秘密のケンミンSHOW! 静岡絶品!超高級自然薯とろろ汁!・大阪のおばちゃん(秘)カニツアー・高知美人を探せ!…


出典:『秘密のケンミンSHOW!静岡絶品!超高級自然薯とろろ汁!大阪(秘)カニツアー』の番組情報(EPGから引用)


秘密のケンミンSHOW!静岡絶品!超高級自然薯とろろ汁!大阪(秘)カニツアー[字][デ]


静岡ネバネバ界の最高峰!超高級自然薯贅沢に使うズルっと激うまとろろ汁!▽大阪のおばちゃんはカニツアーに行きまくる!?爆笑真実が明らかに!▽高知美人を探せ!


詳細情報

出演者

【司会】

みのもんた

久本雅美

【出演】

西川きよし

【ゲスト】

清水宏保[北海道]

宮下兼史鷹(宮下草薙)[群馬]

土田晃之[埼玉]

羽賀朱音(モーニング娘。’20)[長野]

別所哲也[静岡]

草薙航基(宮下草薙)[愛知]

松井玲奈[愛知]

ハイヒール・モモコ[大阪]

月亭方正[兵庫]

次長課長[岡山]

藤岡弘、[愛媛]

島崎和歌子[高知]

番組内容

ケンミンのケンミンによるケンミンのための赤裸々「カミングアウトバラエティー!!」▽番組ホームページ(PC・スマホ)では、あなたの知っている「ケンミンのヒミツ」を大募集中!!

制作

ytv

番組ホームページ

●番組HP

https://www.ytv.co.jp/kenmin_show/


『秘密のケンミンSHOW!静岡絶品!超高級自然薯とろろ汁!大阪(秘)カニツアー』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

秘密のケンミンSHOW! 静岡絶品!超高級自然薯とろろ汁!
  1. スタッフ
  2. 自然薯
  3. 別所
  4. カニ
  5. 藤岡
  6. ホント
  7. 島崎
  8. 女性
  9. 拍手
  10. 府民
  11. お待たせいた
  12. モモコ
  13. 河本
  14. 丁子屋
  15. カニツアー
  16. ツアー
  17. 静岡県民
  18. 早速
  19. 草薙
  20. 大阪府民


『秘密のケンミンSHOW!静岡絶品!超高級自然薯とろろ汁!大阪(秘)カニツアー』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ 関連商品

<ケンミンのケンミンによる
ケンミンのための

赤裸々
カミングアウトバラエティ!!>

(みの)
さあ お待たせ致しました。
カミングアウトのお時間で~す。

(久本)今夜も日本を代表する
主要県民の

皆さんでございま~す!
(拍手と歓声)

ありがとうございま~す。
(拍手)

ようこそで~す。
(拍手)

さあ 今日も
盛り上がっていきましょう。

さあ まずは初登場でございます
宮下草薙は

群馬県民と愛知県民~!

(拍手)
(宮下)僕がですね…。

以前 番組でも
紹介あったんですけど…。

はいはい ありました。
はい。ほんと 僕が…。

はいはい。
なんなら その…。

おい。
もう 全部…。

ほんまにもう。おい。

どうですか?草薙は?
(草薙)僕は…。

はい 以前 番組でも
紹介されてたんですけど…。

はい はい…。

(笑い)

さあ 今夜も出るぞ!

<今回は 静岡県民の
熱愛グルメ>

<静岡県といえば

ご存じ 他県民羨望の
海の幸の宝庫だが…>

<そんな…>

<それは…>

<って…>

<しかも…>

<初耳ですけど>

<その見た目は 我々もよく知る
長芋のとろろに比べ

少々 茶色っぽいカラーリング>

<そして やはり というべきか

最高のパートナー ご飯にかけて
いただくものらしい>

<そもそも…>

<あの…>

<その希少さゆえに…>

<…と 滅多にお目にかかれない
高級食材>

<正直 静岡のとろろ汁…>

<これは 芋だけに…>

<ということで
静岡県へ向かい…>

(スタッフ)はい。

近所の人です…。

そう…。

そう。うん。

食べますよね。
(スタッフ)自宅でも食べる?

全然 違う…。

(スタッフ)すごいですね。僕…。

(スタッフ)夕飯 とろろだけ?

