ガイアの夜明け【父と娘のチョコレート戦記】いま日本で空前の「チョコレートブーム」が起きている。カカオに…


出典:『ガイアの夜明け【父と娘のチョコレート戦記】』の番組情報(EPGから引用)


ガイアの夜明け【父と娘のチョコレート戦記】[字]


チョコが空前のブーム…1枚1200円でも売れるワケは?▽(秘)チョコソースで人生逆転!?自宅も店も失った父娘▽老舗和菓子が大変身!?父の秘伝あんこを娘が進化!


詳細情報

番組内容

いま日本で空前の「チョコレートブーム」が起きている。カカオに含まれるポリフェノールなどの健康効果が見直されているためだ。高血圧や動脈硬化などの予防にも効果が期待され、高カカオのチョコレートは中高年の間でも人気が高まっている。

このチョコレートで人生のどん底から再起をかけようとする親子がいた。

番組内容続き

自己破産に追い込まれ、会社も自宅も失った老舗菓子メーカーの創業家だ。父はベトナム、娘はメキシコへ飛び、独自開発のチョコレートで復活を誓う。一方、兵庫県で360年続く和菓子店の娘は、父しか作れない秘伝のあんこをチョコレートと融合させ、客足が減りつつある老舗に新たな息吹を吹き込もうとしていた。父と娘の溶けるほど熱い舞台裏に密着する。

出演者

【案内人】松下奈緒

【ナレーター】眞島秀和

音楽

【音楽】

新井誠志

【テーマ曲】

◆オープニング曲

 「鼓動~ガイアの夜明け」(作曲/岸利至)

◆エンディング曲

 「夜明けのうた」(宮本浩次)

「ガイア」とは

ギリシャ神話に登場する「大地の女神」を意味し、後にノーベル賞作家のウィリアム・ゴールディングが「地球」を指して“ガイア”と呼んだことから「ガイア=地球」という解釈が定着している。「ガイアの夜明け」という番組タイトルには、地球規模で経済事象を捉えることで21世紀の新たな日本像を模索すること、そして低迷する経済状況からの再生=「夜明け」を目指す現在の日本を描くという意味合いが込められている。

関連情報

◆ホームページ

www.tv-tokyo.co.jp/gaia/

◆公式Twitter

@gaia_no_yoake


『ガイアの夜明け【父と娘のチョコレート戦記】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ガイアの夜明け【父と娘のチョコレート戦記】いま日本で空前の
  1. チョコレート
  2. 利美
  3. 由香理
  4. チョコ
  5. カカオ
  6. 伶香
  7. メキシコ
  8. モレソース
  9. 東京
  10. ホント
  11. トウガラシ
  12. ベトナム
  13. モレ
  14. 親子
  15. カカオ研究所
  16. ソース
  17. 一方
  18. 家族
  19. 完成
  20. 社長


『ガイアの夜明け【父と娘のチョコレート戦記】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ東京 関連商品

そこは 黒山の人だかり。

長い行列の先には

甘いマスクの男性が。

パリからやってきた ジュリアンさん。

職業 チョコレート職人。

コンテストで受賞歴のあるジュリアンさん。

その人気は まるでアイドル。

今年で 18回目を迎えた
サロン・デュ・ショコラ。

ふだん 日本では買えない
特別なチョコレートが一堂に会します。

会場には
女性客が殺到していました。

そして 爆買い。

たぶん

華やかな祭典。

その一方で チョコレートに
最後の望みをつなぐ人たちが。

有名菓子メーカーを追われた親子。

壮絶な過去。

誰一人 何も言ってこない…。

どん底で出会った 運命のチョコレート。

再起をかけ 父はベトナム 娘はメキシコへ。

そして

娘は 掟破りの商品に
未来をかけた。

さあ もうすぐバレンタインデーですが

こちらに新しいタイプの
チョコレート店があります。

こんにちは。
松下です お世話になります。

よろしくお願いします。

このチョコレートのお店の特徴を
教えていただいてもいいですか?

