林先生の初耳学 災害対策の落とし穴「停電対策にはシーチキン」…・SAMが能楽師に転身!「能は寝てもいい」…


出典:『林先生の初耳学【松丸亮吾VS林先生東大同士の謎解き戦★SAM57歳、能を舞う】』の番組情報(EPGから引用)


林先生の初耳学【松丸亮吾VS林先生東大同士の謎解き戦★SAM57歳、能を舞う】[字]


災害対策の落とし穴…現場のリアル「避難所に行っても助からない」「停電対策にはシーチキン」▼TRFダンサーSAMが能楽師に転身!「能は寝てもいい」57歳が舞披露!!


詳細情報

出演者

【賢人】 林修(予備校講師) 【初耳コンシェルジュ】 大政絢  【ゲスト(50音順)】 川合俊一 澤部佑(ハライチ) 千原ジュニア 中島健人(Sexy Zone) 丸山桂里奈  【出題ゲスト(50音順)】 赤プルSAM(TRF) 松丸亮吾

番組内容

【新コーナー★松丸亮吾の初耳謎解き学】 ★謎解きブームの火付け役・松丸亮吾が、“ひらめき”だけで解ける謎を出題! ★たった1つのアイデアで生活が劇的に向上する“謎解きワンアイデア” …「あるものを変えるだけで看護師の残業時間を激減」 …「ブラック校則問題の解決策」としても注目の“制服”に関する画期的な発明など、社会問題や身の回りにある困りごとを解決に導いた“ワンアイデア”を出題!

番組内容2

【初耳フリーク】 ●“能フリーク”SAM(TRF)登場!…きっかけはYouTube動画!!能楽師に弟子入りして実際に能の舞台にも立ったSAMが、実演も交えてその魅力を解説!SAMも語る“初回睡眠率100%”!?だが、ド派手な演目も!  ●防災士の資格持つお笑い芸人・赤プル…「避難所に持っていくべきではない」ものとは?生存率を上げるための備蓄、日用品の代用アイデアなど、いざというときに役立つ防災術が続々

公式SNS

【番組HP】 http://www.mbs.jp/mimi/ 【ツイッター】 @hatsumimigaku https://twitter.com/hatsumimigaku ハッシュタグ「#初耳学」 【フェイスブック】 https://www.facebook.com/hatsumimigaku

インスタLINE

初耳学のインスタ&LINEスタンプが登場!! 【公式Instagram】 @hatsumimigaku https://www.instagram.com/hatsumimigaku/  【公式LINEスタンプはこちら!】 ★スタンプ→初耳学で検索 https://store.line.me/stickershop/product/1284267/ja

★☆募集中☆★

■□■初耳ネタ受付中!!■□■ 番組では世の中でまだあまり知られていない情報やとっておきの知恵などを募集中!!あなたの知識を「初耳学」に認定されてみませんか?   ↓↓ 応募はこちら(・ω☆)キラリ http://www.mbs.jp/mimi/

◎この番組は…

物知りな人が「知らなかった!」と思わず唸る雑学…それが「初耳学」。番組では厳選したネタを、賢人代表・林先生に出題する。林先生が「知らなかった!」と申告したら出題者の勝利。物知りの林先生も知らなかった珠玉の情報はVTRで解説、知っていた場合VTRはお蔵入りとなり、出題されたネタは林先生が自ら“生授業”で解説する。


『林先生の初耳学【松丸亮吾VS林先生東大同士の謎解き戦★SAM57歳、能を舞う】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

林先生の初耳学 災害対策の落とし穴「停電対策にはシーチキン」…
  1. 松丸
  2. 澤部
  3. SAM
  4. 赤プル
  5. ジュニア
  6. 中島
  7. 林先生
  8. 丸山
  9. ピンポ
  10. ボタン
  11. 川合
  12. ホント
  13. 子供
  14. 正解
  15. 能面
  16. 一体
  17. 今回
  18. 全然
  19. 不正解
  20. お願い


『林先生の初耳学【松丸亮吾VS林先生東大同士の謎解き戦★SAM57歳、能を舞う】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

(ナレーション)あのTRFのダンサー…。

日本の伝統芸能…。

…を見せていた。

(中島)すごい。

さぁ 始まりました
『林先生の初耳学』。

最初の問題に まいりましょう
まずは こちらをご覧ください。

林先生に…。

今回のテーマは たった…。

例えば…。

問題となっているドイツでは

ある…。

丸山桂里奈さん 一体
どんな方法か 分かりますか?

