遠くへ行きたい「大分でほっこり温泉&冬の美味探し…豊後水道&おんせん県」タチウオ料理・地獄蒸し・竹バッグ…


出典:『遠くへ行きたい「大分でほっこり温泉&冬の美味探し…豊後水道&おんせん県」』の番組情報(EPGから引用)


遠くへ行きたい「大分でほっこり温泉&冬の美味探し…豊後水道&おんせん県」[解][字]


片岡安祐美▽湧出量日本一!別府温泉絶景露天風呂▽豊後水道の恵み!ピカピカ新鮮タチウオ料理▽名物!好きな食材を蒸して食べる「地獄蒸し」の極意▽女性に人気!竹バッグ


詳細情報

出演者

【旅人】

片岡安祐美(茨城ゴールデンゴールズ監督兼選手)

番組内容

大分あったかほっこり名物探し▽1)喫茶店のびっくり温泉!?湯舟にザボン!▽2)別府の魅力!名物地獄蒸し料理▽3)湯治客に愛される素泊まりの「貸間宿」で自炊の醍醐味▽4)湧出量日本一!別府の絶景露天風呂はココ!▽5)竹のぬくもり…かわいいハンドメイドバッグ&アクセサリー▽6)豊後水道の恵み!ピカピカ新鮮タチウオ料理▽7)「農泊ブーム」有機栽培野菜がおいしい▽8)自家製みそで作る絶品シシ鍋でおもてなし

音楽

【テーマ曲】

「遠くへ行きたい」

作詞:永六輔

作曲:中村八大

制作

ytv

テレビマンユニオン

番組ホームページ

★https://www.ytv.co.jp/tohku

★http://www.to-ku.com

★ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!

取材地

大分県別府市~臼杵市


『遠くへ行きたい「大分でほっこり温泉&冬の美味探し…豊後水道&おんせん県」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

遠くへ行きたい「大分でほっこり温泉&冬の美味探し…豊後水道&
  1. ハハハ
  2. タチウオ
  3. ホント
  4. 大分
  5. キレイ
  6. 温泉
  7. 片岡安祐美
  8. 今日
  9. 湯治客
  10. 別府
  11. オススメ
  12. カニ
  13. ザボン
  14. シシ鍋
  15. タチ
  16. 臼杵
  17. 温泉蒸気
  18. 仕掛
  19. 美味探
  20. 面白


『遠くへ行きたい「大分でほっこり温泉&冬の美味探し…豊後水道&おんせん県」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ 関連商品

(片岡安祐美)
<おんせん県 大分の別府は

湯けむりの里>

海だ~!

<茨城ゴールデンゴールズの
片岡安祐美です>

何か見るからに結構
歴史を感じるレトロな感じだけど。

ヤダ こんなポーズできない 私。

<楽しみにしていた 砂湯>

<およそ40度の砂で
全身を包んでくれます>

お~ お~。

あっ そうなんですね。

優しく温められてるっていうか

支えられてるっていうような感じ。

<じんわ~り体のしんまで
温まって行きます>

めちゃくちゃ気持ちいい。

<別府には びっくりする温泉も>

喫茶店なんですよね?
(高崎さん) そうなんです。

近くに住んでるんですけど
温泉 好きで よく…。

何それ! 何 かわいい!

コーヒー飲みに来たってよりも
お風呂に入りに来たって感じ。

あら 人懐っこいわね あなた。

<マスターは自家用の温泉を
楽しんでもらいたいと

開放したそうです>

いい香り ザボン? バンペイユ?

(八木さん) ザボン さすが。

<冬 美容や健康のために

名物のザボンを入れるそうです>

あ~。
あ~。

温か~い。

あぁ いい香り これこれ…!

これね… はい。

アッハハハ…!
ハハハ…。

おっぱいってこと?
これ みんな こうやって遊ぶの。

ホントに?
そう。

ダイナマイトボディー に。
ダイナマイトになりたいという

願いを込めて。
なるかな?

なる! ハハハ…。

<片岡安祐美 大分の名物探し>

<あったかほっこり 楽しむぞ!>

お~ おいしい!

<温泉蒸気で ごちそう作り>

お~ うま~い!

