Mr.サンデー 新型肺炎「経路不明」感染拡大・槇原敬之再び逮捕の衝撃・人を育てたノムさん流人生論「野村ノート」…


出典:『Mr.サンデー 新型肺炎「経路不明」感染拡大・槇原敬之再び逮捕』の番組情報(EPGから引用)


Mr.サンデー【宮根誠司 三田友梨佳】[字]


新型肺炎「経路不明」感染拡大の新局面…今後の対策は▽槇原敬之再び逮捕の衝撃!30周年迎え今なぜ▽人を育てたノムさん流人生論「野村ノート」の言葉


詳細情報

出演者

【キャスター】

宮根誠司 

三田友梨佳(フジテレビアナウンサー) 


【ゲスト】

木村太郎(ジャーナリスト) 

菊間千乃(弁護士)

スタッフ

【オープニングテーマ曲】

〈作曲〉櫻井真一


『Mr.サンデー 新型肺炎「経路不明」感染拡大・槇原敬之再び逮捕』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

Mr.サンデー 新型肺炎「経路不明」感染拡大・槇原敬之再び逮捕の
  1. 感染
  2. 可能性
  3. 病院
  4. 検査
  5. 選手
  6. 野村
  7. マスク
  8. 患者
  9. 感染者
  10. 症状
  11. インフルエンザ
  12. 状況
  13. 逮捕
  14. アメリカ
  15. ウイルス
  16. 感染経路
  17. 日本
  18. 槇原容疑者
  19. 今回
  20. 手洗


『Mr.サンデー 新型肺炎「経路不明」感染拡大・槇原敬之再び逮捕』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓フジテレビ 関連商品

