坂上&指原のつぶれない店 大人気!激安スイーツ店「シャトレーゼ」を徹底調査SP・あの人気店は今?かっぱ寿司…


出典:『坂上&指原のつぶれない店☆大人気!激安スイーツ店「シャトレーゼ」を徹底調査SP』の番組情報(EPGから引用)


坂上&指原のつぶれない店☆大人気!激安スイーツ店「シャトレーゼ」を徹底調査SP[字]


アイス1本64円!ロールケーキ108円!激ウマなのにナゼか激安!?コンビニスイーツ全盛に右肩上がりのスイーツ店「シャトレーゼ」▽あの人気店は今?かっぱ寿司


詳細情報

出演者

【MC】坂上忍、指原莉乃

【レギュラー】ヒロミ

【ゲスト】石原良純、内山信二、大友花恋、かまいたち、ギャル曽根、コロコロチキチキペッパーズ、三四郎・小宮、DJ KOO、宮川一朗太、マーク・パンサー、渡邊圭祐

【専門家】岸博幸

番組内容

▽「シャトレーゼ」てご存じですか?アイス1本64円!ロールケーキ108円!激ウマなのにナゼか激安!?コンビニスイーツ全盛に右肩上がりのスイーツ店!衝撃の戦略とは?儲けのカラクリを徹底調査!

▽立て直しビジネスで急成長!「大江戸温泉物語」を徹底調査!お台場だけでなく、日本全国で急増中!?驚きの戦略とは?

▽あの人気店は今?「かっぱ寿司」「モンチッチ」「ココアシガレット」「Bad boy」

この番組は…

☆つぶれそうなのにつぶれない店がなぜ生き残っていけるの?最近テレビで見ないあの芸能人はどうやって儲かっているの?その謎を解くことで、お金のからくりや儲かるテクニックを楽しく学ぶ“お金”バラエティ!☆MCは、各方面で活躍し歯に衣着せぬその発言が注目される「坂上忍」と、今やアイドルの枠を飛び越え自身の立つ劇場の支配人やアイドルのプロデューサーを任される「指原莉乃」がタッグを組む!


おしらせ

番組では、アナタの身近で見かける

“つぶれそうなのにつぶれない店”の情報を大募集します!お客さんが入らずガラガラなのに、なぜかつぶれない店をお知らせください!!

詳しくは番組ホームページから!番組HPhttp://www.tbs.co.jp/tsuburenai-mise/

おしらせ2

渡邊圭祐さん出演の火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』は毎週火曜よる10:00から放送中です!是非ご覧ください♪

公式ページ

◇番組HP http://www.tbs.co.jp/tsuburenai-mise/

◇twitter https://twitter.com/tsuburenai

◇facebook https://www.facebook.com/坂上指原のつぶれない店-263003644238818


『坂上&指原のつぶれない店☆大人気!激安スイーツ店「シャトレーゼ」を徹底調査SP』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

坂上&指原のつぶれない店 大人気!激安スイーツ店「シャトレーゼ」
  1. シャトレーゼ
  2. ホント
  3. 種類
  4. 内山
  5. コンビニ
  6. 寿司
  7. 商品
  8. 一体
  9. 指原
  10. 人気
  11. スタッフ
  12. ホテル
  13. モンチッチ
  14. ヒロミ
  15. プレジデント
  16. 新商品
  17. 大人気
  18. アイス
  19. モナカ
  20. 秘密


『坂上&指原のつぶれない店☆大人気!激安スイーツ店「シャトレーゼ」を徹底調査SP』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS 関連商品

(豚田)「女性に大人気
おじさんたちの知らない」

「洋菓子店 シャトレーゼを徹底調査!」

んだけど これ!

これ

「仮面ライダージオウ」で人気の
渡邊圭祐くんです

よろしくお願いします
≪おお~ イケメン!

何か イケメンなんだけど

人だって聞いてる

≪え~っ!

ほう!
買っては売りで

クレジットの
返済にあてるって

ホントに!?
(渡邊)はい

マルイのカード持ってりゃ
問題ないすから

あれで

さあ そして

の かまいたちさん はい

どうも!

(内山)チャンピオン!

2位なんだ

いや 面白くないって
(ヒロミ)面白い?

「大人気だった あの店
あの商品は今?」

「つぶれた? つぶれないで
まだある?」

「今回 調べるのは この5つ」

「まずは!」

<1998年 当時 日本中で>

<大ブームとなっていたのが…>

ほら!

いや~!

<普段は
お高いイメージのお寿司が>

<庶民でも
おなかいっぱい食べられると>

<大人気となっていた>

<そんな中でも
不動の人気を誇っていたのが>

<この不思議なCMで大ブレイクした>

♬~かっぱ かっぱ かっぱ

あっ もしもし
今 かっぱ寿司の前…

えっ!?

え~っ!? 一皿 90円だって!

<平日 105円が90円に>

<期間限定>

<そう>

<水流で寿司桶を流す
独自のスタイルで>

<一躍 有名となり>

だって 回転寿司の走りでしょ
(ヒロミ)走り走り

♬~かっぱ かっぱ かっぱ

渋谷にあったんですよ 昔
なので DJの後輩とか連れて

みんなで食べにいっても

KOOさん ちなみに

≪TORO!

<そして 2005年には
今ではスタンダードになった>

<タッチパネル式の注文スタイルを
初めて導入!>

<さらには
高速で寿司をテーブルまで運ぶ>

<特急レーンを開発するなど>

<まさに 革命児!>

<を突破>

<店舗数は
全国におよそ400店舗>

<ぶっちぎりの王者に!>

ハンバーグあった!

(スタッフ)へえ~

そうですね

<今では すっかり
見なくなってしまった>

<かっぱ寿司>

<つぶれたのか? つぶれないで
まだあるのか?>

あんのかな~?

<東京都内にあった
かっぱ寿司を調べてみた>

<まずは 原宿竹下通りで>

<若者にも大人気だった>

<鮨ノ場 原宿竹下通り店は…>

<現在は
イチゴスイーツ専門のカフェに>

<続いて 多くの
観光客が訪れていた>

<浅草新仲見世店は…>

(スタッフ)きました

<激安>

<江戸川区にあった
お店は…>

(スタッフ)きました

<タイヤ専門店にと
軒並み閉店していた>

<実は 一大勢力を築いていた
かっぱ寿司>

<ピークには
およそ400店舗あったが…>

<ライバル店が
徐々に業績を伸ばし>

<経営は悪化>

<2013年に
大量閉店していたのだ>

シャリが命

へえ~

あっ スシロー

<…と かっぱ寿司 イコール
味はイマイチ>

<というイメージが
定着してしまったよう>

<今度は 内山くんも
行ったことがあるという>

<練馬区のお店に行ってみると…>

何かシンプル
(内山)変わった?

<看板には 「かっぱ寿司」と
書かれているが>

<あのカワイイ
かっぱの姿はなく>

<お店の外観も>

<早速 中へ入ってみると…>

<何と 店内は
ウェイティング発生中!>

<ほぼ満席の大盛況ぶり!>

<だいぶ 雰囲気は変わったが>

<かっぱ寿司は
つぶれずに残っていた!>

<しかし>

<かっぱ寿司の本社へ伺い>

<マーケティング部長の
牛尾さんに話を聞いた>

やはり あの

「安かろう悪かろう」という意見が

お客様の方から
多く出てしまった

<かっぱ寿司は安っぽく>

<味がイマイチと
イメージがついてしまい>

<年々 業績は悪化>

<2016年には>

<現在は…>

になりました

<何と 億単位の赤字からの>

<V字回復を果たしていた>

<新星 かっぱ寿司の調査に
向かったのは…>

どうも!

お願いしま~す
お願いしま~す

ついにやりました 準レギュラー
えっ!?

準レギュラー なりました?
ついに なりました!

あっ もう

えっ?

<5度目の登場 自称
準レギュラーのコロチキ>

あっ そうなんですか

そういうの

でも CMは ホンマ マジで見てたんで
マジで

歌は歌ってました?
ああ そう

<早速>

坂上兄さんと指原姉さん

へえ~
そう 呼んでんのよ

やっぱ 俺 もう
「坂上さん」とか「指原さん」とか

言われへんもん

ホントに やっぱ

ホントに

忍兄

え~っ!?

