激レアさんを連れてきた。 親の勧めで35回連続お坊さんとお見合い・「美味しんぼ」を読んでいたらラーメンの大会で…


出典:『激レアさんを連れてきた。 親の勧めで35回連続お坊さんとお見合い』の番組情報(EPGから引用)


激レアさんを連れてきた。[字]


今回の激レアさんは『親の勧めで35回連続お坊さんとお見合いしたけど、ぜんぶ断り続けた人』


◇番組内容

本日の激レアさんは…


★激レアさん1★

親の勧めで35回連続お坊さんとお見合いしたけど、ぜんぶ断り続けた人


★激レアさん2★

『美味しんぼ』を読んでいたら、日本最大級のラーメンの大会で、プロの職人を差し置いて優勝しちゃったサラリーマン

◇出演者

【研究員】若林正恭(オードリー)

【研究助手】弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

【客員研究員】

今田美桜、カズレーザー(メイプル超合金)

窪田正孝、高橋真麻

※各回50音順

◇おしらせ

☆番組HP

 https://www.tv-asahi.co.jp/geki_rare/


『激レアさんを連れてきた。 親の勧めで35回連続お坊さんとお見合い』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

激レアさんを連れてきた。 親の勧めで35回連続お坊さんとお見合い
  1. カンダ
  2. サタケ
  3. ラーメン
  4. 本当
  5. 高橋
  6. カズレーザー
  7. 一同
  8. 美味
  9. 相手
  10. プロ
  11. 窪田
  12. お寺
  13. 激レア
  14. 普通
  15. イヤ
  16. お願い
  17. お見合い
  18. ラーメン作
  19. タバコ
  20. 完成


『激レアさんを連れてきた。 親の勧めで35回連続お坊さんとお見合い』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


それでは 本日の激レアさんは
こちらの方です。

最初の激レアさんは

サタケさんです。
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
さあ 皆さん

どんな激レアさんだと
思いますか?

(カズレーザー)ああー!

字 キレイそうですもんね。
(今田)すごいキレイそうなんで…。

すげえ!
今日の激レアさんは…。

(カズレーザー)ああ…。
(スタッフの笑い)

確かに そうですね。

ちなみにですね
この35人のお坊さんが

とんでもない御曹司ばかり
だったそうなんですね。

お手伝いさんが めっちゃいる
お寺のお坊さん。

家の塀の終わりが見えない
大豪邸に住んでいる お坊さん。

(若林)へえー。
支配人が?

めちゃくちゃ
煩悩だらけなんですね。

まず まあ
皆さんが気になるのは

…という事だと思うんですが
ちゃんと 理由がありました。

実は サタケさんのご実家が…。

へえー!

(サタケさん)お寺自体は
小さいお寺なんですけれども

ご本尊って… まんまんちゃん
っていうか 仏様が…。

これが…。

…の阿弥陀様なんです。

すごいですね あの快慶ですよ。

あの 金剛力士像を彫った
運慶 快慶の?

(サタケさん)そうです そうです。
(カズレーザー)すげえ!

「ウチの子」。
ご本尊ね。

ちょっと年上です はい。

それで あの…
お寺に生まれたという事で

ご両親が お寺と…

結婚するのがいいんじゃないか
という事で

お見合いだったんですよね。
そうか そうか。

特に まあ 親戚が
実は 全部 お寺なんですよね。

なので こう… 本当に ただ単に
知らん人と結婚するよりも

知ってる業界の方が
親も安心するし

わかってるだろうという事で

けれどもですね
当の本人のサタケさんは

こんな事を
常々 思っていたそうなんです。

ああ…。

(サタケさん)はい。 長男なので

お寺は 大体ね
男の方が継がれる事が多いので

今回のお話は お寺と関係なく

自由に生きたいサタケさんと

愛情ゆえに 絶対に お坊さんと

結婚させたいお母さんの

意地の張り合い対決!

お母さんが送り込む
お見合い相手は

とんでもない
お金持ちばかり!

