TVタックル なぜか交通事故が多発する危険スポット… 事故鑑定人が交通事故ミステリーの謎を解く…


出典:『TVタックル なぜか交通事故が多発する危険スポット…』の番組情報(EPGから引用)


ビートたけしのTVタックル[字]


なぜか交通事故が多発する危険スポット…八王子の押しボタン式信号に隠された謎!?曲がり切れない車が続出!?中野区の魔のカーブ…事故鑑定人が交通事故ミステリーの謎を解く


詳細情報

◇出演者

【レギュラー出演者】ビートたけし、阿川佐和子、大竹まこと

【ゲスト出演者】劇団ひとり、田中律子、北斗晶、川田裕美、須田慎一郎

【交通事故鑑定人】中島博史、相見忍、相見薫

【ナビゲーター】江口ともみ

◇おしらせ

☆番組HP

 https://www.tv-asahi.co.jp/tvtackle/


『TVタックル なぜか交通事故が多発する危険スポット…』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

TVタックル なぜか交通事故が多発する危険スポット… 事故鑑定人
  1. 角澤
  2. 事故
  3. 宮崎
  4. 交差点
  5. 美和
  6. カーブ
  7. 実際
  8. 張本智和
  9. サーブ
  10. 中島氏
  11. 張本
  12. アウト
  13. ドライバー
  14. ポイント
  15. 期待
  16. 次世代アスリート
  17. 道路
  18. 歩行者
  19. お兄ちゃん
  20. マッチポイント


『TVタックル なぜか交通事故が多発する危険スポット…』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

去年12月のスペシャルで

坂道に見えないトンネルでの
スピードオーバーによる事故など

原因がミステリアスな
数々の危険スポットを…。

東京 八王子。

なぜかドライバーの油断を招く
交差点や

東京 中野 なぜか事故が多発する
魔のカーブなど

謎多き交通事故ミステリーが
まだまだ存在した。

なぜか
ドライバーの油断を招く

東京 八王子
龍光寺前交差点。

それは 八王子市の北西部。

中央高速道路
八王子インターから

およそ
500メートル進んだ所に位置する

国道16号沿いの交差点。

去年の11月

横断歩道を歩行中の

保育園児や保育士ら
およそ10人の列に

軽トラックが突っ込む事故が発生。

この事故で 園児や
軽トラックのドライバーなど

計7人が病院に搬送されたが

いずれも軽傷で
命に別状はなかった。

実際に走ってみると…。

(スタッフ)交差点の道幅は広くて
見通しは とてもいいです。

見通しも良い…。

そういう構造です。

警察や弁護士などから依頼を受け

これまで 150件以上もの事故を
鑑定してきた

中島氏によると…。

普段 この交差点を通り慣れた
ドライバーほど…。

思い込みや油断から
事故を起こしやすいという。

その理由が…。

現場の手前
およそ400メートルの場所には

左入橋交差点がある。

国道16号と都道169号が交わる
巨大な交差点。

そのため…。

この交差点は
右折車線が2車線あるため

対向から来る車が見えにくく

右折車と直進車の事故が
多いという。

中島氏によれば

事故が多発する
左入橋交差点は

緊張しながら
通過するが

400メートル先

見通しの良い龍光寺前交差点では

油断している可能性が
高いのだという。

更に 油断を引き起こす
ミステリアスな理由が。

一体 どういう事なのか?

龍光寺前交差点は
押しボタン式の信号。

基本的には

歩行者が押しボタンを押さないと
信号が変わらない設定。

そこで

交差点を調査すると…。

およそ30分の調査で

信号が変わったのは
1度だけだった。

この交差点を
よく通行するドライバーほど…。

しかも ボタンを押して 実際に

ボタンを押してから
わずか5秒で黄色になり

9秒で
赤に変わったのである。

赤にならないと
油断しているうえに

交差点直前で
急に信号が変わってしまう事も。

おいら だけど あの…

タクシーなんか乗ってると
運転手さんが よく

「ここはね よくね
犬が飛び出すんですよ」。

「ほら ほら ほら…」って。

もう全部わかってるような事
言うんだよね。

だから もう みんな
その道路を いつも通ってる人は

大体 イメージあるんだろうね。

「ここは信号変わらないんですよ
いつも」なんて言ってたら

パッと変わられて驚いたり。
前 うちのほうでは

歩行者用の信号を
ずっと押してる子どもがいて

運転手が降りていって
ぶん殴った。

(一同 笑い)
「バカ野郎 この野郎…」。

早い展開になってるっていうのは
理由があるんですか?

