所さんお届けモノです!【住宅街に突如現れる謎の朝市で浜口京子に春到来!?】自家焙煎のコーヒー・超人気ラーメン…


出典:『所さんお届けモノです!【住宅街に突如現れる謎の朝市で浜口京子に春到来!?】』の番組情報(EPGから引用)


所さんお届けモノです!【住宅街に突如現れる謎の朝市で浜口京子に春到来!?】[解][字]


所さんも知らなかった世田谷の朝市は月に一度だけの超穴場★とれたて野菜から大行列グルメ、自家焙煎のコーヒー、超人気ラーメン店の絶品(秘)まで…浜口さんも大興奮!


詳細情報

出演者

【MC】 所ジョージ 【アシスタント】 新井恵理那 【プレゼンター】 アンガールズ田中卓志  【ゲスト】 井森美幸 【リポーター】 浜口京子

番組内容

【浜口京子さんの超天然リポートが炸裂する「朝市シリーズ」】 今回は世田谷から!住宅街のど真ん中で毎月第二土曜日の早朝にこっそり開かれる謎の朝市に潜入!今はまっているという俳句を詠みながらお届けします★世田谷といえば所さんですが、そんな所さんも知らなかった超穴場の朝市、舞台は世田谷山観音寺です。早朝から大行列!早速最初のお届けものは、ご近所の皆さんが並んでも食べたいと口を揃える名物を食べ比べで!

番組内容2

★とれたて野菜や新鮮な干物が激安で買えるほか、ニカラグアでコーヒー農園を営むご主人がいれる朝市バージョンのコーヒーや超人気ラーメン店の朝市限定の○○も!所さんも「カブで行く!」と叫んだ美味しい楽しい朝市の魅力をたっぷりお届けします。浜口さんにも早速ご利益が?頬が赤らみなんと春が訪れる予感も!?お見逃しなく!!

公式HP

【番組HP】 http://www.mbs.jp/otodokemono/


『所さんお届けモノです!【住宅街に突如現れる謎の朝市で浜口京子に春到来!?】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

所さんお届けモノです!【住宅街に突如現れる謎の朝市で浜口京子に春
  1. 浜口
  2. 井森
  3. 朝市
  4. ホント
  5. お店
  6. チャーシュー
  7. 行列
  8. 世田谷観音
  9. 太田
  10. 木村
  11. お客さん
  12. コーヒー
  13. 京子
  14. 時刻
  15. スタッフ
  16. 一緒
  17. 今日
  18. 人気ラーメン店
  19. 早速
  20. 店主


『所さんお届けモノです!【住宅街に突如現れる謎の朝市で浜口京子に春到来!?】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送 関連商品

<…探し!>

<朝市といえば
全国各地で早朝から開催され

その土地ならではの特産品を

激安価格で
手に入れることができる

まさに 早起きした人だけの楽園>

<時刻は…>

<今回も
リポートしてくれるのは>

(井森)京子ちゃん。
(所)随分 静かだよ。

(新井)寝起きドッキリ。
(井森)ホント 寝起きドッキリみたい。

(浜口)今日は…。

それで おとなしくしてんの?

おい!

それでも 気合いは入れんだね。

<声は小さくても
気合いは十分>

<と ここで 最近 俳句を
趣味にしたという浜口さんが…>

<…ということで>

(浜口)
今日は 私 誕生日なんですよ。

誕生日の日に 朝市に来れて
とっても うれしい私です。

<今回 朝市の舞台となるのは

所さんも住んでいる…>

<ここで開かれるのが 早朝から
300人以上のお客さんが

われ先にと集まっては

あっという間に
いなくなってしまう…>

(浜口)何か…。

はぁ! うわ~!

すご~い! すごいです!

ガヤついてんのかな?

あっ お寺でやってんの。

(浜口)お邪魔します。

うわ 早速…。

<こちらが朝市の会場となる…>

<通称 世田谷観音>

<普段は 住宅街に たたずむ
閑静な お寺ですが…>

<…に変身>

<地元 世田谷のみならず

千葉や神奈川から
新鮮な野菜や 海の幸を持ち寄り

20店舗以上が軒を連ねる
生産者直売の朝市>

<それが…>

(浜口)おはようございます。
(太田さん)おはようございます。

(太田さん)そうです。

(浜口)何か すごく…。

(浜口)…な雰囲気ですね。

(太田さん)それで 何か…。

皆様の ご縁の場になれば
いいなと思って 始めました。

(田中)ちなみに…。

わざわざ…。

と思った方に出店してもらうと。
来ませんか?と。

そうなんですよ
だから もう ホント…。

…みたいな感じでしょ?
そうそう そうです。

<朝市が始まるまで あと20分>

<しかし 早くも>

えぇ~。

行列 行列 うわ~。

うわ~!

