これでわかった!世界のいま インドは辛いよ…?首相に反発 そのワケは・いまインドで何が起きているのか解説…


出典:『これでわかった!世界のいま▽インドは辛いよ…?首相に反発 そのワケは』の番組情報(EPGから引用)


これでわかった!世界のいま▽インドは辛いよ…?首相に反発 そのワケは[字]


高い経済成長を続けてきたインド。ところが景気減速に加えて移民に関する法改正をめぐり抗議デモが拡大しモディ首相は苦しい立場に。いまインドで何が起きているのか解説


詳細情報

番組内容

世界でいま何が起きているの?この後どうなるの?「せかいま」は、気になる国際ニュースをバラエティー感覚でお伝えする生放送の番組です。解説するのは取材経験・専門知識が豊富なデスクや記者。知って得するニュースの背景&豆知識は、番組キャラクターのMr.シップがアニメで紹介。さらに!世界各地で取材するNHKの記者が、ニュースの現場から中継&リポートで生の雰囲気をお伝えします。

出演者

【ゲスト】トラウデン直美,【レギュラーゲスト】坂下千里子,【キャスター】永井伸一

人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ


『これでわかった!世界のいま▽インドは辛いよ…?首相に反発 そのワケは』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

これでわかった!世界のいま インドは辛いよ…?首相に反発
  1. イスラム教徒
  2. インド
  3. モディ首相
  4. カレー
  5. 支持
  6. ドラマ
  7. 時間目
  8. イスラエル
  9. トランプ大統領
  10. 宗教
  11. 小林
  12. サンダース氏
  13. スパイ
  14. スパイス
  15. ヒンドゥー教徒
  16. 状況
  17. アメリカ
  18. サンダース
  19. パレスチナ
  20. ヒスパニック


『これでわかった!世界のいま▽インドは辛いよ…?首相に反発 そのワケは』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK 関連商品

