遠くへ行きたい 田中要次「佐賀を遊ぶ!食べる!楽しむ!唐津くんち&呼子のイカ刺し」明海の人気モノ…ムツゴロウ…



出典:『遠くへ行きたい「佐賀を遊ぶ!食べる!楽しむ!唐津くんち&呼子のイカ刺し」』の番組情報(EPGから引用)


遠くへ行きたい「佐賀を遊ぶ!食べる!楽しむ!唐津くんち&呼子のイカ刺し」[解][字]


田中要次の佐賀・名物探し旅▽透き通る!呼子の名物イカを活き造りで▽大迫力!唐津くんち生体験▽有明海の人気モノ…ムツゴロウを食す▽大興奮!大空に100機超の熱気球


詳細情報

出演者:

【旅人】

田中要次(俳優)

番組内容1

▽1)大空の祭典!100機超える熱気球に大興奮!▽2)超ぜいたく!手織りじゅうたん「鍋島緞通」でお殿様気分▽3)有明海の人気モノ「ムツゴロウ」を食す!▽4)有明の干拓地でレンコン掘り体験…カラフルなアイデア家庭料理も!▽5)呼子のイカ…透き通る活き造り&ゲソは天ぷらで!名物朝市▽6)江戸時代から続く「唐津くんち」豪快で勇壮な祭り体験

番組内容2

▽7)巨大なアラを丸ごと一本!主婦たちが腕を振る祭りのごちそう手料理

音楽:

【テーマ曲】

「遠くへ行きたい」

作詞:永六輔

作曲:中村八大

制作:

ytv

テレビマンユニオン

番組ホームページ

http://www.to-ku.com

ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!

取材地

佐賀県佐賀市~鹿島市~白石町~唐津市



『遠くへ行きたい「佐賀を遊ぶ!食べる!楽しむ!唐津くんち&呼子のイカ刺し」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

遠くへ行きたい 田中要次「佐賀を遊ぶ!食べる!楽しむ!唐津
  1. ヨイサ
  2. スゴ
  3. ハハハ
  4. 唐津
  5. イカ
  6. 曳山
  7. 佐賀
  8. 田中要次
  9. 名物
  10. 呼子
  11. 名物探
  12. ムツゴロウ
  13. アラ
  14. お願い
  15. 乾杯
  16. 江戸時代
  17. 朝市
  18. アオリイカ
  19. レンコン
  20. 広大


『遠くへ行きたい「佐賀を遊ぶ!食べる!楽しむ!唐津くんち&呼子のイカ刺し」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

<田中要次です>

<見てください
この巨大な熱気球>

よいしょ。

<気球に乗って空を飛ぶのが
夢だったんです>

(ガスバーナーの音)
お~!

<びっくりしたぁ!>

<このガスバーナーで温めて

飛ぶんですね>

<やって来たのは…>

<今年 開催40回を迎えた

国際的な空の祭典です>

<こちらは スペインから>

バイバイ!

うわっ 浮いてんだ!

<さぁ 飛び立ちますよ!>

ハハハ…!

いってらっしゃ~い!
いってきま~す!

うわ~ 気持ちいい!

うわ~ スゲェ!

スゴいな いや~…。

何か みんなが手を振ってくれる。

うわ~~…。

あっ スゴい! こんなにいるんだ。

<広大な佐賀平野は
競技会場に最適>

<設定した目標に
いかに近づけるか

操縦の技を競います>

へぇ~。

<風は高さによって
吹く方向や速さが違うので

風を読み
高度を調整して操縦するのです>

あれ。

<交差点の真ん中に

どれだけ正確に
マーカーを落とせるかが ポイントです>

あ~ 落とした。

うわ スゴ~い! うまい。

<この大空で真剣勝負が
繰り広げられているんですね>

気が付いたら
スゲェ高いとこにいる 俺。

うわ スゴいな。

へぇ~。

怖い 下 見れないよ…。

<田中要次 佐賀の名物探し>

<遊んで食べて 楽しむぞ~>

キレイですね。

<呼子の朝市で
名物のイカを発見>

<熟練の包丁さばきで

見事な活き造りに>

あ~ 何か ピョンピョンしてる。

<有明の名物はムツゴロウ>

<さらに…>

取った~。

<レンコンが
アイデア料理に大変身>

うん! 何これ。

<勇壮な唐津くんちに大興奮>

ヨイサ!
ヨイサ!

乾杯!
乾杯!