(丸山)もう この際なんですけど
スマホを歩いてるときは 全部…。

(丸山)その近くにいる人。
(澤部)ずっと誰か ついてくるの?

(中島)こうやって見るんだ。

歩きスマホをしていても…。

このように…。

これは
現役東大生 松丸から

東大の先輩 林先生への
挑戦状である。

さぁ ということで
謎解き王 松丸亮吾さんです。

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

(澤部)松丸君!

松丸君!

今回は 林先生と
ゲストチームの皆さんで

どちらが先に正解できるのか
早押しで対決していただきます。

(松丸)そうです。

いい問題になってます。

(笑い)
(澤部)たぶん。

(松丸)しかし…。

(松丸)その数 なんと…。

(松丸)通常なら この50万個は
全て 売り物にならず

廃棄処分に
なってしまうところなんですが

ここで…。

(松丸)困った担当者は
ある販売方法を思い付きました。

その方法を使うと
あっという間に…。

(松丸)さぁ 一体
どんな販売方法で売ったのか

お答えください。
早押しですよ。

(ボタン)♪ピンポ~ン

(不正解のブザー)

(ジュニア)いや あの…。

そうですね はい。

(ボタン)♪ピンポ~ン
いかれた。

(林)…って あるじゃないですか。

ああいう形で ミステリー
っていう形の球根で売った。

(澤部)惜しい?
(松丸)惜しい。

(ボタン)♪ピンポ~ン

それを何と言いますか?

(松丸)おみくじではなくて。
えっと…。

えっと…。

(笑い)

おみくじなどではなくて
もっと こう…。

(ボタン)♪ピンポ~ン
きた。

正解です。

(丸山)すごい!
(ジュニア)なるほど。

ガチャね あ~。

なるほどね。

(松丸)ガチャといいますと 大体
携帯のソーシャルゲームにあるような

レアものが手に入る
ガチャガチャを意味するんですが

球根ガチャという名前で
売ったところ…。

すごい。

(松丸)全て 廃棄せずに
済みました。

ちなみに この会社…。

(澤部)占めたな
確実に占めたな 味を。

(中島)
味 占めましたね。

(松丸)南アフリカの貧民街では

子供たちの死亡率が高く
改善が急務となっていました。

そこで 感染症を防ぐために

子供たちに
石鹸を配ったんですが

そもそも アフリカでは
手を洗う習慣がないため

誰も使わず
効果がありませんでした。

ここで…。

(松丸)これまで…。

(松丸)その結果 なんと…。

(松丸)さぁ 一体…。

(松丸)分かった方から
早押しで お答えください。

早い。
(ボタン)♪ピンポ~ン

もう少し 具体的に
もう少し 具体的に。

(不正解のブザー)
ネコじゃないです。

おもちゃ 正解です。

(丸山)すごい!

