遠くへ行きたい 八嶋智人 北海道の開拓魂!世界品質のバッグ・カワイイ羊たちの楽園・朝10時発!日本一早い最終列車…


出典:『遠くへ行きたい「北海道の開拓魂!世界品質のバッグ&カワイイ羊たちの楽園」』の番組情報(EPGから引用)


遠くへ行きたい「北海道の開拓魂!世界品質のバッグ&カワイイ羊たちの楽園」[解][字]


八嶋智人▽朝10時発!日本一早い最終列車▽かわいすぎる羊たち…極上羊乳カマンベール▽世界品質!開拓支えた「馬具」が「バッグ」に▽「新」十津川村の謎…なぜ北海道に


詳細情報

出演者

【旅人】

八嶋智人(俳優)

番組内容

冬の北海道!フロンティアたちの心意気▽1)達人が作る氷彫刻&絶品オランダ料理▽2)チューブそり遊びが無料体験できる国営公園▽3)開拓者たちの心の拠り所「教会」…ゴスペル聖歌隊に八嶋飛び入り参加▽4)日本一早い最終電車…札沼線・新十津川駅へ▽5)奈良の移民たちが作った「新十津川村」…笹寿し食べ思いを馳せる▽6)開拓支えた馬具がバッグに…世界屈指の技術▽7)愛くるしい羊たち!石狩ひつじ牧場の極上チーズ

音楽

【テーマ曲】

「遠くへ行きたい」

作詞:永六輔

作曲:中村八大

制作

ytv

田園工房

番組ホームページ

★https://www.ytv.co.jp/tohku

★http://www.to-ku.com

★ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!

取材地

北海道札幌市~新十津川町~砂川市~石狩市


『遠くへ行きたい「北海道の開拓魂!世界品質のバッグ&カワイイ羊たちの楽園」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

遠くへ行きたい 八嶋智人 北海道の開拓魂!世界品質のバッグ
  1. 山本
  2. 北海道
  3. 八嶋智人
  4. ハハハ
  5. 拍手
  6. トキノ
  7. 吉川
  8. 広太郎
  9. ビール
  10. ミルク
  11. 岸本
  12. 薫製
  13. 最終列車
  14. 新十津川
  15. 男性
  16. 日本一早
  17. OG
  18. エルテンスープ
  19. お母さん
  20. チーズ


『遠くへ行きたい「北海道の開拓魂!世界品質のバッグ&カワイイ羊たちの楽園」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ 関連商品

(八嶋智人)
<今年は 1月だというのに

記録的に雪の少ない札幌の街>

<こんにちは 八嶋智人です>

<白一色ではない

こんな冬の北海道も
あるんですね>

何か…。

何か すごい音がしてんな。

(チェーンソーの音)

すいません。
(チェーンソーの音)

すいません! ハハハ…。

あっ そうですか。

これ お店…?

(吉川さん)
ここ 僕のお店なんですよ。

「僕のお店」?
オランダ家庭料理ってのは

この辺では
ポピュラーなものなんですか?

え~っと
北海道では ここだけです。

ここだけ!?
はい。

これは北海道
クラークの像が…。

これだ
「少年よ 大志を抱け」。

ちょっと…。

あっ これ… 絵だ!

絵があって。

(笑い)

今 どこを…?

あと 顔の この辺をいじって

手を作れば まぁまぁ。

へぇ~。

もっと しっかり…。

出てます。

<冬の北海道を彩る
風物詩といえば…>

<氷彫刻は 雪像と並んで

毎年 多くの観光客が注目する

大人気の催しとなっています>

<吉川さんは 札幌在住の…>

<しかも
去年 旭川市で行われた…>

<…を受賞>

簡単に…。

あっ 氷のコップで!?

…みたいなのを。

<まずは吉川さんが
チェーンソーで

原型を作ってくれることに
なりました>

あとは ここをちょっと…。

丸くしたい?
丸くした感じにして。

<おいしいビールのため
妥協はできません>

<作業30分
氷のジョッキが完成>

まずビールつぎますね。
ありがとうございます。

お~!

小ジョッキぐらいの感じなのかな。

ハハハ…!

ぐっ!
ハハハ…!

乾杯!
乾杯! お疲れさまです。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

初めての
いろんな経験をさせてもらって。

う~ん!

うまい!

これ…。

何だろう?

