ぶらり途中下車の旅 東武東上線 日本にある台湾の豪華神社・名物手のひらギョウザ・本田美奈子ミュージアム…



出典:『ぶらり途中下車の旅 東武東上線▽美味!出汁茶漬けうどん▽名物手のひらギョウザ』の番組情報(EPGから引用)


ぶらり途中下車の旅[解][字]東武東上線▽美味!出汁茶漬けうどん▽名物手のひらギョウザ


美味!出汁茶漬けうどん▽大きくてジューシーと評判な「手のひらギョウザ」▽生誕から栄光まで!本田美奈子.ミュージアム▽5000の龍がいる!日本にある台湾の豪華神社


詳細情報

出演者

【旅人】木下ほうか

番組内容

木下ほうかが東武東上線ぶらり旅▽美味!創作うどん専門店の出汁茶漬けうどん▽大きくてジューシー!「手のひらギョウザ」と「孫の手ギョウザ」▽生誕から栄光まで!地元で発見!本田美奈子.ミュージアム▽5千の龍がいる!日本にある台湾の豪華神社▽長寿のヒントになる?長生きする珍しいネズミ▽独自のブレンドを量り売り!ウイスキー専門店▽次回予告!初登場!あの紅白歌手がりんかい線・埼京線でぶらーり旅!ナスラーメン?

音楽

【番組テーマ曲】

「Brand New Day~New Edition 2020~」

倉木麻衣

制作

【制作協力】日テレ アックスオン



『ぶらり途中下車の旅 東武東上線▽美味!出汁茶漬けうどん▽名物手のひらギョウザ』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ぶらり途中下車の旅 東武東上線 日本にある台湾の豪華神社・名物
  1. ハハハハ
  2. お店
  3. 台湾
  4. 餃子
  5. ギョーザ
  6. 今日
  7. 試飲
  8. 年前
  9. 美奈子
  10. 本当
  11. 種類
  12. 本田美奈子
  13. ネズミ
  14. 大丈夫
  15. 濱田
  16. ウイスキー
  17. ショウガ
  18. メニュー
  19. 吉村
  20. 建物


『ぶらり途中下車の旅 東武東上線▽美味!出汁茶漬けうどん▽名物手のひらギョウザ』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

♬~

<本日は 埼玉県最大級の動物園で
待ち合わせ>

(木下) うそやん?
ほんま いてるん? こんなとこ。

<何がいるんです?>

誰や?
<「誰や?」って!>

こひさん おはようございます。
<おはようございます>

私ね 3年前 ここに…。
<はい>

世界最小の鹿

プーズー 見に来たんです。
<はい はい>

で 今日はね ここに

世界最大級の ペンギンの
展示施設があるということで

再び やって来ました。
<へぇ~>

ここが そうらしいんですけど…。
<ここ?>

ペンギンさん いません。

<土ですよ?>

あっ こひさん。
<はい>

あそこの中に 2匹いません?

じっとしてる。
<あっ! いる いる>

出て来た 出て来たよ。

<どこ?>

2匹 出て来た。
<本当だ!>

あっ お出掛けです。

お出掛け 始まりました。

そ~っと ついて行きます。

<どこ行くんでしょ?>

ちょこちょこ ちょこちょこ。

歩いて行ったよ ペンギンさん。

あっ 何か プールがあるよ。

<あぁ なるほど>
いっぱい いる!

餌やりですかね。

いっぱい いる。

かわいいな。

動きが かわいいもんね。
<ねぇ!>

これね。

あっ 魚。

あっ 取り合いしてる。
<アハハハ>

あ~ 誰や?

<このペンギンヒルズは

世界最大級の
フンボルトペンギンの展示施設>

<実際に生きる
南米 チリの生活環境を

忠実に再現しています>

<実は
ペンギンの種類の半分以上は

氷の国ではなく 草原や砂漠に
巣をつくって暮らすそうで

このフンボルトペンギンも

日本と ほぼ同じ温帯に
すんでいます>

<アハハハ かわいいな~!>

ペンタちゃん また会いに来るよ。

ちょうど 正面に
木造の建物がありますね。

何でしょうね?
<何でしょう?>

おっ 何か書いてる。

「ecoハウチュー」。
<ハウチュー?>

「地球にくらす小さななかま」。

そういえば ねずみ年ですね 今年。
<はい>

こひさん なに年ですか?
<え~…>

まぁ いいや どうでも。
<こら こら! こら こら!>

あっ 自動。

あっ! うわっ!

何か いるよ。

<何ですか?>

「チュー」ってネズミやろ…
ネズミの種類ね。

めちゃんこ かわいいやん!

