秘密のケンミンSHOW!東西鍋合戦!秋田しょっつる鍋VS広島カキの土手鍋・激ウマ鍋!果たして軍配は!?…


出典:『秘密のケンミンSHOW!東西鍋合戦!秋田しょっつる鍋VS広島カキの土手鍋』の番組情報(EPGから引用)


秘密のケンミンSHOW!東西鍋合戦!秋田しょっつる鍋VS広島カキの土手鍋[字][デ]


秋田からしょっつる鍋が登場!魚が丸ごとドーンと鎮座する豪快鍋!対するは広島カキの土手鍋!カキが大量に入った味噌香る激ウマ鍋!果たして軍配は!?


詳細情報

出演者

【司会】

みのもんた

久本雅美

【出演】

西川きよし

【ゲスト】

森久美子[宮城]

岡部大(ハナコ)[秋田]

壇蜜[秋田]

井上咲楽[栃木]

二子山親方[茨城]

土田晃之[埼玉]

松田元太(Travis Japan)[埼玉]

オカダ・カズチカ[愛知]

マギー[兵庫]

東ちづる[広島]

山根良顕(アンガールズ)[広島]

ガレッジセール[沖縄]

番組内容

ケンミンのケンミンによるケンミンのための赤裸々「カミングアウトバラエティー!!」▽番組ホームページ(PC・スマホ)では、あなたの知っている「ケンミンのヒミツ」を大募集中!!

制作

ytv

番組ホームページ

●番組HP

https://www.ytv.co.jp/kenmin_show/


『秘密のケンミンSHOW!東西鍋合戦!秋田しょっつる鍋VS広島カキの土手鍋』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

秘密のケンミンSHOW!東西鍋合戦!秋田しょっつる鍋VS広島
  1. 牡蠣
  2. 味噌
  3. 壇蜜
  4. ハタハタ
  5. 土手鍋
  6. スタッフ
  7. スープ
  8. 岡部
  9. 山根
  10. 登場
  11. 一同
  12. 秋田県民
  13. 早速
  14. 拍手
  15. 野菜
  16. オス
  17. お店
  18. パクリ
  19. プリプリ
  20. 居酒屋


『秘密のケンミンSHOW!東西鍋合戦!秋田しょっつる鍋VS広島カキの土手鍋』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

<ケンミンのケンミンによる
ケンミンのための

赤裸々
カミングアウトバラエティ!!>

(みの)
さあ お待たせ致しました
カミングアウトのお時間で~す。

(久本)今夜も日本を代表する
主要県民の

皆さんでございま~す!
(拍手と歓声)

ありがとうございま~す!

さあ
ようこそでございま~す。

いやぁ 盛り上がって
いきましょう。

さあ まずは
初登場でございます。

Travis Japanの松田元太くんは
埼玉県民~!

(拍手)
(松田)お願いします。

以前 番組で紹介されましたが…。

(笑い)
1回?1回か!?

(笑い)

同じく初登場でございます。
ハナコの 岡部くんは

秋田県民~!
(拍手)

(岡部)
以前 番組で紹介された…。

ぎばさ うまい。

そういうやつが 大好きです。
(笑い)

今もう 大食いで頑張ってるから。

はい。ちょっと…。

(笑い)
頑張れ!

さあ 今回は…。

今夜も出るぞ!

<今年も…>

<そこで…>

<鍋といえば
当番組でこれまでも

県民熱愛 激ウマ鍋の
数々を発掘し

冬の寒さを 吹き飛ばしてきたが>

<ということで…>

<見れば…>

<まずは 東日本代表に
名乗りをあげたのは

みちのくの鍋王国…>

<秋田県民の
熱愛鍋といえば…そう!>

<…って 何だ?

この 見たこともない鍋は>

<鍋のセンターポジションには

謎の魚達が 堂々陣取り

しかも 切り身ではなく
尻尾から頭まで…>

<他の具材はというと
白菜や 長ネギ そして

せりらしき野菜と
いたって シンプル>

<しかも…>

<秋田県のガイドブックを
見てみると

なんと あの きりたんぽ鍋と
堂々 肩を並べて

しょっつる鍋を 大フィーチャー>

<しかし この魚と野菜だけの
シンプル過ぎる鍋の魅力を

我々は 今ひとつ分かっていない>

<そこで…>

<サッカーの観戦帰りの…>

(スタッフ)食べます?