達成感 ハハっ。

よかったです。

<ビールに花を添えるのは

吉川さん自慢の
オランダ家庭料理>

これが…?
当店イチ押しのビターバレンです。

ビターバレン?
はい トロトロに…。

<オランダ料理の専門店は
日本全国でも わずか2~3店舗>

<味にも期待が高まります>

うん… ん!

食感はカニクリームコロッケの…。
あ~ そうですね。

お肉が いっぱい入ってる

クリームシチューのような
お味です。

次はエルテンスープです。
エルテンスープ?

スープなんですか? これ。

オランダ人が作る
エルテンスープというのは

スプーンを入れたら垂直に
立ったままになるぐらいの。

スープっていうより…。

ん! うん。

野菜のすごい甘さが出てるのと

このお豆の甘さが出てんのと
でも

これベーコンの感じですか?
この薫製…。

薫製のほうはベーコン
ソーセージ 両方一緒に入れて。

このソーセージも
薫製されてるんですか?

これも薫製されてます。
う~ん これ おいしい!

これ だから…。

じゃあ氷代も頂いて
ビールもいただいて。

そういうことですよ
その結果で こうやって

おいしいお酒を飲める
っていうのも

これは結構な喜びですよ。
あ~。

<吉川さん
これまでにない食の体験を

ありがとう!>
ハハっ。

<八嶋智人の『遠くへ行きたい』>

<札幌市の公園では
無料で雪遊びができるんです>

いいね。

いいね!

<鉄道ファンに大人気>

出発いたしました。

<午前10時発車…>

<笹の香りが広がる
新十津川の名物>

<その味は?>

一体感が違いますね。

♪~ イェ~イ

<ゴスペル聖歌隊がフラダンスと
コラボレーション!?>

<こんなのあり?>

<かわい過ぎる羊たちとご対面>

(羊の鳴き声)

<超…>

<…をいただきます>

<世界に誇る かばん作り>

<その裏には北海道ならではの
伝統技がありました>

<北海道のフロンティアたちを
訪ねましょう!>

<八嶋智人の北海道旅>

<まずは 雪を見にスキー場!>

<ではなく 公園へ>

何かこう
雪の世界に到着したっていう

気持ちにはなりますね。
(男性) はい。

そうですね 無料で…。

そうですか いいですね。

4回ここに上がって来てる
ってことが すごいよ。

(女性) もうヘトヘト。
お母さんも大変ですね。

<市民も旅行者も手ぶらで気軽に
雪遊びが楽しめるなんて

さすがは 北海道ですよね>

<いよいよ
私の順番が回って来ました>

<八嶋智人
北海道の冬にダイブします!>

じゃあ行きますよ?
はい。

よいしょ!
ハハハ…!

お~!
これは だいぶ回転強めだ。

いいね。

いいね! いいね!

来ましたね 雪国に ヘヘヘ…。

<広大な原野を開拓し
つくられた札幌の街>

<その一端を支えたのが

欧米からもたらされた
フロンティア精神でした>

<今では観光スポットと
なっている道内各地の教会も

北海道開拓者たちの
心のよりどころとして

親しまれて来たそうです>

<そんな中
札幌では ゴスペル 聖歌隊をつくり

とてもユニークな活動をしている
教会があります>

(拍手と歓声)
あら! お邪魔します。

(拍手)
フゥ~!

フゥ~!

(笑い)

あの…。

この平和的な…。
(笑い)

(広太郎さん) 僕らの…。

はぁ~。

そうか そうか。

そうですね。
手話のような感じなので…。

Joyful Joyfulですね まさに。

体がフルになって行くっていう
そういう感じですかね。

込み上げて来ての…。

「アロハ」と一緒で。

手を持って行く方向によって

これは あなたのため

もしくは
神様に向かってっていうのを。

そういうことですね。

確かに ホントに…。

そういうエネルギーが
あるのかもしれないですね。

これは毎週やってるんですか?

(広太郎さん)
月3回ぐらい練習してますね。

じゃあみんな
それで元気になるでしょうね。

見学の皆さんは
こっちに来たくならないですか?

(笑い)

(広太郎さん) いた方もいます。
あっ OG?

OG。
OGですね。

(広太郎さん)
老人ホームではないです。

(笑い)
言ってないのに!

言ってないよ 今 俺じゃないよ!

