所さんお届けモノです! あなたの知らない鎌倉(秘)商店街 より地元に密着した「御成通り商店街」・シラス専門店…


出典:『所さんお届けモノです!【あなたの知らない鎌倉(秘)商店街★楽しい超穴場!】』の番組情報(EPGから引用)


所さんお届けモノです!【あなたの知らない鎌倉(秘)商店街★楽しい超穴場!】[解][字]


カミナリが商店街の専門店をめぐる人気企画!今回は鎌倉へ▼観光客が集中する小町商店街ではなく、より地元に密着した『御成通り商店街』で2人を待ち受けるものは…?


詳細情報

出演者

【MC】 所ジョージ 【アシスタント】 新井恵理那 【プレゼンター】 アンガールズ田中卓志  【ゲスト】 水野真紀 【リポーター】 カミナリ(まなぶ・たくみ)

番組内容

カミナリのふたりが向かったのは観光客でごったがえす鎌倉・小町通商店街ではなく、駅をはさんで反対側にある『御成通り商店街』。地元の人が多く、八百屋さんや酒屋さんなどおよそ130店が軒をつらねます。 ★専門店を探すふたりが見かけたのはなんと馬車!名物の馬のタクシーに乗り海を眺めながらおすすめの「シラス専門店」へ。シラスとあるものをあわせた豪華どんぶりにいきなりテンションマックス!

番組内容2

スタジオにもしらすをたっぷり使った名物商品をお届けします  ★そのほか、路地を入った一軒家のお好み屋さんの超意外な新メニューや味噌専門店が開発した意外な人気商品など。調理師免許を持つゲストの水野真紀さんも大興奮!美味しい1時間をお楽しみに。

公式HP

【番組HP】 http://www.mbs.jp/otodokemono/


『所さんお届けモノです!【あなたの知らない鎌倉(秘)商店街★楽しい超穴場!】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

所さんお届けモノです! あなたの知らない鎌倉(秘)商店街 より地元に
  1. 鎌倉
  2. 商店街
  3. 水野
  4. ホント
  5. お店
  6. 高橋
  7. 専門店
  8. 山助
  9. アハハハハ
  10. 御成通
  11. 今回
  12. 今日
  13. 上品
  14. 鎌倉駅
  15. 地元
  16. 店長
  17. MISO-YA
  18. アハハ
  19. お願い
  20. お好み焼き


『所さんお届けモノです!【あなたの知らない鎌倉(秘)商店街★楽しい超穴場!】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送 関連商品

<商店街といえば 1つの食材や
商品に特化した

いわば 専門店の集まり>

<番組では これまで
さまざまな商店街を巡り

専門店だからこその
珍しい逸品の数々を

発見してきました>

(新井)おいしかった
自由が丘のカレー。

<そして 今回も…>

(まなぶ)
♪~ 今 何時 そうね だいたいね

♪~ 今 何時 ちょっと待ってて

<番組公認…>

<今回
2人が やって来たのは…>

<鎌倉で
特に 観光客に人気なのが

源 頼朝ゆかりの神社
鶴岡八幡宮に続く…>

(所)にぎわってる。
(水野)こんなに。

(田中)すごい。

<こちらの商店街には…>

すごいね。

<しかし 今回 調査するのは
ここではなく

駅を挟んで反対側にある…>

<こちらは 地元の方が利用する
いわば…>

<新鮮な野菜と果物がそろい
地元の…>

<さらに ソフトクリームだけを
扱う 専門店など

およそ130店舗が
軒を連ねます>

こっちの通りのほうが
ゆっくり歩けそうだね。

<そんな…>

<早速…>

みんなが行かないほう。

(まなぶ)初めて 初めて。

(まなぶ)何か ホントに…。

(たくみ)そうだね。

(たくみ)馬?

(まなぶ)えっ?

(たくみ)何だ? すげぇ。

(たくみ)どういうこと?

(たくみ)すみません。
(高橋さん)はい。

(高橋さん)どうも。
(たくみ)えっ 馬! これ…。

…っていう名称で。

(たくみ)これ タクシーなんですか!
(まなぶ)タクシー!

(まなぶ:たくみ)へぇ~。

<天気のよい日に
鎌倉で流しているという…>

<運転する高橋さんは

もともと 北海道で

ホーストレッキングの
インストラクターをしており…>

<料金は 距離によって変わり

鎌倉駅から…>

<…で どこでも
行ってくれます>

お願いします。
じゃ いってきま~す。

あっ いいじゃん。

(まなぶ)おっ しらす。

しらすだからね。

しらす。
(高橋さん)しらすで…。

山助さん。

しらすはね 行きたいよね。

<でも せっかくなので…>

(高橋さん)
はい 海が見えてきます。

<そして お目当ての…>

(たくみ)ありがとうございました。
(高橋さん)はい どうも。

(たくみ)は~い。

(たくみ)今 こうやって見ると。

ちょっと 山助さんの…。

分かりました じゃあ 僕が…。

また 何か考えてるよ。
まなぶのボケしろはね…。

考えてるよ。

(まなぶ)はい お願いします。

あっ。

うまっ うまっ。

(たくみ)何 試食してんの?

