ザワつく!金曜日 家族愛が生んだデカ盛りの聖地・世界がザワつく高すぎるコーヒー、1杯なんと11万円!…


出典:『ザワつく!金曜日 家族愛が生んだデカ盛りの聖地&世界がザワつく高すぎるコーヒー』の番組情報(EPGから引用)


ザワつく!金曜日 家族愛が生んだデカ盛りの聖地&世界がザワつく高すぎるコーヒー[字]


家族愛が生んだデカ盛りの聖地!しかしなぜか険悪なムードが…さらに!世界がザワつく高すぎるコーヒー!1杯なんと11万円!24年間熟成させたコーヒーがスタジオ登場!


詳細情報

◇番組内容

▼家族愛が生んだデカ盛りの聖地!

「デカ盛りの聖地」と呼ばれる埼玉県にある店。そんな大繁盛の店内になぜか険悪なムードが…そこには本音で言い合えるからこその家族の愛があった!

▼世界がザワつく高すぎる熟成コーヒー!

1杯なんと11万円!24年間樽の中で熟成させた世界もザワつく超高級コーヒーをご紹介!「コーヒーに見えない」「お酒みたい」一茂&良純&ちさ子も驚愕!果たしてその味は…?

◇番組内容2

▼後を絶たない迷惑行為「舞妓パパラッチ」の今!

人々が多く訪れる人気観光地、京都・祇園。その路上で舞妓さんを無断で写真撮影する迷惑外国人…問題視されたこの迷惑行為に罰則が定められたというが…まだまだあった!「舞妓パパラッチ」の現状に迫る!スタジオでは、来る東京五輪に向けてちさ子が(秘)対策法を提案…!?

▼世界のザワつく映像も!

◇出演者

MC:石原良純 長嶋一茂 高嶋ちさ子

ゲスト:羽鳥慎一 玉川徹

司会進行:高橋茂雄

◇おしらせ

☆番組HP

 https://www.tv-asahi.co.jp/zawatsukufriday/


『ザワつく!金曜日 家族愛が生んだデカ盛りの聖地&世界がザワつく高すぎるコーヒー』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ザワつく!金曜日 家族愛が生んだデカ盛りの聖地・世界が
  1. 高橋
  2. 男性
  3. 田中
  4. コーヒー
  5. 万円
  6. スタッフ
  7. ブタ
  8. 女性
  9. 本当
  10. 自分
  11. 大変
  12. 野郎
  13. ハハハハ
  14. キロ
  15. スプーン
  16. タコ
  17. タバコ
  18. ダメ
  19. 羽鳥
  20. 外国人観光客


『ザワつく!金曜日 家族愛が生んだデカ盛りの聖地&世界がザワつく高すぎるコーヒー』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

(女性)大変!
(男性)ああ…! すごいスピード。

〈脱輪したタイヤが
高速道路を走る〉

(女性)加速していくわ!

キャー!

(男性)ぶつかったよな?
(女性)ええ…。

〈目の前を通り過ぎたタイヤは

中央分離帯で
ジャンプを繰り返し…〉

〈対向車線の車に直撃〉

〈幸い
大事には至らなかったという〉

(男性)本当だ 本当だ。
ハハハ…!

(男性)ほら 逃げろ 逃げろ。
ほら 頑張れ。

〈タコは
大好物のカニを追い掛ける〉

〈と その時…〉

(男性)うわっ! なんだ!?
(男性)急にタコが襲われたぞ!

(男性)どうした?

〈タコを襲ったのは…〉

〈その瞬間は 別のカメラでも…〉

(男性)頑張れ 頑張れ。 ハハハ…!

(男性)うわっ! なんだ!?
(男性)アザラシだ!

アザラシがタコを襲ったんだ!
(男性)アザラシか。

〈カニは タコが大好きな
アザラシによって助けられた〉

(男性)えっ? なんだ ありゃ?

〈突如 空に現れた

(男性)えっ UFO?
(男の子)すごいね。

〈すると…〉

(男の子)えっ! どこ? どこ?

(男性)パパもないよ!

(男の子)うん すごい…。

(男性)そしたら 大変だぞ。
(男の子)大変だね。

〈絶えず増殖を続ける 奇妙な光〉

(男の子)うん キレイだね。

(男性)ああ うっとりするね。
(男の子)うん。

(男性)おお! ほら!

(男性)ああ! もう1つ来たな。
(男の子)すごい!

〈この奇妙な光 正体は

NASAが打ち上げた
2基のロケットによるもの〉

〈ロケットの放つ物質が

大気と反応し 作り出された
幻想的な光景だった〉

〈…と その時!〉

うわー 危ねえ…!
(男性)逃げろ! 逃げろ!

