爆報!THE フライデー【政治家・枝野幸男の妻 6度の流産…壮絶不妊治療】プロ野球界の満塁男、駒田徳広は今…


出典:『爆報!THE フライデー【政治家・枝野幸男の妻 6度の流産…壮絶不妊治療】』の番組情報(EPGから引用)


爆報!THE フライデー【政治家・枝野幸男の妻 6度の流産…壮絶不妊治療】[字]


▼政治家・枝野幸男の妻がテレビ初激白!▼実録 人生をかけた壮絶不妊治療1400日

▼6度の流産…枝野夫婦の苦悩が明かされる


詳細情報

番組内容

【有名人の不妊治療】

▼政治家・枝野幸男の妻がテレビ初激白!

▼実録 人生をかけた壮絶不妊治療1400日

▼6度の流産…枝野夫婦の苦悩が明かされる



【元巨人軍 スター選手の家族問題】

▼プロ野球界の満塁男・駒田徳広は今…

 親子大ゲンカで家族崩壊!?4年間家を出たっきりの娘と今夜緊急再会!

番組内容2

【オリンピックメダリスト大追跡】

▼アトランタ五輪銅メダリスト 人気スポーツ選手Jは今…

 カトパン似の美人キャスターと結婚!180度違う???を開業していた!

▼あのオールブラックスも来店して、話題に!さらにJ憧れの絶好調男・中畑清とドッキリ対面!

出演者

<M C> 爆笑問題  <スペシャルゲストMC>田原俊彦

<レギュラー出演者>テリー伊藤  アンガールズ 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 友近

<アシスタント> 山本里菜(TBSアナウンサー)

<出演者>フットボールアワー 松本穂香 知念里奈 駒田徳広 十文字貴信 枝野和子 枝野幸男 中畑清

公式ページ

▼番組HP

http://www.tbs.co.jp/bakuhou/

▼twitter

https://twitter.com/bakuhou_tbs

@bakuhou_tbs

制作

TBSテレビ

おしらせ

松本穂香さん出演の金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』はこの後よる10時スタート

毎週金曜よる10時から放送します!


『爆報!THE フライデー【政治家・枝野幸男の妻 6度の流産…壮絶不妊治療】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

爆報!THE フライデー【政治家・枝野幸男の妻 6度の流産…
  1. 和子
  2. 十文字
  3. 枝野
  4. 駒田
  5. 真子
  6. 政治家
  7. 彼女
  8. 夫婦
  9. スタッフ
  10. 今回
  11. 枝野夫婦
  12. 中畑
  13. 不妊治療
  14. 流産
  15. 両親
  16. 医師
  17. 結婚
  18. 現在
  19. 仕事
  20. 枝野幸男


『爆報!THE フライデー【政治家・枝野幸男の妻 6度の流産…壮絶不妊治療】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