<女性に人気の竹細工を発見>

や~ いい かわいい。

<銀色に輝く旬のタチウオは
プリップリ!>

お~ 待って これ デカくない?

<里山の珍味 シシ鍋もおいしい>

<さぁ 冬の大分で美味探し>

<皆さんもご一緒に どうぞ!>

<まず珍しい料理が
楽しめるという鉄輪へ>

すごいよ
ここ めっちゃ湯気出てる~。

温か~い!

温泉だ!

<温泉蒸気は
暮らしにも役立ちます>

こんにちは~。

うわ~ すご~い!

<ほら シフォンケーキ>

≪召し上がられますか?≫

いいんですか?
熱いので気を付けてくださいね。

すごい フワフワ! ほら…。

お~! おいしい。

<実は これ 地獄蒸しと呼ばれ

観光客に大人気>

<好きなものを蒸すことができて
いいですね>

楽しそう。

<私も食材を集めに行きます>

あっ 完璧じゃん これ。

何かオススメのものって
あったりしますか?

そうですね
やはり 蒸し物なので

カニ エビ あとですね

ホタテからカキからですね
貝類なんかは基本になりますね。

オススメされるのは こちらね

地物でとれるんですけどね
こちら サバガニと呼ばれるやつ。

サバガニ?
そうですね。

え~
じゃあ これ 行きたいですよね。

(店員) おいしいですよ。

こちらにクルマエビとかですね。
クルマエビねぇ。

大きい!

私 エビ 大好きなんですよね。

<見て! 旬のものばかり>

<向かったのは
湯治客が集まる温泉宿です>

<名物女将の伊東さんが
教えてくれます>

<カニは熱湯で締めてから蒸すと
いいそうです>

お~。
(伊東さん) 暴れ回るからね。

≪おいしく食べてあげるから
ちょっと待ってて≫

<底板にのせて かまどの中へ>

<近寄ると 結構熱い!>

<中は100度近くにも
なるのだとか>

よいしょ。

これで何分ぐらいですか?

これで15分か20分。
そんなもんで行けるんだ。

<温泉蒸気で
ほんのり塩味も付くそうです>

皆さん この…。

<創業80年
全国各地から来る湯治客に

愛されて来た貸間宿>

<自分たちで食事の準備をする
素泊まりで…>

<長逗留して
ゆっくり体を癒やす人が

多いそうです>

<さぁ 蒸し上がりました!>

カニが赤くなってる!
真っ赤っかだ!

<ホッカホカで おいしそう!>

ほらほら 内子がいる!

これ 内子 超おいしいの!

いただきやす!

お~ うま~い!

<分け合って食べれば
もっとおいしい!>

ありがとう。
ハハハ…。

はい あ~ん!

<湯治客にも お裾分け>

おいしい?
おいしい。

ここを中心としたコミュニティーが一つ
できてるような感じがあって。

ハハハ…。

もっともっと まだまだ~!

<別府は 温泉の湧出量 日本一>

<さまざまな
楽しみ方ができます>

<こちらは絶景露天風呂>

<温泉プールでは光と湯けむりが
コラボレーション>

<ロマンチック~!>

<別府観光の目玉が…>

<地球のエネルギーを感じますね>

<さらに珍しい地獄も>

<ここは竹の加工場ですが…>

こちらでは
何の作業されてるんですか?

油抜き?
(茶さん) はい。

(茶さん) これ…。

<竹がスッポリ入る長い窯に
切れ端をくべ…>

<15分ほどすると…>

お~ 湯気が出てる。

これが油。

あ~ なるほど。

夏 ここにいるの暑いですよね。

もう…。

うわ~。

うわ~ そっか。

だから…。

あ~… ここも地獄。

竹の湯地獄。

すごい鮮やかなグリーン。

<それを天日で干せば

紫外線の力で象牙色になります>

<実は別府は竹の名産地>

<温暖な気候で
良質な竹が育ちます>

<江戸時代から
その竹を利用して

湯治客が使うザルやカゴの生産が
盛んになったそうです>

<それが今 女性に大人気>

すごい いっぱいある~。

うわ~ かわいい~。

これは全て竹で?
(さとうさん) 竹で。

…作られたもの。
(さとうさん) はい。

すご~い!

