マツコ&有吉 かりそめ天国 年末年始の気になったこと言いたい放題 ゴーンから紅白の氷川、駅伝桃色シューズまで…



出典:『マツコ&有吉 かりそめ天国 【年末年始の気になったこと言いたい放題スペシャル】』の番組情報(EPGから引用)


マツコ&有吉 かりそめ天国 【年末年始の気になったこと言いたい放題スペシャル】[字]


◇ゴーンから紅白の氷川、駅伝桃色シューズまで、マツコ有吉が年末年始で気になったことをしゃべり尽くす!◇マツコもうなる!お取り寄せギョーザ最強10名店


詳細情報

◇おしらせ

投稿は番組HPから!


☆番組HP

 https://www.tv-asahi.co.jp/matsuari/

◇番組内容

◇メール

「年末年始、何が気になった?」

例の逃走劇やお正月のテレビ事情、駅伝桃色シューズ…マツコ有吉が語る!


「スターどうしのツーショット写真ってかっこいい!」

マツコ有吉がいっしょに撮りたいスターとは?


◇VTR

四千頭身・後藤の実家を、家事代行サービスが(秘)技で徹底掃除

水まわりが衝撃のビフォーアフター!


都内の絶品お取り寄せギョーザ マニアが決めた正直ランキングトップ10を大発表!

◇出演者

【MC】マツコ・デラックス、有吉弘行

【進行】久保田直子(テレビ朝日アナウンサー)

◇番組概要

視聴者から寄せられた『お悩みメール』や『お怒りメール』、視聴者の皆さんの「こんなことやってみたい、見てみたい!」という“欲望”を叶えるVTRをもとに、マツコ・デラックスと有吉弘行が好き勝手にトークするバラエティ番組!進行は久保田直子アナウンサー。

◇出演者2

【VTR出演】大久保佳代子(オアシズ)、岡部大(ハナコ)、ガンバレルーヤ、後藤拓実(四千頭身)



『マツコ&有吉 かりそめ天国 【年末年始の気になったこと言いたい放題スペシャル】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

マツコ&有吉 かりそめ天国 年末年始の気になったこと言いたい
  1. 本当
  2. 女将
  3. 後藤
  4. 餃子
  5. 大久保
  6. スタッフ
  7. 一同
  8. ハハハハ
  9. お店
  10. キレイ
  11. お取り寄せ
  12. 時間
  13. キッチン
  14. スター
  15. 結構
  16. 後藤家
  17. 今日
  18. 旅館
  19. ダメ
  20. イヤ


『マツコ&有吉 かりそめ天国 【年末年始の気になったこと言いたい放題スペシャル】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

とかあるじゃん。

もう あんなの 私…。

一度 気になったら
どうしようもない

つり革や自販機の
「これって清潔?」問題。

更に 年末に起きた衝撃事件。

映画みたいな
ゴーン被告の逃亡劇に

マツコ 有吉は…。

あんだけ…
あんだけ くっついといて。

テレ朝 何してんのよ!
早いんだよ! 飽きるのが。

テレ朝の目の前
歩いてたんですね。

いやいや…
初めから名乗ってないですけど。

四千頭身 後藤ファミリー
お掃除 第2弾 アンド

お取り寄せ餃子トップ10大発表も。

まずは…。

〈このお正月は
なるべくゆっくりしたいと

テレビやスマホを
見ないようにしていたのですが

ゴーン被告の出国や
『紅白』の氷川さん

フジモン夫妻の離婚

箱根駅伝の史上最速記録

あゆの出産など
ニュースが強すぎて

結局 テレビもスマホも
めちゃくちゃ見てしまいました〉

氷川君 すごかったね。
氷川君ね すごかったよ。

素晴らしい! 本当 素晴らしい!

やっぱ うまいね。 演歌の人って
歌 うまいなって思うね。

本当 そうね。
俺 ダチョウ倶楽部さんと

細川たかしさんがやってる舞台
見に行って

各所で 「ダチョウの舞台は
スベってたけど

細川たかしさんの歌は
素晴らしかった」って

いろんな所で言ってたらさ
年末さ 事務所にさ…。

(一同 笑い)

こーんなの!

申し訳ないよ 本当に。

違うよ! やっぱり。
違う! やっぱり。

細川たかしさんは違う。

(一同 笑い)

いや いい話よね
本当 いい話 うん。

(一同 笑い)

素晴らしいですよ 本当に。
そうね。

テレビで
わざわざ 発表するほどの

過ごし方をしてませんよ 私は。
そうだね。

いや… 正月らしい過ごし方
してるじゃない 毎年。

あっ どっか行ったりとか?
そうよ。

今年 なんか いつも行ってる
箱根の旅館が 予約取れなくてさ。

いつも行ってるのに
取れなかったの?

なんか いつも行ってるのに
取れなくてさ。

実家… だから
実家 帰っちゃったりとか。

実家 帰ってたの?
実家 帰りましたよ。

あら…。
大体 あと 仕事 終わって…。

これ でも やっぱ
私たち みんな そうなのかね?

うん 多い!
私も もう…。

ああ そう…。
うん。

(一同 笑い)
いやいや… ちょっと… 何よ?

ほっそり。
「ほっそり」…?

全然 ほっそりしてねえだろうよ!
お前。

いつもよりね ちょっとな…。
本当に。

いつもより ほっそりしてる?
あら そう…?

ありがとう。
「ありがとう」じゃないよ!

してねえよ! ほっそり。

あの 本当に…。

気が抜けるんだよね。
抜けるんだよね。

本当 みんな そう。 うん。

テレビ… でも みんな…。

ひどかったわね 今年ね。
(スタッフの笑い)

いや だから…。

あんた…。

本当 もう あんな…
10話連続とかで見せられてもさ。

あんまりね 言いたくないけど
身内の事だから。

ねっ!
しょうがないね。

しょうがない。 やっぱり…。

その分 ネットで
ドラマ 見まくったりとかさ。

もう だから ありがたい ネット!
ねえ!

いいね 共存共栄で いろいろ…。
いや 本当。 もう あの

染之助・染太郎さんがさ 出てた頃
懐かしいね。

ああいう演芸ものはね
少なくなったね。

あれは もう…
なんで やらなくなったの?

やっぱ 働き方改革?

もうさ
文句言ってた時代が懐かしい。

「阪神・巨人 何個
はしごしてんだよ!」みたいな。

そうそう…!
「また 師匠かよ!」みたいな。

それも ないよね 今ね。
ない ない!

なんか もう 鏡割り
5回ぐらい見てたよね あの頃ね。

見た 見た 見た… よく見てたわ。
もう 本当に あれが だから

あれが
楽しかったんだなっていうのを

しみじみと
ありがたがれる正月だったね。

ねえ! 『かくし芸』ってね!

バカバカしいけどね。
ねえ あれ見たいね もう1回ね。

なんだよ
「インディ・ジューンズ」って。

知らないだろうね。
井上順さんが

『インディ・ジョーンズ』
やるんだよ パロディーを。

岩がゴロゴロ落ちてきて?
そうよ。

吉田栄作さんが
スタントに挑戦っていってね

ヘリコプターに
ぶら下がってるやつとかね。

見たいな もう1回。

文句言いながら見てた。
見てた 見てた。 ねえ。

いや 本当 もう なんか…。

…って思うけどね。

まあ まあ… それは もう

若い方に
頑張ってもらってね。

そういう事だけどね。
それぐらいよ お正月は。

あれね!
ねえ!

