偉人たちの健康診断「古墳は健康タイムカプセル」埋葬された骨や副葬品は当時の人々の健康状態を現代に伝える…


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『偉人たちの健康診断「古墳は健康タイムカプセル」埋葬された骨や副葬品』の番組情報(EPGから引用)


偉人たちの健康診断「古墳は健康タイムカプセル」[字]


世界遺産登録でも注目されている日本の古墳。埋葬された骨や副葬品は当時の人々の健康状態を現代に伝える「健康タイムカプセル」でもある。現代科学で古代人を健康診断!


詳細情報

番組内容

奈良・藤ノ木古墳や箸墓古墳、福島の灰塚山古墳などを訪ね、健康面から古代人の実像を探る。DNA解析や骨の状態から古代人の健康状態はどこまでわかるのか?最新の復顔技術でよみがえる古代人の姿とは?さらに、大化の改新のキーマン「藤原鎌足」のものとも伝わるエックス線写真も登場!?偉人たちの健康診断流の知られざる古墳の魅力に迫る。

出演者

【出演】関根勤,カンニング竹山,【司会】渡邊あゆみ



『偉人たちの健康診断「古墳は健康タイムカプセル」埋葬された骨や副葬品』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

偉人たちの健康診断「古墳は健康タイムカプセル」埋葬された骨や
  1. 古墳
  2. 石棺
  3. 部分
  4. 石室
  5. 藤ノ木古墳
  6. 竹山
  7. 平田
  8. 関根
  9. 埋葬者
  10. 男性
  11. 頭蓋骨
  12. 背骨
  13. 位置
  14. 人骨
  15. 鑑定
  16. 場合
  17. 状態
  18. 推定
  19. 窒素
  20. 調査


『偉人たちの健康診断「古墳は健康タイムカプセル」埋葬された骨や副葬品』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


日本各地に存在する
「古墳」。

その数 およそ16万基。

3世紀半ばから
7世紀ごろにかけて

造られたとされる 古代のお墓です。

今回は…。

おっ!
うわっ 何これ?   うおっ!

え~!? すごいな!

古墳に眠っていた…

真ん中のやつ。

発掘された棺に納められていたのは
2人の男性?

残された骨から
どこまで古代人の謎に迫れるのか?

更に 大化の改新の立て役者…

その…

画像診断から浮かび上がった重大な病。

そして…

最新科学で次々と明らかになる
古代人の実像。

「健康タイムカプセル」
古墳の知られざる魅力に迫ります。

♬~

♬~

健康のヒントは 歴史にあり!

「偉人たちの健康診断」。

♬~

今回はテーマが古墳ということですので

奈良県の斑鳩町にあります

藤ノ木古墳に やって参りました。
おお~!

古墳に来たことってあります?
ないです。

ほんとに初めて? 初めてです。
ああ~。

いや 僕もないですけど 公園…

公園が古墳だったみたいなのは
何か 記憶にあったりするけど

でも覚えてないんですよ 俺。

こちらの古墳なんですけど
ちょっと形からすると…。

ここは 丸いですよね。
丸い感じですよね。 はい。

上から見ますとですね
まあ 丸いんですね。

ですから円墳と。
(関根)円墳?

丸い古墳です。

円墳 学生の時やりましたね。

試験 出ますよね。
出ましたか?

前方後円墳と円墳とか 何か…

もうちょっとあったような気もする。
何種類かね。

そう 古墳の形といえば
「前方後円墳」が有名ですが

他にも 角張った形の「前方後方墳」。

八角形の形をした「八角墳」など
さまざまあります。

藤ノ木古墳は 6世紀後半

今から 1, 400年ほど前に
造られたと推定される

直径 およそ50m 高さ9mの円墳です。

1980年代の発掘調査で

未盗掘の状態の石棺が発見され
大きな話題に。

石棺を開けると豪華な副葬品が
次々と出てきました。

今回は 特別に許可を得て

ふだんは入ることができない
藤ノ木古墳の内部に潜入。

棺が納められている石室に入ります。

(関根)よろしくお願いいたします。
よろしくお願いいたします。

♬~

(関根)ほう~!
(竹山)わ~ 暗いな。

(関根)うわ! 岩だよ。
(竹山)ほんとだ。

あっ 岩で まず 石室 造ってから
土を盛ったんだ。

へえ~ 岩なんだ。

あっ…。
あっ 湿気てますね。

何か 水が滴り落ちてます。
(竹山)そう 水がね 滴り落ちますよ これ。

うわっ 何これ?
うおっ!

