爆報!THE フライデー【大女優・市原悦子…報道されなかった晩年の真実】衝撃の遺品を発見!遺品に隠された…


出典:『爆報!THE フライデー【大女優・市原悦子…報道されなかった晩年の真実】』の番組情報(EPGから引用)


爆報!THE フライデー【大女優・市原悦子…報道されなかった晩年の真実】[字]


▼今夜、市原悦子の自宅へ緊急潜入!

▼衝撃の遺品を発見!遺品に隠されたコンプレックスとは?

▼さらに、紅白ミュージシャンMに残した「市原悦子の知られざる遺言」


詳細情報

番組内容

【大女優・市原悦子…報道されなかった晩年の真実】

▼今夜、市原悦子の自宅へ緊急潜入!

▼衝撃の遺品を発見!遺品には、市原が密かに抱えていたコンプレックスが…!

▼さらに、死の5日前 紅白ミュージシャンMに残した「市原悦子の知られざる遺言」とは?


【ワイドショーを騒がせた史上最大の海外スター来日パニック映像!】

▼ヨン様、来日で衝撃の大パニック!日本芸能史上類を見ないおばさまたちの大狂乱!

番組内容2

▼眼瞼下垂で日常生活に困難をきたしている美人女優・山口いづみ

  手術を受けた彼女の目は今、どうなっているのか?今夜公開!


▼11時間半の大手術!池波志乃を襲った謎の病とは?


▼終活を始めた中尾彬、池波志乃夫妻がどうしても捨てられない物とは?さらに元女優!噂の美人妻も大公開!


【あの人は今…大追跡SP】

▼元サッカー日本代表・巻誠一郎は今…熊本で田舎暮らし、なんと???に転身!

出演者

<M C> 爆笑問題  <スペシャルゲストMC>田原俊彦

<レギュラー出演者>テリー伊藤 アンガールズ 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 友近


<アシスタント> 山本里菜(TBSアナウンサー)

<出演者>フットボールアワー 中尾彬 池波志乃 山口いづみ 巻誠一郎

公式ページ

▼番組HP

http://www.tbs.co.jp/bakuhou/

▼twitter

https://twitter.com/bakuhou_tbs

@bakuhou_tbs


制作

TBSテレビ


『爆報!THE フライデー【大女優・市原悦子…報道されなかった晩年の真実】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

爆報!THE フライデー【大女優・市原悦子…報道されなかった晩年
  1. 市原
  2. 彼女
  3. 市原悦子
  4. 女優
  5. ミッキー
  6. ヨン様
  7. 山口
  8. 自宅
  9. スタッフ
  10. ドラマ
  11. 一体
  12. 紅白ミュージシャン
  13. 手術
  14. 演技
  15. 眼瞼下垂
  16. 今夜
  17. 仕事
  18. 手鏡
  19. 普通
  20. 舞台


『爆報!THE フライデー【大女優・市原悦子…報道されなかった晩年の真実】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

<1台の車に
押し寄せる群衆>

(歓声)

<これほどまでに>

<それは…>

<ヨン様>

(♬~最初から今まで)

<2004年 ドラマ「冬のソナタ」が
日本で放送され社会現象に>

<日本中で>

<そんな中
ヨン様が来日するとあって>

<日本中のオバサマが空港に大挙>

<その数
なんと>

<すると そこへ…>

<憧れのヨン様が登場>

<しかし 空港は>

<その後もオバサマたちは
車に乗った>

(歓声)

<この事態に なんと>

(警官)押さないで!

(歓声)

<さらに翌日>

<またもや大勢の警官が
出動する緊急事態に>

<なんと ヨン様は
既にホテルを出たとの情報が>

<と>

<なんと>

<すると現場は>

(悲鳴)

≪押さないでください

≪下がって

<そして現場は>

<実は>

<だがヨン様は…>

<と顔を出すことに
決めたという>

<しかし このパニックで>

<ヨン様は会見を開いて
謝罪することに>

<ヨン様の優しさが
にじみ出た会見>

<この>

<そして5年たった
東京ドームのイベントにも…>

<なんと>

<いつまでも>

<そして今夜の
「爆報!THEフライデー」は…>

<昨年1月 突如この世を去った
女優 市原悦子>

何か隠してるのかい?