ボロボロって

室外機 室外機ね

(ナダル)
めっちゃ 空調ええと思う

あんだけ デカいの並んでたら

<調査するのは
神奈川県川崎市にある>

<かっぱ寿司>

すげえな これ
うわ~っ!

<席について 調査開始>

<ここからは 本部の牛尾さんも
同席してくれた>

<実は かっぱ寿司>

<V字回復の裏には 4つの改革が!>

<早速 ナダルが>

何か

(牛尾)はい
この… さっきから

(ナダル)
俺も それ ちょっと思ってて

えっ!?

はあ!

<何と 回転寿司のアイデンティティー>

<回転レーンを廃止>

<実は これまでお客さんが>

<回っている商品を手にしたのは
たったの2割>

<そこで>

<するようになったのだ>

なるほどね
(大友)スタイリッシュだな~

<システムが分かったところで>

<すると…>

割と すぐ来たね
すごい すごい

早いね
わ~っ!

<子どもの頃
よく通っていた西野>

(ナダル)マジで?
これ すごいよな

普通に新鮮! めっちゃ

<ハマチの方は?>

メチャクチャ新鮮
あっ

こんなもの いただける

確かに 何か もっと

昔はですね マグロもハマチも

お店で切らずに
工場で切るっていうことが

あったんですね
なるほど なるほど

<そのため>

<できるように>

だから 皮 引くとこから
やってんでしょ?

(牛尾)はい そうです

(牛尾)そうですね

はい 正解です!
へえ~

そうなの!?
そうよ 近大の

<そして 2つ目の改革は>

<女性に嬉しい こちら!>

<何と 定番の2貫100円のお寿司を>

<1貫単位 半額の50円で提供>

僕らの年齢
特に そうですけど

<そして 3つ目の改革こそが>

<かっぱ寿司が大復活を果たした>

<一番の鍵だという>

「では ここでクイズ!」

「かっぱ寿司 最大の改革とは」

「大手回転寿司チェーン初の」

「驚きのサービスなんじゃが」

「一体 どんなものなのか?」

「90年代後半 一世を風靡した>

「かっぱ寿司が今
億単位の赤字から」

「奇跡のV字回復!
そのきっかけとなった」

「最大の改革」

「岸先生が教えてくれたぞ!」

中でも
実は 大事なのが

(一同)え~っ!

つまり 60分で
もう出るっていうのが分かると

これ 客の回転
当然 上げられますし

この導入は
賢いと思うんですね

って
おっしゃってたじゃないすか

そうです
それの もっと究極ですかね

60分って
だから ホントに

で でも
実は みんなが満足できる

だから すごく賢いですよね
おお~

<そう 正解は>

<選べるネタの種類によって>

<値段は 1680円から2480円まで>

<3つのコースが>

<そこで 今回は 110種類以上の
メニューが食べられる>

<プレミアムコースに コロチキが挑戦!>

もう 何となく…
今日は

思ってたやん
思ってた

最初 ちょっと思ったけど
でも やっぱ このロケやから

どんなんやろうって
疑ってる部分あったから

<そう>

いやいや 何ですか? これ

おかあさん おかあさん…

できたてやん おかあさん

<ロケの度に意に反して>

<羽目に>

<そこで 今回は!>

わあ!

<新星 かっぱ寿司のおいしさに>

<最初から
ハイペースで食べまくる>

<コロチキの2人>

<すると>

<部長の牛尾さんから>

(ナダル)いやいや 何言ってんすか

えっ まさか

うわうわ
でも 何かおいしそう!

うわ おなかいっぱいやけど
おいしそう

<サイドメニューの目玉として>

<全国の人気ラーメン店とコラボ>

<現在は 金沢の人気店
神仙の味噌ラーメン>

<する大人気ぶりなのだ!>

うわ おいしそう!
うわ~っ!

おいしいわ

<おいしそうに食べる2人に
気をよくしたのか>

<牛尾さんが>

<注文ボタンを連打!>

<オススメの商品を
ひたすらオーダーし始めた>

もう AIやな

<出されたものは
食べないわけにはいかない>

<やはり コロチキは>

<のよう>

<ここで>

<2人合わせて52品>

<7760円分 完食>

<普通に食べるより2800円分も
お得に食べられた>

あっ…

どないなっとんねん これ

でも かまいたちさん
いかがですか?

何か

ああ~ ちょっと平板なんだ
(山内)平坦でしたね

自分らで波つくらないと

波 待ちすぎ
波 待ちすぎって

「大人気だった
あの店 あの商品は今?」

「つぶれた? つぶれないで
まだある?」

「続いては…」

<1996年>

<街なかでは
アムラーファッションに>

<身を包んだ若者と…>

<をはいた高校生が>

<あふれていた時代>

<そんな中 小中学生を中心に>

<爆発的にブームとなった
ブランドが…>

<SPEEDが着ていたことで
おなじみ>

<BADBOY>

昔は着てた

<さらに 小学生のバイブル>

<雑誌 「小学五年生」では>

<アパレルブランドとして
異例の連載を持ち>

<どこの量販店へ行っても
子ども服売り場には>

<必ず BADBOYが置いてあり>

<関連グッズを 次々と発売>

<何と!>

ド世代です やっぱ

もう ちょっと あれを着てると
田舎の方だったら

尊敬されるというか
ちょっとオシャレみたいな

ああ そう

へえ~
(石原)へえ~

<しかし 2000年代に入ると
業績は徐々に悪化>

<街で見かけることは
すっかりなくなってしまった>

<果たして BADBOYは 今
どうなっているのか?>

<当時 BADBOYを扱っていた
大阪の代理店へ>

<そこで 大阪から東京に引き返し>

<教えてもらった>

この辺から
(スタッフ)あっ!

ホントだ

<BADBOYを発見!>

<それにしても これは>

<そう 現在 BADBOYは…>

<プロの格闘家たちが>

<身につける>

<なっていた>

<さらに>

<渋谷 PARCOでも取り扱いのある>

<ミハラヤスヒロが手がけた ストリートブランド>

<MYneとコラボ>

<懐かしのブランドが>

「大人気だった あの店
あの商品は今」

「つぶれた? つぶれないで
まだある?」

「続いては…」

<1974年>

<そう>

持ってたよね

そうそうそう

<当時の大人気アイドルの髪形も>

<モンチッチヘアと呼ばれ>

<お茶の間に親しまれた>

<モンチッチのお菓子も登場>

<さらに モンチッチの
着せ替えができる>

<コスチュームを次々と販売>

<子どもたちの心をわしづかみ>

<人気のあまり レコードデビューも>

<最盛期の>

<社会現象となり
大ブームを巻き起こした>

<そして 現在>

<あのモンチッチは
どうなっているのか?>

製造とかしてないんじゃ
ないのかな

<あの懐かしい>

<実は
86年に生産終了となっていた>

<しかし>

<ネット上に モンチッチに
まつわる情報が!>

<どうやら>

<そこで…>

<調査してくれるのは>

<芸能人オーラ
ゼロの>

あっ!

いや すごい すごい!

<そこには>

<これは>

はい

結構いってんな 意外と

<実は ここに集まっていたのは>

<昔からの根強いモンチッチファン>

<皆さん モンチッチを
持っているようだが>

<マイモンチッチを持参し
一緒に写真を撮るのが>

<ファン同士のお楽しみ>

います

はい…

<さらに>

<モンチッチ同士が
指をしゃぶり合っているが…>

交流で?

<モンチッチファンは お互いの
おしゃぶりをくわえ合うことで>

<交流を深めるのだという>

<ところで モンチッチは
すでに生産終了したはず>

<どういうことなのか?>

<実はモンチッチが
生産終了になるやいなや>

<メーカーにファンからの
問い合わせが殺到!>

<根強いファンの要望により>

<96年に復活していた>

<今では 毎年 モンチッチの
誕生日会が開催されている>

<46歳のモンチッチくんと>

<モンチッチちゃんが登場>

<一斉に写真を撮り始める
ファンたち>

♬~Happy birthday dear…

(司会者)おめでとう~

<とここで モンチッチファンから>

<ある場所でモンチッチが
バカ売れしているという情報が>

<それが銀座にある>

<2階にはモンチッチの
専用コーナーが>

<そこへやってきたのは
何と外国人>

<そう 実は今
モンチッチは>

<フィンランドから来た
こちらの親子は?>

<調べてみると 現在>

<世界34カ国で発売しており>

<何と 世界累計で>

<8000万個が売れているという>

すごいことになってる

<中でもフランスでは>

<特に人気があるようで>

<何と3Dアニメ化されていた>

<2017年の放送開始から
全52話がオンエア>

<さらに平均視聴率は…>

<驚異の30%超え!>

さあ かまいたちさん 小宮くんの
ロケって何だったんですかね?