じゃあ 速く走れる…。
あれ 違う… あれ でも

大変みたいよ 慣れるまでが。
やっぱ そうなんだ。

難しいか。
だから もう…

1年前から みんな履いて
それで練習しないと

履きこなさないと
ダメみたい。

走り方も ちょっと変えるんだね
あれはね かかとで なんかね。

あれなんだよね つま先から
つくようになるんだよね。

骨盤が もうさ
日本人って ダメなんだって。

走るのに適してないらしいのよ。

瀬古さん… うん。
あれを履くと

黒人の人みたいな
前傾姿勢の

骨盤の走り方になるんだって。
なるほど!

全部 瀬古さんから
聞いたんだけどね。

そう…。
間違いないです。

すごいね。 あれ ちょっと
履いてみたくなる…。

だから 私たち 意味ないって。
歩きづらいだけだから あれ。

ハハハハ…!
本当?

僕ら 小学生の時 僕らも
駅伝とかやらされてたけど…。

地面に 本当
裸足でね ついてるみたいな。

返してほしいよ あの頃の…。

いやいや いやいや…。

今… 今 影響受けてねえから
いいだろうよ 別に。

間違いないです。
ハハハ…!

あれ 何?
NIKEに行けば買えるの?

あれ 買えるものなんですか?
買えるんじゃない?

あれ 普通に売ってるの?

売るでしょ。 うん。

そうそう これ これ。

ピンクじゃなくて 今
これになったね なんかね。

今年は これだった…
買えるんだね?

履いてみたいですね。
履いてみたいだろう?

なんか 良さそうに見え…。

後ろ とがってるのね。
難しそうね 確かに。

ちょっとスタジオを歩いてみて…。

ハハハハ…!
「違うねえ」なんつって…。

最初 本当に
すごい 違和感らしいよ。

へえー! いいね。
そういう… 試してみたいよ。

あれ どこまで
オーケーなんだろうね?

それこそ昔 水着あったじゃない?
抵抗がなくなるっていって。

サメ肌水着?
そうそうそう!

いい… どこまでいいのかね?
すぐ入るよ。

もう ダメだって言い始めるよ。

だって 多分さ
あれ もっと進化したらさ

今は あれぐらいだけど
もっと タイムを縮めるのにさ

すごい… すごい 底に…。
バネ 入れてくるよ バネ。

すごいのが出てくるじゃん。

それも オーケーには
ならないでしょ? きっと。

うん なんないと思う。

「手 入る」って…。

スキージャンプとかでもさ

ムササビみたいになるような
服だったのが

もう 全然 ダメになったりとかね。
ダメ うん。

スキーの長さもね
ダメになったもんね。

いたちごっこ。 大変だね みんな。
大変よ。

お正月は だから ナイキの靴か。

まあ ナイキの靴が
一番 気にはなったね。

あゆ… あゆよりも 氷川君よりも。

あとは ゴーンさん あれだったね。
好きな…。

そうよ あんた… あんたから
逃げたんじゃないの? あれ。

あんまりくっつくから
逃げちゃったじゃない。

どうして? って思いましたよ。

(一同 笑い)

いやあ すごいね あれ。
初めて あんなの。

映画だよ 本当。
本当。

ですよね。
うん。

あんだけ…
あんだけ くっついといて。

テレ朝 何してんのよ!
早いんだよ! 飽きるのが。

目の前 歩いてたんだぞ?

テレ朝の目の前
歩いてたんですね。

どうせ くっつくなら
ずっと くっついておかないと。

何… 何を見てんのよ。
いや まさか こんな事になるとは。

けやき坂 歩いてたんだよ?
ビックリしました。

ゴーンさん 逃がしちゃって…。

そうよね
あれ テレ朝が逃がしたのよね。

そうだよ あんなの。
何やってんだよ。

なんで? もう これ

いやいや テレ朝が ほぼ…

ほぼ テレ朝の責任だよ あれ。
けやき坂にいたんだから。

ねえ 場所的に。
そうよ。

グランドハイアットで
密会したらしいよ。

麻布十番のとこ 住んでて。
あっ そうなんだ。

けやき坂 上らずに
けやき坂じゃなくて

ぐるっと
テレビ朝日の車両口の…

あっちの方… 目の前を通って
六本木中学の前ですよね。

あそこを通って
ホテルまで行ってたって。

じゃあ 本当に
目の前 通ったじゃないのよ。

正面口の前
通ってたんじゃないのよ あんた。

何してんだよ!
何してんのよ!

ビックリしましたよ。
「ビックリしましたよ」じゃないだろ!

あれだろ?

ゴーン担当者ではない。

ちゃんと… ねえ?
ねえ 本当。

「ちゃんと見てて」…。
見ててよ! 本当。

何をやってんの? 本当。
まさかですよね。

何してたの? 正月は。

ゴーンさん 追いかけずに
何してたんだよ。

「寝てた」って この野郎 お前!

寝て 起きたら
ゴーンさんが逃亡したって…。

ちょっと 何? フラれた気分?
うん。 なんで!

なんで 私に
言ってくれないんだっていうね。

聞いてないよ!

良好な関係 築けなかったのよ
それは。

あんた 呼ばれなかったじゃないね
記者会見に。

安藤優子さんも呼ばれなかったし。
(一同 笑い)

じゃあ しょうがない。

安藤優子さんも あそこまで行って
入れてもらえないんだから。

いやいや…
初めから名乗ってないですけど。

私たちは もう てっきり
愛人ぐらいになってるのかなと

思ってたんだからね あんた。
あんだけ くっついて回って。

正直 言って
1回も会った事ないですからね。

拘置所から出てきた時も
だって まかれちゃった…。

(一同 笑い)

見てないんだ!
見てないんですよ。

見てないのか お前。
じゃあ 呼ばれないよ。

今夜の『かりそめ天国』は
VTRも盛りだくさん。

四千頭身 後藤家の水回りが

初めてのハウスクリーニングで
劇的変化。

更に 東京都内の餃子の名店
お取り寄せガチガチランキングも。

続いては 36歳 主婦の方から
スリッパについてのメールです。

〈私は 家で
スリッパを履く派なのですが

旦那は履いてくれません〉

〈スリッパの習慣が
昔からなかったらしく

外出先から帰ってきて
汚れた靴下や素足のまま

家を歩き回ります〉

〈私は 家を清潔にしたいので
スリッパを勧めても

違和感があると言い
取り合ってくれません〉

〈ちなみに
番組Twitterで取った

家で スリッパ
履く 履かないアンケート〉

〈結果は 真っ二つ〉

〈履く派の中には キッチンと
トイレだけは履く人や

「足裏にクリームを塗るから」

「お風呂に入ったあと
汚れたくないから」などの

意見が挙がりました〉

〈皆さんは スリッパ
どうしてますか?〉

ああ そう?

すごくはない。

でも 多分 これ

うちは もう全部畳だったから
当然…。

そう 畳の人は履かないよ。

だけど これも だから
奥さんは奥さんでイヤだけど…。

そうなのよ スリッパがキレイとは
限んないわよ。

そうですね。
汚いので履いてる…。

毎日 洗ってるわけじゃない

使い捨てのわけじゃ
ないだろうしってなると

どっちが汚いかも微妙なとこよ。

そうだよね。

ビニール製とか 革製のやつを…
拭けるやつ。

人の家 行った時。
確かにね。

あっ そう…。
ましてや 裸足とかだとね 自分が。

あと 私がそうじゃなくても
前の人が これ

裸足で履いてたんじゃないか
とかって思うと

水虫 持ってたら
どうしようとかさ。

そう。 どっちもどっちよ。
うん。

俺は もう とにかく 家帰ったら
すぐ 靴下脱いで

裸足になりたいもん
やっぱ 畳だね。

今 畳の部屋あるの?
ない。 ないけど…

ないけど やっぱ 癖で
家帰ったら靴下脱がないと

イライラしちゃうっていうか

開放感がないっていうか。

いいな。 なんか あれでしょ?