こんばんは。

6時5分を回りました。
これでわかった!世界のいま、

きょうも始めます。
ヨーソロー!今週のゲストは

2回目の登場、
トラウデン直美さんだ、

よろしくな。
きょうもトラちゃんで

いいですか?もちろんです。
1時間目はアメリカなんです。

アメリカといえば
11月のアメリカの大統領選挙。

トランプ大統領の相手、
これを決める、民主党の候補者

争いというのが始まっています。
今月からすでに

スタートしています。
アメリカの地図、見てください。

初戦のアイオワ州でした。
この結果、どうなったかというと

暫定的ですが

個性派、

ブティジェッジ氏が1番。

格差が大嫌い、ミスター格差の
サンダースさんが2番という結果

でした。
第2戦がニューハンプシャー

でした。

こちらはどうなったかというと

サンダースさんが1番、
2番が

ブティジェッジさん。
そして、第3戦ネバダ州で

行われているんですが
結果が見えてきたようです。

ここからはアメリカ担当の
花澤雄一郎デスクです。

まだ集計が進んでいる最中では
ありますが、ほぼ結果が

見えてきました。
こうなっています。

1位、サンダース氏、圧勝です。

得票率46%。

2位が普通のおじさんバイデン氏。

3位がブティジェッジ氏
という形となっています。

サンダースさんが
1番、

バイデンさんが2番という状況
です。

サンダースさんは
なぜ圧勝だったんでしょうか。

若者、それから
ヒスパニックと呼ばれる中南米系

の人たちから圧倒的な支持を
得たんです。

初戦のアイオワ、2戦目の

ニューハンプシャー州、
人口の8割ぐらいが白人なんです。

ですがネバダ州は白人は大体
半分ぐらい。

残りの中でもヒスパニックの
人たちが圧倒的に多くて

この人たちからすごく支持を得た
ということです。

ヒスパニックの人たちは

白人と比べますと所得が低い傾向
がありますから

格差をなくすという主張をして
中低所得層に

手厚い支援をすると言っている
サンダース氏に

支持が集まるという構図と
なりました。

一方、ブティジェッジ氏、
そしてバイデン氏も

ヒスパニックの人たちからの支持、
ほとんど得られなかったんです。

今月から始まっている民主党の
候補者争い、第3戦まで

来たところで
花澤さん、トータルすると今

どういう状況ですか。

候補者選びというのは各州の結果

に応じて
割りふられる、いわば

票の取り合いなんですが
ここまでの結果、

今のネバダの情報を
入れていきますと

こんな感じになります。

1位にサンダースさん、
2位にブティジェッジさん、

普通のおじさんバイデンさん、
そして後ろにウォーレンさん、

こういう感じになりそうです。

個性派のブティジェッジさんは

まだ2位だから
いけそうじゃない?

アイオワ、ニューハンプシャーで
躍進したブティジェッジ氏

なんですが

今回、ヒスパニックの支持を
得られなかった。

というのも全米では白人が
6割ぐらいしかいないんです。

白人以外の支持をちゃんと取って
いかなければいけない。

そういう意味ではヒスパニック
からほとんど支持を得られ

なかった、これは大きな弱点が
あらわになったと言っていいと

思います。
一方、バイデン氏、

もともとは本命だと見られていた
わけです。

それが
1つも勝てなかったわけですから

これも打撃になっています。
これで見るかぎり

サンダースさんが
圧倒的な優位。

このまま
突き進んじゃうんじゃないかなと、

そんな感じがしてきます。
最有力候補に躍り出たことは

間違いありません。

ただ決まったとまでは言い切れ
ません。といいますのも

民主党というのは今、
左派と中道に

有権者も真っ二つに分かれている
んです。

左派というのは
格差をとにかくなくしてほしい。

低所得者に手厚い社会にして
ほしいという考えの人たち、

こちらではサンダース氏が
抜け出した形です。

一方、中道の人たちというのは
そうした左派の考え方は

極端すぎると考えています。
この両者の溝は非常に深いんです。

中道と左派、
数でいいますと有権者の数は大体

同じくらいいますので

中道の中から誰かが抜け出して

支持を集めれば、まだまだ

サンダース氏と競えるという状況
です。

中道から抜け出せそうなのは
誰なんですか。

2人ともそれぞれ弱点を抱えてい

ます。
だから抜け出せずに混戦になって

いるんですが、ここにきて
急浮上している人がいいます。

スタジオのお二人、よく見て
ください。

もうひとレーン見えませんか。
見えない。私には見えます。

ありました。

それがこちら、
前のニューヨーク市長の

ブルームバーグ氏です。

すごいお金持ち?

そうです。

ニュースですとか金融情報を提供

しているブルームバーグという
会社の創業者です。

個人資産、
世界9位のなんと6兆円。

トランプ大統領の10倍も
持っている。

単独首位じゃない?

どんな名前を付けたかというと

16兆円市長でいきましょう。

ですが、ほかにも
市長時代から銃規制ですとか

温暖化対策に積極的に取り組んで
きたことでも知られる人です。

個人資産、

今回の選挙戦にすでに500億円

も投じていましてテレビですとか
ネットの広告を大量に

流しています。
そして一気に

支持率でいいますとこの辺りまで
今、浮上してきているんです。

この候補者争い、
この3州でまだ登場してきて

いない、参戦していないんです。

これからということです。
それがこちら。

来週火曜日に行われる

スーパーチューズデー、最大の
ヤマ場なんですがここから

参戦しますと言っています。
スーパーチューズデーは

14の州で
候補者選び、一斉に行われること

で大勢が決することが多いんです。
相当、いろいろ動きそうな

重要な日ですね。

このブルームバーグさんがどう
なるかというのが気になります。

そうなると1時間目のまとめは

どうなりますか。

サンダース氏に挑むのは。
大混戦の民主党の候補者選びです

がサンダース氏が
今、飛び出した形です。

ですが中道から誰が抜け出すのか
それが決まらないまま

ずるずるいきますと
とにかく格差をなくすんだという

サンダース氏がじりじりと
伸ばしていきます。

トランプ大統領に挑むのは
誰なのか。

その戦い、今
重要な局面に入っています。

このスーパーチューズデー
せかいまでもしっかりと

お伝えします。
ということで1時間目の先生は

花澤雄一郎デスクでした。
2時間目はこちらです。

おい伸さん、
そんな格好で何してんだ?