(スタッフ)はい。

もうそれが…。

…みたいな。脇役?

ちょっとね…。

<秋田最大の繁華街
川反に 行ってみると

こちらの居酒屋さんの
入口に さっそく

味自慢とうたい
きりたんぽと共に

しょっつる鍋を 猛プッシュ>

<その先の
秋田郷土料理のお店でも

ハタハタしょっつる鍋を
しっかりレコメンド>

<さらに足を進めると
こちらの居酒屋さんで

名物として しょっつる鍋
大フィーチャー>

<さらに さらに
なまはげが 睨みをきかす

秋田料理のお店の入口にも

やはり しょっつる鍋の文字発見>

<そして 秋田市内のスーパーの
鮮魚コーナーに行ってみると

地元でとれた
新鮮な魚が並ぶ その先に

おお ありました>

<噂のハタハタが
パックに入った状態で

なんと!
1コーナー まるまる占拠!>

<子持ちと書かれたメスと

お手頃なオスのハタハタも
売られている>

<さらに その隣には…

うん?これですか>

<しょっつると書かれた
ボトルが鎮座>

<1つ 手に取って
ラベルを見ると

ここにも
原材料 ハタハタの文字>

<店長に 話を聞いてみると…>

(桑さん)そうですね。

お買い求めなりますね。

<そもそも ハタハタとは
秋田県では11月後半から

12月いっぱいに
旬を迎えるという大変 希少な魚>

<昔から…>

<県内のスーパーでは 人気の
子持ちのメスは もちろんだが

値段もお手頃で
白子の入ったオス

<そして 両方味わえる
ミックスタイプもあり

それぞれ 好みによって
購入していくのだという>

<と ここで 秋田市内の
こちらのご家庭の

賑やかなディナータイムに
お邪魔すると

キッチンでは お母さんが
今夜のメインディッシュ

しょっつる鍋の 絶賛準備中>

<まずは 昆布だしに
豆腐を入れると…

冷蔵庫から
何やら袋を取り出した>

<中から現れたのは…

おお 真打ち
秋田県民熱愛の ハタハタ登場>

<早速 ボウルにあけ
丁寧に水洗いすると

ハタハタを 1匹ずつ
鍋に まるまる投下>

<続いて登場したのは…おっ!
伝家の宝刀 しょっつる!>

<すると お母さん
スプーン1杯分のしょっつるを

鍋に 注いだ。え?>

<そして 他の調味料を
一切入れず

スープの仕上がりを 確認>

<最後に 長ネギを入れ
およそ10分 煮込むと…>

<秋田ファミリーお待ちかね
食卓に

ハタハタが まるまる入った
しょっつる鍋が登場!>

<すると タオルを首に巻いた

気合十分のお父さんが
まず よそったのは…

おぉ!これが
噂のぶりこ!>

<お父さん 早速 身を頬張ると

続けざまに ぶりこもパクリ!>

<こちらのお父さんも…

豪快に
粘つく ぶりこを頬張ると

続けて 汁をすすり ご満悦>

あぁ~…。

<こちらの秋田ダンディーは

身に これでもかと
かぶりつくと

秋田の地酒で流し込んだ>

(拍手)

<この しょっつるとは

ハタハタを塩漬けにし

2年から3年のスパンで
自然発酵させた

ベトナム料理のニョクマムや

タイのナンプラー同様の

魚醤と呼ばれる
秋田特有の調味料>

<さらに 秋田市内の
居酒屋さんにお邪魔>

<中では 秋田ダンディー達が
絶好調で お楽しみ中>

失礼いたしま~す!