うわー 危ねえ…!
(男性)逃げろ! 逃げろ!

〈突然 ヘリが墜落〉

〈原因は 建設用のワイヤ〉

〈ここに…〉

うわー 危ねえ…!
(男性)逃げろ! 逃げろ!

〈ヘリの尾翼が接触し 墜落〉

〈奇跡的に
死者は出なかったという〉

(女性)おーっと! あららら…!
あらー!

イヤー!

(石原)危ない 危ない!
(高橋)怖い 怖い 怖い。

(女性)…っていうか
下りなさいよ!

ねっ ほら!

(男性・女性)ああー!

〈観光客の夫婦を乗せ

ラクダが
立ち上がろうとすると…〉

(女性)おーっと! あららら…!

〈皆さんも つらすぎて

もう無理! と諦めた事
ありませんか?〉

忘れもしない
中学2年ぐらいの時は

めっちゃくちゃ練習してて。
(高橋)バイオリンの?

はい。 1日10時間とか
休みの日は 土日 させられてて。

そうするとね 最後は
弾きながら寝てるんですよ。

ええー!?
それで けど

曲は進んでるの 起きると。

めっちゃ怖かった…。
すごいですね それ。

それはゾーンに入ってるって事…?
違う。

ガーッ… って寝てるんだけど
もう 手は勝手に動くから。

ちゃんと音は出てるの?
音は出てるんですよ。

だって 親が見張ってるから。
ああ そっか 音は出てるんだ。

そうか 「ちょっと寝させて」とかも
言えへんぐらい厳しい練習…。

すごいですね。
あのさ よくさ…。

それ なんで なんでなん…。
言わない?

疲れるっていう…。
そう すごい疲れるんだって。

受け答えしちゃいけない
っていうんだよね。

それは なんか あるんですかね。

脳が動いてしまうとか。
あれ どっちが疲れるの?

寝てる方が疲れるの?
寝てる方。 もちろん。

しゃべりかける方は 別に…。

しゃべりかける方は
笑えるんじゃない?

生気を吸われて
ヒューってなるのかと思った。

しゃべりかける方は笑えるんだよ。

こいつ 俺が言ってる問いかけに
寝てるのに答えてるな みたいな。

けど 会話にまでなるほど

浅い眠りの人は
そんなにいないですよね。

うちの子とかも
すごい 寝言 言うし

私も
すごい言うらしいんだけども。

「それでは発表します!」とかって
言うんですって。

寝言で?
うん。

なんのセレモニー出てんの?

ねえ 高校時代とかってさ
俺 よく寝てたわけよ。

で もうバスタオルも
最初から 3つぐらい

持ってっちゃうわけ
机に敷くために。

もう 寝るのを決めてるから
バスタオルを3つぐらい重ねて…。

そっちの方が寝やすいわけよ。

大丈夫。 俺 野球があったから。

先生 怒らないんだよ
俺 寝てても。

へえー。
まあまあまあ…。

その時に こうやって寝てると

寝てて バーンって
立ち上がった事とかない?

あります。
なんか ビクーンっていうやつね。

起立筋が バーンって働いてさ
バーンって立っちゃってさ。

(一同 笑い)

みんな 授業聞いてんのにさ。

でもさ
その時は 正気に戻ってさ

「はい 一茂 なんだ?」って
先生から指された時に

それまで寝てるから
わかんないんだけど

なんて答えていいか
わかんない時とかなかった?

ありますよね。
ビクッ! つって。 うん あるある。

みんな あるんだ やっぱ。
俺だけじゃないんだ。

立ち上がるまではないですけど。
俺 立ち上がった。 まだ覚えてる。

俺は…。

「意味がない」?
ない。

でも 意味なかった… 古文って…
まあ そういう時ありました。

もう 私 とにかく…。

急に寝れないよね。
そう 急に寝れないの。

ああ… ほんなら 布団入ってから
しばらく寝れへんタイプ…。

2時間ぐらい。
あっ それは 大変ですね。

体力的につらいっていう事は…
そういうのはないの? 眠いとか。

疲れるとか 眠いとか
一度起きたら ないんですよ。

ええー!
だから 常に…。

すごいな!
だから私 小学校の頃 寝れなくて。

けど 横揺れすると寝る…
眠くなるとかって聞いて

揺れを探そうと思って。
バカだから

ドアのノブに…
ドアが こうあるじゃないですか。

そしたら ノブが こう あったら
またが… なんていうの?