≫こんばんは。

まずは速報です。

≫新型コロナウイルスの
感染者なんですが

新たに東京都で5人
愛知県で1人確認されました。

東京の5人には
60代の男性医師が1人

含まれているということです。

≫和歌山でも、そして東京でも
お医者様が感染されたというのは

どういうことなんでしょうか。
そして、つい先ほど

横浜のクルーズ船から
アメリカ人乗客が

下船している模様です。

そして、羽田空港には
まもなくチャーター機が

到着するということで
横浜・大黒ふ頭には

鈴木ディレクターです。
鈴木さん、お願いします。

≫こちらは横浜港です。

私の後ろに見えているのが
クルーズ船

「ダイヤモンド・プリンセス」
です。

ご覧のように、まだ船内は
明かりがたくさんともされている。

そんな状況が確認できます。
そして先ほど

大きな動きがありました。

午後9時10分ごろです。
この船の中央の出入り口付近に

自衛隊が用意した大型バスが

次々とやってまいりました。

私たちが取材で
確認できた限りでは

9台ほどのバスが
今、出入り口付近に

横付けされているといった
状況です。

そして、そのときに
出入り口付近には

防護服を着た人が
数人確認できました。

ですから今まさにアメリカ人乗客

そして乗員がバスに
乗り込んでいる最中と思われます。

≫鈴木さん
最終的な検査というのは

クルーズ船の中でやるんですかね。

≫このクルーズ船の中で
検査が行われたかどうか

その詳細までは分かりませんが

ここでバスに乗り込んで
そして羽田空港に行って

それから本国に帰国するまでに

何度か検査するという
情報は入っております。

≫分かりました。
また動きありましたら

お願いします。
ここで木村太郎さんですが

9台のバスということで
アメリカ人の方

380人ほど
乗ってらっしゃるんですが。

≫何人帰りますかね。

事前に帰りたいという人が
いたみたいなので。

無理からぬことだと思うんですよ。
あと3日経って19日になると

検疫が終わったってことに
なりますから3日間我慢すると

普通の民間航空機で帰って
自由に暮らせるはずなんですが

ところが今出ちゃうと、まだ
検疫済みじゃないということで

アメリカへ帰って
もう1回検疫しなきゃいけない。

14日、アメリカの施設に入って
いかなきゃいけない。

それが嫌だという人が
随分いると聞いたんですが

その辺の選択をどうしますかね。
≫9台ということですから

380人の方を乗せるには
十分なバスの数だと思うんですが。

19日まで待つのか
あえてアメリカに帰って

また14日間
施設に入るのかということは

難しいところですよね。
≫加藤厚生大臣から

聞いた話なんですけど
アメリカは最初

2~14日間、そっちで
検疫やってくれって

言ってたというんですよ。

それをここにきて変わったのは
アメリカのCNNの辺りが

これは浮かぶ牢獄だみたいな
リポートをやったので

アメリカでほうっておけないと。
無責任な人情論が検疫の在り方を

ゆがめちゃうと思うので
マスコミも我慢しなきゃ

いけないと思います。
≫アメリカは恐らく

クルーズ船にいてもらうのが
一番いい方法だったんでしょう。

≫このあと人数などが
分かりましたら

すぐにお伝えいたします。
国内感染が広がる新型肺炎は

このあと先生をお招きして
詳しくお伝えします。

≫先ほど東京都が緊急会見。

今日もまた、新たな感染者が。

≫屋形船の新年会に参加した
個人タクシーの運転手など

新たに5人の感染が確認された。

更に愛知県でも
60代の男性1人が

感染していたことが分かり

列島各地で日に日に広がる
感染の連鎖。

それは今
新たな局面を迎えている。

≫これまでの事例は
中国から来た人との接触など

感染源をたどることができていた。

しかし、ここ数日

感染源を特定できないケースが
続発しているのだ。

つまり、誰もが、いつどこで
感染するか分からない

新たな段階に入った可能性が。

≫私たちは
感染経路が不明な事例を追跡。

更なる感染拡大を招きかねない
日本人のある行動が見えてきた。

≫「Mr.サンデー」の取材に
そう語ったのは…。

感染した個人タクシーの
運転手らが新年会を開いていた

屋形船の関係者。

70代の従業員が
新年会の3日前

中国人観光客を相手に
働いていたことから

これまで東京都は…。

≫これに対し、屋形船の関係者が
真っ向から反論したのだ。

≫この関係者は
中国の代理店に問い合わせ

屋形船に乗っていた中国人たちが

その後、発症していないと
回答を得たという。

これが真実だとすれば
感染はどこから広がったのか。

更に感染経路が不明な事例がある。

和歌山県湯浅町の済生会有田病院。

50代の男性医師A氏と
一時入院していた

70代の男性が感染。

昨日も新たにA氏の同僚である

50代の男性医師B氏と、その妻

更に60代の入院患者が
感染していたことが