(まなぶ)あっ ごめんなさい。

(まなぶ)いいですか
ありがとうございます。

(笑い)

<しらす専門店 山助は

1年前にオープンした
新しいお店>

<専門店だけあって
店内には しらすを使った

さまざまな
オリジナル商品が並び

お値段は380円均一と お手頃>

<しかも>

(たくみ)なるほど!

ハハハハ
うわ すげぇ楽しみだな それ。

<…を持つ 山助
それもそのはず

会長 自らが…>

<今の時季は
食感がよく 甘みが強い

茨城県産のしらすを釜揚げに>

<ちりめんには

栄養豊富な黒潮が流れ込む
三重県答志島産を使っています>

<あえて 地元 鎌倉に
こだわらないため…>

<もちろん 全て試食できる
太っ腹サービスも>

<さらに!>

(店長)こちらが当店のお薦めの…。

(まなぶ)うわ~ おいしそう!

いや もう…。

下に しらすがある?

<お店では 自慢のしらすを
ふんだんに使った丼を

いただくことができるんです>

<一番人気は

脂ののった
鹿児島県産 本マグロの下に

ふっくら釜揚げされた
しらすを敷き詰める…>

(たくみ)ほ~ら う~わ うまそう。

うわ~!
(店長)間違いなくあるので。

(たくみ)いただきます。

うわ 大きな ひと口。

ホント 食べた過ぎて
俺…。

(まなぶ)うわ~ この…。

(まなぶ)最高ですね これ。
(たくみ)紅白。

いただきます。

ほら どうなの?

ホントだ。

マグロのうま味に! ちょっと…。

(笑い)

負けてない。

<さらに…>

(店長)そうですね。

うんめぇ。
うんめぇ。

<しらすの食べ歩きができる

山助オリジナルメニューを

鎌倉 御成通り商店街から>

この番組は もう美人しか
出ないようにしよう。

今日から。
何でですか。

上品な感じになる。
ここで食べるものも 味が変わる。

全部 うまい!って言うよ 俺は
そういうことです。

鎌倉ね
最近 行ってないんですけど…。

そうですよね
何百万人って来るんだもんね。

でも 何か 小町商店街のお客さん
こっちに持ってこようかなとか

ないんですかね?
今日 見ると そっちのほうへ

皆さん 行くんじゃないですか?
そうですよね。

ええ ゆったり。

あと 何か…。

そう それが何より。

みんなが行くほうじゃないんだよ
みたいなさ。

さぁ 鎌倉の御成通り商店街で
見つけてきた お届けモノが

こちらでございます。
歩きながらっつってましたもんね。

おにぎりね。
いきましょう。

あっ!
あっ…。

正解~!
(水野)あれ?

おにぎり。

こちら 説明書によりますと…。

お店では しらす干し

梅ちりめんなど 12種類を販売。

上に のっている…。

食べる前に…。

…のが お薦めだそうです。

では…。

もう カメラさんなんか
嫌がったからね これ。

おぉ こうやって来るなと思ったら
こっち3つに寄っちゃったからね。

216円。
確かに そうですね。

今回は…。

…を ご用意しました。

えっ!?

出しちゃって。
(水野)どのぐらいあるんだろう?

これ のりの巻き方が ちゃんと

こんなに ちりめんが入るように
巻いてあるの。

そう 中にも もちろん入ってます。
ホントだ。

そんなにですか。
ホントだ。

おにぎりの そこ。
いいだろ? 上品なんだから。

全然 いいですよ。
上品 俺も… 俺も見習おう 俺も。

みんな 開けちゃった。
中に しらすが入ってる。

(水野)えっ すごい こんなに?
わぁ~! すごい ぎっしり。

それだったら がつっと。
こうやって がっつり。

(水野)でも これ 結局 持ち帰れる
丼みたいなもんですよね。

そうですね。
お持ち帰り丼みたいな感じ。

う~ん。

ねっ。
もう やっぱ…。

で 食べると…。

やっとだもん やっと
あれ やっとだもん。

やっとなの?

これ やりたくなったらさ
この出したやつを交換して。

中身は これが入ってんだから。

それ くれよ。
ぜひぜひ。

いいですよね。
甘いんだね これ。

お子様ですとか 大好きです。

あっ 所さんのやつも。

うまいね これ おいしいですね。

ちなみに
山助の会長さんによりますと…。

そうなの?

