グレーテルのかまど「上野千鶴子 母の焼きりんご」日本の女性学をけん引する上野さんが「母の供養」と語る…



出典:『グレーテルのかまど「上野千鶴子 母の焼きりんご」』の番組情報(EPGから引用)


グレーテルのかまど「上野千鶴子 母の焼きりんご」[字]


季節が来ると、毎年かならず焼きりんごを作るという上野千鶴子さん。日本の女性学をけん引する上野さんが「母の供養」と語る、焼きりんごの物語とは?


詳細情報

番組内容

日本のフェミニズム第一人者として活躍を続ける上野千鶴子さんは、学生時代、時間があるとケーキを焼いていたスイーツ好き。毎日手作りのおやつを作ってくれたやさしい母は、やがて家庭に縛られ不満を募らせる専業主婦として、上野さんが女性学を志す原動力となります。思い出の味、焼きりんごづくりを通して、母と対話を重ねる上野さんの思いに迫ります。ヘンゼルは、チーズやブランデーが香るオトナの焼きりんごに挑戦!

出演者

【出演】瀬戸康史,【声】キムラ緑子



『グレーテルのかまど「上野千鶴子 母の焼きりんご」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

グレーテルのかまど「上野千鶴子 母の焼きりんご」日本の女性学を
  1. 上野
  2. 本当
  3. バター
  4. カスタードクリーム
  5. 成長
  6. 大人
  7. シナモンシュガー
  8. シナモン
  9. ソース
  10. 王道
  11. 毎年
  12. お菓子
  13. ゴルゴンゾーラ
  14. ハハハハ
  15. ヘンゼル
  16. レーズン
  17. 甘酸
  18. 気持
  19. 紅玉
  20. 今日


『グレーテルのかまど「上野千鶴子 母の焼きりんご」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

シナモンとバターが
ふわっと香る…

甘酸っぱい味わいに
大切な思い出を重ねる人がいます。

人々が熱心に耳を傾ける その人とは…。

社会学者の…

何で 何で? 逆のこと 考えたら…

(上野)おお~ この美しさ。

上野さんが 毎年 必ず作るというのが
焼きりんごです。

焼きりんごに詰まった
上野さんの物語をひもときます。

光る石を たどれば行き着く
不思議な家に

あのお菓子の家のヘンゼルとグレーテルの
末裔が暮らしています。

彼らが振る舞う
おいしいお菓子の物語を

ご賞味あれ。

う~ん。 これは どういうことだ?

一体 なんて
声をかけてあげたらいいのか。

今日は 何を
お悩みなんでございますか?

うちの王子は。
ちょっと かまど! これを見て これを。

うん。
はっはあ~…。

いや これさ 姉ちゃんが
誰かに やきもちをやいてて

でも その人と仲直りしたい
ってことなんじゃないの?

いやいや お姉ちゃんは そんな…。
やいて…。          うん… あ あ…。

♬「何にも いわないけれど」

♬「うん~ ふふん~」
♬「うん~…」

♬「…の気持ちは」
何だろう?

♬「よくわかる」
あ~… ということで

今宵 ひもとくのは
上野千鶴子の焼きりんご。

日本を代表するフェミニストとして

第一線で活躍を続ける…

大きな話題となった
東京大学の入学式の祝辞も

ご本人いわく
「ずっと言い続けてきた 当たり前のこと」。

上野さんと焼きりんごの物語。

それは 富山県に生まれ育った
幼い日に さかのぼります。

父は 内科の開業医
母は 専業主婦だった 上野家。

クリスマスパーティーは 必ずやるし

それから おひなさま やったり。

誕生日パーティーも
毎回 やってもらってた。

しかも お友達呼んで
やってもらってたっていう

そういう家庭でしたから
ハイカラな家庭だったんですかね。

ふだんから 子どもたちのおやつを
手作りしていた母。

生クリームが手に入らない時代
バターとメレンゲを合わせた

バタークリームで
ケーキを作ってくれました。

台所に立つ 母のそばで
いつも余った材料を つまみ食い。

母に くっついて離れない
甘えん坊さんでした。

母 手作りのお菓子の中でも

紅玉が出回る時期に作ってくれる
焼きりんごは 特別。

それで どこに行っても ないっていう。

ケーキ屋にもない。

そっか これ うちにしかないんだって
思ったんです。

今から思えば いい思い出でしたね。

そういうことを まめに 一生懸命
家族のためにやってくれた 母でしたね。

香りとともに よみがえる
焼きりんごの風景。

優しい母の記憶です。

うん! お母さんの焼きりんごね。
う~ん!