明らかとなった。

県の調べによると有田病院では

ここ1年で中国人の受診はなく

医師や患者らがどこで感染し
病院内に広がったのか

分からないままだという。

一体、感染源はどこだったのか。

≫和歌山県の有田病院に
続々と訪れていたのは

感染した医師らと
接触した可能性がある人たち。

そのほかの診察は中止され
入院患者150人以上がいる中

病院は閉鎖。
そのため…。

駐車場で車内に横たわる女性。

治療が必要な人は
外で処置を受けていた。

また周辺の病院でも…。

≫高まる感染への警戒。

実は、周囲で聞き込みをすると…。

≫ここ湯浅町は
大阪の関西国際空港からも

車で1時間ほどの距離。

有田病院のすぐ近くに
中国人観光客が

多く利用するホテルがあった。

確かに中には中国語の表示が。
しかし…。

≫新型肺炎ウイルスが
発生した時点で

宿泊受け入れを
中止しておりますと。

≫貼り紙には去年中国・武漢市で

新型コロナウイルスが
発生した時点で

早々に受け入れを
中止したとの言葉が。

だとすれば訪日中国人からの
感染ではないのだろうか。

和歌山県知事は昨日の会見で…。

≫県の調べでも見えない
感染経路。

その一方で明かされたのは
今後の感染拡大も心配される事実。

最初に陽性となった
男性医師A氏は

発症後、ある行動をとっていた。

≫県によるとA氏が症状を
自覚したのは先月31日。

しかし、その後も
有田病院だけでなく

県外の病院でも働いていたという。

≫しかし
その病院のものとみられる

ホームページ上に
コメントが出された。

そこは大阪・泉南市の病院。

≫感染確認される前

体調不良を押して勤務していた
という男性医師A氏。

その同僚である男性医師B氏は…。

≫更にこの男性医師B氏もまた
症状を自覚したあと

≫2月4、5が出勤と

把握しておりまして
6日は自宅療養。

7日が出勤。
8日が1時間のみ出勤。

9日は自宅療養。

10日が1日出勤。

11日からは
自宅療養になってます。

≫だが、発症後も
仕事を続けていたのは

医師だけではない。

昨日、感染して
重症であると発表された

東京都内に住む
40代の男性会社員。

今月2日以降に発症したが

10日には東海道新幹線に乗り

愛知県に出張したという。
更に…。

≫この千葉県に住む
20代の男性会社員は

今月2日に
37度台の発熱があった。

その後、症状が治まらず
医療機関を転々とし

13日に感染が確認されたが…。

≫発熱があったあとも
4日と7日は仕事に

出ていたという。
そして…。

「ダイヤモンド・
プリンセス」から今月10日に

感染者を搬送した救急隊員も
感染したことが判明。

38度の高熱が出たというが
その後も別の患者の

救急搬送に携わったという。

≫スタジオには感染症に詳しい

グローバルヘルスケアクリニック
院長の水野泰孝先生です。

よろしくお願いいたします。
こちら、ご覧ください。

≫国内で次々と
明らかになっている

感染者なんですが
今月13日以降に判明した

状況がこちらです。

全国に広がりを見せていますが
先ほど新たに東京都で5人

愛知県で1人
感染が確認されました。

≫水野先生
日本感染症学会ですが

今月3日
注意事項を出しているんですね。

≫日本感染症学会などは
今月3日付の注意事項で

新型肺炎について
国内にウイルスが入り込み

すでに市中において
散発的な流行が起きていても

おかしくない状況との
見方を示していました。

≫水野先生、3日に
こういうふうに注意事項を

出しているということは
今、こういう状況が

起きているとみて
いいんでしょうか。

≫まさに先ほどVTRにも
ありましたが感染経路が

追えない方が
散発しているということです。

ですので、恐らく学会の見解が
まさに起こっている状況と

考えていいと思います。
≫どこで誰がなっても

おかしくない状況。
≫おっしゃるとおりだと思います。

≫ただ中国は

日本に近いということも
あるんでしょうけども

ほかの先進国ではさほど広がりは
見せていないようなんですが

この辺りの違いは?
≫日本も厚生労働省が

検査の基準を
これまで出していたんですが

その検査の基準が少し緩和されて

渡航歴のない方でも
主治医の判断で

検査ができるように
なっております。

そういった意味で検査が
ある程度、積極的に

提出されるようになったことが
考えられます。

≫しっかり調べた結果
感染者の方が増えていると。

ということは今後も
増えていく可能性はある?

≫やはり我々、現場の医師は
疑わしい患者

あるいは患者さんのほうで
心配な方は

検査に提出する可能性が
出てきます。

そうしますとこれから
陽性になる患者さんも

少なからず出てくる可能性は
あると思います。

≫感染していても
症状のない方っていうのは

せきとかくしゃみ
されないじゃないですか。

そういう方からうつる可能性は
低いと思っていいですか?

