華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!【長嶋一茂(秘)終活 大悟がノブへ本気弔辞】ジモンが失敗しない店の選び方を…


出典:『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!【長嶋一茂(秘)終活▽大悟がノブへ本気弔辞】』の番組情報(EPGから引用)


華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!【長嶋一茂(秘)終活▽大悟がノブへ本気弔辞】[字]


華大&千鳥&長嶋一茂が「終活」について真剣に考える。負ければ10万円献上!芸能界No.1肉通・ジモンが失敗しない店の選び方を伝授。一茂が草野球チームとガチ対決!!


詳細情報

番組内容

今回のゲストは長嶋一茂。日々を前向きに生きるために死ぬことを毎日イメージするなど、人生の終わり方を考える「終活」にハマっている。遺言書の作成やお墓選び、さらには自身の葬式体験サービスに華丸・大吉&千鳥が興味津々!そして、一茂と親交が深い芸人がスタジオで弔辞を読む。笑いあり感動あり暴露ありの内容に、「弔辞はいらない」と言っていた一茂も感動!?さらに、大悟が即興でノブへの弔辞に挑戦。

番組内容2

「弔辞気持ちええ!」とうなるノブだった。

さらに、今回は一茂のロケ企画も始動!「元ドラフト1位のプロ野球選手である一茂を打ちとったら10万円」というガチンコ対決に、草野球チームの投手たちが挑戦!一茂の野球人としての姿は必見!そして意外な結末とは…!?

「テッパンいただきます!」では、寺門ジモンとかまいたちが登場。「芸能人はうまいものを食べてない!」と言い切るジモンが、今一番おすすめの焼き肉店で

番組内容3

出される絶品牛丼を紹介。また、かまいたち・山内健司は金縛りのメカニズムを解説する。

出演者

【MC】

博多華丸・大吉 

千鳥(大悟、ノブ)

【ゲスト】

長嶋一茂 

寺門ジモン(ダチョウ倶楽部) 

かまいたち

【ロケ】

神奈月 

尾形貴弘(パンサー)

人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ


『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!【長嶋一茂(秘)終活▽大悟がノブへ本気弔辞】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!【長嶋一茂(秘)終活 大悟
  1. 読者
  2. 記者
  3. 取材
  4. 情報
  5. 地域
  6. メディア
  7. 記事
  8. 市民
  9. 西日本新聞
  10. 一緒
  11. 新聞
  12. 日本
  13. 発信
  14. ネット
  15. マスメディア
  16. ロブソニアン
  17. 課題
  18. 新聞社
  19. アメリカ
  20. ニュース


『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!【長嶋一茂(秘)終活▽大悟がノブへ本気弔辞】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


(ナレーション)<今夜
今 終活に どハマリ中の一茂に。>

わしは お前の…。
<更に 大悟が弔辞で

ノブへの知られざる思いを激白。>

(ノブ)トータル…

< そして
一茂が10万円を懸け

草野球のおじさんとガチ勝負。>

(大吉)それでは まいりましょう。
今週は この方に

来ていただきました。 どうぞ!
はい!

♬~

お願いしま~す。

今日のゲストは長嶋一茂さんです。
(長嶋)高いね。 高いね。

はい お願いします。
高いね ここね 結構ね。

急に偉そう!
(大悟)わしらは ええけど。

サウザーが
すごいね。

サウザーの
座り方だ。

似合うなぁ。

という事でね
芸能界でも ほんとに

オンリーワンな存在
一茂さんでございますが。

そんな 一茂さんにまつわる
テッパンジャンルは こちらです。

(拍手)

一茂さん 終活に 今
興味があるという事なんですけど。

やっぱり もう50…
もう54だけど 俺。

へえ~っ。

40です。
僕らは50です。

あっ
もう50?

