激動!フィギュア新時代~女王ザギトワ 引退騒動の真実~ ロシアで引退騒動後初の独占取材に成功。そこには知られざる…


出典:『激動!フィギュア新時代~女王ザギトワ 引退騒動の真実~』の番組情報(EPGから引用)


激動!フィギュア新時代~女王ザギトワ 引退騒動の真実~[字]


去年12月に世界中を駆け巡った女王ザギトワの活動休止宣言。「引退騒動」にまで発展した衝撃的ニュースから1カ月…女王ザギトワが独占インタビューで“真実”を語った。


詳細情報

◇おしらせ

☆番組HP

 https://www.tv-asahi.co.jp/figure_zagitova/


☆『テレビ朝日・フィギュアスケート』公式Twitter

 https://twitter.com/figureskate5ch

◇番組内容

去年12月に世界中を駆け巡った女王ザギトワの「活動休止宣言」。4回転ジャンプやトリプルアクセルを跳ぶ、新世代のロシア3人娘が衝撃的デビューを果たし、急激なジャンプの高難度化が進んだ今シーズン。「フィギュア新時代」に突入する中、今シーズンもがき続けた17歳の女王。長年に渡り彼女を追い続けてきたテレビ朝日は今回、ロシアで引退騒動後初の独占取材に成功。そこには知られざる「引退騒動」の“真実”があった―。

◇ナレーション

平野義和、武田華 ほか


『激動!フィギュア新時代~女王ザギトワ 引退騒動の真実~』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

激動!フィギュア新時代~女王ザギトワ 引退騒動の真実~ ロシアで
  1. ザギトワ
  2. 解説
  3. 実況
  4. 彼女
  5. マサル
  6. 観客
  7. 拍手
  8. 歓声
  9. 新時代
  10. 日本
  11. ジャンプ
  12. ロシア
  13. 金メダル
  14. 後輩
  15. メドベージェワ
  16. トリプルトーループ
  17. リンク
  18. 外国語
  19. 今シーズン
  20. アリーナ


『激動!フィギュア新時代~女王ザギトワ 引退騒動の真実~』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日 関連商品

シーズン佳境を迎えた
フィギュアスケート。

♬~

(解説)4回転トーループ。
トリプルトーループ。

(実況)最後のジャンプ。

(解説)トリプルアクセル。
(実況)完璧!

(実況)出ました! 111.82!

世界歴代最高記録です!

先週の大会では
羽生結弦 紀平梨花が優勝。

(実況)紀平の強さは
揺るぎません!

驚異の新世代
ロシア3人娘の快進撃も続く。

だが その表舞台に
彼女の姿はない。

平昌オリンピックで
金メダルに輝いてから

たった2年。

彼女は 今 引退騒動の渦中にある。

このまま ザギトワは
やめてしまうのか?

そこで 今回
ロシア モスクワへ飛び

彼女を直撃。

すると…。

私は…。

燃え尽きていたのです。

知られざる事実が
次々と明らかに。

幼い頃の発掘映像。

さらに 長期間にわたる
密着取材を通じ…。

引退騒動の真実に迫る。

♬~

先月下旬 モスクワ。

渦中のザギトワが
我々の取材依頼に応じてくれた。

去年12月の活動休止宣言後
ほぼ途絶えていた肉声。

そこで 今回

人間 ザギトワに迫るため

5つのキーワードを用意。

本人に カードを

引いてもらう形式を取った。

まず引いたのは…。

(外国語)

新時代。

ザギトワ引退騒動の
引き金ともいわれるのが

今シーズン デビューした
同じクラブの3人の後輩。

アレクサンドラ・トゥルソワ。
15歳。

♬~

(解説)4回転ルッツ
しっかり決めていきましたね。

(解説)4回転トーループ。
トリプルトーループ。

なんと
4種類の4回転ジャンプを持ち

男子と戦いたいとまで公言する
新時代の申し子。

アンナ・シェルバコワ。
同じく15歳。

(解説)4回転ルッツ。
トリプルトーループ。

男子でも使い手の限られる
最高難度のジャンプ

4回転ルッツを軽々と跳ぶ。

そして アリョーナ・コストルナヤ。
16歳。

(解説)トリプルアクセル。
(実況)これも決めました。

4回転はないものの

安定感のある
トリプルアクセルに加え

卓越した表現力も併せ持つ。

一方 ザギトワも

迫り来る新時代を見据え
準備をしていた。

高さや滞空時間を補う
特殊な器具を使った

4回転ジャンプの練習。

4回転習得には
至らなかったものの

なりふり構わず取り組む
女王の姿があった。

そんな中 迎えた
最初の公式戦。

同門の後輩 コストルナヤとの
対決となった。

(場内アナウンス)
「アリーナ・ザギトワ」

(観客の歓声)

