世界の果てまでイッテQ! イモト初上陸アフリカのマラウイ。珍獣七色バッタを発見・みやぞんカツオ一本釣りに挑戦…


出典:『世界の果てまでイッテQ! イモトWT&みやぞんイッタっきり』の番組情報(EPGから引用)


世界の果てまでイッテQ![字] イモトWT&みやぞんイッタっきり


イモト初上陸アフリカのマラウイ。巨大湖に起きる黒い竜巻の謎を追う!珍獣七色バッタを発見▽みやぞんイッタっきり!カツオ一本釣りに挑戦!!カツオ連続ゲットなるか!?


詳細情報

出演者

内村光良、手越祐也(NEWS)、宮川大輔、森三中、イモトアヤコ、いとうあさこ、みやぞん

番組内容

イモト初上陸アフリカのマラウイ。巨大湖に起きる黒い竜巻の謎を追う!珍獣七色バッタを発見▽みやぞんイッタっきり!カツオ一本釣りに挑戦!!カツオ連続ゲットなるか!?


『世界の果てまでイッテQ! イモトWT&みやぞんイッタっきり』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

世界の果てまでイッテQ! イモト初上陸アフリカのマラウイ。珍獣
  1. スタジオ
  2. カツオ
  3. スゴ
  4. マラウイ
  5. イモト
  6. 宮川
  7. 今回
  8. 内村
  9. タバコ
  10. 日本
  11. スゲェ
  12. スタッフ
  13. ハハハハ
  14. 村上
  15. ソーリー
  16. マラウイ共和国
  17. マラウイ湖
  18. モルディブ
  19. 一方
  20. 一本釣


『世界の果てまでイッテQ! イモトWT&みやぞんイッタっきり』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

さぁ
 始まりました 『イッテQ!』。

2本立てで お送りします。

どうも~!
ワッショ~イ!

どうも どうも どうも!
どうも~!

やらしてください。
さぁ まずは イモト

今回 どこへ?
初上陸となる 117か国目の

皆さんご存じ マラウイ共和国に
行ってまいりました。

皆さん ご存じ 大好きな あの…
あっ 知らないですか?

マラウイ共和国?
マラウイ共和国ですね。

アフリカの南東部にある
小っちゃい国ですね。

そこに 今回
この時期にしか見れない

とある自然現象が
起こるということで

それを狙いに行ってまいりました。
(いとう) なるほど。

まとめると マラウイって
どんな国でしたか?

でも 人が最高でしたね。
へぇ~!

確かに 何もないっちゃ
何もないんですけど

ただ そこに住む人々は

面白かったりとか
優しかったりとか

人に注目して見ていただきたい
国かもしれないですね 今回は。

それでは まいりましょう!
世界の果てまで…。

イッテQ!



<向かったのは 初上陸
通算117か国目となる…>

<それでは 恒例…>

(スタジオ:宮川)
あぁ~! 野菜になってる?

ここ ここ!

さぁ さぁ…
皆さん こちらにね この…。

実はね この作物は もう…。

<国民の およそ8割が
農業を営むマラウイで

タバコは 国の輸出総額の
7割をも占める主要産業>

<11月から4月の雨期の時期に
作られている>

っていうのが ここの…。

今 何て言った?

出た。

OK。

タバコの話だね OK。

(笑い)

<葉っぱを収穫し 自然乾燥させ

国内外へと出荷される>

あぁ~!

<一般的に タバコといえば

このような紙巻きタバコだが

マラウイには…>

えぇ~!

(スタジオ:イモト)
大丈夫なの? この画は。

いやいや いやいや…!

<由緒正しき たしなみ方>

<ちなみに タバコを乗せた
親指の付け根にある

このくぼみ 実は…>

マジで?