<国民的女優>

<そんな彼女の死から1年>

<今夜 市原の>

<すると>

<そこには市原が
ひそかに抱えていた>

<市原悦子の>

<死の5日前 市原は>

<ある紅白ミュージシャン Mに>

<まずは…>

<最近 相次いで>

<がある>

<それは 上まぶたが
垂れ下がってくる病>

<そして今
水戸黄門女優 山口いづみが>

<眼瞼下垂で日常生活に
困難を来していた>

<その写真が こちら>

<緊急手術を受けた山口>

<彼女の目は今
どうなっているのか?>

♬~ラララランラン
ラララー 緑の季節

<「緑の季節」で>

<その後は>

<を演じるなど
多くのドラマで活躍>

<流し目が特徴的な
美人女優だった>

<そんな彼女が今>

<を来したという情報が>

<一体>

<詳しい話を聞くべく
都内で待ち合わせた>

(スタッフ)すいません
はい

<早速>

<その>

今年で9回目でしょ
試験 あさってなんです

<還暦を迎えても
精力的に>

<そんな彼女が>

<実際 その前年の
画像と比べても>

<右まぶたが
垂れているのが分かる>

<そして昨年の春から症状が悪化>

<このように常に黒みが
覆いかぶさるようになり>

<目を使う作業が
異常に疲れるようになった>

<そして>

<さらに>

痛っ

<実は眼瞼下垂になると>

<そのため>

<そして その症状は>

<常に まぶたを
開けようとするため>

<垂れたまぶたが眼球をこすり>

<そして山口を襲ったのは>

<腫れたまぶたが
女優業にも支障を来した>

<そんな中 ついに>

<それは>

<することも多くなった>

<すると…>

(急ブレーキを踏む)

<このままでは>

<山口は眼瞼下垂の手術を
受けることを決意した>

<その手術とは>

<まず>

<次に
たるんでしまった>

<そして>

<最後に>

<それは…>

<手術で>

<女優にとって>

<そんな中>

<こちらが>

<果たして>

<眼瞼下垂の手術をした女優
山口いづみ>

<今 どうなっているのか?>

<手術は
見事 成功>

<手術前と比べても
その違いは>

<そして今では>

<山口いづみは今
再び>

(太田)いや~ よかった よかった

よかったですね うまくいって
よかったね

<そして本日のゲスト
中尾彬の妻>

<池波志乃も硬化性骨髄炎という
病に苦しめられていた>

<池波の場合は…>

大手術しないとダメだって

ここ切って めくって

ここからここまで

そのときに

ここに移植して

え~!?
すごい

ここからここまで
歯 ないんです 私

えっ 今も?
今も

怒るとこじゃない

<そして この>

<した中尾夫妻>

<どうしても>

<それが>

<こちらのタンス>

<さらに>

<なんと>

<その理由は…>

ああ なるほど

今 言われたとき

みたいなこと言ってたじゃない

<さらに元女優の>

<武器は>

<普通なら>

<巻はボール扱いが へた>

<ヘディングしかできない選手と
大バッシングを受けた>

<やってきたのは>

<すると…>

<あぜ道で>

<このヘタクソなボールさばき>

<巻に>

こんにちは
巻誠一郎です

ここはですね 僕が

<6年前>

<してもらうことに>

はーい

巻誠一郎の妻の
智子です

よろしく
お願いします

<こちらが元女優の
妻 智子さん40歳>

<巻より1つ年上の
姉さん女房>

<智子さんは芸能界を引退し>

<巻が現役を終える
までの>

<なんと>

風雅くんです
「くん」じゃない おい

<そんな巻は今>

<さらに ついに解禁>

<現在>

(スタッフ)お疲れさまです
お疲れさまです

ここが

<ここで>

(スタッフ)巻さん これは?

<巻は今 アルルという>

<作りをしていた>

<しかし 一体>

<それは…>

<今>

<東京23区の
およそ1.5倍分にも上っている>

<そこで巻は 空き農地を
何とか有効活用しようと…>

<空き農地を借り
日本に>

<農業を体験したい>

<をしている>

<しかし>

(巻)これだったら…
ここ? ここっすね

<巻は今>

<現役時代さながら>

へえ~

<昨年1月 突如この世を去った
女優 市原悦子>

何か隠してるのかい?