(川合)ひらめいた。
(澤部)川合さん。

この石鹸 HOPESOAPという
名前なんですが…。

あるもんね あれ あったら…。

(澤部)おもちゃ 入ってるやつ
そうそう。

(松丸)昔から
学生の服装の乱れについては

さまざまな議論がありますが

最近では…。

(松丸)…という
さまざまな声がありますよね。

とはいえ…。

(松丸)
…というのが本音ですよね。

ここで…。

(松丸)ある高校では あえて…。

(松丸)…を思い付きました。

さぁ
その採用されたワイシャツとは

一体 どのようなものか
お答えください。

(ボタン)♪ピンポ~ン
早い。

初耳ですか よく あの…。

(中島)シャツがあるんですよ
それだと思ったんですけど。

すいません。

(ボタン)♪ピンポ~ン

もう 脱げることはない。

(澤部)つなぎみたいになってる。
(松丸)つなぎではないですね。

(ボタン)♪ピンポ~ン
(松丸)どうぞ。

(川合)シャツの ちょうど
この出しちゃった辺りに…。

(川合)惜しい? おぉ 惜しい。
(松丸)惜しい。

(ボタン)♪ピンポ~ン
(松丸)どうぞ。

(松丸)正解です。
そういうことか。

なるほど。
(丸山)川合さん 惜しい。

(川合)分かるわ。

それは確かに出したくないですね。
(松丸)ちなみに…。

こちら 後ろ
ご覧いただきたいんですが

こんな感じで。
(一同)うわ~。

(丸山)結構 ちゃんと書いてある。
(中島)ここまで書いてあるとね。

(松丸)そうなんですよ
こうすることで…。

(中島)そうか ナイス アイデア。
(澤部)あの子 だらしないねって。

(松丸)夜勤明けで
疲れて帰ってきたため

寝ようとするも

子供の遊び相手も
しなければならない。

でも 休みたいという 板挟みの
状態になってしまいました。

ここで…。

(松丸)子供たちと遊びたい
でも 休みたい。

普通なら不可能な この2つを

パパは 同時にできる
あるアイデアを思い付きました。

さぁ 子供と遊びながら 自分は
ぐっすり休める画期的な方法

一体 どんな方法か
お答えください。

休みながら 子供と遊べる。

(澤部)がっつり だって 横に…。
(ジュニア)寝てたで。

(ボタン)♪ピンポ~ン
おっ 川合さん。

違います。
(不正解のブザー)

(丸山)何だろう?

…を与えたんじゃない?

違うかな?
(澤部)何か 物を。

(ボタン)♪ピンポ~ン

飴玉を すごい たくさん
入れてるんだけど…。

子供 子供が…。
(澤部)どういうこと?

何?
(澤部)あれじゃないですか。

(ボタン)♪ピンポ~ン
だから もう その…。

正解です。

(丸山)えっ すげぇ 澤部さん!

なるほど。
(松丸)澤部さん お見事です。

(松丸)父親は…。

(川合)やっぱり そう
やっぱり ご褒美だ!

やっぱり ご褒美だね。
お金じゃないです。

(松丸)そうですね
こうすることによって…。

(松丸)こちら…。

(松丸)…が つくほど
話題になった お話です。

林先生 このままでは
負けてしまうんですが。

大丈夫です。

えっ ずるっ。

(松丸)今の時代 働き方改革が
叫ばれていますが…。

(松丸)…というところも
多いと思います。

中でも 特に医療現場の
看護師さんの残業時間が

深刻な問題となっており…。

(松丸)…のが現状です。

ここで…。

(松丸)
熊本の病院では ある工夫で

110時間あった看護師の…。

(松丸)20時間まで減りました。

(松丸)
劇的に残業時間が減りました。

では…。

(松丸)お答えください。

(澤部)ある 1つ… 1つ 変えた。

(松丸)たった1つ 本当に
ささいなことを変えました。

(中島)ささいなこと?
(松丸)はい。

(中島)あっ 川合さんだ。
(ジュニア)きた!

(ボタン)♪ピンポ~ン

それ 死者が出ますよ!

(不正解のブザー)
不正解です。

(澤部)当たり前…
不正解でしょ そりゃ。

(ジュニア)きた!
(ボタン)♪ピンポ~ン

(松丸)林先生。
もう…。

(不正解のブザー)
違うか。

(澤部)あっ ジュニアさん。

(ボタン)♪ピンポ~ン
(松丸)ジュニアさん どうぞ。

(笑い)

(澤部)あれが生きてくる?
(中島)あれ 生きてるんですか?

(中島)そうだ!
(澤部)勝てないですよ。

(松丸)1つ ヒントを出すと…。

(澤部)服でいいのね?
(松丸)服に注目しましょう。

制服ってことですか?
(松丸)制服ですね はい。

(ボタン)♪ピンポ~ン
(松丸)林先生。

100ポイントですよ これ。
(中島)ヤバい。

正解です!
(正解のチャイム)

(澤部)それだけ?

(松丸)
林先生 見事 そのとおりです。

看護師の残業の大きな原因
それは…。

そこで…。

(松丸)さらに…。

他の人と比べて…。

(松丸)そうすると…。

いや すごいわ。
いや~ すごい!

(丸山)すごい。
(中島)すごい。

さぁ というわけで
3ポイント 対 2ポイントで

ゲストチームの勝利となります!

100じゃないんですか?
100じゃないの?