<と ここでも お待ちかね
しょっつる鍋が登場>

<フタを開けると…

まるまる1尾のハタハタが
鍋を覆いつくしている>

<そして ぶりこも
既に溢れている様子!>

<早速 ハタハタをゲットし

まずは 豪快に
ぶりこからパクリ!>

<秋田ダンディーズ 夢中で
ぶりこが入ったハタハタを

ノンストップで かぶりつき

あっという間に
2つあった鍋が 空に!>

<よっぽど しょっつる鍋が
好きなんだなぁ

と感心していると…>

失礼いたしま~す!

(一同)エエーッ!

失礼いたしま~す!

<おぉ!ここにきて
秋田県民 もう1つの熱愛

稲庭うどんが登場!>

<お父さん
早速 うどんを持ち上げると

あれ?鍋を経由せず

つけ麺スタイルで
ズズッと うどんをすすった!>

<皆さん 一様に
このスタイルで

シメの稲庭うどんを
絶賛 堪能中!>

≪そうだね≫

<県西部 男鹿市にある

創業89年の
老舗しょっつるメーカー

三代目社長に お話を伺った>

(諸井さん)恐らく…。

(諸井さん)当時から…。

(諸井さん)そして…。

…と思います。

<さらに ハタハタの本場
男鹿市内を探索していると

ん?なんだ?>

<車を降りて 確認するべく
行列の先頭に行ってみると…

おや?箱いっぱいの魚を
ビニール袋に入れて

続々と持ち帰る人々の姿が>

<実は これ
男鹿市で不定期に開催される

ハタハタの直売会>

<とれたてで新鮮なハタハタが

箱ごと買えるとあって

わざわざ遠方から
2時間もかけて やって来る

秋田県民もいるのだという>

<さらに 室内に入ってみると
こちらも行列が>

<のぞいてみると
おっ!これは…>

(スタッフ)やっぱ しょっつる鍋?

<なんと!
この日 とれたばかりの

ハタハタを使った
しょっつる鍋を

無料で
ふるまっていた!>

<ここでも 熱愛しょっつる鍋を

思う存分 堪能する
秋田県民であった!>

(拍手)
ハタハタの この ぶりこ
うまそうでしょ~。

そうね。結構 粘りがあってね。
アツアツ…そうそう…。

秋田県民は しょっつる鍋
大好きですか?壇蜜ちゃん。

(壇蜜)みんな やっぱり…。

なるほど。
やっぱ 当たり前なんだ?

そうですね。やっぱ…。

(一同)へぇ~。
(森)はぁ~ そういうことか。

僕んちも 秋田市で…。

…みたいな感じで。

どういうところが いいの?
やっぱり あの…。

ぶりこが?

(岡部)イクラとかと違って…。

それを…。

何でしょう?

(笑い)
そうですね ちょっと…。

(壇蜜)ただ あの…。

(笑い)

あるあるだね それ。
(壇蜜)あるある…。

オスの魅力っていうのが
あるんですか?

オスの魅力は どうですか?
(壇蜜)そうですね…。

そうですね。オスは 白子ですね。

あと…。

やっぱり こう しょっつる…。

そうですね。
欠かせないですね。

決め手?
(岡部)はい。でも やっぱり…。

塩味が?
ホントに…。

十分なんですよ。
(岡部)そうなんですよ。

親方は お食べになったこと
ありますか?

そうですよね。

え~!しょっつる入れたら?

(二子山)
なるぐらい おいしいです。

えっ じゃあ 欠かせないっすね
色んな料理に。
欠かせない。

(森)私ね…。

絶対…。

って言うぐらい もう…。

ありがとうございます。
(森)大好き。
食べたことある?

大好きで それで まあ…。

ナンプラーな。

ち~ちゃんとかは どう?

大好きなんだ。
(東)
初めて食べたとき 秋田でね…。

(東)あと 次…。

衝撃。あの…。

(東)そう ぶりこが。
ぶりこが つるんと。

でもね やっぱり
おいしいのよ。私…。

マジ?
ありがとうございます…。

(山根)なんか…。

…って思っちゃうんですよね。

うん うん。

鱗がないから。

まんま いけちゃうんだ。
(壇蜜)まんま いけるって…。

はい。
とれるんだって。

(笑い)
ご安心ください。
ご安心ください。

(井上)私 すごく あの…。

マジか。
今 私…。

なんで なんで?