大きい畳の部屋が
続きであったような家でしょ?

そう 昔だからね。
いいよね ああいう家ね うん。

今 だから どんだけ…。

(一同 笑い)

でも 私… 私も だから
靴下は履かないのよ。

だから 多分
私のスリッパは めっちゃ汚い。

ああー…。

アハハ…。
まあ そうだね。

自分のもんだから いいけどね。
もう 汚いよ。

じゃあ いろいろ染みてますね。
すっげえ染みてるよ。

別に 誰に見せるわけでもない…
そのまま使ってるもん。

まあ そうだね。 なんか こう…。

人んち 行ってね。
イヤだ 本当に…。

ねえ? そりゃ気持ちいいけど。
ラグね。

ラグとか。
ラグとか すごいの…。

なんか こんなさ…
毛糸が行って帰ってきてるのを

束ねてるみたいなのとか
あるじゃん。

大丈夫? だって これ
掃除しきれないでしょっていうね。

絶対 あんなの
掃除機かけたってさ 中に…。

汚い これ! と思うよね あれ。

あと やっぱり ちょっと有名な
マッサージ店なんか行ってもさ

毛足が長くてさ

これ ここ 薄暗いし 毛足 長いし
これ 大丈夫かね?

なんか シャワーから出てきて
そのまま歩いてる俺も俺だし…。

アハハハ…!

なんか…。
わかるわ。

銭湯とか サウナとかでもさ
結構 絨毯…

湿った絨毯の所あってさ

いや これ 絨毯じゃない方が
いいと思うけどなっていうさ。

…とかあるじゃん。
もう あんなの 私

バレリーナみたいに歩くもん
こうやって。

ゾッとする。
ゾッとするよね あれ。

誰が どうなってんだ これ
っていう。

なんか ビチャビチャビチャッて
なってるのが

結構 3メーターぐらい
続いてるとことか

こんなんなって歩いてるもん
もう…。

このあと 更に広がる

ニュルッ…。

これ… ここも怖いよな。
これも怖いわよ。

これぐらいの毛足のやつも
結構 怖いんだよ だから。

結構 深いですね。
これ大変よ。

夜中 イライラしたADが
ここに何してるか わかんない…。

(スタッフの笑い)
「あいつら!」って言いながら

もう バーッて。

そう考えたら やっぱり 畳…。

うん 清潔な感じがするね。

いいね。
なんか 昔って 窓も開けっぱで

ホコリも ずっと…。
要は だから

ホコリが 外に ずっと出ていく
構造だったわけじゃん。

ちょっと もう 今
冷静に考えると怖い時ある。

24時間 換気して

外気 循環させてくれてるの
付いてるけど

これ 外気を取り入れた所から

ここに来るまでの間の
ダクトの掃除って

誰がやってるんだろう
とかって思うと

たまに ウッ…! って もう

息するの嫌になる時とかあるもん。
ハハハハ…!

もう でも それ考え始めたら
暮らせないじゃん 家の中で。

だから もう いい! と思って。

私は クソまみれで生きてるんだ
って思いながら

生きてるけど。
イヤだね。

信じられない事 いっぱいある。

半乾きの臭い。

いや それで拭いたら また…。

臭え!
わかる。

あれ
なんとかしてほしいと思うよね。

テーブルの上に。

漂白を 1回もした事が
ないんだろうなっていう。

あれなんて もうさ 多分

チュチュチュチューッて
水洗いして

ギュッて絞ってるだけだよね。

でも もう いい。

そうよ。
…いけないんだけど

怖いものは 世の中
いっぱいあるよなっていうね

やっぱりね。
ねえ たまに…。

あれ みんなが 順繰り 順繰り
使ってるわけだからね。

畳バージョンもありますよね。
畳バージョンもあるよ。

あと なんか 椅子とか

結構 いろんなもの付いてるよ。
そうだよね。

とか思うと…。

あと もう 夜中
いたたまれなくなったADが

何やってるか わかんないもん。
また! なんで ADさんはすぐ…。

「あいつ!」っていう。
バー…! ってなるんだよ。

あんまり 潔癖性
っていうわけじゃないからね

だから 別に
何がってわけじゃないのよ。

電車のつり革 別に 俺 平気だし。
でも フッて思う時ない?

思います。
平気なんだけど…。

今日も さっき
自販機でね 飲み物 買って…。

これ 結構な人が ニュルッ…

ニュルッを ずっと
やってるんだよなっていう。

今まで これ

確かに。
ニュルッ ニュルッ… を

ずっと やってるわけじゃん?
ましてや お金もそうだしね。

そうよ! お金だって あれ

一体
何人が触ってるんだっていう。

拭く事ないですもんね。
まあ ないよね。

ハハハハ…!

キレイな十円にして…。
そうそうそう。

映り込みますみたいなのね
やってるわよ。

「どんだけ頼ってんのよ!」

家事代行サービスの力を借り

物であふれたリビングを
大変身させた

四千頭身 後藤ファミリー。

しかし まだ後藤家には

そう まだキッチンや お風呂といった

水回りが残っているのだ。

果たして 後藤家の水回りを
プロにお願いしたら

どれぐらいの費用で
どれぐらいキレイに

生まれ変わるのか?

そして この

あれから2週間。 改めて訪問。

前回
キレイになったリビングを見た

マツコ 有吉は…。

見付けるかな? お父さん だって
いつも こっちだよ…。

あの…。

「あれ? 配置 戻ってない?」
「(スタッフの笑い)」

ソファ あっちに…。
(スタッフ)あっ…。

(母・父)ハハハハ…!

他にも あれだけキレイになって
喜んでいた

ダイニングテーブルは

一度も食事をしないまま
またしても物置状態。

更に トランクルームに いったん
どかしていた ぬいぐるみを

全て戻した事で

アメリカンカントリーは
崩壊寸前。

なので
もう リビングは諦めよう!

早速 水回りのクリーニング開始!

果たして
どれだけキレイになるのか?

1回ね…。

っていうか もう…。

まずは キッチンから。

ごくごく普通のキッチンだが
やはり 気になるのは 物の多さ。

さすがに このままでは
クリーニングができないため

今回も まずは片付け。
しかし…。

前回の家事代行編で
片付けに時間がかかり

費用が かさみまくったので
今回は 自力で分別。

しかし…。

後藤家に不要な物はなし!

分別はせず 取りあえず
片っ端から箱に避難。

(後藤)よいしょ…。

(後藤)そうなの?
「まりもが使ってる」?

「使ってる」って何?

ああー! なるほど。

我々には 明らかにゴミだが

えび入り焼売の空箱は
後藤家にとっては必需品。

更に…。

これも ちょっと…。

あっ! えっ? pinoの…。

(後藤)違う 違う… これ…。
(母)アイスの…。

俺が 「当たったから これ
取っといて」って言ったのか。

もうひと箱
もらえるわけではないが

この柄の違うアイスのトレーも
後藤家の大事な思い出なのです。

更に 更に…。

アイスの棒?

全部 すごい 当たってるね
「二塁打」とか。

次から次へと
予想外の物が飛び出す

後藤家のキッチン。

(後藤)これ 重たっ!

あっ!
(母)ハハハハ…!

そのあとも 捨てる物は一切なく
片付けていくのです。

「なんでよ!」

ハハハハ…!