野菜 食べてるよ。
<かわいい!>

わっ おもしろい。

これ。
<はい?>

リスみたい。
<あっ 本当!>

ここの方かな 話 聞いてみよう。

すいません ごめんなさい。
(田中さん) はい。

お話 伺って よろしいですか?
はい 大丈夫です。

私 3年ほど前に
こちら 伺ったんですけど

この建物って ありましたっけ?
3年前は ないです。

去年の9月にオープンした

一番新しい施設なんです。
<へぇ~>

ネズミ系の動物?
そうなんです。

ここ
ecoハウチューという名前で

ネズミが すごく多く
展示されてるんですけど。

ちょうど こちらの…
グンディというネズミですけど

日本初公開です。
<えっ!>

ここでしか見ることができない。

これは どういうとこで生きてる?

砂漠のような所で生きてまして
岩場にすんでるんですね。

何か もう わくわくしますね!

実は
通り過ぎて来られたとこにも

日本初公開がいたんですよ。
えっ! いたんですか。

これです。
これだ。

キボシイワハイラックスと
いいます。

これ 実は ネズミじゃないんです。

なんと 象に近いんです。
<はっ?>

どこが象ですか?
内臓のこととか いろいろ…。

爪が 例えば 平爪なんですね
私たちのように。

ネズミって かぎ爪なんです。
本来ね。

でも 平爪なんですよ。

つまり 象に 非常に近い?
系統学的にも。

図鑑を 今度 見てみてください
象の隣にいます。

まだ おもしろいの いますから。
えっ! 案内してください。

奥深いですね。
ここからは 夜のゾーンです。

真っ暗です
この中に いち押しの動物が。

ある意味 うちのスターです。
これ?

ハダカデバネズミといいます。
ハダカデバ…。

あっ いた いた! おっ!

何か すごい出っ歯。
出っ歯で裸。

さんまさんみたいですね。
<こら こら!>

生まれたての
パンダとかカンガルーみたいな。

これ 大人です。
大人なんですか!

これが とても変わっていまして。

普通 この大きさだと
どのくらい生きると思います?

ハツカネズミとか…
2年とか そんなんじゃない?

20年とか30年 生きるんです。
<うそ?>

こんな小さいのに。
そんな長生きなんですか。

そして ガンにならないんです。
<えっ!>

病気にならなくて 長生き。
すごく長生き。

それで 今
いろんな 各国の研究者が

人間の健康に
生かせないかということで

研究されてます。

<この小さな体に

人類の大きな期待が
かかってるんですね!>

あっ やつだ!
<やつ?>

ハダカデバネズミ。
<アハハハハ>

この動物園の顔ですもんね。

<あやかって
今年も健康でいられますように>

よし
じゃあ ぶらり 続けます。

<最寄りの駅まで
バスに揺られること およそ5分>

(運転士)
ありがとうございました。

今日は 東武東上線

高坂駅から ぶらり スタートです。

<埼玉の寄居駅と

東京・池袋を結ぶ
東武東上線に乗り

川越 池袋方面へ>

<温かな出会いに
恵まれますように>

(アナウンス) 次は北坂戸です。

ついさっき
高坂から乗りましたけど

次 北…。

♪~ 北のサカド

…で降りようかな。
<ハハハハハ>

<最初の途中下車は北坂戸>

全く初めて来たなぁ。

おっ! 何だ? 何だ? これ。

<ん? 何でしょう?>

トラック。

朝市か何かかな?
<あぁ!>

おもろそう! 行ってみよう。

何? 何?

うわっ にぎわってますね!

<本当 すごいですね>

めちゃくちゃ 人気ですよ これ。

竜田揚げ…。

小ぶりで
めっちゃ うまいやろうな。

「女子栄養大学」。

いろんな
共同開発してるんですね 農家と。

<「さかど葉酸たまご」>

<へぇ~>

そもそも 何屋さんですか?
卵屋。

養鶏場です。

そっか!
これ 卵サンドじゃないですか。

(武藤さん) 卵サンドが主ですね。

これ 最高に うまそうやん
買おう。

どうぞ どうぞ。
どうも ありがとう。

自分のとこで…
養鶏で作ったやつで

こういった製品
作ってはんねんな。

ちょっと 興奮状態! 買おう。
<ハハハハハ>

(武藤さん) おまけ!
来た! すいません これ お願い。

めちゃくちゃ おいしそうですよね
卵屋さんですよね。

これは?
これはチーズケーキで

これも たっぷり
葉酸たまごが入っております。

グリーンのは すいおうの
シフォンケーキを焼いて来ました。

すいおうって何ですか?
サツマイモの種類ですね。

これが芋です。

茎は きゃらぶきにして 煮たり

葉っぱは 乾燥して

そちらの おまんじゅうや
シフォンケーキに使ってます。

こっちにしようかな。

これ すいおうですね
これ 頂きます。

ありがとうございます。

お邪魔しました すいません。

あっ!