そうですね。

(華丸)ええっ。

考えてないんだ?
僕は リアルに…

と思うと 例えば…

はいはい はいはい。
そうだよ。

一茂さん ちなみに…

という事で
今回 VTRにまとめてみましたんで。

ちょっと
改めて見てみましょう。 どうぞ。

ご丁寧に ありがとうございます。

< 一茂さんが やっている…>

(大悟)絶対嫌や。

(大悟)子供のころに
思ったけどな。

あははっ。

想像してるって事
なんですか?
そう イメージトレーニングなの。

自分が…

結局 トラとか
ライオンとか

風呂場とか
死ぬイメージって。

でも その時に…

っていう気になるわけ。

いやいや 何か。
毎朝?

イメージの中でも。

貞子いるでしょ。

貞子の井戸の中
入った時。

これは苦しい。

入りました。

もう 井戸だから
狭いわけですよ。 で…

バッと こう まあ…

呼吸すら うれしいですもんね?

一茂さんに…

ほんと?
毎日 何で死んだか。

「今日の死に方」っていうの
すごくよくない?

なるほど。

いや これ でも
いいと思うんだよね。

< そんな…>

< そもそも
何をしなければ
ならないのか

あなたは
知っていますか?>

< という事で…>

< ご紹介。>

<終活のプロによると
大きくは2つ。>

…が ございます。

< まず 生前整理とは。>

<残された…>

<家族がもめないよう…>

< しかし あなたは…>

<実は 今…>

< それが…>

(華丸)
楽に作って
いいのかな?

<年齢や家族構成など

司法書士からの…>

(華丸)
へえ~。

<遺言書がPDFデータで

送られてくる。>

< その時間…>

<続いて お墓選び。>

< そもそも定番の…>

< その費用は…>

高いんだよね。

< そのため 近年

コンパクトで安価なお墓が
注目されていますが

特に話題なのが。>

<実は これ…>

<骨壺がいらず コンパクトなため

自宅でも供養でき

お値段は
15万円ほどで済む。>

<更に ちょっと…>

<今回…>

あらっ。
神奈月。

顔の下 焼けてるなぁ。

何で俺が 今日
ロケしないといけないの。

ここ?
< 一茂さんが やって来たのは…>

では こちらの方へ どうぞ。

< そう そのサービスが…>

これ ちょっと怖いな。

< こちらは…>

<死と向き合い…。>

へえ~。

無理だよ~。

< そして 棺の蓋を閉め

お別れ花など
葬儀の一連を体験。>

< ちなみに お値段は…>

まあまあ いろいろなねサービスが
世の中にはあるという事です。

だから 逆に
死んじゃったら

ああいう体験してるかどうか
わかんないから。

ああ~。 お墓とかね確かにね。

高いんだよ 結構。
高いんですね。

墓 どこ入るとか。
わし 島なんですよね。

でも 島まで
大悟の子供とか孫が

毎年 墓参り行くのか?
とかもあるし。

ああ そうなんだ。

(大悟)島に もう
どうしても 来んようなるから

大悟の代で
都会というか…

とは言われましたけど。

もしさ…。

ああ~。

ほんとは。 終活って…

家族が…

はあ~。
だから うちは…

娘には。
へえ~。

じゃあ
もし よかったら…

何で 知らん
お前のおやじが。

清志が入らなあかんねん?

一茂さん ちなみに…

この人に 最期のお別れの言葉…。

いやいや全く。 だから…

誰にも来てほしくない
はっきり言って。

あれっ?

あっ ど… どうしました?

「じゃあ」 みたいな感じで…

(華丸)弔辞を読む人を。
あらららら。

俺…

そういう事は
一茂さんに させれないです。

<弔辞には全く興味がない
というものの

せっかく…>

いや いいよ。
という事で 今回ね

一茂さんと仲のよい ある方に

本当の弔辞を読んでいただこう
という事で

お一人 お呼びしております。
この方です。 どうぞ!

誰ですか? 誰?