対する
サタケさん

あの手この手の
奇抜な作戦で

断り続ける!

そして

まさかの
人生 大どんでん返しとは?

さあ まず…。

ええー! 早い!

早い!
これには理由があったんですよね。

私 すごく大きいんですね。

173センチなんですよ 身長が。
もとから大きくて。

身内って 本当に
言葉を選ばないっていうか

うちの母がね 「あなたは
可愛くもないし 賢くもない」。

「おまけに でかい」。

「あなたにある 唯一の取りえは
若さなんですよ」。

(サタケさん)…っていう事で。
(カズレーザー)若いうちに。

めちゃめちゃ言ってきますね。
(サタケさん)今やったら まあ

親の愛やったのかな
っていう気はしますけれど。

娘さんのために。

で この記念すべき初戦

お母様が用意したのは
こんな方でした。

本当に もったいないような

本当に 大きなお寺さんの
こう なんか…。

ええー!
麻呂っぽい名前?

そんな お相手を前に
サタケさんが

何をしたのかといいますと…。

あら!
(サタケさん)ホテルに着きまして

回転ドアがあって 入って
いよいよっていう時になった時に

いや やっぱりイヤや!
うち どうしよう?

やっぱりイヤや… どうしよう?
と思って 親に言ったんですよ。

そのお手洗いが
地下にあったんで

そのままエスカレーター降りて
地下行って まあ あとは…。

でも 逃げながら どうしよう? と
思ったんですよね。

そうですよね。
家 帰っても 親 帰ってくるし

このまま一生 逃げ続けるわけにも
いかへんし

どうしよう? と思って ホテルの
1階にあるコーヒーハウスで

とりあえず コーヒー
飲んでたんですね。 そしたら

まあ
ズルズルって連れていかれて…。

(サタケさん)相手の方が
待ってくださってたんですよ。

お仲人さんも… はい。

結局 する事になったんだ。
結局 会いました。

そのあとは どうなったんですか?
こちらの方とは。

ああ…。

でも まだ1回目という事で
お母さんの心境としては…。

けれども…。

数カ月後に決まった…。

あら!
そして…。

もうね サタケさんが
次々に断るので

という事で…。

えっ? 更に?
更に。

アップさせた
方々が

こういったメンバー
だったんですね。

なるほど。
まず この1人目。

お手伝いさんが めっちゃいる
お寺のお坊さんっていうのは

どんな方
だったんですか?

お寺さんに行かせていただいて…
お宅拝見みたいな感じですよね。

向こうのご両親ともお会いして

お茶をいただくわけです
応接間で。

そしたら なんか ちょっと こう
わからない女の人が来るんですね。

お母様でもないし お姉様にしては
ちょっと年が上だな

っていう方がいらっしゃって
銀の こんな大きなトレーに

ケーキが
いっぱい のってるんですね。

「お取りください」って
来はるんですよ。

えっ! 取るんかな? って思って
取って。

この人は 一体 誰なんだろう?

要はヘッドの人だけ
いらっしゃった。

本当は もっといっぱい
いらっしゃったんですけど

私がビビったらいけないって事で
皆さんを隠してらっしゃって…。

ドラマみたいな…。

2人目。

家の塀の
終わりが見えない

大豪邸に住む
お坊さん。

あるんだ。
これは?

本当に 塀が
ずーっと向こうまで…。

本当に こう
通りの向こうまで続いてて

角が見えないみたいな。
(カズレーザー)ええー!

それ 今も もちろん あるお寺?
(サタケさん)多分 あると思います。

映せないだろ それを。
見たい 見たい。

どんな でかいのかなっていう。
見たいけどね。

他にもですね
レストランの支配人が

すっ飛んでくるお坊さん。
これ どういった方ですか?