(関根)え~! ちょっと!
(竹山)うわ~ すごいなあ。

これ 大きい!

まず 目を引くのは
石室を覆う巨大な石の数々。

天井の石の重さは なんと
およそ50トンと推定されています。

すごいですね これ。
岩が…。

これ 平田さん 落ちないですか?
この岩 絶対。

(平田)いや~
皆さん 心配されるんですけど

ガッチシできてますので 落ちないですね。

これ造った… 大変ですね。
(平田)そうですね。

石室内部の高さは およそ4m半。

巨大な石が積み上げられた
横穴式と呼ばれる石室です。

古墳は まず 棺を納める石室と

羨道といわれる道を造り

その上に土を盛って 形づくられています。

そして 棺が納められたあとは

羨道を 石と土で
完全に封鎖してしまいます。

棺がある石室は
密閉状態になることから

湿度が非常に高くなります。

ちょっと 何となく 中が こう あちこち
水のシミがありますよね。

(竹山)あるある あります。 はい。
これは どういう?

(平田)大体ね この藤ノ木古墳の場合

湿度95%から100%ぐらいを
維持してるんです。

これ水は 雨が… 雨が降って
上から染み込んでるやつの水…。

今はですね 落ちてるのは
先ほど申しました

石室内の湿度が…

で これが石室ということなんですね。

そして 石室といえば…。
これ 石ですか?

前にあるのが 石でできた棺
「石棺」ですね。

(関根)ちょっと待って下さいよ これ。

つなぎ目ないから…。
(平田)そうですね。

(関根)大きい岩を彫ったん…。
(竹山)くりぬいてる…。

(平田)そうなんです。
1つの石をですね

丁寧に くりぬいて作るという

ほんとに当時としても限られた方しか
持ち得なかった棺なんですね。

これ 何かの形に見えません?

これ 家ですか?
家… 家…。

(平田)そうですね。 はい ご名答です。

家の形をしてるんで

家形石棺というような名前も
付けられてます。

長さは 最大2m35cmの家形石棺。

注目すべきは
がっしりとした一枚岩のふた。

その重さは およそ1.5トンもあります。

一度閉めたら 二度と
開けられないようになっているのです。

これは ここまで こう
今 道がありますけども

誰か開けたことはあるんですか?

実はですね この1, 400年間 この石棺は

調査されるまでは
開けたことはなかったんです。

今も開けたこととかないんですね?
いや 1988年に

石棺のふたを開ける
開棺調査というのをして

それで副葬品が たくさん出ております。
あっ そうなんですか。

1988年に行われた 開棺調査の映像です。

人力では容易に持ち上げることができない
石棺のふたは

クレーンで開けられました。

そして 開棺後に行われたのが水抜き作業。

石室は 1, 400年間
高い湿度の状態だったため

棺の底には
10cmも水がたまっていたのです。

水を取り除くと…

埋葬者の骨と
大量の副葬品が現れました。

石棺に納められている骨を調べれば

1, 400年前に生きた
埋葬者の健康について

さまざまなことが分かります。

更に 石室に飾られていた
さまざまな副葬品も

健康をひもとく
大きな手がかりになるといいます。

これが まあ 石棺があるということ

それから 石棺だけじゃなくて
この周辺にも いろいろと

この埋葬者の健康状態とか
分かるものがあったんですよね。
はい。

石棺の中の副葬品とは 別にですね

石室の中にも
いろんな副葬品があります。

そのうちの一つが
土器がまとめてあったんですね。

で 土器なんですけども
このような形で…。

(関根)あ~ ありました。 あっ あ…。
(竹山)ここですか?

それが ちょうど 今 竹山さんの…。

いいの? 立ってて大丈夫ですか?

(平田)もともとは こちらの広い空間で

まあ 今でいう
お葬式のような時に使った食器を

そのまま こちらの方へ
寄せてたという状況で見つかりました。

で 特に そのお葬式をしてましたので

恐らく そこには
水もあれば お酒もあって

そういった こう
当時の埋葬された方に対してのですね

あの世に行く時のあれとしては
まあ 例えば

お米であるとか そういった
もしかしたら そういう魚とかね

そういったものも
あったかもしれませんね。

埋葬者の健康を知るうえで
重要な手がかりになるのが食べ物ですが

残念ながら 藤ノ木古墳の…

しかし 副葬品の中には 健康状態を
読み取るヒントになるものがありました。

それが 石棺の上に飾られていた馬具です。

豪華絢爛な金銅製の馬具からは

埋葬者の社会的地位の高さが
うかがえますが

こうした装飾品以外にも 石室からは

実用品の馬具も発掘されています。

中には 実際に使用された形跡が
見られるものもあり

埋葬者が 日常的に
乗馬を行っていた可能性が考えられます。

藤ノ木古墳に眠っていたのは
社会的地位が高い お金持ちで

野山を馬で駆け巡る 元気いっぱいの
スポーツマンだったかもしれない!