こうして キッチンの物を
全て外に出し…。

30分でキッチンの片付けが終了。

続いては 洗面所。

その散らかりようは…。

後藤家は 4人が別々の歯磨き粉や
化粧品を使うため

ここでも…。

いったん 外に出す。

このキキララちゃん

(後藤)シュリケンジャーと
ガオレンジャーだ。

うん。 なんか その…。

いや みんなの… みんなのです。

「(一同 笑い)」

昨日…。

ちょっとだけ…。

うわっ キレイになるな。

こうして

「本当に」

最後は お風呂。

汚れより目に付くのは

なぜか
ぶら下がったホースやバケツ。

更に…。

ざっと数えただけで
19個のシャンプーや洗剤。

うわっ なんか

くじけるなあ。

まずは
鏡の前のシャンプーなどを 一掃。

よいしょ… すごい!

(スタッフ)これ ぶら下がったまま
皆さん 入られる?

皆さん 入ってましたね。

(後藤)これをこうやってやると
ここから チョコが…。

これ?
(母)うん。

これ なんかね でも…。

もうダメだよ あんな もう…
水垢付いてて。

こうして 計1時間

全て片付き
いよいよ ハウスクリーニング。

前回同様
お掃除してくれるのは…。

こんにちは 株式会社ベアーズより
まいりました

町田イッペイと申します。
足立トモアキと申します。

よろしくお願いいたします。
よろしくお願いいたします。

(後藤)
ビスケットブラザーズ?

テレビ的演出は一切なしに

普段から めちゃくちゃ
丁寧なあいさつをするベアーズ。

家事代行サービスだけでなく
実は 専用洗剤や

特殊な機材を使う
ハウスクリーニングでも…。

今回 後藤家がお願いするのは

キッチン 換気扇 バスルーム

洗面所 更にトイレを

およそ5時間でピッカピカにする

「水周りまるごとパック」。

早速 キッチンと
バスルームから作業開始。

すると…。

(後藤)ほら いろいろ出したよ。
ちょっと見て。

作業を食い入るように見る
お父さん。

実は 後藤のお父さん…。

大手ハウスクリーニング会社で

15年間
腕を磨いたという経歴の持ち主。

しかも…。

(後藤)あっ! お母ちゃんが?
そうだよ。

父の職場に 母がバイトで入ったのが
2人の出会い。

まさに
ハウスクリーニングによって

結ばれたファミリーなのです。

不思議だね。

昔の血が騒ぎます。

換気扇の清掃をしていると…。

(父)うん。
そうだね 扇風機みたいなの。

(後藤)あれは知りません 僕は。
(父)あれね…。

すみません。
(町田さん)はい。

そうです。
シロッコファンと言います。

(後藤)すげえじゃん!
(父)そうだろ? ちなみに…。

俺 知らないって。

シロッコファン。
一緒じゃねえか!

アハハハ…!

更に バスルームでは…。

(父)あれ…。

どうなるの?

何? その…。 すみません。
(足立さん)はい。

(後藤)すごいね。 なんか その…。

そう?
(後藤)うん。

お風呂でのクリーニングは
まず 鏡を機械で研磨。

こうして 水垢を削り取る事で

鏡は見違えるほどキレイに。

エプロンと呼ばれる
浴槽の内側も洗浄。

(後藤)うわっ!
(父)俺は知ってるわ。

内部だけでなく
排水溝も くまなく清掃する事で

汚れは もちろん

イヤなにおいも
一切 しなくなるのです。

更に キッチンのシンクは

クレンザーを使って

光沢が出るまで
何度も何度も磨き上げていく事で

水垢が取れ

まるで 買い替えたぐらいに
ピッカピカなのです。

このあと
洗面所とトイレも清掃し

5時間の
水周りまるごとパックが終了。

2人の出会い そして

社員が バイトをたぶらかす
汚れた恋だったのかもしれない。

でも

あれから27年。

業者だった2人が
業者に頼む羽目になったけれども

家族としての人生が

スタートした頃の家を

今 取り戻す。

果たして

まずは キッチン。

うわっ!

新品みたいじゃん。

以前は 壁面に油が付着し
薄暗かったキッチンは

アルカリ性の洗剤で
油汚れを一掃。

更に
クレンザーで磨き上げた事で

本来の白さを取り戻しました。

油とホコリにまみれていた
換気扇は

1枚1枚 羽根を洗い

内部の汚れを取り除いた事で

換気効率がアップ。

焦げだらけだったコンロは

お母さんの希望で
汚れの除去を優先。

一部 塗装が剥がれはしたが

においや汚れは
一切 なくなりました。

(後藤)おおー!
(父)ツルツル?

スケートリンクみたいですよ。

ほら もう

滑りすぎて 突き指しましたよ。

続いて 洗面所。

うわっ!

これ すごいな。

物をどかし
カビと汚れを一掃。

本来の清潔感あふれる

白い洗面台を取り戻しました。

(後藤)中まで もう… えっ?

これ ちょっと…
この中 見て! この中。

(後藤)「すんげえ」しか
言えないですよね。

そして お風呂。

うわっ!

一番大きい声 出た。 見て。
(母)すごい…。

キレイになるね。
すごい!

果たして
およそ20年使い込んだ浴室は

どれくらいキレイになったのか?

うわっ!

一番大きい声 出た。 見て。
(母)すごい…。

水垢で黄ばみがかっていた
浴槽が…。

まるで買い替えたかのような
仕上がり。

もちろん 色の補整などは
一切 していません。

ハハハハ…!

せっけんカスがこびりついた
洗い場も…。

驚きの白さ。

鏡は もちろん
棚も 全てキレイになりました。

なんなの? 目地。
(父)これが目地。

(後藤)あっ その線ね。
(父)そう。

その他 水周りパックには
トイレ清掃も含まれ

今回のお値段は
水周りまるごとパックに

オプションで
鏡と浴槽内の清掃を追加し…。

「まめに やってないと」

およそ20年ぶりに
ピッカピカになった

後藤家の水回りでした。

「何してんだ…」
「(スタッフの笑い)」

すごいね キレイだね。

えっ? これ 本当に なんにも…。

あれ なんか もう…。

中華料理店 ラーメン店など

実は その中に
お店に 足を運ばなくても

おうちで楽しめる絶品餃子が
数多く存在する。

そう お取り寄せである。

恐らく
「えー フライパンとかいるし

家で焼くの むずいじゃん」とか
思ってるお二人 ご安心ください。

これから出てくる
お取り寄せ餃子は

誰でも 超簡単に
焼く事ができるものばかり。

(スタッフの笑い)

売り切れちゃったら
ごめんなさい。

最近 すっかり売れてる
この3組が

リポートします。

では 今回
最強お取り寄せ餃子を

教えてくれたのは…。

餃子を食べるっていう生活を

今日で 多分 1085日ぐらい連続で。

餃子を「彼」と呼ぶほど愛する

日本屈指の餃子ラヴァー有識者 4名。

もちろん 忖度 癒着は一切なし。

東京都内 最強
お取り寄せもできる餃子

ベスト10。

10位から
6位は?

ご覧のような
結果に。

中でも
有識者たちが

ぜひ リポートしてほしいと
言った

こちらの
2軒をご紹介。

第9位は…。

ああ そう。
もうさ…。

(スタッフの笑い)
本当に。

へえー!
へえー!

名物は 山椒の
程良い しびれが心地いい

麻婆豆腐。 そんなお店の…。

その餃子が…。

見た目は オーソドックス。

さくさく餃子。
お店での料金 1人前6個 550円。

果たして 中には
何が入っているのか?

リポートするのは…。

やっぱり ちょっと
他店とは違う感じですか?

(店員)そうですね。
ここで差別化を図ろうと思って…。

岡部 いざ実食。

「おお… ひと口でいったか」

うん?

(岡部)なんでしょう? これ。

レンコンではない?