確かに 焼きりんごって
ちょっと おうちなイメージあるかな。

あるかな? あるかしらね。

上野さん 何か かっこいいよね。

何か ちょっと昔だったらね
なかなか… 言えなかった

男社会に感じることなんかをさ

しかと言葉にしてくれて
あ~ すっとした! みたいなね。

発言力がすごいよね 本当。

そんなさ お母さんの味というかさ
焼きりんごさ 作っちゃいますか。

じゃあ 味わいのキメテ お願いします!
はい!

ホックホクの焼きりんごを目指します!

はいは~い!

じゃあ じゃあ じゃあ
焼きりんごの王道。

シナモンシュガーとバターというね
その組み合わせ ありましたね。  よし!

それに加えて 2種類ぐらい。
えっ?

2種類 新しい組み合わせも
作ってみたいなと思っております。

じゃあね カスタードクリーム!
どうですか?  いいですよ。

いいでしょ? じゃあ 焼きりんごに合う
カスタードクリームを

まず 作っていきますか。
はい はい はい。

じゃあ 鍋に牛乳 入れて下さい。
牛乳を入れて…。

そのね… これ 何ですか? バニラの?
バニラでしょ?

タネと…。
そうそう そうそう タネ。

これも入れちゃうっていうね。
さやごと…。

さやと それね 入れてね。

そしたら そこで 弱火ですね
弱火で温めます。

そしたら… それをやりながら
次は ボウルね。    はい。

…に卵黄をほぐすでしょ。
卵黄を…。

で 次に
グラニュー糖ですね。

もう カスタードクリーム作ってますよ。

これは ふわっとなるまで
混ぜるでしょ。

そしたら 薄力粉とコーンスターチを
そこに加えるでしょ。

あっ かまど! 沸騰。
それをボウルに加えて よく混ぜて下さい。

混ぜながら やってるところに 評価10!

何点満点中? それ。
100点満点じゃないでしょ? まさかの。

いやいや だから… いい点だよ。

はいはい では お待たせいたしました。
はい。

ようやく
主役のりんごの登場でございます。

ジャジャジャン!
やっぱり これがないとね!

はい ここで オキテ どうぞ!
はい!

う~ん。
焼きりんごですから。

さすがですね ヘンゼル
よく分かってる感じじゃないの?

ええ もちろんですよ。

熱を加えると 果肉は やわらかくなるし
甘さも増すから

こういう かたい品種がいいんだよ。

ワ~オ! ユー アー グレート!

すばらしいじゃないの。
ええ もう成長しましたから。

成長したね。 かまど 本当 うれしくて

今 かまど内で くす玉を割りました。
ハハッ! ありがとう。   おめでとう。

はい じゃあ いきますか 次ね。
いきましょう。

焼きりんごに ぴったり 紅玉ね。
じゃあ まず これ 芯 取るんだけど

できるかなと思いまして。
刺して。

こっちを こう…。
りんごをクルクル回して。

気を付けて!

ものすごい広がってるけど 大丈夫?

あっ いいんじゃない? 割と…。
よしよし。

今日は 中に いろいろ入れますから
大きい方がいいんです。

スプーンを入れて
くりぬいていくと。

でも 貫通させないように
して下さいよ。

そうなんだよね。

よ~し!
何か どんどん うまくなってるね。

ねえ!
すばらしい!

かまど できましたよ。
成長した! この間も また。

焼きりんごに彩られた 優しい母の記憶。

それは 次第に
違和感へと変わっていきます。

亭主関白の父。

不満を抱え
後悔と愚痴ばかりを口にする母。

10代の娘は
その姿に 強い疑問を持ったのです。

でも じ~っと見ててね…

…って 10代の時に思ったんです。

今から思えば それが…

だから「こんな大人には
決して なるまい」って言って

反面教師になるわけですよね。

でも そうすると 母と娘の関係は
やっぱり うまくいかないんで…。

うまくいかないっていうのは…

やっぱ 10代の間の関係は
よくなかったですね。

そんな母から逃げるように
家を飛び出し

京都大学文学部に進学。

将来の道も見えぬまま
上野さんは 大学院に進みます。

本当に 見通しなくてね

大学院なんか行った女に
職ないですから。

でも その時に…

暇さえあれば お菓子を作っていたという
上野さん。

自然と思い浮かんできたのが
台所に立つ 母の姿でした。

毎年 秋には 母の焼きりんごを作るという
上野さん。

その様子を見せて頂きました。

愛用のキッチン道具
たくさん ありますね。

あのね これがね…

りんごは 母が使っていたのと同じ
紅玉です。

あっ うまくいった…!
やっぱ ずれるな。

こうやって開くでしょ?
開いたらね 何 やるかっていうとね

これ こうやるんです。
こうやって 蓋しちゃうの。

自分が開けたもので。 ここんとこに
シナモンシュガー入れて

あとで 上にバターで蓋する。

いつも見ていた 母のレシピそのままに…。

シナモンシュガーを入れる時
紙の ろうとを使うのは

何度も作るうちに
上野さんが編み出した技!

