ダウンタウンなう 梅宮アンナ&母娘が辰夫伝説を暴露、ダウンタウンの番組に出演し続けたワケ・三山ひろし紅白けん玉…


出典:『ダウンタウンなう【梅宮アンナ&母娘が父・辰夫伝説を暴露▽紅白歌手・三山ひろし】』の番組情報(EPGから引用)


ダウンタウンなう【梅宮アンナ&母娘が父・辰夫伝説を暴露▽紅白歌手・三山ひろし】[字]


梅宮アンナ&母娘が亡き父・辰夫の衝撃伝説を暴露!あえて金髪にさせられていた!盟友・浜田との最期の(秘)話を初告白▽三山ひろし紅白けん玉失敗の人物登場で波乱


詳細情報

出演者

【MC】

ダウンタウン(浜田雅功 松本人志) 


【ナビゲーター】

坂上忍 


【飲み仲間】

山﨑夕貴(フジテレビアナウンサー) 


【ゲスト】

梅宮アンナ&クラウディア&百々果 

三山ひろし

番組内容

ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)と坂上忍の3人が、豪華ゲストたちとお酒を飲みながら本音で語り合う人気企画「本音でハシゴ酒」。今回は梅宮クラウディア・アンナ・百々果一家と三山ひろしをゲストに迎え、八丁堀のお店をハシゴする!


■娘が明かす、故・梅宮辰夫さんがダウンタウンの番組に出演し続けたワケとは?

梅宮ファミリーが登場で、昨年12月に亡くなった俳優・梅宮辰夫さんの知られざる伝説の数々が明らかに。

番組内容2

娘・アンナへの一風変わったしつけから、孫・百々果への溺愛っぷりまで、家族しか知らないエピソードをぶっちゃける!


■三山ひろしが、毎年恒例“けん玉チャレンジ”のウラ話をぶっちゃける!

5年連続でNHK紅白歌合戦に出場している演歌歌手の三山は“けん玉演歌歌手”として世間に知られている。2017年からは紅白の舞台上で歌いながらのけん玉ギネス記録挑戦が恒例となっているが、今回はその裏側をぶっちゃける!

番組内容3

さらに、若い頃のやんちゃな素顔が明らかに?


お酒を飲みながらのトークだからこそ飛び出す、他の番組では決して聞くことのできないゲストたちの本音トークに是非ご注目を!

スタッフ

【制作統括】

中嶋優一 


【チーフプロデューサー】

蜜谷浩弥 


【プロデューサー】

橋本英司 


【総合演出】

日置祐貴 


【制作】

第二制作室

ご案内

【番組HP】

http://www.fujitv.co.jp/DOWNTOWN_NOW/index.html


『ダウンタウンなう【梅宮アンナ&母娘が父・辰夫伝説を暴露▽紅白歌手・三山ひろし】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ダウンタウンなう 梅宮アンナ&母娘が辰夫伝説を暴露、ダウン
  1. アンナ
  2. 三山
  3. お願い
  4. 辰夫
  5. クラウディア
  6. 失敗
  7. 梅宮
  8. 浜田
  9. ヤバ
  10. 紅白
  11. 今夜
  12. 坂上
  13. お店
  14. ホント
  15. 緊張
  16. 今日
  17. 松本
  18. 舞台
  19. イエーイ
  20. ダウンタウン

『ダウンタウンなう【梅宮アンナ&母娘が父・辰夫伝説を暴露▽紅白歌手・三山ひろし】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓フジテレビ 関連商品

[今夜の 『ダウンタウンなう』は
5年連続 『紅白』出場

演歌歌手 三山ひろしが
ギネス失敗の張本人と一緒に

けん玉 リベンジ]

(松本)全然 大丈夫。
まだまだ 余裕あるから。

(アンナ)っていうふうに
ずっと 言ってて

もう ホントに…。

[ということで
今夜の『ダウンタウンなう』は

天国の梅宮 辰夫さんも
絶対に笑ってくれる ハシゴ酒]

(すすり泣きの ものまね)

(アンナ)
「ごめん!」って言うから…。

こいつ 泣いとると思って。

(三山)全員が 「あぁ~!」

[何と…]

(坂上)でしょう?
そう。

(松本・浜田)え~!?

[さらに…]

[なぜか 大興奮!]

