング竹山の新しい人生、始めます!新年に始めたい!セカンドライフSP』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ東京関連商品

「カンニング竹山の」…。
(2人)「新しい人生、 始めます!」。

北海道の東部。

手付かずの自然が残る

コバルトブルーの湖面は

目をみはるほどの美しさ。

そんな屈斜路湖の近くに

およそ9, 000坪という
広大な敷地を誇る

ペンションがあります。

そう 絶賛される
このペンションのオーナーが

今回の新しい人生の先輩。

(スタッフ)こんにちは。
こんにちは ようこそ。

実は 藤原さん

かつて 宝塚歌劇団の
花組に所属。

男役 沙加美怜として
活躍していた

タカラジェンヌだったんです。

(2人)へ~。

それが 今では…。

すみません

予約が殺到する

なぜ 華やかな舞台での
活躍を捨て

北の大地で
ペンションを始めたのでしょうか?

人生ドラマに迫ります。

その後半戦を
豊かに生きるための

ヒントを授けます。

こんばんは カンニング竹山です。

今夜も 人生を豊かにするヒントを
見つけてまいりましょう。

はい 今夜のゲストは
経済アナリストの 森永卓郎さんです。

よろしくお願いします。
どうも また来ちゃいました。

いつも すみません 森永さん
ありがとうございます。

ということで
宝塚の男役から一転。

北海道でペンション経営を
始めた先輩ですよね。

すごいよね もう畑も違うし

場所も全然ね 北海道のあそこと

関西と東京と 全然違いますけど。

なんで ああいうふうな人生に
なったのか知りたいですよね。

宝塚から。
でもね 宝塚のファンって

すごいんですよ。
私 東京宝塚劇場の前

よく通るんですけれども

だから きっとね

あ~ それもあるか。

そうか そのお客さんも
いらっしゃいますね。

ということで 元タカラジェンヌは
北海道で いったい

どんなペンションを経営しているのか
まずは こちらをご覧ください。

藤原さんのペンションがあるのは 道東。

屈斜路湖が広がる

自然豊かで
観光と農業が主産業の町です。

ペンションの名前は 花ふらり。

所属していた
宝塚歌劇団の花組にちなんで

そう名付けました。

ペンションの1階は 食堂。

2階には

そして その宿の売りが…。

風も吹いてて

町のシンボル オプタテシケ山を彩る

四季折々の自然を
テラスから楽しめます。

屈斜路湖を覆い尽くす雲海。

6月から10月の早朝

湖に冷やされた
水蒸気が生み出す

神秘の絶景です。

うわ~ いいな ここ。

そのころ ペンションの厨房に
藤原さんの姿が。

朝食に出すパンは 自家製。

ヨーグルトも 北海道の牛乳で作った
自家製です。

厨房に 母の朋子さんが登場。

実は 藤原さん
ご両親と一緒に

北海道に移住しました。

お母さんは 朝食の
おかず作りを担当。

そして…。

はい できました 焼きたて。

藤原さんの自家製パンが
焼き上がりました。

それをお客さんが待つ食堂へ。

こちらは 大阪から
初めて来たという親子。

今日 天気よくなりましたね
晴れてきましたね。

そうですね 天気悪いとね…。

そう よかったです。

この日の朝食のメニューは

ソーセージと卵料理に コーンスープ。

そして 焼きたての自家製パン。

(スタッフ)そうですよ。

ところで

そして お客さんが
チェックアウトするとき…。

あ~ はい。
じゃあ 外で はい。

はい いきます。

はい チーズ。

はい どうも
ありがとうございます。

いや そうですよね
私も はまった口なので。

住んじゃってますけど。

あ~ そうですか ぜひ
遊びに来てください。

そう それがあれなんですけど。

やっぱり安いから 皆さん。

関西弁でしゃべれるもんね
普通にね。

近年 北海道に乗り入れる
格安航空会社が増えた影響で

宿泊客も増えているそうです。

2006年の

ペンションに来てくれた人たちを
写真に残す。

アルバムは50冊近くに上るそうです。

なんか やっぱり
私の思い出ですよね。

こんときに こういう
お名前の方が来て

こういうお友達と
一緒に来てくれたんやっていう。

こんな感じやったね~ みたいな。

こんにちはって言ってくる?
こんにちはって。

藤原さんには こんな家族も。

すごい でっかいんですけど。

大きなラブラドール・レトリバーが2匹。

移住したからこそ
手に入った暮らしです。

(角谷)かわいい~。

そこに父の光政さんが登場。

今は 庭の草刈りがお仕事。

一番楽よね 車ブーって
運転してるだけやもんな。

そんなお父さんが
手入れする庭に…。

こちらは 藤原さんが撮った写真。

手付かずの自然が残る
この地域は

野生動物の
宝庫なんです。

宿泊客を迎えるための
準備が始まります。

もう映ってるの?