そこに 両足を…
両足をのっけて 立って

ブラーン ブラーン
ブラーン ブラーン…。

ドアに?
そう。

ドアのノブに それぞれ
片方ずつ のっけたの。

眠いから ちょっと
おかしくなってるんです。

それで 最後は クルッて滑って
ものすごい痛かった…

痛くて 余計 眠くなくなったのを
覚えてる。

踏ん張ってるんだから
寝れないじゃん。

でも 今でも眠れないんですか?
全然 寝れないです。

それは 俺より重症だ。
うちの旦那とか うちの長男は

パタッと寝るんですよ。 けど

うちの次男も可哀想みたいな…。

「眠いのに寝れないな こりゃ!」
とかっつって ずっと…。

可愛い。
でも なんか それ わかるな。

「眠いのに寝れねえな!」って
言ってるんですか?

「これ なんなんだよ! 一体」
って… もう だから

静かにしなさいっつってんのに
眠れない。

俺がね すごくね 気に入ってる…
もう 今は やってないんだけど

マッサージ師さん。
施術する人がいて。

俺が こう やってると
なんか 目をつぶってるんだよ。

でも 手は動いてるわけ。
で 途中で… 終わったあとに

「ちょっと 目 つぶってたけど
すごい うまく

マッサージできてたよ」
っつったら

「はい そうです。 僕
幽体離脱してました」って言う…。

どういう事?
マッサージ師さんが

幽体離脱しながら
自分が上に上がってって

自分が施術してる…
俺を上から見てるんだって。

で もう1人の自分が
こうやれっつって

指示するんだって
もう1人に。

…っていう人 いたんだよ。
いや 嘘か本当かは わかりません。

あなた次第。
いや 都市伝説すな! 都市伝説…。

〈やって来たのは

〈…にもかかわらず

大行列の店が〉

〈お客さんのお目当ては…〉

(店員)お待たせしました。

何? これ。 久しぶりに見た これ。

〈どれもこれも かなりの

ちょっと まあ…。

えっ そうなの?

〈デカ盛りの聖地と呼ばれ

全国からお客さんが集まる店
古都〉

はーい お待たせです。

お客様 ごめんね。 これ

〈定食もカレーも

嘘でしょ!
(高橋)やばっ!

〈大盛りだと
なんと 倍の4合に〉

(スタッフ)食っても 食っても…。

〈もちろん

いただきます!

(高橋)うまいんか。

〈特大チキンカツが
2枚ものり…〉

〈カツが別皿でもついてくる
ダブルカツ丼は

カツだけで900グラムもある
名物メニュー〉

〈5種類の天ぷらがのった
古都冷しうどん大盛りは

うどんだけで なんと 1キロ!〉

〈そんな…〉

83?

〈そのお隣が…〉

(高橋)すごいな。

〈そして…〉

〈父の仙作さんが調理を行い

母 和子さんは その補助

娘の志麻さんが接客を担当〉

〈そして 8名のパートさんが
脇を固める〉

〈デカ盛り人気で

店は 朝から晩まで
一日中 大忙し〉

(志麻さん)普通のもあるけど
ミニが早い!

それだけにして。
もう 持てないから あと…。

〈なんだか 終始

〈その原因を
作ったかもしれないのが

娘の志麻さん〉

〈おなかいっぱい
食べてもらいたいという娘〉

〈しかし お客さんが
来れば来るほど 儲けが減り

ただただ忙しくなるという
悪循環〉

〈そのストレスからか
厨房では…〉

(志麻さん)そうだよ!

〈このあと

〈そして…〉

なんか 1回 昔
伊勢海老が届いた時に

生きてるまま 熱湯に こう…
ねっ?

バーッとつけるじゃないですか。
ねっ?

それで うちの母が
それ やってたら バーッと…。

〈ちさ子さんご両親の
大揉め話も〉

ハハハハ…!
厳しい ひと言やな。

〈家族で切り盛りする
デカ盛りの聖地〉

〈しかし その厨房は

ハハハハ…!

(高橋)ハハハハ…!

めちゃめちゃ怒ってる。

めっちゃ怒ってるやん。

もっと する?
はい。

(高橋)ハハハハ…!

〈周りの声を受け流しながら

(高橋)83ですよ。

〈営業終わり
お母さんに話を聞くと…〉

〈ケンカは絶えないが

(高橋)すげえな。

〈皆さんも 日々

いやー すごい…。 古都という
お店でございましたけれども

いかがでしたでしょうか?
83のご主人が すごいな。

83歳で あれ 振ってんだよ

フライパン 振って
一日 立って…。

奥さん 77歳で。
しかも…。

「のせて! のせて!」…。

だから あれを返事をすると

今度 なんか違う時にも
言葉が出ちゃうから。

あれ 「はいよ」とかいって
言う時もあるし

「なんだ お前 何やってんの?」
「うるせえ お前!」って

言っちゃうじゃない。
だから なんにも とにかく

言葉は発さないで。
耐えて忍ぶ。

「忍」ですね。
男のやり口ですね あれは。

どうですか? ちさ子さん。
うちは だから…。

「火に油を注ぐのが好きな家族」?

