有吉ゼミ 潔癖第7世代集合 人気芸人兄のゴミ屋敷を片付け・宮下草薙の潔癖生活・コジマジックの超収納御殿…


出典:『有吉ゼミ潔癖第7世代集合SP▼人気芸人兄のゴミ屋敷を片付け▼宮下草薙の潔癖生活』の番組情報(EPGから引用)


有吉ゼミ潔癖第7世代集合SP▼人気芸人兄のゴミ屋敷を片付け▼宮下草薙の潔癖生活[字]


第7世代人気芸人の兄の壮絶ゴミ屋敷をワタリがレスキュー▼宮下草薙の超潔癖(秘)ネタ合わせ▼世界一DJ松永の自宅にオードリー春日訪問で大激怒▼コジマジックの超収納御殿


詳細情報

出演者

【教授】有吉弘行

【秘書】水卜麻美(日本テレビアナウンサー)

【ゲスト】古川雄大

【ゼミ生】坂上忍、博多華丸・大吉、矢作兼、ギャル曽根、あばれる君、ミキ、ワタリ119、トム・ブラウン、佐藤満春、収納王子コジマジック、DJ松永(Creepy Nuts)ほか

【ロケ出演】春日俊彰(オードリー)

番組内容

潔癖第7世代集合SP

①第7世代人気芸人の兄の家が壮絶ゴミ屋敷!ワタリと佐藤満春が本気でレスキュー大片付け!10時間で片付くか?

②宮下草薙の超潔癖ネタ合わせ!同じアパートの草薙に宮下除菌スプレー連続噴射

③DJ世界一!話題のアーティストCreepy NutsのDJ松永自宅にオードリー春日が訪問で激怒&潔癖ミキ亜生とバトル

④収納王子コジマジックのこだわり過ぎ、収納御殿!矢作驚きの整頓術&(秘)計画も

監督・演出

【企画・総合演出】橋本和明

制作

【チーフプロデューサー】横田崇

【統括プロデューサー】秋山健一郎

【プロデューサー】横澤俊之

【制作協力】えすと、AXON、極東電視台

おしらせ

YouTube日テレ公式CHで

「四千頭身の世界で生配信やってみた」アーカイブ配信中!

詳しくは有吉ゼミTwitterへどうぞ!


『有吉ゼミ潔癖第7世代集合SP▼人気芸人兄のゴミ屋敷を片付け▼宮下草薙の潔癖生活』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

有吉ゼミ 潔癖第7世代集合 人気芸人兄のゴミ屋敷を片付け・宮下
  1. 佐藤
  2. コジマジック
  3. ワタリ
  4. 智乙
  5. 布川
  6. スタジオ
  7. 宮下
  8. 松永
  9. 矢作
  10. ヤバ
  11. ホント
  12. 有吉
  13. 収納
  14. 片付
  15. ウソ
  16. キレイ
  17. ゴミ
  18. ゴミ屋敷
  19. リビング
  20. 奥様


『有吉ゼミ潔癖第7世代集合SP▼人気芸人兄のゴミ屋敷を片付け▼宮下草薙の潔癖生活』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

(水卜) 『有吉ゼミ』!
(有吉) 開講!

<今夜は…>

<今回 『有吉ゼミ』に…>

<しかも その住人は…>

<一体 誰なのか?>

<サトミツこと…>



(佐藤) 来た 来た 来た…
痛い 痛い 痛い。

(佐藤) ウソだろ。
(ワタリ119) うわ ヤバっ。

(佐藤) 智乙さん。

<そう 家主は
今 プチブレイク中の芸人

「トム・ブラウン」布川の兄
智乙さん>

<現在 タクシー運転手
として働いている>

(佐藤)
お兄さん 今 ここ…。

<ドアを開けるや否や
あふれ返る ゴミの山>

<なぜか 玄関に…>

<使っていない…>

(布川) 最高じゃ ない!

<…と 興奮するのも無理はない>

<…するほど 片付けが大好き>

(佐藤) これ でも…。

(佐藤) これは…。

(佐藤) ここ 玄関なの?

(ワタリ) うわ~ もう…。

≪カバンとかが いっぱい≫
(佐藤) よっ!

うわ すごい!