押して あまり待たされると

信号を待たずに 赤信号のうちに

渡ろうとしちゃう人が
出るんですね。

押しボタン方式っていうのは
あの秒数なんですか?

(中島)必ずしもそうじゃないです。

(ひとり)何基準で選んでる…?
(中島)多分 交通量…。

今回ですと 歩行者が
どの程度の頻度でいるか

横の道から
どの程度の車が来るか

幹線側は どの程度… 何台ぐらい
通るかっていうような事で

調整してると思います。

去年 何かと世間をざわつかせた

劇団ひとりも
その被害に遭ったそうで…。

あおり運転って 僕 あれ
後ろからだけだと思ってたら…。

高速ですか?
高速。

前があるんですよね。
うん うん うん…。

(ひとり)前で 30キロぐらいで
走ってるんです 高速を。

なんか ちょっとイヤだなと思って
後ろにつけたら

ずっと そのまんまで。

今度 しばらく経ったら
僕の横につけてきて

5分ぐらい ずっとにらまれてて。
ええー!

ずっと 見えてないふりしながら
真っすぐ…。

めちゃくちゃ怖かったですよ。
昔の彼女じゃないの?

いや 違います!
男性の方でしたよ。 怖い車で。

昔の彼女の彼じゃないの?
いや 違います 違います!

なぜか曲がりきれない車が
続出。

東京 中野区。
魔のカーブ?

これまで 500件以上の
事故を鑑定してきた

相見忍氏によると…。

確かに このガードレールには

事故の跡が残っている。

しかも 1度や2度でなく

複数回 接触事故の形跡が。

東京 中野区の大久保通り。

中野駅からも近く
交通量が多い道だ。

この場所は
中野駅方面から来ると

右にカーブする
ごく普通の道路なのだが

なぜか
事故が多発しているのだという。

この道路で起きるのは カーブを

それほど急カーブでもないのに
一体?

交通鑑定人が

ミステリーを解明する。

くまなく

そして…。

このカーブ 実は2つ?

どういう事なのか?