そうだ そうだ。
そこで…。

…っていうのが出てきて ほんとに
私 今 すごい感動してます。

え~ つっちー どう?
(土田)僕も…。

…と思ってます。
チャレンジしろ。

今日 チャンレンジしろ。
食べて~。

いや いつも この番組ってね

いろんな食べたことない
このVTR 見てたら…。

今日…。

(笑い)
(土田)なかなかの感じでしたよ。

(笑い)

<お待たせしました!
秋田県民熱愛…>

すごいよ。
いいよ いいよ。

うわ~ いい。
いや~ これすごいな。

あっ。
クセになりますから…。

あ~。
いい いい顔した。

これか。
(岡部)はい この塩味。

この塩味か。
(壇蜜)色は ほんとに透明な
スープなんですけども

確実に…。

あ~。

へぇ~。しょっぱくないんですか?

ないです。
へぇ~!

(壇蜜)見てください。
クセになる。

(壇蜜)
ぶりこ いってみてください。はい。
ぶりこ いっちゃってください。

これですね それですね。
(壇蜜)はい。

(森)うわ ドゥルドゥル。
どうですか?

熱い。
(岡部)いきます。

立派だよ~!
ぶりこ 立派じゃな~い!?

(岡部)あ いいですね。素晴らしい。
おっ みのさ~ん

これ 元気になるんじゃない?
≪すごい。納豆みたい≫

う~ん。
どうっすか?

ドゥルドゥルが熱いんですよ。
でも うまい!

数の子より うまい?
(壇蜜)弾力があって。
ブニブニっとしていますね。

へぇ~。
(壇蜜)はい。

なるほど~。
身離れもいいし 実にいい。

う~ん!
うわ~ ぐんぐん飲んでますね。

最高ですね…。

そうだよな。

あ~ 合うんだ。やっぱり。
合う。絶対 合う。

じゃあ 私達も食べてみましょう。
いただきま~す!
どうぞ どうぞ。

(一同)いただきま~す。

ヤケドしないようにしてね。
ほんとね。

ほら ほら ほら。こんなんだよ。

何とも言えないね。
ほんっとに 日本酒に合う。

あ~!
すごい トゥルントゥルンだ。

うん うん…。
(壇蜜)トゥルントゥルンです。

(壇蜜)良かった~。
うまい。

おいしい。
うまい。
えっ うまいよ!

(森)秋田 すごいわ。やっぱり。
(壇蜜)はい 食べてください。

歯ごたえといい。
(壇蜜)あ~ 良かった。

(森)やっぱり しょっつるだわ。
う~ん…。

うん…。
≪お~ すごい…≫

うん!
(東)うん!

≪あっ≫
≪う~ん≫

≪ドロドロすごいですね≫
(マギー)う~ん。

あ…。

うまい!
うまい!

(壇蜜)良かった。
(森)このしょっつるが

これだけで
こんな鍋の味ができるなんて

ご家庭に1個
しょっつるじゃないですか?

(壇蜜)
1杯でいいんですもん。ほんとに。

(井上)ぶりこ…。
(ゴリ)あ~…。

ハタハタが またうめぇな これ。
≪うまい≫

(西川)うわぁ~ 目の前 きた。

うまっ。
(川田)うまっ。

おっと。
分かる。

めっちゃうまい。
いや これね ほんと…。

だけどね…。

(森)ほんとに…。

やっぱり こう…。

ええ ええ。

そうですよね。しかも 今日…。

すごいよね!
言っときますよ…。

(笑い)

これ 思ってた以上に
繊細な味ですよね。

あ~。

もはや…。

そう…。
あ~ うれしい。ありがたい。

すごく おいしくて 今…。

なんか もし…。

それぐらいね
元気になるよね これね~。

この…。

を出せるっていう この…。

というか もう…。

分かるわ~。
ただ…。

うまい。
これは 全国…。

(壇蜜)やった。
そうです。

(笑い)
具志堅 入ってる…。

<続いては…>

<その代表に
名乗りをあげるのは

瀬戸内の雄…>

<広島県民熱愛の鍋といえば

そう…>

<ご存じ…>

<生産量
ぶっちぎりの日本一を誇る

言わずと知れた 牡蠣キングダム>

<鍋のメインポジションには

プリップリの牡蠣が
大量に陣取り

茶色がかった そのスープは
おそらく…>

<しかし 何より気になるのが
鍋のまわり。

な なんだ?