♬~



ふふっ。
あらっ。

お前 何しに来て…。

(華丸)似合うなぁ 礼服が。
改めまして

カンニングの竹山さんです。
お前 何? その格好。

(大悟)めちゃくちゃ似合うな。

(大悟)葬式が似合う。

(華丸)
ちょっと聞いてあげてください。

それでは 心してお聞きください。
竹山さん お願いいたします。

♬~


(竹山)
「ヤクルトスワローズに入り

デビュー戦のホームラン」。

ははははっ。

(竹山)「映画の
主役をやっておりました」。

ははははっ。
まあ まあ まあ。

(竹山)「そして しばらくすると」…

ははははっ!

(大悟)すごいな 確かに。


「やっぱり」…

…「したのを覚えています」。

「憲武さん ヒロミさん 勝俣さん

一茂さん フミヤさん 僕等々で

和田アキ子さんを
アテンドする事になりました」。

(竹山)「一茂さんは」…


ははははっ!

最悪。
(竹山)「一茂さんは」…

(笑い)

(竹山)「そして」…

(竹山)「そんなあなたですが」…

(竹山)「そして」…



(竹山)ありがとうございました!!

(拍手)

いや~ すごい!

ちょっと竹山さん…

まだ抜けないんだ。
どうですか?

いや~。 いや 弔辞は…

いいかげんにしろよ ほんとに。

あんまり見た事ないですね。
(竹山)あんま見た事なかったです。

いや こんなんは言ってますけど
めちゃくちゃよかった。

(大悟)何か感動というかね。

何か…

(大悟)本音も入れてるし。
正直言って ちょっと…

これ…

おお~っ。

竹山君 ありがとうございました。
いや 感動する。

すごいよ 感動する。
さすが。 ありがとう。

もしかしたら…。

ああ~。
(大悟)聞けないですもんね。

そうだよね。 死んだあとだからね。

千鳥。

どういう?
何をやるんすか?

(大悟)誰? ほんで。

あっ 大悟が言うんだ。 よしよし。
えっ 何?

うわっ タモリさんの。

(笑い)

<高校時代からの大親友 ノブへ

本気の弔辞。>

すごい顔してるな。

早う 読めや。






くくっ。

言わんでええわ そんな話。


恥ずかしいやろ。

(大悟)まあ とにかく…


(笑い)

ダサッ!

最後 ダサッ。

ありがとうございました。

(拍手)

(大悟)ねえ。 よかったですね。

お前 問題は最後の…

って ツッコんだけど。

そうよ。

(大悟)あれは ダサないよ。

大悟が言うとな。
どうでした? 実際 横で聞いて。

いや
最初 てれくさかったし

何か 笑っちゃったり
したんですけど

トータル…

(笑い)

なっ。 ノブさ…

…と思いました。
聞いたら みんな

そっちになるんですね。

そう。 弔辞で
やっぱり…

と思った。
なるほど 確かに。

でも これは
いつか でも本当に…

…ダメなんすね。

…と思った 俺。 2人に関しては。

ほんとよね。

これ やるならね。
ないならね。

(大悟)浮かばんなら。

< そして…>

はい。 加藤一二三。

(華丸)よく 公園で
野将棋してるところに 勝負して

もし 名人を倒したら10万円

ってコーナーがあるんですけど。
へえ~。

一茂さんも やっぱり…

ああ~。

あら!

ねえ 今ちょっと…

そうそう そうそうそう。

じゃあ
番組からの提案なんですけど。

3打席勝負。

で 3打席中
1本でも
ヒットが出たら

一茂さんの
勝ちです。

3の1ね。
はい。

で 1回でも
三振して
しまったら

その場で負け。
あっ 面白そう。

どうでしょう?
いや いいよ。

(笑い)

うるさい!

< という事で…>

<実現!>

どうも~!
「テッパンいただきます!」…

パンサー尾形貴弘です!

お願いします!