レストランで お食事する
ってなった時に

支配人の方が
すっ飛んできてくださって。

あと ソムリエの方も
いらっしゃって。

「とりあえず 香りだけ
嗅いだらいいやん」って

ソムリエの方が
バンバン バンバンって

開けていくんですよ。
そこで ワインの講座をされて

「これは当たり年だから
これいいよ。 匂ってみたら?」

っていうので
10本ぐらい開けられて。

帰りしな お見合い相手の方が

(サタケさん)いや それ 必要じゃない
情報だから 私に と思いながら。

そうですよね。
それは そうですよね。

こういうお金持ち。
ヨッシャ! って思いますね。

多分 最初は そうだよね。
最初 思っちゃうと思いますけど。

その人の性格 見る前はね。
はい。

まあね サタケさんが
次々に断るので

だんだん
風向きも変わってきます。

お母様 とうとう
しびれを切らして

サタケさんに
こんな風に言いました!

ここで?
(サタケさん)そうですね。

お見合いをして ご縁がね…
うまくいかないっていう風に

お伝えをしたところ

紹介してくださった
お仲人さんのお顔も潰すし

相手の方のお顔も潰すし

なんなら うちの両親の顔も
潰すという事で。

そしたら まあね よくあります

(サタケさん)ご縁が整わなかった
っていう事になったら

まあ 八方 丸く収まるのかなと
思いました。

第一印象で断るのは失礼すぎると

お相手とのデートを
義務付けられたサタケさん。

この大ピンチを あの手この手で
乗り切っていくぞ!

その作戦が…。

ええー?

嫌われるようにした
って事ですか?

こちらからお断りする
っていうのは

やっぱり 失礼な事なんで。

なんや? この女!
ちょっと変やな イヤやな。

こんな人とは
一緒になりたくないなって

思ってくれはったら

どなたのお顔も潰す事なく
向こうから

お断りしてくれはるかな
っていうので。

という事で ここからは

サタケさん自身が思い描く
イヤな女に大変身!

まずは…。

うわー! ほう ほう ほう…。
これ どういう事でしょう?

あの… ねえ おタバコを
吸う 吸わないっていうのは

これ 別に
いい 悪いではないんですけども

お見合いで お会いしたあと
お若い方だけでって

初めてお会いした方の前で

パカパカ
タバコを吸うというのは

これ お見合いではなくても
やっぱり

初めてお会いする方の前で
いきなりっていうのは

すごく マナーとしても
失礼かなと思いまして。

たまたま ちょうど
お見合いしている時に

相手の方が タバコを吸われる方
だったんですね。

「タバコ吸ってもいいですか?」
っておっしゃるから

「どうぞ お吸いください」って
言ったら 吸われまして。

「私も いただきますから」って
かばんからタバコ出して

吸ったんです。
(スタッフの笑い)

(サタケさん)そしたら こう…。

思って。

よく頑張って吸えましたね。
ええー!

ゴホッ! とか
ならなかったんですか?

本当ですよね…。

あっ うまくいかないの?
はい。

11回目以降となりますと
お母様が用意する

サタケさんの
タバコ プカーに対して

お相手は…。

こんな風に

いや こっち入っちゃうんだね。

逆に いい風に
捉えられちゃったんだ。

間抜けな顔してんな。
(今田)可愛い。

(サタケさん)
本当に 隠し事をしない…。

ええー!
評価が上がっちゃったんだ 逆に。

(サタケさん)断られると思ったら
「今までお見合いしてきたけど

あんなに正直で 隠し事の…
しない人はいなかった」って…。

入っちゃうんだな。

お見合いっていうさ
振りが利いた状態でさ

気ぃ合うね! って
なっちゃうよね。

きっとね。

(カズレーザー)家でも 気ぃ使わなくて
いいわけですもんね…。

なっちゃったわけで はい。

その場合
どうしたらよかったんですかね?