小っちゃい これホントに

ケータイとお財布と
リップクリームだけぐらいな。

(さとうさん)
とっても持ちやすいサイズなので。

かわいい。

<どれもステキで
目移りしちゃいますね>

<気になったのはアクセサリー>

(さとうさん)
2~3gぐらいしかないので。

これ かわいい~!

(さとうさん)
ありがとうございます。

サイズが大っきくなっても…。

あっ お~! つけられてるのも…。

<実は今
おしゃれに目覚めているんです>

今日のお洋服とも合ってません?
フフフ…。

今までは野球やって来て

何か 見た目とか もう二の次?

泥だらけ
汗まみれになってたから

別に何でもいいや
だったんですけど

やっぱね一応 旦那さんの前では

ちょっと女子に
目覚めて来たのかな?なんて

思うんですけど。

例えば…。

何となく…。

気分が上がるんです。

<ほら こんなふうに使っても

楽しいですね>

<次は絶品
タチウオ料理ですよ!>


<片岡安祐美
冬の大分でホットな美味探し>

風情ある。

<室町時代に築かれた城下町

臼杵へやって来ました>

<風情ある町並みが
今も残っています>

すごい歴史ありそう。

タイムスリップしたみたい。

あら デブ猫ちゃん。

デブ猫ちゃん。

名前何ていうんですか?
フクといいます。

喜んでると思いますよ。

<大好きな猫が
出迎えてくれました>

かわいい。

<臼杵に来たら必見!
という名所が こちら>

<国宝の石仏群です>

へぇ~ すご~い。

<平安時代から
鎌倉時代にかけて

崖の岩を彫って
造られたそうです>

<地元の人たちから
大切にされて来ました>

この時期ね朝も寒いし
お水も冷たくないですか?

ハハハ…。

どんな思いで
こう お掃除をされてるんですか?

今日ね 皆さん…。

ほいで お賽銭箱はな…。

うわ~ もう…。

お母さんが守り神のような。
いやいや…。

今日も一日
ありがとうございました。

(読経)

<こうして

いにしえから
人々を守って来たのですね>

(読経)

<次は
冬が旬の海の幸を探して…>

のどかだな~。

<豊後水道の荒波にもまれて

おいしい地魚がとれるそうです>

すごい何か
おばあちゃん家に似てる。

こんにちは。

今 戻って来られたんですか?

乗っていいんですか? ホントに?

<何が とれたのかな?>

これは何ていう魚なんですか?
(男性) カマガリ。

カマガリ?
どうやって食べるんですか?

もう ありがと お父さん。

初めて会うけど。

<こちらの船は…>

今日は 何が とれたんですか?

タチウオ?

いいですか?見せてもらっても。
はい いいですよ。

すごい キレイ タチウオ。

タチウオって
何でタチウオって…?

(吉良さん) 何に見えます?

昔の武士とか日本刀…。

そういうことですよね すご~い。

<漁場は豊後水道>

<太平洋と瀬戸内海の海流が
混じり合う所です>

<イカナゴを餌にした仕掛けは
延縄>

<このキラキラ光るのが
タチウオ>

<釣りたては こんなにピカピカ>

<漁師は銀箔と呼んでいます>

<タチウオは とれたてが一番>

何か干してある 面白い。

これはイカ?
イカ。

今が旬のモイカです。
モイカ へぇ~ 面白い。

<地元の漁師料理 楽しみ!>

<細長いタチウオは
背骨に包丁を当て

ス~っと引くのが おろすコツ>

<身はキレイな白身です>

いただきます。

う~ん!
あっ!

ハハハ…。

すごい食感がいい!

≪おいしいわ!≫
おいしい!

噛めば噛むほど
うま味が出て来るような感じ。

<長い身だからこそできる

とっておきの食べ方が
あるそうです>

何に使うか分かりますか?

お箸ですよね?
お箸です。

<使うのは なんと割り箸>

この間に差すんですよ。

こういうふうに差すんです。

で こう巻いて行く。

お~ ホントに巻いてる!