<「家政婦は見た!」をはじめ
およそ300作品に出演>

<さらに…>

♬~坊やよい子だねんねしな

<(市原)むかしむかし
あるところに>

<浦島太郎という漁師が
住んでおった>

<20年にわたり
声優としても活躍した>

<彼女の>

<生前最も多く共演した中尾彬も>

<悲しみに暮れた>

<そんな中尾が知らない
驚きの事実が>

<今夜 明かされる>

<今回 彼女が
生前暮らした>

<すると>

<その遺品には市原が
ひそかに抱え続けた>

<ある>

<市原悦子の>

<その詳細は ほとんど報じられず>

<多くの謎に包まれていた
市原の晩年>

<死の5日前
市原は紅白ミュージシャン Mに>

<一体?>

<我々は彼女の晩年と
死の裏側を知るある人物と>

<コンタクトに成功>

<市原が生前暮らした
都内の自宅で>

<すべてを語ってくれるという>

<彼女が暮らしていた自宅とは?>

(スタッフ)すいません
よろしくお願いします

<1970年代から 40年以上
市原を支え続けた>

<マネージャー 熊野勝弘さん>

<市原のマンションの間取りは 2LDK>

<子どもはおらず>

<演出家の夫 塩見哲と>

<夫婦で50年以上暮らした
この家には>

<市原の遺品が
そのまま残されている>

<そして 1周忌を終えた今>

<市原をずっと支えてきた
マネージャーが>

<顔に悩みを抱えていた市原が>

<どうやって
国民的女優に上り詰めたのか>

<そこには 知られざる
女の大逆転人生があった>

♬~赤いリンゴに

♬~くちびる寄せて

お姉ちゃん うまーい

<中学 高校のときには
演劇クラブで演技を学び>

<1954年 18歳のときに>

<新劇界の名門
俳優座の養成所の門をたたく>

<しかし
すぐに大きな挫折を味わう>

<それは 市原が
ある>

あの…

<しかし 彼は彼女の>

<当時 主役を張る女優といえば>

<原節子や
若尾文子と>

<顔が整った
美形ばかり>

<そんな時代に>

<女優としては致命的とも思えた
容姿>

<しかし ここから彼女の>

<顔にコンプレックスを抱えた市原は>

<そして
市原は>

<市原は夫婦で暮らすマンション内に>

<自宅とは別に
もう一つ部屋を購入>

<その目的は?>

<なんと>

<稽古専用の部屋に改築し>

<演出家の夫とともにプライベートでも
24時間 演技を磨いていたという>

<さらに…>

<なんと>

<ギリギリまで稽古を重ねていた市原>

<すると 徐々に市原の演技は
業界でも話題となり>

<が舞い込んで
くるようになった>

幸せだわ

その女の方

<しかし 彼女に与えられる役は
美人の主役ではなく>

<三枚目の>

<そんな中 1975年>

<市原のもとに>

<なんと>

<オファーがきたのは
TBSの昼ドラ>

<その内容は>

<というドラマ>

<一体 なぜ
並み居る美人女優を抑え>

<市原に
主役の話が舞い込んできたのか?>

<そこには>

<から>

<へと変わっていた>

<そのため>

<非現実的な>

<だった>

<すると このドラマは>

<平均視聴率
なんと17%の大ヒットを記録>

<39歳にして ついに市原の時代が>

<ここから彼女の快進撃が始まる>

<その2年後の>

新二!