オリンピック女王が
新時代の選手相手に

どんな戦いを見せるのかに
注目が集まった。

フリーで演じるのは

古代エジプトの女王
「クレオパトラ」。

(解説)トリプルルッツ。
(実況)ああ…。

最初のジャンプで
ミスは出たものの…。

(解説)ダブルアクセル。

トリプルトーループ。

(解説)トリプルルッツ。

トリプルループ
ここでつけてきましたね。

入り方も難しく…。

(実況)シニアデビュー以来

グランプリシリーズは 4戦4勝。

圧倒的な強さを見せてきました。

♬~

(観客の拍手と歓声)

(実況)今シーズンのフリー
「クレオパトラ」。

ザギトワが演じきりました。

シーズン序盤とすれば
上々の出来といえる演技。

だが…。

結果は コストルナヤに次ぐ2位。

20点もの大差をつけられる
完敗だった。

試合翌日 優勝をさらった
後輩について聞いてみると…。

そんな彼女の思いについて

同じ オリンピック金メダリストの
荒川静香は…。

全てのタイトルを

ほぼ…
スケーターが目標とするものは

とっている選手
なんですけれども…。

そして 12月
イタリア トリノ。

ザギトワは
世界のトップ6が争う頂上決戦

グランプリファイナルに臨んだ。

オリンピックで頂点に立ってから
わずか2年足らずで

あっという間に押し寄せてきた
新時代の波。

それを象徴する3人の後輩との
直接対決となった。

まずは トゥルソワ。

4回転ジャンプを
次々と成功させ

トップに立つ。

(観客の拍手と歓声)

続いて シェルバコワ。

(観客の拍手と歓声)

4回転ルッツを

コンビネーションジャンプで
決めるなど

大きな得点を稼ぎ出し
トゥルソワを上回った。

さらに コストルナヤ。

(解説)トリプルアクセル。

ダブルトーループ
高さがありました。

華麗なトリプルアクセルと

完成度の高い演技で魅了すると…。

(実況)247.59!

世界最高得点 更新です!

世界最高得点で
もちろん トップに。

空前のハイレベルな戦いが
繰り広げられる中

最終滑走者として登場した
ザギトワ。

(場内アナウンス)
「アリーナ・ザギトワ」

(実況)オリンピックチャンピオン。

世界女王 アリーナ・ザギトワ。

♬~

(解説)ダブルアクセル。

(解説)トリプルルッツ。

トリプルトーループ。

(観客の拍手と歓声)

(観客の拍手と歓声)

転倒に 回転不足と

精彩を欠いたザギトワ。

結果は6人中6位。

表彰台は

3人の後輩たちが独占した。

新時代の波にのみ込まれた
オリンピック女王は

報道陣を避けるように
会場をあとにした。

ロシアのテレビ局
チャンネル1によって

第一報は伝えられた。

今シーズン 残りの試合に
出場しない事を表明。

そのニュースは
日本でも大きく取り上げられ

去就にまつわる
様々な臆測が飛び交った。

後輩たちに惨敗し
限界を感じたのではないか。

休養したまま
もう戻ってこないのではないか。

「事実上の引退」とまで
報じられ

フィギュア界からも
戸惑いの声が挙がった。

あれから1カ月

競技活動を休止したザギトワに
問いかけた。

新時代の象徴といわれる
後輩たちの台頭を

脅威と受け止めているのか?

2シーズン前に
自ら作った新時代とは

当時 ザギトワが起こした
革命を指す。

それは…。

というのが
ザギトワのプログラムです。

高難度のコンビネーションを含む

7本全てのジャンプを
後半に組み込むというもの。

(実況)さあ 演技後半。

(解説)トリプルルッツ
トリプルループ。

(観客の拍手)

体力が落ちる演技後半で跳ぶ
ジャンプには

得点が1.1倍になるという
ルールがある。

通常は 全体にバランス良く
ジャンプを配置するが…。

ザギトワの場合

全て後半に集め
高得点を狙うという

常識破りのプログラムを
作り上げたのだ。

平昌オリンピック
金メダルを手繰り寄せた

ザギトワの革命。

このような
極端な戦略が使えないよう

翌シーズンから
直ちにルール改正がなされるほど

フィギュア界にとって
想定外の衝撃だった。

新時代の扉を開いたのは
自分であるという

プライドをのぞかせたザギトワ。

後輩たちの台頭は

むしろ
歓迎しているかのようにも思えた。

果たして 引退騒動の真実とは?