これ もう…

僕 いったら。

例えば。 何かね…

これは もう間違いなく。

< すると…>

(尾形)何だよ 何だよ ちょっと。

おはよう。
(尾形)ああ~ 来ましたよ!

ああ~
スターだ! おはようございます!

おはよう。
すごいよ 来てくれました。

そうだね。

何でですか! 何でですか!?
いやもう 俺がこれだから。

いやいや…

ああ そうなの?
ああ~!

やっぱり すごい。

うん。
すごいです。

うわうわ すごいよ これ。
そりゃ そうよ。

<今や
バラエティー番組で引っ張りだこの

人気タレントだが。>

<遡る事…>

<更に…>

(歓声)

<更に 栄光の…>

<今回は そんな一茂と

10万円を懸けて対戦できる

まさに 夢の企画なのだ。>

俺 これ…

何で そこに
10万あげるんですか。

じゃあ…

やりたけいど…

あっ サッカーの方か。
そうなんですよ。

っていうの やってみよっか?

誰が見るんですか そんなの。

< まずは…>

野球やってる子たちがいる
っていうのを見ると…。

(尾形)いいっすよ。

(尾形)ちょっと。

大丈夫ですか?

マジで。

< 一体 彼らは…>

(尾形)ちょっと…

(尾形)ちょっとだけ。
止めてもいいのか? お前。

(尾形)すいません。

あっ そっか。 2チーム…

(尾形)3チームいますよ。
う~ん。

ちょっと 皆さん…。

(拍手と歓声)

(尾形)わあ…

(尾形)オーラある?
オーラある!

(尾形)ええっ!?

(尾形)俺 野球知らないから。

<彼らは
草野球チームが

181チーム集まる

東京スカイツリーグの
選手たち。>

< その…>

(笑い)

(尾形)ピッチャーですよね?
はい。

でも…

いや…。
そうでもない?

40になってからやったの?
40から?

(蓮尾)はい。

40になってから…。

(尾形)ええっ?
へえ~。

(尾形)
海外で? どこでですか?

ええっ!? それは…

はい そうです。

≪ははははっ。

≪ビビってる。
≪ビビってる。

(尾形)じゃあ…

だって…

したいでしょ?

とりあえず 3人で…

じゃんけんで。

大丈夫だよ。

(尾形)大丈夫ですか? ほんとに。

< という事で…>

<甲子園出場歴はないものの

野球歴は40年のベテラン投手

市川さん。>

< そして…>

(場内アナウンス)4番 サード

長嶋一茂。

う~ん。
(場内アナウンス)背番号36。

よっしゃ~っ!

いきましょう。 かましてやれ~!

≫おお~!
(尾形)よっしゃ~! 一茂さん。

(拍手)

よっしゃ!

(実況)
さあ 始まりました。

3打席のうち
ヒット1本打てれば

一茂の勝ち。

チャレンジャーは
一茂を打ち取れば

10万円ゲットです。

(審判)プレイ!

(実況)さあ
どんな球を投げるんでしょうか。

(尾形)ヘイヘイ ヘイへイ
ピッチャー ビビってるよ。

(実況)初球は
82キロの変化球でした。

一茂が経験してきた
プロのボールに比べると

かなり遅いんですが
果たしてどうでしょうか?

(実況)
ああっと 大きく空振り。

(尾形)結構な。
ちょっと大丈夫?

大丈夫だよ。
すごい差ありましたよ 今。

(尾形)こんな ありましたよ。
いい。 出てこなくていいの。

ちょっと 大丈夫…

これ。
大丈夫だよ。

(実況)さあ
1ボール1ストライクから

続いてのボールは どうか?

ああっと 空振り。

(尾形)ちょっと待って。
ええ~っ。

(実況)
一茂 早くも追い込まれました。

(尾形)あっ…

(尾形)ダメだ 無視された。

< あっという間に
追い込まれた 一茂。>

<果たして。>

(実況)追い込まれて
一茂 運命の1球。

(実況)ああっと 空振り三振。

(尾形)ウソだ!