発見してしまいました。

これ お酒ですか?
(山田さん) お酒。

ちょっと 見ていいですか?

あっ さっき おっしゃってた
すいおう。

芋焼酎じゃないですか。
<へぇ~>

おいしいです お飲みになります?
味見 できるんですか!

すごく飲みやすいです あら?

<あらららら>

飲んだことない人みたい
飲めるのに。

早朝から すいません
いただきます。

すんません いただきます。

あっ! これ 焼酎ですよね?
そうよ。

すごい!
芋くさくないし。

恐ろしく飲みやすいですね。
<へぇ~>

何か 「オッポラン研究所」って
書いてるんですよね。

オッポランって

え~っとね…
普通 野菜とか いろんなもん

小さなくずとか 規格外のものって
つい捨てがち。

この辺 「おっぽる」とかいう
方言があるんですね。

「おっぽる」って方言なんですね。

捨てないっつうことで
「おっぽらん」だったの。

で おっぽらないってことで

みんなで おそろいのTシャツ
このように できたんですね。

あっ 書いてる!
<アハハハハ>

すいおう 扱ってるんで…。

あぁ すいおう!
<お~!>

似合ってますよ。

お仲間で着てるんですか?
みんな 着てるはずなんです。

寒いから 羽織ってるけど
中に着てます みんな。

<赤いTシャツで

坂戸の農家の皆さんが手売りする
軽トラック市は

新鮮で安く 時に 珍しい野菜も
手に入ると大人気>

<坂戸市が 音頭を取って
6年前に始まりました>

<売り物にならないものも
オッポラン研究所と称して

地元の力を合わせて
商品化に取り組んでいます>

あっ ブルーベリー!
(女性) はい。

ブルーベリーの栽培農家?
(正木さん) ええ。

こっちのジャムも無添加なんです
こだわって作ってます。

これ 僕 買います。

ブルーベリー 好きなんですよ。
700円です。

ちょっと張りますね。
<ハハハハハ>

1000円。
はい すいません。

ありがとうございます。
どうも ありがとうございます。

これから どこか行くんですか?
まさに これから ぶらり。

最初の駅だったんで。
(女性) あっ 最初の駅なんですね。

坂戸市に来ていただいたら…。

うち 農園やってるんですけども

うちの農園の前に

聖天宮っていう
お宮があるんですよ 台湾の。

10月に 首里城
燃えちゃったじゃないですか。

そこの彫刻とか建築なんかも

台湾の人が関わってるってことを
聞きましたけども

まさに 台湾の宮大工の方を
連れて来たんですよ。

あっ 本格的ですね。

五千の竜が… 石 彫ってます。
<えっ?>

五千の竜です。
<はぁ~!>

ですから パワースポットって
いわれてまして…。

この駅ですか?
ここから戻って

若葉という駅があります。

そこから2kmちょっと行った
左側にあります。

それだけ推されたら
行ってみようと思います。

<教わった
五千の竜を見るために

電車に乗って 若葉駅へ>

<楽しみですね!>

2kmって
おっしゃってましたよね。

ひとまず
こっち側 ずっと行ってみます。

何か 建物も
ぽつんぽつんになって来たぞ。

あっ!
<ありました?>

突然 現れた! 何あれ!

あれか! あれやろ?
<お~!>

すごい すごい! これ。

首里城っぽい。

え~!

お~!

オッホッホッホ!
<すごいな~!>

あっ 有料です 入場料いる。

あっ すいません。

500億円ですね。
はい。

はい お願いします。

中に案内人がいますので。

すいません。
ごゆっくり どうぞ。

お~! お~! お~!

これは立派だ。
<はぁ~!>

これ あんまり
知られてないんじゃないの?

<ねぇ!>
いつ できたん?

コンクリートかな?

うわっ! すごい!

あっ 人いたな。

(コウさん) こんにちは。
あれっ?

こちらの方ですか?
(コウさん) はい 説明員ですよ。

そんなふうに見えないですけど。
(コウさん) 普通の格好ですよ。

これ 何なんですか?

台湾とか中国の神社になるんです。
<へぇ~>

よく 横浜とか長崎に…。
ありますね。

中華街。
そうなんですね 道教ですけどね。

ちょっと いろいろ質問が
たくさんあります。

これ 石ですよね?
そうですね。

しかも 一本物から彫ったんです。
まじっすか!

あそこの赤い所までが
1本の大きな石ですね。

透かし彫りですね
深~く彫って行くんですね。

これ 竜?
そうです。

台湾の神社は
竜をいっぱい使うのが特徴で。

縁起いいんですよね?
そうです 神様の使いなので。

これですよ これ。

これは?