平仮名の「し」みたいに
くるっと丸まってるんですね。

これが 鮮度が よくて…。

鮮度がいいと 「し」になんだ。
はい。

えぇ~。
へぇ~。

全部 いっちゃってる。
ぺろりですね。

おいしい。
しらすはね。

<鎌倉…>

<しらす専門店…>

お好み焼き。

そうですね。

ちょっと変わった…。

…もあったりして。
変わった おもしろいメニュー。

(たくみ)津久井さん。
はい。

<2人は
お店を目指し

商店街を鎌倉駅のほうへ
逆戻り>

(まなぶ)
ロケ スタートしたとこだもんね。

(まなぶ)あった ほら。(たくみ)あっ ホントだ 津久井。

(まなぶ)お好み焼き。
(たくみ)あっ ここか。

(まなぶ)あ~。
(たくみ)あっ。

(まなぶ)分かんなかったね。
(たくみ)こういう路地にあんだね。

(まなぶ)分かんなかった。

(たくみ)カメラ入れて…。

(まなぶ)はい 失礼します。

(たくみ)うわ すげぇ きれい。

<こちらのお店 もともと
住居だった建物を改装し

おじいさんの代から48年
味を守り続けているんです>

<歌手の…>

<鎌倉に来た際は 必ず
寄っていったんだそう>

アハハハハ。

絶対 言ったよね。

(孝子さん)一応…。

アハハ ちょっと…。

(孝子さん)はい。

はい お願いします。
お願いします。

<気になる おこめ焼き

ご主人が
焼いてくださるそうです>

(柿澤さん)ちょっと
のぞいてみれば その下ですね。

(たくみ)あるんですか? あっ…。

<ただ
焼いてるだけじゃなかった>


<鎌倉…>

<なんと…>

<その名も おこめ焼き>

<具材には にんじん
ねぎ えび

鎌倉名物のしらすを入れ

焼き上がりがフワフワになるよう
食材…>

<これを>

(柿澤さん)枠。

<しっかり…>

アハハハハ 楽しみだな。

<そろそろ…>

おっ おぉ~。
おぉ~。

いきなり きましたね。

(たくみ)今の ひっくり返し。

<さらに
おこめ焼きに こだわるあまり

専用のお醤油まで
開発したんだそう>

<煮詰めた醤油と
鰹 昆布だしを合わせた

特製醤油は…>

<焼き上がったら
これをたっぷりと塗り

鰹節をかければ出来上がり>

ソースじゃなくて
醤油で さっぱり。

ねぇ おこめ焼き。

(たくみ)うわ うまっ。

焼きおにぎりとは ホント…。

中がね。

そうそうそう。

(たくみ)おいしい。

やっぱね…。

おいしいです。
こめ こめ。

<再び…>

(たくみ:まなぶ)アハハハ。

(たくみ)ねぇ いい。

この時間。
この時間。

<すると
鎌倉駅の近くに

さしかかったところで>

(まなぶ)「MISO-YA
KAMAKURA INOUE」。

(たくみ)「MISO-YA」。

ねっ。

(たくみ)おっ びっくりした
こんにちは あっ どうも。

あっ いいですか。

<こちらは…>

<店主の…>

<こちらのお店では…>

(まなぶ)唐揚げ うわ 最高。

う~ん。
あっ…。

(たくみ)ねぇ。

(まなぶ)えっ?
(たくみ)ジェノベーゼ?

(たくみ)味噌 入ってるんですか
これ へぇ~。

(井上さん)
っていうのがあるんで…。

あぁ~。

<そう こちらのお店には

味噌のうま味を生かした
料理が…>

<その中でも>

<自身で
100点満点と豪語する…>

ちょっと
僕のオリジナルレシピで…。

(井上さん)そうですね はい。

<鎌倉 御成通り商店街から>

<所さんお届けモノで~す!>

あぁ そっか そっか
ってことは…。

正解だな?
さぁ どうでしょう。


じゃあ ちょっと箱のほう
開けてみてください。

さぁ どうでしょう。
あれ?

あっ 遠からず…
こちら 説明書によりますと…。

今まで…。

はい そうですね。

なぜか ないですね。

あぁ~。
そう思ってますね。

アハハハハ。

さぁ 焼いたバゲットに
バターが のっていますので

そこに スパイシー味噌ソースを
塗って お召し上がりください。

バターと合わせると…。

…に なるんだそうです。

そもそもさ どのくらい塗れとか
いってないけどさ…。

もう1枚のほうで。
いいよ 俺 このぐらいで いくよ。

薄めでいいんです。
いくよ。

(かじる音)

いい音。

アハハ。

大きく うなずいて。
いい感じです?

アハハハハ。

その後…。

今まで長野だったのが…。

あぁ~。

やっぱり こういう軽やかな食感。
この香ばしさと混じると。

はい。
何か…。

ちなみに…。

(水野)そうそう。
何か…。

いただいて すぐ思ったのは…。

あぁ~。
あぁ~。

ビニール袋に こうやって
ちょちょっと詰めて…。

お好み焼きの仕上げみたいに。

そういう使い方もできる。
(3人)あぁ~。

これ…。

あっ 田楽。

ねぇ。
はい こんにゃくでも いけますね。

ってことは
こんにゃくから パンから…。

これね。

何か やる気 感じませんか?
お好み焼き屋さんも そうですし。

そうですね。
実は 皆さん 御成通り商店街

やる気満々なんですよ きっと。

何か もう 水野さんが来たら…。

…みたいに。
いやいやいや。

いつもの 「何だ 腹いっぱいだ
ごきげんよう!」。

…みたいなのじゃない。
しっとりしますね。

上品なね。
今日は ありがとうございました。

(水野)いえ 大変 楽しかったです
ありがとうございました。

ごきげんよう また次回。
(笑いと拍手)

今日は品がありますね。


関連記事