<大きさ1m>

<さぁ 熱気あふれる佐賀で

名物を探す旅へ>

<たくさん いいもの… あるよ>

<江戸時代
鍋島藩の城下町として

栄えて来た佐賀市>

うわ~ 何か ステキな通りだね。

<こちらに
殿様に献上されていた

名産品があるそうです>

あっ ここか。

「鍋島緞通」。

こんにちは。

<「緞通」とは大陸から伝わった

手織りのじゅうたんのこと>

スゴい
横滑りしながら やるんですね。

(藤田さん) はい。

<手元に注目>

<スゴい職人技ですね>

<でも早過ぎて
何をやっているのか分からない>

(木下さん) …っていう作業です。

<使うのは 太い木綿糸>

<1列終わったら横糸を通し…>

<たたいて しっかり固定します>

<そして 長さをそろえて…>

<この繰り返し>

<ベテランでも

一日に7~8cmしか
織れないそうです>

楽しいですか?
(木下さん) 楽しいですよ。

<殿様は
この緞通を愛し 生産を奨励>

<江戸幕府にも
献上したそうです>

<木綿の生地は
サラっとしていて

高温多湿な日本の気候に
ぴったり>

<晴れの日に
畳の上に敷き詰めて

使っていたそうです>

どうじゃ。

うん 良いのぉ。

ハハハ…。
ハハハ…。

<江戸時代は貴重品でしたが
今では人気の土産物>

<来年の干支
子の柄も… あるよ>

<この緞通は
バルーンフェスタの優勝者に

副賞として贈られたそうです>

<田中要次 佐賀の名物探し>

<次に向かうのは

広大な佐賀平野の
向こうに広がる…

そう 有明海>

うわ スゴい。

へぇ~ こんな景色があるんだね。

棒と棒の間 ムツゴロウいるよ。

あ~ 何か ピョンピョンしてる。

<愛嬌たっぷりのムツゴロウ>

<潮が引くと
広大な干潟が現れます>

<漁師は かけ針を巧みに操って

ムツゴロウを捕らえます>

<おぉ~
よく見ると恐竜みたいだな>

<地元では どんなふうに

食べられているんでしょうね?>

こんにちは。
あぁ こんにちは。

どうも うわ うなぎ?

うなぎですよね?

うなぎ屋ですよ。

<うなぎも おいしそうだけど…>

ありがとうございます。
ハハハ…!

ムツゴロウ。

一回
白焼きをしてるんですね。  はい。

<タレに何度もつけて
焼くそうです>

<炭火で焼けば 香ばしい香り>

<さて どんな味なんだろう>

<この珍味が

ふるさとの味に
なってるんですね>

<この辺りには
まだまだ名物が… あるよ>

<それは… レンコン>

<道路沿いには
直売所が いっぱい>

<有明海の干拓地では
今 収穫の最盛期です>

おぉ~!

<僕もレンコン掘りを体験>

うわ! プッ… 跳ねた。

これ大きいよ!

大きいよ! これはスゴいぞ。

取った~ ハハハ…。

(小野さん) ハハハ…。

<割ってみると…>

<こ~んなに糸を引くんです>

<これが おいしさの秘密>

<農家では毎日のように

食卓に
レンコン料理が並ぶそうです>

<下ゆでしたレンコンを
天ぷらに>

<中に工夫があるそうです>

<うわぁ カラフル>

(直美さん) 錦揚げっていいます。

<ニンジンやチーズ
インゲンなどを穴に詰めた

アイデア料理>

どうでしょう?
う~ん。

軟らかい。

あぁ そうですね。

ホントだ。

(直美さん) ハハハ…!

おめでとうございます。

<仲良し家族ですね!>

何だ? これ。

『遠くへ行きたい』じゃ
なくなって来てるよ。

<忙しい時に重宝するのが

作り置きできる
おでんだそうです>

ふ~ん。

これも おいしいですね。

(直美さん) ぜひ!

<温かい家庭の味
たまりませんね>

<田中要次 佐賀の名物探し>

<次は 玄界灘の港町

呼子に やってまいりました>

おっ 釣れてるんじゃないか?

スゴい! ウワ~って

みんな集まって来んのね。

うわ スゴいな!

餌があるから集まってるんだね。

釣れた。

奥さんのほうがいっぱい
釣れてるんじゃないですか?

これ 何ですか?

(男性) アジの小さかと マメアジ。

(男性) これね…。

へぇ~。

眺めてるだけでも楽しいですね。

<海産物が豊富な呼子には

名物の朝市があります>

朝市っていうよりは
お祭り感があるけど。

うわ~ 何? これ。

アラカブです カサゴ。

カサゴだ はぁ~!

あぁ 生きてる ほら。

田中要次です。
あっ。

ありがとうございます。

<江戸時代 漁師と農家が

物々交換していたことが
始まりといわれる朝市>

<品ぞろえ豊富で
しかも 安い!>

ダイコン 買うて。

250円… 150円で買うて。

スゴい 人が集まってる。

≪どうぞ 試食してください≫

フフ…。

あっ おいしい。

(女性) よかですよ。

うわ スゴい しっとりしてるの。

へぇ~!

<このイカが 呼子の名物>

<次は イカす名物料理を

味わいます>


<田中要次 佐賀の名物探し>

<港町 呼子では

生きのいいイカが味わえます>

ちわ~っす。

これがアオリイカ。

<冬に旬を迎えるアオリイカ>

<呼子はイカの名産地>

<玄界灘から さまざまなイカが

水揚げされます>

おぉ~。

<透明だったアオリイカが
黒くなっちゃいましたね>

スゴい! うわ~ こんなに!