扉なんです 今 開いてますけど
閉まると 外に向くんですね。

大きな大きな門ですね。

これが ぴゅ~って閉まるんや。
そうですね。

で 門番 こうやって
直接 門に彫っちゃうんですね。

これも
1枚の板から彫ったんですよ。

この弓がありますでしょ
この弓は最後に彫り起こしです。

1枚の板から
彫り起こしたものなんです。

何故 こういうのが
ここに 突如 造られたんですか?

お告げで
この場所にされたんですが

台湾の古人が 病気が良くなった
恩返しして建てた お宮さんです。

古人 1人?
1人。

元々 台湾のほうで建てる予定が
あったんですけど

お告げで
この場所にされたんですね。

あっちも伺って。
どうぞ。

竜が至る所に。

これが五千?
そうですね 全部 入れると。

鳳凰とかもいます。

立派ですね!

この中とか 天井が すごいですよ。

すごいわ これは。

へぇ~!

<五千頭の竜が昇る 聖天宮は

台湾 中国の
伝統宗教 道教のお宮>

<創設者は お告げを受け

当時は雑木林だったという
この地を切り開き

25年前に完成させました>

<台湾の宮大工たちが

上質なタイワンヒノキなどを
ぜいたくに使い

15年もの歳月をかけて
造り上げた 豪華絢爛な建物>

<雲の上の天上界にある宮殿を
イメージしているそうで

台湾から持ち込んだ装飾品も
使われ

細部に至るまで
きらびやかに彩られています>

あとは 塔の上にも上がれますね。
あそこ?

行きたいです。
こっち 上がってみましょうかね。

どこから行けばいいですか?
奥のほうに行くと階段があります。

ちょっと狭いんですけどね。

<何が見られるんでしょう?>

あっ 来た。
また 違った感じで。

間近に見られる。

お~!

奇麗に 富士山 見えますよ 今日。
<えっ?>

ねっ!

<いや~! 見事です>

<五千頭の竜に富士山>

<いいことありそうですね>

(アナウンス) 次は川越市です。

川越市駅ね。

約3年前に降りたんですけど…。
<ええ>

その時
ぶらりし足りなかったんで

降りてこましたろうと思います。
<「こましたろう」って!>

何か楽しみ~!

懐かしいですね。

3年もたつと
だいぶ変わったんですかね。

こっち行こうかな。
<そうしましょう>

何か 今となっては

こういう 何でもない ほうきが

懐かしいな。
<ですね>

今 普通の家庭にないでしょ
掃除機 使うから。

うわ~! お米屋さんか
よく手入れされた。

<う~ん いい雰囲気!>

(女性の笑い声)

あっ こひさん。

お着物の集団 発見しました。
<あら!>

ちょっと 聞いていいですか?
お着物 自前ですか?

レンタルです。
あっ レンタル。

ちょっと古いタイプの
着物ですもんね。

そういうのあるんだ 川越。
あそこで やって来ました。

着替えて観光するんですね。
<へぇ~!>

うわっ!
この建物も いいですよね。

これは 多分 戦前。
<うん>

<どうしました?>

これ あれだ さっき言ってはった
レンタル着物ね。

ちょっと待って こひさん。
<はい?>

何か… ちょっと待って。

「うどん」って書いてるんですけど。
<はい>

「カルボナーラうどん」?
<えっ?>

「カラフルトマトのジェノベーゼ」。

バジルとか イタリア料理ですね。
<ええ>

「すぐそこ」。

<行ってみますか?>

あの…。

うどん好きの私は
見過ごせない看板です。

ちょっと 行ってみたろ。
<うどん好きだったんですね>

あっ これか。

「創作うどん」「くらうど」。

「くらうど」って
こういうことですよね。

また これも デミグラスソース うどん。
<ほぉ~!>

めちゃめちゃ種類ありますやんか。

ちょっと 道場破り。
<「道場破り」って!>

失礼します。

(坂入さん) いらっしゃいませ。
よろしいですか?

(坂入さん) はい
1名様 お好きな席 どうぞ。

満面の笑みで。

すごい珍しいメニュー
いっぱいあったので ちょっと。

ありがとうございます
変わったメニュー 扱ってます。

イタリアンっぽいと思ったら
和風っぽいのもあるんですね。

私 高菜が好きなんです。
そうなんですか。

これ どうですか?
こちら ダシ茶漬け。

<えっ?>
茶漬け?

普通 ご飯でいただくところを
うどんにして。

すごい合うんで
ぜひ試してみてください。

これ お願いします。
紙エプロン ご利用ですか?

じゃあ 頂きます。
かしこまりました。

飛び散るのかな?

大変お待たせしました。

炙りたらこと高菜の
だし茶漬けうどんです。

<うわっ 本当にお茶漬けですね>

炙りたらこと高菜の
だし茶漬けうどんです。

しょっぱかったら 薄めますので
おっしゃってください。

ごゆっくり どうぞ。

お茶漬けといえば あられですけど
しっかり入ってて。

のりとか
まさに お茶漬けですけど。

まず やっぱ おダシ。

関西風の 澄んだ色してますよ。

<いかが?>

ほぉ!