(一同 笑い)

餡に使われる野菜は

お肉は

最大の特徴は

他では感じられない
シャキシャキと

果たして
シャキシャキを生み出す食材は?

(スタッフの笑い)

クワイは 広島が
生産量1位の野菜で

よく お節料理に使われ
シャキッとした食感が特徴。

しかも

その食感が癖になると

有識者が絶賛しているのです。

挽き肉とかに。

(店員)かしこまりました。
(岡部)ちょっと… はい。

今 用意します。
はい。

炎麻堂の
クワイ入り さくさく餃子

お取り寄せは 特製ラー油もついて
30個 2138円から。

ホームページから注文可能。

続いて 第8位。

三鷹の
ハルピンへ。

ハルピンの餃子は

中国出身のお母さんが作る
本場の餃子。

果たして どんな餃子なのか?
まずは お得意の

女将さんが…。

(岡部)すごいな! こんな種類…。
面白っ!

「ホタテ餃子」? 初めて…。

でも これも
「人気」って書いてますね。

あと 「エビ」。 これ…。

11種類の餃子の中でも

ホタテやエビなどの
海鮮が主力商品。

お客さん…。

(店員)そうですね。
そうですね。

…といっても 知りたいのは
岡部の好みではないので

中でも
有識者のイチ押しが こちら。

これが ハルピンの鮭餃子。

お店で食べると
1人前6個で 620円。

(池山)本当に…。

鮭のうまみが これでもかと
スープに閉じ込められた

ハルピンの餃子。

岡部 実食。

うん! うーん…!

ああ… ごめんなさい!

ハルピンのお取り寄せは
6個 550円から。

もちろん
お店にある11種類 全て可能。

ここで 知りたい方のために

10位 7位
6位の餃子を

ちら見せ。

10位 羽根木餃子は

粗切りした肩ロースが
ゴロッゴロ入った

ワイルドな食感が楽しい王道餃子。

7位の立吉餃子は
肉の割合が70パーセント。

超肉々しいパワフル餃子。

6位は 精肉卸 ヤザワミートの
ぶた肉餃子。

お肉のムチッとした食感が特徴。

特製の生姜ラー油でいただくのが
ポイント。

いよいよ
トップ5。

(クック井上。)食に
こだわってない人 行ったら…。

そのお店があるのは…。

結構 好きな感じだな これ。

東京都内 お取り寄せもできる餃子
ベスト10。

(岡部)香辛料が入ってる。

有識者が のどから鼻に抜ける
香りが癖になるという

PAIRONの餃子。

ニンニクは使わず

シンプルながら

お店では 1人前 4個 390円。

いっちゃおうかな。
いただきます。

うん…! うん!

うわ!

ああー…!

そう 香辛料の正体は…。

独特な甘い香りが
豚の脂の甘みを引き立て

爽やかな味わいを口に残す

お取り寄せは 10個 975円から。

お店では 業務用の餃子焼き器を
使っていないので

家庭のフライパンでも
簡単にお店の味。

お取り寄せ餃子
第4位。

そのお店は…。

「遠いな」

昭和11年創業の中華料理店…。

「しっとり」と「パラッ」
両方を感じられる

このお店の たれなし餃子。

どうも ガンバレルーヤです。

(スタッフ)何 やっちゃったんですか?

(スタッフ)なるほど なるほど。
そうですね。

その餃子が…。

厚めの皮で包まれた餃子を

ラードたっぷりの油で
ほぼ揚げ焼き状態に。

これが 永楽の たれなし餃子。

お店では 5個で462円。

(池山)ぜひ その…。

まずは

うん…!

おいしい! ああ おいしい!

すごい うわーって 風味がくる。

「いいかげんな事ばっかり」

「腹立つわ」

「熱い」

「中が熱いからな」

(まひる)おいしい!
パリッパリですね。

なんだろう?

そうですね コショウ。

こちらの餃子のポイントは

しっかり
コショウを利かせる事で

もう 本当 サックサク。

そのサクサク加減を
視聴者に届けたい まひるは…。

(かむ音)

「フフフフ…!」

(かむ音)

「よしこ…」

サックサクの たれなし餃子
お取り寄せは 30個 2721円から。

続いて 第3位。

…だというのは
非常に素晴らしい。

そのお店があるのは…。

またもや

「TATSU」

こちらは 大きなチャーシューが
ドドーンとのった

油そばが お店の名物。

ある野菜を使った
有識者絶賛の餃子とは?

(店員)はい。
ありがとうございます。

実は 小松菜
かつて 江戸川区にあった

小松川村から
名前をとったと言われる

ご当地野菜。

それを細かく刻み…。

「ああ… うまそうだ」

餡には もちろん

皮にまで練り込んだのが…。

江戸川小松菜餃子。

お店では 1人前 4個 550円。

いただきます。

では まひる実食。

(よしこ)おおー…!

おいしい!
(店員)ありがとうございます。

(店員)そうですね。
ありがとうございます。

(よしこ)ええー!

よしこは
有識者オススメの岩塩を付けて。

肉汁が あふれますね。

お取り寄せは 20個 1980円から。

岩塩も付いてきます。

残すは
上位2店舗。

まずは 第2位。

お肉パンパンの餃子を出す
お店が…。

テレビ朝日から程近い
青山墓地沿いの大通りから

路地に入った…。

「へえ…」
「蓮月な」

ここで 再び
リポーター チェンジ。

「寒そう」

(スタッフ)おはようございます。
(後藤)おはようございます。

(スタッフ)見えます。

ちょっと 髪 切りすぎました。

日テレの

したという後藤。

そうですね。

そして ハウスクリーニングした
実家から ついに飛び出し

一人暮らしを始め
乗りに乗りまくり。

ピンで初の食リポは 果たして…。

お邪魔します。
(品川さん)いらっしゃいませ。

こちら蓮月は

店主は 4年に一度開催される

中国料理世界大会で

金メダルを獲得した実力者。

一体

10分ぐらい お時間いただければ。
(後藤)ああ 10分か。

「(一同 笑い)」

店主ともスタッフとも
ひと言も会話せず 9分経過。

なんか

ねえ。 セット。
(品川さん)そうですね。

(後藤)IHコンロ?
(品川さん)IHコンロです。

世界大会の金メダリストは
なんと 家庭用IHを使用。

店主いわく ムラなく
均一に焼き上がるIHは

餃子に最適。

モッチモチの皮に
豚挽き肉 白菜などが入った餡が

パンパンに。

特製手作り焼き餃子
お店では 1人前 6個 770円。

いやーん! もう イヤだ…。

ロケでね ここ… これを作ってる
元の工場で食べてやった。

そういうの。
ハハハハ…!

(スタッフの笑い)

(池山)だから 餡を…
お肉を 食べてる感覚って

あるじゃないですか
焼売って 結構。

あの感覚に かなり近いな
っていう風に思ってて。

(池山)なかなか…。

東京2位の餃子 後藤 初体験。

熱い…。

「熱さに弱すぎるだろ」

「そりゃそうだろ」

ハハハハ…!
こいつの事が 本当に。

その… なんて言ってもらったら
いいと思いますか?

(後藤)「食べた時に」…。

なるほど。 はい… なるほど。

(一同 笑い)

お取り寄せは 30個 3564円から。

特製ラー油も付いてきます。

これで 残すは 第1位のみ。

果たして 東京都内
2000店舗の中から頂点に立った

お取り寄せもできる餃子とは?

いよいよ 発表!

「どこだろう?
全然 想像もつかないわ」

そうなんよ
そうなんよ そうなんよ!

昭和29年創業 餃子の店 おけ以。

実は 昨年9月から
お取り寄せを開始。

お店では 1人前 6個 620円。

果たして そのお味は?