運転手さんの
ハンドルさばきを見てください。

確かに カーブに入ってから

ハンドルを2回
右に きっている。

いわゆる2つのカーブが連続して
次のカーブが…

しかも 半径が非常にきつい
カーブになってると。

この道で現れる最初のカーブは
緩やか。

そして 次に鋭く曲がるカーブが
訪れる。

通常のカーブでは

ハンドルは微調整をするものの

1度きれば ほとんど動かない。

しかし 魔のカーブでは

2度 大きく
ハンドルを動かさねばならない。

この不慣れな操作に戸惑って
曲がりきれず

ガードレールに衝突する事故が
起きてしまうのだという。

それだけではなかった。

相見氏は 更に
この道路にある異変に気付いた。

通常の道路は
曲がりやすいように

カーブの外側を高くした
バンク構造になっている。

しかし この道路の
1つ目のカーブ付近は…。

計測してみると

つまり
曲がる方向とは逆に傾いている

逆バンク構造だった。

そのため 車は 曲がる際に
外側に引っ張られ

曲がるのを
更に難しくしていたのだ。

(スタッフ)消えちゃうんですか?
(男性)あれから…。

目線から消えるんですよ。

更に 地元の
タクシードライバーの間では…。

通らないですね。

さいたま市西区にある
バイパスの側道と市道が交わる

小さな交差点。

一見 普通の交差点に見えるが

一昨年の1年で
8件の事故が起きている。

その事故原因は
この交差点で起こる

ある不思議な現象だという。

それは 側道を走る車が
交差点に差し掛かり

右から来る車を確認すると…。

なんと 向かってくる車は

一瞬 消えるという。

よし 車は来ないな。

そして 右から来る車は
来ないと思い

進もうとした その時…。

消えたはずの車が急に現れ
事故を起こすというのだ。

このミステリーを

交通鑑定のスペシャリストが調査。

現場に やって来たのは

交通事故鑑定人の
相見忍 薫親子。

早速 相見親子が見付けたのは…。

交差点内には

事故によって破損したであろう
車体の破片が。

(相見)「これ
いっぱい落っこちてるんですよ」

相見親子によれば
一方通行の側道を走る車と

北から南に直進する車との
出合い頭の事故が

多発しているという。

その原因は 車が一瞬にして消える
道路構造にあった。

実際に

しかし 車が消える理由は
これではない。

フェンスや草木で
見通しが悪いため

停止線のギリギリまで出て
右側を確認すると

こちらに向かってくる
黄色い軽自動車が。

と その時…。

なんと 車は

別の角度から見ても

車は消え…。

交差点手前で急に出現し
直進するため

対向車は認識が遅れ
事故につながるという。

ここまでに到達するまでに…。

反対側に回り 見てみると…。

実は 交差点の手前が起伏し

すり鉢状の勾配になっていた。

そのため
車体の低い車は隠れてしまい

一瞬 車が消え
突然現れたように見えるのだ。

そして 交差点手前の

勾配があるほうから
車を走らせると…。

こちらも 勾配により死角が生じ
事故を起こす恐れが。

別の角度から観察してみると

確かに 危ない瞬間が。

更に 夜になると…。

ヘッドライトは隠れ

車は 一瞬
暗闇に溶け込んでしまう。

対向車の認識が遅れ
危険は 更に高まる。

その場所は
首都高速湾岸線。

お台場を抜けて

横浜ベイブリッジまでの
およそ9キロ。

しかも 冬場の午後4時前後が
危険だという。

見通しの良い 一直線の道路だが

一体 なぜ
追突事故が起きやすいのか?

(中島)ですけれども…。

中島氏によると
冬場の午後4時前後になると

追突事故の危険があるという。

果たして この直線道路で何が?

中島氏とともに

事故が起きやすいという時間に
現場へ向かうと…。

時刻は午後4時13分。

目の前に現れたのは
強烈な西日。

更に追突事故を引き起こす要因が。

実際に 西日が差し込む中を
走ってみると…。

強烈な西日によって

前方のワゴン車が
見えなくなってしまったのだ。

こうして 車間距離を見失い

追突事故が起きやすいのだという。

更に…。

こうした眩惑に対処するには

東京 台東区に ある錯覚により
事故が多発する交差点が。

浅草から南におよそ1.5キロにある
交差点。

中島氏によると
この交差点で起きやすいのが

江戸通りから蔵前橋通りへの
右折時の事故だという。

よし 大丈夫だ。

ええー!

(ブレーキ音)

なんで!?

この交差点で起きやすい事故は

こういった

実は この交差点

なぜか ドライバーが
歩行者との

このミステリーを

交通事故鑑定人が調査。

今回は 杉村太蔵とともに
調査する。

そうですね。

なるほどね。

中島氏が目を付けたのが…。

(中島)はい。

中島氏が指摘するのは

蔵前橋通りへと
右折した時に現れる

この横断歩道。

実際の現場?
はい。

普通の横断歩道に見えるが

中島氏は
どこが気になっているのだろうか。

確かに 航空写真で見ると
台形のようになっている。

中島氏は この形が

人の目に錯覚を起こすと指摘する。

(杉村)台形…
確かに なってますね はい。

事故が起きる理由は

ドライバーを

この絵にある 赤色の線に
注目してほしい。

上の線のほうが
長いように思えるが

実際には 同じ長さ。

イタリアの心理学者の
ポンゾが報告した

ポンゾ錯視と呼ばれる錯覚で

遠近法で描かれた背景があると

実際の大きさを
脳が誤認するものだ。

蔵前交差点の横断歩道は

このポンゾ錯視が起きる
構造なのだという。

では 実際に運転すると
歩行者は どう見えるのか?

(杉村)さあ…。

(杉村)ここの辺りで… あっ!

