遠くへ行きたい 鶴田真由「異国情緒たっぷり長崎&五島列島…世界遺産の旧野首教会へ」絶品カツオ生節…


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『遠くへ行きたい「異国情緒たっぷり長崎&五島列島…世界遺産の旧野首教会へ」』の番組情報(EPGから引用)


遠くへ行きたい「異国情緒たっぷり長崎&五島列島…世界遺産の旧野首教会へ」[解][字]


鶴田真由▽日本で最初…大浦天主堂のステンドグラス▽国家機密?中国変面ショー▽「日本で最も美しい村」小値賀島の絶品カツオ生節▽絶海の野崎島…世界遺産の旧野首教会へ


詳細情報

出演者

【旅人】

鶴田真由(女優)

番組内容

鶴田真由のフォトジェニック長崎▽1)長崎孔子廟の変面ショー…実は中国の国家機密?▽2)青空に映える伝統の凧…ハタあげに挑戦!▽3)精霊流しに欠かせない花火…豊富なラインナップ▽4)日本最古の教会…大浦天主堂のステンドグラス▽5)女子高生たちの青春!情熱を注ぐ「龍踊」▽6)「日本で最も美しい村」…五島列島の小値賀島へ▽7)絶品!ハガツオ生節&かんころ餅▽8)絶海の孤島・野崎島の世界遺産…旧野首教会

音楽

【テーマ曲】

「遠くへ行きたい」

作詞:永六輔

作曲:中村八大

制作

ytv

テレビマンユニオン

番組ホームページ

http://www.to-ku.com

ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!

取材地

長崎県長崎市~小値賀町



『遠くへ行きたい「異国情緒たっぷり長崎&五島列島…世界遺産の旧野首教会へ」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

遠くへ行きたい 鶴田真由「異国情緒たっぷり長崎&五島列島…
  1. 長崎
  2. ハタ
  3. 教会
  4. アハハ
  5. 世界遺産
  6. 日本
  7. キレイ
  8. 花火
  9. 結構
  10. 福田
  11. ホント
  12. 五島列島
  13. 男性
  14. 鶴田真由
  15. アジ
  16. ウニ
  17. ステンドグラス
  18. 異国情緒
  19. 角永
  20. 国家機密


『遠くへ行きたい「異国情緒たっぷり長崎&五島列島…世界遺産の旧野首教会へ」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

<鶴田真由です>

おっ 船出。

<異国情緒あふれる長崎へ
やって来ました>

<ここは 儒教の創始者を祭る…>

♪~

<え~ 何? 何?>

♪~

(拍手)

かわいい。

お面が どんどん

顔が変わって行くの。

<これは…>

わっ!

シュって変わった 今。

<孔子廟では 時々

この変面ショーが
見られるんですって>

<今日はラッキー>

♪~

小っちゃい子がやってた。

中国の方ですか?

違うんですか? 日本人?

はい 日本人です。

<2人は日本では数少ない
プロの変面師>

<妃那ちゃんは なんと9歳>

これは どうなってるの?

顔が変わるのは。

国家機密なの!?

国家機密なの? あれ。

そうなんだ。

<早速 中国の国家機密に

出合うとはビックリ>

♪~

<鶴田真由の長崎>

<異国情緒を楽しむ旅>

<花火も いろいろ>

かわいい これ。

かわいい かわいい。

風の音を指先で感じます。

<凧は どこの国から来たの?>

<エキゾチックな長崎を探して

大好きな写真に収めます>

(シャッター音)

<龍踊りに取り組む

高校生の熱気に感動>

龍の呼吸が感じる…。

<五島列島で
世界遺産を探します>

<ワイルドな
牛の群れに遭遇>

超おいしい。

<鹿に誘われて
世界遺産の教会へ>

<カメラ片手に
ちょっと不思議な長崎巡り>

<皆さんも ご一緒にどうぞ>

かわいい 私も撮ろう。

(男性) 行くよ! はい チーズ!

(シャッター音)
(男性) はい OK!

ここ 眼鏡橋ですね。

<日本最古の石積みのアーチ橋>

<人気スポットです>

何か ポーズを考えてるよ。

<青春の思い出>

いいなぁ
フフフ… やりたい あれ。

ウフフ…。

<異国の文化が いち早く入り

独特の情緒を醸し出して来た
長崎>

<ある遊びに意外な国の文化が
影響していました>

ハタ。

「ハタと呼び
ヨマにビードロをつけ

切り合いをする…」。

戦わせるんだね。

こんにちは。

凧屋さん?
はい。

ハタ。

この図柄とかって
伝統的な文様とかあるんですか?