<イカは鮮度が命>

<急いで 厨房へ>

<こちらの名物料理は…>

活き造りを。
はい。

<実は ここ 活き造り発祥の店>

<年中とれるイカで
名物をつくりたいと

先代が考えたそうです>

うわうわ…。
(古賀さん) 動きますよね。

アハハ。

<キレイですね~ この透明感>

<おいしそう!>

う~ん。

柔らかいのかと思ったら 意外と

歯応えがありますね。

<コリコリと
かみしめるほどに味が出ます>

う~ん。

<ゲソは天ぷらにしてくれます>

<一度で二度おいしい
呼子の名物>

<大満足です>

<田中要次 佐賀の名物探し>

<続いては城下町 唐津へ>

<半島に囲まれた港町 唐津は

古くから交易が盛ん>

<明治時代には石炭の
集散地としても栄えました>

<楽しみにやって来たのは
唐津くんち>

<江戸時代から続く
勇壮な祭りです>

あ~ いたいた…。

<その準備が始まっていました>

<ほら 見事な金獅子>

<こちらでは
「曳山」と呼ばれます>

<14の地区に1台ずつあり

浮世絵や歌舞伎などから
題材を取った

特徴あるキャラクターばかり>

おぉ でかいな これも。

うわ~。

<こちらは 源 義経の兜の曳山>

ちょっと練習?

左に曲がる時に このまま…。

あららら。

<兜は 動きます>

右に曲がる時は逆に こうです。

あぁ~。

1.8。

そうですね。

塗り替えて保存されてる。
(久保さん) ずっと。

173年。

<この曳山が町を巡行します>

うわ~ でかい魚。

<魚屋も祭りの準備で大忙し>

こんにちは。
こんにちは。

これがタイです。
うわ でかいですね! はぁ~。

この魚は…?
(女性) アラです。

アラ?
(亀山さん) おくんちの時の…。

<個人のお宅から注文を受け
配達するそうです>

<それにしても 大きいね>

そうなんですか。

そうですね。
へぇ~。

ここで焼いてらっしゃるんですか。

<巨大な魚を
一本 丸ごと炊くのは

唐津の人たちの心意気>

<羽振りの良さを
競って来たそうです>

<アラは
1kg1万円もするのだとか>

<こんなスゴいごちそうが出る

唐津くんちって
どんな祭りなんだろう>

<楽しみだな>

<次は祭り本番!>

<僕も頑張るぞ!>

<田中要次 佐賀の名物探し>

<いよいよ 唐津くんち本番です>

<唐津神社の参道に
ずらりと並んだ曳山>

<壮観ですね>

おはようございます。
おはようございます。

<僕も参加させていただきます>

よろしくお願いします。
よろしくお願いします!

お願いします。
お願いします。

(花火の破裂音)
何だ? 始まったな。

おっ 出た出た。

おうおうおう。

<さぁ 始まりました>

<曳山が次々に出発します>

♪~

<厳かにやって来たのは
御祭神をのせた神輿>

<この神輿を守るように
曳山が邪気を払い

豊漁や五穀豊穣を願うのです>

♪~

ヨイサ!
♪~       ヨイサ!

<いよいよ 源 義経 兜の出番>

ヨイサ!

<およそ2トンもの曳山を
200人がかりで!>

ヨイサ!
♪~       ヨイサ!

ヨイサ!
♪~       ヨイサ!

ヨイサ!
♪~       ヨイサ!

<巡行は およそ7km>

<中には難所も…>

<曲がり角は兜を動かし
バランスを取るのが肝心>

<曳子が力を合わせます>

ハハハ…。

♪~

♪~        あ~。

<正月や盆に帰らなくても

唐津くんちには帰れ
といわれるほど

地元の人にとって大切な行事>

♪~

<地域の絆を深める
この祭りは…>

<祭りは まだまだ続きますが

ここで ひと休み>

<招かれて
久保さんのお宅にお邪魔します>

どうも こんにちは~。

<テーブルには
ごちそうが いっぱい!>

乾杯!
(一同) 乾杯!

ス~ゴいですね これ。

<食卓の中央には
魚屋で見た あの大きなアラが>

<一本の魚を
みんなで分かち合います>

うん… う~ん。

(美樹さん) いかがですか?

おいしいですね
プリプリしますね。

<脂がのって
うま味たっぷりです>

<祭りに集まる人たちのために

美樹さんは
3日前から料理の準備>

<たくさんの手料理で
もてなします>

いいですね~。

いい関係ですね。
(美樹さん) そうですね。

<次は 祭りのヤマ場!>

<おっ 危な~い!>

<いよいよ 唐津くんちのヤマ場>

<塩をまいて邪気を払います>

ヨイサ…!
おぉ!

ヨイサ! ヨイサ!

<さぁ 曳山が動くぞ!>

あぁ!
<おっと いけね!>

<危ない危ない!>

あぁ 怖い! 怖いよ…。

<海の神様に感謝するため
砂浜に引き込みます>

ヨイサ! ヨイサ! ヨイサ!

<いや~ 大仕事>

見てこれ
こんなに めり込んでんだよ。

こんなの引っ張るか! ハハハ…!

これは きついわ。

要次!
ヨイサ!

<みんなと盛り上がって
楽しかった~!>

<あなたも
熱気あふれる佐賀の名物探しに

出掛けてみませんか?>


関連記事