<再びTBSの昼ドラ
「岸壁の母」で主演に>

<昼ドラ史上 歴代No.1の
平均視聴率 19%を記録>

<そして 1983年>

<ついに彼女を国民的女優へと
引き上げる決定打となった>

<あのドラマが始まる>

ごめんくださいまし

大沢家政婦紹介所から
まいりました

<市原は 普通の
おばさんとして>

<を演じ
人気を博した>

<最高視聴率は
なんと30.9%を記録>

<普通の女性であるからこそ
求められる>

<人間味のある演技で 一躍>

<自らの顔を自覚し>

<等身大の
ありのままの自分を大事にし>

<親近感のわく>

<そんな市原の女優人生を支えた>

<それは一体何なのか?>

<さらに 市原が遺言を残した>

<紅白ミュージシャン Mの自宅を直撃>

<を持っていた>

<市原悦子の女優人生を支えた
ある遺品とは?>

(熊野)これ そうです 市原さんの
サインが入ってるもんね

これ 市原さんが
仕事のときに外へ持ってって

(熊野)そう そう

<それは 市原悦子という
名前の刻まれた手鏡>

<市原はどこに行くにも
この手鏡を持ち歩いていたという>

<そこには>

<生前 市原が この>

っていうのが
ありますよね

あれは

美人鏡で あら? と思うと
これ ダメよ おかしいじゃないの

こういうものは非常に嫌いです

<鏡を湾曲させることで>

<映る人を細く見せる
いわゆる美人鏡は好まず>

<ゆがみのない手鏡を特注で作り>

<生涯 この手鏡を
常に持ち歩いていた市原>

<彼女は女優として>

<ありのままの普通の自分を
見せることにこだわっていた>

<しかし そんな彼女を>

<それは市原の才能を
いち早く見抜いた最愛の夫>

<演出家 塩見哲の死>

<市原はテレビや映画の仕事が
どんなに忙しくなっても>

<夫と芝居をすることを愛し
大切にしていた>

<1年のうち3カ月は
必ず夫の舞台に専念するため>

<ほかの仕事は
入れなかったという>

♬~悲しくて 悲しくて

<しかし>

<夫の塩見は
肺がんでこの世を去ってしまう>

<すると市原は
仕事への意欲をなくし>

<メディアへの露出は激減>

<表舞台から姿を消した>

<そして 彼女は
自宅に引きこもる生活を送る>

<そんな 塞ぎ込む市原のもとに>

<ある謎の男が現れる>

<それは紅白ミュージシャン M>

<そして 市原は
この男に遺言を残した>

<一体 その言葉とは?>

<我々は 都内にある
紅白ミュージシャン>

<果たして>

(スタッフ)すいません 今日は
よろしくお願いいたします

♬~Monkey magic,  Monkey magic

<1970年代から活躍し>

<多くの大ヒット曲を作った
伝説のロックバンド>

<ゴダイゴのリーダー>

<実はミッキー
市原夫婦の舞台に出演し>

<音楽監督も務めた
30年来の親友>

<市原の夫 塩見哲の死後…>

<悲しみに暮れ
自宅に引きこもる彼女を>

<再び表舞台に誘ったのも
ミッキーだった>

大女優様です

<ミッキーは
自身のライブに市原を招き>

<半ば強引に彼女を舞台へ上げた>

<そして…>

♬~悲しくて 悲しくて

♬~とてもやりきれない

♬~このもえたぎる 苦しさは

<夫の舞台で何度も歌った
夫婦の思い出の曲を>

<ミッキーとともに
歌いきった市原は…>

<ようやく前向きになれた>

<しかし>

<市原を>

<突然 市原の>

<この病気は>

<彼女は治療に専念するため>

<80歳のとき 休業を発表>

<その後>

<そして ここからがその詳細が>

<休業発表後
入退院を7回繰り返し>

<大河ドラマも降板>

<病と
闘っていた市原>

<2018年12月>

<すると 2019年1月7日>

<市原が>

<ミッキーのもとに>

はい もしもし

<既に
市原は>

<病院に駆けつけたミッキー>

<このとき まさか自分が市原の>

<思ってもいなかった>

<ミッキーの声かけに
目を閉じていた市原が…>

<昏睡状態だった市原が
目を開けた>

<さらに…>

<なんと20分も
会話を交わしたという>

そろそろ

じゃあ

<このあと 市原悦子>

<かける>

<その言葉とは?>

<そして>

<すると 市原は…>

<これが市原悦子の残した
最後の言葉だった>

<そして この直後 意識を失い>

<5日後 市原悦子は
静かに息を引き取った>

<彼女の葬儀では…>

♬~

<出棺のときには およそ500人の
ファンが彼女を見送った>

<それは
千葉県袖ケ浦市にあるお寺>

<しかし そこには…>

<実は>

<子どものいなかった
市原は>

<市原は夫の死後
2人で入るお墓を探しに>

<このお寺を訪れたとき…>

市原さんには

<実は このお寺には>

<ことでも知られている>

<そう言って>

<榎といえば
公園や街角でよく見られる>

(♬~悲しくてやりきれない)

<そこに彼女は自らが貫いてきた
女優としての誇りを>

<重ね合わせたのかもしれない>

<高さ4mほどに成長した榎の木>

<この木の下で
市原は 愛する夫と眠っている>

<派手さは
なくても>

<我々の心の中で
これからも生き続ける>

中尾さんは
ご覧になっていかがでした?

あの人

あ~ あったかいんだ

僕 全然

<そして 実は友近が
2010年 市原さんと共演>

<そのとき>

(薬丸)今日から はなまるファミリーに
加わった友近さんです

友近と申します
よろしくお願いいたします

ホントうれしいです 私

させていただいたことが
あるんです

どうぞ

すいません

ちょっと待ってくれよ

最初っから

<次回 行方不明になった
風船おじさんに新事実>

<児童養護施設で育った元AKB48>

(声のボリュームを下げて)
さて今夜の「ぴったんこカン・カン」は


関連記事