[今夜の舞台は
東京駅のお隣 八丁堀]

[丸の内OLや ビジネスマンに
大人気のおいしいお店を

続々 紹介します]

[一軒目では 梅宮アンナさん
クラウディアさん 百々果さんが

ご家族で お待ちです]

着きました。 こちらですね。

よろしくお願いします。

(坂上)うわ~。

よろしくお願いします。
(アンナ)よろしくお願いします。

ということで こちらのゲスト

梅宮アンナさん クラウディアさん
百々果さんです。

よろしくお願いします。
どうぞ お座りください。

(アンナ)は~い。
よろしくお願いします。

[1958年にデビューし

日本映画界を背負う
看板スター俳優として

数々の名作に出演した 一方…]

[今夜は
アメリカ出身の奥さま…]

[溺愛していた
娘で モデルのアンナさん]

[そして アンナさんと
一般男性との間に生まれた

現在 18歳の…]

[そんな 3人が…]

[…を ぶっちゃける!]

[さらに…]

(辰夫)「できてる! できてる!」

結構 いってんな。

(アンナ)もう すんごい忙しくて。

乾杯しますか。
今日 よろしくお願いします。

はい 乾杯!
お願いします。

失礼。

(浜田)辰兄に…。

(浜田)二人で 飯食って…。

何か 感じましたね。

私と LINEで…。

すぐに来てくれて…。

(すすり泣きの ものまね)

もう だって 泣かれてた。

(すすり泣きの ものまね)

って言うわけ。 要は…。

(アンナ)
「ごめん!」って言うから…。

こいつ 泣いとると思って。

(アンナ)これは…。

(アンナ)っていうふうに
ずっと 言ってて

もう ホントに…。

[そんな辰夫さんの
教えどおり…]

この辺と この辺にも
ハイチュウ。

[…を持っていた 辰夫さん]

[多くの番組出演で お茶の間に
愛されていましたが…]

何を断ったことがないのか。
ちょっと感動しちゃう。 どん。

え~。

そう そう そう!

それは 感謝です。

えっ?
ちょっと見てみますか。

(アンナ)見たい 見たい。

[ダウンタウンの…]

『ごっつ』で!?
この頃か!

「ボスニア・ヘルツェゴビナ」
「ゴスニア…」

[ミスをすると かなり乱暴な
罰ゲームを受ける企画でしたが]

「今日は スペシャルということで
スペシャルに ふさわしい

この方を紹介しましょう!
梅宮 辰夫さん どうぞ!」

この頃は まだ 怖かったっしょ。
怖かった 怖かった。

「これ 1回で奇麗に?」
「1回で カチャ」

(ホチキスで紙をとめる音)

「こんなもん 簡単ですよ」

(ホチキスで紙をとめる音)

≪「あれ?」

(辰夫)「できてる! できてる!」

「できてないって」

(板尾)「奇麗に円を…」

コンパスで
奇麗に丸かけるかとか。

これ おもろいな。 これ おもろい。

(辰夫)「要領があんだな」

[年末の
『笑ってはいけない』では…]

小籔が めちゃくちゃ言うのよ。
めちゃくちゃ言うてた。

[何と クラウディアさんも]

(辰夫)「クラウディア!」

いや これ すごいわ。
(アンナ)あ~ ヤバい。

おかしかった。

あの頭の…。

ちょっと やっぱり…。

いや だから…。

何か 顔…。

それが まだ…。

で わりと…。

楽しいんだって。

こちら こちら。 こちらです。

父の場合は…。

[という 辰夫さん]

[ここからは 家族しか知らない

辰兄の伝説を ぶっちゃけ]

[まずは こちら…]

梅宮さんが
家出しちゃうんですか?

そら そうでしょう。
そら こっち。

でも 梅宮さんが そんな…。

(クラウディア)何でも やる。

笑たらあかんのに笑うから。

いや~ 最高。

まあ 若いときだから。

(クラウディア)そうですね。

まあ 大スターですからね。

目が バッチーン 合った。

[カワイイ娘を溺愛するが故に

「常に金髪にしていなさい!」と

辰夫さんから謎の教えが
あったそうなんですが…]

イメージ的にね。

でも ところが…。

とにかく…。

そうすると…。

化粧してこいって?

ですよね。

それは 寄ってくると…。

でも その心配というより…。

[辰夫さんが…]

[…という噂。
ホントだったんでしょうか?]