<政治家
枝野幸男の妻が>

<その結果…>

<しかし…>

<彼女は>

<さらに 転院を繰り返し
医師から受けたのは…>

<まずは>

<プロ野球界の満塁男
駒田徳広は今…>

<親子大喧嘩の末>

<娘は4年間
家を飛び出していた>

<今夜>

<娘が号泣
親子喧嘩の結末とは?>

(実況)さあ駒田 プロ初打席

<球界歴代5位となる>

<13本の満塁ホームランを
記録した>

<プライベートでは ファンだった
美佳子さんと30年前に結婚>

<に恵まれた>

<駒田は 娘の真子ちゃんを溺愛>

<その様子は
たびたびテレビでも取り上げられた>

<そんな愛娘と5年前>

<あることが原因で親子大喧嘩>

<高知での監督業を辞め
最近 東京に帰ってきた駒田に>

<真相を直撃>

ということは
一番の心配ですよね

<あったのか?>

<駒田は娘の真子さんには
苦労させまいと>

<私立の小中高一貫校に
入学させ>

<箱入り娘として
育てた>

<突然>

<そんな娘に妻 美佳子さんも…>

<すると娘は逃げるように
家を出て行き 以来>

<徹底追跡の末…>

<我々は 娘の>

<直撃取材を試みることに>

<こちらが駒田の娘 真子さん>

<どことなく>

<彼女は この雀荘で>

<週4日 アルバイトをして
生計を立てているという>

<真子さんに この親子喧嘩の
真相を聞くと>

<両親に対する不満が爆発>

ねみたいな話されて

<その時 駒田に言われた一言で>

<家を出ることを決めたという>

<それが…>

って言われたのが

<離れ離れになって4年>

<そこで今回 駒田夫婦は>

<突然の>

<娘の仕事終わりを待ち
3人で話し合い>

<4年間 確執を抱えた親子が
本音でぶつかり合う>

<ここで>

っていうのがまずあって

やっぱり時間帯も遅くなるし
まだ大学生だったから

それでちょっと

と やっぱりそれは
よくないんじゃないかという心配

<両親は
真子さんに>

<しかし>

<そして 4年間雀荘で
アルバイトを続け>

<昨年ついにプロ試験に合格>

<夢だったプロの道をつかんだ>

<それでも真子さんが両親のもとへ
素直に戻らなかったのは>

<父 駒田に言われた
今でも許せない あの一言>

って言われたのが

って ずっと思ってて

のかもしれないなって

<そして駒田が
本音を語りだす>

<すると…>

<に涙が止まらない真子さん>

<娘の麻雀に対する思いや
働いている姿を見て>

<両親は>

なって思う

<真子さんは今 麻雀界期待の
新人としてプロリーグ戦に参加>

<両親に見守られながら>

<そして 年頃の娘を持つ>

田中さんちは
娘さんいますけど

喧嘩したりしたら…

喧嘩はない だけど今はもう
俺が言いくるめられるっていうか

とか言われちゃうから

HA

(藤森)「ざまみ~」
「ざまみ~」

女優の松本穂香さんです

何ですか?
ありゃ 大和じゃ

<今や
オファー殺到の>

<そんな松本
実は大のお笑い好き>

何やねん!

<今年 ついにオリンピックイヤー>

<そこで>

<さらにJ憧れの大スター>

<で奇跡を起こしたJが…>

<翌日の新聞やテレビは無名だった
十文字をこぞって特集し>

<この年 松井秀喜やイチローとともに>

<日本プロスポーツ大賞殊勲賞を受賞>

<しているという噂が>

<やってきたのは千葉県柏市の
とある公園>

<すると…>

(スタッフ)すいません

<それでは アトランタオリンピックから24年>

こんにちは 十文字貴信です

<こちらが現在44歳 十文字貴信>

<体形は変わらず今でも…>

<さすが 元競輪選手
その筋肉は いまだ健在>

<そんな十文字の自宅に
案内してもらうことに>

<そして>

(スタッフ)あっ 奥様ですかね?

<なんと この見た目で50歳>

<そんな>

をやっていました

<ちなみに>

て呼ばれてます

<そんな土浦のカトパンに>

<猛アプローチの末>

<そして 現在…>

<なんと 子どもは4人>

<果たして 育ち盛りの>

<やって来たのは
柏市にある卸売市場>

<もしや 市場で>

<すると シャッターを開けだした
十文字>

<そう 十文字が始めたのは>

<ここ 中華そば白河屋は>

<福島県白河市が発祥
白河ラーメン専門のお店>

<白河ラーメンは鶏ガラを主体とした
醤油ベースのスープと>

<水分比率およそ50%の
もっちりとしたちぢれ麺が特徴>

<今 福島県の喜多方ラーメンと並ぶ
人気ご当地ラーメン>

<実は十文字のお店>

<その理由が…>

<ラグビー ニュージーランド代表の
オールブラックスが来店し>

<インスタグラムに
アップしたことでファンが殺到>

<しかし 元オリンピック銅メダリストの
十文字が>

<なぜラーメン屋さんを
開業することになったのか?>

<それは…>

ということを言われてしまって

<実はオリンピック後
脊柱管狭窄症という病気を発症し>

<病と闘いながら>

<白河ラーメンの名店で
ノウハウを学び>

<自らのお店をオープン>

<そんな十文字のラーメン作りは
とにかく繊細>

<実は現役時代 サドルの位置を
ミリ単位で調整する>

<超几帳面だった十文字>

<ラーメン作りも同じで
醤油ダレも…>

<必ず>

ていうのをやります

<さらに 抜群の運動神経を生かし
とにかく機敏に動く>

<ゴミ出しだって
このスピード>

<そんな真面目十文字には>

<自分の白河ラーメンをどうしても
食べてほしい人物がいる>

<それが…>

<しかし なぜ中畑に
ラーメンを食べてほしいのか?>

って 子どもの頃
ずっと言われてました

<実は>

<そんな中畑にいつか
食べてほしいと思っていた十文字>

<というわけで 今回…>

<を企画>

(スタッフ)絶好調ですね
うん そうだね

<さらに…>

<政治家 枝野幸男の
妻が>

<ラーメン屋さんに転身した
自転車競技銅メダリスト 十文字貴信>

<そんな彼が>

<果たして 本場の味を知る>

<ちなみに 十文字には今回…>

<すると伝え
スタンバイしてもらった>

<それでは>

こんにちは~
いらっしゃいませ!

(中畑)こんにちは~

(中畑)こんにちは~
こんにちは!