≫一般的な感染症は
やはり症状が出てから

感染力があるというふうに
認識しますけど

ただ今回の
新型コロナウイルスの場合は

症状が出る前にも
ある程度、感染するのではと

いわれています。
ただ、それが

感染したすぐあとなのか
あるいは何日かしてから

感染するのか、その辺はまだ
分かってないところが

ありますので
これからその調査が

どんどん進んでいくにあたって

分かってくることだと思います。
≫基本、最初は

倦怠感、微熱という方が多いので
風邪と間違う。

それからちょっと無理して

お薬飲んで仕事に行っちゃう
ということもありますよね

今回は。
≫ちょっと調子が悪いだけで

病院にみんなが行っても

病院がパニックに
なっちゃうんじゃないかと思って

このぐらいだったら
私は風邪だから

控えておこうと思う方も

いらっしゃるんじゃないかと
思いますし。

どういう状態になったら
病院に行ったらいいのか

よくわからないですね。
≫木村さん、外国の方から見たら

中国だけじゃなくて
日本もホットスポットだと

思われているんじゃないですか。
≫そうだと思いますよ。

さっき、感染のレベルを
上げたからって

実は春節前に1万4000人
観光客が

武漢から観光客が
日本に来ているんですよ。

だから武漢との接触は
世界に比べて

日本は断然多いので
当然、出てくるものが

出てきたんだと思います。
≫まだ不明な感染経路の方も

いらっしゃる中で
患者が増えている。

これがまた心配なんですが。
≫こちらの3人の感染者は

いずれも中国への渡航歴はなく
感染経路が分かっていません。

上の男性2人ですが
発熱後、電車、新幹線で

移動していることも
分かっています。

≫このハワイから帰国された方は
ハワイでうつったのか

日本に帰ってきてから
うつられたのかというのも

分からないんですけども。

先生、感染経路が不明な中で

我々の意識を変えなきゃいけない。

≫そうですね、これまで我々は

未知のウイルスに
いつ感染するんじゃないかという

不安がすごくあったと思うし

今もあると思います。
ただ、これだけ市中に

広がっている可能性を考えると
例えば明日

自分が感染する可能性も
出てきてるわけです。

ですので、これまでは
自分が感染をしないように

いろいろ手洗い、マスクを
されましたけど

今度は例えば
自分が感染していたときに

ほかの人に
うつしてはいけないという

そういう認識も
必要になってきますので

そういった意味では
手洗いはもちろんですが

症状があれば
せきエチケットとしての

マスクですね。
この辺りをより一層強化していく

必要があると思います。
≫うつさないためのマスクが

いるということなんですが
ただ、三田さん

売ってないんですよね。
≫マスク、なかなか

手に入れることができない方も
多いかもしれないですね。

≫そうなってくるとやっぱり
もし、せきが出るんだったら

押さえて、せきをして
すぐ手洗いをするとか。

≫やはりウイルスというのは
もちろん飛沫で入ることも

ありますが
やはり多くは不特定多数の方が

触る部分ですね。

例えば電車の手すりですとか
ドアノブですとか

おうちでしたら
ドアノブといったものに

ウイルスが付着している
可能性があって。

人間というのは
何回も顔の近くに手を持っていく

習性があるんですね。

ですのでそういった意味では
不特定多数のものは

触っただけで
感染することはありませんので

顔に近くに持っていく前に
手を洗うのが

一番大事なところです。
≫そして気になるのが

感染者の方が利用した
公共交通機関ですけども

電車、新幹線、タクシー
ということですが

例えば、満員電車などでは

非常にラッシュのときは
ぎゅうぎゅう詰めに

なっちゃいますけど
そういうときはどうなんですかね。

うつる可能性としては

高い?
≫やはり本当に至近距離で

例えば近くの方がせきをされたり
くしゃみをされたりすれば

飛沫を浴びることになります。

ただ例えば同じ電車の中でも
端と端とかでは

空気を介して感染することは
ほとんどないと思いますので

至近距離でせきなどしないように
マスクをするとか

あとは手すりとかつり革を
触ったあとは

すぐにできるだけ早く
手洗いをするとかといったことが

大事になってくると思いますね。

≫新幹線などはどうなんですか?
≫新幹線は若干

立ってる方おられません
皆さん座ってらっしゃいますので

そういった意味では前後
あるいは1つ、2つくらい前

こういった至近距離の席で
飛沫感染とかのリスクは

あるかもしれないですね。
≫公共交通機関を使ってる方って

意外と今マスクをされている方も
多いですし

体調の悪い方は行かないという
意識も高まっていると

思うんですが
一方、タクシー。

タクシーの中ですと
お金の受け渡しがあったり

ドアの開閉サービスでされる方

それから荷物をトランクに入れる
お手伝いをされる。

タクシーの空間というのは
どうなんでしょうか。

≫やっぱり触るところですね。
特にドアですとか

それから荷物なんかは
キャリーケースだと

結構しっかり
握ったりしていますので

病原体を持っている方が持てば

付着する可能性もありますね。

お金の受け渡しとかはそんなに
時間が長いわけではないので

リスクはそんなに高くないと
思いますが

お乗りになってた方が
例えば、せきをする

特にマスクをしないで
せきをするような場合には

飛沫がすごく飛びやすい
状況になりますので。

≫後ろにパネルがあったり
するじゃないですか。あっても?