すごいです すごいです。

<会場の2か所に

合わせて30人が並ぶ
行列を発見>

そうですね やはり…。

(太田さん)あちらの鈴木さんと

あちらの矢仲さんの…。

(太田さん)皆さん
並んで買っていらっしゃいます。

<世田谷観音の朝市で
10年ほど前から 毎回…>

<並んでいる人に
聞いてみると…>

4時半。
はい。

早起きしても食べる価値のある…。

お母さん…。

もう 忙しいの もう。

順番がね。

いっぱい買う方が。

<一方
九十九里の鈴木に並ぶ人は>

<常連さんによると
どちらも米農家で

お米が おいしい あさりご飯が
大人気>

<しかも 全く違う味付けで

お客さんの好みにより
行列が分かれているんだそう>

真面目。

(スタッフ)はい 分かりました。
(浜口)では…。

いってきます。

(浜口)はい!

早く 早く。

<スタッフは 急いで
もう1つの行列へ>

<そして 2つのお店も
準備が完了したところで>

6時になりました。

おっ 6時!

<開始の合図と同時に

飛ぶように売れていく
あさりご飯>

あった!
買える。

(浜口)ありがとうございます。

やった~!

<一方 スタッフが並んでいた…>

わざわざ…。

<所さんは どちらが お好み?>

<2つのあさりご飯を
世田谷観音の朝市から>

すごいよ あさりご飯。

買えましたよ 2パック。
買えました。

もう したためましたからね。
詠んじゃいましたから。

あれ いりますかね?
まぁ いるんじゃないの?

もう 2句 詠みましたから
絶好調ですよ。

はい そんな所さんと一緒に…。
ぜひ お願いします。

紹介しますか? この人。
いやいやいや…。

箱を一緒に開けていただく
お客様は

井森美幸さんです。
お願いします。

お願いします。
よっ ベテラン!

何だ それ。

浜口さんが 一句
したためてたじゃん。

だから あなたは もうね

実家のほうが かるたが
有名なんだから。

井森の「い」!

(笑い)
上毛かるた。

井森の「も」!

おぉ~!
さすがですね。

いやいや。

あさりご飯?
はい。

…を用意しました。
そうだよね。

これ あさりご飯 いって… 来たら
ネギだったら びっくりですよ。

あら!
わぁ~。

あら あら あら あら。
あ~ ホントだ。

2か所
それぞれの あさりご飯ですか。

そうです。

変わんないじゃん これ。
(井森)ねっ ちょっと 見た目がね。

これ 見た目は
変わんないんですけど 味がね

全然 方向性 違うんですよ。

いやいやいや。

これ めちゃめちゃ変わります。
あんまり分かんないですよね。

ただ こっちのほうが
輪ゴム1本 得だけどね。

ハハハ 輪ゴムがもらえるという。
輪ゴム1本 得だけどね。

世田谷観音の朝市で手に入れた
2つのあさりご飯なんですけども。

まずは 白いお茶わんの矢仲さん。

粘りが強く
食べ応えのあるコシヒカリに…。

なるほど。
そちらから いただいて…。

ちょっと 私 もう…。

えっ? これ 私
白に見えてるけどって。

いいから 早く食べてください。

(井森)楽しい食卓。
んっ。

おいしい。
(井森)おいしい?

味付け いいですよね。
味が濃いこと この あさりが。

これ おかず いらないね
これだけで いいね。

うん ホント おかず いらない。

あさり かめば かむほど
いいうま味が出てきますね。

あさりがさ もう 佃煮じゃないか
ってぐらい 味するよね これ。

ねぇ しっかりしてる おいしい。
その方向性なんですよね。

こっちね 矢仲は。

そして?
じゃあ ちょっと 1回…。

ここで 新井ちゃん。

いいですか?

(井森)おいしいよね。
おいしくて。

あんた…。

はい。

こちらの…。

甘みが強く 味が染み込みやすい
コシヒカリに…。

なるほど カツオじゃないんだ
昆布なんだ こっちは。

うん うん うん。

(井森)ですね。

いただきます。
鈴木さんのあさりご飯。

ですよね。
違いますか?

味 違います?
分かれる うん。

…の感じがするよ
家庭の味だよね。

ず~っと これ うちは
定番で食べてますよって。

(井森)すっきりしてる感じの。

はい。
バカ野郎。

油断も隙も
ありゃしないっていう。

うん。
あっ…。

えっ?
戻ると違う これ ほら。

あっ!
これ 両方 食わなきゃダメ。

いや 分かる。
こっちにいってから…。

ホント。

ホントに。

ホントに うまい また。

迷っちゃう これ。

最強。

(井森)間?
うん。

井森の「り」。

何て言ったんですか?
電源… 電源?

<時刻は…>

<後半戦!>

あぁ~。

(浜口)やっと全貌が。

最初 来たときは 真っ暗で
分かりませんでしたけど

いっぱい お店あるんですね。

<…が軒を連ねる
世田谷観音の朝市>

<実は
開始から わずか10分後に

お客さんの数は ピークに達し

1時間後には
かなり落ち着いた様子に>

<でも…>

<たくさん!>

うわ~。

あっ!