年々 宿泊客が増えているそうで

今年の1月から
アルバイトを雇うようになったそう。

すごいでしょ?

美知子さんの趣味は 家庭菜園。

そこでとれた野菜が…。

これ ヘチマじゃなくて
ズッキーニなんです。

成長 早いんですよ。

他に ナスやピーマン
キュウリなども

美知子さんから
格安で購入し

野菜の仕入れコストを
大幅削減。

あ~ ありがとうございます。

また 時には…。

隣のおじさんと おばさんです。

お世話になってる おばちゃん。

(スタッフ)これ今日
とられたんですか?

とれたてですよ。

甘っ!

砂糖食ってるみたい。
でしょ?

とれたての
甘いトウモロコシで作るのが

コーンスープ。

濃厚な味わいが人気だそうです。

こんにちは。
こんにちは ようこそ。

お疲れさまでした。

東京からやって来た
お客さんが到着。

こちらのご夫婦
藤原さんの愛犬にひかれて

このペンションに泊まることを
決めたそうです。

ゴールデンとラブがちょっと
混ざってますね この子はね。

そうですね。

はい。

最近 宿で夕食を食べない
お客さんが多いため

レストランのように 単品メニューを

10種類ほど用意する
形式にしました。

グラタンで はい。

人気メニューは…。

自家製デミグラスソースで煮込んだ

そのお味は?

ところで

実は 客の多くは 藤原さんが

元タカラジェンヌだとは知りません。

この宿そのものに魅力を感じて
やってくるのです。

おうちじゃなくて。

っていうふうに考えると

では 藤原さんは

そこには

すてきなペンションですね
つくりもいいし 自然もいいし。

宝塚のファンの方が
来られてるんじゃなくて。

でも あの美しい風景と
すばらしい食事やサービスと

いろんなものが重なって
ファンが増えてるんですね。

そうですね あそこに行った人が
リピーターというか。

いいとこあるぞっていう感じで
行ってるんですね。

ただ 夏でも冬でもいいから
今のペンションは 行ってみたいですね。

行ってみたい。
一度ね。

ちょっと普通の旅行番組とか
旅番組見るより

今日 ちょっと
印象が強いっていうか。

うん 人生で1回は
行きたいですよね あそこ。

1回は泊まらなきゃ やばいような
気がしてるんですよ 俺。

もったいないですもんね。
でも 一番気になるのは

結局 元タカラジェンヌの人が
なんであそこで

オーナーになったのか。
はい ということで

宝塚歌劇団の男役の方が

どうしてペンションの
オーナーになったのか?

まずは その人生ドラマを
ご覧ください。

ペンション 花ふらりの食堂に置かれた
1台のピアノ。

それは 藤原さんの歴史を
物語っています。

(ピアノ)