ああ 簡単簡単! 上等上等!

バターをのせて オーブンへ。

それにしても たくさんのりんご!

はい では…

できた!

出来栄えは?

じゃあ オープン! おお~!

おお~ 美しいじゃないですか。

毎年 大切に繰り返す
焼きりんごと過ごす時間。

今年も甘く 味わい深く 完成です。

なるほど。 お母さんに対する思いもね
どんどん変わっていったんだね。

最初は 苦かった思いが
甘く熟していって…。

でも ちょっと
甘酸っぱい思いだったりもして…。

ねっ。
なるほどね。

だから 我々も… 今回 味も含めて

そういう思いもね 入れていきましょう
この 焼きりんごに。

続きやりますか。
やりましょう。      はいは~い。

はい じゃあ 焼く前に りんごにね
いろいろ詰めていきますか。     OK!

では まず王道ですね。

シナモンシュガーとバターですね。

じゃあ 入れていきますか。
バターから いきましょう。

でね レーズンも
かまど 用意しましたから。

はいよ~。
じゃあ レーズンね。

レーズン 入れちゃった。

シナモンシュガーは…?
小さじ3ぐらい。

で まず 完成でしょ?
王道 焼きりんごですよ。

次は
カスタードクリーム いきますか?

これも冷えてますね。
冷えてるね。

じゃあ もうちょっと ほら…
クリーム状に。

これ 楽しいよ。
これ… 割と簡単だし。

何 入れたって いいんだもんな 考えたら。
本当 そうだよね。

これで? どうする? 大人の香りとか。

えっ?             いっちゃう?
もしかして… これ?

フフ~ン!
ああ~ ブランデーか。

焼いてみたら どうなるのか…
楽しみだね。               ハハッ!

言えてないから 言えてないから。
言えてないから!

もう本当にね そういうのは駄目よね。
無理しちゃった。

無理するとね。
これ 入れますよ。 出る!

人の体って掃除機…。 掃除機だって!
アハハハ…!

私も… みんな言えてない。 駄目!

いや 俺 「正直」と「掃除機」は
間違わないから。   ハハハハ…!

入れるよ? かまど。
はい 入れて下さい。

香りづけですよ。
ほら 見て! 大人の香り。

わあ~! 一気にね 何か…
色っぽくなってきましたね。   おお~?

これを…。
しぼり袋に 移してすると やりやすいね。

一発でいけましたね。
上手!

8分目ぐらいまで
入れちゃうと。

これ… グラニュー糖を
ちょっと ふったりなんかして。

こう… アクセントにね。

そして ジャジャン!
ああ…。

3番目の焼きりんご。
何ですか? 次は。

これはね もう 本当に…  冷蔵庫に。
冷蔵庫?   はい はいはい。

お~っ!

これ?
それ どう?

え~っ? これってさ…。
どうよ?

あれだよね? ゴルゴンゾーラチーズ。
そうそう そうそう。

ちょっと~! ワインと一緒に
楽しもうと思ってたのに。  ハハハハ…!

ヘンゼル君!   はい。
仕上げの黒こしょうですよ。

うわ! りんごに黒こしょうなんて…。
フッフ~! 大人!

じゃあ やりますよ。
いや… 入ってこないんだよ さっきから。

ハハハハ…!

それも 何か…
手慣れてない 何か!

初めて やったみたいなさ。
よし!

OK? シナモンシュガーでしょ?
もえる~!

で カスタードクリーム
ゴルゴンゾーラね。

その前に オキテ!
はい!

え~っ!? どういうこと? おふとんって。
ハハハ…。

あの… きれいに焼き上げたいでしょ?
もちろん もちろん!

ふわっと おふとんをかけて…。

アルミホイルが
おふとんっていうことですよ。

分かりました! これを…。
焼きむらを防ぐと。

このぐらいかな?
はい。

170℃で 30分です。
よ~し かまど!

これは…。
何?

しっかり焼けてほしいですね!

ちょっと一息 Tea Break!

りんごだけじゃない 焼いちゃうと
果物は おいしくなるんで~す!

本当に おいしくなるの~?

大丈夫! 焼きフルーツの達人

星野さんに聞いちゃいました~!

おっと いきなり 柿~!?

しっかり焼いたら
チョコレートソースをトッピング!

甘さが引き立って
お上品なスイーツに変身でございま~す。

フレッシュに見えるけど
このグレープフルーツ

焼いてあるのよ!

マスカルポーネと合わせて

酸味を抑えて まろやかに~!

いちごとブルーベリーは

キュートなグラタンに!

マスカルポーネやカスタードクリーム

好みのソースで アツアツを楽しんで~!

焼いて広がる フルーツの魅力。

あなたも焼いてみて!