いや 素晴らしかったです
あんなに

芸人臭を消した服装で

ディレクターのロケかなと思わせての
小宮くんだったんで

「ここでゲストの」

「お金にまつわるエグい噂」

「本当なのか聞いてみたぞ」

「まずは!」

「CD総売上 驚異の3000万枚」

「小室哲哉 KEIKOとのユニット
globeで活躍した」

「マーク・パンサーのエグい噂」

マークさんは 何かビルを
キャッシュで買ったとか買わないとか?

どれぐらいの?
値段 8億ぐらい…

ええー! 8億!?

ほらもう濱家くんがもう

僕 ラジオ4000円でやってるんです

言うな それ
マークさんっ

「そんなマークにまつわる
エグいお金の噂が こちら!」

(ギャル曽根)ええ!?

ミュージックビデオの

これが「Is this love」ですね
きっと

アリゾナ トーテムポールみたいなのいっぱい
あるじゃないですか 300mぐらい

移動は全部 ホテルから
そこに行くのにもう

ヘリコプター何十台で
バーッて行くわけ

ええ!?
で小室さん いきなりその…

300mのトーテムポール見て

えっ!?
(マーク)で白いピアノを置いて

その白いピアノを空撮してくれと
俺 弾くから

それ全部やるのに
たぶん1億ぐらいかかった…

ええ!?
そのワンシーンを撮るんだけれど

わさわさしてるんですよ
プロデューサーたちが

したら小室さんを
見失ったらしいんですよ

どのトーテムポールか分からない
ええ!

やっとこ見つけて それでもう
小室さん炎天下で アリゾナですから

えっ!
それでこう撮ってって そのシーンが

「Is this love」見てもらえば
分かると思うんですけど

たぶん…
3秒か2秒ぐらいなんですよね

ええっ!? 見れんの?

「問題の総額1億円のシーンが
こちら!」

えっ? ちょっと待って

≪いたいたいた!
いた!

(内山)これで終わり!?
あんな遠目だったら

「続いては CD総売上2100万枚!」

「小室哲哉プロデュース
TRF・DJ KOO」

「港区の長者番付にも載った男の」

「お金にまつわる
エグい噂が こちら!」

そうです あの~
ミュージックビデオ撮りに

海外行ったりすると
普通に

値段見ずに買いましたね その時

それでも シャネルとか
ここからここまでって

いや これ買ってったら

(指原)ええー!

僕らがハワイで とりあえず
チョコレートを10箱ぐらい買うみたいな

花恋ちゃんは
今おいくつですか?

二十歳です
ああ二十歳ですか!

をさせて
いただいてます

内山 子役さんに入るんですか?

でも この世代から急に
お金がきつくなってきたんだよね

ドラマ1本 どんだけ売れてる子でも
30万って上限が決まってるんです

子役って?
だから1回 子役バブルが起きたんです

みんな主役に使っても安いから

はあ~!

内山の頃はすごかったろ?
僕らはだって青天井ですもん

でしょ? これからですよこれから

これからはもう
そりゃガッポガッポ入ってきますよね

頑張ります

「しかしバブリーな話もあれば」

「悲しいお金の噂もあるようで
まずは!」

「宮川一朗太」

俺ね あの~
一口馬主というのが好きでね

競馬の競走馬を1頭を
普通 1人で持つんだけど

それを何十人かで持ちましょう
で どうしても買いたい馬がいて

それが1億5000万の馬で
1口375万って馬にいったの

でた
(宮川)したら

その馬が

ほとんど返ってこずに
375万のうち

あなた そういうことやってたから
離婚になったんじゃないの?

そう… そう
でもね

でもこれ

こちらございます
お金のエグい噂 こちらです

これはあの 幼い頃です
幼い頃 貧しかったんです 家が

で 晩ご飯に小麦粉を
団子にしたようなやつが

入ってんのが飯とかぐらいの
貧しい家庭で

今はもう

花恋ちゃん すいとんは?

教科書! ホント!?

僕もだから 学校で
授業参観あった時に

「戦争前後の方は
こんなのを食べてました」

みたいなんで出てきたんですよ
ホントに

だから それ見て

まだまだあるみたいです
こちらです

ってのありましたね

いやホントにね もう…
テレビで言えないんですよ

濱家は 昔の反動で今 私服
メチャクチャ ブランド物で固めてるんです

ええ?

「濱家」

「さらに今 女性に大人気
シャトレーゼを」

「M-1チャンピオン」

「本格ロールケーキが108円」

「アイス1本23円」

「コンビニより安い」

超おいしいんだけど これ!

濱家は昔の反動で 今 私服
メチャクチャ ブランド物で固めてるんです

ええ?
グッチとかも

さりげないグッチじゃなくて

ちょっとグッチとか書いてあるのは
もったいないと

高い金出して買うんやから
書いてないと!

坂上さん 聞いてください
僕はね

あの文字を買ってるんですから

花恋ちゃん どう?
考え方は 人それぞれですけど

私はあまり

花恋ちゃん
16個上よ

<突然ですが 皆さん
このチョコ入りアイス>

<1本 いくらだと思いますか?>

<何と>

<クリームたっぷりの
このシュークリームは?>

<こちらも何と>

<とにかく安い!と今
話題の洋菓子店が…>

(スタッフ)行けます?

<と 大興奮の女性たち>

<一方 スタジオのおじさんは…>

えーとですね

存在は?
存在も

良純さんも?

