てれまさむね 新型肺炎県内では・・・?・宮城県出身の映画監督、岩井俊二さんに新作に込めた思いを語ってもらい…



出典:『てれまさむね 新型肺炎県内では・・・?▽岩井俊二監督新作に込めた思い語る』の番組情報(EPGから引用)


てれまさむね[字]▽新型肺炎県内では・・・?▽岩井俊二監督新作に込めた思い語る


▽新型肺炎県内では・・・?▽宮城県出身の映画監督・岩井俊二さんに新作に込めた思いを語ってもらいます。



『てれまさむね 新型肺炎県内では・・・?▽岩井俊二監督新作に込めた思い語る』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

てれまさむね 新型肺炎県内では・・・?・宮城県出身の映画監督
  1. 作品
  2. 感染
  3. 自分
  4. 確認
  5. 仙台
  6. 撮影
  7. 住民
  8. 場所
  9. 男性
  10. 宮城
  11. 手紙
  12. 地元
  13. 武漢
  14. 岩井監督
  15. 今回
  16. 展示会
  17. 伝統行事
  18. 様子
  19. お伝え
  20. コロナウイルス


『てれまさむね 新型肺炎県内では・・・?▽岩井俊二監督新作に込めた思い語る』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

こんばんは。1月16日木曜日の
てれまさむねです。

きょうは内容を一部変更して
お伝えします。どうぞ

ご了承ください。ではお伝えする
主な内容ですが、きょう

新型コロナウイルスへの感染者が
国内で初めて確認されました。

県内でも水際での対策が行われて
います。このあとすぐ

お伝えします。
宮城県出身の映画監督、

岩井俊二さん。新作映画
ラストレターに込めた思いを

語ってもらいました。
18分ごろからです。

きょう最初ですけれども中国の
武漢で新型のコロナウイルスの

感染が相次いで確認されています
が、きょう国内でも感染が

確認されました。
仙台空港では国際線の乗客の体温

を測定するなど水際での対策に力
を入れています。

中国湖北省の武漢。
先月以降、原因不明の肺炎の患者

が相次ぎこれまでに41人から
新型のコロナウイルスが検出され、

このうち61歳の男性1人が
死亡しています。

そして国内でも感染が。

厚生労働省などによりますと
神奈川県に住む30代の中国籍の

男性が新型のコロナウイルスに
感染していることが

確認されました。
男性は今月3日、中国の武漢に

渡航中に発熱し6日に日本に帰国
したあと肺炎の症状で入院。

国立感染症研究所の検査で武漢で
相次いだ新型のコロナウイルスへ

の感染が確認されたということ
です。

男性は武漢に滞在中、一緒に生活
していた人の中に肺炎の患者が

いたと話しているということです。

仙台空港では。

海外から到着した乗客に熱がある
人がいないか検疫所が確認してい

ます。
そして注意を呼びかけるポスター

も。

仙台検疫所によりますと潜伏期間
があるため感染している人すべて

は把握できない一方、
仙台空港では感染が疑われる事例

は出ていないとしています。

厚生労働省によりますと、今回の
肺炎が人から人に次々に感染する

ケースは確認されていないという
ことですが

従来の検疫体制を続けたうえで
武漢からの帰国者でせきや発熱

などの症状がある場合は速やかに
医療機関を受診し渡航歴を申告

するよう呼びかけています。

ウイルスが広がる可能性は。
感染が確認された男性が住む

神奈川県の専門家は、次のように
話しています。

県内のレギュラーガソリンの平均
小売価格は1リットル当たり

147.1円で
中東情勢の緊迫化などを背景に

原油価格が上昇したことを受けて
前の週から0.3円高くなり

3週連続の値上がりとなりました。

仙台市泉区の住宅地で住民の求め
に応じて運行される交通手段

デマンド交通の実証実験の様子が
きょう報道関係者に

公開されました。

こちら

が実証実験で使われる
電気自動車です。

太陽光パネルで発電した電気で
走ります。

実験は仙台市泉区の
泉パークタウン寺岡地区で行われ

住宅地を整備した三菱地所や
仙台市などで作る協議会が

先週から始めました。

利用者は地区内の69か所から
乗り降りする場所を選び電話や

インターネットで予約をすると
希望の場所に迎えに来たり

降ろしてくれたりするという

仕組みです。

なぜ寺岡地区で実証実験が
行われているのか。

背景にあるのは住民の高齢化です。

泉パークタウン寺岡地区は
昭和55年に販売が始まりました