(アンナ)それは…。

(アンナ)って言うと…。

(アンナ)私…。

それまで知らんかったんや。
(アンナ)知らなかった。

[今から…]

[連日…]

(辰夫)
「選びなさいとは言ってます」

ワイドショーとか。
結局 梅宮さんって…。

誰ですかね~。

[この恋愛が終わった
2年後に アンナさんは…]

[百々果さんが生まれましたが
そのお相手とも離婚]

[梅宮 辰夫さんの思い出話が
尽きない宴の舞台は

八丁堀の路地裏の隠れ家…]

[坂上さんが選んだメニューが
こちら]

[中でも 絶品なのは
お店の看板メニュー…]

[対馬海峡で捕れた 400g以上の
脂の乗ったノドグロを

炭火で焼いて 提供]

[これには 坂上さんも…]

[番組最後のキーワードで
お薦めの芋焼酎を1杯サービスです]

[さあ まだまだ 辰兄の伝説を
語りましょう]

[続いては 孫の百々果ちゃんを

甘やかし過ぎていた
じじバカの素顔が明らかに]

(百々果)すごいなと今思うのは…。

(百々果)すごい金魚すくい…。

(百々果)ずっと…。

そりゃ 腕も上がるわね。

あとは あれだよね。

しかも…。

(アンナ)え~!? みたいな。
ひがんでないしみたいな。

ねえ。

全員 大事にされたんですよ。

(クラウディア)そう それで…。

アンナちゃん 知ってんの?

ということは…。

女性によ 女性に。
僕は だから…。

(山崎)えっ!
マジで!?

ちょっと待って 嫌ですか?

[続いては…]

[…が お待ちです]

あ~! 演歌。

えらい質問きた…。

なあ そこで…。
そうですよ。

そうやん。 別に。

おい!

着きましたよ こちらです。

季節に合わせた…。

こちらには…。

なかなか癖が強い方みたいなので
お話を聞いてみましょう。

なるほどね。

さあ。

おはようございます。
(三山)よろしくお願いします。

初めまして 坂上と申します。
よろしくお願いします。

ということで こちらのゲスト…。

よろしくお願いします。

[三山さんといえば
けん玉演歌歌手として

広く世間に知られ…]

[2017年からは…]

[恒例に]

[今夜は そんな 『紅白』での…]

でしょう?
そう。

(松本・浜田)えっ!?

[『紅白』という
国民大注目の舞台で失敗した

スーパーしくじり先生が
当時の心境を激白]

[さらに…]

(三山)よろしくお願いします。
お願いします。

(三山)
いやいや そんなことないです。

もう 今日は ぜひ
一つ いろんなお話を。

じゃあ 乾杯しますか。
よろしくお願いします。

(三山)はい お願いします。

あんまり強くはないですけど。

高知は もう
すごいじゃないですか。

日本酒が 特に おいしいですね。

車は ちょっと ないですけど…
ええ はい。

ということで…。

いきなりですけども…。

何? それ。

例えば こう…。

(三山)見た目ですね。

中身は 伴ってなかったですけど。
その見た目 見てみますか?

こちらです。

いやいや…。

これ 何の写真?

成人式?

これで もう…。

これは ヤバいでしょ。 これ。

(三山)コートも
おばあちゃんが買ってくれて。

これを着て 成人式に。

そうですね。

形から入る人なんでしょうね。

これなんです。

やっとんな。

そうなんです。

ばりばりでしょ これ。

(三山)車を まず買って…。

ただ…。

車は あれでも 別に 誰にも
何も言われなかったんで。

それこそ 今だったら
あおられたりとか。

そんな三山さんなんですが…。

♬「偲べども」

(合格の鐘の音)

やっぱり…。

(三山)そうですね。

やっぱ おばあちゃんなんや。
はい。 そうなんですよ。

かなり。

いきなり?

いわゆる…。

ぐるぐる ぐるぐる回って
全国各地 色々 行って…。

でも 10万 すごいですね。

で やっぱり…。

遅ればせながら…。

失敗しましたね~。
だから これ…。

そうなんですよ。
去年 失敗しちゃった。

ただ これ
ホント申し訳ないですけど…。

まあ そうね…。

さっき
ロケハンやってるときに…。

笑う?
びっくりしました。

(山崎)笑っちゃったんですか?

