セブンルール【小澤征爾に師事した指揮者の新星!ドイツ在住で世界に挑み続ける】狭く険しい“指揮者”の道に向き合い…


出典:『セブンルール【小澤征爾に師事した指揮者の新星!ドイツ在住で世界に挑み続ける】』の番組情報(EPGから引用)


セブンルール【小澤征爾に師事した指揮者の新星!ドイツ在住で世界に挑み続ける】[字][多]


クラシックの本場・ドイツを拠点に活躍する指揮者に密着!

狭く険しい“指揮者”の道に向き合い、「観客の心を動かす」演奏を追い求める彼女の7つのルールとは?


詳細情報

番組内容

◎7つのルールを手掛かりに、輝く女性たちの素顔を映し出す新感覚ドキュメント。

スタジオではYOU、オードリー若林正恭、俳優・青木崇高、芥川賞作家・本谷有希子の4人が予測不能な自然体トークを展開する。


◎ドイツを拠点に活躍する指揮者・齋藤友香理(36)。音楽大学のピアノを専攻し、卒業後に小澤征爾に指揮を学んだ彼女。2015年、若手指揮者の登竜門といわれるフランスのブザンソン国際コンクールで聴衆と

番組内容2

オーケストラから贈られる最優秀賞に輝いた。しかし指揮者の世界は狭き門。フリーで活躍するも、36歳ではまだまだ若手だという。


◎サラリーマンの父、専業主婦の母のもと、東京の下町で生まれ育った齋藤。4歳の時にピアノを始め、大学まで続けていたものの、一人で演奏する寂しさを感じていた。そんな彼女は高校3年生の頃に初めて指揮をしたことで、指揮者の魅力を知ったという。


◎その後、本格的に指揮を学ぼうと

番組内容3

選んだ先が、ドイツのドレスデン。この地に移り住んで6年。コンクールで賞を取っても、オーディションを受けては落選の日々、彼女はここ一年以上、ヨーロッパでの指揮の仕事を行えていないが・・・。


◎そんな彼女に、ベートーベンの交響曲「第九」を指揮するという機会が舞い込んだ。

浮き沈みの激しい指揮者の道を進み、観客の心に届く演奏を追い求める齋藤の7つのルールに迫る。

出演者

◎スタジオキャスト

青木崇高 

本谷有希子 

YOU 

若林正恭(オードリー)

出演者2

【齋藤友香理/指揮者】

東京都足立区出身36歳。4歳でピアノを始める。桐朋学園高校・大学でピアノを専攻。大学卒業後、指揮者を志し小澤征爾など世界的な指揮者に学ぶ。2013年よりドイツ・ドレスデンに拠点を移し、2015年に若手指揮者の登竜門「ブザンソン国際コンクール」で聴衆賞とオーケストラ賞を受賞。家族は両親と妹。

ご案内

◎YouTubeで未公開トーク「フライング!セブンルール」公開中! 

◎公式ホームページ 

http://www.ktv.jp/7rules/ 

◎公式ツイッター 

@7rules_ktv 

◎公式インスタグラム 

@7rules_ktv 

◎公式LINEもオープン!


『セブンルール【小澤征爾に師事した指揮者の新星!ドイツ在住で世界に挑み続ける】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

セブンルール【小澤征爾に師事した指揮者の新星!ドイツ在住で
  1. 彼女
  2. 指揮者
  3. 青木
  4. 結構
  5. ドレスデン
  6. 演奏会
  7. 音楽
  8. 緊張
  9. 仕事
  10. 指揮
  11. 時間
  12. 本谷
  13. オーケストラ
  14. 若林
  15. 全然
  16. ドイツ
  17. リハーサル
  18. 運動
  19. 多分
  20. 拍手


『セブンルール【小澤征爾に師事した指揮者の新星!ドイツ在住で世界に挑み続ける】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓関西テレビ 関連商品

(ナレーション)「セブンルール」
今回の主人公は…。

さまざまな楽器が出す

微妙な音のニュアンスにまで
指示を出し

理想とする音楽を表現する

指揮者の仕事。

音大のピアノ科を卒業後

指揮者を志し

小澤征爾などに学んだ彼女。

2015年には
若手指揮者の登竜門

ブザンソン国際コンクールで

観客とオーケストラ

それぞれが選ぶ
最優秀賞に輝いた。

現在 クラシックの本場

ドイツを拠点に
活動している彼女だが…。

指揮者の世界は狭き門。

36歳でも まだまだ若手。

(齋藤)

ていうのは…

うわってやるんですよ。

たとえ 受賞歴があっても
演奏会は 年に数回だけ。

厳しい世界だが…。

異国の地で1人
険しい指揮者の道を歩み

自らの理想を追い求める。

指揮者 齋藤友香理の
7つのルールとは?