う~わ
こんなことになってるのか。

(ワタリ) ウソでしょ。
(佐藤) えっ これ…。

ウソだろ。

<床は 一面 ゴミで
足の踏み場は皆無>

<さらに 6畳の…>

(ワタリ) うわ 何か ここら辺…。

(みちお) あ~!
≪リモコン 注意 リモコン 注意≫

<リビングも ゴミの山>

<この部屋に住んで…>

≪ヤバい≫

<小さい頃は しっかり者で

布川 憧れの兄だったが

1人暮らしを始めると
見る見る だらしなくなり

いつの間にか
ゴミ屋敷で生活を>

(智乙さん) ここに。
(佐藤) どこに?

(佐藤) 下に?

(佐藤) 今…。

(佐藤) ウソだ!
申し訳ない すいません。

<ほとんど
ゴミ出ししないそうで

実に 70cmも蓄積>

<ベッドも ゴミの奥深くに>

こんな感じで こんな感じで はい。

(佐藤) マジですか。
≪ウソだろ≫

<と ここで サトミツが…>

(佐藤) 大体 弁当を食べてますね
でも…。

(ワタリ) 部屋 入ってから。

ケアっていうか まぁ…。

それで食べてるんで。

(佐藤) 電源が どこ あるか
分かんないし。

(智乙さん) ちょっと いいですか。

(佐藤) いや でも これはね…。

(ワタリ)
ホントに これ ヤバいっすよ。

<さらに>
(佐藤) これ 何? ちなみに。

(智乙さん) テーブルですよ。
(ワタリ) テーブル?

(智乙さん) テーブルですけど。

<そんな…>

<今回 ゴミ屋敷…>

(佐藤) 何か あったんですか?
理由は それは。

そうですね。

でも たぶん…。

(佐藤) 結構 入ってるね。

<そう このゴミの山から…>

レスキューしよう。
(布川) そうですね。

<片付けマニアのサトミツ
この汚部屋を

なんと 10時間で ピッカピカに
生まれ変わらせるというが…>

(佐藤) まず…。

(佐藤) まずは…。

<ゴミ出しの動線をつくるため

まずは 玄関と廊下に あふれる
荷物を片付ける>

(佐藤) 冷蔵庫かな これ…。

(智乙さん) この冷蔵庫は…。

(佐藤) じゃあ いいですかね。
(智乙さん) はいはい。

(佐藤) まず…。

(ワタリ) なるほど。

<そう ゴミ屋敷にしてしまう人は
物が捨てられない>

<そこで ここ半年の間に

使っているかどうかだけを
基準にし

使っていない物は
次々 処分することが大切>

マジで?
(スタジオ:ギャル 曽根) いつのお米?

(佐藤) うわ ヤバい!

<数々の現場を踏んで来た
サトミツ隊長も 大わらわ>

<その横で 兄は>

(智乙さん) 分かってる
分かってる 分かってる。

(智乙さん) 分かってる。

(みちお) これが…。

(みちお) あと…。

<続いて
リビングにある…>

(佐藤)
来ました これが…。

≪お願いします≫

(みちお) あれ? 開かない。

(みちお) 僕が開けましょう。
(佐藤) レスキュー。

いいよ。

(ワタリ) うわ ヤバっ。
(みちお) うわ 何 これ。

(佐藤) ハハハハハ!

≪ウソだろ≫
≪霜しかない≫

(布川) 見て 見て。

(佐藤) 俺たちは 何を…。

(智乙さん) すごい 何か…。

≪すごいよ これ≫

<この機会に…>

(ワタリ) レスキュー。

<…と ここで 意外な物が>

(佐藤) どうした?
どうした? お兄さん 何?

(智乙さん) うわ~。
(佐藤) どうした?

(智乙さん) 柔道やってた頃の…。

(智乙さん) はい お願いします。
(布川) これ 実は 僕…。

(布川)
僕が1年生の時に 3年生で

同じ団体戦で チーム組んで
頑張ってたんですよ。

その時の思い出の物を…。

(佐藤) 何だよ~。

<ようやく
ゴミ屋敷の床が見えて来た>

(布川) 智乙さん ここ…。

(布川) そうだね
使ってないもんね 使わないよね。

(布川) おぉ!