ザギトワに迫る5つのキーワード。

続いては…。

「マサル」

マサル。

ザギトワの愛犬 マサル。

日本のメディアでも
度々 紹介され

おなじみとなっている。

ザギトワにとって いかに
かけがえのない存在なのか?

秘蔵映像と共に振り返ってみよう。

2018年 平昌オリンピックで
金メダルに輝いたザギトワ。

その直後

そこには
彼女の愛するペットたちが。

しかし 動物好きの素顔の裏には
こんな事情もあった。

アパートとリンクを往復する
スケート漬けの生活の中で

動物たちは 心を癒やしてくれる
大切な存在だった。

そして まさに この時

金メダルのご褒美として

一目惚れしたのは…
そう 秋田犬。

その話が伝わり
日本から贈られたのが…。

生後3カ月の
かわいい秋田犬だった。

(拍手)

新しい飼い主に
早速 甘えている様子。

すると…。

ひもをくわえて
「遊んで」とアピール。

この人懐っこい子犬に
ザギトワが付けた名前は…。

日本語で「勝利」を意味する
マサル。

男の子っぽい名前だが
実はメス。

こうして はるばる
ロシアまでやって来たマサル。

初めての散歩から カメラが同行。

あまりの元気さに ザギトワも
少々 振り回され気味。

その半年後には…

こんなに大きく成長!

なんとも愛らしい姿は
母国 日本でも話題に。

SNSに投稿された
ツーショット写真には…。

…とコメントが殺到。

その結果
ザギトワとマサルのコンビは

なんと
CMデビューまで果たす事に。

ペット用のマットレスという
うってつけの商品。

レディー アクション。

オッケー。
(一同の笑い声)

(司会)「マサル!」

そして 引退騒動の真実に迫る。

その愛らしさが話題となり…。

まさかのCM出演まで果たした
マサル。

演技の才能を見込んだ
ザギトワは

今度は ある芸を教えようとする。

それは…。

ところが…。

マサル おいでったら!

逃げられてしまった。

こんな調子で絆を育んでいった
ザギトワとマサル。

そんな中
ロシアで行われたアイスショーで

嬉しい出来事が。

念願だった

(司会)「(外国語)」

「マサル!」

(観客の拍手と歓声)

コーチに抱えられ リンクを1周し
観客の声援に応えた。

♬~

過酷な競技生活の中で

マサルは ザギトワの
頼もしい戦友となっていた。

ここで 特別企画。

今 彼女に聞きたい事を街で集め
本人に答えてもらう。

なんか 人間じゃなくて…。

印象?

ちなみに

ザギトワに迫る5つのキーワード。

続いては…。

(外国語)

サンボ70。

フィギュア新時代。

その源流ともいえるのが
ここ サンボ70。

これは
クラブに所属するザギトワが

内部を案内してくれた
貴重な映像。

今 このクラブ出身の選手たちが
スケート界を席巻している。

フィギュア新時代の象徴として

今シーズン 連戦連勝を飾った
ロシア3人娘はもちろん…。

元世界女王 メドベージェワも
このサンボ70の出身。

そして

名だたるトップスケーターたちを
指導するのが

エテリ・トゥトベリーゼコーチだ。

彼女がリンクに現れると
その場には 独特の緊張感が走る。

選手をめったに褒める事はなく
容赦なく厳しい指導から

付いた異名は

メダリストを次々と生み出す
秘密を聞いてみると…。

150パーセントの力を求め

選手をギリギリまで追い込む
練習。

それがわかる映像が こちら。

試合前の練習にもかかわらず
ザギトワが見せたのは…。

なんと

これは 試合では認められていない
常識外れのコンビネーション。

つまり

本番より はるかに難しい練習を
やっておけば

試合で失敗するはずがない
という理論。

彼女を指導して5年になる
エテリコーチは

入門当時の印象について
こう振り返る。

コーチの口から明かされた
意外な過去。

そこで 我々は
ザギトワの故郷へ。

幼少期の映像が残っていた。

モスクワから東へ1200キロ。

ザギトワの故郷 イジェフスクは
凍てつく寒さに覆われていた。

世界的に有名なライフル銃
カラシニコフが作られる

ロシア武器産業の中心地。

2002年5月
この街で産声を上げた女の子。

新体操の国民的スター
アリーナ・カバエワにちなんで…。

アリーナと名付けられた。

幼い頃の写真には
かわいい猿とのツーショットも。

この頃から
すでに動物好きだったようだ。

4年間 通っていた学校を
訪ねてみると…。

目に飛び込んできたのは…。

ザギトワの特大パネル。

そして…。

♬~(歌)