この時 杉村には
ポンゾ錯視が起きている。

この台形の交差点と
普通の交差点での

人の見え方を比較してみる。

同じ距離でも 錯覚によって

台形のほうが
遠くに感じてしまうのだ。

実際の映像を
もう一度 見てみよう。

ここの歩行者に注目してほしい。

ドライバーの視点からだと

歩行者は まだ

想定より早く
歩行者が車の前に現れる。

このように 遠いだろうと思い
そのまま右折すると

急に人が出てきたように感じ
事故が起きてしまうというのだ。

意外に多い

しかし その錯覚を
逆に 事故防止のため利用した

不思議なペイントがある。

実際に こう

凸凹とかを作ってしまうと
危ないんですけれども

こういう…
これ ペイントなんです。

道路上に
描いてあるんですけれども。

こういうもの… イメージハンプ
って言いますけれど。

(江口)でも これ 結構
うちの近所にもあるんですけど

意識して
やっぱり ブレーキ踏みます。

(大竹)出っ張ってるみたい…。
(川田)ちょっとビックリしますね。

(北斗)ちょっと
止まっちゃいそうですね。

と呼ばれる
物理的な凹凸を付けず

舗装の色や素材を変えて
立体的に見せる路面表示。

事故防止のため

アクセルから足が離れる程度の
驚きを感じさせる

サイズ 形状に
デザインされているのだ。

(ひとり)あと 1回見ちゃったら
もう慣れちゃうっていうのも

ありますよね。
(一同 笑い)

(田中)意味がなくなっちゃうよね。
本物 置いておくんだ。

ドカーン! っと…。
(ひとり)たまに 本物が。

サッカーの 久保建英選手や

フィギュアスケートの
紀平梨花選手など

10代アスリートの活躍が目立つ
昨今。

中でも 卓球は

今年のオリンピックでも
メダルが期待される

張本智和選手や

平野美宇選手が。

そこで ここからは

2020年 活躍が期待される
次世代アスリートたちに注目。

まずは第二の伊藤美誠と言われる

卓球界の次世代アスリート。

国内外のトップ選手が集まる
卓球のTリーグで

32歳 21歳の
中国人選手を相手に

22歳の森薗選手とペアを組む
当時10歳の女の子の姿が。

(掛け声)

大人と互角の勝負を
繰り広げる逸材

全日本選手権
東アジアホープス大会などで

優勝を成し遂げてきた
美和ちゃん。

実は

ここで気になったのは
妹 美和ちゃんの掛け声。

「チョレイ」ではなく
福原愛さんばりの「サー」の掛け声。

コーチの孫雪さんは こう語る。

多分

そんな美和ちゃんには
最近 ある目標ができたという。

その目標とは…。

オリンピックで
お兄ちゃんと一緒に

混合ダブルスに出れたら
うれしいです。

将来 張本兄妹が
肩を並べて戦う姿が楽しみだ。

そんな張本美和ちゃんと

兄 智和選手にお願いをして

『TVタックル』
『スポーツ大将』コラボ。

緊急特別企画
張本兄妹 卓球対決!

(角澤)さあ 張本兄妹によります
夢の対決が

いよいよ
始まろうとしていますが

今回の対決のルールは
11点先取の1ゲームマッチ。

美和ちゃんには ハンデとして
5点が与えられます。

まず 宮崎さんから見た
美和ちゃんのいいところは

どんなところなんですか?
いや 今 ウォームアップで

フォアハンドのドライブを
やってたんですけど

ナショナルチームの女子と
ほとんど変わりませんね。

(角澤)本当ですか!
(宮崎)はい 威力も回転も。

このバックハンドも見てください。
これ もう…。

(角澤)力強い球筋ですね。

(宮崎)もう 世界の
トッププレーヤーに近いですよ。

(角澤)そうですか。
それだけの逸材という事ですね。

(宮崎)これ 5本ハンデで
大丈夫かな? 張本。

(角澤)あっ そうですか。
5点では もしかしたら…。

(宮崎)危ないかもしれないですね。

(角澤)張本智和 危うし
というところでしょうか?

果たして どんなドラマが
待っているんでしょうか。

ハンデは5点です。

張本智和 VS 張本美和ちゃん。
さあ 早速 試合開始です!

ファイブ ラブ。

(角澤)美和ちゃんのサーブから。

(角澤)さあ 探り合いから…。

おおー! これは アウト。

ポイントは 妹の張本美和ちゃんに
入りました!

(宮崎)いやあ
ストップ対ストップ。

ストップ ストップ ストップ
ここから 長いツッツキ。

これ もう ナショナルチームの
やる戦術なんですよ。

(角澤)そうですか。
(宮崎)はい。

ああ 差し込まれてますね。
(角澤)なるほど。

ちょっと やりづらさがあったか
張本智和。

さあ お兄ちゃんのサーブです。
得点は6対0。

(角澤)おおー!
ネットに掛かる!

天を仰いだ 張本智和
お兄ちゃん!