こちらが まず

これ 本物ですよね?
これ そうなんです。

乾燥したものなんですけども。

いろんな種があるように
見えるんですけど。

あっ! すごい
いい匂いがしますよ。

カカオの香りが
プンプンすると思います。

こちらにあるのが

これは 私たちがよく見る
チョコレートっていう印象ですよね。

4日もかかるんですか?
そうなんです。

できあがったチョコレートが
こちらになります。

まず
ホンジュラスのほうなんですけども

とても まろやかで

ビーン トゥ バーの初心者の方にも
すごくオススメしている 1枚なので。

あっ! ホントですね。

私 もっと苦いのを
想像してました。

見た目の印象と。

あっ おいしいです これ。

もう1つが
ベリーズのカカオ豆なんですけど

ラテンアメリカ 中南米のエリアになります。

もっと より酸味が際立った
チョコレートになります。

いただきます。

触った感じが違いますね。
そうですね はい。

こっちは ちょっと
とんがった感じが よりしますね。

ホントに 純粋に
チョコレートとお砂糖だけで

これだけの人たちが…。

たぶん お値段も
高級だと思うんですけども。

そうですね。

おお~。

これが ビジネスとして
どういうふうに

広がっていくのかな
っていうのが

すごい興味があるんですよね。

今後 ビジネスとしての
広がりが期待される ビーン トゥ バー。

『ガイアの夜明け』。 今回は
このチョコレートに人生をかける

父と娘の物語 ご覧ください。

12月上旬 福岡県飯塚市。

住宅街の一角 ここにも
ビーン トゥ バーの店があります。

その名も カカオ研究所。

昼過ぎ 開店と同時に 次々と客が。

どうぞ。 いらっしゃいませ。

いらっしゃいませ。

県外から わざわざ
やってくる人も多いようです。

カウンターには
試食用のチョコレートが ずらり。

わずか2坪の小さな店です。

切り盛りするのは
中野富美子さんと

由香理さん親子。

これ ホントは
ドリンク用なんですけど…。

出てきたのは ホットチョコレート。

店のイチオシは
ベトナム産のカカオを使ったチョコレート。

食べた客は…。

この表情。

ベトナムで
こだわりのカカオを調達するのは

中野利美さん 72歳。

また来てね。 タッチ タッチ。

ターッチ!

ありがとうございます。

今は 小さなチョコレート店を営む
この親子。

実は
壮絶な過去を背負っていました。

家族に いったい何があったのか?