(池山)口どけが
ものすごく良くて…。

(玉城)飽きないのが
いいっていう事ですよね。

(小野寺)そうなんですよ。
本当に 口どけがいいし

焼き目はパリパリしてるし
完璧なんだ…。

有識者が 完璧と豪語する
焼き餃子 いざ 実食。

いただきます。 ああ 熱い…。

「“熱い"だけだろ…」
「熱いよ そりゃ」

「熱いものなんだよ」

おいしい。

(後藤)えっ! 確かに…
シンプルですよね なんか。

(後藤)…といった形でしょうか。
(店主)そうですね。

有識者がレジェンドと評す
おけ以の餃子。

お取り寄せができるという事で…。

ハウスクリーニングした実家に
お邪魔。

(後藤)ただいま。

「ハハハハ…!」

「でも ある意味 本当に
フリーダムではあるわよね」

5分の1ぐらい つかるぐらいって
言ってたから。

同封されている
焼き方ガイドと同じように

焼いてみると…。

(母)裏返して… いける?

(後藤)できた!

(後藤)ああ… おお!
ほらほら ほらほら…!

「できるよ…」

お店の餃子と比べてみると
ご覧のとおり。

お父さんがお仕事中だという事で

お母さんと 妹のまりもちゃんと
いただきます。

(後藤)うん うん…。

どうだ?
おいしい。

うまいだろ?
うん。

「そら!」って…。

でも 殻…。

どうだ?
(母)うん おいしい。

(後藤)おいしいでしょ?
うん。 超おいしい。

(母)さすが。
さすがでしょ?

(後藤)「そら」が ツボ…
「そら」が ツボか。

以上 ガチガチランキング

東京のお取り寄せ餃子編でした。

そういう事だね。
だから なんか…。

本当 感想。
お取り寄せは…。

絶対しない もう。

…した方がいいもん。
(スタッフの笑い)

続いては…。

〈先日
八村塁選手と大谷翔平選手の

2ショット写真と

八村選手と大坂なおみ選手の
2ショットが

それぞれ ネットで
話題となっていました〉

格好いいね!
八村塁って やっぱり。

〈一人ひとりでも
迫力がありますが…〉

〈世のスターたちには…〉

なおみちゃんも格好いいしさ。
なんか もう…。

すごいね! もう 本当に。
こういうの 私たちは…。

なんか でも スターとは
撮ってそうよね マツコさん。

俺なんか 全然 そういう…。
いやいやいや!

全然ないよ そんなの。
そうなんですか?

徹子さんとかさ なんか
ありそうだよ タモリさんとか。

芸能界とかスポーツ界とかの人に。

俺なんか 誰かに…
スターと撮ってもらったら

完全に スターとファンに
なっちゃうからさ。

ハハハハ…!

でも もう

逆に「撮ってください!」
って言われる時 あるでしょ?

まあ ないね。

まず ない。 もう 本当に。

ハハハハ…!

「撮ってよ! 撮ってよ!」
っていう…。

それだけ…。

なかなか 昨今 あまり
見なくなった 変なおじさんを。

それだけ…
すごいわよ それはそれで。

逆に…。

やっぱり ちょっと
日本人じゃイヤだよね。

私も そうだね。
ねえ?

やっぱ マドンナとか
マイケル・ジャクソンとか

あの辺になっちゃうわよね。

やっぱり
自分の思ってるスターと撮るのが

一番いいわけだからね やっぱり。
世間的に どうこうじゃなくてさ。

これじゃ 全然…。
これじゃ ダメなのね。

(スタッフの笑い)
おじさんと おばさん…。

結構 頑張って働いてる方の
おじさんと おばさんだよ。

頑張って働いてる
おじさんと おばさんだから。

本当。 毎日 せこせこ
汗水垂らしてる

おじさんと おばさんなのよ。

ハハハハ…! そうね!

それこそ やっぱり
日本だと 映画 出てた人でしょ。

この前 亡くなったけど
梅宮さんだったりとかさ

ああいう方だと やっぱり…。

テレビの世界でもさ やっぱり

私たちぐらいじゃ もう…

無理だね
出せないね あの大物感は。

そういう事です。
やっぱり だから それこそ

たけしさんとか タモリさんとか
さんまさんとか

あの辺の人たちまでよ。

我々みたいに やっぱり

「スター」とは言わないもんね。

大衆に媚びずに
やっていけた人たちがいるでしょ。

あの人たちがスターだから。

我々は もう 媚びなきゃ
やっていけないんだから。

媚びて スターも何もないでしょ。

そうだね。
ああ…。

でも 本当 そうだね。
もう スターじゃないよ 私らは。

まあ だから
可能性として あるとしたら

…とかだと ちょっと
あっ! すごい 初めて見たとか

ああ こういうつながり あるんだ
とかいうのはあるんじゃない?

そういう なんか…。
だから 結構

テレビ 出たがらない人
多いじゃない?

あれは だから
そういう事なんじゃないんですか。

もう ずっと フルチンで歩いてる
みたいなものだから 私たちはさ。

もう これ以上 あんた もう
なんにもないわよ。

全部 さらけ出して
見せてるんだもん。

誰がいいかな?
俺は プーチンがいいな プーチン。

プーチン!?
プーチンに こうやってもらって。

ハハハ…!
腕 こうやって やって…。

ハハハ…! プーチン
よさそうじゃん なんか。

プーチン 面白いね。

トランプって
ちょっと なんかさ…。

トランプは違うな。
プーチンの方が なんか やっぱ

怖いよね。 プーチンの方が
ああ すげえ! ってなるじゃん。

それだったら やっぱり もう…。

上皇さまと上皇后さまの間に…。
それは もう すごいよ!

それ かなうんだったら
それを撮りたいわ。

すごいね それは。
それは撮りたい。

あと エリザベス女王とね。
女王とかね。

ああいう王族だとか…。
だから なんて言うんだろう?

変な話だけど
どんな大スターだってさ

空港で待ち構えててさ

もしかしたら
セルフィーで パッて

2ショット 撮ってもらえるかも
しれないわけじゃん。

でも 上皇… 上皇后さま

それは
もう 絶対 無理なわけじゃん。

たまたま通りがかった車と一緒に
とかなら できるけど。

そうだね。
だから もう それは

もう 多分
めっちゃうれしいと思う。

確かに 特別だね。
特別。

それは
3時間並んででも 撮りたいよね。

雨の中 3時間…。

ずぶ濡れになってでも
やりたいけど。

たまに なんか
ほら SNSやってる人で

ちょっと 撮ってください
みたいな人いるけどね。

タレントさんとかで? ああ…。

「ちょっと! ちょっと ほら…!」。
ハハハハ…!

あれも 本当はスターだから
すごいじゃない

小柳ルミ子さんとかだって。
本当 そうよ。

ハハハハ…!
不思議なものだよね。

でも すごいね。
そう考えると すごいね。

小柳さんの柔軟性というかさ。
そうそう。

小柳ルミ子さん
見てても 怖いなって思ったけど

急に なんか やっぱり
すごいチャーミングというか。

やっぱ でもさ 昔のさ
俳優さんとか歌手の人ってさ

もう 切った張ったの
世界だったわけじゃん。

昔の役者さんとか 結構さ
武勇伝とか聞くじゃない?

そうだよね。
あれ…。

なるほどね そうだろうね。
うん。

それも
うちら しなくなったじゃん。

だから そりゃ
神格化されるわけがないよね。

自ら セルフプロデュースというか
演出をさ してないもん 私たち。

だらーっと生きてるもん。
別に レストランで

こうやって こうやって
やってないもん。

やってないもん うん。
ハハハハ…!