(実況)ああっと 空振り三振。
(尾形)ウソだ!

(実況)一茂 あっさり敗北。

何?

いやいや。

違う 違う こんなんっすよ 今。
完璧に…

振ってたとこと ボールが。

ありましたよ。

(尾形)これ やばいな。

< というものの

バットとボールは…>

< という事で 開始僅か2分で

10万円を取られてしまった。>

えぐいよ これ。

はははは。

変化が わかんない。

まあまあ ちょっと…

(尾形)そんな… だって
10万 懸かってんですから

こんな感じで 三振した人が。

おかしいと思うんです
番組側にね。

(尾形)それは。
いやいや やっぱりね ここはね…

< すると 一茂が…>

<26歳から7年間…>

<リーグ
トップクラスのピッチャー。>

<先ほど 一茂が言ったように

速い球に慣れた元プロが

遅い球を打つのは 実は難しい。>

< そこで…>

(尾形)はい プレイボール!
(審判)プレイ!

(実況)さあ 宮城選手は

どんな球を
投げてくるでしょうか。

≫さあ いこう! さあ いこう!

≫さあ いこう!

(実況)おっと 初球は
スライダーでした。

ボールにはなりましたが
球速は111キロ。

(実況)果たして。

(実況)さあ 続いてのボールは。

(実況)外いっぱい ストライク。

いいとこだ。

ギリギリだよな。

(実況)ボールカウント
1ボール1ストライク。

(実況)またしても空振り!

(実況)またしても空振り!
一茂 バットに当たらない。

1個前
あれ投げられてるからね。

(実況)次も空振りなら
まさかの2連敗ですが

大丈夫でしょうか。

(尾形)やべぇ 追い込まれたよ。
(実況)勝負の1球です。

(尾形)追い込まれてるよ。

(実況)空振り三振~!

(実況)空振り三振~!

放送しない方がいいかもね。
お蔵入り お蔵入り。 もう…

(実況)一茂 まさかの2連敗!

(実況)
宮城選手 余裕のドヤ顔です。

と思ってる 今。
≫はははは!

≫すごい正直。

<合計20万円
あっさり取られてしまった。>

(尾形)俺 身体能力 高いから。

いやいや いやいや。 そこは
一茂さんが やってくださいよ。

いやいや いやいや。

<本当に…>

(実況)あ~っと 尾形
1球目から当ててきました。

(審判)ファウル。
尾形 いい!

当たった 当たった。

(実況)尾形は かなり
バットを短く持っています。

(実況)あ~っと 打ちました。
ショートへのゴロになる。

尾形が走る 走る。

ヘッドスライディングは

セーフだ~!

尾形 見事にヒットです。

(実況)気迫のヘッドスライディングで

尾形が元プロから
ヒットを放ちました。

そうなんですよ。
そうなんだよ。

俺 飛んでないもん。
飛ばしてください ほんとに。

いやいや。

気持ちがいい!

1回もやった事ない…

≪うん そうだ そうだ。

≪そうだ!

(尾形)やばいっすよ。
やばい。

…のVですから。

<完全に追い込まれた 一茂が…>

(尾形)いやいやいや。

< そう。 40歳から野球を始め

リーグの中でいちばん歴が浅そうな

蓮尾さん。>

いきましょう! プレイボール!

(実況)これが泣いても笑っても…

(実況)一茂は
今度こそ勝てるんでしょうか?

ふぅ~っ。


いきましょう! プレイボール!

(実況)これが泣いても笑っても
最終対決です。

一茂は
今度こそ勝てるんでしょうか?

ふぅ~っ。

(実況)打ちました。
ようやく当たったが

内野への ぼてぼてのゴロは

1塁アウト!
(尾形)走りなさいよ!

(尾形)走りなさいよ!