≫あればある程度は
ブロックされるんですが

ただ完全に
密閉されているわけではないので

その隙間から飛沫が飛んでくる
可能性はあると思います。

≫意外とタクシーだと
今だったら暖かいので

マスクしていると息苦しいんで

外しちゃったりとかする方も
いらっしゃいますけど

そうなってくると
プライベート空間なので

運転手の方が危ないと。

≫今回、感染した
ドライバーの方も

恐らくはお客さんから
感染したのではないかと

推測されます。
≫逆に言うと我々利用する側が

気をつけなければいけない。
プライベート空間であっても。

木村さん、一部の企業では

従業員の方
在宅勤務だったりとか

イベントを控えるという動きが
出ていますけども。

≫やっぱりどこの会社でしたか

100人以上の集まるところには
行くなとか

そういうのは
すごく大事になってくるのと

もう1つ、ここまで
感染が分からなくなって

広がっていくと、プライバシーと
感染源の問題というのが

出てくる。例えば
感染者のお名前まで

言わなくてもいいですが

何月何日の新幹線の何号の

何号車に乗っていた方
申し出てくださいとか

そういう話というのはこれから
もっとどんどん

やっていったほうが

そこはプライバシーだからと
非公開にすると

余計、疑心暗鬼を生むと思う。
≫大阪などはかなり詳しく

出したときもありましたし
一方、和歌山では

県外の病院なので

名前を伏せます
というようなことも

おっしゃっている。
先生、プライバシーの問題と

そういう人たちが
どういう経路を

たどっていったかというのは

僕も木村さんと同じで
バランスを見ながら

公表したほうがいいような
気がするんですが。

≫感染経路をたどるうえでは
そういった行動形態は

すごく重要だと思います。
もう1つ重要なのは、その方が

自分自身で感染対策を
していたかどうかですね。

例えばマスクをしていたとか。
あるいは手洗いを

しっかりしていたのか
その辺りもキーポイントになると

思いますね。
≫和歌山ですが

院内感染の可能性が
出てきました。

≫こちらVTRにもありましたが
有田病院の感染者について。

最初に分かったのは
50代男性外科医でした。

そこから70代の男性患者
同僚の50代の男性外科医

その妻、そして
入院中の60代男性患者と

5人の感染が分かっています。

≫男性医師、外科医50代の方。

恐らく3番目の外科医の方。
この方たちは

同じドクターステーションにいた。

奥さん、それから同じ外科医で

診ていただいていた
患者の方ということで

この方を介して、感染した
可能性が非常に高いんですが

一方、事例2の男性は

有田病院には
行ってらっしゃるんですが

外科ではなくて
皮膚科を受診されていて

この医師の方と
70代の男性の方の

接点というところ
濃厚接触っていう可能性が

先生、薄いと思うんですよね。

これは別々のルートで
感染してしまったのか。

≫可能性としては高いと思います。

この方は
第三者からが感染した可能性も

否定はできないと思いますね。

≫無理して、お医者さま
っていうのは恐らく

相当ハードな勤務で、代わりも
いらっしゃらないような状況が

特に地方の病院なんかはあって
皆さん無理して出勤されたと

思うんですが
院内で感染するということは

ご病気になってらっしゃるわけが
行くわけですから大変危険ですね。

公共交通機関なども
使ってらっしゃるかもしれません。

アメリカが
こういうことを出しました。

≫アメリカの研究機関が出した
論文です。

感染者1人から
4.7人から6.6人に

うつすという
新しい見解を示した論文を

出しています。
≫最初は2.2から

2.7人だったのが
4.7人から6.6人に

増えたということは
これは先生、ウイルスの感染力が

上がったのか、強くなったのか。
それともいろんな症例が出てきて

データが取れてきたのか
どっちですかね。

≫患者さんの数が増えてきて

検査件数も増えてきて
だんだん分かってきた

ということもあります。
あともう1つは

日本でウイルス解析をしても

遺伝子の変異は
認められていないというのを

感染症研究所が
公表していますので

変異ということでは
ないと思います。

≫つまり、いろんなデータが
取れてきたということですね。

≫新型コロナウイルスについて
分かってきたことということで

いろいろ先生に
挙げていただいたんですが

例えば、発熱、せき
肺炎などは

病原性はインフルエンザより
弱いか同等。

患者の人数は
インフルエンザと同等か更に強い。

潜伏期間も
ウイルスの増殖が遅いもので

いつから感染力があるか
分からないということで

先生もここはまだ
分かってらっしゃらないんですね。

≫当初はそんなに
重症化しないんじゃないかと

いわれていましたけど
最近のデータですと

若い方でも結構
重症化している方も

見られますので
そういった意味では

インフルエンザに近いような
病体があるのかな

というところですね。

ウイルスの増殖が遅いというのは
どういう影響を生むんですか?