(ジュニア)あの くだり…。

(澤部)あんな しょうもないことは
許さないと。

賢人…。

1人目は。

(SAM)♪~ そもそも武略の

それが…。

YouTubeの…。

実は 今…。

今までの能の概念を覆す…。

東京2020オリンピック
パラリンピックの期間中

能楽祭が開かれるなど

日本のみならず…。

そんな 能の魅力に取りつかれ

本業の傍ら
能の練習に汗を流し

時間があれば 能の研究を行う。

そして ついには

昨年 初舞台を踏み 正式デビュー。

今 芸能界いち
能に熱いSAMさんが…。

おぉ~! よぉ~!

(佐野さん)♪~ そもそも武略の

♪~ 誉の道

♪~

お願いします。
よろしくお願いします。

鳥肌立っちゃった。
ぜいたくな。

…ことが分かって。

…やってみようかなと。

それが おいくつのときですか?

ちょうど 1年前ぐらいですね。
(ジュニア)へぇ~ そうなんや。

さぁ その…。

ぜひ…。

(SAM)これは 『鞍馬天狗』という
演目なんですけど…。

へぇ~。
(SAM)で あの…。

(SAM)明るい照明なんで…。

じゃあ その中での…。

(澤部)
あっ KOOさん いなかった。

(澤部)師匠!

(SAM)今回
来ていただいたんですけど。

佐野 登先生ですね。

師匠…。

とても こう…。

(佐野)ですから…。

できるようになりました。
(ジュニア)やっぱ そうなんや。

すり足っていうのが
あるんですけど それが まず…。

へぇ~。

TRFのダンサーとして…。

どの辺りが難しいのか
SAMさんが…。

ちょっと こう 膝 曲げて
前傾になって

これで こう グッと 顔 上げる。

普通に こう。

歩くんですけど。

これが…。

(ジュニア)何か 不思議な動き。

そう まぁ…。
(澤部)ロボットの。

(SAM)まぁ 僕らでいうと…。

最初 だから
見れば見るほど難しくて

こうなっちゃうんです
こういうふうに。

こういう。
(ジュニア)えっ。

そうなんですよね。
(澤部)それに慣れちゃってるから。

逆に ものすごく…。

それを…。

…のかもしれないですね。
そうかもしれないですね。

ちなみにですね 皆さんの中で…。

(澤部)ない。
(ジュニア)ないわ。

林先生 どうですか?

で もう 20年ぐらい前に
見に行きましたけど…。

能って。

イメージみたいな もう 動き方が。

それは あれですよね。

(SAM)どっちかというと…。

(SAM)…のほうですね。

(丸山)すいません!
(澤部)すごい困っちゃう。

一見 同じように見えますが

能と狂言は 大きく違うという。

そこで。

(拍手)
(清水さん)よぉ~!

あんな…。

やってくれるんですか?
すごい方々なんですよね?

(SAM)すごいことなんですよ
これ ホントは もう。

まずは 演目の内容なんですけど

狂言は どっちかというと…。

(SAM)いわば 現代でいう…。

(中島)コント。
(川合)コントか。

(SAM)それに対して
能は何だと思いますか?

違いますね。

(SAM)全て…。

(丸山)あぁ ミュージカル。

例えば
お酒 ついだりするときに…。

…というのを
言えちゃうんですけど。

微妙な その お酒1杯つぐとか

ちょっと つぐとか
っていうのも…。

(中島)難しい。

(SAM)だから あの 僕の師匠が…。

たまに お酒 飲んだり
するらしいんですけど。

「いいよな!」とかっていうのを
よく言ってるらしいです。

(笑い)

他にも 登場人物は

狂言が 街の人々なのに対し

能は。

(一同)へぇ~!

さらに 上演時間が…。

…と 少し長め。

そして 中でも SAMさんが

最も注目してほしい違いが。

(SAM)狂言のほうが…。

(SAM)能がですね…。
(澤部)能は どうだ?

(澤部:ジュニア)あぁ~。
(笑い)

(中島)そんなことないですよ
頑張って起きますよ。

(SAM)まぁ これ…。

(SAM)
これ 失礼な話なんですけど…。

(ジュニア)へぇ~。
(川合)やっぱ 寝るんだ。

やっぱり…。

すごく…
さっき言ったように 表現が…。

(SAM)ちょっと動いたりとか
するんですよね。

(ジュニア)
でも 明るいわけですから…。

(ジュニア)
師匠 例えば どうなんですか?