<リビングの大物が
片付いたところで

続いては…>

(ワタリ) めっちゃ…。

(佐藤) これ じゃあ。

(佐藤) 手で こう ごっそり
っていうことでございますんで。

≪これは いいですね≫

<落ち葉拾いなど…>

<一気に
大量のゴミをすくい上げ

残したい物が入っていたら

中から
必要な物だけ 抜き出して

他は 全て そのまま ゴミ袋へ>

<…と ついに>

(みちお) あれ?
(佐藤) どうした?

(佐藤) おぉ すごい!
(みちお) 見えた。

(布川) あった あった。
(みちお) やった!

<しかし>

(佐藤) だいぶ この…。
≪うわ すごいな≫

≪うわ ヤバっ≫

(智乙さん) そうですね これは…。

(佐藤) 捨てよう。

<と…>

(布川) あれ? これ…。

(布川) 行っちゃうよ。
(智乙さん) 分かった。

<さらに サトミツの裏技で…>



<と…>

(布川) 行っちゃうよ。
(智乙さん) 分かった。

<長い間 捜していた 銀行の…>

<一同 大喜び>

(智乙さん) これ 何年ですかね?
いや ちょっと もうホント…。

<…と ここで>

<なんと…>

(佐藤)布川がそう言うんだから…。
(布川)はい 大丈夫です。

<布川の迅速な判断で
スピードアップ>

<作業すること 実に 4時間半>

<床一面 物で あふれ返っていた
6畳ワンルームが

ようやく 空っぽの状態に>
(スタジオ:曽根) すごい!

<片付けは済んだものの…>

<果たして…>

<まずは…>

(佐藤)
あるじゃないですか これ…。

(佐藤) これは…。

(ワタリ) サビ カビ?
(佐藤) はい 分析すると…。

<引っ越しして 一度も…>

<隊長サトミツいわく これも…>

そうですね。

(佐藤) …を使います。

(佐藤) で いいんですが
こちら…。

<そう 超…>

<…で 解決>

(佐藤) 私が 今から…。

(佐藤) キッチンペーパーを…。

<料理をしていないキッチンでは
水アカや 石けんカスなど

アルカリ性の汚れが ほとんど>

<そのため たっぷり染み込ませた
クエン酸で 汚れを中和させれば

面白いように
落ちるというのだが>

<ここで 取り出したのは>

(佐藤) ジャン。
(ワタリ) うわ。

…をして行こうと思います。

<プロの清掃業者も
使っているという…>

<スポンジなどでは…>

(佐藤) まず キッチンペーパー
剥がしましょうか。

だいぶ溶けてますね。

そうしましたら いわゆる…。

<実は この…>

(佐藤) ワタリさん ここ
真っ黒だと思うんですが…。

(ワタリ) 行きます。
はい。

(ワタリ) めっちゃキレイ!
(佐藤) ヤバいでしょ。

(ワタリ) すごっ!

(ワタリ) これ めちゃくちゃ いい!

<拭き取ってみると>

(佐藤) よいしょ~。
(ワタリ) うお~ すげぇ ここ!

見て これ!

(ワタリ) こっちと こっちの前後とか
めっちゃ すごいっすよね。

(佐藤) 皆さん…。

<触る気すら起きなかった
黒カビが

スチールウールに削り取られ
見事に消え去り

頑固そうだった赤サビも
クエン酸の力で ピカピカに>

<続いて
バスルームに取り掛かるが>

(佐藤) すごいですね
基本的には…。

(佐藤) 全部 あります ここ 汚れ。

<…の汚れに
サトミツが使うのが>

(佐藤) 違うんですよ。
(ワタリ) じゃ ないんですか。

過炭酸ナトリウム
略して カタナです。

(ワタリ)
なるほど なるほど なるほど。

<今 掃除業界で話題の…>

<その使い方は 至って簡単>

<まずは…>

(ワタリ) うわ すごい。
(佐藤) もう行っちゃいます。

(佐藤) それで この…。

(佐藤) これ 見えますか?
(ワタリ) ホントだ。

(佐藤) そういうことです。

<皮脂汚れなどを…>

<放っておくだけで 汚れのもとを
浮かび上がらせる>

<さらに>

(佐藤)
これも行っちゃいます バンと。

(ワタリ) うわ~。

<そう
全て 浴槽に放り込むだけ>

<つけ置きでキレイになるそう>

<待っている間に もうひと手間>

<ペースト状に>

<これを つけ置きできない…>

<出て来たのは>

(佐藤) まぁ ほぼほぼ 汚れは
取れてるんですけど…。

(佐藤) 見たことありますか?