藤原さんは

幼少時代からピアノを学び
プロを目指して

京都市内の音楽専門の高校に進学。

それが 藤原さんの人生を
大きく変えたのです。

ピアニストを夢みて音楽専門の高校に

進学した藤原さん。

しかし 1年生のとき
大きな転機が訪れます。

そして 藤原さんは
宝塚歌劇を初めて鑑賞することに。

それから ちょっと気持ちが
ウーッて変わってきて

一回

藤原さんの

ところが…。

藤原さんは 渋る両親を説得。

18歳のとき
ようやく許しを得ました。

そして…。

たった一回のチャンスをものにし

宝塚音楽学校に入学したのです。

そこがすごいですよね。
受からないよ なかなか。

そのときに やっぱり…。

そして 宝塚音楽学校で
2年間学び…。

花組に配属され
男役として活躍しました。

夢の宝塚で舞台に立つ
充実した日々。

しかし…。

自分の中で

そして 藤原さんに

そんな思いを胸に

そして
新しい人生の仕事に選んだのが

ペンションの経営でした。

その理由が…。

ただ それだけです。

旅行が趣味だった藤原さんは

自分流のペンションを経営しようと
一念発起。

ここから 驚きの行動に出ました。

じか談判した京都のペンションで

およそ半年間 無給で修業。

調理師免許も取得しました。

ちょうど そのころ

2人は 北海道の自然豊かな地に
移住したいと考えていました。

藤原さんの夢はペンション経営。

両親の夢は 北海道移住。

その2つの夢を実現させたのが…。

自然豊かな弟子屈町の このペンション。

もともと ペンションとして
使われていた中古物件を

購入しました。

両親の退職金や3人の貯金で
賄いました。

決め手となったのが

大自然の中にある
およそ9, 000坪の広大な敷地。

更に もう一つ 魅了された場所が。

敷地の中にある森を抜けると…。

ホントだ~。
すげえな。

こんな川 あるんですね。

大自然の中の広大な敷地を

ペンション経営の場所に決めた
藤原さん。

更に ここを選んだ理由が…。

すごい 水が
もう 底が見えるぐらいきれいで。

屈斜路湖を水源に
道東を流れ

太平洋に注ぐ釧路川の源流。

藤原さんは この澄みきった水にも
引きつけられたのです。

そして 2006年 37歳のとき

新しい人生として
ペンション経営を

スタートさせました。

初めの5年は客が少なく

続けられるか
不安だったそうですが…。

先の見えない中

宝塚時代の仲間たちの協力が

大きな心の支えになりました。

すると

実は 弟子屈町に
宿泊する外国人は

6年で4倍近く増加。

人口7, 000人の町に

年間2万5, 000人の
外国人が

泊まっているのです。

その追い風に乗り

藤原さんのペンションも
お客さんが年々増加。

その年間売り上げは
今や 1, 200万円に上るのです。

そうした中 藤原さんが
接客で気をつけていることが。

モットーは

お客さんのいない休日。

藤原さんは 大好きな釧路川を
カヌーに乗って巡ります。

釧路川の水源
屈斜路湖からスタートする

およそ2kmのカヌーの旅。

(竹山)いいな~。

ここは 鏡の間と呼ばれるスポット。

澄みきった湧き水が

鏡のように光を反射する
神秘的な空間です。

その言葉どおりに…。

(角谷)こんな近くで…。

なんとも ぜいたくな
ひとときです。

タカラジェンヌから
北海道のペンションオーナーになって13年。

藤原さんが
新しい人生を始めるために

大事だと思っていることは…。

それが人生を輝かせる
秘けつのようです。

宝塚音楽学校で
鍛えられてるから

ペンションやりたいって思ったときに

電話帳 片っ端から電話しちゃう。

あれはできないですよ。
あのバイタリティーね。

おっしゃってましたもんね。

でもね 私は

続いて もう一人
新しい人生の先輩をご紹介。

鎌倉に隣接する
緑豊かな住宅街。

そこに建つ小さな一軒家で…。

障子を張り替える男性。

この方が…。

熟練の職人さんかと思いきや…。

退職後 僅か2か月で

ふすまや障子などを
張り替える職人に転身。

その裏には

大貫さんの

(スタッフ)ここで
いつも作業されてるんですか?

そうですね。

ここを選んだ決め手は…。

会社員時代とは一転
緑に囲まれた仕事場。

そこで行うのは障子の張り替え。

去年まで営業マンだったとは
思えない手さばきで…。

ものの10分で完成。

網戸の張り替えも行います。

この日は 障子と網戸を10枚ずつ

合わせて20枚を張り替えます。

すると そこに…。

お疲れさま。
どこまで終わった?

網戸が10枚中…。

よろしくお願いします。

妻 玲子さんは
注文が多く入ったときに

手伝ってくれる 心強いパートナーです。

夫婦そろって お昼ごはん。

そうですね 一緒のときは。

子供たちも お弁当なので
同じものを…。

毎朝 子供の分と
一緒に作っている

愛情いっぱいの お弁当。

うん。

腹ごしらえをして
出かけた大貫さん。

こんにちは。
どうもお世話になります。

ありがとうございます。

仕事場で張り替えてきた網戸を

お客さんの家に取り付けて
任務完了。

さすが 元営業マン。

お客さんの心を
ガッチリつかんだようです。

よかったですね
喜んでいただいて。

でも 大貫さん なぜ 会社員から

畑違いの職人に
転身したのでしょうか?

明治大学に進学し
強豪ラグビー部で青春を謳歌。

卒業後は 東京の
大手OA機器メーカーに就職して

営業マンとして奔走。

3人の子宝に恵まれ

一家の大黒柱として
懸命に働きました。

しかし
大貫さんが51歳になったとき

一家の生活を揺るがす危機が…。

リストラにより51歳で退職。

3人の子供たちに

まだお金がかかる中

次の働き口は
決まっていませんでした。

ところが その僅か2か月後

大貫さんは なんと職人に転身。

いったい 何が起きたのでしょう?

