情熱大陸【澤芳樹/「心臓病では死なせない」iPS細胞で切り開く再生医療の未来】心臓そのものの力”で機能回復…


出典:『情熱大陸【澤芳樹/「心臓病では死なせない」iPS細胞で切り開く再生医療の未来】』の番組情報(EPGから引用)


情熱大陸【澤芳樹/「心臓病では死なせない」iPS細胞で切り開く再生医療の未来】[字]


心臓血管外科医/澤芳樹▽「心臓病患者は、ほぼ心不全で亡くなる」移植もしくは人工心臓でしか治せない疾患を“心臓そのものの力”で機能回復させる世界初の治療法に挑む!


詳細情報

番組内容

「心臓病を、心臓そのものの力で機能回復させる」世界初の画期的な治療法に挑戦してきた心臓血管外科医、澤芳樹。2007年に重症心不全の患者に患者自身の筋肉から培養した世界初の心筋細胞シートの手術を行い、2016年には保険適用に。去年は、さらに普及しやすい治療法「細胞スプレー法」の治験を開始。そして今、心筋細胞シートを進化させた画期的な治療法の治験を目指している。強い意志を貫き、闘い続ける日々を追う!

プロフィール

【心臓血管外科医/澤芳樹】 1980年3月大阪大学医学部卒業、同大医学部第一外科入局。1989年ドイツのMax-Planck研究所心臓生理学部門、心臓外科部門に3年間留学。2006年、大阪大学心臓血管・呼吸器外科教授および大阪大学医学部附属病院未来医療センターのセンター長に就任。心筋細胞シートによる治療法を開発する。現在、大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科教授、日本再生医療学会理事長。64歳。

制作

【製作著作】MBS(毎日放送)

公式HP

【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/

関連公式URL

【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/


『情熱大陸【澤芳樹/「心臓病では死なせない」iPS細胞で切り開く再生医療の未来】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

情熱大陸【澤芳樹/「心臓病では死なせない」iPS細胞で切り開
  1. ヤァ
  2. iPS細胞
  3. 再生医療
  4. 手術
  5. 心臓
  6. 医師
  7. 患者
  8. 心筋細胞
  9. 細胞
  10. 移植
  11. 筋肉
  12. 世界
  13. サンキュー
  14. スターウォーズ
  15. チーム
  16. 可能性
  17. 議論
  18. 心筋シート
  19. 心筋細胞シート
  20. 男性


『情熱大陸【澤芳樹/「心臓病では死なせない」iPS細胞で切り開く再生医療の未来】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

<科学の力は 遠かった夢を

次々 実現してきた>

<医療の最先端も 例外ではない>

<彼が臨んだ手術は

外科医という肩書からは
想像しにくいものだった>

<患者は 重度の心筋症>

<心筋の血管が詰まり
壊死しかけている>

<従来なら 人工心臓に頼るか

移植を待つか…>

(医師)
常温にしてえぇんやったっけ…

細胞

(澤)もうやろうや

<医師たちは スプレーと呼ばれる
器具の準備を始めた>

(医師)大丈夫です いきま~す

<まず 充填するのは

幹細胞を含む 特殊な液体>

<続けて 医療用の のり>

(医師)
もう 先っちょ付けてもらって

(医師)いきますね~

<2つの液体を
同時に患部に吹きかける>

<患部に付着させた幹細胞は

そこで
新たな毛細血管を形づくり

血流をよみがえらせるのだという>

<いわゆる 再生医療の一つだった>

そういうことで よろしく…

<メスを振るうことなく 手術終了>

<心臓における
再生医療のパイオニアは

つい6日前にも

世の中を驚かせる記者会見を
行った>

…なというのは 期待でございます

<あのiPS細胞から

なんと 心臓と同じように

自ら拍動する心筋細胞を
作り出し…>

<それを 患者の心臓に移植した>

<無論 世界で初めての試みだ>

<道のりは 長かった>

<iPS細胞の生みの親
山中伸弥教授との共同研究に

10年余りを費やした>

<私たちの未来を変える 再生医療>

<その最前線で 澤は言う>

<「夢は かなえてこそ
意味がある」と>

♬~

<心臓外科医・澤 芳樹は

大阪大学医学部附属病院を
拠点としている>

<出勤は 午前6時半>

<率いるチームは
学内で最も朝が早い>

まぁ あの ワーク組は割と…

<白衣に着替えると

自分自身で
お茶とコーヒーをいれた>

<これが 朝の日課>

<教授室は
はっきり言って 雑然としていた>

<10代で「スターウォーズ」に
感動して以来

シリーズ全作品を見ている>

<筋金入りのファンだった>

<午前7時には
部下たちが待つ会議室で

カンファレンスが始まる>

(英語)