そんな想像まで膨らみます。

石棺は ある意味
違う意味で よく言われてんのが

タイムカプセルというような
言われ方します。

藤ノ木古墳の場合は 幸運なことに

1, 400年 全く泥棒が入られることない
未盗掘の状態でしたので

当時のままか
そのまま現代まで その情報を

伝えてくれてるということになりますので
大変貴重です。

でも これが
時代のタイムカプセルだと思うと

もう この中に何があったんだろう…。
いや 知りたいっすね。       ねえ。

…ということで 藤ノ木古墳に隣接された
斑鳩町文化財活用センターに。

こちらには
石棺が初めて開けられた時の状態を

忠実に再現したレプリカが
展示されています。

あっ いろいろ入ってんなあ。
刀だったり

笛みたいな… ねえ 何か。
(竹山)そうですね。

(関根)刀ですよね? あれね。
(平田)そうですね。

(竹山)長い刀だなあ。
あちらに ちょっと回って頂くと

あれ? っていうものが
見えると思うんですけれども。

何か靴? 随分 おっきい足ですね。
(平田)そうですね。

ジャイアント馬場よりも
大きいと思います。

全然おっきいですよ これ。

埋葬者の足元に置かれていた金属製の靴。

棺に納める装飾品として
作られたものですが

埋葬者の足の大きさに合わせて
作られたとすれば

かなり大きな足の人ですよね。

そして…

こちらも随分大きなものですが
大柄な人物だったのでしょうか?

(竹山)これ骨ですか? 真ん中のやつ。
(平田)そうですね。

こちらの方に見えてるのが骨です。

これ 人骨ですか?
(平田)人骨になりますね。

…ということは こっち側が足で
こっち側が頭だった。
(平田)そうですね。

(竹山)あれ 背骨だ。
(関根)背骨ですね これ。

副葬品と骨が混在しているように見える
石棺の中。

そこから 骨の部分だけを起こした
イラストが こちらです。

実際に 骨から何が
どこまで分かるのでしょうか?