<解剖学的嗅ぎタバコ入れに
タバコを入れて

嗅ぎタバコを たしなむ>

(せき込み)

<それでは…>

<マラウイ共和国は
アフリカ南東部にあり…>

<…を擁する国>

<現地の言葉…>

<そんなマラウイの国旗が
こちら>

この黒い部分 これがですね…。

この赤い部分が…。

この緑の部分がですね…。

…を表しております。

<そして 太陽は この国の象徴
マラウイ湖から昇る朝日で

国の発展を表している>

<今回 われわれは
このマラウイ湖で起こる…>

その名も…。

<それは…>

<黒い竜巻を
目撃したことがあるという

地元の漁師さんに協力を要請>

ちなみに…。

…しか言わないからね。

(スタッフ)
How many times?

「Many times」しか
言わないんだよ。

<現地ガイド エロウィンの
事前リサーチによると…>

<南北560kmに延びる
マラウイ湖だが

今シーズンは
カタベイからコタコタの間に

発生ポイントが集中している>

これ だから…。

(エロウィンさん) そう思ったので
すでに 見張りを手配済みです。

今回 あの…。

<イモトは この国をリポート!>

<まずは マラウイ人の国民性を
見ていこう>

<さまざまな…>

ほら 僕もそうです。

あとは…。

<友達10人に…>

<約束は…>

<果たして 時間を守るのか?>

それでも 何にも…。

…っていうことが多いから。

ヤバい! 大先輩を…。
(スタジオ:いとう) やめなさいよ!

<すると 予想に反し
20分前に最初の方が到着>

あら スゴい
しっかりされてるじゃん!

<さらに もう1人>

ハロー!
 ヤンコーさん あら~!
来ました 来ました ヤンコーさん。

<しかし…>

<あとは 6分遅れ>

<9分遅れ>

<12分遅れ>

<そして 全員が集合したのは

約束の時間から
およそ30分後のことだった>

ネルソンさん いつもは…。

<続いては…>

こんにちは~! はじめまして。

日本から来たイモトと申します。


うん レッツ ゴー!

なんか こうしてるし。

<マラウイにもあった…>

<ご覧いただくのは…>

<それは…>

<この儀式では…>

<…が現れる>

(男性)
雨期の訪れを喜んでいます。

<そして 精霊たちは…>

(男性) こちらは…。

…と伝えてくれます。

分かった 分かった!

あれ 精霊じゃないでしょ。

<そんな…>

伊藤さん お金です お金…。

<いろいろいたが
結局 みんな…>

<そんなマラウイの…>

<イモトが生まれる
ちょっと前

日本で 女の子の遊びの
定番だった…>

<それが ここマラウイでも
大流行している>

実は 私 この まず…。

あさこさんに 「ちなみに…」。

そこで…。

…みたいなことを言いながら
こうやって。

(スタジオ:いとう) あぁ やってる。
(スタジオ:内村) 何? これ!

♪~

<女の子は ゴム跳び>

<一方…>

おぉ~! 何? これ。

えっ?

<マラウイでは
ムチでたたいて回すスタイル>

何だろう? なんで…。

<回し方はシンプル>

<ゴムひもを コマに巻きつけて
引っ張るだけ>

あぁ~…。

<手取り足取り
丁寧に教えてくれるボストン君>

(スタジオ:いとう) 惜しい!

ありがとう。

<すると…>

おぉ~!

やった~!


<続いては…>

<協力してくれるのは…>

<その名のとおり
エレガントなバッタで…>

<すると
捜索開始から わずか5秒で…>

もういた? 早っ!
どこ どこ どこ…?

いた いた… 早っ!

きれい きれい! 確かに七色だ。

黄色に 青に 赤に 黒に

ちょっと この辺 オレンジ。

スゴい スゴい スゴい!

っていうか…。

<あっちにも こっちにも>

<この辺りには
エレガントグラスホッパーが

ウジャウジャいる>

これさ…。

こんだけ捕れました
スゲェ! 大量よ。

いや これ どうなの?

逆に…。

日曜 夜8時のお食事時にさ。

<一方 マラウイ湖には…>

<800種類もの
生き物が生息し

そのほとんどが固有種>

<中でも有名なのが…>

<他の魚にも見られる生態で…>

<身に危険を感じたときも
子どもを口の中に回収>

(スタジオ:一同) うわぁ~!