(浜口)えっ 土が付いてる
おいしそうですね。

…って感じですね。

ハハハハハ。

<こちらは 前日に収穫した
新鮮な野菜が評判の…>

<都内のスーパーだと
400円ほどする三浦大根が

なんと…>

安い ホントに。

(浜口)えぇ~ これ 安い!
7本 入ってます。

<霜を浴びて甘くなった
長ネギは

市価の およそ半額>

<ということで 浜口さん
所さんへではなく…>

(浜口)
おはようございます ご主人…。

(浜口)あっ いわしの丸干。

<こちらは いわしの名産地
千葉県九十九里からやって来た

干物専門店…>

<毎回 朝市開始と同時に
お客さんで あふれ…>

<人気店>

<というのも>

<そう なんと 焼きたての…>

<この日は 脂がのって
丸々と太った…>

<早速 浜口さんも試食>

あぁ 焼きたて。

<味は もちろん
魅力的なのは そのお値段>

えっ? これ

いわし丸干
1パック 350円ですか?

(店員)
そうです 面倒くさいから…。

3点で1000円!

<3パック買うと
さらに 50円引きの…>

<激安>

<あまりの安さに 浜口さん

いわしの他に
かますと さんまの…>

いや~ もう すでにね…。

<ということで
再び…>

もう 春推しだから。

<ここで 時刻は…>

<所さんへの…>

<すると>

(木村さん)京子! 京子!

京子!

(浜口)決まってますね。
これは もう…。

(浜口)ヘアスタイルも。
今日は もう…。

バッチリと 恥ずかしくないように
決めてきました。

かわいい!

カッコいいですね。

かわいかった。

<朝市に出店していたのは

世界中の豆を
自家焙煎で味わえる

三軒茶屋のコーヒー専門店…>

<店主の木村さんは

コーヒーへの こだわりが
半端じゃないんです>

使えますね これ。

<おいしいコーヒーを求め

世界中の農園を巡った 木村さん>

<中でも
中米 ニカラグアで出合った

自然栽培のコーヒーの
おいしさに感動し

現地で
農園を造っちゃったんです>

<その広さは…>

<年間 2tものコーヒー豆を
自然栽培で育てているんです>

<そのコーヒーが お店では

1杯450円で
味わえるのですが

朝市では>

安いですか?

ラブストーリーみたい。

(木村さん)おいしいですか?

…っていう気持ちがありますね。

(木村さん)ありがとうございます。

始まっちゃう。
好きになっちゃったんじゃない?

<浜口さん
目がハートになってますよ>

詠まないんですね
やっぱ ガチのときはね。

<ここで 時刻は
朝市終了30分前の…>

<実は コーヒー屋さんの奥に
もう一軒 お店が>

<何やら 人けがありませんが>

<浜口さん
恐る恐る 近づいてみると>

おはようございます。

<東京…>

<何やら 人けのないお店を発見>

<何を売っているのか?>

<お店を出していたのは
人気ラーメン店…>

<この道20年以上の店主が作る
味を求めて

開店から閉店まで 常に満席状態の
超人気店なんです>

<看板メニューは
一日100杯は出るという…>

<まろやかな味わいの熟成醤油に
豚骨と鶏ガラ出汁を合わせた

うま味が凝縮した1杯>

<しかし お客さんを
とりこにしている 一番の…>

<そんな…>

<朝市にいた 店主の奥様

和子さんなんです>

<ネギとショウガなどと一緒に
弱火で3時間

トロットロになるまで…>

<あまりの おいしさから…>

<…という声が続出>

<しかし 普段は
店舗で販売は行わず…>

<ラーメンファン憧れの
チャーシューなんです>

<果たして そのお味は?>

(和子さん)うれしいです。

<ということで 人気ラーメン店の
チャーシューを>

<所さんお届けモノです!>

チャーシュー。
もちろん そうですね。

はい あらっ これね。

はい。
あっ。

人気ラーメン店…。

1本だと 1000円ほどです。

それ 違うんです。

ホント?
ホント? だって…。

これは ホントに…。

また それの…。

あぁ そう。
早速 いただいてみましょう。

それに つけて
食べてみてください。

ポン酢と ニンニク?
はい。

いただきます。

えっ 所さん 早い!

これ おいしい。

あれ ポン酢うまいな これ。

んっ!

ラーメン感 出るじゃん。

(井森)この周りの香ばしい感じが
すごく いいし

これ…。

うまいですね。
軟らかい。

ちなみに 和子さんは

チャーシューとタマネギを
シーザードレッシングであえた…。

パンに 野菜と

焼き肉のタレで焼いた
チャーシューを挟んだ

チャーシューバーガーも
お薦めしてくれました。

(井森)絶対おいしいと思う これ
このバーガー。

ハハハ ニュージャージー州。
チャーシューバーガー州ね。

面白かった
意外と身近なところで。

いつもね
下北 行く道の途中だよ ここ。

私 裏道が。
へぇ~。

たぶん 近くだわ。
じゃあ 全然 行けますね。

あそこ 寄る。

おぉ! 所さん来たら
びっくりしますけどね。

(笑い)
一番前。

(井森)もう カブが来た瞬間に
あれ 所さん来たって

分かっちゃいますよ。
お店が まだ 作る前から

お店が 過去にあったであろう所に
いるっていう。

どう?
何時ですか? それ。


関連記事