≫潜伏期間が長いですので
本来でしたら

症状がすぐ出てくるのが
一般的ですがなかなか

典型的な症状が出てこない
というところからすると

やはり、ある一定の症状が
出る前のウイルスのコピー数が

やっぱり増えてくるまで
少し時間がかかるのかと思います。

≫太郎さん、水野先生は
本当に分かりやすく

お話しいただいてて

専門家の方でも
分からないんですね。

≫そこなんですよ。
僕は大体、感染したら

一番先に死ぬ世代なんですよ。
その人間から見てみますと

なんにも分かっていないのに
恐れるなと

言われているわけですよ。
ところが

中身はなんなのかっていうと

インフルエンザより
怖いかその程度。

インフルエンザって
関連する死者が年間

日本だけで1万人以上いる。
それから潜伏期間が1日から

40日までと説がある。

それからさっき言った
何人にうつりますかって

2人から6人まで変わって。
とにかく何もまだ

分かってないんですよ。
それなのに手を洗って

とりあえずマスクしてれば

大丈夫とはいわないけど
警戒してくださいねって

言われても

でも、年寄りと持病を
持っている人は危ないですよと

言われてもどうしようかと。
≫先生、本当に症例が少ない

新型なので
分からないというところが一番。

≫最初から分からないと
いってしまえば

それまでなんですけど…。

≫ただやれることというのは
マスクをするだとか

手洗いをするだとか
うがいをすることしかないと。

≫感染対策の基本というのは

手洗いというところは
病院の感染対策でも

重要なことなんですね。
実際に、ここ最近ですと

インフルエンザの患者さんは
ほとんど見ないんですよ。

≫逆にインフルエンザの患者は
少ないらしいですね。

≫流行時期なのに
すごい少ない人ですよね。

それは皆さんが
手洗いとかマスクをすることで

ある程度そういった感染症が
減っているのかなというふうに

私は思います。
≫インフルエンザと

比較するのはやめてもらいたい。
なぜかっていうと

インフルエンザというのは
ワクチンもあるし

タミフルもあるんですよ。
だから、かからないようにしたり

かかったら
対処する方法がある。

それでもだめなんですけどね。
今回は何もなくて分からない。

そういう相手と
対処しないといけないから

相当これは
恐れたほうがいいと思う。

≫インフルエンザが
少なくなってるんだけど

新型のコロナウイルスが
増えているっていうのを

どういうふうにとるか。
これもすごく難しいと

思うんですけども。

≫検査態勢の
整備についてなんですが

医療ガバナンス研究所の
上昌弘理事長は

このように主張しています。

不安を抱えている人が
全員ウイルス検査が

できる態勢を整備することが必要。
民間に委託すれば

1日1万件の検査は

可能だというふうに
主張されています。

≫水野先生、1日1万件の検査は
可能であろうと

上先生はおっしゃっていますが

1万件で足りるかどうかですね
今後。

≫だいぶ検査のキャパシティーは
増えたと思うんですけど

ただ、今後
一般の医療機関などで

検査がどんどん数が増えていくと
1万件ぐらいだと

どうしても限界はあるのかなと。

≫簡易キットみたいな調べるのは
どれぐらいでできるんですかね。

≫試作品とかでしたら
数か月レベルだと思うんですけど

やっぱりその精度とかを
判定していくとなると

数か月とかというレベルに
なってくるのかなと。

≫だって、菊間さん
調べたいですよね。

潜伏期間があるといわれていて
症状が出なくても

なる可能性があるんだから
もし民間の病院で

やっていただけるようになれば
真っ先に行きませんか。

≫今回もコロナウイルス
かかったっていわれている人も

病院で断られても何回も行って
それでようやく分かったって方も

いらっしゃるぐらいですから

本当にやりたいという人が
みんな検査できるように

一刻も早くしてほしい。

≫ただ、今の状況で
皆さんが病院に行かれると

パニックになる。

≫本来健康な人がもらってしまう
可能性がありますね。

≫中には重傷化されている方も
いらっしゃるんですが

こういう方の手当てって
どういう治療なんですか?