かまど 焼けたかな…?
さあ どうでしょうか? 見てみますか?

ちょっと見てみる?
焼き具合を見極めてほしいんだけどね。

30分でね セットしましたけれども…。
ちょっと見てもいい?

皮が裂けてない感じに
したいかなみたいな… 感じ?

あっ! いい~んじゃないですか?
いい~んじゃないですか? じゃあ。

出すよ? じゃあ。
はい。 へえ~!

よし!
もう ちょっと ちょっと…。

もうね 香りはね 実は してるんですよ。
そりゃ してますよ。

じゃあ めくってみますよ。

ドン!
ドドン! おお~!

おわ~! 溶け出してる 溶け出してる。

すごい!
ああ~ いいんじゃないですか?

こんなね 焼きりんご 見たことないですよ
今まで。                 そうでしょう。

びっくり!
(チャイム)

姉ちゃん 帰ってきた!
姉ちゃん おかえり!

♬「可愛いや 可愛いやリンゴ
タカ タッタッタ~」

寒かったでしょ?
アツアツの焼きりんご できてるよ。

鮮やかな色を残して 焼き上げた

甘酸っぱい焼きりんご。

2つに割れば ほら!

シナモンが香る甘いソースがあふれます。

3つの味の焼きりんご お楽しみあれ!

1980年代 海外で盛り上がりを見せていた
フェミニズムに

研究テーマを見いだした 上野さん。

10年をかけ 女性差別を生み出す
社会の仕組みを解き明かし

主婦や家事労働に 光を当てたのです。

母も 見えない差別の被害者だったのだと
研究を通して知った 上野さん。

しかし 上野さんが 44歳の時

優しい言葉をかける間もなく
母は がんで亡くなります。

で ある時 しみじみと 女友達に
電話で しゃべってたんですけどね

「あのね… 死者も
成長するのよね」

って言ったんですね。

それは死者が成長したんじゃなくて

私の方が成長してったんですが

母を受け入れるという気持ちに

だんだん 自分が変わっていった
っていうのがあってね。

でも 相手 死んじゃってるから
トゥー レイトなんですが

その… 和解の気持ちみたいなものが
出てきて

それで やっぱり…
これを見るとね 反応するんです。

まあ まあ…
自分勝手な思い込みなんですけどね。

焼きりんごを作ることで重ねる
亡き母との対話。

今年の焼きりんごは いかがですか?

いける! 見かけより ずっと やわらかい。

うん いけます。

ああ… 何かね これで ちゃんと

一つの季節を過ごした
っていう気分になりますね。

こうやって… 区切りをつけてくとね。

お土産です。 わ~い!

あれ? 上野さん
いつの間にか 入れ物まで。

みんなのために
たくさん焼いてくれてたんですね!

やった~!

今日の「グレーテルのかまど」
いかがでしたか?

焼きりんごを作っている時の
上野さんの優しい表情 印象的でしたね。

毎年 季節が巡ってくると
焼きりんごを作る。

その度に お母さんへの思いも
深まっているのかもしれません。

それではまた このキッチンで
お目にかかりましょう。

では ちょっと失礼して…。

いただきます!
どうぞ!

まずね この 王道のシナモンのね…。
いってみますか?

じゃあ 大胆に… 半分にガッと!
半分にしちゃいますね。

おっ 切れそう 切れそう。
ああ~ ワオワオ ワオワオ…!

すごい! 中から とろ~りでしたね。

本当 やわらかくなってる!
出てる 出てる! ソースがとろり!

じゃあ そのソースを つけつつさ…。
はい 食べてみます。

召し上がってみて下さいませ。

ちょっと おいしそうですよ。
もうね…。            はい。

シナモンとりんごが合わないわけない。

じゃあ このね カスタードクリームの。

ああ クリームのいい香り!
あとブランデーの…。

大人な感じにしましたけれども。
風味も!

フウ~!
ああ… あったか!

雰囲気が やっぱ全然違いますね。
グッとね 大人なデザートに。

おいしい! これも。
いい香りでね。

最後の このゴルゴンゾーラとあれですよ
チーズ。

いってみますか? いよいよ。
いってみましょう。

すごい! うわ~ すごい!
これ 一番 やっぱ香りが…。

めちゃくちゃ合うじゃん!
うん。

言ったでしょ? だから合うって。

めちゃくちゃ合う!
びっくりした 今。      ねっ!

ゴルゴンゾーラのやつが
一番好きかもしれない。     あっ そう!

うん。 めちゃくちゃ おいしい! これ。

でも いろいろね 作ってきましたから
ヘンゼルとは。

だから いろんな思い出が
どんどん増えていってますから

楽しいですよ。
これからも…

いろんな思い出 作っていきましょうよ。

いろいろ作りましょう。
これも また いい思い出になりますね~。


関連記事