これは もう だから
一方通行ですよね 私からすると。

コミュニケーションというよりも
お父様が黙ってらっしゃる。

うちは そういう
お父様じゃないから もう…。

存じております。
大変ですよ もう はい。

家の中で ウワーッと?
そうですね。

なんか 1回 昔
伊勢海老が届いた時に

生きてるまま 熱湯に こう…
ねっ?

バーッとつけるじゃないですか。
ねっ?

それで うちの母が
それ やってたら バーッと

伊勢海老が動いた時に
うちの父が…。

…ってこうね また こう
偽善者っぽく言ったら 母が…。

(一同 笑い)

そんなつもりで言うたんちゃうわ
ってなりますやん。

常に そういう感じなんです。

言い合うね… しゃべり合う。
言い合う 言い合う…。

それに対して お父さんは?
それは もう 自分で

もう なんか いい事 言ったから
それは言いっぱなしなんですよ。

ああ なるほど。 なるほどね。

僕 あの83歳の店主は

別に耐えてるのでも
なんでもないと思ってますよ。

ハハハハ…!
もはや えっ? それは…。

あのね
家族間のやり取りになると

もう耳が聞こえなくなるっていう
そういうモードを

持ってるんだと思う。
シャットアウトモードみたいな。

シャットアウトモードなんです
完璧に。 それが もう毎日だから

多分 フライパンしか
見えてないと思う。

ゾーンに入ってる?
ゾーンに 本当に…。

僕 でも あそこの古都に行ったら
ちょっと やっぱり残しちゃうな。

残しちゃいますよね。
…っていうか もう 最初に

「もう少し ライス
少なくしてください」って。

もったいないもんね。
でもさ

少なくしてほしいっつう人は
もともと行かないわけでしょ?

割と だから 大盛りの聖地って
言うてたんで。

大盛りの聖地なんだから
それは行かないよね。

「おかず野郎」…。
ちょっと待ってください。

ちさ子さんは「おかず野郎」…。
白飯 食べない人だから。

あっ 米 嫌いなんですか?
あんまり食べないんですよ。

味 付いてないと食べられない。
米 食わん人の事を

「おかず野郎」って呼ぶんですか。

(観客の笑い)
「おかず野郎」って 何?

お母さん連中で
そうやって なんか 話が…。

いや そんな事ない。
そんな事ないですよ。

私が「おかず野郎」。
自分で自分の事を

「おかず野郎」って言ってるの?
「おかず野郎」なんですよ。

おかずばっかり食べるんですよ。
あれさ わかんないけど

普通盛りだったんでしょ?
さっきのVTR。

普通盛りって書いてましたね。
あれ 食べきれる?

相当 大食いの人じゃないと
結構 きつそうですね。

俺 ヤクルト時代 後輩が…
ヤクルトからね

ソフトバンクに行った
河野ってヤツがいるんだよ。

こいつのあだ名が
「メシ食い」っていうあだ名で。

あだ名 付けたヤツ
単純すぎるやろ。

ストレートしか投げれへん
ピッチャーか!

あのね ヤクルトの寮でね
最初 入団したての時は

普通の まあ お茶碗じゃなくて
もう 丼。 丼で出してて…

おばちゃんたちがね。
丼でね 大体ね 10杯ぐらい

おかわりしてるのよ 朝から。
えー!

そのうち おばちゃんが

あの… 樽 あるじゃん
ご飯入れる 樽。

あれで そのまま置いてるの。
へえー!

…ぐらい食べるのね
河野っていうのは。

だから 多分
あれぐらいだったら あいつ…。

河野さんやったら
食べれるぐらいの量かも…。

今は無理だと思うよ。

〈昨年 『ザワつく!』で放送し
大反響を呼んだのは…〉

〈写真を撮るために
タクシーの前を

外国人観光客が塞ぐ〉

〈舞妓さんが

〈足が止まったタイミングを
見計らって

舞妓パパラッチが取り囲む〉

〈そこで…〉

〈昨年9月 京都市が

許可のない
舞妓さんの撮影を禁止〉

〈その翌月 地元の住民や
店主で作る

協議会が打ち出したのが…〉

〈脇道で舞妓さんを
勝手に撮影したら

罰金1万円〉

〈しかし…〉

(クラクション)

〈更に…〉

〈相変わらず 迷惑外国人が
やりたい放題〉

えー!
(高橋)あー 最悪!