でも それこそ
ほら 勝新さんとかのさ

記者会見とかやってさ あんなの

素なわけないじゃん もう。

あそこまでやってさ
自己演出をしてたわけじゃん。

できない そんなの。
でも あれが…。

ないんだね やっぱり。

無理 無理。
無理だね。

そんな中ですね
今週もマツコさんが

写真を撮ってきてくださいました。

ハマって… スターの写真?
写真 写真 写真。

スター写真か。

すごいじゃない!
すごいでしょ? これ。

更に 大久保さんが

鹿児島 指宿の
超名旅館の女将修業。

アンド 大暴れ!

スッと歩いて。 モデルウォーク。
(大久保)こうですよね?

ハハハハ…!

イワシ?
イワシ イワシ。

おおー! いいね!
格好いい。

これ いいでしょ?

顔に こう きてるのがいいね。
そうなのよ。

これ キレイだわ。
いいね!

すごいじゃない!
すごいでしょ? これ。

『VOGUE』なんかより
全然 もう モードですよ これ。

すごいね。 誰?

いや これ あの…。

才能あるね!
そうなのよ!

あいつね
なかなか 写真うまいのよ。

あのね 全部ね
『徘徊』で行ってる所。

『徘徊』… そうだね。
全部 そう。

いいね!
ちょっと そろそろね

もう こういう なんていうのかな。
行った先で…。

…しようかなと。
そうだね。

そろそろ…。

ロケじゃなく。
…思っておりますので。

ペースは減っていくと思います。
そうだね。

ちょっと やっぱり
スターの内側が見ていきたいよね。

これ ちょっと まだね…。

ちょっとね まだわからなくて
写真ってものが 私。

日本にある旅館

その数 実に 3万8000以上。

その中で
もてなし 料理 施設など

各部門で
優れた旅館だけが選ばれる

日本のホテル・旅館100選。

果たして 日本最高クラスの
おもてなしを見せる

名旅館の女将は

どんな細やかな心遣いを
しているのか?

その

「指宿…」

(一同 笑い)

今回
ロケの許可をいただいたのは

ホテル・旅館100選の第5位に輝く

指宿白水館さん。

将棋の竜王戦も行われる
マジで すごい旅館!


指 2番目だと思いましたけど…。

しないね。

すごい! 何? ここが いわゆる…
今日 お世話になる旅館?

めちゃめちゃでかいというか
格式があるというか。

すごいな!

ええー! 本物?

「ロシア共和国
エリツィン初代大統領」…。

あのエリツィン?

プロが選ぶ日本の旅館100選
第5位

鹿児島県指宿市にある
指宿白水館。

客室から錦江湾が一望できる
最高のロケーション。

お料理は
サツマイモを食べて育った黒豚の

超やわらかい しゃぶしゃぶ。

冬に 脂がのるブリなど
鹿児島の幸。

そして 更に 最大の目玉は

源泉かけ流し
1000坪もの広さの大浴場。

アンド 日帰りでも
利用可能な…。

客室棟4棟に 全205部屋。

九州最大級の敷地面積
6万5000坪の

超巨大旅館なのです。

いざ 入館。

開いた。

今日も 団体さんもね
いっぱい入ってて…。

ああ いいじゃない。

奈良県トラック協会の
奈良支部が 今日 ここで…。

果たして

こんにちは。
こんにちは。

女将さんでいらっしゃいますか?
そうです。

(大久保)はじめまして。
はじめまして。

(大久保)お世話になります。

こちらが日本旅館国際女将会の
理事も務めた

2代目女将 下竹原成美さん。

30歳の頃

現在の会長である
ご主人と恋愛結婚。

10年の修業期間を経て
女将に就任。

現在は旅館の顔として
名だたるVIPも おもてなし。

白水館の名を全国に知らしめた
名女将なのです。

女将さんの とある忙しい1日に
大久保さんが密着。

女将としての
仕事や礼儀を学びます。

もし なんかあったら
私 本当に こういう…。

「どういう事?」

「優しく ふんわりと」が
ちょっと怖いんですけど。

そうなんですね。

それでは 早速

まずは…。

「うるせえんだよ」

あっ 女将さん お待ち…
そうですね。

お待たせしちゃってるので
行きましょう。

お待たせしました 女将さん。
すみません。

できましたね?
はい。 ちょっと

着替えさせていただきました。
あらー…。

すごい やんわり
つけるなと言われてる…。

あとで取りますね。
すみません。

10時の
チェックアウトに合わせて

100人を超える
お客さんを

お見送りしたあと…。

今夜のお客さんが
やって来る

15時からの
チェックインまでが

第一のピーク。
あと4時間で

抜かりのない準備を
していくのです。

今からね 朝礼。
(大久保)朝礼?

はい。 みんなで1日に1回
必ず 顔を合わせて…。

なるほど!
はい お話があるんです。

あっ すごい集まってる。
いいんですか? すみません…。

どうぞ どうぞ。
(大久保)すみません 失礼します。

フロント 客室係 調理場など

各部署の責任者と
役員などで行う朝礼。

今日のお客様の確認

昨日の売り上げの報告などが
行われる。

あの森伊蔵の? あの森伊蔵の…?

…と ここで 女将が口を開く。

満足してもらえれば
二度目は来てもらえる。

ただ
3回以上 来てもらうためには

通り一辺倒のサービスでは難しい。

なので 女将 自ら誠意を尽くす。

ちなみに
この日のごあいさつは…。

(一同 笑い)
何? あれ。

こうして 20分ほどで朝礼が終了。

(大久保)じゃあ
どうしましょう? 次は…。

もう よろしいですか?

「そりゃそうだよ」

女将さん…。

ここを こう… こうじゃないの。

ちゃんと…。
私 手 振ってました? 今。

お客様がね 振り向かれた時に…。

この廊下は 特に

エリツィン大統領も
歩かれる廊下ですから…。

はい スッと 背筋を伸ばして
スッと…。

「花魁じゃないんだから」

もう イヤだ…。
ダメ。

イヤだ もう…。 ハハハ…。

こうですよね。

花魁ウォーク…。

ハハハハハ…!

ちょっと 女将さん…。
嘘でしょ?

70歳とは思えない早足で
女将さんが向かったのは…。

ええー すごい! これ。 お風呂
めちゃめちゃでかいですね。

自慢の指宿温泉。

その広さ 1000坪の大浴場に

更に お庭を一望できる展望風呂や
岩盤浴場まで。

その全てのお風呂を

チェックアウトの10時から
1時間かけて

男湯 女湯のお湯を全て抜く。

そこから3時間で清掃。

15時までに間に合うよう
仕上げているのです。

ちなみに 名物の砂むし風呂の砂も
この時間に…。

毎日 70度の源泉につけ
低温殺菌しているのです。

確かに…。

スタッフ10名で 徹底的に清掃。

女将さんは
その清掃の時に顔を出し

何やらチェック。

ちゃんと…。

ここを ちゃんと のけて
キレイに洗ってるかとか。

(大久保)さすが。

高い料金を払うお客さんにとって
キレイである事が当たり前。

少しでも汚れがあると
楽しい気分が台無しになるため…。

100カ所以上を
徹底チェックするのです。

チェックしますか?