すいません いいですか?

これ 何のおダシですか?

昆布と いりこの おダシで。
そうなんですね。

関西風ですね。
<へぇ~!>

さて 私好みの麺かどうか。

いただきます。

おダシ 関西風ですけど
麺も 讃岐風に作ってます。

<どうです?>

しっかり コシがあって。

この麺
どうやって作られたんですか?

隣の部屋で作ってます。

自家製ですか?
自家製です。

おうどんで いろんなメニュー
作られる動機というか

発想は何なんですか?
当店のコンセプトが

第二のカレーうどんを作りたい
ということなんですけど。

カレーうどんって 元々は
カレーライスと うどんって

別々のものを
一つに合わせただけですよね。

こちらも ご飯を うどんに
替えただけなんですけど。

カレーうどんが
どこのお店にもあるように

ダシ茶漬けうどんが
どこの うどん屋でもあるように。

そんな世界をつくりたいという
それが動機ですね。

<坂入さんは

川越で 新たな定番うどんを
生み出そうと

去年2月に お店をオープン>

<いろいろな種類のお店で
修業を積んだ経験を生かし

わさびじょうゆで味わう
ネギトロうどんや

ソースにもこだわった デミグラスソース の
ふわとろオムうどんなど

うどんの世界に
新たな風を吹き込んでいます>

<こだわりのうどんで
おなかを満たし

さらに 旅を続けます>

<次は 朝霞台で途中下車>

工事中。

何か 川が出て来ましたね。

何川?

あっ ここ いいじゃないですか
ちょっと 右 行ってみよう。

<そうしましょう>

いいです! ここ 散歩道に
とっても よさそうです。

<気持ちいいですね!>

まさかの

ヒマワリおるで これ。
<えっ?>

これ 夏ですよね?
<はい>

どうしたん?

冬ヒマワリってあるの?

<さぁ?>
あったりして。

こひさん。
<はい>

いた いた。
<何が?>

あいつ まだ 気付いてない。

<あら~!>

いいですね! ここ 本当 いいや。

<のどかですね~>

右方向 行ってみようかな。

右折。

うん 住宅街ですね。

おっ! えっ?
<何です?>

本田美奈子.? 何や?

「Honda Minako Museum」って
書いてますね。

どういうこと?

こんなん 聞いたことないですよ。
<私も>

えっ… 行ってみようかな。

あの~ 僕 以前ですね…。
<はい>

何ていうんですかね…
骨髄移植…。

提供したことあるんですけど。
<はい>

まぁ その動機というのが

本田美奈子.が
昔 白血病で亡くなったっていう。

それ 理由の一つで。

動機の一つでもあったんですよね。
<そうでしたか>

美奈子.さん。

ちょっと 行ってみようかな。

やっぱり!

ねっ これ。

登録してください。

でも 人 いないか。

こんにちは。

すいません。
(今村さん) はい。

ちょっと お邪魔します。

こちら 「Museum」って
書いてたんですけど…。

(今村さん) はい
本田美奈子.ミュージアムです。

どういう場所ですか?
え~っとですね…。

本田美奈子.さんが

朝霞市で過ごされてらっしゃった
ということで。

ご実家が近くにありまして…。
<へぇ~>

で こちらのほうで
ミュージアムを。

そもそも これ 見ていいですか?
開いてるんですか?

毎月2週目の土曜日と日曜日に
開館という形なんですけれども。

2回だけ 月。
そうです 月に。

確認して来ても よろしいですか
すいません。

基本的に開いてないんですね
今日は。

(今村さん) すいません。

お待たせしました。
あっ こんにちは。

(濱田さん)
すごい! ほうかさんじゃん。

どうも。
どうも。

今日は…。
ちょっと ぶらりしてたんです。

今日 ここ 開いてないって伺った。
そうなんですよ。

もし あれでしたら どうぞ。
大丈夫ですか。

いいですか!
はい。

普段の日も 遠くから来る人が
結構 いまして。

熊本とか いろんなとこから来る。
全国から。

空いてる時は どうぞって感じで
見てもらってますので

もし よろしければ。
お邪魔します。

(今村さん)
ご案内させていただきます。

すごい!
わっ! これ 年表というか。

67年生まれ
3つぐらい下やんか。

好きやったわ。

あ~! あっ 書いてる!

葛飾生まれで 朝霞市育ちですね。

85年 僕 大学生。

ねっ!

超大ヒット 『マリリン』。

『1986年のマリリン』な。
<覚えてます>

そう そう
後にね 『ミス・サイゴン』。

ミュージカルに転向されたんです。
<そう そう>

2005年に発症してんなぁ。

病気。

(濱田さん) 新しい映像が入って。

映像ですか?