が年々高齢化が進み販売開始から

40年目となる去年は高齢化率が
41.6%となっています。

今後、乗用車を手放す住民が

増えることが予想され地域の交通
手段の確保が課題となっています。

こうした中、行われている今回の
実証実験。

来月末まで行われ住民の意見を
踏まえて導入について検討する

ことにしています。

買い物だったり通院が便利になる
ということなら

メリットではありますよね。

続いてはこちらです。

映画、ラストレター。

手紙の行き違いをきっかけに

始まった2つの世代の男女の
恋愛や心の再生を描いた作品です。

監督は仙台市出身の岩井俊二さん。

高校まで過ごしたふるさと宮城で
初めて撮影を行い、作品にも

岩井監督の原体験が
込められているといいます。

あすから全国の劇場で

公開されるのを前に

作品に込めた思いを伺いました。

『作品を拝見したんですけれども
とっても厳しい現実もあって

厳しい現実を見つめながらも

どこか、おとぎ話のような
雰囲気もすごく

感じたんですけれど
監督はどんな物語を

届けたかったんですか。』

『どうなんですかね。
作っていると本当にそれで

精いっぱいというか。
特にこの作品はすごく

大変だったですね。

手紙を中心に据えてしまった

せいで、なかなか形になりづらい
作品ではあって非常に苦労して

今、果たしてどんな物語に
なった

んだろうと自分の中で
振り返っているぐらいの

タイミングなんですけど。』

主人公の1人、小説家の

乙坂鏡史郎。初恋の相手を

主人公にしたデビュー作が

ヒットしますが、その後は
ヒットに恵まれません。

物語はそんな鏡史郎がすでに
亡くなっているその初恋の相手に

手紙を送るところから展開します。

しかし、亡くなった相手から
手紙が届きます。

亡くなった姉のふりをする妹。

その姉の娘までが鏡史郎に手紙を
書いていたのです。

作品

は、過去と現在、それぞれの
思いが交錯しながら

展開していきます。

実は岩井監督、25年前にも
同じ

手紙のやり取りを
モチーフにしたラブレターという

代表作を手がけています。
岩井監督は初恋の相手に

とらわれる鏡史郎と自分を
重ねながら今回の作品を

仕上げたと語っています。

『自分にいちばん近いのは

福山さんの立場で四半世紀ぐらい

前ですけどラブレターって
映画を作ってそれが

劇場デビュー作だったんですけど
いかにこの作品にとらわれない

ようにするかっていうのは。常に
なんですけど、作る新作にいかに

とらわれずに次にいくかっていう。

なかなか簡単ではなくて

創作活動続けるにおいて
それとの戦いがあるわけですけど

全く他人事ではないところで

彼の人物像を
作っていた気がしますね。』

今回

初めてふるさと宮城を
舞台にした岩井監督。

その理由を聞きました。

『仙台を舞台に中学時代
高校時代の回想を作っていったら

どうなるだろうと考えて。

自分の中では物語を作る

根源的な聖地みたいな場所なので
逆に撮りづらかったですね、

今まで。』
『根源的な聖地?』

『僕にとっては、18歳まで
仙台にいたんですけど、青春的な

素材っていうとそこまでの体験は
すごく大きかったので

何かというとそこに探しに行く
ような倉庫みたいな場所で

ひとまず仙台にチューニングを
合わせると大体、ものが作れる

状況になって逆にあえて仙台で
せずに作ってきたわけですけど。

初めて本格的にその場所で撮る
不思議な

感覚ではありましたけど。』
『撮ってみていかがでしたか。』

『高校生ぐらいまでしか

いなかったのであまり自分に

縁のないところには行ったことが

ないんですよね。泉パークタウン

のほうとか白石のほうとか
ほとんど初めて足踏み入れる状況

で、こんなきれいな町並みが
たくさんあったんだっていう

新しい発見や驚きも
ありましたけど。』

『とりわけ印象的な場所とか
エピソードとかって

ありますか。』

『中山美穂さんと豊川悦司さん
が出てくるシーンが

あるんです

けど国分町の裏の
僕らのころ、東一番町と

いっていた辺り、僕は北一番町で

生まれ育ったので思い出の地
なんです

けどその当時のままの
形で残っていたのが衝撃でしたね。

ふるさとというより自分の
発祥の地というか、生まれいでた

場所で撮影できたので、それが

いちばん、自分の人生においても
大きな

一日でしたね。』

岩井監督といえば復興支援ソング
花は咲くの作詞を担当しました。

今回の作品にも歌詞の一部と
共通するものがあると

話しています。

『あの震災があってそのあと

花は咲くという歌の歌詞を書く

機会があったりとか意外と