≫これまで日本でも医師団が

発表していますけれども
基本的には

特効薬がありませんので対症療法。

お熱が出たらお熱の治療だし

酸素の状態が悪ければ
酸素をやるんですね。

一部、海外の事例からすると
HIVの薬が効果があったという

報告がありますので
非常に選択が難しいですが

今後、治験が積み重なって

必要に応じて使えるように
なってくるのかなと思いますね。

≫未知のウイルスなんですが
感染者が

広がらないことを
願うばかりですが

感染経路、それから
何者であるかというのを

早く知りたいですね。
水野先生

今日はありがとうございました。
続いてはこちらです。

≫2年前の覚醒剤所持の疑いで
逮捕された

槇原敬之容疑者。

今の自宅からも
違法薬物とみられるものが

発見されたことが分かりました。

≫「Mr.サンデー」は
今日、神奈川県横須賀市の

海岸を訪ねた。

≫新年早々、この海岸で
目撃されていたのは

覚醒剤所持などの疑いで
逮捕された

槇原敬之容疑者。

女性はこんな様子を目撃していた。

≫槇原容疑者が写真を
撮ってあげていたというのだ。

≫イメージどおりの
気さくな人柄で

気軽に握手してくれたというが
3日前…。

覚醒剤などを所持していた疑いで
2度目の逮捕となった。

現行犯逮捕ではなく
容疑は2年前

当時、住んでいた
都内のマンションの一室で

覚醒剤0.083gと
危険ドラッグ、ラッシュを

所持した疑い。

更に、この部屋から見つかった
ガラス製のパイプに

覚醒剤が付着していたことも
明らかになった。

所持の容疑について
大筋で認めているという

槇原容疑者だが
一方で…。

≫と、供述。

尿の簡易鑑定の結果も
陰性だったことが分かった。

しかし新たに現在の自宅からも
ラッシュとみられる液体と

割れたガラス製パイプが
見つかっていたことが判明。

この映像は逮捕される7日前

テレビに生出演した際の
槇原容疑者。

ほかのアーティストへの
楽曲提供について

独特の表現で説明していた。

≫その翌日
フジテレビのカメラは

東京の自宅に帰ってくる
槇原容疑者の姿を捉えていた。

≫逮捕6日前、不審な様子も

周囲を警戒するそぶりもなかった。

耳に残るメロディー。

数々のヒット曲を生み出した
槇原容疑者。

ところが1999年
人気絶頂の30歳のとき

覚醒剤所持の現行犯で逮捕された。

当時のことについて
槇原容疑者は…。

≫前回の有罪判決後
槇原容疑者に会ったという

関係者を取材した記者は…。

≫今年はデビュー30周年記念の
企画が目白押しだった槇原容疑者。

今、何を思うのか。

≫菊間さん、不思議なのが

2年前の所持で逮捕。

基本、現行犯ですよね。
≫最初から2年前の所持で

逮捕しようと思ったわけでは
ないと思うんですね、恐らく。

2年前の覚醒剤が
槇原容疑者のものだと

証拠を固めたところで
家宅捜査差し押さえの

許可状をとって家に入って

覚醒剤が見つかれば所持だし
尿検査して黒になれば

使用になって
逮捕しようとなったんだけれども

家から覚醒剤が出てこなかったし
簡易検査でも白だった

陰性だったということで
2年前の容疑で逮捕という

発表になってるのかなと。
≫太郎さん、今回は

今の自宅ではラッシュという
クスリが出てきたと。

≫覚醒剤じゃない。
薬事法ですよ、昔の。

クスリにしちゃいけないよという

それだけのことなの。
僕は薬物使っていいとは

絶対言わないけれども
ただ今、芸能人が

対象になってるんじゃないかと。
沢尻エリカの裁判にしたって

僕はあそこまでやる必要
あったのかと思ってるんですよ。

だから芸能人は
気をつけたほうがいいと思う。

≫不起訴ということも
あり得るんでしょうか。

続いてはこちらです。
先日亡くなられた

プロ野球の名将
野村克也さんです。

こちらをご覧ください。
これはプロ野球の選手たちが

自分の目標や反省点などを書いた
レポートですが

これを書かせたのが
野村克也さんです。

びっしり赤文字で
アドバイスしています。

野村さんといいますと
ID野球の生みの親ですし

さぞかし難しい野球理論が
書かれているんだろうなと

思っていたんですが
読んでみると全く違いました。

書き残していたのは
人としてどうあるべきかを問う

野村さんの人生訓でした。

≫今回、初めてテレビに
公開してくれたのは

選手たちが書いた反省文に

びっしりと書き込まれた
赤い文字は

故・野村克也さんの肉筆だ。

人の話をもっとしっかり聞くこと。

世の中は人間関係を抜きにして
生きていけないのです。

自分から野球をとったら
何が残るかを

しっかり考え、生きていくこと。

そこには野球の教えというより
まるで教師が教え子を

諭すような言葉が並んでいる。

≫野村克也、享年84。

テスト生としてプロ入りした後

戦後初の三冠王や
8年連続ホームラン王など

輝かしい記録を打ち立て…。

≫ただ1つどこを守るかという

それだけなんだよ、考えるのは。

≫監督となってからは
低迷していたチームを

3度の日本一に導くなど

指導者として更なる高みへと
登り詰めた名将。

≫1990年
万年Bクラスに沈んでいた

ヤクルトの監督に迎えられた野村。

そこで彼は、こんな独特の方法で