ホントに申し訳ないけど

バーボンに合いますよ これ

<おじさんたちが 大盛り上がり>

<というわけで
今回のおじさんたちが知らない>

<つぶれない超人気店は?>

<都心から
ちょっと離れた>

<このカラーリングで
おなじみの>

<店内を見てみると
何とご覧の大盛況!>

<スイーツが飛ぶように
売れまくっている>

<今やスイーツといえば
コンビニが当たり前の中>

<唯一 コンビニに
対抗できているのが>

<このシャトレーゼ>

<店舗数は日本各地
38都道府県に>

<533店舗>

<これは あの人気たこ焼きチェーン>

<築地銀だこと肩を並べるほど>

<さらに国境を越え 海外にも
64店舗オープン>

<売上げは驚異の10年連続
右肩上がり>

<昨年は 過去最高の
749億円>

<もともと山梨県甲府市で
創業した>

<たった4坪の和菓子専門店が>

<ついには都心の一等地である>

<青山や銀座にまで出店>

<有名洋菓子チェーン店が>

<軒並み
規模を縮小する中>

<シャトレーゼはなぜ
これほどまでに人気なのか?>

<その最大の魅力は?>

<コンビニより安いという
その価格>

<例えば こちらのショートケーキは>

<何と194円!>

<コンビニでよく見かける
このタイプのロールケーキは?>

<コンビニより50円以上も安い>

<アイスは6本入りで
140円>

<1本あたり23円という
破格の安さ!>

ええ 安っ
これも安い…

<そして
人気の理由が もう一つ>

<お菓子と名のつくものなら
何でもある!>

<例えばケーキから焼き菓子>

<生チョコレートなど
洋菓子だけで…>

<100種類以上!>

<そして アイスも
キャンディーからシューアイスまで>

<こちらもトータル100種類以上>

<さらに和菓子も
どらやきから おかきまで>

<80種類以上>

<20種類ほど 取り揃えるパンに>

<まさかのワインまで
ラインナップ>

<その商品数は…>

<何と1店舗で
驚愕の およそ400種類!>

400種類!
すっごい

<そこで その400種類の中で>

<これだけは押さえておきたい>

<不動の人気ベスト5をご紹介>

これ助かるんだよ 助かる
(指原)助かりますね

<濃厚な卵の風味が人気の
このプリン>

<なぜ そんな風味を出せるのか
というと…>

<その理由が
こちらの卵>

<実はこれ
独自に開発した>

<強いうまみと まろやかさが
プリンに最適なんだとか>

<原料に
こだわりまくっているのに>

<値段は何と108円>

「でも こんなに安くて
本当においしいの?」

「疑ってるおじさんたちに
試してもらったぞ」

ああ うまいこれ

108円ですよ これ

俺ね コンビニのプリン
あっうまいなと思ってたけど

僕 初シャトレーゼです
食べてみ

ちょっといいですか?
もう1回

(濱家)コメントだろ

卵がおいしいのを
使ってるらしくて

<フワフワのスポンジが
人気の商品>

<こちらのスポンジに使われる
卵も>

<何とロールケーキ専用>

<厚みも およそ3cmと
ボリュームたっぷり>

<ホイップクリームと
カスタードクリームを>

<のの字形に巻き上げた
そのお値段は…>

<1個 108円と
コスパ最強>

<某コンビニチェーンの
ロールケーキと比べて>

<50円も安い>

フワッフワ
(ヒロミ)フワフワ

(ギャル曽根)
これ生地 メチャクチャおいしい!

うめえ
おいしいっ

さっしーも初シャトレーゼ?
(指原)実は

みんなが行ったことあるって
言ってたから

すいません
でも正直ビックリです

この値段で このおいしさだったら

いっぱい買っちゃいますよね
(ヒロミ)あっうまい これ

ちょっとプリンをトッピングしてみた
ちょっと!

オリジナルの食べ方?

(ヒロミ)これメッチャクチャうまい

(指原)誰よりも楽しんでる

何かKOOさん
言いたいことあるんですか!

(指原)怒られますよ

<シャトレーゼで
意外な人気を誇るのが>

<全7種類あるピザ>

<その名のとおり
オーブントースターにジャストフィット>

<中でも一番人気なのが>

<スタンダードなマルゲリータ>

<4枚切りで
何と205円!>

やっす! やっす

<他にも照り焼きチキンと
ツナコーンのハーフ&ハーフや>

<チョコとマシュマロののった
デザートピザまで>

<毎日 飽きずに食べられるんです>

<このあと さらなる
絶品スイーツ登場に>

<おじさんたち大興奮!>

(ヒロミ)これうまい
やっべ

<全400種類 シャトレーゼの
大人気商品ベスト5>

<続いて…>

<こちらも専用卵を使った
カスタードクリームと>

<高い乳脂肪分を誇る
濃厚ホイップクリームの>

<ダブルクリームが
生地の中にパンパン>

<発売は コンビニよりも
はるかに早い>

<およそ30年前>

<これまで累計5億個を売り上げる>

<ロングセラー>

<これまた1個
108円という>

<驚愕の安さ>

(ヒロミ)これうまいっ
うまい

(内山)濃厚さがホントたまらない

(指原)ホントにおいしいです

やっべ

圧倒的に違うのが香りですよね

袋開けた時の

この辺が違うなっていう

(ヒロミ)これね プリンはね
いけると思う

なんじゃないんですか?

<そして 第1位は…>

でまた 安いんですよね

(スタッフ)チョコバッキーおいしいですか?

<累計4000万本以上の
売り上げを誇る>

<チョコバッキーシリーズ>

<こちらのアイス
チョコが塊や板状など>

<様々な形状で
入っていて>

<同じ食感が二つとないと>

<ファンがこぞって激ハマり>

<このクセになる食感の誕生には>

<あるエピソードが>

<実は商品開発の際>

<チョコとアイスが
うまくまざらず>

<偶然誕生したひと品>

<お値段は
1本たったの64円>

<人気No.1も納得の
看板アイス>

おいしいっ
(宮川)1本64円

(指原)安い

想像以上にチョコが入ってます

俺 もうちょっと少ないかと思った

薄いチョコが入ってるんだろうなって
失礼ながら思ったんですけど

想像以上に

おいしいです

もう全然

了解しました

「今夜は 全400種類という」

「圧倒的な品揃えを支える」

「開発担当者をお呼びし」

「シャトレーゼ 人気の秘密を
徹底調査じゃ!」

さあ 今夜はシャトレーゼの
商品開発を支える皆さんに

お越しいただきました
よろしくお願いします

KOOさんも行く?

あのですね お店じゃなくても

えっ
そうなんですか?

うちは だから
もうシャトレーゼの

最近だと

ワイン ある?
僕 ワインすごく好きで

このシャトレーゼさんが
生ワインっていうの作ってんですよ

要は余計なもんが
入ってないから

みたいな感じなのかな

飲んでみたら

へえ~

<するシャトレーゼ>

<そのすごさを表す こんなグラフが>

んですよ シャトレーゼ

どれだけ やばいかといいますと
これが分かりやすいんですけども

まず これが

こんな下がってんの?
で これ見て分かるように

コンビニスイーツが出だした頃から
洋菓子業界全体の

で そういう中で

この快進撃を象徴するですね
コンセプトがありますので

それ紹介しますと
それがこちらです

これはですね 簡単に言えば

デザートだけで400種類という
圧倒的な品揃えで

コンビニのように いつ行っても
欲しい商品がある

まさにデザートのコンビニ
を目指したんですね

ちなみに

その中に 当然

それと比べると

で これはデザートのコンビニ
ということができますよね

(指原)へえ~
これ だからやっぱり

そうですね やっぱり

我々 洋菓子専門店としてですね

というふうに自負してますね

今の話 聞いててね

要するに

そうなの

<そんな おじさんのために>

<一体 なぜ400種類もの
スイーツを揃えているのか?>

<すると そこには
コンビニに唯一対抗できる>

<洋菓子店ならではの
独自の戦略があった>

<の この2人>

どうも 坂上さん はじめまして
ミルクボーイです~

ああ ありがとうございます~

ありがとうございます
ありがとうございます

<今 ノリにノッている>

ちょっと分からへんのよな
何が分かれへんのよ?

俺もコーンフレークと思うてんけどな
いや そうやろ

おかんが言うには 死ぬ前の
うん うん

最後のご飯もそれでいいって
言うねんな

ああ~ ほな コーンフレークと違うか?
ああ

人生の最後がコーンフレークで
ええわけないもんね

<2人が
訪れたのは>

あっ こちらのコーナーは…

ありますよ 色々 大福とか ねえ

でもね ちょっと
うちのおかんがな

好きな
和菓子があるらしいんやけど

和菓子?
そう その名前を忘れたらしくてね

あっ 名前忘れてもうて
こんなにいっぱいあるから

ちょっと分かるんちゃう?
ほんなら今

特徴 言うてみてよ
何か あの 薄茶色のパリパリの皮で

ほう ほう ほう ほう
あんこを挟んだやつや言うねんな

モナカやないかい
その特徴はモナカやん

ああ よかった よかった
現物あって

モナカに決まりよ そんなもう
ちょっと分からへんねんな

何が分からへんの これで
いや 俺もモナカやなと思ってんけど

そやろ
でも おかんが言うにはな

1個食べ出したら止まらへんらしい
う~ん

ほな モナカと違うか

モナカは
一口食べたら すぐ止まるもんね

そやねん
うん モナカと違うかな?

<お店の方の苦笑いをいただき>

<ひと仕事終了>

<種類の多さのリポートへ>

こちらは何でしょうか?

フィナンシェって何個でも食えるよな
いただきます

いただきます

<ブザーに遮られ>

いいですか? もう1個
どうぞ

腹を満たすために食うなよ
って感じだよ

内海!