(一同 笑い)
銘柄は あるかもね。

(カズレーザー)とびの人が吸う
すごいイカついタバコ…。

イカついの吸ってれば
もしかしたら…。

それ 癖なとこ入ったら…
缶ピースなの!? ってなったら

もっと 距離縮んじゃって!
もっと気が合っちゃうかも。

(今田)盛り上がっちゃう。

という事で
なりきってみたもののですね

その場では 相手からは嫌われずに
デートをしてから

丁重にお断りする事に
なってしまいました。

いい設定だね これ。

えっ そうなの?
はい。

続いての嫌われ女は…。

やはり
お見合いの場所っていうのは

普段より
ちょっと抑えめというか

上品に見えるようにというか
おとなしく見えるようにって

化粧も落としめっていうのを
あえて ちょっと濃いめ。

爪も真っ赤に塗って
行ったんですよね。

車で送っていただきまして
普通だったら

どんなにイヤな相手でも
どんな方でも

とりあえず 角が… 曲がらはって
見えなくなるまで

お見送りしなきゃ
いけないけれども

絶対 見送ったらアカンと思って

とりあえず 降りたら 即…。

(カズレーザー)なるほど。
(サタケさん)化粧も濃いめ。

なんか でも 癖で
向きそうになるんですけど

ここが大事と思って。

体が向きそうになるのね。
それを こう入れないで。

そう そう…
ここが大事だからと思って はい。

そうですよね 失礼ですよね。

しかし これもですね
相手の反応は…。

そっち?
はい。

(サタケさん)はい… はい。
違う方ですよね。

続いては…。

車に乗っておりまして
私 助手席に座ってたんですね。

お話をしてたら
その方が元カノの話を

し始めはったんですよ。

「元カノの
すごいイヤなしぐさがある」。

車 乗ってたら… 窓ありますよね。

窓の下に ちょっと
手置けるような感じありますよね。

ちょっとだけ置けるような。

「あそこを
トントンってしたんだよね」。

「あれ すごい感じ悪かった。
下品だね」って

彼が言ったんですよ。

ああ 下品なんか。
嫌いなんか…。

トントンってやってみたんですよ。
でも…。

そりゃそうでしょ!
なんで? なんで?

はい お相手の反応は…。

本当?

(一同 笑い)

いろんな宗派…。

同じ宗派だし
全員 修行が足りないよ。

(一同 笑い)

バカ煩悩の固まりなんだ。

(一同 笑い)

皆さんね
やはり 大きなお寺さんの

跡継ぎの方だったんで

大事に大事に育てられた
王子様みたいな感じやったんで

自分に刃向かってくる人とか
口答えする人とか

多分 お見合い相手でも
みんな 「はい はい」っていう

可愛らしい人ばっかりやったと
思うんですよね はい。

嫌われたくても 逆に
相手をその気にさせちゃう

裏目ばかりのサタケさん。

この一連の流れは
更なる悲劇を生むぞ!

一方で この頃

京都では
ある噂が流れていました。

というのも サタケさんは

こんなに素晴らしい男性たちとの
縁談を断り続けたせいで

大物お坊さんの縁談を断り続ける
超いい女がいるぞというような

噂が立ってしまったんです。
なるほど!

全部 逆効果なんですよ。
これ もう なんなら…。

なるほど!
そうじゃないですか?

断った方がいいって事ですか?

なんか
そっちに入っちゃってるよね。

だって それで
超いい女ってなってますから。

確かに。
お見合いって でも

どういう人かわかんないまま
終わりそうじゃない?

やっぱ 堅いから。

それで こっちに入ると
いいのかもしれないって

なっちゃってますもんね
だって 現に。

ちなみにですね
その時のお写真がございます。

こちらです。

えっ! めっちゃ可愛い!
ええー!