法医学による事件捜査から古代人まで

さまざまな骨の鑑定を行っている
専門家に聞いてみました。

まずは…

古人骨から身長推定するのは

推定身長式というのが
いくつか考案されてます。

それらの多くは 長い骨
上腕骨だとか 尺骨だとか 橈骨

大腿骨 脛骨の部分から測ります。

その骨の最大長から
推定身長式というのに当てはめて

身長を計算で出します。

推定身長式は 手や足の骨の長さから

身長を推定する計算式です。

例えば こちらの骨は
肩から肘をつなぐ上腕骨。

成人男性の場合 推定身長式は

上腕骨の長さ×2.79+73cm。

この場合 身長158.3cmと計算されます。

藤ノ木古墳の調査では

残っていた
手足の長い骨を

推定身長式に
当てはめた結果

身長は 164cm
と推定されました。

続いて…

なんと頭蓋骨を見ると
死んだ年齢が推測できるといいます。

こちらの頭蓋骨。

片方が 50代で
もう片方が 20代なのですが

違いは 一目瞭然です。

20代の頭蓋骨には
T字のような継ぎ目があります。

20歳位の かなり若い個体ですけども

上から見たら このように
縫合線という縫合の線が見えます。

頭の骨のところに
こういうふうに見える線が

だんだんだんだん年を重ねていくにつれて
消えていくということで

それらも このところでは ほとんど
消えてしまってるというようなところで

観察できる縫合が ほとんど
消えてるというような状況から

この個体は この基準からいうと かなり
お年をいった方だと判断しました。

実は 頭蓋骨は
4つの部分に分かれています。

これは 出産の際に頭蓋骨が重なって
産道を通りやすくするためとされ

生まれたあとは脳を守るため
分かれている部分が結合。

その部分が縫合線となります。

そして…

藤ノ木古墳の場合
頭蓋骨が粉々になっていたため

別の骨を鑑定して
死亡年齢を推定しました。

骨盤の断片です。

骨盤前面の恥骨結合部といわれる部分で

鑑定を行ったのです。

今2つ 骨盤を持ってきましたけども

両方とも溝が
かなり はっきり見えるものです。

(奈良)こういうふうに段階的に
恥骨結合面は 年齢によって変化すると。

この溝は 骨盤と恥骨をつなぐ

軟骨に接触している部分に現れます。

長年 接触を続ける中で

次第に 溝がすり減り
無くなってゆくのです。

この恥骨結合部の溝の状態から

藤ノ木古墳の埋葬者の死亡年齢は
17から25歳の間と推定されました。

そして…

最も男女の差が表れやすい
骨盤で鑑定します。

女性は 出産で骨の形を変形させるため

男性と比べると関節の形に
大きな違いが現れます。

関節が鋭角な形の男性に比べ

出産後の女性は骨盤が広がり
角度が緩やかな形になっています。

藤ノ木古墳の場合

この角度が鋭角だったことから
男性と推定。

…ということで

骨から判明した
藤ノ木古墳の埋葬者は

身長164cm

死亡推定年齢
17から25歳の男性。

更に 血液型が
B型であることも分かりました。

1980年代に行われた
藤ノ木古墳の発掘調査。

その過程で 興味深い事実が
明らかになっています。

実は この石棺に納められた骨

なんと2人分だということが
判明したのです。

今まで見ていた埋葬者の骨。

この右下の部分の骨は 全く別人のもの。

つまり 1つの石棺に

2人が納められていたのです。

1人は 背骨あって
1人 背骨ないっていうのも

なんなんですかね? これってね。

1, 400年たつと
何か起こってしまうんですか?

この密封されたような状況で。

あのね 実は ここの上に
水が たまったりしてたんですよね。

で 水の中で骨がいますと
どうしてもカルシウムですので

ちょっと溶けてる方向性は
あるんですよね。

で まあ 金属の多いところは そういった
溶け出してるものが濃厚ですので

ちょっと もしかしたら
その骨の溶け具合が

抑制されたんではないかという考えも
実は ございますね。

で こう見ると これは…。
両方とも男性ですか?

性別的には どうなんですか?
はい。

ここで復元されてるように
人骨の鑑定の中では

こちらも男性 こちらも男性という形で
男性男性の合葬だと考えられてます。

若いってことは 王がいて
王子だったって… 可能性ですよね。

ええ そういう説もございます。

実は 古墳時代
1つのお棺に同性のものを

葬らないというのがあったんではないかと
考えられる説がありましてね。

これ発掘調査をして 2体 埋葬あって

しかも そのあとの調査で
男性男性ということで

かなり考古学者の間では すごく こう
衝撃的な内容だったんですね。

でも 男性男性の場合だと
ちょっとある意味 屈辱じゃないですか。

だから そんな屈辱なのに

あんな立派な古墳を造るのかなあと
思いますよね。
(平田)そうですね。

この方たちは 悔しい思いをして

ここで ず~っと眠った可能性も
あるんじゃないですか。

今 現代のこの時を
待ってたかもしれないんですよね。

それを考えると
やっと俺たちの健康診断というか

やっと俺たちの歴史を お前ら
分かってくれるかっていうような…。

真実をね。
はい。 だから もう…

だから もう ギリギリ執念で残したみたいな
こともあるかもしれないんで

もっともっと 分かりたいですよね。
誰なのか 何で亡くなったんだ…。

なぜ2人
しかも男性だとかっていうことを。

昔より やっぱ
近づいてるじゃないですか 技術も。

もっと分かりたいですよね。

やっぱり こう 日進月歩で

すごい こう 調査の方法いうのは
進んでるんですね。

ですから この調査を
骨の鑑定をしたのが

まあ 20年ほど前にはなりますので

現代の世の中の調査方法でいくと
また今後 開発された中で

また藤ノ木古墳のね この人骨から
何かが分かるいうことが

期待されるようなことがあるかと
思うんですね。

まあ その辺をね
期待したいなと思ってますね。

♬~

宇内青津古墳群の最北に位置する

全長60mの前方後円墳…

ここは 最新科学による
骨の調査が進められている…

発掘調査で驚きの発見がありました。

≪開いた 開いた 開いたよ みんな。

≪わっ すご~い!