<それにしても>

<ここで2人は>

<実は それが デザートのコンビニ>

<シャトレーゼが
コンビニスイーツに負けないための>

<1つ目の戦略だった>

食べてね ああ これは
今日こっちやなとか

<確かに イチゴ違いのものから>

<形が ちょっと違うものなど>

<一体>

<デザートのコンビニ・シャトレーゼが>

<コンビニスイーツに負けないための
戦略 1つ目は…>

<老若男女 全ての人を逃がさない>

<全世代がターゲット>

<先ほどの
6種類のショートケーキを見ても>

<例えば 酸味が苦手な
お子さんには>

<甘みが引き立つ
とちおとめのショートケーキ>

<がっつり食べたい男性には>

<スポンジが1層多い 3層タイプのショートケーキ>

<生クリームが大好きな女子高生には>

<スポンジが少ないドーム型>

<食感を楽しみたい
こだわりアラサー女子には>

<土台をタルト生地にしたタイプ>

<そして おしゃれマダムには>

<手土産にもってこい
四角いショートケーキ>

<このように細かいニーズに刺さる>

<このケース 全てが>

<はやりもの好きな
OLさんには>

<マカロンタイプ>

<定番好きの
年配の方には>

<素朴なミルクバータイプ>

<セレブ感を味わいたい
大人女子には>

<ちょっとお高め 1個
151円のプレミアムカップなど>

<さらに ずらりと並んだ
揚げ餅でさえ>

<何と>

<年配を意識した梅塩や
青のり味だけでなく>

<明らかに若者狙いのハバネロや>

<チョコ味までラインナップ>

<さらに さらに…>

どら焼き

すごい

<粒あんや栗あん 芋あんなど>

<あん違いが5種類>

<一番人気の
粒あんとバターのダブルあんは>

<これだけで2種類>

<何が違うのかというと>

<餡を包む>

<年配向けには
いわゆる普通の>

<どら焼きの生地を使用>

<こちらは
女子高生を意識し>

<生地をパンケーキに
変えていた!>

<生地を変えただけで
そんなに違いがあるのか?>

<まずは
普通のどら焼きの生地から>

いただきます
いただきます

北海道バター

ああ~ うまい
うまい

<続いて パンケーキバージョン>

う~ん 違う

何ですかね…

何やろう?

うん そうやねん
さっきのは和風感が

あったんですけど…

こっちは洋風

<残念ながら どんな違いか>

<全く伝えられなかった2人だが>

<ここで もう一つ>

<それこそが シャトレーゼが>

<コンビニに負けないための
もう一つの戦略>

こちら…

承ります

えーっ
25回!?

「さらに シャトレーゼの心臓部」

「1日に30万個の卵を割る機械に」

「1日に1万ホールのスポンジを
焼き上げる機械が登場!」

<コンビニに負けないための>

何か書いてますよ
うん

(駒場)1月17日から26日まで

あっ すごい こっち

バレンタインのフェアもやってますよ
(駒場)フェアが多い

あれ? ちょっと待ってください
はい

こちら

承ります

確かにな うん うん
巻き寿司とか

豆まきとかありますけど

ないよ

<ミルクボーイが見つけただけでも
3つのフェアが!>

<そう シャトレーゼの2つ目の戦略は…>

<一体 どれくらい
すごいのかというと…>

25回!?

えっ
25回!?

<シャトレーゼでは年間およそ25回の
イベント限定ケーキを発売>

<これまで
ケーキとは無縁だったイベント事も>

<全部ケーキに結びつけることで>

<フェアごとの来店頻度がアップ>

<例えば お正月の賀正ケーキに>

<お酒入りの成人式ケーキ>

<七夕ケーキや いい夫婦の日など>

<1年中
隙あらばの集客を狙っていた!>

実はこれ 分析的に考えると

ロングテール戦略といわれるんですけど

要はこれ 少数の人気がある商品に
絞んないで

そんなに需要は多くないけども

必ず売れるような商品
そういうのを いっぱい取り揃えて

ネットコマース eコマースで勝ったんですね

シャトレーゼはネット企業じゃなくて
リアルの企業なのに

それを実現しちゃった
っていう意味で 実はこれ

すごいことをやってるんですね
へえ~

amazon意識してっていうか

まあ もしかしたらですけども

何か結構

(指原)意外と強気な

<コンビニに負けない>

<その強みは
何といっても 商品の開発力>

この戦略の生命線といえるのは

やっぱり この年間200もの
新商品を生み出していると

この商品開発力のすごさ
なんですね

その開発をしてるのは
この3人の方々なんですけども

当然 色々 秘密があるわけで

一体どうすれば それだけの数の
新商品を生み出せるのか

その秘密を探ってきましたので

皆さんの仕事ぶりをですね
VTRでご覧ください

<年間200種類という 驚異のペースで>

<新たな商品を生み出す
秘密は一体 何なのか?>

<開発担当者に密着して分かった>

<3つの秘密!>

<まずは1人目!>

<シャトレーゼには日本全国に
自社工場が5つあり>

<全商品の>

<1人目の人物が働いているのが>

<シャトレーゼ最大の工場
豊富工場>

<中へ入ると>

<ここでは主に ショートケーキやプリン>

<焼き菓子などが作られているが>

<この工場で作られるシュークリームは>

<毎日 焼き立てが>

<日本全国の
シャトレーゼに送られていく>

<しかし そこには
目的の人物はおろか>

<こちらはスポンジ生地の製造ライン>

<超長いオーブンを ゆっくりと進み>

<焼き上げられる数は>

<ここにも働く人の姿が
一切見当たらない>

<そこで 工場の奥へと続く>

<薄暗い廊下を 30mほど進むと>

<ようやく人の姿が>

はい えっと今 現時点で

え~っ
ホント!?

<さらに
こちらは>

<こちらも もちろん無人>

<すると…>

<えっ>

<このあと シャトレーゼ大躍進>

<年間200種類もの
新商品を生み出す>

<秘密を探るため>

<すると…>

<えっ>

<そう このプレジデント制度こそが>

<年間200種類もの
新商品を生み出す>

<1つ目の秘密>

<工場にある80の製造ライン全てに>

<プレジデントが存在>

<製造ラインごとに
1つの会社と捉え>

<その全ての責任を>

<プレジデントが
請け負うというもの>

<アイスのコーンを
作り続ける この方は>

(スタッフ)すいません 何プレジデントですか

の山坂です

<こちらの方は?>

(スタッフ)何 プレジデントですか?

の望月です

<こちらのプレジデントは?>

の高橋です

<そして この方は?>

の村田です

<本日 スタジオにも
いらっしゃる 村田さん>

<3年前
最年少でプレジデントになった方>

<30歳にして>

<シャトレーゼの製餡部門を
一手に引き受けている>

<尾道に住む おばあちゃん>

<97歳の
百江さんを喜ばせるために>

<目指すのは日本一のあんこ作り>

<プレジデントというからには>

<ただのライン責任者ではない>

<こちらが村田さんの働く製餡ライン>

山田 悪い 小林くん

内藤さん

<年上のスタッフにも
テキパキと指示を出し>

<工場内を動き回っている>

<さらに この日は>

<いくつもの商品の特性に合わせ>

<常に あんこを改良するのも>

<あんこプレジデントの重要な役割>

<その後も 全く足を止めない
村田プレジデント>

<銅釜では大納言どら焼きに
使われる粒あん>

<他にも
クリーム大福用のこしあん>

<さらに 練り切り用 白あんに>

<パイ用の
紫いも餡など>

<種類も様々>

<炊きあがりは全て
村田プレジデントがチェック>

<木べらで 餡のかたさや
豆の潰れ具合を>

<瞬時に確認 最後に>

<糖度計でチェック>

<その間 たったの11秒>

<いつ どの餡を
どれだけ作るのか>

<といった
餡の生産計画を立てるのも>

<全て 村田さんの仕事>

<プレジデントとは まさに>

<1つの会社を任された社長なのだ>

こういうほうが

<さらに プレジデントには もう一つ>

<とても重要な仕事が!>

<全プレジデントが直接>

<会社のトップに
新商品の提案をすることができる>

<特別な会議>

<村田さん
果たして どんな商品を>

<会長たちに ぶつけるのか?>

<準備のため 1時間前に会場入り>

<会議が近づくにつれ>

<緊張感が高まっていく>

<プレジデントたちが
続々と集結する中>

<最後に登場したのが>

<たった4坪だったお店を>

<60年あまりで
ここまでの企業にした>

<すると…>

始めます 皆様 ご起立ください

<役者が揃い
いよいよ 会議スタート>

<先輩プレジデントが
提案した新商品を>

<齊藤会長が
次々と試食していくのだが>

<会長の厳しいダメ出しに>

<村田さん この表情>

<そして いよいよ>

<実は村田さん 今回が>

となっております

<満を持して提案したのは>

<させた
もなどら焼き>

というところで

「もなどら」案の
こしあんベースのものは

果たして ありなのか
なしなのかっていうところの

と思います

<そして いよいよ>

≪お~っ
(指原)えっ すごい

ありがとうございます

<若干の改良は指摘されたものの>

<商品化へ ゴーが出た>

<このプレジデント会議から>

<過去には
大ヒット作が生まれたことも>

<それが こちら>

<アイスバープレジデントの
渡辺さんが提案した>

<何やら>

<実は これ>

<アイスの上にクッキーをのせ>

<チョコで くるんだもの>

<斬新な食感が受け>

「村田さんの」

「辛口ゲストが試食
どんな感想が飛び出るのか?」

これ見て 上が どら焼きの皮で

下が モナカの皮なんでしょ?