人を育てていたという。

≫無視、称賛、非難。
こういう段階で

人は試されるという原則がある。

≫そう、人材を3ランクに分け

実力の足りない選手には
無視で奮起を促し

レギュラーに近い選手には
称賛で伸ばす。

そして、古田敦也など
トップクラスの選手には

非難して更なるレベルアップを
促すという手法で

人を育てた。

当時、俊足強肩の
1番打者として活躍した

飯田哲也氏も…。

≫そもそも衝撃の始まりは
監督就任早々行われた

キャンプでの
ミーティングだったという。

≫そのとき必死で取り続けた
ノートを

飯田は、30年が経った今も
大切に持ち続けていた。

今回、特別に見せてくれた
ノートの冒頭には

確かに1990年2月

YUMAキャンプ
ミーティングとある。

など、まさに仕事に対する
心構えを

徹底的にたたき込んでいく。

中でも飯田の心に残ったのは…。

≫ただ、ラッキーで
成功してしまうことは

その後の成長を妨げる分
失敗よりも恐ろしい。

こんな言葉の数々が

9年間で4冊びっしり。

≫1999年、阪神から
三顧の礼で迎えられ

監督に就任。そこでもまた…。

≫そう言って乗り込んだ野村。

当時、スコアラーを務めていた
三宅博氏は

新監督が選手たちに
配ったものを見て

衝撃を受けたという。

≫なんと、これまでの教えを
全てまとめたハウツー本。

タイトルは「ノムラの考え」。

≫後に他球団の選手たちも

こっそりコピーする者が
続出したという「ノムラの考え」。

中身を見ると
全180ページのうち

人生訓が66ページと
3分の1以上を占めている。

≫野村の言う無形の力とは
目に見えない洞察力や決断力

また、感受性までを意味する言葉。

≫結局、3年間連続で
最下位に甘んじてしまった

野村タイガース。

それでも野村は選手たちに

考えることを諦めさせず

シーズンの中盤や終わりには
反省と課題のリポートを

提出させていた。

それがこの添削ファイル。

打撃不振に悩む、ある選手には…。

≫長打は捨ててしまうこと。

足はハイレベルであるのだから

それを基準に自分の生きる道を
決めるべきである。

今のまま続けていても
無駄だと思う。

思い切って変身してみてはどうか。

≫こうしたアドバイスを受け
復活を遂げた選手は数知れず。

いったんは
戦力外通告を受けながら

松井キラーとして
表舞台に返り咲いた遠山奬志。

引退を考えながら
最後に拾われた楽天で

39歳で再び
ホームラン王になった

山崎武司など
数え上げればきりがない。

≫そう語るのは
ヤクルト黄金時代の選手であり

楽天では野村のもと
コーチも務めた橋上秀樹氏。

≫そして、橋上が教えた
選手のノートには…。

≫野村の思いは
確実に受け継がれている。

最後のチームの
ユニホームを脱いだとき

野村はこんな言葉を残している。

≫菊間さんも何度も取材で
お話聞いているんですか。

≫行くと言葉が重くてでもすごく
優しい方だったなっていう印象で。

インタビューに行くんですけど

いつも野村監督のぼやきというか

一方的なお話をずっと
聞いているだけで勉強になるなと。

≫有名なぼやきに関しても

選手への愛情があるから
どんな言葉にも

ぬくもりがあったなと思います。

≫木村さんはまさに同世代。

≫同世代ですよね。
この人って、ひと言でいうと

月見草だと思うんです。
ONが片方にいて

天才なんですよね。

この人はそれを語録に残そうと。

野球を理屈にしたわけです。

それがきっと
野村イズムだったんでしょうね。

≫亡くなる1年ぐらい前に
私インタビューさせて

いただいたんですけど
やはり、奥様を

亡くされたということで
大変、落ち込んでらっしゃった。

ただ、野球の話になると
パッと目が輝いて

野球のお話を
うれしそうにされるんですよ。

僕は野村さんに
野村さんってすごいですよね。

戦後初の三冠王。
しかも右バッターですよねって

言ったら
それを言ってほしいんだよって。

それを声を大にして言ってくれと。
しかも足が遅いのにって言ったら

それだけ余分だって
怒られたことあるんですけど。

大選手であり
大監督でもあるわけですけども。

やっぱり野球選手で
野球をとったあとに

何が残るかっていう
セカンドライフみたいなことも

考えてらっしゃるんですね。

≫野球バカでなきゃ
いけないんだけども

それだけじゃだめだ
というところを

教えていく
感じだったんでしょうね。

≫ただ奥様と一緒になられてから
野村さんは月見草っていうけど

≫それではお天気をお伝えします。

明日は西日本で
夕方から雪が強まるでしょう。

普段、雪の降らない
九州や四国なども

積雪の恐れがあります。

北陸や北日本も雨や雪で
北海道は猛吹雪に

警戒が必要です。

関東は晴れて南風が
強まるでしょう。

最低気温は
平年を上回るところがほとんど。

最高気温は西日本や北陸で
今日より大幅に下がり

厳しい寒さとなるでしょう。
一方、関東は暖かく

東京は18度と
4月並みです。

週間予報です。
火曜日も九州は雪で

曇りマークの広島や大阪も

所々で雪が降り
積もる可能性があります。

関東はしばらく晴れますが

火曜日と水曜日は
北風が少し冷たいでしょう。


関連記事