(大久保さん) そうですね。

長崎のハタというのは…。

だから
ルーツは南方系の凧なんです。

そうなんですか。

縦骨と横骨があるでしょ…。

十字架でしょ。

じゃあ 隠れキリシタンたちは

そこにも
そういう思いを込めてたんですね。

う~ん かもしれないですね。

<各家の家紋のような役割も
果たしたそうです>

尾っぽが付いてないでしょ。

この…。

上下左右 どうにでも動く…。

うん うん…。

<自由自在に飛ばして
ハタの糸を切り合う

ハタ合戦が
長崎の風物詩だったそうです>

<ハタは立ったまま

突き槍バタという方法で
投げ上げます>

お~。

あっという間に。

<青空に鮮やかな色>

頭を向いたほうに引くと…。

そっちのほうに進みます。

<ハタが上を向いた時に
糸を引けば上昇します>

<ハタが高過ぎて
フレームに収まらない>

<何とか 1枚>

ちょっと持ってみますか?
はい。

結構な手応えが…。
そうですね。

風の音を指先で感じます。

面白い。

そこで少し… そうそう。

ちょっと緩めて そうそう…。

<ハタと
会話している気分でした>

(物音)
<えっ? どうしたの? これ>

(物音)
<すっごい音>

はい。

こういうふうに…。
お~ たくさんある。

何か久しぶり こういう花火。

<冬なのに花火のラインアップが
すごいですね>

<長崎といえば
有名な精霊流しをはじめ

いろいろな行事で花火が活躍する
花火好きの土地柄>

お~! ほっほ~。

<これは仕掛け花火>

行った 行った~!

<ほら 中国風の塔が現れました>

かわいい これ。

かわいい かわいい。

これはもう40年ぐらいになる…。
これは かわいいよ。

これ
夜やったら多分すごいキレイ。

<長崎は異国文化の交差点>

例えば モロッコとかトルコとか

う~ん ベトナムとか。

何か やっぱり…。

…なと思いますね。

大浦天主堂が見えて来た。

長崎の教会って独特ですよね。

何か 雰囲気が。

やっぱり 日本と西洋が

まざってる感じがするのかな。

<大浦天主堂は
現存する日本最古の教会です>

<当時をしのぶ聖堂の内部>

<日本で最初に
ステンドグラスが使われた

…といわれています>

<厳かな気持ちになりますね>

あなた 野良じゃないの?

すごい慣れてますね ここの猫。

え~。

何?

ステンドグラスプリンだって。

これ 何ゼリーなんですか?

上の部分が
パイナップルピューレと

レモン果汁のジュレが
のっておりまして…。

キレイですね。

やわらかいですよ これ 意外と。

やわらかゼリー。

うん。

おいしい! これは おいしい。

ステンドグラス
キレイですよね 光が入ると。

やっぱり 教会って

光をすごい計算して
つくってますよね。

ちょっと 窓が開いてて

差し込んでたりすると
すごい 光がキレイ。

もちろん
ステンドグラスもキレイですけど。

<中国から伝わり
長崎の伝統文化になった

芸能に取り組む
高校があると聞いて訪ねました>

<この女子高には日本で唯一の
龍踊部があるんです>

♪~

♪~  動きがすごいですね。

♪~

<軽々と持ち上げていますが…>

あ~ はい。

ありがとう。

はい。
(前田さん) お願いします。

結構 重いんだ これ。

(前田さん) ここまで…。

そうです… その状態から。

これで走り回ってたの? さっき。

すごい! かなり重いですね。

これ コントロールするの…。

筋トレしてる?

してないね これが筋トレだね。

あっ ホントだ ホントだ。

ほら こんなに。

<手のひらのマメ>

なるよね あんな重いんだもんね。

うわ~ ホントだ みんな…。

これは?
これ どうしたの? ここ。

(部員) 皮がむけました。
皮がむけてるんだ。

それでもやりたい?

(部員) ハハハ…。
それでもやりたいんだ?

入ってどう? 楽しい?

はい。
厳しい? 先輩 厳しい?

アハハ…。

<そもそも 龍踊りとは

長崎の伝統的な祭り
「長崎くんち」で披露される

雨乞いの神事>

<龍を扱えるのは男性だけ>

<なぜ それを女子高の部活に?>

(前田さん) そういう中で…。

<生徒全員が活躍できるようにと
始めた この部活動>

<在学中の3年間だけしか
できないので

集中して稽古に励むそうです>

<17年も続く活動で
ひたむきな姿が認められ

今では
さまざまなイベントに出演して

喜ばれています>

これは女子 大変ですね。

♪~

<好きなことに
情熱を燃やす姿って

すがすがしいですね>

♪~

<さて
次は電車と船を乗り継いで

世界遺産の教会があるという
五島列島へ向かいます>

♪~ ああ 日本のどこかに

何かね 旅感満載ですよね。

<絶海の孤島にひっそりと立つ
世界遺産の教会>

<一体 どんな所か楽しみです>


<鶴田真由
カメラ片手に長崎巡り>

<向かったのは
五島列島の北部 小値賀島です>

ありがとうございます。

<人口2400人ほどの
小さな島>

ありがとうございました。

<日本で最も美しい村の一つに
選ばれ

最近
訪れる人が増えているそうです>

こんにちは。

はい 撮影です お邪魔してます。

あら 写さないで アハハ…!

≪わ~!≫

ハハハ… 大騒ぎになってる。

<漁業と農業で成り立つ
のどかな島です>

「かつお生節 製造 直売」。

あ~ 燻してんの? 今。

こんにちは。
こんにちは。

この匂いと煙に誘われて
入って来てしまいました。

あっ これがカツオですか?