これ 普通に
いい女じゃないですか。

こちら
お見合い写真ですよね。

あっ この感じ…
すごい清楚な感じで来て

でも 実際に会ってみたら
もう こうくるわけですね。

そうですよね。
それがモテたんじゃないですか…。

そりゃ モテちゃいますよ。

これで お見合いで タバコを吸う
肝っ玉あるんだと思ったら

どんな人なんだ?
と思っちゃうもん。

さあ こうして

はい 8年が経ちました。

いや そりゃ 噂になるわ!
8年…。

28歳になりました サタケさん。

日々の生活に嫌気が差しまして

最終手段に出ます。

28歳の時 サタケさんは…。

…と言い放ち なんと

アメリカに家出します。

そうなっちゃう?
お見合い 断り続けると。

全ては

アメリカで
第2の人生を歩み始めた

サタケさん。
しかし…。

それは 突然の
弟さんからの電話でした。

1本の電話で
運命が180度変わってしまうぞ!

あら! こっちにいく?

このあと
35回のお見合いを全て断った

お寺の娘 サタケさんの運命が
激変するんだけど

その前に…。

さあ そして 今田さんから
お知らせがあります。 こちら。

見どころを教えてください。
(今田)私が出演しているドラマ

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』
第8話が放送になります。

桐谷健太さん演じる
仲井戸豪太と

私が演じる毛利ひかるが
刑事タッグを組んで

事件の真相へと
迫る回になっております。

来週 木曜よる9時からです。

ぜひ ご覧ください。

全ては

アメリカで
第2の人生を歩み始めた

サタケさん。

しかし 1本の連絡で

運命が180度
変わってしまうぞ!

それは 突然の
弟さんからの電話でした。

さあ その時の会話の様子を
紙芝居でご紹介します。

まず 弟さんが言います。

(カズレーザー)あら?
無言。

(カズレーザー)あら!
はい。

まさかの 弟さんからの
告白だったんですね。

これを聞いたサタケさんは…。

…みたいな状態になりました。

「大量の水」なんだね。
大量の…。

出てきちゃってるじゃん
もう 受話器から。

(一同 笑い)

ちょっと用があって
実家に電話をしたら

たまたま 弟が出まして

「お姉ちゃん
僕 お坊さん もうイヤやから

寺 出るから」って。
(カズレーザー)えっ…。

で あの… ねえ
お寺って普通の家とは違いますし

いろんな責任もあるし。
「出てって

じゃあ また 都合が悪くなって
戻ってくるって事は

できひんのよ」って
言ったんですけど

「もう 戻るつもりはないから」
っていう事で。

この電話をきっかけに

サタケさんの心が
大きく揺れ動きます。

ええー!
寂しく思ったんですよね?

そうなんですよ。 本当にね

うちのボロ寺の大行寺って
実は有名で。

雨が降ったら雨漏りするから
お鍋とかボウルとかを

やってるぐらいの
ボロボロやったんですね。

本当に もう 維持する…
お寺って 本当に…。

華やかな世界を さっき
ちょっと言っちゃいましたけど

本当に
維持するの大変なんですよね。

で その姿を見てたんで…。

なんか それは すごい…

うちのところのね
勝手な都合で…。

やっぱり 寂しさとか
いろいろ ありましたね。

さあ そんな思いを持った
サタケさんの結論は… はい。

あら!
はい。

こっちにいく?
そうです。

両親が やっぱり こう 大事に

本当に 身を削るようにして
守ってきたお寺っていうのを

無責任に投げ出すっていう事は
できひんなと思いまして。

で やっぱりね これは

私の 子どもとしての
欲なんですけれども

そうして 本当に
守ってきたお寺で

死んでほしいなっていう
思いがありまして。

という事で サタケさんは

お寺を継ぐために
アメリカから帰国されます。

最初は なりたくなかった
お坊さんでしたが

現在は 英月という法名で

9代目の住職として
お寺を守っていらっしゃるんです。

住職をやられてるんですね。
はい。

ああー…。
(今田)美しい。

(カズレーザー)格好いい。

なんか 収まった感っていうか
着地した感が…。

(カズレーザー)確かに。

(サタケさん)でも 本当に なんか…。

居場所がなくて
どこ行ったらいいか わからない。

とにかくって こう…。

(サタケさん)居場所って…。
(カズレーザー)おおー…!