大久保女将もチェック。

大浴場のチェックを終えると
館内を回り

300人を超える従業員に
積極的に声をかける。

(大久保)おはようございます。
あら 素敵なユニホームですね。

コミュニケーションを図るのも
女将の大事な務めなのです。

時刻は12時。

その頃
客室では…。

全205部屋を 一斉に清掃中。

チェックアウトの
10時から14時までの4時間だけで

全てを終えなければならない。

総勢30名のスタッフが
2人1組で15部屋を掃除。

女将は そのうちの10部屋を

抜き打ちチェック。

押し入れの中や
ティッシュの出方など

細かく見ているのです。

更に ここでも従業員に声かけ。

(下竹原さん)お願いします。
(みさこさん)はい。

そういうのも ちゃんと 床を見て。
(みさこさん)はい 承知しました。

そういうとこも ちゃんと見て…。

ハハハハハ…!

ここで 見習い女将として

大久保さんも仲居さんをお手伝い。

こういうの見るとさ
あの… ちゃんと この…。

でも あの…。

このままの方がいいの?
(みさこさん)はい。

変に 畳んだりしない方が?
(みさこさん)そうですね。

仲居さんいわく
お客さんが畳んでしまうと

中に 忘れ物がないか
ゴミは入っていないかなどの

二重の確認が必要になるため
敷いたままにしてほしいとの事。

昼食もとらないまま
すでに1時を経過。

このあと
旅館最大のビジータイム

宴会の準備。

(下竹原さん)はい。
朝礼にいましたでしょ。

(大久保)いましたね。
(下竹原さん)あの子です。

40になりますかね。

私 今 思いますけど

やっぱり 女将さんに入るって事に
なるでしょ そうすると。

玉の輿は玉の輿だけど
やっぱり そこまで

モテるって感じじゃないと思う
昔ほど。

そうこうしているうちに

えー… 乗ってないもんね。
えっ? どこ? これ。

配膳室みたいなの入っていくけど。

あっ いた いた いた いた…!

(下竹原さん)とりあえず…。

(大久保)ここでやるんですね。
(下竹原さん)はい。

白水館では
客室や館内に飾る花を生けるのも

女将の仕事の1つ。

ちなみに 女将は

華道の師範代の資格も
持っているのです。

江美ちゃん 一緒に…
大久保さんと一緒に葉っぱを。

先ほど
朝礼で お会いしてくださった…。

江美と申します。
よろしくお願いいたします。

フフフ…。

(江美さん)
ようこそ お越しくださいました。

次の仕事は
生け花に使うための葉っぱ収穫。

白水館の若女将とともに
向かいます。

江美さんでしたっけ?
はい 江美です。

江美さんは 普段は
着物着られてるんですか?

表に…。
(江美さん)いえ あの…。

(大久保)そういうもんなんだ。

女将が召されたら
出れるって事ですか?

「召され待ち」って…。

うわー これ なんか
立派な緑色の…。

はい この辺りで。

着いたのは
旅館敷地内にある庭園。

ここで
生け花に使うためのハランや

お料理用の飾り葉を
生育しているのです。

業者から仕入れるのではなく
なるべく その地のもので生ける。

これも 女将のこだわりの1つ。

取ってきた葉っぱは
女将 若女将が自ら生け花を行い

女将さんの指示どおり
仲居さんで手分けして

各部屋や宴会場へ運ぶのです。

今回 特別に

大久保さんが生けた
ゆりの作品も

飾っていただきました。

(下竹原さん)あら 素敵。
大久保さん センスある。

やだ… 女将。

(一同 笑い)

そうこうしているうちに
時刻は15時。

チェックインの時間。

旅館の顔として

いらっしゃる お客さん
一人ひとりを出迎える。

いらっしゃいませ。
いらっしゃいませ。

いらっしゃいませ。
いらっしゃいませ。

「全然 反応なし…」

どのお客さんも 芸人としての
大久保さんには一切触れず

15時50分 お客さんの到着が
落ち着いたところで

女将が向かったのは…。

社員食堂。
社員食堂 行きましょう。 社食。

ここで ようやく 遅い昼食。

本日のメニューは 鶏飯に

カツオのたたき。

「うまそう」

おいしい。

しかし…。

ええー…。

食事時間 わずか2分。

このあと いよいよ…。

18時から一斉に始まる

旅館最大のビジータイム
宴会の準備。

この日は 桃 紅梅 瑠璃など
4カ所で宴会が。

もう大丈夫です。

地下へ続く階段を下りた先には…。

あっ 厨房? ああ…。

(大久保)こんにちは。 すみません。
お仕事中 お邪魔します。

うわ すごい…。

すみません お邪魔します。
(下竹原さん)こんにちは。

持ち場に分かれ
大量の料理を仕上げていく

調理人の姿が。

実は ここ 12の宴会場がある
薩摩客殿の地下1階。

宴会に向け 30名態勢で
300食以上の懐石料理を調理。

完成した料理は

そのまま エレベーターで
上の階にある宴会場へ運ばれ

仲居さんの手によって
お客様に提供されるのです。

大久保さんも女将に倣い

従業員さんと
コミュニケーションタイム。

こんにちは。
キレイですね。

はい?

もう…!

どうぞ。 食べてください。

「ハハハハ…!」

(一同 笑い)
バカ…!

宴会は18時 もしくは
19時スタートが多いため

白水館では 多い時には
10の大広間で同時に宴会が開催。

女将 仲居さん 料理人たちの手は
休まる事なく 準備が進む。

そして いよいよ
宴会スタートの18時。

ここで 大久保さんの大一番。
それが…。

(下竹原さん)失礼いたします。

ここでいい? ここでいいかな?
ここで見てて…。

リピーターさん
そして 女将や重役が

直接予約を受けた
お客さんの宴会場に ごあいさつ。

これも 3回以上来てもらうための
大事なおもてなし。

女将のあいさつを
見せてもらったところで

いよいよ
大久保さんが ごあいさつ。

その宴会場とは…。

今日も だから 団体さんもね…。

奈良県トラック協会の奈良支部が
今日 ここで…。

大久保さんが
朝から ずっと気になっていた

トラック協会さんの宴会場へ。

今日1日 学んだ流儀

このあいさつに
全てをぶつけます。

(一同 笑い)

(大久保)本日ですね…。

薩摩のお食事と焼酎ですね。

皆さん 思う存分
楽しんでいただけたらと思います。

もう

なんて事をおっしゃいましてね
本当に あの…

そうですね まあ あの…。

皆さん…。

今日は…

いい夜に
していただければと思います。

失礼いたします。
ごあいさつでした。

ありがとうございます。
(拍手)

(大久保)どうぞ どうぞ…。 開けて
召し上がってください もう。

あいさつ後は

お酒をおつぎするのも
女将の仕事。

すみません…。
すみません 困ります。

1杯だけ いただいちゃおうかな。

すみません 女将さん…。

すみません… すみません。

まいります。

ハアー…!
(一同 笑い)

ここぞとばかりに お客さんの酒を
飲みまくる大久保さん。

これは もう…。

目に余る振る舞いから
女将に呼ばれ

ここで いったん退出。

少しは

そうですか…。
そう。

「本当に もう…」

このあと 女将は手が足りていない
宴会場の片付けを手伝い

遅い日には 23時まで働くという。

(大久保)お疲れさまでした。
キレイになったね。

よし 終わった。 いやあ…。

(大久保)女将さん 今回は
本当にありがとうございました。

尊敬です。

丸一日 名旅館の女将の大変さを
肌で体験した大久保さん。

果たして 何を感じたのか?

(スタッフの笑い)

「こいつだけは…」

(一同 笑い)

(一同 笑い)

これ 何? シリーズになるの?
どうなんだろうね?

(スタッフ)評判が良ければ…。
あっ そう。

小ネタばっかりじゃねえかよ。
(スタッフの笑い)

ドーン… ドカーン! っていう
芸人はいねえのか?

ドカーン! っていう芸人は。

私たちが好きだから しょうがない
これね。 本当… ねえ これ。


関連記事