〈京都 祇園が抱える

外国人観光客による
舞妓パパラッチ問題〉

〈そこで 地元の住民や店主で作る
協議会が打ち出したのが

脇道で舞妓さんを
勝手に撮影したら

罰金1万円〉

〈もちろん 本気で1万円を
取ろうとしているわけではない〉

〈あくまでも 抑止力になればとの
考えからだ〉

(クラクション)

ダメだっつうの。
でも 撮りたくなるんだろうな。

(羽鳥)撮りたくはなりますよね
やっぱり。

(クラクション)

〈車道で立ち止まって
やりたい放題〉

〈男性は
200メートルも付きまとい

撮影し続けた〉

(羽鳥)気持ちは
わからなくもなくないですか。

あんな人が歩いてたら
やっぱり 撮りたいなと…。

でも いなかったよね
こういう人はね。

観光客が あの…

舞妓さんの周りを
取り囲んだ

パパラッチ問題は
なかなか

解決してないのが
現状ですね。

祇園町
ある程度の地位のある方や

常連さんが
ご利用する場所ですので

できるならば 観光客の方には
ご遠慮 願いたいなと。

ここのエリアではなく
他のエリアへ

行っていただきたいな
っていうのが

ここらの住民
それに お店屋さんやらの

本音やと思います。

〈更に取材を続けていると…〉

〈京料理の店を撮影する

〈口には タバコ〉

〈京都市は 路上喫煙が禁止〉

〈木造が多い この地域も
当然 違反行為なのだが…〉

えー!
(高橋)あー 最悪!

木造が多いんだからさ…。

〈なんと 火のついたタバコを
ポイ捨て〉

(高橋)注意しよう。

わかるのかな? 言葉。

(スタッフ)オーケー?

(スタッフ)ノー ノー ノー ノー…!

〈男は 火のついたタバコを

店先の石で消し…〉

〈再び 店へ入っていった〉

〈迷惑外国人による
マナー違反問題

どう考えます?〉

(高橋)さあ 相変わらず
今の状況は変わってないと。

だからさ 抑止力っていうか
「本当に取る気はない」っていう

ナレーションが
今 入ってたんだけど

取ればいいんだよ。
これは もう ずっと言ってんだよ。

(高橋)1万円を?
1万円 取ればいいんだよ。

なんで取らないんだか
俺も わからないし

何度も言うように…
その 罰金とかで取るじゃない?

はい。
そうすると 誰かが「日本 行って

なんか 自分が違反しちゃったから
マナー違反 起こしたから

お金 取られちゃったんだぞ」って

例えば それをTwitterとかで
つぶやいてくれたらさ

拡散して 取られるんだって
みんな思うじゃん。

そっちの方が
抑止力としては効果があるから。

多分 中国人のガイドの人がさ

「いや ダメですよ」って
言ったとこでさ

聞いてない人たちの方が
多い気がするんだよね。

個人的に来る人とか
ツアーじゃなくて。

まあ ちさ子ちゃん
よく言うようにね やっぱり…。

高橋だって 地元でしょ?
京都 地元です。

頭くるでしょ?
あれは ちょっと…。

タバコのポイ捨てとか
マジで許せないですよね。

だって
木造建築が多いんだからさ

火事になる確率 高いんだよ。
古い建物が多いんだからさ。

シンガポールなんかは ほら
罰金国家じゃん。

もう ガムを 昔から…。

僕らが子どもの頃でしたもんね。
ガムを気を付けないと…。

ガム持ってるだけで罰金です…。
持って入れないんですね。

ガム 持ってるだけで
罰金なんですか?

そうですよ。
本当に罰金国家なのよ。

それが行き届くと そういう風に
街はキレイになるし。

そう なるんだよ。
だから 高齢者だと

なかなか 向こうも
かかってきづらいから…。

それは あるかもしれないですね。

だから
うちの父みたいなのがいると

「お前 今 写真撮っただろう」って
あれぐらいの年の人は

外国人だろうがなんだろうが
日本語で言うから。

それで 「おい おい!
3万出せ 3万出せ!」っつって。

それでね 今度 ほら
オリンピックあるじゃないですか。

オリンピック。
東京オリンピックがあるから

そういう時に いろんな問題が
出た時に ちゃんと厳正に

「ここは
タバコを吸っちゃいけない」とか

「そうしたら こういう罰…
懲罰がありますよって

罰がありますよ」って事は言って。

それで 今 ほら
日本人の人って やっぱり

英語をしゃべろうって
一生懸命やってるからね。

それぐらいの
片言の英語でもいいわけよ。

「ダメだよ」って言って
「お金」って言って…。

路上駐車 取る人
今 いるじゃないですか。

緑のおじさん?
そうそう。

ああいう人を置けばいいんだよ。
そうそうそう。

あれは公的機関だから…。
そうそうそう。 バイトで。

それで もう あの人たちに
ちゃんと権限を持たせて

「はい お金」ってもらっちゃう
その場で。

それぐらいの権限を持たせないと
ダメだと 俺は思うよ。

羽鳥さん いかがですか?
この 外国人の方の迷惑行為。

説明していかないと
ダメでしょうね。

中国人のガイドの人が読んで

どれぐらい効果があるのかは
わかりませんけれども

でも ああいうの
どんどん続けないと…。

で プラス… 今ね
一茂さんとかが言った

強制力をプラスしないと
本当に…。

大変な事になる。
(羽鳥)大変な事になりますよ。

もう 私 だから…。

(羽鳥)えっ!
(高橋)えー!