「セブンルール」 始まります。


(YOU)難しいんだろうな。
(本谷)あっ。

(青木)まさに タイムリーで
俺 昨日

クラシックコンサート
行ってきたんです。

(若林)へえ~。
(青木)プライベートで 1人で。

結構 指揮者 注目しました?
(青木)俺 指揮者は注目しました。

へえ~。
(青木)でも その

例えば 合唱コンクールとかで
昔 中学のとき

指揮者とか
やったことあるんですけど

それって結局 こう

1 2 3 4って
やってるじゃないですか?

それでは 全然ないんですよね。

だから 全然
その 指揮者と音楽が

全然 かみ合ってないように
思うんですよ。

こっちが先なのかな?
(青木)そうなんですよね。

指揮者って先行してるから 音が

音っていうか この振りと
全然 合ってないんですよ。

へえ~。

(青木)でも…

ははははっ。
わかるよ わかる。

あらがえないですよね?

めちゃめちゃ気持ちいいんだよね。
(青木)そうそう そうそう。

変に
捉えてほしくないんですけど…

わかる!

(青木)いや これ
悪く言ってるんじゃないですよ。

この日は 兵庫県主催の

中学1年生が鑑賞する
オーケストラ教室の仕事。

♬~

リハーサルとして
指揮者に与えられる時間は

長くても数日。

この日は わずか1時間。

アンコール含め
5曲を作り上げなくてはいけない。

すごい…

短い時間で
自らの音楽性を伝えていくのが

指揮者の腕の見せどころ。

♬~

リハーサルは
あっという間に終わった。

1時間だもんな だって。

ははははっ。

本番で結構

私も ちょっとずつ
実験することもあるので

あれ? ちょっと違うじゃんって
思われてもいいぐらいに

いろいろ試して…。

なんか…

ははははっ。

迎えた本番

スリルがあって
楽しいと語る彼女だが…。

本当の…

ははははっ。

いや あのね…

だから…

ステージに上がる前
彼女が必ずするのが…。

ええ~ そんなことして出てるの。

本番前は絶対
どんなことがあっても

3回飛んで 行くっていう。

ははははっ。

♬~

ていうか…

そう だから…

あっ…

♬~

リハーサルとは違い
豊かな表情を見せる彼女。

全身を使い
自らの音楽性を表現する。

♬~

思わず目を奪われる存在感も
いい指揮者の条件。

ええ~ すてき。

かっこいいですね。

(青木)かっこいい。
(本谷)多少 緊張してたほうが

いいんだろうな。
う~ん。

(本谷)えっ 緊張しないんですか?
緊張するときの…。

緊張で… なんかテレビで

緊張を抑える脳内物質が

痛みを抑える脳内物質と
一緒みたいな やってて

だから 力士が顔をパンパンって
たたくじゃないですか。

あれも
理にかなってるらしいんですよね。

わざと痛み与えるんだ?
(若林)そうそう そう。

だから こういうの
理にかなってるらしくて。

ただ なんか 袖でやると
パンパンって音がしちゃうから

前の出番の人やってんのに。

グーでやんなきゃ
いけないんですけど

結構 脳にくるんですよ
グーでやると。

ズン… 振動が。

サラリーマンの父
専業主婦の母の元

東京の下町で生まれ育った彼女。

1人で演奏する
寂しさを感じていたころ

指揮の魅力を知る。


ああ これは すごい…

…って思ったんですけど。

大学卒業後

指揮を本格的に学ぼうと
選んだのが

ドイツの小さな街 ドレスデン。

彼女は 150年以上の
歴史を持つ歌劇場と

そのオーケストラに
衝撃を受けた。

ふふふふっ やっぱり。

いや 今でも
ほんと 涙出るくらい…

ふ~ん。

ドレスデンの音楽にのめり込み

移り住んで6年。

異国での生活にも
慣れた彼女だが

それでも
欠かせない習慣があるという。

♬「ラジオ体操第一」

♬ 腕を前から上に上げて

♬ 大きく背伸びの運動から
ハイ

♬ イチ ニ

これ 真面目にやると
すごい よくできてるんだよね。

♬ 手足の運動

結構 全力でやって

体が どういう反応するか
っていうのを 毎回 見てるので

このテンポが

結構きつくなったりするときが
あるんですよ。

あっ 今日
すっごい つらいと思って。

♬ ラジオ体操第二

♬ 軽く全身をゆする運動 ハイ

ははははっ。

訪れたのは
彼女が5年前に卒業した

ドレスデンの音楽大学。

卒業後も彼女は

恩師のレッスンを見学するため
通っている。

♬~(ピアノ)

♬~

(ザンドマン)ダ~イ!