今 スモークにしてるんですか?

(男性) そうですね。
へぇ~。

アハハ ありがとうございます。

ウフフ…
もうちょっと大きい声で。

(笑い)

<褒め上手なお父さんが作る
ハガツオの生節>

<燻すことで3か月ほどは
保存できるようになるのだとか>

<味は…>

立派。

超おいしい。

やわらかいのが残ってる感じ。

<絶品の生節 ありがとう!>

かわいい町並みですね。

う~ん。

ステキですね。

それ 中 何ですか?

(角永さん) かんころ。
かんころ え~。

干し芋ですか?
(角永さん) そうです。

これ 1回 蒸してから

干してるんですか?

茹でてから干してます。
茹でてから干してる。

<小値賀島の保存食 かんころ>

<晴れた日には どの家も

大量に干し芋を作るそうです>

<このかんころには
独特な食べ方があるのだとか>

お邪魔します。

もう いい匂いがしてます。

サツマイモの。

<干して甘みが増した
かんころを蒸したら

もち米 ショウガ

ゴマなどと一緒について
餅にします>

<だんだん
かんころ餅の形になるはずが…>

ダメ 表はいいけど裏がダメ。

裏は見ないで アハハ…。

(角永さん) あ~ そうですよね。

ちょっと慣れが必要ですね。

<最後に細長く形を整えれば
出来上がり>

なるほど。

かわいいですね。

<固まったら
食べやすい大きさに切り

表面がカリっとするまで
焼くそうです>

<甘みとともに

ショウガとゴマの香りが
鼻をくすぐります>

これ タピオカみたいに

流行らせましょうよ。
タピオカ?

癖になる食感の感じは似てます。

<かつては
冬の間の保存食でしたが

今では島のお土産としても
喜ばれています>

<この島が暮らしやすいと

移住して来た人も
たくさん います>

「tan tan」。

お2人は親子なんですか?
(かすみさん) はい そうです。

あ~ なるほど。

シフォンケーキは軽いから
パクパク行けちゃいますよね。

<こちらは
岡山から来た吉岡美紀さん>

<魚醤を造って
販売しています>

うん。

これ もう アジ アジ。

すっごいアジの味がします。

<福岡出身の新田大樹さんは
食堂を開きました>

あっ 外国の方。

どちらから?

こんにちは。
アメリカ人です ブレットです。

ブレットさん。

ハ~イ!

お~ 渡って来た。

オホホ…。

<ほ~ら 牛の群れ>

突っ込んで来たけど大丈夫?

<この牛たち 一体 何事!?>

<鶴田真由
五島列島 小値賀島の旅>

<島の道路で出合った牛の群れ>

あ~ そうですか?

いくつですか? この子。

へぇ~。

カンナ。
(福田さん) 10月に生まれてね。

あ~ 危ない 危ない。

<夕方まで
近くの山に放牧するそうです>

<それにしても
移動は ひと苦労>

(福田さん)
あっち行ったり こっち行ったり。

アハハ…。

<牛は8か月ほど育てて
長崎や松阪などに

肥育牛として
出荷されるそうです>

ウニ? 朝からウニ?

うれしい。
好き? よかった~!

<朝食に お呼ばれしました>

いつもの料理やからね ごめんね。

とんでもない
いつもの料理がいい。

入る 入る 入る。

<福田さんが自分で取った
ウニとサザエをまぜて

塩で締めたもの>

おいしい。

(福田さん)
そう よかった! アハハ…。

食費かかんないですね。

アハハ…!

<干したカマスも手作りです>

ちょうどいいです。

<実は福田さんも
大阪から嫁いで来た人>

結構
ほら ストレスがたまるでしょ!

ストレスをためるのが
一番 体に悪いの。

こういうとこに来て
ストレス発散して

元気になって帰る!
なるほど 観光大使ですか?

はい! アハハ…!

<素朴な朝食 たまりませんね>

こんにちは~。

<さぁ 世界遺産の教会がある

島へ向かいます>

ぬれるかもしれない?

<船で およそ30分の野崎島>

<ここへ年間6000人の
観光客が訪れるそうです>

<20年ほど前から ほぼ無人島>

あら! 鹿ちゃんが。

<サファリパークみたいですね>

<小高い丘の中腹に立つのが

世界遺産の教会>

<これを見てみたかったんです>

<中は
どうなっているのでしょう?>


<ここを訪れるのが
楽しみでした>

お~ かわいらしい。

あ~~~。

♪~ い~ いいい~

♪~ あ~ あああ~あ~ あああ~

結構 響きますね 楽しい。

♪~ あ~い~

<わずか17世帯の漁師が
生活を切り詰めてつくった

レンガ造りの教会>

<当時の信者たちの
信仰心の強さが伝わって来ます>

いいね いいとこでした。

ホントに いいとこだ ここは。

歩いて来るの
結構 大変だけど

何か その道中も鹿が…。

鹿が案内してくれてるみたいで
よかったですけどね。

<異国情緒を味わいながら
旅する

フォトジェニック長崎>

<皆さんも こんな旅に

出掛けてみませんか?>


関連記事