51歳のときに リストラを宣告され

大手OA機器メーカーを退職した
大貫さん。

ところが ある日

紹介されていたのは

2011年から
技術や経営面のサポートを受けて

独立開業できる
フランチャイズチェーンを展開。

現在
全国に200人以上のオーナーがいます。

テレビ番組で
金沢屋で開業した人を見た

大貫さんは 自分も

営業用の車と仕事場を用意し…。

本部から

そうした開業準備金や
研修費などを合わせた

初期費用は およそ500万円。

大貫さんは その費用を…。

こうして 退職から僅か2か月で

職人としての新しい人生を
スタートさせた大貫さん。

しかし 妻の玲子さんは…。

和室のある家が減っていく中

ふすまや障子の張り替えに
需要があるのか

不安だったといいます。

それでも 大貫さんが
仕事場を構えたのは

和室のある一戸建てが多い住宅街。

ふすまや障子を
張り替える需要がある地域でした。

これですね。

そして 大貫さんは…。

金沢屋の本部に作ってもらった
ご自身の写真入りチラシを

新聞の折込にしてPR。

すると
30件以上の注文が舞い込み

100万円以上の売り上げに
つながったそう。

その後も

リストラで始まった

いいスタートが切れているようです。

リストラに遭うかもしれない
っていう方も

いっぱい 今から
いらっしゃるじゃないですか。

準備というか どういう心構えで

会社員として
やっておいたほうがいいか。

私 「仕事の不倫をしたら
どうですか」って言ってますけど。

私が見てて うまくいってる人の
一つの共通点は…。

リストラ後に うまくいった人?
はい。

副業でやってると
どれぐらいのお客さんがいて

どれぐらい稼げるかっていうのは
だいたい見当がつくんですね。

いきなりね
全然わかんないとこ行って

ドーンと勝負かけると
失敗しちゃうことも多いんです。

このあとは 大好評!
SAMの人生100年ダンス!

今回は

今日は楽しみながら
ヒザをストレッチしていきましょう。

今日もですね 前回と一緒で

安部さんと伊奈さんに
協力していただきます。

(2人)よろしくお願いします。

それでは ミュージック スタート!


こんな感じです。
難しそうですね 今日のは。

この動きは

このように ヒザを屈伸したり
ステップを踏む運動で

筋肉や骨が鍛えられ
ヒザ痛予防などにつながり…。

手足を別々に動かすため

脳のトレーニングにもなるそうです。

右足を横に広げながら

ちょっと
右足に体重をかけていきます。

ここで ドン ドン。

両足で屈伸しちゃって
いいですけど

若干 右足に体重
前にかけながら ドン ドン。

真ん中で ドン ドンですね。

せ~の… ワン トゥー スリー フォー。

そしたら 左足をオープン クロス

オープン 後ろ クロス。

横に開いて 前にクロス。

横に開いて 後ろ。

そしたら この後ろにある足から
今度 左に… さっきと一緒 トン。

屈伸して 真ん中 トン。

そしたら 右足で開いて クロス。

開いて クロス。

また このクロスしたところから
さっきと同じことを

右 真ん中 左足で
開いてクロス 開いて 左。

左 真ん中 右 クロス。

いけそうですか? 大丈夫ですね。

ふだん やってますからね 皆さん。
頑張ります。

それでは テレビの前の皆さんも
音楽に合わせて レッツ ダンス!

ミュージック スタート!


ファイブ シックス セブン エイト。

真ん中 左足で 開いてクロス。

左… オープン クロス。

右… 左…。

左足 のります。

真ん中。

どうですか?
ちょっと間違えちゃいました。

でも このぐらいのことで

ヒザの関節も
ちょっと楽になると思います。

皆さんも ぜひ
自宅でやってみてください。

「カンニング竹山の」…。
(2人)「新しい人生、 始めます!」。

山あいに懐かしい原風景を残す
田園地帯が広がっています。

ここは大山千枚田。

4ヘクタールもの広大な斜面に
375枚の棚田が連なり

日本の棚田100選にも
認定されている景勝地です。

季節や時間により
移り変わる表情は

時に幻想的。

うわ きれいだな~。

うわ~。

ここでは
農業体験プログラムも実施されていて

県内外から
多くの人々が参加しています。

その美しい棚田の近くに
家を建て

農業を営んでいるのが
今回の新しい人生の先輩。

移住7年目の増田陽光さんと

洋子さんご夫婦です。

(スタッフ)何を
作ってらっしゃるんですか?