生徒たちからの歓迎の歌。

♬~(歌)

テレビ局のカメラが来るのは
初めてだという。

♬~(歌)

これは
8年前の授業風景を収めた映像。

画面右下の少女に注目してほしい。

9歳のザギトワだ。

こちらは体育の授業。

バスケットボールに挑戦するが…。

どうも苦手だったようだ。

当時のザギトワの印象について

4年間 担任をしていた先生に

聞いてみた。

そんな彼女が
スケートを始めたのは5歳の頃。

父親がプロのアイスホッケー選手だった
彼女にとって

スケートを始めるのは
自然な事だった。

ここは かつて
ザギトワが通っていた

地元のリンク。

当時を知るコーチがいた。

持ち前の忍耐力と負けん気で

クラブのトップ選手へと
成長していったザギトワ。

12歳の時には 故郷を離れ
モスクワに行く事を決意。

そこには
このような思いがあったという。

2015年 親元を離れ

念願だった
エテリコーチの門下へ。

リンク近くのアパートで

祖母と2人で暮らしながら

フィギュアスケートに没頭。

こうして ザギトワは

エリートが集まるクラブの中でも

徐々に頭角を現していった。

♬~

ジュニアで
世界一の栄冠を手に入れたのち…。

15歳になったザギトワは
満を持して シニアデビュー。

(観客の拍手)

一気に フィギュア界のトップに
躍り出た。

そして 迎えた 平昌オリンピック。

金メダル争い
最大のライバルは…

エフゲニア・メドベージェワ。

世界女王として君臨してきた
同じクラブの先輩。

2人の戦いは 熾烈を極めた。

ショートプログラム。

(観客の拍手と歓声)

先に滑ったメドベージェワが
世界最高得点をマーク。

すると 20分後
ザギトワが完璧な演技を披露し…。

(実況)82.92! 超えました!

メドベージェワの記録を
すぐに塗り替える。

オリンピック史上
最もハイレベルな戦い。

このあと 世界の視線が注がれた
勝負のフリー。

そして いよいよ
ザギトワが真実を語る。

2018年 平昌オリンピック。

ザギトワとメドベージェワの
熾烈な金メダル争い。

僅差で迎えたフリーに
世界の視線が注がれた。

♬~

(実況)「ドン・キホーテ」。

(解説)コレオシークエンスから
始まります。

(解説)そして キャメルスピン。

前半は 全くジャンプを跳ばない。

7つ全てのジャンプを後半に置き
高得点を狙う

彼女にしかできない
驚くべき演技構成。

(解説)トリプルルッツ。

トリプルループ。
(実況)ここで きました!

体力の消耗をものともせず
次々と決めていく。

(解説)トリプルサルコウ。

(解説)トリプルフリップ
両手を挙げて。

(観客の拍手と歓声)

(解説)うわあ~!

(実況)トータル 239.57。

ザギトワが現時点でトップ。

そして 最終滑走の
メドベージェワ。

(解説)トリプルサルコウ。

トリプルトーループ。

(実況)決めました。

執念を見せ ノーミスの演技。

金メダル争いは
最後までもつれたが…。

(実況)メドベージェワは 2位…!

届きませんでした。

故郷 イジェフスクを離れてから
3年

日々の努力を積み重ね
ザギトワが

オリンピック女王にまで
上り詰めた。

(一同)ザギトワ! ザギトワ!