(佐藤) 人工芝で拭かないのよ。

…っていうのが売ってるんですよ。
≪へぇ~≫

(佐藤) あぁ 気持ちいいね。
≪気持ちいいな≫

≪うわ あれ やりてぇ≫

≪ヤバいね≫
(佐藤) あぁ 気持ちいいね。

≪いや すごいな
気持ちいいな ヤバいな≫

(佐藤) こういうことですね。
≪うわ~!≫

<10年間 掃除していなかった
トイレも

20分の つけ置きだけで
こんなに真っ白>

(スタジオ:曽根) ピッカピカ!

<新品同様のユニットバスに
見事に生まれ変わった>

<そして…>

(佐藤)
物 なくなりまして だいぶ…。

そして この下ですね。

<この悲惨としかいいようのない
リビングの汚れ>

<これを一気に片付けるのが>

(佐藤) こちら…。

今回は…。

(みちお) ホット重曹水。
(佐藤) はい。

<作り方は簡単 普通の…>

(佐藤) これ あの およそ…。

pHが こう上がるという。

<簡単にできる ホット重曹水>

<しかし
その洗浄力は すごいらしく>

(佐藤) そしたら
そのまま 壁を拭きましょう。

(ワタリ) すげぇ これ これ これ。
(布川) うわ~ 消えてます!

<そう ホット重曹水の
強い洗浄力が

10年前の皮脂汚れでも
簡単に分解してくれるのだ>

(佐藤) 細かい所まで…。

そのまま…。

じゃあ 変わんないんですか。
変わんないんです。

<さらに…>

(佐藤) おぉ~。
(布川) おぉ すごい。

(佐藤) よっ 取れた 拍手。

すごい! えっ すごい!
(佐藤) やりましたね。

こういうことですね。

すっかり
何も付いてなかったかのような。

<こうした紙は
シールではなく…>

<こつこつと…>

<壁に飛び散った 謎のシミも
見事に消え

貼り付いた雑誌やチラシも

ホット重曹水で剥がされ
美しいフローリングに>

すごい。

(布川) すごっ。
(佐藤) 新築ですよ。

<そして…>

それでは…。

(布川) いや~ よかった!

ホントに ありがとうございます。
こちらこそ…。

「ごちそうさまでした」。
すてきな汚れを。

<果たして 床が全く見えなかった
布川兄のゴミ屋敷は…>

(スタジオ:曽根) 楽しみ。


<床が全く見えなかった
トム・ブラウン…>

えっ?

(佐藤) 入って来て
まだまだ これからだよ。

(笑い)

(智乙さん)
えっ!? どうなってんの?

えっ いや えっ…。

(笑い)
最高だ。

えっ!?
(佐藤) あなたの家だよ。

<引っ越しして 10年

床が 全く見えなかった
ゴミ屋敷が

すっきりと片付き
明るく清潔感のある部屋に

見事 大変身!>

(智乙さん) めちゃめちゃ
キレイですね えっ!

すごいです ホントに。
(佐藤) シールとかね いっぱい…。

<そして…>

(智乙さん) これ…。

(佐藤)
そうそう…! そう そうなのよ。

<実は…>

あぁ~!

(スタジオ:有吉) 危ねぇな。

<捨てようとしていた箱の中から
間一髪 なくしていた…>

そう。
ありがとう。

これは…
ホントに ありがとうございます。

ありがとうございます これで…。

ないですよね。

いや すげぇな。

すごいね お兄ちゃん。
そうですよね。

(みちお) 入れてって ここも…。

古川君 いかがでしたか?