さかえ屋は 福岡を中心に
およそ30店舗を展開する

地元では有名な菓子店。

利美さんは 創業者の長男で

2012年まで
社長を務めていました。

福岡土産の定番
なんばん往来のヒットで

地元有数の菓子メーカーに成長した
会社。

利美さんが社長だった頃は
90億円の売り上げがありました。

しかし その一方で
借金が40億円までふくらみ

ついに 債務超過に。

利美さんは メインバンクから
社長を退くよう 迫られたのです。

社員を守るため 利美さんは
会社の株を無償で手放し

自己破産しました。

自宅も競売にかけられた
中野さん一家。

今は 利美さんの母の自宅に
身を寄せています。

利美さん 1年の大半は
ベトナム暮らし。

誰一人 なんにも言ってこない。

会社を追われた利美さんは
翌年 脳出血で倒れます。

リハビリは 1年におよびました。

どん底の家族に
立ち直るきっかけをくれたのが

東京で食べた チョコレートでした。

その およそ1年後
小さなトレーラーハウスで

チョコレートの店をオープンしたのです。

去年 暮れ

利美さんが案内してくれたのは

3年前に作ったという
カカオ研究所の実験農園。

カカオ農家の トウンさんと一緒に

質の高い豆を作る
研究を続けていました。

これ 収穫間近の…。

これが カカオの実。

鮮やかな黄色をしています。

こちらは 紫色。

その他 緑や赤など ベトナムのカカオは

さまざまな色をした実がなり

それぞれ味が異なります。

これで違います。 種類が。

6年前 雪の日に家族で食べた
運命のチョコレート。

実は ベトナム産のカカオだったのです。

実を割ると
果肉に包まれたカカオ豆が ギッシリ。

その豆を木箱の中で

1週間かけて発酵させます。

手にしている白い液体。

試行錯誤の末 見つけ出した酵母。

これを混ぜると
発酵が活発になり

おいしい カカオ豆になるといいます。

カカオの世界で ベトナム産の知名度は

まだまだ低いのが現状。

利美さん 農家の期待も
背負っていました。

ベトナムの高原地帯にある ダラット。

避暑地としても人気のこの町に

カカオ研究所の ベトナム工場があります。

友人たちから資金を募り
2年前に立ち上げました。

ここで 豆から
チョコレートにしています。

実は利美さん 2年越しで
開発を進めてきた

新作の生産を始めていました。

普通 カカオ100%のチョコは
苦味が強く

食べにくいものがほとんどですが。

独自の発酵技術により

日本人好みの旨みを感じる
自信作が完成したのです。

一方 福岡のカカオ研究所。

どん底から這い上がろうとする
親子に

厳しい現実が。

最大の理由は…。

メキシコ中部に位置する プエブラ。

16世紀 スペイン人によって
建設された この美しい街は

世界遺産に登録されています。

そこに 由香理さんが
やってきました。

あっ モレ…。

由香理さん 赤字を解消する

一発逆転の商品を開発するため

思い切ってやってきたのです。

狙いは チョコが入った
メキシコの伝統料理 「モレ」。

すごい これ…。

この ドロッと感がすごいですね。

鶏肉に たっぷりチョコレートが入った
ソースがかかっています。

このモレソースを
父 利美さんのチョコレートで作り

売り出したいと考えていました。

メキシコでは 大人から子どもまで

チョコが入った このモレを
よく食べます。

このメキシコ伝統の味が

どん底を見た一家に幸運を
もたらすことができるのか?

一方 和菓子店でも
崖っぷちの親子が。

チョコが 再生のカギを握っていた。

江戸時代からの城下町で

醤油の産地としても
知られています。

この街で
創業およそ360年の和菓子店

大三萬年堂。

看板商品は 醤油まんじゅう。

薄口醤油を練りこんだ皮。

その中に包まれているのが
自慢のあんこです。

毎日3時間 つきっきりで
あんこを作るのは…。

使う小豆は 北海道産の
高級品種 とよみ大納言。

代々 受け継いできた
秘伝の製法です。

あんこ作りを終えると 店番も。

近年 売り上げが激減し

6人いた従業員も今は
パート1人だけになっていました。

そんな店を心配しているのが
娘の伶香さん。

この日 半年振りに
東京から帰省していました。

伶香さん 店がなくなってしまう
危機感を 抱いていたのです。

着物姿の伶香さん。

おはよう。
おはようございます。

おはようございます。

実は去年6月
東京に カフェをオープンしました。

私が
プロデュースさせていただいている…。

伶香さんは

しかし 4年で退社。

自ら スポンサーを探し出し
この店を開いたのです。

店の一番人気は どらぱん。

自慢のあんこに発酵バターをのせ
米粉のパンで挟みました。

こちらは 大三ぱふぇ。

抹茶パウダーをかけた
豆乳クリームの中にも

あんこが たっぷり入っています。

あんこは 父 和夫さんが
作ったものを

たつのから送ってもらっています。

その味が評判を呼び

この店の売り上げは
本店の5倍に。

しかし 伶香さんの本当の狙いは
ここからでした。

たつの市の大三萬年堂。

深夜の作業場には

東京から帰ってきた
伶香さんの姿が。

父が寝ている間に
こっそり何かを始めていました。

湯せんにかけていたのは
ベルギー産のチョコレート。

その横には あんこが。

伶香さん 父のあんこと
チョコレートを組み合わせて

新しい看板商品を
作ろうとしていたのです。

練り合わせるって感じですね。

だんご状に丸めて…。

生菓子の皮で包んでいきます。

仕上げに ココアパウダーを
かけてみました。

チョコとあんこ。

伶香さん 店を救う看板商品を
作ることができるのでしょうか?

秋葉原にほど近い
東京 淡路町。

ここに江戸時代から続く
老舗和菓子店が

新しいお店を出した
ということなんですが…。

こちらですね。

大三 HANARE。

いらっしゃいませ。
こんにちは。

こんにちは はじめまして
大三萬年堂 13代目の

安原伶香と申します。

では 早速ですけれども
あんことチョコレートの融合された

そのデザートというものは
どうなりましたでしょうか?

なんとか できあがりました。

こちらが
あずきとかかおでございます。

あんこと
ベルギー産の高級チョコレートを

掛け合わせたチョコレートあんがですね
ガトーショコラの中の下のほうに

層になって入っておりまして。

ホントだ。
あんこ感じます?

感じます。 なんか両方が
いい感じに 交わってますよね。

なんだろう…
チョコ? あっ あんこ? っていう

なんかそのバランスがすごく…。
ありがとうございます。

離れてても ちゃんとお父様と…。
そうなんです つながってます。

お父様 これを
召し上がられたんですか?

お父様 何ておっしゃると
思います? これを。

意外とおいしいやんかって…。
言ってくれたら

もうすごくうれしいんですけども。

<チョコとあんこのコラボレーション。

老舗の味を守り続けてきた
お父さんは

認めてくれたのでしょうか?>

伶香さんが実家に帰っていました。

新商品を父 和夫さんに
食べてもらうためです。

これですか?
そうなんです。

これがバレンタインデー?