味噌が鍋肌に べったりと
塗られているじゃないか!>

<その見た目と
土手鍋というネーミング

なんだか 謎だらけだが

牡蠣と味噌の濃厚コラボは…>

<そこで早速 広島へ飛び…>

<地元サンフレッチェの試合前

なぜか 絶賛…>

(スタッフ)牡蠣鍋?

(スタッフ)土手鍋?

(スタッフ)あ~ なるほど。

ハハハハ!

あれ…。

(スタッフ)あっ そうなんですか?

味噌味で。

(スタッフ)景気づけ?

(スタッフ)あ なるほど。

(スタッフ)土手 崩すんですか?
うん。

(スタッフ)あ~ 結構…。

<まずは
イルミネーションきらめく

広島一の繁華街 本通商店街近くの
こちらの郷土料理屋さんで

早速 牡蠣の土手鍋を発見!>

<そこから 少し歩いた
その先のお店でも

またまた 牡蠣の土手鍋を
コース料理でフィーチャー>

<続いて中国地方一のネオン街
夜の流川に行ってみると

居酒屋さんの
おすすめメニューで

牡蠣の土手鍋を猛アピール>

<また 流川周辺の飲食店が
掲載される こちらの冊子>

<なんと!まさかの

牡蠣の土手鍋提供店の
グルメガイドだった>

<さらに広島市内のスーパーマーケットに
行ってみると

鮮魚売り場の一角に おおっ

殻付き牡蠣が大量販売!>

<さすがは牡蠣王国 広島県>

<その横には
パック詰めの生牡蠣も

ズラリとラインナップ>

<そして 牡蠣コーナーの上には
手書きポップで

牡蠣の土手鍋
しっかりアピール>

<ということで 広島市のお隣

呉市にある
こちらのご家庭に伺うと

アンティーク感あふれる
素敵なキッチンで

広島マダム達が
牡蠣の土手鍋を絶賛準備中>

<まず準備したのは 文字通り
土手鍋の味噌となる…>

<大さじ3杯ずつを
直接 鍋に投入し

酒 みりんを加えて合わせ味噌に>

<加熱しながら味噌を固め

固まったら 見事なヘラ使いで

鍋の内側に
たっぷりと塗りつけていく>

<そうして 土手を作った鍋に
野菜などの具材を盛り付け

昆布ダシを鍋の中に注ぎ込んだ>

<最後に取り出したのは

出ました!伝家の宝刀
広島名産 大粒の牡蠣>

<今夜は なんと…>

<それを先ほどの鍋のセンターに
惜しげもなくトッピングし

5分ほど煮れば 完成。
そして…>

はい。

<おお~ この日の主役
土手鍋が登場>

<さらに もうひと鍋セットされ
いよいよ宴がスタート>

<すると広島マダム

鍋に塗られた味噌を
ごく自然に崩し始めた>

<そして そのまま
スープを味見>

<その言葉を合図に
広島ファミリー

我先にと
プリプリの牡蠣や野菜など

好みの具材を
次々とピックアップ>

<こちらのお兄さんは

まずスープをひとすくいすると
続けて鍋肌の味噌を投入し

しみじみと味わった>

<皆さん
待ってましたとばかりに

旨味たっぷりの広島の牡蠣と
味噌味スープを

一心不乱に ご堪能>

<食べ盛りの広島ボーイ

ご飯にバウンドした牡蠣を
パクリ からの

ご飯を豪快に かっ込んだ>

<大好物の土手鍋を ひたすら
つつき続けること20分…

鍋のスープは
味噌と牡蠣の旨味が溶け出し

とろとろの
超濃厚スープに大変身>

は~い。

<おおっ 追加の牡蠣が
大量に登場し

ほぼ牡蠣オンリーの
土手鍋セカンドステージの幕開け>

<少し煮詰まり
超濃厚に仕上がったスープを

牡蠣に たっぷりと まとわせ

新たなる牡蠣と味噌との
コラボレーションを

存分に堪能していく
広島ファミリー>

<こちらのお兄さんは…>

<なんと!少し焦げた味噌を

牡蠣にトッピングし パクリ!>

<そのまま グラスに
なみなみ注がれた呉の地酒を

ひと息で飲み干した>

(スタッフ)ああ なるほど。

(笑い)