<グローバル社会を見据えて

予定される手術の
方針説明などには

英語が使われていた>

<他の病院に派遣している医師や
研究者などを含めると

束ねる部下は 総勢200人を超える>

<患者は 心臓弁膜症>

<一とおり聞き終えた澤が

更なる情報を求めた>

仕事は

<よりよい治療は
患者を知るところから始まる>

お疲れさん

(男性)え~っとね 座るところ…

<医師であると同時に
澤は 指導者でもあった>

<この日は 医学部生の手技の実習>

…で 必ず こっちの手は
鑷子ない? ピンセット

これか… はい
これしかないな ちっちゃい

そうそう そうそう
そうそう そうそうそう!

…で こうやって引っ張って
くくって

(学生)お~
こうやって

これで こっち側から…

これで ず~っと…

目ぇつぶって

<彼の真骨頂は
心臓における再生医療にある>

<重度の心筋症を患う男性が

手術を待っていた>

心臓が もう…

今日も先生 言われたんですけど…

<かつて こうしたケースでは

心臓移植や人工心臓に頼るしか
道はなかった>

<だが 澤が編み出したのは
全く違うアプローチ>

<手術は2回>

<1回目は なぜか
太ももの筋肉を切り出すまで>

<この わずかな筋肉が

再生医療の要だった>

<太ももの骨格筋を形成する
細胞は

心筋によく似た性質を備えている>

<2か月ほど培養して

シート状にしたものを
心臓に貼り付ければ

心機能が回復するのではないかと
考えたのだ>

…いうふうに
まぁ 仮説を考えて

…で そこから まぁ
始めたんですね

<骨格筋細胞に
いくつかの薬品を加え

直径5センチほどの
心筋細胞シートを開発>

<それが 2007年のことだ>

<こうして 画期的な再生医療の
手法が開けた>

さてと そしたら…

<2回目の手術は

心筋細胞シートを
心臓の患部表面に貼り付けるだけ>

<患者の負担も軽い>

<心臓に貼り付けられた
シートからは

筋肉を修復するタンパク質が
分泌される>

<やがて 心筋細胞が再生すると

本来の心機能が戻ってくる>

<臨床の現場に立ちながら

絶えず
科学の可能性を模索すること>

<それを 己の使命としてきた>

ご苦労さん はいはい
(学生)ありがとうございます

これは すごい…
すごい あらたまった会やな

僕 正直…

一人一人 違うのね

テーラーメイドなのね 基本は

<内科医だった祖父に憧れた>

<心臓外科を選んだ理由が
ふるっている>

<「体力に自信があったから」>

<大きな転機はドイツ留学だった>

<ノーベル賞受賞者を
30人以上も輩出してきた

マックス・プランク研究所で

外科医にも研究が必要なのだと
痛感した>

<心筋細胞に没頭していた 2008年>

こんにちは

<澤は 山中伸弥教授の
iPS細胞に注目した>

<共同研究を申し出た時の映像が
残っている>

あっ お世話になっております
どうも

あ~ そうですか

そうですね…

<澤は 山中が中心となり
京都大学で作られている

iPS細胞の提供を
受けることになった>

<太ももの筋肉ではなく

iPS細胞から
心筋細胞シートが作れれば

再生医療は更に進化する>

<この細胞が
未来を一気に引き寄せた>

<iPS細胞は

人間の さまざまな組織や
臓器の細胞に成り代わり

無限に増殖する性質を
秘めている>

<澤は iPS細胞に
数種類のタンパク質を注入して

心筋細胞に変化させる方法を
見つけ出した>

(小田さん)これが
その 同じものなんですけど

<試行錯誤の末に生まれた
心筋シートは

驚くべきことに

それ自体が
拍動する特性を備えていた>

あの…

結局…

<だが 問題は その安全性>

<澤のチームは