(サタケさん)どこかに
あるんじゃなくて この場が…。

おおー!
いや さすが。

(カズレーザー)めちゃくちゃ
良くないですか? 今の。

やられた!

英月だ。

さあ という事で 若林研究員
このサタケさんに

最終的なラベリングを
お願いします。

どうしよう? うーんと… はい。

「お見合いという荒行を経て
悟りを開いた人」です。

(一同 笑い)
(カズレーザー)素敵。

ホンマ ありがたい。

続いての激レアさんは

今や 国民食になった
ラーメンに関する人。

ラーメン界において

並み居る人気店の若手職人たちが
味を競う大会こそが

新人王グランプリなんだけど…。

2014年 歴史的な異変が。

なんと
ラーメン店で一切働いてない

謎のド素人が
優勝しちゃったんだ!

しかも そのラーメン

まさかの方法で
生み出されていたぞ!

カンダさんです
よろしくお願いします。

よろしくお願いいたします。
(高橋)お願いいたします。

どんな激レアさんだと
思いますか?

見た目ですけど 本当…。

(スタッフの笑い)

優しい雰囲気がね…。
朗らかなね 笑顔で。

今回の激レアさんは…。

へえー!
(窪田)ええー?

プロに勝ったっていう事?
はい。

本職は ちゃんと…。
(カンダさん)本職は… はい。

へえー! 今も?
(カンダさん)今も 普通に してます。

プロの方が競う大会で

なぜか 素人のカンダさんが
優勝してしまったと。

それ すごい事だよね。
はい。

…の感じ あるんじゃないの?
本当に そうです。

素人ながら

麺もスープも自家製で
天下を取った

カンダさんのラーメンは
こだわりだらけ!

まずは 普段ラーメンを作っている
自宅に お邪魔した。

よろしくお願いします。

(カンダさん)いやいや いやいや…。

テレビもタンスも
何もない部屋で…。

私服は プライベートで入っている
ラーメンサークルの

ノベルティーの
Tシャツとパーカーだけ。

しかし キッチンを見てみると…。

(スタッフ)キッチンは すごいですね 逆に。
(カンダさん)キッチンは…。

ラーメンの

タレや スープの量を量る

レードルだけで10種類。

寸胴鍋もプロが使う業務用。

食材は プロの職人と同じく
市場で まとめて購入。

(高橋)うわあ 本当だ。
(窪田)すごっ…。

そんなカンダさんの
ラーメン作りは…。

早朝から

チャーシューは
炭火で 一から手作り。

へえ…!

麺も 食べる直前に
手打ちで作ります。

(高橋)すごい! 本格的。

こうして 合わせて8時間をかけて
ラーメンが完成。

(高橋)キレイなスープ。

今回 作ったのは

こんなカンダさんの

ラーメン作りのもとと
なったのが…。

日本を代表する グルメ漫画…。

へえ…!

あれほど 食材の事だとか
そういう事に対して

真摯に いろいろ取材をして
漫画にしてる本って

なかなか少ないので…。

この『美味しんぼ』で どうやって
ラーメン作りを学んだのか?

これから見ていきたいと思います。

へえー…。
はい。

あっ そりゃ食べたいですよ。

はい あちらにございます!

あっ! 珍しい 『激レアさん』で。

あっ そうなんですか?
うん 出てこない。

あんまりね
試食ないんですけれども

今回は カンダさんに

新作のラーメンを
作っていただきました。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

でも 今 食べられると思ったら
間違いです!

えっ?
えっ?

巻きめでいきましょう! はい。
ハハハハ…!

巻きめで。
限界あるけどね。

(一同 笑い)
まだまだ…! 伸びないようにね。

漫画『美味しんぼ』の知識を生かし

究極のラーメンを完成させた
常識破りのカンダさん。

プロが認める至極の一杯が
完成するまでの

奇跡的な物語を見ていくぞ!