古墳時代の
全身人骨が

東北地方の
大型古墳で

初めて
発掘されたのです。

石棺は 未盗掘。

しかも 鑑定で重要となる頭蓋骨などが
非常に良い状態で残っていました。

これだけ保存状態が良い

古墳時代の全身人骨が見つかるのは
極めて まれなこと。

これを受け 最新科学を駆使した
あるプロジェクトが始動します。

全身骨格を最新の科学技術で分析し

この人物の在りし日の姿 形を
リアルなCGで再現しようというのです。

骨研究のスペシャリスト 奈良貴史さんを中心に

各分野の専門家が 力を結集しました。

まずは…

更に ここからリアルなCGとして
よみがえらせるために重要なのが

残された骨から いかにして
生前の表情に迫るかということです。

今回 灰塚山古墳の人骨
特に 頭の骨の残りが良くて

その人が…

…だというふうに言っても
過言ではないかと思います。

頭蓋骨から おおまかな顔の形は
想像できるものの

細かい顔つきまで
分かるものなのでしょうか?

日本人の顔のタイプは

主に 縄文系といわれる
二重で彫りの深い顔だちと

弥生系といわれる
現代人に近い

彫りの浅い顔だちの
2つのタイプに

分かれるといわれています。

灰塚山古墳人は どちらのタイプなのか?

それを知るための情報が…

灰塚山の人骨から採取したDNAからは

核ゲノムという遺伝情報を
90%以上も取得することに成功しました。

これまで 古墳時代の骨からの取得は
困難とされてきた情報です。

で このゲノムのデータ…
ゲノムというのは

核ゲノムのデータという
意味になるんですが…

まっ もちろんあるんですけれども
しっかり まあ 解析が終了していて

かなり 要するに
データとして まとまっている

そして 多くの情報を得ている。 だから…

100%取得しているっていう人は
いないので

この9割超えというのは
かなり すごいということになります。

ですから…

DNA解析の結果をまとめた解析図です。

左上の青い部分が縄文人

オレンジ色の部分が
中国大陸の人になります。

この縄文人と
中国大陸を
両端として

青い部分に
寄れば寄るほど

縄文人に
遺伝情報が近く

オレンジ色の部分に
寄れば寄るほど

中国大陸の人に
遺伝情報が近い
ということになります。

ちなみに現代日本人は
この緑色の位置になります。

現代本州の方
西北九州弥生人というのを見て頂くと

この東アジアの大陸部の集団と

縄文時代の方の
ちょうど真ん中ぐらいに

全体が位置してるんだ
ということを見て頂くと

お分かり頂けると思うんです。

…みたいなイメージを持って頂くと
分かりやすいんじゃないかと思います。

現代日本人は
もともと日本列島にいた縄文人が

中国大陸や朝鮮半島から渡来した人々と

交わることによって生まれた
人類集団です。

つまり もともとの青い部分から

徐々に オレンジ色の方に
引っ張られていった結果が

現代日本人だと考えられます。

では 灰塚山古墳人は
どこに位置しているのか?

DNA解析の結果がこちら。

なんと現代日本人と ほぼ同じ場所。

その中でも
より縄文人に近い位置にあります。

つまり 灰塚山古墳人の顔つきは

かなり濃いめの
ソース顔の現代日本人に

近いものである可能性が
考えられます。

そう言われてみると こんな感じの人
自分の周りにも いるような気が…。

続いては
事件捜査でも使われる顔の復元

復顔術で頭蓋骨に表情をつけます。

まずは 頭蓋骨を医療用のCTで撮影し

欠けているところを補いながら
完全な状態に復元。

そして 現代人の顔データを元に

筋肉や眼球 鼻の骨など

軟骨部分を肉づけしていきます。

なかでも 特に
再現が難しいとされるのが…

あごの筋肉は 生活習慣などで
個人差が大きく表れるからです。

まず一番 関係してくるのは
食べたものでしょうね。

食べていたものが 何かが分かることが
復顔の上で 大きな情報源になります。

灰塚山古墳の人物が
日常的に食べていたもの。

それは 実は
「歯」から推測できるといいます。

歯の症状の中に
エナメル質減形成といって

私たちの この白い部分

歯の表面を エナメル質という部分が

ボコボコと溝を作るような症状が
起こることがあるんですね。

それは 何がきっかけかというと
幼い頃とか…

で 私 昔の人の歯の…
大体 見てるんですけれども

ほとんどのケースが
歯がボコボコするような症状が

必ず 起こっているんですけれども

彼の場合は 全く それが
認められないっていうのが

非常に びっくりしました。

…というのが 歯を見ていると分かります。

幼少期から 栄養価の高い食べ物を
とって育ったと考えられる灰塚山古墳人。

その「栄養価の高い食べ物」とは
一体 どんなものなんでしょう?