見たくないし
交通渋滞を避けるために。

(高橋)えー!

〈大阪に
コーヒー好きをザワつかせる

べらぼうに高いコーヒーが
あるという〉

〈そのコーヒーとは 一体…〉

(スタッフ)「珈琲だけの店」って
書いてある。

〈大阪 八尾市にある喫茶店
ザ・ミュンヒ〉

〈噂のコーヒーを作っているのは
オーナーの田中さん〉

〈一体

(スタッフ)埼玉ですか?
(男性)はい。

〈コーヒー1杯に使う豆は

通常の10倍の量〉

〈それを 限りなく細かくひき

「ネル」と呼ばれる
布のフィルターへ〉

なんで こぼれるまでやるの?

なるほど そういう事か。

〈ポイントは
時間をかけて抽出する事〉

〈お客さんの前で
コーヒーをいれるのが

田中さんのスタイル〉

(スタッフ)30分ですか?
(田中さん)そう。

〈決して
テレビ用ではない〉

〈これが いつもの手順〉

〈そう このコーヒーは
とても時間がかかる〉

〈そのため…〉

〈お客さんは
コーヒーができるのを

コーヒーを飲みながら待つ〉

(高橋)なんや それ!

(男性)エジプトコーヒー…。
うん。

エジプトにも
僕 行ったけどね。

〈そして

えっ? これが1滴目なの?

(スタッフ)1滴 落ちました。

(田中さん)甘みがあるからね。
それと あの… コク。

こんなドロドロやねん ほら。

〈1時間かけてできたのは

わずか30シーシー〉

〈こちらが お店オリジナル

〈この量で お値段は…〉

(スタッフ)1杯 4000円?
(田中さん)そうですね 4000円…。

〈しかし この店には

更に上をいく
べらぼうに高いコーヒーがあるのだ〉

〈そのコーヒーは
海外から取材を受けるほどで

アラブの王族も
飲みに来たという〉

(高橋)えー!

〈その1杯のお値段…〉

〈このあと

ああ…。

けど ちょっと これ
…じゃないですか?

(スタッフ)1杯 4000円?
(田中さん)そうですね 4000円…。

〈このお高いコーヒーを求め
海外からも お客さんが〉

ワールド…。

(高橋)いやいや
日本語 言うた方がいいですよ。

違うよ 日本語でいいんですよ。

〈しかし この店には
更に上をいく

べらぼうに高いコーヒーが
あるのだ〉

〈そのコーヒーは
海外から取材を受けるほどで…〉

〈こちらの外国人観光客も

動画を見て来店したという〉

(高橋)ええー!

〈そんな

〈ナラの木で作られた

ワインなど お酒の貯蔵に使う
オーク樽で…〉

オオ… ワオ!

それは なぜか言うたらね

木からの樹液が出るやんか。

その甘みが
コーヒーとブレンドされて

ものすごい…。

〈オーナーの田中さんによると

このコーヒーを飲むために
アラブの王族が来た事も〉

(高橋)ええー?

〈世界中から注目を浴びる

〈そのお値段は…〉

(田中さん)40シーシーで11万円。

(高橋)11万…。

〈ほぼ おちょこ1杯分の
40シーシーで11万円〉

〈どうしても
飲んでみたいという人には

スプーン1杯 2200円で
飲む事も可能〉

〈世界がザワつく
24年間熟成コーヒー〉

〈味わってみたいですよね〉

熟成するとどうなるのかが
ちょっと想像がつかない。

腐らないみたいですね
24年間 熟成させて。

お酒を木の樽に入れて
熟成させてるっていうのを聞いて

コーヒー入れても
いけるんじゃないかというて

やってみたらしいんですよ。

それは どうして…
試しにやってみたの?