全ての始まりは なんと

1人の女性と交わした
無謀な約束から。

今からですね 20年前

カンダさんが25歳の時に
起こりました。

学生時代の友人である女の子と
偶然 行った…。

あの有名な
大勝軒の流れをくむ

ラーメン屋さんだったんですが

このラーメンを
ひと口食べた途端

女の子が…。

おいしいラーメンなんですよね
こちら。

そうですね 煮干しの利いた
淡いしょう油色した…

なんか 滋味深いって言ったら
いいんですかね。

じわじわくるような
おいしいラーメンです はい。

このラーメン1つで
今日イチの笑顔をする女の子に

嫉妬をしてしまいます。
(高橋)えっ そっち?

はい。
そして人生を変える ひと言を

言ってしまうんです。

アハハハ…。
どういう事なの? これ。

この時は だって
普通の男の子ですもんね。

そうです。 若かったんでしょうね。
若くて…。

料理も多少するもんですから

ちょっと強がったんでしょうね
「作れるよ それぐらい」って…。

そうですね。 格好付けて
言っちゃったんだと思うんです。

言っちゃったんです。
この言ってしまった ひと言が…。

まさかの事態?
はい。 その相手の女の子は

目を輝かせまして…。

(高橋)アハハ…!

「作れるわけないじゃん!」じゃ
終わらなかった…。

終わらなかった。
普通だったら ここでね

カンダさんが
「冗談だってば!」と言えば

済むところなんですが

カンダさんは根っからの真面目で
不器用。

性格的には バリカタのバリブキ
という事で。

「バリブキ」って何?
バリカタはわかるけど。

「バリ不器用」です。
ああー!

『激レアさん』で作ったの?
それ。

いや 紛らわしいよ!

こういう言葉ね
あるのかと思ったら。

バリブキなのね。
バリブキです。

バリブキですから
次の日には本屋さんに行きまして

ラーメン教本を買っちゃいます。

もう 「作る」にいくんだね。
そうなんですよ。

これは 全然
意味わかんないんだけどさ 俺。

野球 見に行ったとして
150キロぐらい プロが投げたら

「俺も投げれるけどな」みたいな
…って事じゃん? これって。

こんな有名なさ…。
(高橋)確かに。

確かにそうですね。
確かに… 確かに そう。

格好付けたい一心で言っちゃった
女の子との約束を守るため

本格的にラーメン作りを開始。

厳選した食材を使い
1カ月かけて

納得のラーメンが
完成するんだけど…。

ラーメン作りの道は
そんなに甘くなかったんだ!

で 作り上げまして 早速

すると 感想が…。

これが もうね

(一同 笑い)

これが 絶妙に普通の

買ってきたラーメンぐらいの
ラーメンが出来上がってですね。

ラーメン教本に
沿ったっていう事ですもんね。

でも作ってる最中は… 見た目って
わからないじゃないですか。

作ってる時は
もう気持ちも高ぶってますから

ああ いけてる いけてると思って
作ってて。

で 食べてみたら…。

普通だと一番よくないのかな?

この件が原因かわかりませんが
結果

ありゃ!

(一同 笑い)

作れるって事で やっぱり
ときめいたんでしょうね。

これ なんか ちょっと切ないね。

うん 切ないです。
俺もあるよ バイトの女の子…。

お笑いライブ 初めて見に来て
なんか 疎遠になる事…。

バイトの休憩中は
自分がMCになれるからさ

さぞ面白いの作ると思ったら…。

(一同 笑い)
悲しい。

これ 悲しい…
若い時の青い話だよね

いい話だけど。
普通だったら ここでね

作るのやめちゃいます ラーメン。
約束だったからね

もういいじゃないかと
思うところなんですが

カンダさんは 超真面目です。

ですから…。

おっ!
はい はい はい。

という事で…。

意味がわかんない
「こってりいくぜ」って…。

しつこくいくって事ね。
そうです。

まずは 形から入ろうという事で

プロが使う寸胴鍋 製麺機

湯切りのアレを全部買いまして

更にですね 毎日
ラーメン店を食べ歩きまして…。

というような研究もしまして

ラーメン作りの土台を作る事
3年が経過します。

3年?
3年続いた?