知らないっす。

うん。

ありがとうございます。
それぐらい面白いです。

これ いっぱいおるやん。
ギネス記録ですね。

125人全員で
この大皿っていう技を決める。

全員で つなげていくんや。
そうなんです はい。

その間 歌ってんの?
はい。

これ でも
こっちが主役になってる。

[けん玉を…]

[ここまでは
順調にきていますが…]

[まさかの…]

私が落としたわけでは
ないんですけど

これ 125人全員で成功させないと
意味がないので。

で 最後 自分が やんの?
はい そうですね。

「よろしくお願いします」

だから…。

いやいや…。

僕も あとで…。

ギネス記録ですからね。

ただ…。

意味がないことは ないんです。

歌てるとこ…。

あとの ハーフの部分が。

これ でも
ホント すごいですよね。

覚えてるでしょ?

抜けてんの。
ちょうど いい位置に。

(松本・浜田)えっ!?

あ~!
86番や。

(山崎)何のハグですか?
嘘やろ。

いや… そんなことないですよね。
やっぱり 僕たち…。

[聞いちゃいましょう]

(三山)ちょっと ちょ…。

あの方々…。

そうです。 結局…。

一回の失敗で落とされるんで。

だから…。

どうなって 失敗した?

86番…。

さっきも言ったけど…。

ただ あれなんでしょ?

そら そうよ。 そら そう!

「マジかよ! お前」

(黒瀬)いつも一緒にけん玉する…。

「おい!」

いやいや…。

ちょっと ごめんなさい…。

と思いますよ。

いや ぜひ…。

やっぱり…。

背負ってね。

でも…。

次の方が 半端ない。

いや 今日 ちょっと…。

そうです そうです。

問題は こいつじゃない…。

[ということで…]

[『紅白』の
リベンジを目指します]

ただ…。

それぐらい負荷かけないと。

ちょっと待って。 まずさ…。

絶対 ことしも無理やわ。

(黒瀬)いいですか?
いこ いこ…。

ホンマけ?

こう回りで…。

[急な…]

[すると 明らかに
一人だけ 怪しい人物が…]

大丈夫ですか?

落ちただけや。

じゃあ いきますか?

[果たして
『紅白』のリベンジなるか?]

(三山)いきます。

いきま~す。

いけるよ まだ いかないと。
もっかい いっていいんですか。

私 いけます いけます。

ちょっと待って 待って…
緊張する。

ちょっと待って! 緊張する。

いった!

これは ちょっと なかなか…。

緊張するな。
緊張しますね。

よし いこう。 よし いこう。

[ぶっちゃけ
浜田さんに かかってますよ]

♬~

20秒ありますよ。
めちゃくちゃ余裕あるからな。

まだ あります。

全然 大丈夫。

まだまだ 余裕ある。

え~!?

(拍手)

え~!
[ラストチャレンジ]

[三山さんとの けん玉で
盛り上がる 宴の舞台は

牛タンが自慢の居酒屋…]

[炭火で焼き上げた
お店自慢の厚切り牛タンは

やわらかくジューシーで

口いっぱいに
肉のうまみが広がります]

[焦げたしょうゆの香りが
食欲をそそる 栃木県産…]

[歯応え抜群で
お酒が進む 一品]

[番組最後のキーワードを
お店に伝えると

ドリンク1杯サービス。
お見逃しなく]

[ここまで…]

まず 持ち方が ちょっと
親指と人さし指で持って

あとの3つ そうです。

それで
下から上げて この玉を

1回 かわして載せる。
膝で…。

1回… 何? 斜め…。

(三山)ちょっと 1回…
横から こう。

いや ヤバい ヤバい。
ヤバいよ。

(拍手)

え~! ホンマかいな。

[さあ 特別にラストチャレンジ]

うまいな~。

≪お~ きた。
25秒もある。

[ということで…]

三山ひろし ことしの勝負曲
『北のおんな町』で

『紅白歌合戦』目指します!

ことしは 失敗しません。
(三山)よし 頑張りましょう!

イエーイ。 イエーイ!
(黒瀬)イエーイ。

[次週 よゐこ 濱口の
激ヤバLINEが 流出!]

[YouTuber カジサックも登場]

[この言葉をお店に伝えれば
すてきなプレゼントが]


関連記事