歴史秘話ヒストリア「信長を導いた戦国革命児 斎藤道三 非情の哲学」大河ドラマ「麒麟がくる」で話題!美濃の戦国武将…


出典:『歴史秘話ヒストリア「信長を導いた戦国革命児 斎藤道三 非情の哲学」』の番組情報(EPGから引用)


歴史秘話ヒストリア「信長を導いた戦国革命児 斎藤道三 非情の哲学」[解][字]


大河ドラマ「麒麟がくる」で話題!美濃の戦国武将・斎藤道三。最新の研究で、彼が革命児・織田信長に多大な影響を与えたことがわかってきた。受け継がれた野望に迫る。


詳細情報

番組内容

大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」で本木雅弘さんが演じ主人公・明智光秀の主君として話題の「斎藤道三」。下克上の時代の代表として人気の高い戦国武将だ。最新の研究から先進的・合理的な思考の、まさに「戦国の革命児」であることが分かってきた。その性格を受け継ぎ天下布武を掲げた男こそ娘婿である織田信長。道三と信長、二人の革命児が認め合うことで戦国史は大きく動く。混とんの世界を打ち破り新時代を切り開く男に迫る

出演者

【キャスター】渡邊佐和子


『歴史秘話ヒストリア「信長を導いた戦国革命児 斎藤道三 非情の哲学」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

歴史秘話ヒストリア「信長を導いた戦国革命児 斎藤道三 非情の哲学
  1. 道三
  2. 信長
  3. 美濃
  4. 斎藤道三
  5. 織田信長
  6. 家臣
  7. 当時
  8. 濃姫
  9. 義龍
  10. 稲葉山城
  11. 大名
  12. 場所
  13. 土岐氏
  14. 二人
  15. 尾張
  16. 頼芸
  17. 援軍
  18. 家紋
  19. 岐阜城
  20. 軍勢


『歴史秘話ヒストリア「信長を導いた戦国革命児 斎藤道三 非情の哲学」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

NHKのスタジオを訪れたのは…

昭和天皇。

撮影を見学したのは

その年の大河ドラマ。

将軍 いや それが無理なら

せめて
一国のあるじになりたいものだ。

このドラマの主人公こそ…

低い身分から 大名にまで上り詰めた姿が
人気を呼びました。

♬~

天下の名城…

この城を足がかりに
覇を唱えた 斎藤道三は

まさに 下克上の人物でした。

ふん!

最大の武器は 戦う「武力」。
そして…。

娘を活用した 恐るべき策略とは…。

この濃姫を通して
道三の「息子」となったのが…

斎藤山城にござる。

時代の異端児 二人の直接対決。

道三と信長の出会いが

戦国の歴史を 大きく動かしていきます。

去年4月 二人の結び付きを物語る
大発見がありました。

信長による さまざまな革新的政策。

その多くが 実は
道三を手本にしたものでした。

かかれ~!

(兵たちのおたけび)