フィルムコンサート
いつも 30分ほどやるんですよ。

どこでやるんですか?
そこに照射して見てもらうんです。

今日 入って
今 試しをしようと思ったんです。

もし よろしかったら…
お時間あれば。

時間 めっちゃあります。
<ハハハハ!>

音量のチェックとか
済んでない状態なんですけども…。

私もチェックします。
ありがとうございます。

準備 いろいろして来ます。
はい。

(濱田さん) ライト 落とします。
(今村さん) は~い!

おっ!

(濱田さん) 流します。

(本田) イェ~イ!
イェイイェイ ラブリー 美奈子.!

♪~   マリリン

♪~ 長い髪をほどいて
♪~   長い髪をほどいて

 ヘイ!
♪~ マリリン

♪~ シネマスタア気取るわ
♪~   シネマスタア気取るわ

♪~ 僕等は

<本田美奈子.さんは
当時としては珍しく

衣装や振り付けを 全て
自分で考えたアイドルでした>

<そして 自ら
1年間 仕事を休んで特訓を重ね

本格的に
ミュージカル女優へと転身>

<その実力は
日を追うごとに 評価を高め

舞台で輝きを放ち続けました>

♪~ 泣かせに来ただけ

♪~ だけどここにいる

♪~ 彼の子あの人

♪~ 返して

すいません
ありがとうございました。

貴重な映像を…
今日 通常じゃないですもんね。

おっ!

めちゃくちゃ かわいいもんね。

ほら!

そっか
ご自宅に こういう写真あって

パネルに。
パネルにさせてもらって。

これ おかんですか?
そうです。

おかんが かわいいんだ。
ハハハハ!

お母さん
すぐ そばにいらっしゃるので

お声掛けしてみましょうか?
<えっ!>

ぜひ お願いいたします。
<あら!>

もうちょっと見せてもらって。
はい じゃあ…。

こちらが楽屋再現になってます。

失礼します。

これ 楽屋… 化粧前。

実際 使ってたのかな?

どこの楽屋 再現してるんですか?

帝国劇場と お伺いしております。
帝劇なんだ!

うそやん!

こちらにあるポットだとか
そういったものも含めて

美奈子.さんが
使われたものになります。

涙もんですよね。

<館長を務める濱田さんは

自ら経営する運送会社の
倉庫を活用し

3年前 昔から好きだった
ミュージカルのスクールを開校>

<そして 2年前
地元のスターだった

本田美奈子.さんの
ミュージアムを併設しました>

<館内には 美奈子.さんの
アイドル時代の衣装や

芸能生活20周年記念のために
準備されていたドレスなども

展示されています>

(濱田さん)
お母さん いらっしゃいました。
<えっ!>

はじめまして。

(工藤さん) どうも。

はじめまして。
どうも。

お母様。
はじめまして。

美奈子.の母の 工藤です。

似てらっしゃいません?
<ねぇ!>

よく言われます。

さっき 化粧前 再現されてるの
拝見したんですけど

ドレッサーとか持ち込んでらした。
そうです。

上もあるんですけど。
ちょっと 一緒に。

お~!

大丈夫ですか?
はい。

ミュージカル時代の。
はい そうです。

92年から
ミュージカル 始めたんですね。

『ミス・サイゴン』。

お~!

このオーディション
1万2000人から選ばれた。

『ミス・サイゴン』の時は

本当に お家では
話はしなかったです。

声 出さなかったです。
そっか!

舞台以外に
なるべく 喉を使わないように。

ですから ほとんど

ジェスチャーか筆談。
え~!

家族との会話さえも…。
しなかったです。

へぇ~!

こっちも拝見していいですか。

いい写真 多いですね!

2003年…。

クラシックとか。

「岩谷時子先生」。

美奈子.と2人で

初めて 岩谷先生の
『夜明けのうた』を歌ったのを

持って来たんですけど。

あっ!

録音してあるんですか?
そうです。

<『ミス・サイゴン』の
訳詞も手掛けた岩谷さんが

体調を崩したと聞いた
美奈子.さんは

自らも闘病中でありながら
母親と 励ましの歌を贈りました>

<そして これが
最後の歌声となりました>

録音 入ってるんですか。
入ってるんです。

聴いてくれます?
ぜひ! もちろん。

(ボイスレーコーダー: 本田)
♪~ 夜明けのうたよ

♪~ 私の心の

♪~ 昨日の悲しみ

♪~ 流しておくれ
これ 病気の後の歌声。

(ボイスレーコーダー: 2人)♪~ 夜明けの
先生の歌声ですか?