これは
甘長とうがらしっていって

辛くない とうがらしですね。

曲がっちゃってるのは やっぱり
ガクッと値が落ちるんです。

もう5~6年やってるんだけど
どうしても曲がっちゃうもんね。

その他 家の前の畑では
鴨川の在来種の枝豆

鴨川七里を栽培し
道の駅などへ出荷。

ナスやキュウリ ミニトマトやメロンなども

自分たちで食べるために
育てています。

こんな住人も…。

(鳴き声)

そして

こちらがですね

近所に田んぼを2枚借りて
米作りをしています。

どうしても
力仕事が必要なので…。

抱えたりとか。

東京で35年
郵便局に勤めていた増田さん。

7年前 定年退職を機に
夫婦で鴨川に移住。

今では 米作りの難しさと
楽しさにハマり…。

なんとかいくんじゃないの?

地元の人に支えられながら
充実した里山ライフを送っています。

便利な都会から移住して挑む
大変な米作り。

お待たせ。

今回は
郵便局員から米農家に。

里山暮らしを満喫する
夫婦を追います。

その後半戦を豊かに生きるための
ヒントを授けます。

こんばんは カンニング竹山です。

今夜も人生を豊かにするヒントを
見つけてまいりましょう。

今夜のゲストは 清水国明さんです。

はい よろしくお願いします。

最初の新しい人生の先輩。

都内の郵便局を定年退職後
千葉県に移住をして

夫婦で米農家を
始めた方なんですね。

なんか この番組
結構やってまいりましたけども

移住で畑やってるって方
結構いましたけど

米作ってるって方は
意外といないですよね。

やっぱり難しいんですかね
お米は。

難しいんでしょうね 結局ね。
米作ったことあります?

ある ある。
あるんですか!

瀬戸内海の無人島で
2年間 米作りにチャレンジしたけど

結局 おにぎり2個分ぐらいしか
とれなかった。

ホント やっぱり 難しいんですね。

まぁ ちょっと なめてましたね。

米農家になった増田さんご夫婦の
新しい人生をご覧ください。

千葉県鴨川市に広がる
美しい棚田 大山千枚田。

ここに7年前
5LDKの新居を構えて移り住み

新しい人生を始めたのが…。

このパプリカ うちのパプリカ?
そう。

いつもいつも
マリネばっかりじゃ飽きる?

大丈夫だよ。

食卓には 自分たちで作った野菜。

野菜が
甘みがあったりとか。

買ったのとは
ちょっと違うかなって

感じますね。

あと 卵ね。 あそこでとれた…。

優等生ですよ。
毎日 必ず1個ずつ。

2羽いるから
2つ 手に入ります。

でも 結構 いろんなもの
作ってくれるからね。

だいたい なんでも
うまいんだよね。

褒め言葉だね。
いやいや 褒め言葉じゃない…。

実は この翌日

夫婦には
大きな仕事が控えていました。

(スタッフ)おはようございます。
これから どちらへ?

近くの田んぼに 軽トラックで出動!

期待半分 不安半分の仕事とは
稲刈りでした。

増田さんが作っているのは コシヒカリ。

この辺りの土は
粘土質のため水もちがよく

いいお米がとれるというのが
期待半分。

では 不安半分というのは?

いきますよ。

いよいよ 期待半分 不安半分の
稲刈りがスタート!

今年で6度目の稲刈りになる
増田さん。

コンバインの扱いにも慣れた様子。

一方 妻の洋子さんは…。

(スタッフ)こっちは
今 何なさってるんですか?

コンバインが角を曲がりやすいよう
先回りして 稲を刈り

ご主人を助けます。

へ~ 知らないわ こんなことも。

しかし ここで

(スタッフ)あっ!
なんていうことだ!

あららら… なんだ それ。

何か月もかかったのに…。

なんと 刈り取った稲の籾を

ほとんど
地面に バラまいてしまいました。

これが ホントは
こうなってなきゃいけないの。

これ 開けっ放しで
やってったから

ここに ぜ~んぶ
刈り取った籾がね 落ちちゃった。

ハハッ!
いや 明るいな~。

よし。

大丈夫?
と思う。

それを思えば これぐらい
どうってことない。

増田さん 失敗にめげず
稲刈りを再開。

洋子さんが見守る中
作業を続けます。

そして ようやく
最初の袋に籾がたまりました。

気温33度の暑さの中
夫婦二人三脚の作業です。

その後の作業は順調に進行。

開始から およそ2時間が経過した
午前11時。

一面の

そう 刈り終えたのは
小さいほうの田んぼ。

もう一つ
1.5倍の広さの田んぼが

まだ残っています。

しかも その田んぼには
気になることが…。

稲が倒れていました。

ひと休みしてから
2つ目の田んぼの稲刈りを開始。

倒れた稲を起こしながら刈り取る
コンバイン。

問題ありませんでした。

2つ目の田んぼは 籾を
まいてしまうようなこともなく

開始から3時間ほどで

増田家の今年の稲刈りは
すべて終了しました。

うわ~ きれいに…。

2つ目の田んぼで

全部で26袋 780kgを収穫しました。

しかし 作業は まだ終わりません。

やって来たのは 組合の施設。

収穫した籾は
水分を多く含むので

変質を防ぎ 保存性を高めるため

すぐに乾燥機に入れます。

そして ようやく
この日の作業が終了。

今 したいこと? 終わって?