実は 最新の研究では骨を調べることで

何を食べていたかまでもが
分かってしまうんです。

よろしくお願いします。

最新の科学機器で
骨から抽出したのはコラーゲン。

人体を構成する
重要な成分 たんぱく質の一種です。

肉 魚 大豆など…

骨は 化石になっていくプロセスで
成分が どんどん変わってしまいますが

その骨に残っている たんぱく質は

人が生きている時に
作られたものですので…

骨から抽出した たんぱく質を分析し

そこに含まれる 炭素13と窒素15という
物質の比率を調べます。

実は 食べた食材によって
作られる たんぱく質の

炭素13 窒素15の比率が
変わってくるのです。

例えば アワやキビなどの
雑穀類を食べることで

形成されるたんぱく質は
この位置。

オットセイなどの
海洋哺乳類は ここ。

鹿などの草食動物は
この位置です。

灰塚山古墳人の
たんぱく質の調査結果は

この位置になりました。

今回 得られた
灰塚山の人骨のたんぱく質では

炭素の13は かなり低い

13の割合が…
炭素の13の割合が

低いということが
分かったので

雑穀類
アワ ヒエ キビなどを

たくさん食べている
ということはない。

もう一つ
縦軸に示してるのが

窒素の同位体比

灰塚山の人骨は
窒素15の割合が

とても高いっていうのが
特徴として分かりました。

窒素の15が たくさん含まれる
食べ物としては

海の魚が
代表的なものなんですが

海の魚には 炭素の13も多いという
特徴があるので

海の魚を
たくさん食べているのであれば

炭素の13の割合が
もっと高くなるはずですが

灰塚山の人骨では 炭素の13は
あんまり多く含まれていないけれども

窒素の15は
非常に多く含まれるという

まっ 少し変わった特徴が
確認されています。

もしかすると 淡水の湖や
川に すんでいる魚

その中でも 窒素の15は
食物連鎖で濃縮するので

肉食の なまずとか
そのような淡水魚。

ああいったものを
たくさん食べていると

窒素の15は 高くなる可能性が
あるかなというふうに考えます。

灰塚山古墳の人物が
食べていたと考えられる食材は…

こいや ふななどの川魚に比べ

高たんぱく・低コレステロールで
栄養価が高い食材です。

なまずのような高たんぱくな食材を
日常的に食べていたことは

あごの筋肉を復元するうえで
大きな手がかりになるといいます。

魚や肉といった…

一方 米だけ食べて
悪いというわけではありませんが

その たんぱく質の摂取量が少ないと

それなりの筋肉のつけ方になってくる
可能性はあります。

川魚は たんぱく質ですから

それを 十分な量を食べていた
ということが裏付けられると

筋肉の発達
それから もちろん 歯のでき方も

それほど悪くはないのではないかという
推測がつけられます。

こちらが出来上がった 復顔模型。

あごには
高たんぱくな なまずによって養われた

しっかりとした筋肉が ついています。

さまざまな調査で明らかになった
灰塚山古墳人の実像。

こうして復元された その姿は…。

身長158cm 50代の男性。

現代人にもいそうな
この顔だちの復元には

最新科学で得られた
骨からの さまざまな情報が

詰め込まれているのです。

多分 今 現代でいうと…

一般の人と違う食べ物を
食べているかもしれない。

それから 生活も違うかもしれない。

で 歯もすり減っていないというような
具体的なことがね

あの 1つの分析じゃなくて

その分析を
いくつか こう つなぎ合わせていくと

具体的な人の姿が見えてくる。

まあ そういうところが
やっぱり一番 面白かったですね。

灰塚山の古代人も まさか1, 500年後に

自分の大好物が
なまずだったと知られるとは

思ってもいなかったでしょうね。

奈良県桜井市にあります
箸墓古墳に来ております。

これ ご覧頂いて 一番長い所で
端から端まで 280mある

大型のですね 前方後円墳です。

なんかね 覚えやすい名前なんですよね。
そうですね。

まあ 上から見ると こんな感じ。
あ~ すごいですね。

(関根)森って感じですね。

ということで早速 箸墓古墳の入り口へ。

池沿いの道から 古墳を伝っていきます。

時々ね 鳥の声なんかも聞こえるので
中に すんでますよね きっと。

小動物は すんでいる。
あと 昆虫はいますよね。

いますよね。
まさに 自然の宝庫かもしれませんが

さあ 少しちょっと入り口らしきものが
見えてまいりました。 ああ 本当だ。

あちら 正面に回ってみましょう。
はい。

そして 入り口に到着。
まず 目についたのは…。

あっ ここが入り口?
あの… そうなんです。

神社みたいって 今言われましたね。
ということは 何に気付かれたという?