(古川) 一番…。

坂上さん ほとんど
VTR見てないと思いますけど。

(坂上) そうですね あの…。

(笑い)

(宮下) まだ遅くねえよ。

<その草薙じゃないほう…>

<宮下…>

<いきなり 玄関で 服を脱ぎ…>

<そのまま…>

<…というのだ>

<実は
この一連の行動は

母 恵美子さんの影響>

<超パンチの利いた
母だが>

(宮下) そうですね。

(恵美子さん) うん。

(恵美子さん) ハハハハ…。

(宮下) ひょろひょろの
じいちゃんが

寒い冬に 玄関で
全裸になってるのは

さすがに
うわぁ…って思うんですけど…。

<さらに こんなことも>

(恵美子さん) ハハハハ!

それで もう…。

<そんなキレイ好き
宮下に対し…>

<正反対で>

(宮下) それで マネジャーと
一緒に洗ったんですけど

そっから…。

<そんな2人のネタ合わせが
なんと…>

<実は 同じアパートに住む2人>

<ネタ合わせは いつも
宮下の家で行うそうで>

<まず
風呂に入ってから来たかを…>

<そして>

(スプレーする音)

(スタジオ:有吉) かわいそうに。

(宮下) 足の裏も。

<草薙が…>

<…を吹き掛けるのが お約束>

(宮下) 一応 一応ね。

(はなをかむ音)

変なとこに 机とか…
そのゴミ箱…。

置くんだよ お前は こういう所に。

あっちだ。

うん。

うん。

うん いいよ いいよ。

<なぜか…>

<その訳は?>

(草薙) 俺が。
そうなんですよ。

(草薙) 宮下が こっちにいるのに
僕 だから 明後日のほう向いて…。

<そんなキレイ好きの宮下…>

(宮下)
これが 石けんになるんですよ。

僕は ちょっと こう…。

<持ち運びに便利な…>

<あとは…>

<使う時に…>

<洗い終わったら
紙は捨てるだけ>

(宮下) 日々 思ってたんですけど。

めっちゃ便利。

なるほど なるほど。
(拍手)

あんなキレイ好きだとは
知らなかったよね。

そうなんですよ
やっぱ ちょっと 草薙がね…。

ホント さっきの
布川さんのお兄さんと…。

(宮下) 汚くて。
(観客) え~!

誰?
(宮下) 違います…。

VTRでも出ましたけど…。

何でも洗っちゃうんだ。
(宮下) 1回 驚いたのが…。

スーパーから買い物して来た
後なんですけど その…。

(一同) え~!

習性が もう アライグマですね。

(宮下) そうです 全裸になって。
(一同) え~!

(亜生) おいおい!

♪~ 俺達の夜は忙しい
keep on dancin

<今 話題の…>

<…のDJを担当>

<オードリーや

俳優 菅田将暉とは

プライベートでも 親交がある>

<昨年 9月 イギリス ロンドンで
開催された…>

(司会) …チャンピオン DJ松永。

<なんと…>

<そんな 世界一の
DJ松永が…>

普通の人間からしたら
もう ちょっと…。

<度を越した…>

(スタジオ:有吉) キレイだわ。

<ピカピカの玄関に帰宅>

<すると>

(スタジオ:曽根) えっ 何か抜いた。

<靴の中から取り出したのは>

<なぜか 中敷き>

<それを>

<すぐさま 洗濯機へ>

<さらに 靴下も入れ洗濯>

(DJ松永) そうなって来ると
靴の…。

<そのため
毎日 交換する中敷きは

常に10セット以上>

だから 俺 そっから もう…。

<中敷きの洗濯を終えると

ちりひとつない
ピカピカのリビングへ>

<何やら 足の裏を確認>

<その後も…>

<すると>

(松永の声) 今…。

常に…。

…って思ってますけど これって。

<そう DJ松永は…>

<いつ来るかも分からない…>

ここに…。

だから…。

ヤバそうだな。

<極度に…>

ここに…。

(松永) 長いから。

だから…。

(スタッフ) 特に何も
入れてるわけではない?