いいところで
ぶすっと止める感じです。

<これは面白い!
この感覚 何かに似てる>

はいはい… 同じか。

グリップテープ
こうやって替えるんですよ。

軟式のバット。

こんな感じ?
おぉ いいじゃないですか。

(拍手)
素晴らしい。

遊んだら怒られる。
ハハハ…。

<塩 コショウを振って…>

<衣を付け…>

このまま全部入れちゃって
いいんですか?

そうですね。

<割り箸ごと揚げます
豪快ですね>

<これが漁師のオススメ…>

<揚げたてをいただきます>

熱っ! あっ。

フワッフワでトロットロ。

また
「タチ」っていうのがいいですね。

私も今度からタチウオのこと
「タチ」って言おう。

何か通っぽくないですか?
「タチ」って。

そうかな。

<さつま揚げにしたり
カルパッチョにしたり

旬の味は旅の醍醐味です>

うわ~ すご~い!

うわわ 待って これは怖いわ。

<片岡安祐美
冬の大分 ホットな美味探し>

<臼杵の里山の楽しみ方は

農家に泊まり
田舎暮らしを楽しむ

グリーンツーリズム>

<農泊が今
ブームになっているそうです>

「グリーンツーリズム  農村民泊 若水」。

お母様が社長様で。
社長さん。

お父さんは運転手。
ハハハ…。

ハハハ…!
ハハハ…!

<野菜を収穫し
郷土料理を作る体験が

人気だそうです>

<昔ながらの有機農法で
野菜が育てられています>

よいしょ! わっ とれた~!

<立派な大根!>

<見てください 中は真っ白>

(大嶋さん) 食べてみて。
いいの?

あっ 全然 辛くない。

みずみずしい!

う~ん。

あっ そうなんだ。

<猟師でもある大嶋さんと
仕掛けたワナを見に行きます>

お~!

いや~ 怖い!

こんな道沿いに?
道の上に…。

<獣道に仕掛けたそうです>

<そ~っと のぞいてみると…>

かかってる? ホント?

めっちゃ静かだけど。

よいしょ…。

いた?
いましたよ かかってますよ。

どこ? どこ?

わぁ! 大っきい!

大っきいでしょ 結構ね。

うわ~ すご~い 初めて見た!

初めて?

ちょっと複雑 心が。

この命をもらうっていうことね。
そうやね。

…なんだけど生きてるし
ちょっと かわいそうだなと

思っちゃうんだけど。

シシ権現?
うん それは…。

そういう所もあるんです。
へぇ~。

<こちらが シシ権現>

<平安時代から
イノシシやシカの骨を奉納し

供養して来たそうです>

<自然への感謝ですね>

<シシ肉をいただきます>

キレイ 本当 お肉が。

キレイでしょ こう…。

へぇ~。

すごい脂身もキレイですね。

これが冬が寒くなると
3cmぐらいになります。

そんなにつくんですか?
脂を蓄えて。

<早速 鍋の準備>

<水から煮て
アクを丁寧に取るのが

ポイントだそうです>

(ケイ子さん)
味付けは みそ 入れますよ。

<自家製のみそを溶き

大根 にんじん

白菜 ニラなどを加えれば

滋養あふれる
シシ鍋の出来上がり>

<さて そのお味は?>

(3人) いただきます。

うわ~ おいしそう。

<里山のごちそう
シシ鍋の味は?>

(ケイ子さん) おいしい。
うん!

身は軟らかいの
だけど 脂身の弾力が ものすごい。

白い脂の所おいしいでしょ?
めちゃくちゃおいしい。

噛めば噛むほど うま味がすごい。

うん。

じゃあ
寒い冬をこのイノシシを食べて

乗り越えてらっしゃったんですね
皆さん。

これはね 元気出るもん。

おいしい。

<体も心も温まる冬の美味
いいですね>

初めての体験を
たくさんさせてもらったけど

その中で やっぱり一番は人の輪。

人の優しさ
温かさっていうものを

すごく身に染みたなと
思いましたし。

ホントに ほっこりする旅でした。

<あなたも冬の大分を
ほっこり 旅してみませんか?>


関連記事