あ~…。

(スタッフ)いも汁会?
そう。

うん いも汁か。

(スタッフ)いっぱい?
何杯も。

<まずは 静岡駅の駅ビルに
行ってみると…

おお!いきなり
堂々 のれんに

自然薯を掲げる
とろろ汁専門店を発見!>

<続いて 静岡市郊外に行くと

趣のある こちらのお店でも…
名物とろろ汁をアピール>

<県西部 掛川市には

見た目も立派な
とろろ汁専門店があったりと…>

<続いて 静岡市のスーパーへ
行ってみると

野菜売り場には
お馴染み大和芋や長芋が並ぶ中

そのお隣には…え?ゴボウ?

じゃなく 正真正銘 あの自然薯が
丸々1本 販売!>

<ちなみに長芋は
1つ258円に対し

自然薯のお値段は…おお!

さすがの…>

<ふと ここで疑問。そもそも…>

(増田さん)
…の事を言います。
(スタッフ)あ そうなんですか?

一般的には…。

非常に…。

希少価値が高いです。

<比較してみると

圧倒的に 自然薯の方が
粘り気が強いのだ>

<では 静岡県民は

どのようにして
自然薯を食べているのか?>

<掛川市のご家庭で…>

<まず お母さんが
誇らしげに持ってきたのは…

出ました!>

<そして はじめに
自然薯を火であぶり

食感に残りやすい
ひげ根を取り除くと…>

<居間でスタンバイしていた

すりこぎ担当の
お父さん達にパス>

<まずは
自然薯を真っ二つに折ると

おや?何やら
皮ごと すり始めたが…>

(スタッフ)剥かないんだ。
うん。

(スタッフ)あっ コクが出る…。

<ここで すりこぎが登場>

<熟練の手さばきで
ゴリゴリと すり始めた>

<小学4年生の静岡キッズから

御年87歳の
ひいおばあちゃんまで

時折 お父さん達は エネルギーの
ビールをチャージしつつ

一心不乱に すり潰していく>

<およそ 20分かけ

自然薯は 粘り気を増した
とろろに!>

<そして 仕上げの味つけ>

<全国的に…>

<お母さんが
鍋から すくい上げたのは

なんだ?これは一体>

<なに?>

(スタッフ)え~!

ハハハ…。

<そして…>

<と 待ちに待った
とろろ汁が オンステージ!>

<テーブルには マグロのぶつと
刺身 そして ご飯と

とろろ汁に特化した
超ストイックな布陣!>

<そして お待ちかね
とろろ汁パーティースタート!>

<まずは お父さん
自ら すったとろろ汁を

白飯に1杯 いや 2杯よそうと

皆さんも 豪快に
とろろ汁をご飯にぶっかけ

薬味の刻みネギと一緒に

ズルズルと音を立てて
流し込むように かき込んでいる>

<さらに こちらのお父さん
マグロのぶつ切りをとると

ご飯用とは 別に作った
粘り気強めの自然薯で

いわゆる 山かけに>

<醤油を まわしかけると

粘り気の強さを確認しつつ
ひと口で ぺろり!>

<そのまま 日本酒もいった!>

<さらにこちらは
ご飯に とろろ汁を ぶっかけ

…からの
マグロも とろろにダイブ>

<めっちゃ うまそうだ>

<そして あっという間に
すり鉢は 空っぽに>

<すると>

<ええ!?また擦ってる>

<もはや皆さん 取材そっちのけで
とろろ汁を 食べまくっている>

(スタッフ)抜群に合う?

というか…。
(スタッフ)普通?