(松永) 何かを入れるとかいう
話ではなくて…。

<さらに>

(松永) …っていうふうに
なって来たんで

植物の標本のアンティーク
ってものが

存在するっていうのを
聞き付けて

見栄え的にも
自分の家にも合うし

観葉植物も置いてるんで
何か この…。

自分の中で入って来ちゃって。

かもしれないですけども
いわゆる…。

<あくまで…>

<だが…>

おはよう。
おはよう。

<教室では いつも…>

(松永の声) 全部が 菌が こう

満遍なく行きわたってる感じが
もう して来て。

<ちなみに…>

ふぅ~ よし。

(松永の声) 自分も
学校から帰った時とかは

つま先立ちで 家の中 歩いて
風呂場に直行して

体 キレイにして
リセットしてから

自分が つま先で 裸足で
歩いた所を

全部 こう 拭くみたいなこと
やってましたけど。

<そんな松永 今でも…>

<せっかく…>

<ということで>

(チャイム)

(松永) うわ どうぞ。

(松永) 会えて うれしいけど。

<ラジオ番組で共演し
仲良くなった…>

(スタジオ:有吉)
大丈夫? 春日なんて。

(春日) あっ。

(春日) ものすごいキレイ あっ…。

(松永) いや あの…。

(春日) いや これ 確かに。

(春日) 服とかね。
(松永) 服とか置いてある

まぁ ホント
物置っぽい感じですよね。

なるほどね。

<春日が ベッドに座っただけで
慌てふためく松永>

<そして 一緒に…>

(スタジオ:有吉) 落花生なんて。
(スタジオ:矢作) 地獄だよ。

<散々…>

<揚げ句>

(スタジオ:坂上) 最悪。

<すると>
(松永) 汚ねぇ。

なるほど。
面白かった。

まぁ 認めたくないだろうけど
潔癖じゃない?

(松永) いやいや もうヤダ 俺…。

坂上さんはね。

(松永) あっ そうなんですか。
だから…。

(松永) そうっすね。

ミキ どうでした?

分かるか。
あの だから その…。

<そう ミキ・亜生といえば

銭湯では
床に足をつけられないほど

極度の潔癖>

僕 だから あの…。

(亜生) 2種類あるんで。

俺 亜生さんのやつ
見てたから。

…と思ってた 俺が。

これ ヤバ過ぎる。

今日限りで。

(博多大吉) これから…。

だから もう…。

(笑い)

それを。

<コジマジックといえば>

(収納王子コジマジック)
…が あるんですね。

タオル掛けを
なんと 縦に使います。

このタオルを
こういうふうに入れるんです。

≪あぁ~!≫

<そのテクニックで…>

<ところが>

ホント もう…。

<奥様も あきれ返るほどの

収納御殿に
なってしまったというのだ>

<一体 どんな家なのか?>

(スタジオ:曽根) すごそう。
(スタジオ:有吉) あれ?

うん。

<目黒区にある 賃貸だという…>

(スタジオ:有吉) 幸せそう。

(矢作) こんにちは。

<現在2人のお子さんと
家族4人暮らし>

<と 早速…>

(コジマジック)  全然 全然
開けてください 開けてください。

こういうの?
(コジマジック)  そうそう そうそう…。

(矢作) これって やっぱ もともと
付いてる物じゃ ない?

(コジマジック)  そうなんですよ これ…。

<外に置いておくと ホコリが
かぶりがちなスリッパを

靴箱の裏に>

(コジマジック)  大体 靴箱の…。

(コジマジック)  この棚板っていうのは
30cmで作られてるんです。

この扉から棚板まで…。

(コジマジック)  で このタオル掛けの…。

(矢作) 面倒くさいと思う うん。
(コジマジック)  あとはね 靴箱に…。

(コジマジック)  …しとくといい物って
あるんですよ。

(矢作) 見えちゃってるのを…。

大体の人が マスクって…。

はい はい。
(コジマジック)  出掛けて行く時に

マスク!と思ったら
また リビングまで

取りに行かないとダメなんです。

<そう
コジマジックの こだわりは…>

<物を…>

<するだけで…>

<さらに 靴箱には…>

これは? これ。
これはね…。

(コジマジック)
よく見てもらったら 上にね

「パパ家」とか「ママ家」
書いてあるでしょ。

(コジマジック)  家の中に持ち込むと…。

なる。
収納スペースって…。

…にすると すごく 家が
散らかりにくくなるんです。

<ということで…>

(矢作) 生活感ないやん!
何にもないじゃん!

(コジマジック)  置くと 掃除が もう
面倒くさくなるから。

<2人のお子さんと
暮らしているが ピカピカの…>

<そして ダイニングにも
すぐ使える収納が たくさん>

(コジマジック)  ティッシュ。

確かにさ 箱ティッシュって

普通 こういうとこに
置いてあっても いいよね。

(コジマジック)  押して出て来るか!