ちょっと暖かくなってきたから
体を動かそうかなと思って

今、ヨガに挑戦中!
よーし、俺もやるぞ!

おお、肩に効くな!
これは足の後ろに効くね。

これは背中に効くね。

これでバランスを取るのは
難しいな。

シップ、つらいぞ!

おいおい足元がぐらついてるぞ?

ヨガの本場といえば、インド。

こちらはヨガの達人、
ではなくてモディ首相です。

そのモディ首相は、今。

デモが起きたり。

バスが燃えたり。

足元がぐらついて
とてもつらそうなんだって!

どういうこと?

インドがこんなことに
なっているんですね。

経済成長、すごくしている

イメージはあったんですが。

モディさんも足元がぐらぐら。
どういうことなのか。

こんなセットを用意しました。

きょうはインドですから、
モディ首相のカレーのお店です。

店長のモディさんが
国民というお客さんを前に

一生懸命おいしいカレーを作ろう
としています。

ちょっと今、状況が大変だという
ことで

カレーの辛さのメーターを用意

したんですがこの辛さって、
よく見ると

つらさとも読めますよね。
これで辛さ、つらさというのを

見ていきたいと思います。
2時間目の先生です。

カレーといえばナンがありますね。
開けてみます。

ニューデリー支局の
小林潤支局長。

2時間目の先生です。
よろしくお願いします。

まず、このインドカレー店の特徴
からお伝えしていきます。

特に押さえておいてほしいのは
お客さんである人口が

13億にもなることです。
この人口は10年以内に中国を

抜いて
世界でトップになると

いわれています。

経済の規模も2030年ごろまで
に日本を抜いて世界3位になると

見られています。

その大国を率いるモディ首相、

今、とてもつらい状況に
あるんです。

小林さん、どうしてモディ首相は
つらいんですか。

それは国民に受けると思って

やった政策に思わぬ反発が
沸き起こったからなんです。

スタジオのカレー鍋を使って
説明します。

永井さん、事前に送っておいた
モディ首相特製スパイスを

入れてくれますか。

スパイス、届いてました。
宗教と書いたスパイス、

この中に入れてみます。

スパイスが出てきました。

スパイスが出てきてこのあと
どうなるのかといいますと

メーターを見てみましょう。

辛さが中辛まで上がりました。

カレーが中辛になったけど
何でですか小林さん?

モディ首相、宗教を巡るある政策
が国内で大きな反発を

招いているんです。
インドは異なる宗教が

入り交じった多宗教の国です。
その特徴は

この国旗にも
表現されています。

上のサフラン色がヒンドゥー教、
下の緑色がイスラム教、

そして中央の白色が

そのほかの宗教を
示しているんです。

ヒンドゥー教徒が
国民のおよそ8割、

次いで

14%余りがイスラム教徒、
そのほかがキリスト教徒や仏教徒

などです。
こうした背景もありまして

インドの憲法はすべての宗教は
平等だと掲げています。

そして政治はいかなる宗教にも
中立でなければならないとも

定めています。
しかし、モディ首相はそうした

考え方を覆しかねない政策を
打ち出したんです。

おーっと、そこから先は
俺に説明させてくれヨーソロー!

ナマステー!