はい 鳥居があるんです。

なぜ 鳥居があるのかなんですけれども

これはですね
皇族の方をおまつりしている

陵墓と言われる古墳 お墓なんですね。
あ~ そうなんですか。

正式には
大市墓と呼ばれる この陵墓。

宮内庁が管理し 発掘調査などが
厳しく制限されています。

もちろん 中に立ち入ることはできません。

でも 何となく気になりますでしょう?
これ どういう人なのか。 (竹山)気になる。

どんなふうになってるのか。
はい。

入れませんもんね。
そうなんですよね。    入れない。 うん。

はい。 で まあ
入れないんですけれども

実はですね 新しい方法で
最新の科学を使えば

発掘をしなくても
中の様子が分かるんですって。

え!? そうなんですか?
で それがですね

皆さん 今歩いてきて頂いた途中途中に
その最新機器があります。

気が付きました?
いや 気が付かなかった。

え~ ありました? そんな。
何か機械ですよね。
はい。

ということで 探しにいくと…。

これですか? この赤いのかなあ。
あっ これは ちょっと違いますね。

よく何か 途中 測量に使えそうな。
測量のやつですもんね これ。

あの銀の箱は 違いますよね?
ほほう。

(関根)計測中。 (竹山)えっ これ?
これですか?

そうなんです。

今まで歩いて来た所を
もう一度見てみると。 実は…。

ここにも。

ここにも その最新機器があったんです。

あそこにもある。
あっ あったあったあった あった。

あっ こっちもある。
もう めちゃくちゃある。

(関根)これで 何で分かるんですか?
何が分かるんですか?

外から見ると よく分からないですね。

調査機器が ここに置いてあるのかなあ
という感じなんですけれども

実は これ…

こちらの調査機器で行われているのは
ミューオン調査と呼ばれるもの。

最新機器では ミューオンが
古墳の内部を通り抜ける様子を

X線写真のような透視画像で
捉えることができます。

古墳内部に空間があれば 他よりも多く

ミューオンが計測される仕組みです。

つまり発掘しなくても古墳のどの位置に

石室などの空間があるかを

調べることが できるのです。

え~! なに そのシステム。

ね。 これで この辺に石室あるかなとか
分かるんじゃないでしょうか。

ふ~ん。 じゃあ もう石室
分かってるんですね 多分。

まあ今 2018年から ずっと2年間
測り続けておりまして

で 近々 何らかの結果の発表が
あるのではないかということ。

あっ そうですか。

いかがでしょうか? こういう形で こう
最新の科学っていうものが生きてくる。

じゃあ いずれ
いろいろ分かってくるんですね。

それをデータにして CG化して
中を巡るっていうのが

NHK特集であるわけですね。
あるんじゃないですか。

そこで見ないと。

♬~

ここに X線写真があります。

実は 写っている骨の主

今から1, 400年前の ある歴史上の
有名人ではないかと言われているのです。

それは…。

鎌足といえば 645年
中大兄皇子と共に

時の権力者 蘇我入鹿を殺害し

皇子と共に
大化の改新と呼ばれる
改革を行った人物。

平安時代に栄華を極めた
藤原氏の祖として知られています。

それにしても 一体なぜ

藤原鎌足のX線写真なんて言われる代物が
あるのでしょうか?