不思議な運命が

僕自身の中にもあったわけ

ですけど深層心理的な中には

ずっとこれを表現しなきゃ
みたいなのがいまだにずっと

残っているような気がしていて
震災のときに自分なりに感じた

生死観だとか、いろんなものが

ここに投影されているような気が
して

いて、特に最後のほう

なんですけど、最近自分で何か

このエンディングって

花は咲くの歌の歌詞に少し
似てるんだよなって自分の中で

思ったりしました。』

『ぜひ宮城の皆さんへ
メッセージを頂ければ。』

『仙台で生まれ育って仙台で
育ま

れて初めてふるさとで
こういう映画を撮りました。

どんなふうに写ったか、仙台は
こんなふうじゃないとか

いろいろありましたら
ぜひ感想を聞かせてください。』

どういうふうに岩井さんから見た
宮城、仙台が描かれているか楽し

みになりました。

少し見たんですがとってもみずみ
ずしいきらきらした宮城と少し闇

がある宮城、そんな印象でした。
映画ラストレターはあすから

全国の劇場で公開されます。
気象情報をお伝えします。

まず外の様子ご覧ください。
現在の仙台市内の様子です。この

時間、気温は5.1度となってい
ます。

きょうの日中はきのうの雪や雨
から一転して日ざしが届いて

最高気温は8度と3月上旬並み
まで上がりました。

さてきょうの日中、正午の時点の
天気図

と雲の様子です。きょうは
弱いながらではありますが

西高東低の冬型の気圧配置となり
ました。このために西部では雪の

降ったところもありましたが東部
を中心に晴れ間も広がりました。

あすも晴れたり曇ったりきょうと

同じような空もようと
なりそうです。

詳しく見ていきましょう。

さらにニュースです。

去年10月の台風19号で大きな
被害を受けた丸森町で

今後の復旧復興計画の策定に
向けた住民説明会が開かれました。

大内まちづくりセンターで
開かれた説明会には、町の職員や

住民などおよそ50人が
出席しました。

丸森町は先月、復旧復興計画を
策定する際のベースとなる

基本方針を取りまとめ
町内

8か所で説明会を開き住民の
意見を聞くことにしています。

このあと町の担当者が基本方針を
説明し

被災した人たちの心のケアなど

きめ細かな支援を進めるとともに
安心安全で安らぎある暮らしの

再建に取り組むことや

ハードソフト両面のバランスを
取った防災減災対策の取り組みを

進めるなどとしています。
これに対し住民からは。

また災害に強いまちづくりを
どう進めていくのかという質問も

出され
町の職員は

県と協力して危険な地域を把握し
治山治水などを進めていきたいと

話していました。

阪神・淡路大震災からあすで
25年です。

東日本大震災の教訓を伝える活動
をしている県内の語り部たちが

震災から時間がたった神戸での
伝承の在り方を学ぼうときょう

視察に出発しました。

東日本大震災から来年で10年と
なる中、

記憶の風化や教訓をどう
伝え続けるかが課題となってい

ます。

視察は語り部などによる伝承の
取り組みを行っている

3.11みらいサポートが

阪神・淡路大震災から25年と
なる神戸での伝承の在り方などを

学ぼうと企画したもので
きょう午前、県内で伝承活動を

行う語り部など10人が仙台空港
から神戸に向けて出発しました。

参加者たちは神戸に着いたあと
現地の語り部と意見交換を行い、

あす午前5時から行われる
阪神淡路大震災1.17のつどい

にも参加することにしています。

昭和初期の子どもたちの日常を
思い描いて制作した創作人形の

展示会が大崎市で開かれています。

展示会は大崎市出身で今は千葉県

に住んでいる人形作家、
粟野敦子さんの作品を集めた

もので
昭和初期の子どもの遊びや生活を

思い描いて制作した作品33点が
展示されています。

このうち、てんばたあげという
作品は

たこ揚げをする2人の男の子の
うれしそうな表情と

いつ揚がるのかと待ち望んでいる
女の子の姿が印象的です。

両親に買ってもらった着物を
羽織り、ポーズを取る姉に

見とれている弟や
おしくらまんじゅうをする5人の

子どもたちなど、どの作品も
子どもたちの生き生きとした姿が

表現されています。
粟野さんは太平洋戦争中の

特攻隊員の写真や遺書に強い衝撃
を受けて以来、

隊員たちが幼少期を過ごした
昭和初期をイメージして人形を

制作しているということです。

展示会は大崎市の
松山酒ミュージアムで休館日を

除いて4月12日まで開かれてい
ます。

みんなのスクープBOXです。
NHKスクープBOXに

送っていただいた写真や動画の
中からベスト5をご紹介します。