ヘッドスライディング。

(尾形)走ったら!

<今日 初めてバットに当てるも

全く走ろうとしない 一茂。>

えらい人 行かしたな~。

<残すは2打席。>

< どちらかで
ヒットを打てるのか。>

ふぅ~っ。

(実況)一茂 打ちましたが

サード正面のゴロ。
(尾形)走れ 走れ! うわ~っ!

(実況)一茂
やっぱり走らない。

(尾形)まだまだ まだまだ。
でも 当たってるから。

<迎えた…>

<バットには
当たるようになってきた。>

< あとは…>

(審判)プレイ。
<果たして。>

ふぅ~っ。

(実況)打ちました。

(尾形)うわ~っ!

(実況)尾形の応援むなしく

長嶋一茂 無念の3連敗!

だから 2球…

全速力で走ったら。

ははっ。

< という事で…>

いや ただ 俺は…。

(尾形)やってます?
やってる。

これは だから…。
流すの?

こっち側…。

どう考えても あの顔は

「30万なんて どうせ

カンテレが払やぁええんよ」
っていう。

そうね。 お言葉ですけども…

(大悟)あんなに…

(大悟)泥だらけの。
顔にも泥だったもんね 尾形。

< ここで…。>

< あのグルメ王が

今 話題の絶品グルメを
プレゼン!>

♬~

(寺門)どうも~。 ヤー!

ヤー。
寺門ジモンさんで~す。

(寺門)わあ うれしいわ。
長かった 今。

(大悟)何が出てくるのか。
さあ どうなんでしょうか。

ジモンさん お願いします。

(寺門)普通は 人間っていうのはね
生きるために食べてるんですよ。

私はね…

(寺門)そういう ほんとに
美味しいものに出会えるのは

どうやったらいいかっていう話を
今日は します。

おお~。

<芸能界
No.1グルメ王

ジモンが
語る…。>

まず はっきり言います。

ええ~っ!?
(寺門)ちょっと断言します。

食べてるイメージですけどね。
(寺門)芸能人というのは

まあ 皆さんもそうだけど
忙しいんです。

時間 自分のために
使えないんです。

芸能人っていうのは
だから 深夜やっていて

顔がささない個室の店。

これは強い。
これは強い。

でも ほんとに美味しい店を
知ってるかっていうと…

そうか~。

1人で…

ああ~。
誰かに おごってもらってる。

食べ物 わからない それでは。

すごく美味しいかっていうの
初めてわかる事じゃないですか。

俺 だって…。

(一同)ええ~っ。

(寺門)その時
そこにいる おじいさんとかに

なぜ このネタは こうなるの?
っていうような。

聞きながら やるわけですよ。
すごいわ。

結局…

ジモンに…。
そこだ。

出会えます?

< そんなジモンには
最近発見した激ウマグルメが。>

< それが ある…>

いや これ…

(大悟)へえ~っ。

<ジモンが最近発見した
激ウマ牛丼とは!?>

(寺門)最近 西麻布で。
もう 笑っちゃいますけど

西麻布って
お肉激戦区なんです。

お店は入口でわかるんです。
見てください この構え。

ああ~ 「松」。
(寺門)「うし松」さん。

新しく出来ました。
2週間… 前ですね。

あっ そんな最近。

(寺門)3月まで予約いっぱいです。
(大悟)あら 無理か。

(寺門)個室もあります。

あっ これ。 ああ~ きた!

融点が低い。
もう香りが出てます。

融点が低い?