トラちゃん、僕の国インドは

国民のおよそ8割が
ヒンドゥー教徒。

でもインドの周りは

イスラム教徒が
たくさんいる国なんだ。

アフガニスタン、パキスタン、
バングラデシュでは

ヒンドゥー教徒や
キリスト教徒など多くの人たちが

迫害を受けたとしてインドに

逃げてきたとされているんだ。

不法移民になってしまった人も
いるんだ。

それは、いかん!

モディさん、何したの?

ワシは国籍法という法律を
改正してインド国籍を

与えることにしたんじゃ。

条件は。

2014年までに
インドに来た人で

すでに5年以上住んでいる

ヒンドゥー教徒、キリスト教徒、
仏教徒など6つの宗教だけ。

でも。

イスラム教徒は対象外。

モディ政権は

あくまで宗教的に弱い人たちに
国籍を与えるのが目的で

イスラム教徒の排除を
意図したものではないと

言っているんだヨーソロー。

2人ともクエスチョンマークが

ついていますが
このモディさんが入れたカレーの

スパイスというのが

国籍法の改正というもの
だったんです。

これは憲法違反になったり
しないんですか?

1つのイスラム教だけがだめと
言われてしまうと不公平な感じが

しちゃいますけど
この辺り、小林さん、一体

どうなんですか。
そうした批判も大きいんです。

こうしたことというのは
モディ首相の固い支持基盤が

ヒンドゥー教の教えに基づいた
国づくりを目指す

ヒンドゥー至上主義の人たち
ということと関係しています。

国籍法の改正も、この人たちには
支持されているんです。

小林さん、
それってイスラム教徒の国民に

とっては
差別されていると思いますよね。

そう思いますよね。反発が強くて

抗議デモは各地で
2か月以上たった今も続いてい

ます。
イスラム教徒の学生などをたたく

インドの治安部隊。
逃げ惑う学生に

しつこく暴行を加えます。
こちらは衝突が起きた

大学の図書館です。
ご覧のように入り口の扉が壊され、

そして中も
めちゃくちゃになっています。

激しい衝突の跡は2か月以上
たった今も残されたままです。

去年12月、イスラム教徒の
インド人が多く通う大学で

抗議デモが行われました。

国籍法の改正によって
イスラム教徒への差別が広がり、

社会から排除されて
いくのではないかと

学生たちが不安を募らせたのです。

バスに火をつけるなど
一部が暴徒化したため

治安部隊が大学に突入し、
大規模な衝突となりました。

デモに参加した大学生で
イスラム教徒の

ナイラ・カーンさんです。

治安部隊と学生の衝突に
大きなショックを受けました。

カーンさんは
同じインド国民でありながら

イスラム教徒は差別や攻撃の
対象になっていると感じています。

SNS上ではイスラム教徒への
非難や中傷が増え、

テロリスト呼ばわりする
書き込みもあります。

デモは今も続いています。

すべての宗教は平等だという
理念が揺らいでいることに

危機感を抱いているからです。

抗議の声を上げているのは

イスラム教徒だけではありません。

カーンさんの親友の
リヤ・ドゥベイさんです。

ヒンドゥー教徒ですが

親友の苦悩を目の当たりにして
デモに参加するようになりました。

カーンさんとドゥベイさんは
幼いころからいつも一緒でした。

このままでは
ヒンドゥー教徒とイスラム教徒が

共存できる社会が失われるのでは
ないかと恐れています。

こうやって見ると個人としては
友達なのに宗教の違いで

対立しなきゃいけないというのは

同じインドの
仲間なのに悲しいですよね。

イスラム教の人も
ヒンドゥー教の人もすごく怒って

いる。
見てください。

お鍋の火なんですが
大きくなってしまっています。

そうなると
大辛。

小林さん、こういう状況になって
しまいますよね。

国籍法の改正というのはVTRに
もあったようにイスラム教徒だけ

ではなく本来モディ首相を支持

するはずの一部のヒンドゥー教徒
