沼にハマってきいてみた「ビートボックスバトル」全国チャンピオンやアジア3位など、日本屈指のプレイヤー4名が…


出典:『沼にハマってきいてみた「ビートボックスバトル」全国チャンピオン』の番組情報(EPGから引用)


沼にハマってきいてみた「ビートボックスバトル」[字]


生放送でビートボックス対決!全国チャンピオンやアジア3位など、日本屈指のプレイヤー4名が集結!あのアニメがビートボックスに!?スゴ技のオンパレードを見逃すな!


詳細情報

番組内容

プッププー♪どっどっ♪チュクチュク♪人間の口を楽器代わりに音楽を奏でる「ヒューマンビートボックス」。全国チャンピオンやアジア3位など、日本屈指のプレイヤー4名が集まり、トーナメントで一番を決める「ビートボックス沼バトル」を開催!ジブリなど「アニメの世界」をビートボックスで表現するという難題に挑む。審査員には、HIKAKINも認めるヒューマンビートボクサー・Daichiも登場!優勝するのは誰だ!?

出演者

【審査員】Daichi,TATSUYA,【出演】DORE,Shimo-Ren,Kohey,momimaru,【司会】高橋茂雄,桜井日奈子,【語り】小野寺一歩,【声】伊東健人


『沼にハマってきいてみた「ビートボックスバトル」全国チャンピオン』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

沼にハマってきいてみた「ビートボックスバトル」全国チャンピオンや
  1. ビートボックス
  2. 高橋
  3. 桜井
  4. Daichi
  5. ビートボックス界
  6. 生放送
  7. 大会
  8. TATSUYA
  9. バトル
  10. ビートボックス沼
  11. HIKAKIN
  12. YouTube
  13. アツ
  14. お互い
  15. コラボ
  16. ザワザワ
  17. スタジオ
  18. ツイッター
  19. トーナメント戦
  20. ネット動画


『沼にハマってきいてみた「ビートボックスバトル」全国チャンピオン』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

高橋≫かっこいいね!

桜井≫きょうの生放送は
「ビートボックス沼」です。

(ビートボックス)

桜井≫改めてご紹介しましょう。

ビートボックス界の神
Daichiさんと

TATSUYAさんです。
高橋≫すごいことになってるな。

口の中にメカが搭載されてなきゃ
おかしいよ。

生身の人間の
やるこっちゃないですよ。

桜井≫さらにDaichiさんは
HIKAKINさんとの

コラボでも有名です。

YouTubeで
2000万回以上再生されてます。

高橋≫2000万回再生
すごいね。

Daichi≫
ビートボックスゲーム

っていうお互いがやった
ビートを

まねしあうっていう
遊びなんですけど

口だけで遊ぶことができちゃう。

高橋≫ビートボックスの

すごい人がいたら
なんにもいらんのや!

ただただ舌さえあれば
いけるっていう。

桜井≫そんなビートボックスの
盛り上がりは

ネット動画だけじゃありません。
こんな大会が今

ビートボックス界では
アツいんです!

≫10代・20代の
ビートボクサーに

今、大人気なのが、バトル!

全国各地で大会が催され
ブームとなっている。

(歓声)

(ビートボックス)

(ビートボックス)

(ビートボックス)

≫今夜は、この…

スタジオには
国内外の大会で入賞してきた

日本屈指の実力者4人が集結!

トーナメント戦で頂点を決める!

高橋≫えー!すげえ!

とんでもない企画が

きょう、始まりましたね!

これはちょっと
ビートボックス界も

ザワザワしてるんじゃないですか。
生放送で、これは。

TATSUYA≫生放送で
地上波で流れるのは初です。

(ビートボックス)

おっしー≫どうも
「ビートボックス沼」の住人

おっしーです!
きょうは、おっしーが

バトルの進行を担当するぞ。
よろしく!

高橋≫おっしーも、できるんやね
ビートボックスが。

おっしー≫ちょっとだけ。
高橋≫できてました。

おっしー≫番組では
ツイッターも大募集。

ビートボックスバトルへの感想や
出演者への応援メッセージを


関連記事