はい。
苦みが とれるんだろうね 全部。

ちょっと飲んでみたい気もする。
チョコみたいな…

苦みがない
チョコみたいなっていうのは。

2000円のでいい?
まず 2000円でいいよね。

2000円のでいいから
ちょっと飲んでみたいですよね。

1000円でもいいよ。
だって ペロッとなめただけで

味わかるじゃん そんなの。

飲んでみたいんですよね?
飲んでみたいよ。

けどさ 飲んだら 眠れなく
なっちゃったりとかしないのかな。

って事は 33万円って事?
33万円…。

いやいや… 今「2000円でいい」って
言いましたやん。

2000円なの?
33万円じゃないの?

さあ という事で 今回は特別に
ご用意させていただきました。

お願いします!
あっ 樽だ!

もっと でけえ樽かと思ったら
ちっちゃいんだ。

この樽なの?
「平成7年」って書いてあるよ。

なんか スプーンっぽいもんが
きたぞ。

2000円だから。
2000円のコースだな これ…。

こちらが 24年熟成させた
1杯 11万円のコーヒー…。

こんな ちっちゃい樽なんだ。

今回は スプーン
ご用意いたしましたんで

そのスプーンで 飲んでいただく。

1杯 税込みで
2200円でございます。

いってみてくださいよ。
いきますか。

怖いよ。
これ… いいの? 大丈夫?

ブォーッと出たら どうします?
ドドドドッて出たら どうすんの?

たまにはさ 高橋 先に飲もう。
そうそう そうそう…。

えっ いいんですか?
やって やって。

やっぱ イメージを膨らませて
俺ら飲みたいのよ あとから。

やってもらった方が
いいんじゃないの? これ。

どうぞ 来ていただいて…
どうぞ どうぞ。

そうそう…
大事にしてるものだから。

これ… これ だって
ここにつぐの難しいですよ。

じゃあ ぜひ お願いします。
じゃあ お願いします。

(田中さん)これね ホンマに
底だまりなんですよ。

(高橋)お父さん お父さん…
あのね カメラ お尻 こっち。

それは しょうがないよね。
もう 底だまりでね…。

「底だまり」?
「天使の分け前」言うて。

一番おいしいとこ。
一番おいしいとこ… 底にたまる。

(高橋)一番最後の底に…。
(田中さん)一番最後の底。

じゃあ 何人前もないんですね。
もう そんなにないです。

次は 10年もんが今あるんですよ。
10年のもんは これの値段 半額。

せやけど 味も半分。
これは もう 絶対うまいから。

いやいや じゃあ…。
じゃあ 高橋から いこう。

スプーン持った方が…。
(高橋)スプーン持ちます?

(田中さん)いや 大丈夫。
大丈夫なの?

まあまあ 大丈夫ですよ。
店主がやるんだから。

(田中さん)振らないと…。
(高橋)めちゃくちゃこぼした!

これ やってもらって よかったね。
俺ら できない…。

(田中さん)
もう あんまりないからね。

ああ 出た 出た!
(高橋)出た 出た 出た!

あっ もう…。

すんげえ濃さ。 俺 こんな…
コーヒーに見えないわ。

(高橋)ソースやん。
これ 飲みに来る方 今でも…。

(田中さん)います います います。
います?

でも やっぱり もう
スプーンでしか出せないですね。

(高橋)ほんなら 最後ですね
これ 飲めるの。

(スタッフの笑い)

(田中さん)樹液がね 樹液の甘みが
ガーッて出てるんですよ。

いきましょう
いきましょう いきましょう。

ちょっと 高橋いこうよ 先。
(高橋)僕ですか。

けど バルサミコみたいじゃない?
そんな感じかもしれないね。

(田中さん)
全然酸っぱい事もないし

苦い事もない。 甘いだけで。

「甘い」?
(田中さん)蜜みたいに甘いです。

うわっ! すごいな! これ。

何?
(高橋)なんですか…?

「甘い」?
(田中さん)蜜みたいに甘いです。

どう?
うわっ!

何?
何?

なんですか? これ
ホンマに甘い…。

コーヒーの香りは?

(高橋)
すごい 酸味と甘みがあって

こう なんか 燻製したみたいな。
ああ スモークしてる感じ?

オークの香りが出てる。 木のね。

(高橋)これ めちゃくちゃうまい。
おいしいんだ!

(田中さん)入れる その…。
あっ 入れる所が。

(高橋)冷蔵庫 なかったんか…。
(田中さん)これ 2つ入れる

電気代が 月1万円 いるんですよ。
ああ… そうですね。

(高橋)じゃあ ちょっと 皆さん
飲んでいただきますか。

(田中さん)まあ 飲まん事にはね。
どうぞ どうぞ お先。

(高橋)じゃあ 良純さん
コーヒー お好きだという…。

(田中さん)もう フルーティー。
もう ワインみたいな…。

あっ でも コーヒーの香りは…。
(田中さん)ものすごく香りがいい。

(高橋)あっ 確かに。

うん?