(佐野さん)イビキも…。

(ジュニア)やっぱ そうなんや。

僕…。

それは どうなんですか?

ホントに…。

(佐野さん)
時に こう うつろうつろ…。

(ジュニア)へぇ~。

それでは ここで

そんな能に関する…。

能の代表的な型の1つに…。

…というものがあります。

(床を踏み鳴らす音)

その名のとおり…。

実は…。

…が されているんです。

(SAM)林先生 足拍子を
効果的に見せる仕掛け

一体 何だか分かりますか?

これは知ってます。

(丸山)すごい すごい。

足拍子を
効果的に見せる仕掛けは

現代でいう スピーカーの役割を
果たすものだった。

(中島)なるほどね。

能の足拍子を
より効果的に見せるため

舞台に施されている仕掛けとは?

最近 つくられた 新しいものは
どうか 分からないですよ。

もう 今は随分
音響技術が上がっちゃってるんで。

でも…。

あれが よりよく
響くようにするには…。

しかも それが もう…。

そういう調整をしながら…。

…って 話は聞きましたけども。

林先生…。

お見事です。
(澤部)おぉ~。

(丸山)
すごい! 全然 分かんなかった。

林先生のドヤ顔知識。

昔ながらの能の舞台には

足拍子を より
効果的に響かせるため

大量の甕が
埋められている。

ホントに これ スピーカーのような
役目をしてるんですね。

先生が おっしゃったように
角度とか

そういうのも
ちゃんと微調整して

配置とかも考えられて
やってたみたいですね。

続いては SAMさんが 能…。

(ジュニア)教えてほしい。
(丸山)気になる。

(SAM)先ほど…。

…ぐらいに下がると思います。
マジ?

実は ド派手な演出も存在する。

それが…。

(SAM)まずは ここを
よく見てください。

結構 激しい うおっ。

えっ?

うわっ すごい。

(SAM)実際…。

(川合)爪先…。
(中島)危なっ。

(SAM)そして 今
鐘が 上に上がります。

(SAM)先ほどの人と
衣装が替わってるんです。

早替えか。
(SAM)早替えなんです。

すごい。

鐘の中で 暗い中で早替えするんで
やっぱり いろいろ

これ 企業秘密で
教えていただけてないんですけど。

いろいろ あるんですね。

(SAM)
そして 僕も驚いたんですけど

よくコンサートとか
僕らの世界だと…。

やりますよね。

全く…。

(観客)えぇ~!
(SAM)なので

さっきの鐘を落とす人も あれ…。

(中島)危なっ!
えぇ~ 怖い!

能楽師は プロの集まりなので…。

…という考えだといいます。

でも…。

やっぱり ジャンプして

着地したときに
落ちるんですけど

そのタイミング ずれれば…。

うわ~ ヤバい。

(SAM)
そういうのも分かって見ると

今の 『道成寺』なんかは…。

そして 最も…。

それが…。

…が されているんです。

その中には…。

…存在するという。

結構 見たことあるもの
ありますよね?

(中島)ありますね。

(SAM)これ…。

女性が怒ったときの。

えぇ~ そうなの。
(澤部)男じゃないんだ。

(SAM)こういうね 種類の能面が
たくさん あるんですけど…。

じゃあ ちなみに…。

(澤部)全然?
もう 全く。

(ジュニア)へぇ~。
(SAM)さらに…。

それが こちらです。

(ジュニア)すごそうやな。

(澤部)雰囲気はね 分かりますね。
(SAM)こちらが…。

(SAM)最も古くから存在する能面
といわれてます。

これ ホント…。

…とかって
あったりするんですか?

僕 まだ そこまで… もう…。

へぇ~。
(SAM)まず こう…。

…っていうのが 今の目標ですね。

それでは ここで

そんな能面に関する…。

全ての…。

実は。

(観客)えぇ~!
(丸山)何で?

どの能面も 顔より少し
小さく作られています。

林先生 これ
何で小さく作られているか

ご存じでしょうか?