お父さん 本店で売ることを
許してくれました。

360年の歴史で初の
チョコレートの和菓子。

いらっしゃいませ。 すみません…。

試食してみてください。

早速 試食してもらいます。

ホントですか?

うれしい。 ありがとうございます。

すると 買ってくれました。

常温で 10日間 もちますので。

いただきます。

その後も
チョコあんのガトーショコラは 大好評。

この日 用意した分は
すぐに 売り切れたのです。

これには 和夫さんも ビックリ。

また お待ちしてます。
また お待ちしております。

どうも ありがとうございます。
ありがとうございます。

そうやな…。

翌朝。

いつものように 朝の5時から
あんこ作りが 始まっていました。

そこには 怜香さんの姿も。

はい。
真ん中やで。

父は あんこ作りの
いちばん大事な工程を

この日 初めて 娘に。

真ん中 真ん中…。

秘伝の製法が
受け継がれていきます。

福岡の 有名菓子メーカー。

その社長の座を 8年前に追われた
創業家の 中野利美さん。

家族と 小さなチョコレート店を
営んでいました。

うん また来てね。

そこに 娘の由香理さんの姿が。

目的は チョコが入った
メキシコの伝統料理 モレ。

すごい。 これ
この ドロッと感が すごいですね。

由香理さん このモレソースを

父 利美さんのチョコレートで作り
売り出したいと考えたのです。

オラ。
オラ。

由香理さんに 強力な助っ人が。

地元の料理研究家 ノラさん。

日本人の口に合う モレソースを
一緒に 考えてくれることに。

さまざまな色や形の トウガラシが
20種類以上も。

メキシコでは トウガラシを組み合わせ

いろいろな辛さを
生みだすそうです。

リンゴ…。

バナナやニンニクも 使うようです。

食材を買いそろえたあとは
ノラさんの自宅へ。

鉄板で 焼き始めたのは…。

トウガラシ。

えっ まだ?
もうちょっとですか?

ワン ツー スリー。

できた!

はい。

トウガラシのほかに
ナッツや スパイス フルーツなど

およそ30種類の食材を
ミキサーで 砕いて…。

土鍋で 煮込んでいきます。

父が 手塩にかけた チョコレートです。

入れます。 入れていいですか?
いいわよ。

もうちょっと 入れて。

もうちょっと 入れようかな…。

もっと。 あと1つ。

いい感じね。

酸味の効いた
ベトナムのチョコレートにあわせた

オリジナルのモレソースが 完成しました。

まず ちょっと ソース…。

うん!

うん うん。

由香理さん
メキシコまで 来たかいがありました。

モレソースの開発が 大詰めです。

福岡のメキシコ食材店で

レシピどおりのトウガラシを
手に入れました。

チョコレートは 父 利美さんの新作
カカオ100%を使うことに…。

ノラさんに教えてもらった味を
再現していきます。

一週間後 由香理さん
東京にやってきました。

訪ねたのは フレンチのレストラン。

こんにちは。

今回ですね…。

ぜひ試していただきたいなと…。

まずは この店が
使ってくれることになったのです。

ここは 菓子メーカー時代の取引先。

昔のよしみで
協力してくれることに。

早速 シェフの木村さんが ひと口。

全然 たぶん…。

どん底家族の逆転劇が始まります。

本場 メキシコへ行き

チョコが入ったモレソースを
完成させた由香理さん。

商品化に向け
準備を進めていました。

1月下旬 東京 世田谷区のレストラン。

由香理さん モレソースにあわせて
完成させた料理を

見せてもらいます。

鶏肉と野菜に
チョコレートが入ったソースをかけます。

うわっ おいしそう。

メキシコの伝統料理が
華やかな彩りの

モダンなフレンチに変身しました。

この日から ランチの肉料理として
お披露目されます。

いらっしゃいませ。

11時半 オープン。

オススメ…。
こちら オススメ。

いきなり注文が。

幸先のいいスタートです。

いただきます。

12時を過ぎる頃には満席。

すると由香理さん
急いで エプロン姿に。

お肉が 1 2 3 4 5 6 7。

7ですか?
7です。

モレの注文が殺到していたのです。

由香理さんも
盛り付けを手伝います。

Aのお肉 お願いします。

この日

しかも 残ったソースまで。

お客様。 いかがだったですか?

よかったです。

ホントですか? うれしい。

今回 レストランのほうでも
そうなんですけど…。

あっ お疲れ…。
お疲れさまです。

どうぞ ぜひ そちらへ
座っていただいて…。

お待たせしました。 どうぞ。

いい感じにできています。
ありがとうございます。

食べたかったな。

未来をひらく 行動者たち。


関連記事