妹さん 7対0。

さあ 序盤は
美和ちゃんのリズムになりました。

(角澤)うーん ここは
ネットに掛かって

初めて お兄ちゃんに
ポイントが入りました。 7対1!

(宮崎)今 張本 ロングサービスで
いったんですけど

やっぱり
長いサービスでいくと

少し パワー勝負に
なってくるんですね。

そこに持っていきたいという
考えでしょうね はい。

技術勝負というよりも
男の力を使ったパワー勝負。

(角澤)7対1!
サーブは美和ちゃんです。

(角澤)アウトになりました。
(宮崎)いやあ いいサーブだ!

(角澤)これは サーブが
非常に こう…。

(宮崎)これが ミドルよりも
ちょっと フォア寄り

っていうようなところの
サービスですね。

これをフォアで取ろうか
バックで取ろうか

ちょっと悩んだところに
来ましたね。

(角澤)強い回転が
かかってました。

このサーブからレシーブは
非常に…。

難しい状況になりました。

(角澤)ああ!
これはアウトになりました。

ポイントは 張本智和
お兄ちゃん。

8対2です。
まだまだ6点差。

ハンデが重くのしかかります。

(角澤)アウトです。
さあ ポイントは連続して

お兄ちゃんに入りました。
8対3!

サーブは お兄ちゃんです。

(角澤)速いテンポの
打ち合いだ!

押し切った!
張本智和 ポイント!

(宮崎)すごい!
(角澤)すごかったですね…。

(宮崎)もう 両方がすごい。
(角澤)そうですね。

(宮崎)張本 これ わざと
ミドルのロングサーブでした

読まれないように。
ところが体を返して…。

(角澤)フォアハンドで…。
(宮崎)いやあ すごいね。

(角澤)あのレシーブにも拍手。

素晴らしい攻めと
素晴らしい守りがありました。

(角澤)これも
すごいラリーになった!

ポイントは張本智和。
8対5!

(宮崎)このね
美和ちゃんのドライブ

大体 130から
135回転あるんですよ。

そのボールを張本が
もう真下にラバーを向けて

押さえ込んでるんですね。

もう やっと押さえた
っていう感じですね。

(角澤)体を 美和ちゃん
大きくひねっての…。

エイト ファイブ。
(角澤)得点は8対5。

(角澤)アウトになりました。
さあ 9点目が入ったぞ!

美和ちゃんに
9点目が入って

美和ちゃん 次を取れば
マッチポイント。

(宮崎)まあ 張本は
勝負ですね ここ。

(角澤)打ち抜く!
これは もう体の正面!

ミドルコース
打ち抜いてきました。

(宮崎)この ちょっと
浮いたボールを

相手のミドルに打つっていうのは
これは もう完璧でした。

(角澤)イヤな所に打ちましたね。
9対6!

(宮崎)本気だという事ですね。
(角澤)はい。

さあ 本気のお兄ちゃん!
(宮崎)はい。

(角澤)美和ちゃん
どう立ち向かうか 9対6。

まだリードしています。

(角澤)打った!
打ち抜く! 決めた!

これが張本美和の底力!

マッチポイント!
マッチポイントです!

さあ 追い詰められた
張本智和。

さあ 一気に決めるか?
妹の美和ちゃん。

さあ 10対6!

テン シックス。

(角澤)美和ちゃんのサーブから。

探り合い。 どうだ?

アウトです。
ポイントは張本智和。 さすが!

(角澤)10対7。
まだマッチポイント。

(角澤)打ち合いになった!
速いテンポの打ち合いは…。

(角澤)10対7。
まだマッチポイント。

(角澤)打ち合いになった!
速いテンポの打ち合いは…。

アウトになるか!
(拍手)

(角澤)マッチポイントは
美和ちゃんです。

(角澤)どうだ? アウト!

ポイントは
美和ちゃんに入った!

この瞬間 勝ったのは
妹の張本美和ちゃん!

目標のお兄ちゃんを
ハンデ戦ではありますが

破ってみせました!

(宮崎)まず 張本も
サーブの立ち位置を

変えたんですよ
フォアのほうに。

そして フォア前に出した。
それを でも 横回転レシーブ。

これ 張本も
想定できなかったと思う。

(角澤)なるほど。 短い時間の間に
ものすごい事を

2人は やってるわけですね。
(宮崎)そうですね はい。

見事勝利した美和ちゃんに
負けず劣らずの

張本智和選手に挑戦!