<再び 口から放出するのだ>

(スタジオ:村上)
あんな大きくなっても

いけるんだ スゴいね。

<続いては マラウイで人気の…>

<続いては マラウイで人気の…>

こんにちは! はじめまして
日本から来たイモトと申します。

スゲェ…。

非常に おしゃれですね。

<その…>

スゲェじゃん! うわぁ~!

<…したパフォーマンス>

<…まで さまざまな技がある>

やめなって! 痛いから!

<では…>

<まずは…>

(スタジオの笑い)

(スタジオ:内村)
カンフーキャタピラー…。

(スタジオ:内村)
カンフーじゃないよ これ。

(スタジオの笑い)

(スタジオ:内村)
カンフーじゃねえよ。

(スタジオ:内村)
おっ! うまい うまい うまい。

チィッ!

チィィィィィ!

(スタジオ:一同) おぉ~!

(拍手)

<と ここまで…>

<このロケ最大の目的…>

<しかし ガイドのエロウィンと
各地の漁師たちは

われわれの帰国後も…>

<その結果…>

<では その…>

♪~ いつか きっと
つくっちゃおう

♪~ すごいもの つくっちゃおう

♪~ つくるって たのしいよ

やってみよー!
♪~ かんがえるとウキウキ

♪~ なんだかゾクゾク

♪~ ニヤニヤしちゃうよ

こんなこと
そんなこと あんなこと!

♪~ ぜったいぜったい
できるよね

♪~ ほんとに ほんとに
できるよね

♪~ みらいは すぐそこだよ
<子どもたちに誇れるしごとを>

♪~ レッツゴー!
<清水建設>

<では マラウイ湖の…>

<船の前方に見える
煙のようなもの>

<これが…>

<それは 渦を巻き
天高くへと立ち上る>

<一方
チラチラと飛び回る 黒い粒>

<これが竜巻の正体…>

<ハエの仲間で
体長1cmほどの小さな虫>

<そう 黒い竜巻とは
このユスリカの…>

<時に それは 辺り一面を
覆い尽くすほどの規模に>

<ユスリカは
湖の中で 卵から一斉に孵化>

<交尾のために空を舞い
このような大群をつくる>

<未来へと子孫を残し…>

<やがて…>

<人々は 籠を振り回し
ユスリカを一斉に捕獲>

<実は…>

<集めたユスリカは
団子状に練り 成形>

<それが こちら>

うわっ… えぇ~!

<…という健康食品>

<いざ 実食!>

(スタジオ:いとう) 結構いったな!
(スタジオ:村上) クッキーみたい。

(スタジオ:村上) スゴいね。

♬~ 『パプリカ』

♬~

♬~

以上 マラウイ共和国
ワールドツアーでした。

(いとう) はい 続いては こちら。

(宮川) よいしょ!

<それは…>

<…という根性物>

こちら! カツオの一本釣りが

一人前になるまでイッタっきり。

モルディブ?

じゃあ いいです。

運のいいことに なので…。

ハハハハ…! それじゃあ…。

ハハハハ…!

<果たして…>

さぁ 今回は モルディブで
カツオの一本釣りという…。

カツオの一本釣りって
簡単だと思ってたんです。

要するに ただ入れて 引っ掛けて
ギュンってやるだけかなと

思ってたら 違いましたね
コツ テクニック必要なんだな

っていうことが 今回 痛いほど
染みて 分かりましたね。

よく ほらね ポンポン
こうやってる映像を見ますけど

あそこにいくまで かなり
やっぱ 厳しいってことなんだ。

ごめんなさい
言えないっていうか…。

(いとう) またね それ いつも
しゃべっちゃうから。

僕 言っちゃうんで
あれなんですけど…。

(笑い)

(ギター)♪~

♪~

♪~ いくよ!

♪~

♪~ カカカカカカ…

♪~

ハハハハ…! いった~!