大体 こう 何か
顎の所で留まってる

こういう感じで
つけてる印象ありますよね。

(丸山)すごい。

写真とか映像を見ると

必ず ここの所に
こう はまってるんですよね。

だから…。

お面が動いてるって感じに
なりますよね。

うん なるほど。

(笑い)
(ジュニア)あっ!

それも もちろん あるんですが。
(澤部)それも もちろん ある?

林先生 それじゃあ。
もうね…。

(澤部)よくぞ そこまで。

能面が
顔より小さく作られている理由。

それは 林先生が答えた…。

…に あるんです。

(SAM)能面が
小さく できている理由は…。

(中島)あぁ~。
(SAM)…ということなんです。

(SAM)能は 狂言と違って
言葉の制限があるために

少しでも体で表現するために
考え出されたのが

能面を小さくする。

ここが初耳ポイント。

顔が 全部 隠れるものと
見比べてみると

やはり 通常の能面のほうが

躍動感があるように見えます。

(SAM)ホントに…。

(拍手)

賢人…。

2人目は。

昨年 猛威を振るった…。

日本各地に
甚大な被害をもたらし…。

そこで活躍する人たちが…。

あっ すごいな。
(澤部)これは すごいな。

芸能人でありながら…。

被災地を訪れては 防災のあり方や
事前の準備方法などを提唱。

今回は…。

…をお教えします。

(赤プル)どうも お願いします。

よろしくお願いします。

全然 知らんかったわ。

そうですね 何か
私が 防災士っていうと…。

…なんて
言われたりするんですけども。

茨城らしい。
(赤プル)全く あの…。

着用して。

(赤プル)そうなんです 今日は
かぶって やらせていただきます。

さぁ ということで
今回 防災士 赤プルさんが

伝えたいことが こちらです。

(赤プル)…とか
思ってると思うんですけども。

(中島)そうなんだ。
(赤プル)そもそも 避難所って

早い者順に入れる
システムなんですね。

これ ちょっと
問題だと思うんですけども。

さらに 寝具が まず なければ

食べ物も ないことが
ほとんどなんですよ。

私の地域なんかが
配られるのが…。

(赤プル)これはね ホントに大変。

…っていう がっかりポイントです
これは はい。

今回は そんな…。

次々と出題。

まずは 避難所に関する…。

こちらの 3つのもの。

私の経験上なんですけれども…。

(赤プル)この 3つのうち
どれでしょう?

ちょっと いいですか?
これ 大体 これ 大体…。

あっ アルミ箔。

(赤プル)林先生 これは
ご存じなかったですか?

これ 何ですか?
(赤プル)こちらは

保温をするための
体を ちょっと こう。

(赤プル)さすがですね 川合さん
ご準備されてる方ですね きっと。

(ジュニア)どれやろう?
(澤部)…と ラーメン カップラーメンと。

やっぱり コンロかなと
思いますけどね。

だって みんなが密集してる所で
使われたら迷惑ですよね。

(赤プル)林先生…。
はい。

全然 違います。
あっ 違うんですか。

(澤部)あれ?
(丸山)違うんだ。

コンロだと思った。
(澤部)ラーメン?

正解は
こちらに ご用意したもの…。

あっ 全部。
(赤プル)全部。

なぜかといいますと じゃあ まず
こちらのカセットコンロです。

今 林先生も
おっしゃってましたけれども…。

(赤プル)さぁ そして 続いての
こちらの保温シート。

一見 こちら とても
いいもののように見えますし

私も 実際 持ってるものでは
あるんですけども

実際に 避難所に行ってみますと。

(保温シートの音)

分かりますか?

この音で やはり
トラブルの原因になります。

(中島)なるほどね。

(赤プル)はい 皆さんに
ご用意いただきたいのは

こちらのビニールカッパです。

(赤プル)はい これ
百均でも売ってるんですよ。

これを お洋服の中に着込むと
とっても…。

それは知らなかったな。

そして…。

私は…。

(赤プル)
意外だと思うじゃないですか。

避難所に行ったときには
大体…。

ようなことが多いんですけど
それによって…。

逆にね。
干し芋って言いましたけれども

乾燥野菜だったりとか
ドライフルーツ。

こういったものから ビタミン
ミネラルを取れるような。

なるほどね。

続いて 防災に関する…。

(赤プル)こちら…。

(丸山)全然 分かんない 何?