乱世に その名をとどろかせ
天才・信長も驚嘆した 斎藤道三。

その実像に迫ります。

♬~

「歴史秘話ヒストリア」。
今夜も どうぞ おつきあい下さい。

今回の主人公は 斎藤道三。

大河ドラマ「麒麟がくる」でも
重要なキャラクターとして登場します。

斎藤道三を演じるのは

本木雅弘さん。

政治力は もちろんのこと

戦にも優れた武将として
描かれます。

そんな道三が生まれたのは

戦国時代が始まった 15世紀の後半。

後の織田信長 豊臣秀吉

徳川家康よりも

40歳から50歳 年上です。

大名として治めたのは 美濃。

現在の岐阜県南部です。

本州の ほぼ中心で
街道が行き交う…

道三が
この美濃のあるじとなったことには

大きな意味がありました。

それも言い過ぎではないほど

重要な土地を
道三は 押さえていたのです。

まずは 斎藤道三の
着実な しかし容赦なき美濃の国盗り。

ご覧下さい。

これまで語られてきた 斎藤道三像。

それは 「一代で大名に成り上がった」
というものです。

僧侶や油売りなどを経て

武士 そして戦国大名にまで

上り詰めたと言われてきました。

ところが近年 そんな道三像を覆す史料が
発見されました。

美濃の隣 近江の戦国大名
六角氏の史料に書かれていた

道三の「父親」の経歴です。

つまり 初め
成り上がったのは父親。

道三のスタートは

美濃の名のある武士
「長井氏」からでした。

…とはいえ 父も自分も

代々 美濃生まれの武士からは
見下される存在。

道三は 少年の頃
こう 諭されたかもしれません。

新九郎。

はい。

父は 新参のよそ者であり
高貴な家の出でもない。

そのわしと 子である そなたが
この美濃で身を立てるには

あらゆる手を尽くさねばならぬ。

どんな手を…
使ってものう。

1533年 父が亡くなり
40歳で家を継いだ 道三。

この時 最初の好機が
巡ってきました。

当時 美濃の大名だった
土岐氏の家督争い。

2つの派閥が激しく対立し
美濃は 大いに乱れました。

道三は
一方の土岐頼芸につき
奮戦します。

ふん!

やがて道三は 美濃で

押しも押されもせぬ存在と
なっていきます。

そんな 道三の合戦のやり方を
うかがわせるのが

家紋の「二頭立波」。

道三自身がデザインしたと
言われています。

(波音)

戦のしかただけでなく

激動の時代に立ち向かう
道三の覚悟を

示しているかのようです。

戦上手として信頼を集めていく 道三。

しかし…。

[ 心の声 ] これで 満足するものか。

ちょうど そのころ。

(雷鳴)

美濃を流れる
長良川が氾濫。

大きな被害を
もたらしました。

農作物のほとんどが失われ
追い詰められる領民の暮らし。

貧しさと不満で
美濃は 混乱を極めます。

この状況を目の当たりにした道三は
驚くべき行動に出ました。

それは 出家。

大名・土岐氏に代わって
災いの責めを負う行為でした。

災害を 勢力を伸ばす手段に
利用した道三。

主君・頼芸から
絶大な信頼を勝ち取ります。

すると すかさず…。

恐れながら。 それがし
是非とも 頂きたきものが。

おお 何なりと申してみい。
(道三)はっ。

稲葉山城を それがしに賜りたく。

何? 稲葉山の城を?

岐阜市中心部に近い 岐阜城。

当時は 「稲葉山城」と呼ばれていました。

標高329mの 山の上に築かれた城です。

切り立った崖。
まさに難攻不落。

しかも 麓を流れる長良川は
当時 美濃の物流の大動脈でした。

つまり 軍事的にも経済的にも
最重要拠点だった稲葉山城は

道三の力を
大きく強めるものだったのです。

稲葉山城は 道三に与えられました。

更に オマケも。

それは 「斎藤」の姓。

斎藤は 美濃では
主君・土岐氏に次ぐ格式の名字。

「斎藤道三」が ここに誕生します。

もはや 美濃では並ぶ者のない
実力者となった道三。

しかし 満足しません。

道三の次なる狙いは 土岐氏。

その家督争いを利用して

美濃の大名の座を
手に入れようと考えたのです。

まず 目をつけたのは
主君・頼芸の敵 土岐頼純。

その手段が…。

当時 10代半ば。

後に 織田信長の妻・濃姫となる人物です。

帰蝶。
はい。

そなたには 嫁にいってもらう。

かしこまりました。
して いずれのお方に?

頼純様だ。

しかし…

まだ 24歳でした。

その後 道三は
再び 娘を嫁がせます。

次の相手は 頼純の弟・八郎。

すると 直後に八郎が自害。

なぜか 濃姫が こし入れする度に
消えていく土岐一族。

一連の死について 道三に
疑いの目が向けられていたことが

当時の史料からも読み取れます。

土岐一族を
立て続けに襲った惨劇は

ついに 主君・頼芸の周辺にも
及びました。

うっ… 誰かある…!

(家臣)殿! お気を確かに!

ある者は毒殺され…。

ある者は ひそかに命を奪われました。

気が付けば
土岐氏で残ったのは

道三が仕える
頼芸 ただ一人。

既に 勝負はついていました。

頼芸には あらがうすべもなく

道三の もくろみどおり
美濃を追われます。

このことに対する世間の声は
厳しいものでした。

一方…

自分の力を示し ついに
美濃一国を手に入れた 斎藤道三。

…の代名詞 斎藤道三は

こうして 登場したのです。

ご覧頂いたように
斎藤道三が 美濃のあるじとなる際

大きな働きをしたのが 濃姫。
道三の娘です。

その 濃姫の館跡とされる場所で
驚くべき発見がありました。

道三の城 稲葉山城。

ここの 濃姫の館跡とされる場所で
近年 発掘調査が行われました。

出土した こちらの瓦。

当時の状態に復元してみると…

金も鮮やかな なんとも豪華なもの。

この館を訪れた ポルトガル出身の宣教師
ルイス・フロイスは

次のように 書き残しています。

かくも きらびやかな
濃姫の館を建てたのは 父の道三…

ではなく 実は織田信長。

道三が 濃姫の…

道三の 次なる標的は
織田信長なのでしょうか?