…が出来ます。

<モルディブは…>

<皆さんがイメージする
ビーチリゾートがあるのは

1200のうち 116島>

<みやぞんがやって来たのは
リゾートとは無縁…>

こんにちは
どうも よろしくお願いします!

<こちらが
今回 協力してくれる…>

<船員をまとめるのは…>

大丈夫ですかね?

(スタジオの笑い)

それは もう…。

ハハハハ…!

<それでは…>

<日本沿岸の場合
カツオは 餌を求めて

3月から5月の春にかけて
四国沖周辺>

<その後 9月頃までに
三陸沖へ北上していく>

<一方 モルディブは…>

向こうも ほら! バンバン。

<男たちが 竿を構え
船のへりに立つ>

<そして 餌となる小魚を
水面に ばらまく>

<すると 群れは…>

<そして…>

<次から次へ放り込まれる
カツオ>

<…で釣り上げる>

<そして…>

<まず…>

<その証拠に 竿を…>

<カツオは食い付く>

ソーリー ソーリー
ソーリー ソーリー!

<釣った後に
全く コントロールができない>

ソーリー!

<さらに この密集の中…>

<いよいよ 練習開始!>

<練習開始>

すいません。

<日本には…>

<…というのがある>

ハハハハハ…!

<実際に
日本で使用されている…>

<平均的な カツオと同じ…>

えっ?

えっ!

<カツオには
鋭い背ビレがあるため

安全な持ち方は…>

(スタジオ:大島)
何? これ 何? これ。

(スタジオ:村上)
お金 出しちゃってんじゃん。

(スタジオ:内村) このロケ 何だよ!

<続いて カツオの…>

(スタッフ) さて 何でしょう?

興奮すると
こういうマークが出て

死ぬと こういう字になる。

(スタジオの笑い)

「死」。
(スタッフ) なんか 違くないですか?

えぇ~?

ハハハハ… ごめんなさい!

(スタッフ) 日本では
カツオの旬が2度あります。

それぞれ季節によって
春は何々 秋は何々と呼ばれます。

さて 何でしょう?

春は「春ガツオ」 秋は「秋ガツオ」。

えぇ~?

聞いたときないですよ!

ないですよ!

<そして いよいよ…>

<カツオの模型をくくりつけ…>

うわっ!

<一本釣りは
漁獲量を上げるため…>

<そのため 返しのない針を使い

後ろに竿を振るだけで
針が抜けるようになっている>

いきますよ!
<みやぞん…>

いや 重たっ! 危ない!

<カツオが…>

<腕の力だけだと カツオは
引きずるのが精いっぱい>

<一方 先生は

瞬間的に竿をしならせ

その反動で カツオを飛ばす>

うわっ!

いきますよ!
いや 重たっ! 危ない!

<さらに 反動を使えないと…>

…だけっていうこと
ありますよね。

<まずは この長い竿を

使いこなせるようになることが
必要>

何?

<これは…>

<完璧なコントロールで
次々とターゲットに当てていく>

<本来
上に行ってしまう竹とんぼを

コントロールできるか?>

(山本) う~ん…。

(スタジオの笑い)

うわっ!

<普通にやると
竹とんぼは大空へ>

<しかし…>

イェ~イ!

<みやぞんは…>

(スタジオの笑い)

…なんてことありますよね。

例えば…。

あっ ロレックス?

って言われたときは…。

<この日も 朝から練習>
無理だ!

スゥ~って こう行きますよね
ここです。

ここで手を離せば
ストンと落ちていきます。

でも まだ この辺で離すと
吹っ飛んでいきます。

いきますよね?
ここだと思ってたんですよ。

そしたら 違かったんですね
ここだったんですね。

まず 場所が千葉っていうことが
もうゼロ地点ですね。

例えば…。

経験したときありますから。

<このゼロ地点作戦が功を奏す>

<竿を一気にしならせ…>

<すると 針は自然に外れ

スムーズに
元の位置に戻すことができる>


<用意されたのは 重さの違う
4種類のペットボトル>

<後ろにあるゴールに
全て入ればクリア>

<それでは…>

はい。
ヘイ!