私。
「私」か。

おかん!?
お家でですから。

(ボイスレーコーダー: 2人)♪~ 小さな幸福

♪~ 守っておくれ

何か…。

すごい久しぶりで 聴いたんで

胸が熱い。

私もです。

<人を元気づけるものとして

歌の力を最後まで信じた
本田美奈子.さん>

<近い将来 朝霞市から

第二の美奈子.さんが
生まれるかもしれませんね>

本当に ありがとうございました。
ありがとうございます。

また伺います。
<ありがとうございました!>

いいとこでしたね。


でっかいフォーク!
何か宣伝してます。

<何の宣伝?>

(長岡さん) 「手のひら焼き餃子」。

こんにちは 失礼します
何か宣伝されてるんですか?

(長岡さん) 「手のひら餃子」です。
そう来たか。

「手のひら餃子」って何ですか?

「手のひら餃子」はですね

どこにもない 珍しい
大きなギョーザになります。

お店 どちらにあるんですか?
お店は この路地にございます。

あっ あれ。
はい。

いい感じの路地ですね。
ありがとうございます。

お店 空いてます?
はい。

入られますか?
はい はい。

よいしょ。

かわいいじゃないですか!

何か 家の台所みたい。
そうです。

<大山で出会った
「てのひら餃子」とは?>

ギョーザですね。
ギョーザ いただきたいですね。

よいしょ!
おっ 来た。

まだ温かいですけどね
ゆでたてなので。

<お~!>
これ ギョーザですか。

140gあるんですよ 1個がね。

中は これぐらいのお肉の塊。

肉の塊 入ってるんですか。
そうです。

中に キャベツとか ニンニクが
味付けされて入ってます。

これ
肉まんと呼んでもいいですか?

これは
新しい形のギョーザでございます。

これはショウガ味。
ショウガ いいですね!

これが まごのて餃子
3つで1人前ですね。

これ 1個と… これ。
1人前ですね。

焼いてみますか。
お願いします。

何か 飲み物ってあるんですか?
飲み物はですね…。

お茶系 あれば…。
お茶系 あります。

メニュー。
これがメニューです。

緑茶ハイにしましょうか。
はい はい。

また これがね
中に 味が付いてますので

召し上がる時 お酢が お薦めです。
お酢だけでいいんですね。

で 緑茶サワーは…。

ちょっと待ってください。
<ハハハハ>

代わりに これ やってもらいたい。
やりましょか?

できますやん そんなん。
<えっ!>

ひっくり返せばいいんですよね。
そう そう! 弱火にします。

これでね。
ちょっと… いい感じで。

もっと大きく つままないと。
はい。

そういう店なんですね。

こういう店です。
<アハハハハ>

ごめんあそばせ
前 通ります 失礼… よいしょ!

うわ~ いい色! 見て これ。

<あら おいしそう!>

熱っ!

お洋服 汚れないかしら?
大丈夫です。

私の前掛け あげようか。
<えっ!?>

これ。
いやいや…。

これ 結構 きついの。
ありがとうございます。

<ハハハハ!>

バイトすることになりました。
<ハハハハ>

もう一回 通りますね。

何これ! まぁ いいわ。

よいしょ。

ありがとうございました
代わります。

それを着けたままで…
おつゆが飛ぶのよ 召し上がる時。

いただきます。

濃過ぎましたか?
いや ちょうどいいです。

あっ ちょっと濃いな。
<ハハハハ>

じゃあ これが…。
もう 来たんですか。

まごのてで ショウガですね。

これ 酢ですか。
これが酢です。

酢だけでいいんですね。
おいしいです お薦めです。

熱いやろうな いただきますね。

ショウガ味。
ショウガ味でございます。

まごのて餃子。

<おっ! お~!>

今 見ました?
<はい!>

肉汁 ば~んって飛んだ。
お洋服 汚さないでください。

すごい ショウガの味
しっかりしてますね。

具が ぱんぱん!

はい これが…
ごめんなさい 片手で。

てのひら餃子でございます。

<おっ!>
でかい!