の反発まで招いてしまっています。

永井さん、スタジオのカレーは
すでに大辛ですが

さらに
これを辛くしてしまったスパイス

があります。
入れてもらえますか。

経済って書いてある。

これをモディさんに
また入れてもらいます。

出てきました。

モディノミクスと書いてあります。
一体これは何なのか。

モディノミクスというのは、
モディ政権の経済政策のことです。

具体的には

外国企業を多く呼び込んで経済を
成長させようとしました。

そのために、まず外国企業が
入ってくるときの規制を徐々に

緩めました。
さらに税金の制度が

複雑で外国企業には
分かりにくかったということで

これを単純にするために全国統一
のいわゆる消費税を

導入したんです。
しかし

外国企業の参入に危機感を持った
インド企業が反対するなどして

規制緩和はあまり進んでいません。

さらに消費税の影響もあって
物価が上がって消費が落ち込んで

しまいました。
インド経済には今、急ブレーキが

かかっています。

この入れたスパイス、
消費税というのもありまして

結果的にこれが
とても辛いものになってしまった

というわけなんです。

これを入れたから、どうなったか

というと
激辛に

なってしまったということです。

このカレーだとお客さんは
逃げちゃいますよね、小林さん。

インド国民にとっても
このカレー、今はあまりにも

辛すぎる状態になっていると
思います。

でもこれ、
実は日本にとっても

いい状況ではないんです。
インドの大きな市場を狙って

自動車関連ですとか
小売業など

およそ1500社の日系企業が

インドに進出しています。
インド経済の行方というのは

日系企業にも
大きく影響するんです。

モディ首相の料理の腕が
問われていると思います。

日本にもかなり影響するんですね。
モディ首相、このカレーを

なんとか
おいしくできないんですか。

モディ首相、カレーの辛さを
薄めようと

ある隠し味を用意しています。
ヨーグルトなんですが、

このヨーグルト、アメリカの
トランプ大統領の写真と

初訪問と書いてあります。
小林さん、一体これは

どういうことですか。

インドはあすからアメリカの
トランプ大統領を国賓として

初めて迎えることになっています。
こちらはトランプ大統領を

歓迎するポスターです。

現地では、さまざまな準備が

進められています。

街なかにはトランプ大統領と
モディ首相の絵も

描かれています。
かなり気合いが入ってますね。

作業の風景も出てきました。

こちらもその1つです。
道路脇に建設された壁です。

あるものを隠すために造られて
いるのですが、それは

壁の向こうにある
スラム街なんです。

トランプ大統領に

国の貧困といった
マイナスの部分を

見せたくないのだと思います。
モディ首相としては

トランプ大統領と、いい関係を
築いていることを国内外に

アピールしたい考えです。
得意の外交で国内の政治の

混乱に向けられる人々の目を
そらしたいという思惑もあると

思いますが、
本当に

これが辛さを和らげるヨーグルト
になるのか注目です。

まろやかになるのかな。
きょうの2時間目のまとめ、

小林さん、どうなりますか。

まとめはこちらです。

真の超大国になれるか?
です。

インドは潜在力が高く国内からは

超大国を目指すという声も
よく聞かれます。

大国としての自信を深める中で
インド国旗が示す理念のように

すべての人たちが受け入れられる、

そんな社会を作っていけるか

つまり、真の意味での超大国に
なれるのか

今後のモディ首相の手腕が
試されていると思います。

この辺り、どうなるんでしょうか。
2時間目は小林潤支局長、

ニューデリーから
ありがとうございました。

国旗当てクイズです。

トラウデンさん、当ててください。

今週のクイズ、いくぞー!
これ、どこの国旗?

答えは、これだ!