ロシアに凱旋すると
待っていたのは 熱烈な歓迎。

(歓声)

国民的なヒロインとなった
ザギトワだが

彼女の物語は続いた。

キム・ヨナ ソトニコワを始め
過去の金メダリストたちは

その後すぐ 引退

もしくは
長期の休養を選ぶ事が多かった。

しかし ザギトワは
競技生活を継続。

彼女を突き動かしたのは
ある強い思いだった。

翌シーズン ザギトワは
世界選手権を初制覇。

16歳にして

フィギュア界の主要タイトル
全てを手にし

確かな実力を証明した。

ザギトワに迫る5つのキーワード。

続いては…。

(外国語)

日本。

はい。

大の親日家として知られる
ザギトワには

忘れられない光景があるという。

去年3月

日本で行われた世界選手権
優勝後に訪れたのは

桜の名所 新宿御苑。

初めて見た光景に 感動の連続。

そこで なんと…。

日本での思い出を

趣味だという絵画で残した
ザギトワ。

日本の象徴として
桜とともに 富士山まで描写。

どうですか? この出来栄え。

さらに 去年11月…。

(ザギトワ)こんにちは。
こんにちは。

北海道での大会を
終えたあとには

こんな芸術にも
挑戦していた。

まずは 先生のお手本を拝見。

続いて ザギトワの番。

先生からのアドバイスを参考に
挑戦したが…。

ああ…。

指先で かたどっていく作業に
大苦戦。

(笑い声)

(外国語)

(笑い声)

それでも
さすがはオリンピック女王。

抜群の集中力と
のみ込みの早さで…。

作業開始から45分

自力で挑んだ作品が
ようやく形となった。

♬~

最後は絵付けにも挑戦。

描き入れていたのは…。

愛犬 マサルだった。

それから2カ月。

焼き上がった完成品を
本人に届けた。

こちらが ザギトワの
記念すべき陶芸初作品。

美しく 深みのある
焼き上がりとなった。

また一つ 加わった
日本での大切な思い出。

ここで再び 特別企画。

街で集めた
今 ザギトワに聞きたい事。

強そうじゃない?
うん。

ねっ 見えないよね。

ザギトワにとって
苦しい戦いが続いた 今シーズン。

去年12月の
グランプリファイナルで

最下位に終わった6日後。

ロシアのニュース番組に出演し
活動休止を表明。

世界は驚き

事実上の引退とまで報じる
メディアもあった。

フィギュア界を揺るがせた
突然の出来事。

今回 最も聞きたかった
核心の部分。

最後に残しておいたカードを
渡した。

(外国語)

活動休止宣言。

事実上の引退とも報じられたが
実際はどうなのか?

ザギトワが
真実を語ってくれた。

ザギトワの活動休止は

シーズン初めから
すでに決まっていたという

驚きの事実。

わずか15歳でオリンピックを
制した時から始まった

ザギトワの葛藤。

そんな意地を抱きつつ

達成感からくる
燃え尽き症候群にも陥っていた。

オリンピックの翌シーズン
なんと ザギトワは

「競技を続け 大会に出る」という
誓約を交わしていた。

そして 約束を果たす事を
モチベーションに変え

世界選手権では
金メダルを獲得してみせた。

しかし そんな頑張りも
限界を迎えつつあった。

という約束だった。

結果的に ザギトワは
シーズン半ばでの活動休止を選択。

2年にわたる葛藤の末の
大きな決断だった。

では この先

活動休止宣言から
1カ月。

ザギトワの姿は
リンクにあった。

♬~(音楽)

氷の感触を
確かめているような様子…。

そこに エテリコーチが合流。

その直後の事だった。

♬~(音楽)

♬~

リンクに流れた曲は

今シーズンの競技用プログラム
「クレオパトラ」。

♬~

♬~

転倒し 悔しさをあらわにする
ザギトワ。

♬~

何度も氷を叩いた。

♬~

エテリコーチの指導も
熱を帯びる。

競技活動を休止しているのに
なぜ…。

(ザギトワの声)私は…。

自ら決断した 競技活動の休止。

現役を退き

アイスショーで滑り続けるという
選択肢もある。

だからこそ 率直に聞いてみた。

現役を続けるのか?

それとも やめてしまうのか?

ザギトワが
2年にわたる葛藤の末に決断した

競技活動の休止。

一方で 再開させていた
競技プログラムの練習。

だからこそ 聞いてみた。

現役を続けるのか?

それとも やめてしまうのか?

私は…。

なんというか…。

これは…。

次のシーズンには

レベルアップして
競技に戻りたいと思っています。

ザギトワが語ったのは
競技復帰への強い思い。

飛び抜けた才能が
あったわけではない。

負けん気と忍耐強さで
はい上がった。

若くして頂点に立ったが故
抱えた葛藤。

フィギュア新時代の中
彼女は もがいた。

♬~

世界中のファンも

強くて 美しいあの姿を
待っている。

今回の取材の最後
ザギトワがくれたのは


関連記事