(ヒロミ)斬新だよな
カワイイ

だけど 何か食べたら

あっ ホントだ
おいしい

初めましての出会い
ですけど

はあ~っ

おいしい

モナカと どら焼き
まざってるって聞いたんですけど

もっと うまい具合にまざってんの
かなと思ったんですよ

そのまんま そのまんまが
ストレートでいいですよ

そうですね 今まで改善を
方向性を決めてく

プレゼンはあったんですけども
商品提案は初めてで

もう すごい緊張で

へえ~っ
入社当時は パンフレットでしか

見てないような方が
目の前に座っていただいて

自分の思いとかを
伝えるっていうのは

はあ~っ
すごいのが

80を超えた会長さん

こういうプレジデント会議をやって

現場からの意見を
どんどん吸い上げてるんです

これって いわゆる
ボトムアップっていうやり方でして

アメリカなんかで
先端のIT企業がやってるような

現場の意見をどんどん吸い上げて
素早く商品化するっていうのを

80のおじいちゃんが やってること
自体が僕は すごいと思うんですね

「一体なぜ 齊藤会長は
プレジデント制度を導入したのか?」

「直接 聞いたぞ!」

もちろん

わけですよね

と思うんです

「しかも プレジデント会議で
採用されると」

「嬉しいことがあるらしいぞ」

目標の売り上げに達すると
会長からですね あの

報奨金が
いただける制度になってまして

え~っ
お給料と別に報奨金を

いただけるので

それをですね ラインメンバーに還元して
また さらに やる気を出そうと

っていう意味で

(指原)それは緊張するわ
はあ~っ

<その鍵を握る2人目は…>

<今 売れに売れている
ある商品の開発に>

<携わっているという それが…>

<女子が全種類
買っちゃうほどの人気>

<それが>

<糖質70%カット>

<たった5gのアイスクリームや>

<糖質83%カット>

<2.6gを実現したプリン>

<生チョコに至っては25粒で>

<糖質5.6g カット率は驚異の>

<88%>

<他ではマネできない>

<そんな糖質カットシリーズを
開発しているのが>

<本日 スタジオに
いらっしゃる 清水さん>

<実は 彼女>

<確かに>

<大人気シリーズの開発を
たった一人で担当している>

<しかも 昨今の
糖質制限ブームに>

<のったのかと思いきや
その歴史は意外にも古く>

<発売開始は 2009年>

<コンビニより 5年も早かった>

<現在は その研究成果を
清水さんが引き継ぎ>

<日々 新商品の開発に励み>

<売り上げは何と
10年前の10倍に!>

<この研究の積み重ねこそ>

<年間200種類の新商品を生み出す>

<2つ目の秘密>

<例えば>

<どら焼きなのに 一切>

<小豆の煮汁で風味づけした>

<食物繊維を代用>

<その結果>

<を実現 何と>

<8個食べて
ようやく 普通のどら焼き>

<1個分という驚異の低糖質>

え~っ

<味覚センサーで
その数値を比べてみると>

<糖質カットしていないものと>

<ほぼ同じ味を再現>

<そんな清水さんの最新作が…>

<糖質が少ないと膨らみにくく>

<実現困難といわれていた>

<メレンゲの中に 糖質に代わる>

<独自配合の食物繊維を加え>

<フワフワ食感を実現>

<しかも カット率は驚異の>

<72%>

濃厚なの?

分かんないぐらい

72 逆に
何 入れててんっていうぐらい

全く変わらへん

ショートケーキ 中に
アイスみたいなの入ってて

これ

ちょっと待って
えっ 何これ?

元々 糖質カット商品は全て あの

お客様が召し上がりたい時に
食べられるように

冷凍販売なんですよね
それで たぶん

じゃあ

<鍵を握る3人目に会うべく>

<山梨の本社で行われている>

<企画開発会議に潜入>

こんにちは すいません

<この日は 春の新商品の試食会>

<ケーキを手に取る この方こそ>

<スタジオで強気な発言を
連発していた>

<並べられたのは
モンブランタイプと>

<ショートケーキタイプの
ケーキが3種>

<試食の様子を見るかぎり どれも>

<おおむね 高評価の様子>

<すると>

<どうやら この
モンブランタイプとショートケーキタイプ>

<2つの試作品に ゴーが出た模様>

<すると このあと 我々は
信じられない光景を>

<目の当たりにする>

<会議後 急に動きが
慌ただしくなり始めた皆さん>

メチャメチャ

<慌ただしく会社から出てきた
時刻は 夜の8時>

<閉店間際の店へ
何をしに行くのか?>

<ついていってみると…>

<着いたのは
本社近くにある 昭和押原店>

<閉店1時間前 到着するやいなや>

<急ぎ足で 店内へ>

<そして ショーケースへ一直線>

<その視線の先には…>

<何と
先ほど ゴーが出たばかりの>

<試作ケーキが!>

え~っ 早っ!
≪怖い怖い 怖い怖い

えっ えっ

出るの

まあ あの

<店頭に並ぶまでの驚きのスピード>

<これこそが 年間200種類もの>

<商品を生み出す 3つ目の秘密>

<すると
さらに信じられない出来事が!>

(指原)え~っ

「そして
お台場の大江戸温泉物語が今」

「新たな
ホテルビジネスで急成長!」

「まさかの」

<新商品の
開発会議終了から2時間後>

<店頭で すでに
その新作が売られるシャトレーゼ>

<すると さらに
信じられない出来事が!>

<何と 先ほどまで
試作段階だったケーキが>

<たった2時間で商品化され>

<お客さんが実際に購入>

<こんなことが>

<これは 本社
工場 店舗が>

<たった10km圏内に まとまり>

<ほぼ一体化しているからこそ
なせる技>

<すると 白須さんから>

<あの会議から
わずか3時間で商品化決定>

<シャトレーゼ恐るべし>

「実は」

ホントです
ホントです ホントです

そんなの

だって これがいいつってから
あれ絞ってやる

こんなことやるだけでもさ
すごいよね

でも 街のケーキ屋さんだったら
分かることを

あの 大きな工場の中でやるって
いうのは 逆に

だから それは
すごい何ていうのかな スピード

その会議の中でも
企画開発と それから生産

それから販売まで
全員 集まってるんで

あの場で決まっても
すぐ実行に移せるんで

はあ~っ
(白須)いいものができたら

すぐ展開できるんで
短期間のうちに全体の

商品全体のレベルを
すぐ上げられる仕組みに

なってるんですね
へえ~っ

は 最低 かかるんですね
それを事実上ですね

で やってるわけですので

ありえないですね

ってぐらい早いんですよね

<以前 番組では>

<立て直しの仕掛け人 女性館長の>

<小巻さんを紹介したが>

<彼女のような
スゴ腕仕掛け人は>

<他にも まだまだいるはず>

<そこで 新企画!>

「題して」

今回のテーマは こちら

お~っ 大好き

大江戸温泉は
行ったことあるでしょ はい

もちろん
一朗太は?

しょっちゅう?
うん あのね 値段が

えっ そんなスーパーみたいな
システムがあんの?

そうなの 夕方
特に

はあ~っ
楽しいんだわ これが

そんな人がいると思ったら

まあ でも 岸さん
大江戸温泉は やっぱり

お台場のイメージが強いですけど
うん お台場のイメージばっかりに

なっちゃうんですけど

2007年
大江戸温泉物語の売り上げでして

これが40億円だったんですけども
≪すごい

で それがですね 何と

え~っ!