戦国で 最も危険な二人が
「親子」になります。

岐阜市内に 人知れず残る小さな塚。

「織田塚」と呼ばれています。

1544年 斎藤道三の美濃は

隣国・尾張の 織田信秀の侵攻を
受けました。

信秀は
織田信長の父。

当時
尾張国最大の
実力者でした。

信秀の美濃侵略は
繰り返され

道三は 幾たびも 刀を交えます。

織田家への切り札は
やはり 娘・濃姫でした。

嫁ぎ先は 尾張の信長じゃ。

(道三)これを…。

(道三)信長は うつけと聞く。
こたびは 早う 片がつくやもしれぬ。

当時…

ですが 素行の悪い愚か者
「うつけ」と うわさされていました。

織田家に入った濃姫は

「うつけ」の信長と
実際に暮らし始めます。

やる。 甘いぞ。

いえ 私は…。

毒など入っておらんわ。

わしは そなたの父とは違う。

フン。 ハッハッ!

1553年4月。
道三は 信長に 会見を申し入れます。

自分も じかに
会ってみようと考えたのです。

会談の場所は
美濃と尾張の国境の寺 聖徳寺。

一足先に 聖徳寺に着いた道三は

後から来る信長の行列を
下見することにします。

そこに現れた信長は

とても 織田家の当主とは思えない
いでたちでした。

うわさどおりだと あきれ返った道三。

ところが…。

お供は 臨戦態勢の軍勢。

手にしている槍は
常識外れの長さでした。

更に 当時 入手困難だった鉄砲も 500丁。

それだけではありません。

織田上総介にござる。

道三の前に進み出た信長は

先ほどとは 打って変わった
礼にかなった正装。

[ 心の声 ] これが 織田信長という男か…。

この時 信長を大いに見直した道三。

それは 道三が 信長の家臣に送った
手紙からも うかがえます。

信長の 道三に対する見方も
変化していました。

信長が 駿河 今川氏の軍勢と
戦った時のこと。

ああっ! あっ あっ ああ~!

各地の味方が 今川軍の攻撃にさらされ…

ここで…

大殿 尾張より書状が。

婿殿から?
はっ。

書状には 何と?

援軍をよこせと言うてきおった。

それは… いかがなされまするか。

一千ほど送ってやれ。
婿殿の手並み とくと見せてもらおう。

ははっ!

信長は やって来た道三の援軍に

なんと 居城・那古野城の守りを頼みます。

いわば 自宅を この間まで
敵だった者たちに任せたのです。

このことで 手持ちの軍勢を

全て 今川軍への攻撃に
振り向けることができた 信長。

1日で 敵を撃退しました。

[ 心の声 ] まったく 底の知れんやつだ。

ハッハッハッハッ!

ハッハッハッハッハッハッ!