<さらに 情報を元に

江戸時代 宿場町
丸子宿として栄えたこの地で

時代を感じさせる茅葺き屋根が
老舗オーラを放つ 丁子屋さんへ>

<実はこちら…>

<あの 歌川広重の代表作
『東海道五十三次』の中の

丸子宿にも
丁子屋さんだと言われる

お店が 描かれており 実に

4世紀以上にもわたって
同ポジで営業されているのだ>

<そんな歴史ある丁子屋さんの
のれんを くぐると

おお これまた立派な太い梁が
お出迎え>

<そして 奥に伸びる廊下を
進んだ先に広がる お座敷は

地元 静岡県民や
観光客で 大盛況>

<すると>
お待たせいたしました。

ありがとうございます。
<といって 1人1杯

丼サイズの とろろ汁と>

お待たせいたしました。

<おひつに入った
2合分の麦ご飯が登場>

<早速 とろろ汁を
麦飯にぶっかけて

ズルズルと音をたて
堪能する 静岡マダム>

お待たせしました。

<なに?>

これも食べます。

<そして あげとろにかぶりつくと
中から とろろが流出>

<そんな事は おかまいなしと
皆 とろろを溢れさせながら

あげとろを 堪能していた>

<丁子屋さんの
十四代目当主に 話を伺った>

(柴山さん)その難所で…。

<続いて 静岡市内の
居酒屋さんへ行くと>

<おっと そうきましたか!>

<ステーキ皿で あっつあつで
いただく

40年前から
不動の人気メニュー>

<こちらの 中国料理屋さんでは>

お待たせいたしました。

<なに!?チャーハンと
いも汁のセット!?>

<なんと こちらはチャーハンに
いも汁をぶっかけていただく

進化系中華コラボ>

<さらに とろろ汁専門店
本丸さんでは>

失礼いたします。
お待たせいたしました。

失礼いたします。
お待たせいたしました。

<え?なんだって?
ソースとろカツ定食!?>

<実はこちら
擦りおろした自然薯に

ダイレクトにパン粉をつけて
カラッと揚げた一品>

<ぱっと見は トンカツにしか
見えないが 持ち上げると

凄まじい粘り気の とろろが出現>

<そして 勢いそのままに
トロかつに 噛みついた>

<…は とても奥が深かった>

(拍手)

いや これはちょっと
おいしそうで ちょっとヨダレが

出てきましたけど やっぱり
あれですか?静岡県民は

とろろ 大好きですか?
(別所)いやもう…。

へぇ~!

僕は 子供の時は
うちの父親もそうですけど

もう親戚一同…。

ああ~。

さすがに やっぱりね
言われます。
(別所)だから うまく

触らないように あれが…。

おえ~ スゲェなぁ。

僕 あれ…。

いや
食べ過ぎでしょ。食べ過ぎだわ。
(笑い)

これ 自然薯の とろろ汁と
長芋の とろろ汁は

全然違うわけでしょ?

全然違う。

でもあの あたしが驚いたのは…。

これが ミソ。
急に…。

(笑い)

僕のいる…。

ああ~。
ちょっと やるんです。

へぇ~!つい最近も。
(別所)そう。

藤岡さん どうですか?
(藤岡)静岡がね ああいう

とろろがね 産地っていうのは
知らなかった。

大好物。

とろろね。

(島崎)へぇ~。

ありがとうございます 先輩。
(藤岡)ホントにね…。

(藤岡)かなりこれ…。

最高。
あの ちなみに聞きますけど…。

それはないよね。

なるほどね~。
(藤岡)ただ これがね…。

(笑い)

草薙 どうですか?草薙君。

あ 静岡出身なんだ。
はい。僕は愛知なんですけど。

…そらそうだよな。
でも やっぱ…。

って言うので…。

ああ そうか。愛知だからね。

(笑い)
…途中で咳き込んじゃう。

草薙は…。

(土田)しょうがないっす。
これ しょうがない。

(羽賀)私も…。

どっちかって言うと…。

そういう…。

完全にメインですよ。

(方正)僕…。

おお~。
ほんなら もう…。

何が びっくりしたかって…。

やっとバーッて…。

≪わぁ…≫
≪もったいない≫

って めっちゃキレられた…。

(判定音)
♪~ デデ~ン

(笑い)

(河本)ずっとこれ
打ち合わせしてましたよね。
(方正)してないわ!

(平松)
様々な とろろ使いが発覚した
静岡県ですが…。

<静岡県民熱愛の自然薯>

<今回は 丁子屋さんの
とろろ汁を頂きます!>

(別所)じゃあ みのさんに。
じゃあ たっぷりね。

(別所)たっぷりで いいですか?
いきますよ。

今日は精力つけたいんだ。
≪ヤダー!≫
ヤバい ヤバい!