イエーイ 今年からやったの?
はい

(中畑)ホントにね 私じゃダメ?
いえ…

白河ラーメンって聞いたらさ

<突然の中畑登場に
動揺を隠せない十文字>

<そして 大緊張の中>

<果たして 自らのラーメンで>

<その後も なかなか
絶好調と言わずにまさかの完食>

<そこで十文字自ら
絶好調のコメントを引き出す>

松本さん ご覧になって
いかがですか?

松本さんは
憧れの人っているんですか?

有村さんは すごいやっぱり…

すごくない? 「あまちゃん」見て
女優になりたいと思って

「ひよっこ」出るんだよ?

<政治家
枝野幸男の妻が>

<その結果…>

<そして…>

<彼女は>

<さらに 転院を繰り返し
医師から受けたのは…>

<枝野夫婦の苦悩が
初めて明かされる>

<彼を長年
支えている妻が 枝野和子さん>

<そんな
枝野夫婦に>

<話を伺うため
待ち合わせ場所の>

(スタッフ)こんにちは

<こちらが>

<和子さん>

<こうして
テレビ取材を受けるのも>

<初めてだという>

<そんな彼女が
今回>

<政治家 枝野幸男と夫婦で挑んだ>

<壮絶な不妊治療>

<果たして
その結末は?>

<語学も堪能で 国際線で
世界を飛び回るなど>

<才色兼備な女性だった>

<しかし 彼女の人生は
枝野との出会いで一変する>

<2人の出会いは1997年>

<和子さんが29歳
枝野が33歳のとき>

<そのきっかけはなんと お見合い>

<当時 枝野は
衆議院議員2回生の若手議員>

<しかし ある意外なことが
きっかけで>

<それは…>

<すると>

<だが
その>

<周囲からも…>

<これが決め手と
なって>

<長きにわたる
壮絶な不妊治療だった>

<仕事を
辞め>

う~ん

でもさ

<このときは 何の苦労もなく>

<その夢は叶うと思っていた>

<しかし>

<結婚から4年 33歳になっても>

<和子さんに妊娠の兆候はなく…>

<そこで夫婦は ある決断をする
それが…>

<まず>

<費用も 1回およそ2万円と
不妊治療としては高くない>

<その後 受精して
着床したかどうかが分かるのは>

<およそ2週間後>

<だが…>

<実は 人工授精の妊娠率は>

<1回5~10%と あまり高くない>

<枝野夫婦は
半年間で4回の治療を行うも>

<1度も妊娠できなかった>

<なかなか結果が出ない人工授精>

<そこで夫婦は 次の
ステップに切り替えることに>

<それが…>

<費用も 1回30万円以上と
かなり高額だが…>

<それ以上に
大変なのは>

<体内から卵子を取り出す際には
激痛を伴うため>

<和子さんは>

<その後>

<体外受精の
妊娠率はおよそ30%と>

<人工授精と比べて かなり高い>

<すると>

えっ
あ~ やったよ~!

<待望の赤ちゃんへの期待が
大きく膨らんだ>

<しかし その
2カ月後>

<和子さん>

<すると…>

いや

<着床しては流産を繰り返すこと>

<1年間で3回>

<その間に>

<不妊治療していることは
周囲に明かさずに>

<政治家の妻としての仕事を
明るくつとめた>

<しかし>

<政治家の妻として 当然のように
跡取りを期待された>

<たび重なる流産と
プレッシャーに押しつぶされ>

<和子さんの心身は疲弊>

うつっぽいというか

<なんと うつ状態に>

っていうような

<流産を経験した 多くの
女性たちが>

<また 体外受精は
1つの受精卵を戻すたびに>

<およそ30万円の治療費や>

<諸経費がかかるため 1年半で>

<150万円以上が かかった計算に
なる>

<うまくいかない
状況を変えたいと>

<セカンドオピニオンを
求め>

<すると
そこで>

<彼女を襲った病とは一体>

<さらに…>

<した和子さん>

<すると
医師から>

<習慣流産とは>

のかもしれません

はあ

<そのため 治療の一環として>

<子宮に栄養を送るための注射を>

<毎日 1日2回 打ち続けることに>

<見えない未来に苦しむ和子さん>

<そんな中 夫婦に亀裂が>

<夫 枝野と総合病院で>

<受精卵を作る予定を
決めなければいけない日>

<排卵日のチャンスは
1カ月に1回のため>

<枝野がスケジュールを
合わせることが不可欠だが…>

えっ
そんなの

えっ?

<このとき たまりにたまっていた
和子さんのストレスが>

<ついに爆発 すると
枝野が>

はあ!?