になったわけです

じゃあ どうして
こんなに売り上げが伸びたのか

実は大江戸温泉では
2007年からですね

ある事業を始めまして
それがこちらでして

≪へえ~っ
これをやったんですね

「2007年から 経営に問題を抱えた」

「ホテルや旅館の立て直しを始めた
大江戸温泉物語」

「わずか」

こちらをご覧ください

実はですね 全国に
38か所あるんですね

これ 有名どころが結構
入ってんじゃないですか? これ

(ヒロミ)ホテルニュー岡部とかね
有名じゃん

鬼怒川でしょ? 聞いたことある
≪鬼怒川観光ホテルとかね

(濱家)めっちゃ有名でしたね
へえ~っ

<をはじめ>

<聞きなじみのある
ホテルや旅館ばかり>

<中には ゲストの思い出が
詰まったホテルもあるようで>

その ホテル水葉亭って
あるでしょ 静岡のそれ

その水葉亭って まだ

あっ そう
家族で

伊豆山にある

プールもあって

じゃあ

こういった旅館がですね
具体的に

「客室稼働率が50%もいけば」

「採算ラインといわれる
ホテル業界」

「大江戸温泉物語が
建て直したホテルは」

「驚きの数値を
叩きだしておったぞ!」

何と

いまどき?
ビジネスホテルでも

客室稼働率は
大体75%くらい

え~っ
それを考えると

これ ホントに
とんでもない数字で

普通は ありえない
ことです

じゃあ 一体
どんな立て直しを行ったんだろう

それを

こちらなんですね

≪お安いんだ
≪え~っ

かつては 高級ホテルと
いわれたところもですね

1万円以下で宿泊できるという

明確なコンセプトを
打ち立てたんですね

そんな
大江戸温泉物語の中でですね

私が特に注目してる
ホテルがあるんです

三重県にある
ですね

バブル期に開業しました
タラソテラピーが売りの

高級リゾートホテルなんですね

見ると もうホント

バブルの時に こういう建物
いっぱい見ましたよね

あった
だけど

そう

実は

したんですけども

え~っ
え~っ

大江戸が

まさに そこに
大江戸温泉物語が入りまして

昨年 リニューアルオープン
したところですね

何と 客室稼働率が

90%超え
90%?

そんなに?

<驚異的な数字を打ち立てたのが>

<大江戸温泉物語
2人のすごい仕掛け人>

<ある3つの改革を実行することで>

<今まで誰も立て直すことが
できなかった このホテルを>

<客室稼働率90%にまで
よみがえらせていた!>

「一体 どんな立て直し術なのか」

「ある新婚カップルが」

「調査に行ってくれたぞ」

<調査に向かったのは…>

あ~っ 最高だ これ

あっ すいません 今回は

あっ

いいね

<昨年11月に
6歳年下のヘアメイクアシスタント>

<琴さんと結婚 新婚ホヤホヤの>

<内山夫妻 さらに>

あっ ホントだ

は~い はい
OK? はい 3 2 1

何かやってるよ こんにちは

こんにちは

(内山)うわ~っ
うわ~っ どうも

ねえ
何 言うんですか

初めまして 麻衣です
(内山)ああ どうも 内山です

いやいやいや

<こちらも新婚
JOY わたなべ麻衣 夫妻>

<と呼ばれるモデルの奥様>

<そのブレイクの
きっかけとなった>

知ってるよ
ぷぅ顔

ぷぅ顔 ちょっと

(JOY)見せてあげて ぷぅ

(内山)ぷぅ カワイイ
(琴)カワイイ

でもね たぶん
坂上さん

たぶん あの
スタジオの顔では

≪そうですよね

<そんなダブル新婚カップルで>

<大江戸温泉が立て直した
最新ホテル TAOYA志摩へ>

(JOY)これ リゾート感あるな
(内山)結構 大きいよ

≪おっきいよ
(JOY)キレイ 何これ?

<伊勢湾を一望>

<昨年4月にオープンした>

<TAOYA志摩に到着>

うわ~っ

いや~っ
立地は いいけどね

え~っ
どうなっちゃってんの? 中は

うわっ すごいよ
すご~い

(内山)見て これ
(JOY)ロビー 広っ

<広々とした開放感ある
ロビーには>

<噂どおり たくさんの
女性客の姿が>

何か

結構

<ホテル自慢の
オーシャンビューを前に>

<新婚さんの
自撮りタイム>

(JOY)写ってないですよ
すんごい つまんない

この写真 内山さんの
(内山)何で 何で 何で?

インスタグラムのね フォロワー
麻衣ちゃん 52万人? 今

52万ですよ

52万?
そうですよ

うん
うん

家族のインスタをね
どれぐらいですか? フォロワー 今

うん ホントです

<と ここで
数々の企業が再生を図るも>

<成功に至らなかったという
このホテルを>

<驚異の客室稼働率
およそ90%までに>

<立て直した 仕掛け人が登場>

<1人目は…>

ご案内させていただきます
井上と申します

≪よろしくお願いします

<前職は旅行誌の営業>

<全国1000軒もの宿を
見て回った経験が買われ>

<リニューアルの
全てを統括する>

<一体 何をどう立て直したのか>

<まずは 1つ目の改革>

<早速 チェックインする一行
すると>

後方の浴衣コーナーで

浴衣選べるんだ
やったー

<一見
何でもないようなことに思えるが>

<実は これ…>

<からこそ 生まれたもの>

それが こちらです
仲居さんをなくしたんですね

仲居さんのお仕事で

こういった雑務を
一切なくしちゃってですね

逆に 楽しいイベントに
変えちゃったんですね

(ギャル曽根)これ 楽しい

<そう
従来なら お客さんが来るたびに>

<サイズ違いの浴衣を 各部屋に
仲居さんが用意してくれたが>

<7種類のなかから>

<お客さんは 好みの浴衣が選べる
システムに変更>

<さらに
仲居さんが いなくなったことで>

<旅館の部屋では
ちょっと珍しい光景が>

さらにですね
こちらをご覧ください

よく旅館で仲居さんによる布団の
上げ下げ あるじゃないですか

あれがなくて 布団は 最初から
出しっぱなしになってるんです

花恋ちゃんは 女性として
どっちがいいですか?