ソロパート!?
(笑い)

(広太郎さん)
まぁまぁ… そうです。

♪~

♪~ By the way

(拍手と歓声)

「ところで」。

≪「ところで」≫
(笑い)

♪~ By the way

(拍手)

♪~       (手拍子)

<ゴスペル聖歌隊
ニューホープ ウィズ 八嶋智人>

<練習なしの ぶっつけ本番です>

♪~

<ここ ニューホープ教会は

市民の憩いの場となっていて

聖歌隊の活動がキリスト教に
気軽に触れてもらう

きっかけになっているそうです>

♪~

<ゴスペルとフラダンスが
見事に融合>

♪~

<さすが
ハワイ生まれのゴスペルフラ>

<喜びを振りまく
パフォーマンスに魅了され

日本各地のチームから
レッスンの依頼が

殺到しているそうです>

♪~

フゥ~!

<僕もチームの熱気に
元気を頂きました>

(拍手と歓声)

<札幌市を後に
JR札沼線に乗って北へ>

<日本一早い最終列車を
見に行きます!>


<八嶋智人の北海道の旅>

<雪の中 JR札沼線で

一路 北へ>

あんま こういうの…。

<目指すは終着駅>

(車内アナウンス) 新十津川です。

<終着駅は 始発駅>

<なんと 午前10時に

日本一早い最終列車が
出るそうです>

<これは珍しい>

<到着したのは 新十津川>

<僕の出身 奈良県にも

十津川という村があるので
親近感が湧きますね>

ハハハ…!

会社側が…。
そうですね 休みを。

ということで。
働き方改革ということで。

進んで。

すごいですよ
この一日1本ってのが

はっきり分かる時刻表。

日本一早い最終列車に
また 乗って

皆さん 旅をされるんだなぁと。

それだけの人気があるんだな
っていう感じですかね。

ドアが閉まりました。

さぁ 日本一早い最終列車が 今

出発いたしました。

おっ 中でもやってくれてる。

ハハハ 中でも敬礼してくれてる。

あ~。

ゆっくり行きますね。

なるほど。

これ いい画ですね。

うわ~ 素晴らしい。

いいですね。

<ところで奈良出身の僕としては
気になっていた

新十津川という地名>

<その由来を
ちょっと探ってみましょう>

あれ?

「優良特産品
新十津川笹鮨」っていうのかな?

よいしょ こんにちは。

あの 僕…。

(トキノさん) そうなんですか。

ええ そうです。

それで 「十津川が新しい」で…。

じゃあ 元々…。

<…の人々は新天地を求めて
この地へ移住>

<原野を切り開き

いちから この新十津川町を

築き上げたそうです>

<ここの名物 笹寿しは

その歴史をしのぶ味として

奈良県の柿の葉寿司をまねて
生み出されたそうです>

1枚です 1枚です。

(トキノさん) これを今度
巻くんですけどね こうやって。

2枚なんで。
あっ 十字 ぜいたくだ。

(トキノさん) 2枚ないとダメ…。
包めない?

(トキノさん) 包めない。
ハハハ…。

<北海道には 柿の木がないため

地元産の熊笹が使われています>

キレイなサバ。

これ大好き いただきます。

う~ん!

笹の青い…。

(トキノさん) 柿の葉は
これだけ香りがないんですよね。

一体感が こう 奥行きが

どんどん出て来るというか。

これ止まらないやつだ。
ありがとうございます。

<故郷 奈良を感じる

懐かしく やさしい味でした>

<豊かな大地が広がる北海道>

<鉄道も車もない時代の
開拓者にとって

欠かせないパートナーは
馬たちでした>

<そのため北海道は
馬とのつながりが深く

世界レベルの技術を誇る
馬具メーカーがあります>

あら 広い!

お邪魔いたします あ~ 広っ!

鞍だ。

修理をやってらっしゃるんですか。

だいぶ使い込んで
いらっしゃいますね この方。

今 この…。

もう すっかり! なるほど。

(男性) 前はこういうふうな
状態だったんですよ。

もう全然… 全然 違いますね。

これ
水張りした状態なんですけど…。

(男性) そして こういうふうに…。

おわ~! 全部 打ってあんだ。

癖をつけるっていうか。
(男性) そうです。

やんごとなきマークが
ありますけれども。

特別に1回より常日頃のほうが
逆にズシンと 今 重みが。

<世界屈指の品質を誇る
ソメスサドルの馬具は

皇室行事でも使われ
昨年 行われた

親謁の儀でも
登場しました>

(岸本さん) じゃあ実際に
出来た鞍に乗っていただきます。

これ何ですか? 岸本さん。

あっ 馬の代わり。

えっと 一応 聞きますけど

こっちが前でいいんですね?
はい。

あっ すごいフィット感。

何ていうのかな?
ポン フ~ン ポン フ~ンって

吸収してくれる所が
強いのかもしれないです。

<培われた技術は

かばん作りにも転用>

<堅牢で上質な製品を

生み出しています>

これ でも せっかく 今 これで…。

徹底してんですね。
そうですね 絶対ここは…。

ってことは この縫い目がある

かばんを見たら誰かが手で
きっちり縫ってるなって思って

間違いない?