教授の魅力も
ドレスデンを選んだ理由だった。

ロッシーニ作曲のオペラに
教授の指導は…。

(ザンドマン)


100年以上前の作曲家が
どんな思いで作ったのか。

ドレスデンにいる間は
ずっと こうして

譜面と向き合う毎日が
続いている。

実は彼女…。

彼女は現在
オーディションを受けては

落選の日々。

ヨーロッパでは ここ1年以上

指揮の仕事ができていない。

ははははっ。

深夜0時過ぎ 人けのない街へ。

向かった先は…。

ははははっ。

とりあえず ちょっと
ここに来てみようかな

っていうのは
あったりしますね。


(青木)齋藤さん
感受性豊かですね ほんとに。

なんか表現力もすごい… あれだし
すごい魅力的。

だから 意外… 意外でしたね。

もう引っ張りだこなんだと
思ってましたから。 この1年…。

若いもんね 36は。
そうなんだね。

コンダクターで36は。

なんかボイコットとかされるって
聞いたことあるもんね。

そうそう そうそう ほんとに。
認めない つって。

何十人の人に
審査されてるわけでしょ?

同時に 瞬間的に。
頑張れ。

(本谷)ははははっ。
(若林)ははははっ。

この日 指揮する曲は…。

ベートーベン 最後の交響曲
「第九」。

へえ~。

オーケストラは
国内トップレベルの

読売日本交響楽団。

若手指揮者が
共演するチャンスは

なかなかない。

へえ~。

しかし 彼女に気負いはない。

ははははっ。

開演1時間前
彼女の楽屋を訪ねたのは…。

誰?

(碧)

妹の碧さん。

プロのフルート奏者でもある
碧さん。

楽屋を訪ねた目的は?

(碧)何も…。

本番前のメーク。

顔は どうでもいいと
思ってたんです。

そしたら 多分
いつかの演奏会のときに

お姉ちゃん ここを
こうしたほうがいいよって

言われたんですよね 多分。

で それから
それだけ言うんだったら

やってよって。 ははははっ。

あっ うんうん うんうん これ…

(碧)でかくなったね。

♬ Freude,  schner
Gtterfunken, 

♬ Tochter aus Elysium, 


ははははっ ほんとに。

♬~

(拍手)

興奮冷めやらぬまま
彼女が足早に向かったのは…。

(拍手)

コンサートを鑑賞した
彼女の地元町内会の集まり。

ちょうど 私が
クラシックをやったから

じゃあ 知ってる子が
やってるから 行こうかなって

多分 そうなるので。

日本の音楽じゃないし でも…

はははっ。

(譲一)

ははははっ。

うん。

今月 行なわれた演奏会で
彼女は…。

1年の大半をドイツで生活する
指揮者 齋藤友香理。

実家に帰るのは
日本で演奏会があるときだけ。

(美紀子)

(笑い)

(碧)じゃあ 私もフルートで…。

そっか 言わないといけないのか。

演奏会は 年に数回。

指揮者の仕事は
浮き沈みが激しい。

♬~

ははははっ。

一度 選んだ道。

彼女に迷いはない。

ほかのこと…。

(拍手)

自らが導く音楽で

オーケストラと

観客と一つになれる喜び。

ありがとうございました。 また。

いや これ…

…だから あれだけど。
ははははっ。

自分一人だけでは
できない仕事だからこそ

彼女にとって意味がある。

指揮者の道が どれだけ険しくても
彼女は 前だけを見続けている。

(本谷)齋藤さんの指揮 見てて

結構
ずっと見てられるなっていう。

ダンスに近いなと思って。

しかも
なんかキレが すごくいいから。

魅力的でしたね すごい。
かっこいいし。

(若林)あんなふうに

青春っていったら
青春じゃないですか。

眠れなくて
劇場眺める ああいう時間。

そうあらなきゃいけないけど

もう無理そうだなって思って
寂しくなるとき あんだよな。

こないだ
俺 岡本太郎の

「坐ることを拒否する椅子」
っていうのがあって。

それが26ぐらいのときに
初めて見たときに

椅子だからって
座れると思うなよって

思って作ったっていうの聞いて

俺 こんなこと言う人
いたんだと思って。

雷 落ちたかのような衝撃
受けたんですよ。

だから 笑えない漫才を
作るんだったら簡単だなと思って。

なるほど。
胸張らしたり

ゆっくり歩かしたり
したんですよ。

で 岡本太郎 見ると
もっとやんなきゃって思うのが

だるいんですよ 正直。
今の年になると。

さすがにと思って。
行って また同じ椅子見たら

めちゃめちゃ勇気が
湧いてきちゃって。

困るなって思いましたね。
すばらしい。


関連記事