大阪の市街地を一望できる
小高い山の中腹にある…

昭和9年 ここで掘削を行ったことが
きっかけで 棺が発見されました。

この棺は
7世紀ごろの古墳でみられるもの。

麻布を漆で塗り固めた
非常に高価な棺でした。

非常に高級な棺でして

全体が 完全な形で残っていたのは
この全国で 阿武山古墳しかないんですね。

古墳の主は
7世紀ごろに活躍した皇族か

あるいは 皇族と大きな関わりがある
高貴な人物。

その中でも 藤原鎌足は

阿武山がある 大阪北部地域に
最も ゆかりがある人物だったのです。

この地域は 古代
三島と呼ばれたんですけれども

藤原鎌足は 大化の改新の前の
乙巳の変の直前にですね

この古代三島に 一時期
隠遁してるというのが

「日本書紀」に
書かれているんです。

それ以外にも 鎌足の
創建と伝えるお寺が

周辺にあったりと

非常に関わりの深い
地域であるんですね。

この阿武山古墳が発見される以前から
鎌足のお墓だっていう説が

この周辺の古墳において
言われていました。

「世紀の発見か!?」。

発掘当初から
世間は沸き立ち

連日 200人もの
研究者たちが

この地を
訪れるようになります。

ところが…

本格的な発掘が始まって 僅か4か月。

突如 調査は中止となります。

「皇族の墓であれば
冒とくのおそれがある」。

宮内庁 立ち会いの下で
慰霊祭が行われ

棺は 元の墓室へと
納められてしまったのです。

実は この時
ひそかに X線写真が撮られていました。

棺を埋め戻す前 発掘にあたっていた
京都帝国大学の志田教授が

X線撮影装置を
持ち込んでいたのです。

それが 1980年代になって見つかりました。

現在の考古学的な価値で
考えてもですね

非常に史料的な価値の高いものだと
思うんですが

現在 ああした形で
元どおり 埋め戻されている中で

阿武山古墳 どういったものであったか
というのを調べるためには

このX線写真
あるいは 実態写真っていうのが

大きなカギとなると思うんです。

この…

骨研究のスペシャリスト 奈良貴史さんに
写真の鑑定を依頼しました。

その結果が こちら。

…と 推定しました。

なかでも 奈良さんが
特徴的だと指摘するのが

大骨を写した この写真。

一点 大骨の後面に
粗線という線が

はっきりと
見えるんですね。

で この…

運動しないと
これは 写真では

こんなに はっきり
出てこないかと思うんです。

で その点からしてみると
全く運動しなかったというよりかは…

…というふうに
この大骨の部分からは うかがえます。

更に X線写真の主を特定する手がかりに
なるものが 写り込んでいました。

それが 腰椎。
背骨にあたる部分のX線写真です。

腰椎というのは
5つあるんですけども

1 2 3 4 5と 最初の腰椎の所が…

人間の腰の骨 背骨の支柱になっている
腰椎。

よく見ると 5つある腰椎のうち

一番上の一つだけが
変形してしまっています。

何か やっぱり…

(奈良)高い所から飛び降りて
上下に すごい力がかかったとか

交通事故で 背骨が強く圧迫されたとか

強い力が急にかかって 起こったと。

この背骨の状態から考えられるのは…

下半身の運動機能と知覚が
完全に麻痺してしまっていたと

想像されます。

何らかの事故など 不測の事態で
重篤な脊髄障害を負ったと考えられる

阿武山古墳の主。

実は 「日本書紀」には
興味深い記述があります。

藤原鎌足が亡くなった
原因について

このように
記されているのです。

落雷を意味する
言葉です。

(落雷の音)

鎌足は669年の秋 館が突然
落雷に襲われたあと 病に伏し

その冬に 急死してしまいます。

落雷で崩れた家の下敷きになるなどの
事故で

けがを負った可能性が 考えられるのです。

鎌足の死因は 骨から見られる所見と
奇妙に一致しているようにも思われます。

私は あの…

鎌足を全く違うよと いうようなことは
ないんじゃないかなと。

ただ…

…というところだと思います。

再び 阿武山古墳で発掘調査が行われ

古墳の主が 鎌足かどうか
明らかになる日は来るのでしょうか。

あるいは 明らかにならないことこそが

古代のロマンを
かきたてるのかもしれません。

今日は 古墳を健康診断してまいりました。
いかがでしたでしょうか?

なんかロマンが広がりますよね。

で もうすごい その時間をかけて
埋葬されたっていうね

何か昔は本当に こう
死者に対しての いたわりみたいなのは

すごい感じますね。
何か古墳って 今まで本当に

町にある公園の1つぐらいにしか
思ってなかったんですけど

今日 ちょっと中 こうだったとか見ると

そこの 生きてた人の歴史が
ガンと入ってきちゃって

ちょっと こう 複雑な気持ちですよね。

これから僕も どんな病気になるか
分かりませんけれども

やっぱり 骨を丈夫に保つということは
意識的には できるわけじゃないですか。

そうだね。
食べ物とか運動とか そういうので。

何百年 何千年たって もし…
もし 同じような立場になった時に

背骨が 今日ちょこっと
残ってたじゃないですか。

せめて背骨ぐらいは 僕も残れるような
丈夫な体をね

今 生きてる間に
作ることは 可能ですから。
そうですね。

あの 骨のあるやつだったとかって
後世の人にね 記憶されるような。

(2人)そうですね。
はい。


関連記事