ああー… うん。

(田中さん)醤油もね
辛くなくて甘いんです。

たまり醤油はね。
あっ けど ちょっと これ…。

(高橋)お酒みたいな…。
発酵してるかもね。

私からすると もう お酒。
カルーアミルクみたい。

だって やっぱり…。
俺も 初めて飲んだ これ。

これは コーヒーとしては
いかがですか? 一茂さん。

なんにも言われないで
「これ ちょっと ひと口

なめてみて」っつったら
なんだか識別できない。

「醤油ですか? コーヒーですか?
お味噌ですか?」っていう風に

なめさせられたら
わかんないかもしれない。

完全にお酒 私の中では。
(高橋)確かにブランデーのような。

おりが残ってる ほら。

だから
アラビア語で「カフワ」言うたら

コーヒーと お酒っていう意味。
だから 向こうの人は

お酒 飲めないから
コーヒーを濃くして

お酒のような状態で…。
ああ…! 飲むんだ。

アラブの王子様がみえた時…。
(高橋)皇太子 来たんですか?

どう言ってましたか?
(田中さん)もう ぜひ…。

アラビアに呼ばれたん?
いや…。

〈東京 原宿〉

〈竹下通りを抜けて
5分ほど歩いた場所にある…〉

〈こちらのお店〉

〈ここに外国人観光客が
こぞって押し寄せているという〉

〈確かに 店内は外国の方ばかり〉

〈彼らのお目当ては…〉

(高橋)えー!

可愛い!

こりゃ可愛い。

〈こちら mipig cafeは

珍しいマイクロブタに
触れ合えると 今 話題のカフェ〉

〈一般的なブタが
100キロから300キロ〉

〈ミニブタが40キロから100キロ〉

〈更に小さい40キロ以下なのが
マイクロブタ〉

〈こちらにいるのは
生後2カ月から1歳ほどの

5キロ未満の
子どものマイクロブタ〉

〈大人になっても
中型犬ほどの大きさのため

ペット用のブタとして
注目されているのだ〉

〈しかし なぜ 外国人が
このお店に集まるのか?〉

〈そう 人気歌手
ケイティ・ペリーなど

海外セレブがお忍びで訪れ
話題となっているのだ〉

〈更に…〉

〈ブタと直接 触れ合える機会は

外国人にとって
貴重なのだという〉

〈そんな外国人観光客に
大人気の

ああ ちっちゃ…!
小さい!

こんな
ちっちゃいんだ!

やばい!
これは 相当 小さいぞ これ。

こんなちっちゃいんだ。

本当だ。

いいなー。

(スタッフの笑い)

ブヒブヒ言ってる。

あっ 痛っ!

今 かんだね。
(北川さん)今 どの子が?

この子かな しずくちゃんですね。
しずくちゃん? 甘がみ 甘がみ。

(北川さん)
甘がみをする事もあります。

いや… 来た!
乗ってきた 乗ってきた。

ブタさんは群れる習性があるので
1匹がいると

そこに こう 集まる習性が…。
そうなんですか…。

ブーブー ブーブー。
白いのだけ大きくないですか?

(北川さん)
この子が今 1歳1カ月で

ほぼ大人のブタさんになります。

これ以上 大きくならないんだ?

(北川さん)
ある程度ひと回りぐらいは。

ブタさん ごはんが
とっても大好きなので

ごはん 与えたら
与えた分だけ大きく…。

これ あんまり
触っちゃいけないの?

ぜひ 頭であったりとか
お尻とかを ぜひ よしよし

なでてあげてください。
くさくないよね。

清潔なんだよね ブタって。
(北川さん)この子たち 特に

においとかはなくて トイレとかも
しっかり覚えてくれるので

とっても清潔な…。
ハハハ…!

すごい写真撮れてる 私 今。
すごくない? ブタ…。

〈日本の新たな観光名所となった
マイクロブタカフェ〉

〈そこで…〉

〈初来日だという
カリフォルニアから来た

こちらの女性は…〉

〈こちらは ワシントンD.C.から
お越しのカップル〉

〈続いては
イギリスから来日中のご家族〉

ハハハハ…!
(高橋)好きやな。

迷っちゃって
困るっていう事でしょ?

多分 海外から来て
こんなにラーメン屋あったら

どこ入っていいか
わかんないみたいな。

また ハワイの話に
なっちゃうんだけども

ちゃんとしたディナーだからね。

ラーメンの認識がディナーだから。

ちなみに 一茂さん
今年のハワイは

大体 どんな感じで行く
あんばいなんですか?

そこをね 合わせないと こっちも。

…に言うんだから。
(観客)えー!

だって ギリギリの方が
ビックリするじゃん。

ねえ! あれね。


関連記事