<鍋肌で焼かれ

香ばしくなった味噌の味を
スープに うつすのが

土手鍋最大の醍醐味>

<また最終的に
とんすいの中で味噌を溶き

自分好みの濃さに
カスタマイズできる

画期的な鍋なのだ>

<続いて ネオンきらめく
流川にある

こちらのお店へ
行ってみると…>

<ちょうど取材時は
忘年会シーズン>

<店のあちらこちらで
皆さん 飲んで飲んで

飲みまくっている>

<絶好調の県民の前に
現れたのは…>

<絶好調の県民の前に
現れたのは

グッツグツに煮えた
おいしそうな土手鍋>

<しかし よく見ると
あれ?

鍋肌には味噌が
塗られていない>

<しかし県民たちは
そんなことは お構いなく

熱々の具材をピックアップし

味噌まみれになった濃厚牡蠣を
次々と頬張り

とっても幸せそう>

<こちらのお兄さんも 牡蠣と
マロニーを一気にすすり上げ

続けてキンキンに冷えたビールで
流し込んだ>

はい はい はい。

<近年 広島の居酒屋さんでは…>

<お店ごとに作る
オリジナルの合わせ味噌には

果汁や牡蠣エキスなどが
加えられており

どちらかというと
リキッド状のため

鍋に塗るのが不向き>

<土手の味噌を
溶かす手間も省け

牡蠣とスープのうまさを
最大限味わえる

このスタイルの鍋も
人気なのだという>

<宴もたけなわ
先ほどのテーブルでは

シメの雑炊を絶賛スタンバイ中>

<卵を流し入れ 軽く蒸らしたら

おおっ!超うまそうな
雑炊が お目見え>

<牡蠣エキスと味噌スープの

スペシャルタッグで
コーティングされた

熱々濃厚そうな雑炊を
夢中で頬張る県民たち>

おう!

<広島県に
根付いていったのか?>

<広島の食文化に詳しい

広島大学の海野教授に
お話を伺った>

(海野さん)…のではないかと
いうふうに考えられます。

(海野さん)1つは…。

(海野さん)販売したということ。

もう1つは…。

…っていう説もあります。

さらにですね…。

(海野さん)
…っていう説もありますね。

…のだと
いうふうに思われます。

<続いて
広島バスセンターにある

こちらのフードコートを
覗いてみると

入り口すぐ隣にある
こちらのお店の看板に

ここでも牡蠣の土手鍋の文字>

<そして
お客さんの前に登場したのは

なんと!グツグツ煮える
おひとり様用の土手鍋>

<隣には ご飯も付いて

まさかの土手鍋定食セット>

<お兄さん まずは たっぷり
味噌の絡んだ

プリプリの牡蠣を
ご飯にバウンドしてパクリ>

<続けて 今度は
スープをそのまま

ご飯に流しかけ 雑炊風に頬張り
至福の表情>

ち~ちゃん。

あ~熱燗 入れて。
そうそう…。

あるから~。

インスタで映えるよね。
(笑い)

だから その 土鍋とか…。

は~ やっぱりね。
味噌で やられてるから。

ちょっと チリチリっと
黒くなったりして。

やっぱり…。

溶けるチーズも洋風で。

このね…。

え~?
(森)もう ほんとに…。

味噌 入れて。
味噌 入れて。

まあ 味噌といえば
愛知でございますから

オカダさん どうですか?
(オカダ)まあ 正直 ちょっと…。

僕 ほんと すごい気になったのは
ちょっと

焦げたっていうんですかね…。

食べてたのが…。

岡部君 どうだったですか?
さすが やっぱり…。

(笑い)
強いでしょ?見た目もいいからな。

そうですね まず…。

うん そうだね~。

そうなんだよね~。

あんまり?あれ?
あんまり食べてない?