じゃないかみたいな
言葉が出たので

<結婚してから
初めてとなる>

<最後は 枝野も苦しみを理解し>

<謝罪したという>

<しかし>

<さらなる残酷な現実だった>

<転院した総合病院でも>

<1年間で2回の妊娠
流産を繰り返し>

<3回目の妊娠を迎えた>

<だが…>

<しかし>

<すると…>

えっ

<36歳にして 初めて
安定期に入ることができた>

<すると ある>

<おなかの中の
赤ちゃんは>

<夫婦で苦節4年 念願が叶う>

<そう思った矢先>

<医師から>

<おそれが>

<そのため 担当医は
開腹し>

<だという>

<しかし そこには 親としての>

<究極の決断が>

<手術を受けなければ>

<一方 手術を選んだ場合>

<難しい手術のため>

<流産の危険を伴い>

<失敗すると 2人の子どもの>

<命すら失うことも>

<突然告げられた現実を>

<受け止めきれなかった
和子さんは…>

<本当に繋がっているのかどうか>

<複数の病院を回って
意見を求めた>

<すると とある病院で
ドクターハラスメントとも思える>

<信じられない言葉を告げられる>

っていうような
言い方をされて

っていう怒りが
ありました

<政治家の家なら
障害の確率を減らすため>

<命のリスクを冒してでも
手術するべきだと提案された>

<ドクターハラスメントによって
子どもを授かることへの不安を>

<より一層抱えてしまったという
和子さん>

<翌日 主治医のもとを訪ねると…>

<結局
枝野夫婦は>

(和子)主人も

かって言ってくれて

<しかし またしても>

<それは 出産予定日を
1カ月半後に控えたある日>

うっ…

ううっ…

<なんと エレベーターの中で
突如 破水>

<病院に 緊急搬送>

<帝王切開で出産することに>

<果たして>

(産声)

<した和子さん>

<結婚から9年>

<いくつもの壁を
夫婦で乗り越え>

<体重は 次男が2200g>

<長男は もっと小さく
1600g>

<赤ちゃんも
小さな体で必死に頑張り>

<2人の元へと やってきてくれた>

<だが その姿を
見た>

なんか こんなに小さく
産んでしまって

ごめんなさいというような
感覚があって

<あれから14年>

<和子さんが命がけで
産んだ>

<そして>

松本さんからお知らせです
このあと夜10時から 金曜ドラマ

「病室で念仏を
唱えないでください」がスタートします

すごいタイトルだね
面白いね

私は 心臓外科の若手医師を
演じさせていただきます

若いお医者さんをやるわけ
はい 初めて

このあと ご覧ください
よろしくお願いします

<枝野夫婦>

<小さな体で生を受けた2人>

<あれから14年>

<和子さんが 命がけで産んだ
双子の息子たちは今>

<どうなったのか
現在の姿が こちら>

<顔はプライバシー保護のため
出せないが>

<2人とも大きくなり
中学1年生になっていた>

<この日は
家族で近くのパスタ屋さんへ>

あるかなあ

テレビ これ

やめてよ

<実は>

<だが 補聴器を
つけたことで>

<日常生活は
不自由なく過ごせているという>

<すると そこへ…>

<なんと 仕事の合間を縫って>

<枝野が駆けつけた>

(スタッフ)すいません

はい

枝野家?

<子どもが生まれてからは
枝野も>

<毎日夜8時に帰宅し>

<子どもたちを お風呂に入れ>

<また仕事に出かける生活を
続けたという>

<子どもに恵まれたことを
ありがたく思う一方で>

<恵まれない方がいることも
理解している枝野>

<子育てしながら働く
父の姿を見てきた>

<子どもたちの夢は?>

<そして>

<パソコンが得意なため 将来の夢は>

<プログラマーに なることだという>

<そして今回 和子さんが
全てを話し>

<伝えたかったことは…>

もう少し

なという願いはあります

<枝野家が
不妊治療でかかった費用は>

<トータルで
500万円ほどと かなりの高額>

<実は 最近では自治体から
補助金が出るようになったものの>

<依然として
治療費が高いのが現状>

うちは高いから
体外受精はできなかったって

おっしゃる人もいますし

お金が続かないから
治療をやめましたっていう方も

いらっしゃいます
こういうことに対する

費用っていうのが 国で補助が
なされたら きっともうちょっと

少子化って 解消されていくんじゃ
ないかなっていうふうに

思えていて これから私たちが

取り組んでいかなければ
ならないことかなっていう

そういうふうに思っています

私も

<そして 現在
2児の母となった知念は>

<昨年末 ある資格を取り話題に>

高卒認定試験というの受けられて
そうなんです

合格して これは なんで?
偉いね~

だったので

って思ったのが
きっかけで

これだけミュージカルの
実績があったら

どこでも受かるんじゃないですか
そりゃあ そうでしょう

例えば

みたいな

あの人

なんで たけしさん


関連記事