誰も入ってこないなって
分かってる方が

そっちの方が

女子は そうですよね
はい

用があると

そうなんです

仲居さんをなくした結果

当然 その分
人件費 コストが下がりますよね

結果として
それを安い料金に還元した

いや でも

そういう

当然 そういう方々は
配置転換で

仲居さん以外にも
いろんな仕事あるじゃないですか

そっちの方へいくと
はあ

「そして」

(わたなべ)わあ

すごーい

「オーシャンビューの
この部屋が 1万円以下になる」

「驚きのカラクリとは!?」

<大江戸温泉物語が立て直した
超人気リゾートホテル>

<すごい立て直し術は>

<1人1万円以下という
宿泊料にあった>

(わたなべ)わあ

すごーい

<この広さで なんと1人9980円>

<そして 窓からは
広大な絶景のオーシャンビュー>

すごいよね

<実は 安く泊まれる宿泊料には
あるからくりが>

<そう これが>

1部屋を4名利用にした

これ 何かといいますと

もちろん1部屋2名で
使ってもいいんです

ただ 泊まる人数が
増えるほど

1人あたり料金も
安くなりますよね

ねえ ロッジ そうだよね

はい はい 安くなる

<かつて 2名利用で
1人18000円だった この部屋に>

<ソファベッドを導入>

<4名利用で ほぼ半額という>

<破格の料金を実現させたのだ>

<さらに井上さんは 数々の企業が
立て直せなかった このホテルに>

<集客の目玉となるような秘策を
用意していた>

と思ったんですよ

「では ここでクイズ」

「もともと このホテルにあった
プールを利用して つくった」

「集客の目玉とは」

「一体 何なのか?」

「意外にも」

「DJ KOOさん
10秒で お答えください」

ガチです もともとあった
プールを利用して…

これは もう完璧です はい

「それでは 正解じゃ」

<プールを利用して つくったのは>

<海が見える絶景露天風呂>

(JOY)
海に浮かんでる気持ちにもなれる

<その名も>

<ホテルがあるのは
駅から遠く離れた>

<そこで>

<集客の目玉として
この絶景風呂をつくったのだ>

これは いいね
いや 最高

<すると>

(JOY)なんすか

はっ それそれそれ

すごい笑ってくれるでしょ
だから うちの奥さんは

全く 一緒
うわっ

俺も家で

あの感じで 家から

<一方 妻たちは>

言ってましたね
そう

お茶わん1杯っていうルールを
決めてんだけど

<さらに
お風呂の屋上には こんなものも>

<もともとあったジャグジーを>

<大勢で楽しめる足湯にリメイク>

<夜は満天の星空のもと
足湯が楽しめる>

<癒やしのスポットに立て直し>

<再生困難だった このホテルを
復活させた>

<すごい仕掛け人 2人目は>

<大江戸温泉 全店舗を統括する
最高料理顧問 高階孝晴さん>

<実は この方
品川プリンスホテルにある>

<年間80万人を動員する
超人気店「ハプナ」で>

<以前 料理部門トップを務めた>

<立て直しのキーマンとして
招聘された高階さんが>

<まず行った改革 それが>

部屋食をやめた

旅館に 部屋で食べるコース料理
ってあるじゃないですか

夜ごはんも朝ごはんも
これも思い切ってやめることで

当然 人件費とか食材のロス

そういうのも無駄ですから
やめると

山内くん 旅館とか行くとさ

なんか 山の…

(山内)そうっすね

結構 ありますもんね

<した 高階さん>

<なかでも
こだわりが>

<その土地土地のおいしいものが>

<一番おいしい
熱々の状態で食べられる>

<そんな高階さんは
ある特別な仕掛けで>

<再生困難な このホテルを
復活させたという>

(内山)バイキングだ

「では ここでクイズ」

「高階さんが始めた
ある仕掛けとは」

「バイキングの一番はじめ
前菜にあるんじゃが」

「一体 どんなものなのか?」

これは すごいな

「さらに」

「は 今」

おしゃれだね

「バイキング界の
伝説の男」

「というちょっぴりドジな
大友花恋さん」

「10秒で お答えください」

前菜の仕掛け… あの

もう 最初から

あと ぽって机に置いたら
写真映えみたいになるような

(内山)ねっ これ カワイイ

<一つずつ個別の器に盛られた>

<かわいすぎる前菜>

<TAOYA志摩は
若い女性もターゲット>

<そこで 狙ったのが>

やったー

<店内には>

これですか

(高階)ところが この

そこが やっぱり

なんで あの料理長
あの感じなのに

思いました

ああいうのって
インスタ映えっていったって

ホントにおいしそうだし
ホントにカワイイから すごい

<ほかにも ライブキッチンでは>

<サザエのつぼ焼きや>

<肉汁あふれる
ローストビーフなどが楽しめる>

<4人も 仕掛け人プロデュースの料理を
思い思いに取り分け>

(内山)プチトマトとブロッコリーが
デルモって感じだよね

<一方 内山は>

<絶品料理をおなかいっぱい堪能>

<さらに 食後のロビーでは
こんなサービスまで>

<夜食のそばが無料で食べ放題>

でしか見たことない

へえ

あそこで ホントに驚くのは
ビュッフェだけじゃなくて

いったら
最後食べてるそばも そうだし

あれ いいですよね さらに
坂上さんがそそられるのは

ウソー!

<お風呂の入り口には
ビールサーバーが設置され>

<さらに ソフトドリンクやアイスキャンディまで
用意されている>

気になったのがね

それだけ

だけど回したのは

大幅カット

僕 ぱっと見た感じ

今のVTRで いろんな驚きの
戦略とかあったんですけど

僕 一番驚いたのは

内山さんの

(山内)この知名度で600人は…
少ないよね

(内山)オープンにしてますよ

「大人気だった
あの店 あの商品は今」

「つぶれた?
つぶれないで まだある?」

「続いては」

<学校帰りに
小銭を握りしめて買いにいった>

<誰でも一度は手にした
思い出の駄菓子>

<タバコの形をした砂糖菓子で>

<幅広い年代に愛されていた>

<一躍 駄菓子の代名詞に>

大人のマネね しましたもんね

大体 そうですよね
そう そう そう

<果たしてココアシガレットは
今 どうなっているのか>

<あの懐かしの>

<昔の映像を頼りに>

<大阪にある
製造メーカーを訪ねてみると>

<耳を疑うような>

っていう女の子の歌手が

ここで 渡邊圭祐くんから
お知らせです

新人ナースと ドSドクターの
胸キュン ラブストーリー

私 ヘタレ新人看護師・仁志を
演じさせていただいております

ついに恋人同士になったですね
天堂と七瀬の

さらに盛り上がる二人の恋愛と
僕が演じる仁志の恋の行方

放送は あさって 火曜日
夜10時からとなっております

ぜひ ご覧になってみてください

<昭和の駄菓子の代名詞>

<なんと なくなるどころか>

ええっ

<しかし 駄菓子屋さんも
すっかり見かけなくなった 今>

<そこで 都内のスーパーで>

<駄菓子コーナーを見てみると>

<確かに
懐かしのココアシガレットが>

<すると>

これもね

<さらに驚くべきは
その販売個数>

<昨年
一気に増えているようだが>

あいみょんっていう
女の子の歌手が

SNSで

ココアシガレットをくわえてる
写真をあげてくれて

<なんと平成生まれのカリスマ歌手
あいみょんが>

<ココアシガレットを手にした写真を
昨年 インスタにアップ>

<この写真に
16万「いいね!」がつき>

<あいみょん効果で
生産が追いつかず>

<来月から なんと>

<今年は
シガレットシリーズ全体で>

<過去最高の2000万個を
売り上げる見込みなんだとか>

「シガレットシリーズには」

「ココア味以外にも
現在 6種類のフレーバーが」

「なかには こんなものまで」

2年前に発売された

どれ どれ どれ?

(指原)
これですね マイコス

でも 実は
このマイコスは まさに

ねえ ちょっと

これは もう違う葉っぱだわ

「大人気だった
あの店 あの商品は今」

「つぶれた?
つぶれないで まだある?」

「続いては」

<大ブームを巻き起こした
広告の漫画キャラクター>

<少女漫画雑誌の裏表紙に
掲載された>

<日ペンの美子ちゃん>

ああ あった

<まさに 少女漫画のヒロイン
そのものという いでたちで>

<ボールペンの普及がされて
まもなかった この頃>

<習い事としても
ペン習字が人気に>

<美子ちゃんのペン習字講座の
受講者は>

<70年代後半のピーク時には
その数 なんと>

<3万人>

<1980年代に入ると
ワープロが普及>

<さらに>

<90年代になると パソコン
携帯電話の登場により>

<それに伴い
ペン習字自体も すっかり下火に>

<一体 美子ちゃんは
どこへ行ってしまったのか>

(スタッフ)入会案内のところに

日本ペン習字研究会って
書いてありますね

<そこで 運営元を調べ
訪ねてみた>

(スタッフ)あっ そうなんですか
はい

<ペン習字ブームの衰退で>

<ピーク時にいた3万人の受講者は>

<2012年には
なんと わずか1000人にまで低迷>

<それに伴い 美子ちゃんも>

<少女雑誌での役割を終え
姿を消していた>

そのあたり

<ということで>

<おひげが ちょっとあやしげな>

<服部昇大さん>

<一体>

(スタッフ)
これ どういうことですか?

(服部)実は 今

(スタッフ)あっ

<なんと>

<そう>

<作者の服部さんは
もともと>

そうですね 最初に あの

みたいなメールがきまして

と思って

<しかし 学文社は>

すごいね

<すると
あの頃 少女だった オールドファンが>

<「懐かしい」と反応>

<ペン習字講座の受講者も>

<低迷期は
わずか1000人程度だったが>

<2019年には>

<5倍の5000人に>

<ちなみに>

「ここで かまいたち山内が」

「お金遣いの超エグい失敗談を」

「衝撃告白」

仮想通貨

はい

なにげに 山内くんってね


関連記事