なるほどね。え~っと…。

そんなことないです…。

(笑い)
さすが!

(笑い)

(笑い)
よく飲んだな 昔。

<広島県民熱愛の
牡蠣の土手鍋に一同大絶賛!>

<お待たせしました!
広島県民熱愛…>

(山根)牡蠣の出汁と味噌
合うよな~。
わあ プリプリだね~。

は~ は~。うわ~!

(山根・東)う~ん!

やっぱ…。

上です…上だね 上だね 上 上。

(山根)
めちゃめちゃいい牡蠣 これ。
やっぱり。

(土田)めっちゃいい牡蠣とか
やっぱ 分かるんだ。

うまい!
牡蠣のうまみは出てますか?

出てる!

あら~ 海のミルク
牡蠣ですもんね。

あ~ もう牡蠣の風味が…。
(東)ほんとに うん。

(山根)いや ほんとに おいしい
これは。
おいしそうだわ~。

白菜の甘みと。

(山根)野菜にも全部
味が しゅんで ほんとに…。

しゅんで!
ほんとに申し訳ないんすけど…。

(笑い)
≪何回 言うんすか≫

ちょっと うちらも
いきましょうよ!

じゃあ いただきま~す!
(一同)いただきま~す!

味噌と牡蠣と
こんなに合うのかね。

(壇蜜)味噌 すくっていいですか?

あ~ お出汁が もう
気持ちいいぐらい しみる。

つい 食べちゃうよ。
わぁ…。

もう すでに牡蠣!
しみてる~。

(壇蜜)しみてる~。
うまくないっすか?

(森)すんごいね これ。
う~ん…。

ほんと おいしい。
≪う~まいな これ≫

味噌と合うね~。
ね~ 味噌と合います。

うわ これは おいしいわ。
こんな プリプリだよ。

お野菜に しゅんでる。
牡蠣の味が しゅんでる。

めちゃ うまい。

うまいわ~。
≪う~ん!≫

≪おいしいです≫
≪プリプリ とろとろ…≫

おいしい めちゃ うまい。

おいしいですね~ ほんとに…。

そうなんですよね。

そうなんだよね。

その通り。

ちょっと やっぱり…。

(笑い)

(笑い)

いや ほんとに おいしいですね。
これ さっき

みんな この辺
そうなんですけど みんなで…。

(マギー)楽しさごと。

あ わかる~。

(松田)あったまる。
身も心もね。

(笑い)
なるほどね。

師匠 いかがですか?

痛い?どうした?

ほんまに。
慌てて?

ほんまや…。

(笑い)

さあ みなさん 朗報でございます。

(一同)イエーイ!
(拍手)

(東)このためにね 鍋するよう…。

そうそうそう。
ね?…なもんだもんね。

気をつけて 熱いですよ。

う~ん!
これは たまらんな~。

(山根)もう ご飯の粒に全部

しっかり 牡蠣のおいしさと
野菜のおいしさと。

最高ですね。
やさしい。おいしい。

うまい!
(壇蜜)いい匂い。

いや もう 絶対に うまいもん。
あ~ おいしい。

≪ありがとうございます。
いただきます≫

≪おぉ~≫

≪めっちゃ うまい≫
う~ん。

(マギー)牡蠣~。

フゥ~。

(笑い)
めちゃめちゃ おいしい。

≪もう おかわり おかわり≫
早い!親方。

飲んだ?
≪飲み物…≫

(壇蜜)牡蠣も飲み物。
これはアカン。

これは うますぎる。
う~ん!

元気になる。

俺もう…。

(笑い)

いや ほんとに。
これ…。

(一同)あ~!

(東)バターとかチーズとかね
合うんですよ。

≪乳製品と味噌は 合いますよ≫

これもう…。

(笑い)

お2人 風呂あがりみたいに
なってるんですよ。

熱くて 熱くて。

もう なんだったら…。

(笑い)

(笑い)

つっちーが キムタクみたいに
なっちゃったから。

食べて…って 天を仰いだ。
(笑い)


関連記事