ランキングを決めたのは
やっぺぇ編集長です。

よろしくおねがいします。
やっぺぇ編集長が選んだ

5位から2位までをご覧ください。

第5位は縁起のいい植物と
いわれている福寿草です。

今月14日、白石市のご自宅の
敷地で撮影したということです。

投稿者の角張さん。毎年夏ごろ
から手入れをしているそうですが

ことしは例年より花が咲くのが
早めだということです。

第4位は真っ白な姿が美しい
白鳥

の写真です。毎年、白鳥を
撮影している投稿者の齋藤さん。

白鳥の優しい目や表情が好きで

撮影しているそう。仲のいい
2羽の様子を見ていると

心が安らぎ、寒さを忘れるほど
だったと話していましたよ。

第3位は1月6日、仕事始めで
頑張るぞと気合いを入れていた

大野さんのもとに
ちょこちょこっと

近づいてきたのはキツネ。
明けましておめでとうと新年の

あいさつをしに来てくれたと
感じたそうです。去っていく

キツネさんにひと言。
ことしもよろしくね!

第2位はイングリッシュ
ブルドッグのモッペル君。

いびきをかいてぐっすり
寝ていますね。

本当にかわいいです。
日中はいつもこのように

寝ているんだそう。
どんな夢を見ているのかな?

見事ないびきでしたね。
あんないびき

かくんですね。
やっぺぇはいびきかくの?

いえないかな。
さて

今月の第1位を発表します。
やっぺぇ編集長、1位に選んだ

ポイントは?

第1位はこちら。
お鼻とお鼻をこっつんこ。

生後8か月のみおちゃんと
犬のマー君です。

マー君はみおちゃんのことを
いつも見守っていてその姿は

まるできょうだいみたいだと
投稿者のみおのバーバさんは

癒やされているんだそう。
これからもずっと仲よくね。

仲のよさが伝わってきますよね。
決定的瞬間。

おもしろいもの、ちょっと
変わったものなどを発見したり

事件、事故を撮影したりしたら
スマホのアプリや

パソコンのサイトにある
NHKのスクープBOXまで

お寄せください。
撮影は横向きでお願いします。

みんなのスクープBOX。
やっぺぇ編集長でした。

続いては
本のランキングや

その魅力を伝えるいまほんです。
1月6日発表

文芸週間ベストセラー
10位から6位です。

7位は、『ものは言いよう』。
ヨシタケシンスケさんです。

数々の絵本賞を受賞してきた著者。
絵本作家になったいきさつ

影響を受けた本など創作活動の
秘密が詰まった1冊です。

続いて

5位から1位。

5位は宮部みゆきさんの

『黒武御神火(ごじんか)御殿』。

とある江戸の商家で続く
変わり百物語。招かれた客人が

恐ろしくも切ない奇妙な体験を
語っていく。

いまほんリポート。

ある程度の年齢になると
ひと事ではなくなる墓のこと。

でも、遠くにあったり
継ぐ人

がいなかったり。

問題をついつい
先延ばしにしてしまう人も

多いのではないでしょうか。

今回紹介

する本は

『まんが墓活
それでどうする、うちの墓?』。

墓について基礎知識から種類
法律

までさまざまな視点で
考える本です。

著者は漫画家の井上ミノルさん。

継ぐ人がいない実家の墓の問題が
きっかけで墓について

考えるようになりました。

『祖母からずっと家を継いで
ほしいと子どものころからずっと

いわれてたのもあって
ふと思えばもう、だんだん

親も年をとってきましたし
どうしたらいいんかなというふう

に思ったのがきっかけですね。』

墓は代々受け継ぐものと
思わ

れていますが、この考え方は
明治以降のこと。

それ以前の墓は個人墓や

共同

墓だったそうです。

時代とともに変化してゆく墓は
種類も埋葬方法も意外と

自由なんです。

一方、墓を建てることが遺族への

心のサポートになることも
あります。

この男性は墓を建てることに

没頭して家族の死を
受け入れられたといいます。

取材

を進めることで墓は
残さ

れた者のためにあると
井上

さんは思い至りました。

『そう思ったときに、じゃあ
お墓を作るとしてどういう形に

するかっていうのは今、選択肢が
いろいろできてるから

選べるんだよっていうことを
伝えたいなというふうに。』

この本では墓にまつわる困り事と
その対策も紹介。

墓の移転や墓じまいなど
具体的な方法が分かります。

墓の歴史から作り方や費用まで。

墓の問題を考えるヒントが

詰まった1冊です。

僕たちは利府町立青山小学校
5年1組です。

青山小学校では今月
縄跳び大会があります。

短縄では、さまざまな技を

競争したり、クラス全員で
長縄を跳んだりします。

みんなで心を1つにして

頑張りまーす!わー!