(寺門)この店ね
いろんなもん食べたあと

最後 シメで いろんなもん
食べれるんですけど

僕は牛丼がすごいなと
思ってんですよ。

牛丼って普通サーロインの
スジとかそういうの集めて

最後 出すのに
ここは芯の部分だけを

一切 コリッと
当たるところがない

トロトロな
お肉だけでやってくれる。

(大悟)これ ウマいわ絶対に。

(寺門)この割り下でやってくと
だんだん 枚数がいくと

うまみが落ちていって
後半の方がまたウマくなって。

玉ねぎは別なんです
これ また。

で 黄身が濃い!
最高。

(寺門)お肉の味が濃いと
黄身が濃い。

もう最高ね。
(寺門)黄身が薄いと

肉の味も薄いと
俺 わかっちゃいますから。

お肉や
割り下の味が強いからこそ

強い黄身を合わせる。
(華丸)なるほど なるほど。

(寺門)この牛丼
食べたいと思いませんか?

食べたい!
(大悟)ええっ 食いたい。

(寺門)今日は用意しました!

ありがとうございま~す!
マジっすか!?

お店の人です。
ありがとうございます。

(寺門)どうぞ。
はい お願いします。

ワ~オ ヒャッホッホ~。

う~ん。

いや これ…

(大悟)へえ~っ。

(寺門)この肉なかなかないでしょ。
ない。 食べた事ない。

(寺門)いっこも コリッと当たらない。
どう? どうよ?

笑っちゃってるやん 大悟。
笑ってるやん。

(寺門)何 笑ってんの?
おもろいの?

ウマい。

あれも牛丼や。

美味しいですか?
判定 お願いします。

(ボタンの音声)
「いただきます」「いただきます」。

いただきま~す。
全員 「いただきます」で~す。

ありがとうございます。

続いてのテッパンさん どうぞ。

♬~

(濱家)どうも~
よろしくお願いしま~す。

こりゃ また忙しいのに。

もう M-1でもねぇ。
(大悟)ほぼ優勝のようなね。

(濱家)
いやいや ありがとうございます。。

あんま言わんほうがええ。
謙遜せぇ。

票の数はそうですけども もう…

そうですよね。
(濱家)いやいや。

(大悟)お前は。
じゃあ かまいたち お願いします。

(山内)ええ~ 僕は あの…。

ああ そう。
(山内)なので今日は その中から

金縛りの話を
したいと思うんですけども。

実は…

ええ~。
そうなんだ。

(濱家)申し上げにくいんですが…。

ははははっ!



(山内)
金縛りは なぜ あうかというと

実は…

(山内)そういう
科学的な メカニズムがありまして。

普通の睡眠の時は

深い眠りから入って
浅い眠りに行くんです。

ところが…

(山内)睡眠時レム睡眠といって

浅い眠りから入ってしまう
睡眠によって

引き起こされる
現象なんです。

金縛りが?
(山内)はい。

なので…。

ほうほう ほうほう。

(山内)ふだんの夢と違って…

ほう~。                 へえ~。

(山内)はい。 なので…

はあ~。

(ノブ)

(山内)濱家 大事な…。
さっきから…

(一茂・大悟)あるある。
(山内)あっ あります?

何で おばあちゃんなの?

(山内)これ まあ…

(山内)
だから 金縛りになった瞬間に

あっ 俺 金縛りになってる
って事は お化けが出てくる。

お化けが出てくるって事は
おばあちゃん乗ってくる。

そういうふうに…

なるほど。
(大悟)夢なんやね。

(山内)
理論上 不可能なんですけど…

金縛りに あった時に…。

はあ~。
楽しいもんを見たりするわけ?

と思っとけば
金縛りに あった瞬間…。

何や それ。
(大悟)ガッチン。

チンが チンが見えるって事?

(山内)
チンが見えるとかじゃなくて…

マジで。
(濱家)だから この浅い睡眠と

今まで 培われたイメージが

そうさせてるって事ですね。
そういう事でございます。

それ だから…

テレビで見た話や。

見た はい。

今 昔
テレビで見た話をしてんの?

誰かの助で来てました?

(濱家)
申し上げにくいんですが…。

ははははっ!

(山内)何か
濱家はおびえてますけど…

(大悟)何で堂々としてんねん。


関連記事