重い! すごい重い。
140gでございます。

見てください 重量あります。

いただきます。

<う~わ~!>

熱い!
<ハハハハ!>

大丈夫ですか?
うん。

こっちのほうが おいしい。
<へぇ~!>

こっちは やっぱり 小さい子が。

味 しっかり付いてますけど…
味 違いますね。

そうですね
ニンニクと ショウガの。

熱々です。

うん! 表面も かりっとして。

中は大丈夫ですか?
うん。

人気 出るの 分かります。
ありがとうございます。

<2年前にオープンした この店の
看板メニュー てのひら餃子>

<レシピは
昔 長岡さんの母親が

中国の方から教わったギョーザが
ベース>

<それを 赤坂の高級料亭で
長年 修業した

長岡さんの息子さんが

試行錯誤を重ねて
ようやく完成させました>

<手のひらサイズの
ギョーザには

親子の愛が
たっぷり詰まっています>

8円のお返しになります。
ありがとうございます。

あっ! エプロン 取らないと。
<ハハハハ!>

これは返します。
はい。

一日修業 ありがとうございました
師匠。

お返しします。
はい どうも。

ありがとうございました。

抜けれるんですよね?
抜けられます そのまま 真っすぐ。

<ごちそうさまでした!>

これ もうちょっとしたら
開店するんでしょうね。

全部 飲み屋ですよ。

何かね ギョーザとショウガで
ぽかぽかして来ましたよ。

<よかったですね!>

<じゃあ もう少し歩きますか>

あっ 大通り 出て来ましたよ。

何かな? これ。

「山手通り」って書いてますね。

これ 渡ってみよう。

山手通りね。

あっ お店 「本日 貸し切り」。

お店 あった! あっ また…。

たるのお店。

うん?

これ 何でしょう?
<このお店?>

お酒屋さんかな?

あっ! あれ。

「樽出し量り売り」。

<お酒の?>

ちょっとね
これは見逃せないお店です。

こんばんは よろしいですか?
(吉村さん) どうぞ。

「量り売り」って看板
拝見したんですけど。

(吉村さん)量り売りは ここですね
この たる。

これ ウイスキーですか?
そうです。

6つとも ウイスキーですね。
<へぇ~!>

こういう瓶に お詰めして。

200円とか100円って
何の値段ですか?

これは試飲の値段ですね
10mずつ

2万7000円するお酒

500円。

すごい種類ありますね。
ありがとうございます。

うちは スコッチウイスキーが
ほとんどですね。

全然 ウイスキー
詳しくないんですけど

初心者向けというか
そういった 何か…。

そうですね この辺りが
飲みやすいですかね。

飲みやすい?
はい。

失礼します
いつも来られてるんですか?

(男性) よく来ます。
そこそこ出来上がってらっしゃる。

(男性) もう 酔っぱらっちゃった。
<ハハハハ!>

これ いかほどですか? ボトルで。
(吉村さん)5000円ぐらいかな。

スコッチ?
(吉村さん) そうですね。

100円って書いてある
試飲がね。

いただきます。

おっ!

とぅるっと行きました
とぅるっと。

ありがとうございます お水。
はい。

これ 結構
初心者向けかもしれないですね。

ストレートで…。

喉越し 抵抗なく。

こうやって お手頃な価格で
飲み比べできるって いいですね。

バーとかで飲むと もうちょっと
高くなってしまうんでね。

見つけちゃいました。
<はい?>

一 十 百 千…。

10万!

<お~!>
10万9000…。

マッカラン! かの有名な。

これ 試飲できるんですか?
もちろん できますよ。

2000円。

10万円!?

つまり お店で飲むと
めちゃめちゃ高いってことですよ。

<小売りで
1本10万円以上のお酒>

<どんな味?>

<10万円以上のマッカランを

2000円で試し飲み>

これ 一番高いんですか? ここで。

試飲では一番高いです
試飲できるものでは。

濃い!

10万円ですよ。

<さぁ どうでしょう?>

全然 違いますね。

このへんとか
熟成させる たるが違うんですよ。

格段に上質って

僕でも分かっちゃいますね。
<へぇ~!>

おいしいでしょ。
おいしいです やばいっす!

もう 夢中っす。
<ハハハハ>

<店主の吉村さんは

スコッチを愛し 研究を続ける

ウイスキー業界では有名な
スペシャリスト>

<お客さんが 失敗することなく

本当に好みの一本を
買えるようにと

手軽に試飲できるスタイルの
お店を開きました>

うちのオリジナルのウイスキーを
試飲してみませんか?

早く言ってください!
<ハハハハ!>

ここでしか飲めない。
どこに?

ここでしか買えないという。
どこ? どこ?

これは 私がブレンドした
ウイスキーなんですよ。

結構 自信があります。

あっ 1500円 100mか
これは これの値段ですね。

これに お詰めして
ラベル 張って お売りする。

ご主人がブレンドしたオリジナル。
そうです。

ここは 全部 試飲が無料なんです。
ワ~オ!

アルコール度数が高いので…
55.8度。

ちびちびと。
はい。

一番自慢の… ご自慢の。

<いかが?>

<アハハハ!>

甘い! 甘い!
度数の割には飲みやすいでしょ。

すごいですね! どういうふうに
造られたんですか?

少しずつブレンドして
自分の好みになるように

お客様 いらっしゃらない時に
酔っぱらいながら。

これ 頂きたいです。

ありがとうございます。
これ いいですね。

<オリジナルは6種類>

<寒い夜に スコッチで
温まるのも乙ですね>

<温かさが恋しくなる季節>

<皆さんも
身も心も ほっと和らぐ

出会いを求めて ぶらり旅>

<いかがですか?>


関連記事