動物実験を繰り返した>

最近のデータというか…

いいですか?
どうぞ    はい

使う細胞っていうか…

<培養の過程で
がん化する可能性があるiPS細胞>

<そのリスクを
どうしたら取り除けるか>

<iPS細胞を
心筋細胞に変化させる時

抗がん剤を活用することで
ようやく治験へのめどが立った>

<それが 2年前>

<2018年5月>

<iPS細胞から作った心筋シートを
人に移植する手術が

厚生労働省から承認された>

<朗報を聞いて
山中が 澤を訪ねてきた>

あ~ わざわざ
どうもありがとうございます

申し訳ありません
よろしくお願いいたします

来ていただいて
こっちから行かなあかんのに

いえ とんでもないです

ありがとうございます
はい あの…

ちょっと写真 撮っとこか
記念写真を…

記念写真… 写真 ある?

<世界に先駆ける新しい手術>

≪(男性)いきま~す 3 2 1…

<チームは
この時から 準備を開始し

手術を受けてくれる患者の
選定に入った>

お世話になりました   すみません
気を付けてお帰りください

本日はありがとうございます
(2人)じゃ 失礼します

<再生医療のエキスパートには

海外で開かれる学会からも
声がかかる>

<出張先は
思い出深いドイツだった>

<留学中 再生医療の可能性に
気付かされた マックス・プランク研究所>

ハーイ!

<澤の試みは
ここでも注目されていた>

<学会の合間に
足を向けた場所がある>

懐かしいですね

ここに住んでたんですよ この…

この 3階の左っかわの家に

<カメラを構えようとした その時>

ヤァ グーテンターク!
(サワ)ヤァ!

ヤァ ヤァ ヤァ ヤァ
サンキュー ベリーマッチ

ヤァ ヤァ ヤァ ヤァ…

<当時の同僚が

今も同じアパートに暮らしていた>

ヤァ ヤァ ヤァ ヤァ

イヤァ… ヤァ ヤァ ヤァ ヤァ
サドゥンリィ

ヤァ ヤァ オフコース オフコース

イエス イエス

ネバー チェンジ?
ネバー チェンジ

ネバーチェンジ リアリー?

<見かけばかりではなく
志も変わらない>

オーケー!   サンキュー!
サンキュー!

<今年1月>

<ついに
iPS細胞による心筋シートの

移植手術が行われた>

<用意されたシートは 3枚>

<重症の心不全患者に

合わせて ざっと1億個の
心筋細胞が 移植された>

もう 行こっ
もう 行こっか?

<6日前>

<患者の容体安定を見届けた上で
開かれた記者会見>

…という状況でございます

これは…

<世界初の移植手術だけに
記者からは こんな声も上がった>

(記者)いろいろ…

まだ 議論があると言ってますが…

そうした 「議論がある中で」と
おっしゃる議論は

何なんですか?というのが
私の質問なんですけど…

質問したいんですけど

…と
ご理解いただきたいと思います

<澤は どこまでも毅然としていた>

<人の命を預かって
未知の冒険はできない>

<確信を胸に
新たな扉を開けたのだ>

<澤には 研修医になって間もない
次男がいる>

<親子で 「スターウォーズ」の
最新作を楽しんだ>

まだ 頭から離れてないですね
「スターウォーズ」の世界に…

2時間半 見てたら

その世界の中で
なりきってるような…

面白かった?
面白かった

初めて ハッピーエンドで
終わったんじゃないかな

(スタッフ)あ~

エピソード6は… シックスは
割と ハッピーエンドやな

7 8はね 中途半端に…
1 2 3も…

<フォースに惹かれる
心臓外科医は

これからの再生医療に
どんなエピソードを描くのだろう>

<ニックネームは

「ジャンプ界の宇宙人」>

<スキージャンパー 小林陵侑>

<次元を超えた飛距離に
ニックネームは…>


関連記事