分かったか。

トラウデンさんには当てて

ほしかった。勉強不足でした。
というのもトラウデンさんの

お父さん、ドイツの方ですよね。
ドイツの隣の国がチェコです。

パパに怒られそうです。
3時間目にいきましょう。

3時間目は、きょうは中東です。

イスラエルとパレスチナ、
この辺り、

拡大してみました。

ずっと紛争が続いているところ
です。

その紛争を題材とした
イスラエルでドラマが制作されて

いて
今、世界中で大ヒットしていると

いうことなんです。
イスラエルで制作された

スパイをテーマにしたドラマ、
ファウダ。

混とんという意味です。

主人公はイスラエルのスパイ。

敵地に潜入し、武装組織の攻撃を
防ごうと工作活動を行います。

紛争の最前線が
生々しく描かれていきます。

5年前に始まったドラマは

大手動画配信会社を通じて

世界190か国で視聴される
大ヒットとなっています。

イスラエルと対立している国々
でも一定の支持があるといいます。

ドラマの脚本を担当した
アビ・イサハロフさん。

実はイスラエルの元スパイです。

ドラマのストーリーにみずからの
実体験を織り込みました。

ドラマは冒頭から

国を守ろうとするスパイの活動が

復讐を招いていく構図を
描いていきます。

スパイたちが
武装組織の幹部を狙って

パレスチナ人の結婚式に潜入し
誤って新郎に発砲。

新郎は亡くなりました。

夫の敵を討とうと
花嫁が自爆攻撃を実行。

イスラエル、パレスチナ
どちらの側でも

無実の市民が巻き込まれ
憎しみが連鎖していきます。

アビさんはスパイを辞めたあとも
長年、ジャーナリストとして

パレスチナへの潜入取材を
繰り返してきました。

その中で感じたのは

どちらか一方だけが正義ではない

ということでした。

そして、イスラエル側が正義だと
するこれまでのイスラエルの

ドラマの殻を破り、
パレスチナ側の言い分を

しっかり描きたいと
思ったといいます。

しかし、パレスチナでは

このドラマを受け入れられない

という見方が支配的です。

その1人、
ビラル・シャラルデさんです。

5年前、イスラエル軍のスパイに
目の前でいとこを殺害されました。

その事件の映像です。

夜遅く、20人以上のスパイの
集団が銃を持ってパレスチナの

病院に押し入りました。

いとこは
たまたま病院にいたところを

何発も撃たれて死亡しました。

イスラエル側は、

いとこが攻撃してきたので
やむをえず発砲したとしています。

批判がある一方で
イスラエル側では

ドラマの影響による社会の変化が
少しずつ表れています。

こちらは、イスラエルにある
アラビア語の学習塾です。

ドラマで多く使われているのが
パレスチナの言語である

アラビア語。
それを学びたいという人が

増えているといいます。

対立をパレスチナ側の立場からも
考えるようになり、

歩み寄りを始めた人もいます。

双方の立場から紛争の実態に
迫ろうというスパイドラマ。

厳しい対立が続く中、
歩み寄りのきっかけになることが

期待されています。

先ほど脚本家の方も

言っていましたが同じ人なので、
妻も子どもも愛する人も愛されて

いる人もいるわけではないですか。

なので連鎖をどう断ち切るかと

いうのが
このシリーズの糸口に

解決できれば。
現実はそう簡単ではないでしょう

が知るという1つのきっかけに
してほしいですね。

おしまいの授業、
南米、エクアドルからです。

すごいレースです。
さあ、最終コーナーに

入ってきました。
直線を一気に上がってきた。

一斉にムチが入りました。
ラストスパート!

ところで千里子さん、
これは何のレースか

分かりますか?
競馬でしょ?

残念、実はウマじゃなくてリャマ。
ラクダの仲間なんです。

乗っている人にも注目です。
4歳から12歳の子どもたち。

毎年行われている
伝統のレースです。

この地域では昔から家畜として
リャマを飼っています。

子どもたちが毛の手入れをしたり
餌やりなどの世話を

しているんです。

いつも一緒にいるから

息もぴったり!

この手綱さばき、立派ですよね。

ただ、この辺りは
標高4000メートルで

空気が薄いんです。
全力疾走しちゃったよ。

こリャマいった。


関連記事