<すると>

(コジマジック)  そうなんですよ。
(矢作) これね…。

(コジマジック)  ぺたっと…。

<こちらは
100円ショップで買える…>

<テーブルの裏に
ティッシュを収納できる>

(杏子さん) ティッシュ。

(コジマジック)  ティッシュって…。

最後まで…。

なるほど。

<さらに このテーブルには…>

(コジマジック) 開けてみてほしいんです。
(矢作) ここね。

こういう感じで こういう…。

(コジマジック)  結構…。

(コジマジック)  結構…。

<分けておけば>

<…できる>

<さらに 反対側にも
引き出しがあるのだが

その中身は…>

(コジマジック)  薬をわざわざ…。

(矢作) へぇ~。

<ちなみに…>

(矢作) この机が やっぱ
収納好きが買う机だね。

<さらに キッチンにも
こだわりの すぐ使える収納が>

(矢作) うわ~!
びっくりするぐらい…。

<しかし>

(杏子さん)
分けてるじゃないですか。

<収納王子…>

<キッチンにも
こだわりの すぐ使える収納が>

(矢作) うわ~!

調理台は 調理をする所なので
例えば こういう…。

(コジマジック)  その下には
こういうふうにして…。

<引き出しは きっちり区切られ

調理台で使う…>

<…などを収納>

(コジマジック)
シンクは 水を使う所なんで

その下には こうやって…。

(コジマジック)  ザルとか ボウルとか
サラダスピナー。

こういうの入れてあげると
すごく使いやすくなる。

<同じように
コンロの下には

鍋や油など
火で使う物>

<さらに>

(コジマジック)  ここね…。

(コジマジック)  この下をね
こういうふうにして

自分で つっぱり棒を付けて
おたまとか こういう。

(矢作) へぇ~。

取りやすいじゃない。
(コジマジック)  うちね…。

<壁に掛けて収納すると

知らない間に
油で汚れてしまう>

<実は 調味料入れの高さは…>

<コンロ周りで使う調理器具を
収納するのに

ちょうどいいのだそう>

<と…>

<…だが 奥様には ある不満が>

(杏子さん) 例えば…。

<そう
コジマジックは 何かと…>

(スタジオ:有吉) 嫌だな これは。

<細かくチェックし>

(コジマジック)
ちゃんと こういうふうにやって。

<奥様を呼んで…>

<奥様には こんな不満も>

(杏子さん)
分けてるじゃないですか 別に…。

(矢作) う~わ~ こういうこと。

<テープだけでも…>

<…と3つに分け>

<…に至っては>

<細かく指定>

ここに戻してもらわないと。

(コジマジック)  服 買って こういうの
入って来るじゃないですか。

(コジマジック)  入れてほしいんですよ。
(杏子さん) それを…。

俺…。

<…と
うっとうしがられているが

実は コジマジック

奥様の不満を解消すべく

ある壮大な計画を
立てているという>

収納御殿?
(コジマジック)  はい。

<実は 売れない芸人時代

食事から家賃まで
世話をしてくれていた奥様>

<恩返しすべく…>

<面倒くさがりでも
効率的に収納できる…>

<…を造っているという>

≪ちょっと難しいかも
しれないですね≫

<コジマジック自ら…>

<その全貌とは?>

すごいね こだわりが。

と思ってるので とにかく もう…。

古川さん いかがでした?
そうですね。

技術的なとこで
すごく勉強になりましたし

お家は
素晴らしかったんですけど…。

(博多華丸) 物を探す時間が
一番無駄な時間と

おっしゃいましたけど…。

特に…。

(笑い)
(大吉) 何の話!?

どっしりとコメントしてるけど。

ここで 古川雄大さんから
お知らせです。

(スタジオ:古川) 『トップナイフ』
第5話は 脳腫瘍により

聴覚を失って行くピアニストの
苦悩と葛藤を描く物語です。

僕が演じる来島と
広瀬アリスさん演じる

新人ドクターとのドキドキの恋も
ぜひ ご覧ください。

『世界まる見え!テレビ特捜部』
本日 テーマは 何でしょうか?

(岩田) はい 今回は…。


関連記事