<みやぞん
危なげなく決めていく>

(スタジオ:観客) おぉ~!

<その後も 次々 ゴールの中へ>

(スタジオ:村上) スゴい スゴい!


ハハハハ…!

<ちなみに…>

<このサイズでも ご覧のように
正確に寄せてくる>

(スタジオ:宮川) 正確やなぁ。
<果たして…>

(スタッフ) お願いします!

いよっ!

(スタジオ:宮川) ナイス!
(スタジオ:観客) おぉ~!

(スタジオ:宮川) ナイス ナイス!
(スタジオ:村上) スゴい スゴい!

<プロにも引けをとらない
コントロール>

(スタジオ:いとう) スゲェ!
(スタジオ:宮川) 今のバッチリやん!

<ほとんどのボトルを
超ミニゴールに放り込んだ>

うわ~っ!

(スタジオ:いとう)
うわぁ うれしいね。

ありがとうございます。

<次の漁は明日ということで
1日…>

<世界中からセレブが集まる
モルディブの…>

本当に…。

エンドロールの ちょい手前
ぐらいのところですかね。

…の島ですね。

<みやぞんが楽しんだのは
水中バイク…>

<爽快に飛ばしていく>

(スタジオの笑い)

<いよいよ…>


知らないんですか?
(スタッフ) 知らないですね はい。

<日本の漁師に勇気をもらった
みやぞん>

♬~

♬~
そのときに なんか…
僕が なんか…。

♬~

♬~
…って 言われたんですよ。

♬~

…だったらしいです。

その…。

(スタジオの笑い)

<いざ…>

<しかし そう簡単ではなかった>

(スタジオ:内村) やっぱ 違うんだな。

<銀次郎だけ
カツオが全くかからない>

<理由は みやぞんの…>

(スタジオ:宮川) なんやねん!

<この日から漁を手伝い
合間で練習>

<まずは 生き餌を捕まえる>

<みんなが漁をしている間は
1人で練習>

<竿を揺らすテクニックを
身に付ける>

<徐々に カツオが
かかるようになってきた>

こういう感じですか。

分かりますか? ちょっと…。

これも… これも動かしすぎです。

もう… これぐらいですね。

これぐらいが いいんですね。

<釣ったカツオで漁師飯>

(スタジオ:内村) うまいだろうな。
(スタジオ:手越) 海の上で。

すいません。

(スタジオの笑い)

<この日 お供に決着をつける>

<まずは
狙う…>

よっしゃ~!

<続いて…>

(スタジオ:いとう) えぇ~!
きた~!

(スタジオ:イモト) スゲェな…。

<動いた的を狙う…>

よ~し! よ~し!

<続いて…>

よっしゃ~!

よっしゃ~!

<最後は
寸分の狂いも許されない…>

よっしゃ~!

よっしゃ~!
(スタジオ:いとう) 何なんだ!

(スタジオ:いとう)
やっちゃった? 大丈夫?

ヘヘヘヘ…!

おぉ~! えいっ!

(スタジオ:観客) おぉ~!
(スタジオ:手越) スゲェ!

<カツオが だいぶ
かかるようになってきた>

<ようやく…>

<そして迎えた…>

<いよいよ…>

<まずは 餌をまき
カツオを おびき寄せる>

<男たちは静かに準備を始める>

<その瞬間を待つ>

<みやぞん…>

<いよいよ
そのときがやって来た>

いよっ!

<みやぞん 邪魔することなく
スムーズに釣っていく>

(スタジオ:宮川) スゴい スゴい…。
(スタジオ:イモト) スゴい!

<念願の みんなで肩を並べて
一本釣り>

<カツオは きれいな放物線を描き
飛んでいく>

(スタジオ:いとう)
どんどん釣れるなぁ。

<もはや そのペースは
仲間の漁師に引けをとらない>

(スタジオ:いとう) スゴいね!

<みやぞん…>

<以上 みやぞんの…>

<手越のノーチャラ生活は…>

ハァ…。

(スタジオの笑い)

<お楽しみに!>


関連記事