(別所)何があるんですか。
≪何かあるんですか?≫

ネギ入れていいの?
(別所)これにですね ネギを

お好きな分量 入れて頂きつつ…。
ガバッと入れちゃいますか?

入れちゃいましょうよ。
(別所)入れちゃって下さい。
いただきます!

いただいて下さい。
≪あ~おいしそう!≫

あ~いい!かき込みたい!

めちゃうまい!

ねえ!

一般的な とろろと
何が違います?

粘り!
粘りが そうか。

それから匂い。
香りもね。

全然やっぱ…
食べ比べしてもらいたいぐらい。

へぇ~!

え~ ウソでしょ!?
≪そんなに?≫

やめてください…。

(笑い)

お味噌汁ってのは
感じるんですか?

あのね 味噌の味
風味 ちょっと感じます。

味噌汁とかじゃないんだ。
そこまで いかないです。

あのね 食べる味というよりはね

のどごし。
(一同)へぇ~!

じゃあ うちらも
いただきましょう!
≪いただきま~す≫

≪すごいね!え~!≫

(島崎)
何か…たっぷり かけましょうね。

(藤岡)大好物なんでね。
(島崎)うわ すごい粘りが。

(藤岡)うわ~ どうも ありがとう。
もっと かけなきゃ。

(河本)うまそやな~。

(藤岡)じゃあ いただきます。
いただきま~す!

噛むんじゃない 飲むの。

≪そんなに!?わっ まだいく…≫

≪うわっ!≫
≪すごい!≫

(清水)うわっ!
≪すごい…おかわり…≫

このダシも絶品だね。
おいしい!

(別所)このね バランスが。
味噌の感じが すごくいいですね。

(別所)でしょ?
≪これ 鯖?≫
まろやかだよね。

(別所)ほんのり。
(島崎)
ほんのりね お味噌の味がね。

(別所)これは鯖ではなくて
ほんのり味噌と…。

おいしい!

(河本)
はい ありがとうございま~す!
自然薯 入りま~す!

(井上)ありがとうございます!

もう これで十分!他 いらない。
いらないね。

めっちゃうまい!
うまい!

≪うまい!≫

めちゃくちゃうまいですね。
藤岡さん 大好きなんですよね?

小さい頃から食べてるんでね。
お味噌汁は感じられますか?

いやぁ 初めてですね 僕。

ビックリしました。
これ もう…。

止まらない。

食べちゃう?

やだ やだ~!
(笑い)

(清水)ほんとに こう…。

これは 体に いいわ~。
(島崎)体に。パワー出ますよね。

幸せだよね~。
(松井)ホントに。

そうだよね!
ホントに。

分かる!ただ でも揚げたやつも

食べてみたいっていう…。
食べた~い!

モモちゃん どう?

ほんまやわ。

ううん。

(笑い)

ホントにやっぱ…。

(笑い)

お忙しいところ すんません
ホントに。店員さん 来て頂いて。

(笑い)
かわいらしい お子さんと一緒…。

ああ そうですか。

ご自身で
お食べになって どうです?お味。

どうも ありがとうございます。

<今回のテーマは…>

<ドデカな看板で
おなじみ

あの かに道楽に
代表されるように

府民は カニがお好き
という事は

我々も何となく
気付いてはいたが…>

<福井県民の誇り 越前ガニを
大調査した際に…>

<なに?>

<そこで早速 大阪で調査開始>

出てるから。
(スタッフ)いっぱい?

1人。

(スタッフ)だから行く。

(スタッフ)スゴイんですか?

<城崎とは 大阪から
3時間ほどの

兵庫県北部に
位置し

1300年の
歴史を誇る…>

<早速 カニツアーの
情報を求め

大手旅行会社 HISさんの
梅田営業所へ行ってみると

店頭のすぐ横に…おお!

大々的にカニツアーを
猛プッシュ!>

<どうやら ツアープランも
かなりの充実ぶり>

大体 うちの方でも…。

<カニツアーは 冬になると
各ツアー会社が

温泉とカニをセットにした
バリエーション豊富な

ツアープランを開催>

<特に城崎など…>

<そこで…>

<大阪府民が待ち望む

冬のカニバスツアーに同行!>

<早速 我々も乗車。
すると…おぉ!