増田さん夫婦の
長い一日が終わりました。

翌日の夜。

籾の殻を剥く 籾すりを行います。

乾燥した籾が自動で
籾すり機の中へ流し込まれ…。

殻が剥かれた
玄米の状態で出てきます。

これが 今年とれた お米ですね。

お米の出来に満足そうな増田さん。

このあとは

26袋 780kgあった籾は 殻を外し

22袋 660kgのお米になりました。

子どもには
ただで あげるんですけども

その他は
買ってもらうということで。

農業を始めるときに
例えば農業機械だとか

倉庫を建てたりとか
最初の設備投資。

それが結構かかってまして。

なんと もうけなし。

では なぜ移住してまで
米農家になったのでしょうか?

増田さんは 少年時代

自然豊かな
茨城県水海道で育ちました。

その当時なんて

それで生活できるんだったら
いいなと思って。

しかし 大学を卒業して
就職したのは

東京の郵便局。

集配の仕事で外回りの毎日でした。

そして 28歳のとき
洋子さんと結婚。

2人の子どもを授かります。

ごはんを食べる暇もないって
言ってるぐらいだから。

増田さんが
田舎暮らしを考え始めたのは

50歳のころ。

当時 江戸川区の住宅街に
住んでいた増田さんでしたが…。

ああいう生活がね もうこれが
一生続いたら嫌だっていうのは

もう 相当前からあったから。

増田さんが 移住する
きっかけになった場所へ

案内してくれました。

ここがですね 私がこの地域に
移住するきっかけになった

大山千枚田ですね。

広大な棚田が広がる

インターネットでいろいろ探してたらば

棚田のオーナー制度があるというのを
調べまして。

増田さんが見つけたのは

大山千枚田保存会が運営する

今年8月末に行われた

参加しているのは
オーナー制度を利用している皆さん。

オーナーになると
地元の農家の方の指導の下

その年の田植えや稲刈りなどの
農作業が体験できます。

(スタッフ)どちらから
いらしたんですか?

(スタッフ)何年目ですか?