世間の常識など 物ともせず
乱世を切り開く 道三と信長。

両者が巡り合ったことで

その勢いは
ますます 激しさを増していきます。

歴史を大きく動かす出会いとなった
斎藤道三と織田信長。

二人には
なんと 共通の趣味がありました。

それは…

茶の湯を 大変好んだ織田信長。

茶道具集めに熱心だったのは
もちろんのこと

城の中には 茶室も造りました。

実は 斎藤道三も
似たことを行っています。

こちらは 道三が考えたという
茶室の絵図です。

茶道具でも負けていません。

茶碗の至宝「曜変天目」を
所蔵していたという記録も。

そして二人には
共通の先生がいました。

もしかしたら 信長は 道三を見て
茶の湯を始めたのかもしれません。

しかし 信長は もっと大きなことを
道三から学んでいます。

最新の研究で
それが明らかになってきました。

2019年 岐阜城で大発見がありました。

道三は 当時 城には まれだった石垣を
早速 導入。

稲葉山城の防御力を高めました。

石垣に覆われることで

山 全てが城になったかのように見え…

道三の権威づけ効果も ありました。

道三の方法を
受け継いだと思われるのが

織田信長の巨大城郭…

道三の進んだ考え方は
城下の町づくりにも見て取れます。

城下町として 多くの人を住まわせ

城を 軍事・政治・経済
全ての中心地としました。

その名残を 今に伝えるのが こちら。

岐阜市にある…

岐阜城から
程近いところにある お寺です。

実は この美江寺
もともと 別の地にありました。

それを 今の場所に移したのが
道三でした。

理由は 本尊の「十一面観音」にあります。

道三の考えどおり

観音様を慕って 多くの人が
稲葉山城下に移り住みました。

美江寺の周辺には

東西200mという広さの
市場が開かれました。

この市場の にぎわいが
城下町・岐阜の始まりになったとも

伝えられています。

人を集めることで
国を富ませるという手法。

織田信長は 更に発展させます。

信長は 自分の領地では
誰でも自由に商売ができるようにし

城下の振興を図りました。

いわゆる…

極めて先進的な試みだった
斎藤道三の政策。

しかし 家臣の中には
ついていけない者も 多くいました。

(家臣)そのような先例は ございませぬ。

(家臣)さよう。
しきたりにも反しまする。

(道三)もうよい!

この乱世に
先例 しきたりなぞ 何の意味がある!

(家臣たち)ははっ!
つべこべ申さず
わしの申したとおりにせい!

反発する…

ほう。 父上は さよう申されたか。

大殿のなされようには
我らも 困り果てておりまする。

このままにては また この美濃に
内々の争いが起きかねませぬ。

(義龍)あい分かった。

皆の申し条は
父上に代わって この義龍が聞く。

不足不満は 全て わしに言うてくれ。

(家臣たち)ははっ!

義龍は 道三の子でありながら…

それは 肖像画からも分かります。

道三の家紋は
例の「二頭立波」。

新たに
道三がつくったもの。

一方 義龍の肖像には 「桐の紋」。

天皇家 足利将軍家も用いた

最も伝統的な家紋の一つです。

これは 義龍のもとで出された命令書。

ここには 6人の家臣の名が
記されています。

やがて 親子の溝は深まっていきました。

ついに 道三と義龍

両者の対立が
決定的となった時…。

道三は
隠居する他なくなります。

ところが…。

近隣の村々において
乱暴狼藉に及ぶ者があると聞いた。

すぐに それを取り締まる触れを出せ!

やることは まだまだあるぞ。

わしも 隠居などと
老け込んではおれぬわ。 ハハハハッ!

アッハッハッハッ!

道三は 決して諦めません。

ついに義龍は 最後の手段をとりました。

道三側と見られる
弟たちを殺害。

道三を孤立させます。

身の危険を感じた道三は
直ちに 稲葉山城から落ち延びます。

者ども 城下の家々に火を放て!

義龍… 勝負は これからじゃ!

もはや 戦で巻き返すしかない。

義龍から 美濃を奪い返すため
道三は兵を集めます。

1556年4月 稲葉山城下
長良川のほとりに

道三の姿がありました。

(兵たちのおたけび)

対する…

既に 勝敗は決していました。

(銃声)

ううっ!

しかし この時 長良川の戦場から
10キロほど離れた場所に

軍勢が布陣していました。

織田信長の援軍です。

義理の父・道三に加勢するとして
尾張から駆けつけた信長。

けれども それ以上
兵を進めようとはしません。

(家臣)大殿! 尾張勢は?
信長様の援軍は!?

(道三)来ぬ。

(家臣)されば もはや…。

[ 心の声 ] 負け戦に飛び込むようでは
やはり うつけの信長じゃ。

それで よい。

最期の時 道三は 僅かな手勢と共に
敵陣へ斬り込みます。

斎藤道三の 上を目指す一生は
ここに終わりました。

京都…

亡くなる直前の道三が
したためたとされる書状が

残されています。

道三が 美濃国を 夢を託したのは

同志とも言える信長でした。

美濃を攻める!

道三が世を去って 11年後
信長は 稲葉山城を落とします。

城の名を 「岐阜城」と改め

この地で 「天下布武」を掲げました。

信長は 道三流の国づくりを
推し進めながら

天下統一に向かって
ひた走っていきます。

♬~

京都…

信長と道三の結び付きを

今にしのぶ よすがが

残されています。

中央の…

信長が 京の都に攻め上った時

持参してきたという仏像です。

実は…。

手段を問わず 力を振るって
大名の地位へ駆け上がった 斎藤道三。

家紋の波のごとく 時代にぶつかり
しぶきと消えました。

しかし その行いは

信長から 太平の世につながる
新たな潮の流れとなって

生き続けたのです。

♬~


関連記事