40人乗りのバスは…>

<よかった。ほぼ…>

<意外にも ヤング世代と
カップルが やや多めの様子>

<そんな…>

<ということで…>

<ちょうど お昼前に
ツアーの目的地

城崎周辺へ到着>

<一行が到着したのは こちら
ひだまり旅館さん>

<バスを降り 向かった先は…

おぉ!落ち着きのある
広々とした宴会場!>

<テーブルには すでに
おいしそうな…>

<立派なズワイガニ
さらに…>

<豪華なカニコースが
スタンバイ!>

<そして お待ちかねの
カニ満喫タイムがスタート!>

<府民たち 早速ズワイガニを
豪快に割り

見事な手つきで
身を取り出しては

カニ酢につけて
幸せそうにパクリ!>

<そして カニ刺しを
チュルンと一口>

<さらに 焼きガニも
たっぷり頬張っている>

<そして案の定 待望のカニに
夢中のせいか

普段にぎやかな
あの大阪府民が

真剣に黙々と カニと格闘中>

<続いて運ばれてきたのは…
こりゃまた すごい>

<お店オリジナルという
絶品カニ鍋を

豪快にかぶりつく
なにわレディー>

(スタッフ)1万4, 000円?

(スタッフ)あ ちょっと安い…。

<そして カニを十二分に堪能した
一行が向かったのは

おっと!ドライブイン。

すると…ツアー客たちの
視線の先は

えっ?またカニですか?>

<他のツアー客たちも
地元産の とれとれピチピチ

松葉ガニを続々と購入!>

(スタッフ)カニ買ったんですか?

<さすが大阪府民>

<さらに もう1軒

鳥取との県境にある…>

<まず一行が到着したのは

ドデカなカニのオブジェが
際立つレストラン>

<念のため…>

<こちらも…>

どういうプラン?

<何!?>

<早速入ってみると…

おぉ!超広い宴会場>

<すると!テーブルには
ここでも立派なカニフルコース>

<しかし 府民たちの
鋭い視線の先には…>

<府民たちの
鋭い視線の先には

おぉ!カニの足が山盛りの
食べ放題コーナー!>

<そして お待ちかね…>

<こちらのお兄さん
一目散にカニの山を目指し

がっつり取り始めた>

<他の府民たちも 開始早々
カニを たっぷりと取っては

すぐさま席へ戻り

熟練の手つきで殻をむくと

お見事!そのまま
一口でパクリ!>

…ぐらい。

(スタッフ)元以上?
うん。

<そして…>

<府民たちの驚異的な
スピードに…>

<負けじと こちらのお姉さんは
なにぃ~?>

(スタッフ)じゃない?

<そのまま席に戻ると…>

食べんの。

<すご過ぎるぞ 大阪府民>

(拍手)
これもう モモコとか

カニツアー 行ったことある?
(モモコ)もちろん 必ず…。

行った?
ってか 普通。

逆にね。
もう…。

食べ放題ってのも 定番なわけ?
定番。

主婦は…。

でも もうホンマに…。

そうやな~。
(モモコ)そう。

ちょうどいいぐらい。
そやね 距離的に
ちょうどいいのかな。

そう…。

(一同)あ~…。
(モモコ)これ家族全員で。

いいやないですか。
(モモコ)これ城崎に行った時ね。

…っていうぐらい。

もう みんな行くから。

師匠は どうですか?
カニお好きですか?

ツアーとか 師匠は行ったこと
ないと思いますけども。

(西川)僕…。

ドーン…。

へぇ いいですよね。
でも…。

どうですか?

清水さん。

思ってると思うんですよ。
もう だって…。

マジで?

ちなみに…。

ししゃもツアー?

みんな…。

ツアーを組んで…。

藤岡さん どうですか?
いや~…。

何か行きたいですね…。

ねえ。さあ…。

(笑い)
(河本)明らかに違いましたね。

私…。

思い出すと すごく…。

あ 送られてきた?

あらら…。

大丈夫なんですか。

つっちー どうですか?
(土田)僕…。

なるほど 当たり前みたいに
なっちゃってる。

あと 松井さんが食べ過ぎて
ちょっとね…。

さあ 草薙君どうですか?

いやいや…。
おいおい。

確認だけど お前…。

(笑い)

めちゃめちゃ起きてる?