私たちはお米作りに
取り組みました。

その名も岡田米。

の力を最大限に生かし
おいしいお米ができました。

岡田米、最高!
イエーイ


福島です。信夫三山暁まいりや
福島わらじまつりなど福島市の

伝統行事や祭りで使われる長さ
12メートル

の大わらじ作りが
きょうから本格的に始まりました。

大わらじは江戸時代に始まったと

される信夫三山暁まいりで

福島市の信夫山にある羽黒神社の
仁王像

のために作るようになった
と伝えられています。

きょうからことしのわらじ作りの

本格的な作業が始まり、信夫山の
ふもとにある作業所ではけさ

起工式が行われ地元の人たちが
製作の無事を祈りました。

わらじは長さ12メートル、
重さ

2トンで地元の人たち7人が
およそ2週間かけて製作します。

作業する人たちは
早速、竹でできた骨組みに

長さ1メートルほどのわらを
丁寧に編み込んでいました。

大わらじは来月10日、

信夫三山暁まいりで羽黒神社に

奉納されるほか、5月に
山形市で開かれる東北絆まつりや

8月の福島わらじまつりでも
披露されます。

秋田です。にかほ市で地元の
男の子が田んぼなどを歌いながら

練り歩き五穀豊じょうなどを願う
小正月の伝統行事、鳥追いが

行われました。

鳥追いはにかほ市象潟町の
横岡地区などに伝わる

国の重要無形民俗文化財に
指定されている

上郷の小正月行事の1つです。

きのうは地元の小中学生の男の子、

合わせて11人が参加し田んぼを
回ってことしの豊作を祈りました。

このあと子どもたちは
餅くれと歌いながら地区を

練り歩き、地元の人たちから
お餅やお菓子をもらっていました。

『悪いわらしはいねえか。』
『いい子にします。

いい子にします。』
岩手です。ユネスコの

無形文化遺産に登録されている
小正月の伝統行事、吉浜のスネカ

が昨夜、大船渡市で行われました。

大船渡市の吉浜地区に伝わる
吉浜のスネカは小正月の

1月15日に子どもの健やかな
成長や豊作などを願う伝統行事で

おととし秋田県の男鹿のなまはげ

などと共にユネスコの
無形文化遺産に登録されました。

昨夜

はみのをまとい、鬼のような
形相

のスネカが腰をかがめた
独特の歩き方で地区の住宅

300軒余りを回りました。

山形です。伝統のわら細工を
現代風にアレンジした作品の

展示会が新庄市で開かれています。
展示されているのは職人の技を

生かして作った作品およそ50点。

このうち直径が僅か1ミリほどの

わらを丁寧に編み込んで作った

籠は美しい編み目と曲線が
印象的な作品です。

中に照明を入れるとわらの

隙間から漏れ出す柔らかな光が
幻想的に辺りを照らすと

いうことです。


に掛けるボトルケースや

ねずみや馬などの動物、それに

雪や花を表現した置物など
ふだん目にするわら細工とは

違った現代風の作品が
数多く展示されています。

『本当に手込んでて
見るだけで楽しいです。』

『丁寧で
すばらしいと思います。』

展示会は入場無料で来月2日まで
新庄市

にある雪の里情報館で
休館日の月曜日を除いて

開かれています。

『先ほど始まったばかりですが
外にまで威勢のいい声が

聞こえてきています。』

青森

です。江戸時代から

伝わるとされ、大声で叫びながら

ごはんやすまし汁を食べ続けて
豊漁や家内安全などを願う

佐井村の伝統行事、おこもりが
昨夜、行われました。

神社に運び込まれたのは

ごはん30キロと豆腐100丁を
使って料理したすまし汁です。

地元の男性たちおよそ30人は

合図に合わせて勢いよく食べ始め

茶わんが空になると大声で
めしー!、しるー!などと叫んで

お代わりを求めていました。

箸の動きが鈍くなると
急かされて食べ終わる前に

山盛りに盛られる人もいました。


関連記事