(スタッフ)あっ そうなんですか。

(スタッフ)どうですか? やってみて。

(スタッフ)お姉ちゃん どう?
やってみて。

子どもはいい体験ですね これ。

基本中の基本の 手で刈って

そんで はさがけっていう
はさで干したりとかね。

あれも全部 手でやるから
原点ですよね。

ちっちゃいころ じいちゃん
ばあちゃんに言われたけど

一粒一粒ね 大事するって
そういう気持ちにもなれるから

いいかもしれないよ。

中には

(スタッフ)ゆくゆくは
こういう田舎というか…。

増田さんも10年間
大山千枚田の棚田オーナーとなり

農作業を経験しました。

「定年になったらば よし
地方に行くぞ」ということで

考えてましたから。

そして 定年を迎える3年前に

千枚田の近くに
畑付きの土地を購入。

定年後に移住するための家も
建てました。

その費用は およそ3, 000万円。

2人でずっと共働きしてたでしょ
何十年も。

蓄えはね ある程度あったから。

2012年 ご主人の定年と同時に

夫婦で新しい人生をスタート。

米農家に転身し
充実した生活を送る増田さん夫婦。

このあと 移住後に始めた楽しみを
見せてくれます。

簡単にはできないんですね
米ってね。

収穫のときだけ
今 見てるけれども

田植えから
雑草取りからとか

肥料とか いろいろ
ものすごく大変だと思う。

(竹山)大山千枚田の景色。
これ いいですね。

でもね 見ても確かに ちょっと
ほれるのわかりますけど。

(清水)千枚田は なんかこう
曲線じゃんね。

これ 聞いた話なんやけども

直線ではなくて。

そういう意味では…。

(角谷/竹山)は~。

船乗りもされてたんですか?
そう。

太平洋とか
ず~っと何日もやってるときに

すてきな話だな それ。

だから それは都会の中にいては
なかなか味わえない。

やっぱ その
野に出るということが…。

これ あれですね。
田舎というか自分の近所に

国明さんみたいな
おじさんいると助かりますよね。

ではですね この先輩の続き
ちょっと見てみましょうか。

何を始めたのかな?
なんか始めたって

出てきましたけど。
それはいったい なんなのか

続きをご覧ください。

東京から鴨川へ移住して
7年目の増田さん。

移住したからこそ始められた
楽しみがありました。

この辺からだったらば…。

東京から鴨川へ移住して
7年目の増田さん。

移住したからこそ始められた
楽しみがあるそうで…。

この辺からだったらば…。

移住後に始めたのは…。

変な話 かわいいと思ってる。

そりゃあ かわいいよ。
ずっと一日眺めていても

飽きないよ これ。

ここは 増田さんの自宅の一室。

書道師範の特技を生かし
書道教室を始めたのです。

いいね。 じゃあ
名前 書こうか。

(スタッフ)先生 厳しい?
厳しくないよ。

厳しいときもあるでしょ?
まぁね 検定のときは厳しい。

(スタッフ)どうですか?
書道をやってみて。

慣れてきて楽しい。

とっても楽しい。
そんな感じですね。

田舎に移住し

充実した生活を手に入れた
増田さん夫婦ですが…。

当初は不安なこともあったと
いいます。

やっぱ そこなんだ。

地元の人たちに
うまく溶け込めるのか

心配だったという増田さん。

そんな不安を抱えたまま
毎日 懸命に農作業をしていると

あるとき こんな出来事が。

ここの畑を見て。

実は ここに

増田さんが農業を続けている
大きな理由がありました。

俺にとっては

いい手段… 手段って言っちゃ
おかしいけど 悪いけど。

増田さんは 一生懸命
米作りに取り組んだことで

地元の人たちに

仲間として
受け入れてもらえたといいます。

きちっと陰干しされてれば

あいかわさんとこみたいに
ピシッとなって…。

向こう側向いて こっち…。

そう そこにつかまって! うん。

そして今では こんなことも。

この ちょっと先。

地域の人たちから頼られる存在に。

これを?
俺が見本しますから 見本。

口はこちら。
口はこっちで… はい。

よいしょ。

これで ひと苦労。
ゆっくりやって。

どうしてもね こういう田舎

地域の人たちのために
汗をかくことも

信頼を得ることに
つながっています。

去年から
大事な役職にも選ばれました。

ここは 地元のお寺

総代は
地域の祭事を取り仕切る代表者。

総代の仕事にやりがいを感じ

選ばれたことに
喜びを感じているそう。

最後に これから
移住を考えている後輩たちへ

先輩からのメッセージ。

(スタッフ)知らない人も…。

地元の人と心を通わすには
知らない人でも進んで挨拶。

それが 田舎暮らしを
成功させる第一歩。

ちゃんと 皆さんと
共に生活して

いつの間にか
その村の人になってるというか

町の人になってるというか
そこが一番

ポイントだってことでしょうね。
入り方 難しいと思うよ。

さぁ では次 まいりましょう!
はい。 続いては

専業主婦が
本屋さんを開業したという

新しい人生の先輩をご紹介します。

つくば駅から徒歩15分の場所に

新しい人生の先輩が開いた
書店があります。

こんにちは~。

よろしくお願いします。

地元のお母さん方を中心に
評判は上々。

お母さん方が信頼を寄せる
書店の店主が…。

通称 いちみさん。

専業主婦だった いちみさんは

3年前 えほんや なずなをオープン。

その名のとおり絵本の専門店で…。

いちみさんとスタッフで
よりすぐった絵本の数は

実に 3, 000冊以上に上ります。

へ~。
ふ~ん。

端から順番に探していきます。

絵本の品ぞろえとともに

お客さんの間で
評判になっているのが…。

フーッて黒を吹き飛ばせる?