全然さりげないですね 確かに。

へぇ~。

確かにな。

<見えない所への
ひと手間の積み重ねが

高品質に つながるそうです>

あっ 岸本さん。

もしかして これ…。

超かわいいですね。

(岸本さん)
はい ありがとうございます。

とにかく いい革。

…革。
そうですよね。

長く使っていただきたいんで

いい感じで変化して行く革を
選んでます。

<堅牢さと美しさの結晶
ソメスブランドのかばん>

<いや~ いいですよねぇ>

<雄大な風景の広がる石狩市へ
やって来ました>

<ここでは愛くるしい羊たちに
会えるんです>

お~!

ハハっ
あ~ これ かわいい顔してる!

<八嶋智人の北海道の旅>

<石狩市へ やって来ました>

<ここには羊のミルクから
国産チーズを作りたい一心で

羊の牧場を開いた方が
いるそうです>

ん? おっ。

羊がいる ここかな?

うわ すげぇ。

(山本さん) ともぞう。
ともぞう? このコ ともぞう?

ともぞう まぁ 僕 知史なんでね。

懐いてますね。
懐いてます。

<羊とどんどん触れ合い
伸び伸び育てるのが

山本さんの流儀>

<おいしいチーズを作るためには
まずは 良いミルク>

<とにかくスキンシップが
大切だそうです>

<その極みが
病気を予防する爪のお手入れ>

お~ スムーズ スムーズ。

お~!
よっこいしょ… こんな感じです。

ハハハ…!

かわいいっちゃあ かわいいね。

あ~ これ かわいい顔してる!

(山本さん) 羊のエステサロンですね。
ホントに。

(山本さん)
めっちゃかわいいっしょ?

で 爪を切る?

「あたしもやってくれ」
みたいになってる。

<羊に負担をかけないよう
工夫された反転機>

<ここの羊たちは
愛されてますね>

<山本さんのこだわりは
手作りの牧舎の中にも>

これ 乳首 ほら 見て…。

これが いわゆる お母さん役で

出ないお母さんのために

ここにあることによって
こうやって。

「お母さん!」って言いながら…。

今セットアップして
おっぱい集中センターみたいな

そんな感じですね。
へぇ~。

<搾乳も餌を食べながらという

リラックスムードの中で
行われています>

<山本さんの
こだわりが凝縮された

ミルクを飲ませていただきます>

(山本さん) 今ちょっと
乳酸菌は入ってるんですけど

味そんな変わんないんで
ちょっと飲んでみてください。

うん というか むしろ うまい!

これを牛乳…。

(山本さん)
おいしいぐらいでしょ?

あるでしょ?
あります。

<羊のミルクの脂肪分は
牛乳の およそ2倍>

<最高の味わいのチーズに
なるそうです>

(山本さん) ジャン。
うわ~!

(山本さん)
小っちゃいですけど どうぞ。

あ~ もう 匂いが。

ここはもう
一気にチーズになってる!

<これが超希少な
国産羊乳100%の

カマンベールチーズ>

<早く食べた~い!>

<希少な羊乳カマンベールチーズ を
いただきます>

これは 僕も人生初だけど

日本中 オリジナルで…。

(山本さん) そうですね。

ついに 石狩カマンベール。

いただきます。

うん… ん!

後から
こう フワ~っと来ますね これ。

うんうんうん。

さっき羊乳を飲ませてもらった…。

(山本さん) ちょっと こう…。

うんうんうん。

(拍手)
(山本さん)ありがとうございます。

(山本さん)
ありがとうございます。

<文句なしの絶品チーズでした>

<今回の旅 自分の道を追求する

たくさんの挑戦者に
出会いました>

<北海道の方たちの
フロンティアスピリッツ>

<私 八嶋智人の胸に

ガツンと響きました!>


関連記事