(笑い)

≪アレルギーが≫

<世の男性の皆さん
お待たせしました!>

<高知県の女性といえば…>

<と 自他ともに認める…>

<…が魅力的なのは
何となく知ってはいるが>

<高知県出身の
美人有名人といえば

県のPR動画にも
出演されている 女優の…>

<…は もちろん

スタジオにお越しの…>

<紛れもなく
高知を代表する土佐ビューティー>

<ということで 徹底調査!>

<イルミネーションの綺麗な…>

<おおっ!お子さんを連れた

キュートなヤングママ発見!>

(スタッフ)また飲みに行くんですか?

はい。

<朝まで飲み明かすことも
よくあるという…>

<今度は…>

<おおっ!
ブルーのニットがお似合いの

土佐レディー発見!>

(スタッフ)30に?見えないですね。

(スタッフ)
あ そうなんですか。へぇ~。

(スタッフ)あ そうなんですか。

(スタッフ)よさこいですか。

お客さん達とも…。

…って ところですかね。ハハハ。

<今田美桜さん似の…>

<ゲット!>

<続いて…>

<おおっと!>

<続いて…>

<おおっと!

ロングヘアーが魅力的な
土佐ビューティー発見!>

(スタッフ)平成元年生まれ。

(スタッフ)教育関係?
はい。

Thank you.

<柚子サワー大好きだという

美人英語教師だった>

<さらに…>

<おおっ!透き通るような肌の
美女発見!>

(スタッフ)23歳?
はい。

(スタッフ)まだ大学生なんですね。
はい。

そうですね。

結構 何だろ…。

(スタッフ)そうなんですね。

すごく…。

(スタッフ)そうなんですね。
はい。

<島崎さんをリスペクトする…>

<ゲット!>

<高知県は
四国山地や太平洋に囲まれ

古くから厳しい自然環境の中での
生活を強いられてきたため

「はちきん」と呼ばれる

男勝りで威勢の良い女性が
多くなったと考えられており

また女性の職場進出に関する

データも全国の上位を占め

高知の女性は…>

<では ここで
街中で見つけた高知美人を

一挙に ご紹介!>

<はりまや橋前を
お友達と歩いていた

弓道の大会で
県1位になったこともある

美人高知大生>

<平日の高知駅前で見つけた

元バンドマンの
美人ヘアスタイリスト>

<雨の日にトラックの荷積みの
準備をしていた

10トン車を乗りこなす
美女長距離ドライバー>

<桂浜にある水族館で見つけた

館長と広報の土佐美人コンビ>

<これから
飲みに行くところだという

中学校の養護教諭の
土佐ビューティー>

<龍河洞のそばでカフェを営む

41歳 美人バリスタ>

<そして 追手筋通りで見つけた

ベレー帽が お似合いの小顔美人>

<高知県は坂本龍馬も納得の
美人王国だったぜよ>

美人がいっぱい 嬉しい。

あれ?皆さん…。

普通はね。
えっ 飲むでしょ?

ああ ひろめ市場とかね。
えっ…。

当たり前じゃないわ!
当たり前じゃないですよ みんな。

ホントだな~。
(島崎)ホントに男がいない。

確かに あんまりいないな。

いや~ やっぱりね…。

なんか 濃い女性のなんかね
1本芯のあるね

そういう感じして。
気持ちがいいですね。
いや 嬉しい。

ちなみに今 出てきた中で
この人 素敵だなっていう

お好みの女性いました?

いやん もう…。

(笑い)

僕は やっぱりあの さっき…。

おお~ この方?
(別所)なんか…。

宮下君 どうですか?
僕は あの…。

あ そうだ。
ちょっとね…。

僕 逆でダメなんですよ。

やっぱ絶対に その…。

ただ その…。

(笑い)
≪何それ?≫

さあ 井上君どうですか?

カフェ!

うんうん。

(笑い)
半吉 出てきた。

(笑い)
(河本)引きずってんな ずいぶん。

つっちー いかがですか?

≪え~っ!うわ いいな≫
高いんだ レベルが。

ただ そのあとに ちょっと…。

あと…。

…っていうもあったりとか。
(笑い)

職業は 職業は
聞かないようにしてます。


関連記事