フーッ。

もうちょっと強く。
フーッ。

オススメの絵本の

本の推し売りならぬ

そこで いちみさんに
今 推したい絵本を

教えてもらいました。

これが
いいんじゃないでしょうかね。

専業主婦が一念発起。

絵本専門店を開業した
藤田一美さん 通称いちみさん。

よりすぐった絵本が

その中で
今 オススメの絵本を尋ねると…。

これが
いいんじゃないでしょうかね。

クレヨンで これだけ

更に…。

ちょっとのせるでしょ
で ちょっと動かすと…。

付属のフィルムをのせて
小刻みに動かすと

絵が動く仕掛け絵本。

子どもたちに大人気だそうです。

トントン…。

楽しい絵本がそろう
専門店を開いた いちみさんは…。

本が大好きな女の子は
やがて ある夢を持ちます。

いちみさんお得意のイラストで
その後の人生を振り返ります。

うん かわいい。

夢をかなえようと

しかし 二十歳で限界を感じ

その後

専業主婦となり

研究員の夫は

好きなときに 好きな本を
手に入れられる 理想の環境。

しかし 夫の転勤で
6年で つくば市を離れ 福岡へ。

その後 52歳で また
つくば市へ戻ったのですが…。

そうね そうだよね。

かつて身近にあった書店が
次々と閉店してしまったのです。

いちみさんは考えました。

そして…。

どうすれば開業できるのか

見つけたのが 東京 赤坂の
書店が主催する

いちみさんにとって
願ってもないものでした。

本屋さんを開業するための
ノウハウを身につけた いちみさん。

55歳で 念願の
絵本専門店をオープンしました。

主婦時代のパートの貯金で
まかないました。

本棚は 材料を安く買い
夫婦で手作り。

小さな椅子は 子どもたちに
推し読みするのに役立っています。

幼い子を連れたお母さんのため
ベビーベッドも用意。

寝かしつけて
絵本を選ぶこともできます。

…の間を うろうろ
うろうろしてますね。

利益は ほとんどないそうですが

いちみさんの思いに共感した
10人のスタッフが

ほぼボランティアで
手伝ってくれています。

ここに来てくれてると思ってます。

いらっしゃいませ
ありがとうございます。

続々と
お客さんがやって来ました。

「はじまるよったら はじまるよ」

実は いちみさん
ボランティアで行っていた

紙芝居や読み聞かせの
経験を生かし お店で…。

「八百屋さんで トマトとキュウリ」

「お魚屋さんで イカとエビ」

「今は ごはんの真っ最中」

「今は 掃除の真っ最中」

では これで終わります。

お気をつけて。
ありがとうございます。

専業主婦のころにはなかった

出会いとやりがいに背中を押され
いちみさんは

行動力がすごくないですか?
町で本屋さんがなくなったから

じゃあ 私がやろうと。
そうそう。

僕ね お母さん方にとっては
すごく助かりますよね。

いまだに印象に残ってる
絵本ってあったりしますか?

非常にインパクトあったのは
『星の王子さま』っていう…。

あったじゃん?
深いじゃん。

簡単な絵とか
言葉とかの流れなんだけど

奥に流れてるものは
すごく深いものが人生を語る。

そういう意味では 赤とんぼの
羽根をとったら あぶら虫になる

というのも 実は深いのよ。

ヒット曲の歌詞よ。
はい 赤とんぼ。

「赤とんぼ」 そうそう。

羽根とったら
あぶら虫になるんだけども

あぶら虫 柿の種にして

また足つけたら あぶら虫になって
赤とんぼにかえるというね。

人生は こういうふうに
回ってるんだよっていう 深い…。

誰も気付いてないよ。

さぁ そして 続いては

ここから
SAMさんのコーナーにまいります。

SAMの人生100年ダンス
今日は楽しみながら

ヒザをストレッチしていきましょう。

(一同)よろしくお願いします。

まず 僕 踊りますので。

まずは SAMさんのお手本
よく見ていてくださいね。


ヒザ痛予防の他
認知症予防にも効果的なダンス。

ぜひ やってみましょう。

すごく動きはシンプルです。

まず腕の動きは
横に出して 胸の前戻して

横に出して 真ん中でクラップ。

で 左 胸の前 出して クラップ。

この連続ですね せ~の…。

1 2 3 クラップ
5 6 7 クラップ。

その間に 屈伸が入りますね。

1 2 3 4
ここで 5 6 7 8。

1 2 3 クラップ 5 6 7 8。

はい で 今日の一番のポイント。

この腕の動きに合わせて
脚がつきます。

脚は右脚 つま先を外に。

1 2で 腕を
胸の前に入れるときに

かかとを遠くに。

ヒザをねじって
かかと遠くにして

もう一回戻します
で クラップですね。

もう一回いきましょう
せ~の…。

1 2 3 クラップ。

で 屈伸4回 6 7。

左も同じ
手と脚一緒に出して

1 2 肘折るときに
かかとを外。

で 伸ばすときに
つま先を また外に出して

クラップ 5 6 7 8。

となります いけそうですか?

はい。
1回 カウントでいきましょうね。

1 2 3 4 5 6 7 8。

1 2 3 クラップ
5 6 7 もう1回。

1 2 3 4 5 6 7 8。

1 2 3 クラップ 5 6 7。

いいですね いけそうですね。

それでは SAMのヒザ痛予防ダンス。

テレビの前の皆さんも
音楽に合わせて レッツ ダンス!


5 6 7 8。


もう一回。 出して ツイスト。

しっかり屈伸して 左。

5 6 7 8。

どうですか?
楽しいです。

楽しいでしょ?
楽しくて体にいい。

これも最高ですね。
はい ありがとうございました。


関連記事