今年活躍が期待される
次世代アスリート

吉山和希君 12歳。

張本選手と緊急卓球対決!

(角澤)全日本選手権ホープスの部
3位の吉山和希君。

(角澤)打ち抜く!
張本が下がっている。

拾っている張本。
ここは返していく。

(宮崎)ナイスボール!
(角澤)ナイス!

(角澤)バックハンド! 見事!

善戦するも 惜しくも敗戦。

しかし 随所にいいプレーを見せた
吉山和希君でした。

そして 更に もう1人

吉山君のライバルと称される
卓球ジュニアが!

今年活躍が期待される
次世代アスリート

第二の張本智和。

豪快なスマッシュを決める
こちらの少年…。

全日本卓球選手権の
学年別部門では

小学6年間 一度も負ける事なく
6連覇を達成。

更に この1月

あの張本智和選手も
成し遂げられなかった

全日本選手権ジュニアの部に
12歳で準優勝。

練習場にお邪魔してみると…。

(卓司さん)速く切れ! 残り12。

はい! はい! はい…!

輝空君を指導するのは

元卓球選手のお父さん。

お父さんが考えた練習メニューを

毎日休む事なくこなしている
輝空君。

続いては テニス界から。

今年活躍が期待される
次世代アスリート

第二の大坂なおみ。

こちら
手前の選手のプレーにご注目。

プロ顔負けの

東京都に住む

アメリカ人の父と

日本人の母を持つ

制服姿が…。

去年 圧倒的な強さで…。

彼女の武器は

どれくらい
ピンポイントで狙えるのか

このターゲットを
狙ってもらう事に。

果たして…。

正確無比な
フォアハンドのストレートで

このターゲットを倒せるのか?

鋭いストレートで 一撃。

そんな彼女の強さには
ある秘密が…。

(スタッフ)足?

「ええー!」

(スタッフ)どうしてるんですか?

(スタッフ)靴 メンズなの?

この大きな足で
コートを縦横無尽に動き

鋭いショットを武器にして
世界での活躍を目指す。

そして
ウエイトリフティングの世界でも

今年活躍が期待される
次世代アスリート

第二の三宅宏実。

ウエイトリフティング
全日本ジュニアチャンピオン

小学6年生で出場した

全日本ジュニア選手権では

高校生 大学生を差し置いて
7位に入賞。

そして 去年 同じ大会で
1年生ながら

中学生記録を 一気に24キロ更新し
見事 優勝。

立って! 立って 立って!

さあ 高く 高く。

いくよ いくよ…!

(ブザー)

そんな

実は 母 さと美さんは

世界選手権で
メダル獲得の経験を持つ

ウエイトリフティングの
元日本代表選手。

そんな母からの
愛ある指導で実力を付けてきた

菜々紗さん。

自宅には…。

なんと 和室を改造した
専用トレーニングルームが。

将来 この和室から

メダリストが
誕生するかもしれない。

続いては 陸上短距離から。

今年活躍が期待できる
次世代アスリート

第二のサニブラウン。

こちらは 去年の夏に行われた

国体の栃木県予選会。

真ん中のレーン
こちらの選手に ご注目。

2位の選手に大きく差をつけ

断トツでゴールテープを切った
この少年が…。

栃木県のスポーツ名門校
作新学院に通う

イケメンスプリンター

アルゼンチンのほうで
生まれました。

ご両親は どちらも
アルゼンチン出身。

そんな

ももを高く上げる
ダイナミックなフォーム。

接地すると…
この地面からもらえる反発が

もっともらえるんで
ちゃんと前に進んで

ちゃんと距離も稼げるんで。

現在 オリンピックでの
日本人メダリストが不在の

短距離走。

初のメダル獲得は
彼かもしれない。

このあと…。

というわけで まあ とりあえずね
東京オリンピック

いろんな意味で楽しみですね。
楽しみになりましたか?

だって あれ
失敗するのが楽しみだもん。

ああ そうか…。
(大竹)だから 「いろんな意味で」。

「あんな事やりやがって」とか
「こりゃないだろう」っていうのは

絶対出てくると思うよ。

この暑さの時に なんで
オリンピックなの? っていう。

また 『タックル』で
取り上げましょうね。

というわけで…。
ありがとうございました。

(拍手)

私たち…
♬「桃太郎さん」


関連記事