帰宅したら この状態。

災害時…。

(丸山)全然 分かんない 何?

(赤プル)おぉ~ 林先生…。

(澤部)写真?
(中島)何で?

まず どういうふうになったか
っていうのを きちんと…。

(赤プル)はい そうなんです。

まず すぐに 片付けたくなって
しまうとは思うんですけれども…。

…っていうのを 皆さん
聞いたことあると思うんですけど。

なるほどね。

保険会社も そうなんですけども
自治体ですね。

半壊 全壊っていう言葉も
聞いたことあると思うんですが

それを認定するのが
被害の大きさなんです。

どのような形で 被災を
受けたのかっていうことを

証明するものになっていくんです。

実際に 家も…。

この写真を
撮っておいたことによって…。

(赤プル)…っていうようなものを
受けたことがあります。

続いては…。

災害時に備えて 常に…。

しかし 時には…。

そんなとき…。

はい ということで こちらね

家の中に よくあるものが
並んでますけれども

例えば 突然 停電になったけど…。

(赤プル)この中に ランプの
代わりになるものがあるんです。

中島さん 分かりますか?

えっと 何か あの…。

(中島)入ってませんでしたっけ?
(澤部)発光する?

(赤プル)でも…。

(中島)缶とか
違いましたっけ?

中島さん。
(澤部)合ってんだ。

(赤プル)ここに 穴を開けて

ティッシュなどで丸めた
芯を刺して。

そうすると
油が吸い上がってくるんですよ。

そこに 火をつけると
ロウソクと同じように。

(ジュニア)なるほど。
(澤部)これは すごいな。

(中島)そっか そっか。

そして…。

(澤部)クレヨンか。
(赤プル)こちらのクレヨンは…。

(川合)燃えるの?
(赤プル)燃えるんですよ。

(ジュニア)直で いけんのや。

(赤プル)ただ…。

まぁ そうですよね。
(赤プル)なので ホントに…。

続いて
停電時の行動に関する…。

突然の…。

部屋全体が…。

そんなとき 意外な…。

一体
何と組み合わせればいいのか。

どっちだろう?
(赤プル)どっちだろう。

何個か候補がありますか。
(川合)まぁまぁね。

バブル時代の
ディスコの原理ですよね。

(赤プル)なるほど。
(澤部)まぁまぁ …っぽいけどな。

もう1個 考えられるのは。
(赤プル)はい。

ここを通すと。
(川合)おぉ 明るい。

まぁ こっちか。
(澤部)明るい。

(赤プル)林先生…。

あっ 違うんだ。
(澤部)惜しいか。

実は こちらの…。

林先生が 今 お答えいただいた
こちらの…。

(赤プル)やってみますね。

はい こんなもんです。

(澤部)ちょっとだ。
(ジュニア)ホンマに ちょっとやね。

(赤プル)
ほんのちょっとでございます。

振って。

(赤プル)
こう白く濁りますね お水が。

まず ただの懐中電灯だと
どのぐらいの明るさなのか。

照明 落としてもらっても
いいでしょうか。

はい 普通の懐中電灯だと
こんな感じです。

分かりますか? こんな遊び
よくね やりましたよね。

では 続いて ペットボトルに
牛乳を入れたものを

こちらの上に置いてみます。

(一同)うわ~!
見てください。

(ジュニア)すげぇ!

ペンライトみたい。
(澤部)ホントだ。

どうですか?
全然 違う。

これは…。

より明るく見せているから。

通常の水に比べて 格段に
周りを照らすことができるんです。

それでは 防災に関する…。

昨年…。

非常に強い台風19号…。

そこで。

最新です
林先生 ご存じでしたか?

(赤プル)えっ?
(ジュニア)にんまり。

今年 導入予定の新システムは…。

今年 導入予定の…。

うまいなと思ったんですよ。

そうすると…。

もう 100人ですよ 200人ですよ
って こういうふうに…。

って動くのが
日本人ですから その…。

これはニュースで見ました。

林先生 その説明…。

お見事です。

(赤プル)さすが。
(澤部)それは 確かに そうだな。

林先生 今回
聞いてみて いかがでしたか?

やっぱり…。

だって…。

そのへんは…。


関連記事