けれども

その時 付き合っていた
後の今の奥様となる彼女に

食べてもらうも 反応は…。

ああー! 厳しい。
厳しい… みんな厳しいな。

ラーメンって でも
おいしいの いっぱいあるから。

(カンダさん)そうですね。
だから 3年 本当に 結構…

道具も 一式買ったりとかですね
いろいろやったんですけど

(高橋)ええー!
もう悔しいですね。

そんなカンダさんを救ったのが
料理漫画『美味しんぼ』なんだ!

ええー!
『美味しんぼ』ってすごいんですね。

そして ラーメン界を揺るがす
奇跡が起きる!

3年間 独学で
ラーメンを作り続けたものの

全然うまくいかないカンダさん。

しかし あの名作漫画が

カンダさんを
奇跡へと導いていくんだ!

ここで
努力を重ねるカンダさんに

ラーメンの神が とうとう
救いの手を差し伸べます。

ある日 カンダさん
息抜きをしようと…。

本棚の奥にあった…。

日本を代表する
グルメ漫画なんですが

ただ おいしそうな料理を
見せるだけではなく

作家さんの
緻密な取材によりまして

プロでも知らないような
料理のコツが

たくさん描かれている
という事なんですね。

ですので 何か ラーメン作りに
ヒントになる事はないか? と

カンダさんは 1巻から
ぶっ通しで読み始めまして

ついに たどり着いたのが…。

(高橋)おっ きた!
おお ラーメンだ。

これ
どんな内容なのかといいますと

脱サラした
ラーメンの素人の主人公が

山岡士郎さんの助けを借りまして

一流ラーメン店を超える味を
作り出すという

まさに カンダさんに
ぴったりの回だったんですね。

これは
本当に すごい巻なんですよ。

もう恐らく 20~30年ぐらい前に
発行されてるんですけど。

本当に 今 ラーメンって
すごく ブームになって

いろいろ… いろんなお店が
あるじゃないですか。

進化してますね。

まあまあ…。

いやいや…! これは 本当に
すごい巻なんですよ。

そこには
3つの鉄則がありました。

これ ちゃんと説明すると

かなりマニアックな話に
なってしまうという事で

さらっと
おさらいしたいと思います。

ラーメンの三大鉄則。
まずですね スープです。

『美味しんぼ』によりますと
鶏がらや 煮干しだけだと

上品なだけで 飽きてしまう
という事なんですね。

ですので
うまみが たくさん入った

ナンプラーや
熟成しょう油を使うと

海原雄山も

納得の味になるそうです。

弘中ちゃん。 紙芝居で…。

これは『美味しんぼ』なのよ。
これは『美味しんぼ』使ってますよ。

そうなのね?
いいんだよね? これ。

大丈夫です。
ちゃんと 許可とっております。

大丈夫です はい。 続いて 麺です。

通常 ラーメンには
弾力性を出すために

かん水という つなぎを
使っているんですが

これは 同時に
苦みも出てしまうそうなんですね。

山岡士郎いわく

たんぱく質が入った
小麦粉を使えば

弾力性があって
コシのある麺になるという事で

カンダさんは
パスタマシンを使って

オリジナル麺を作ります。
(高橋)急に?

これはカンダさんです。

違います。 これはオリジナルです。
オリジナルの絵です。

そして 最後にね
具材でございます。

ポイントになるのは メンマです。
あっ メンマ。

なんとですね
メンマを ラーメンに入れるのは

日本だけ。

という事で
栗田ゆう子さんも

絶対に入れたいという
食材になっています。

栗田ゆう子さん…。
(一同 笑い)

漫画の中でね 言ってる。
そこで カンダさんは

より良いメンマを作るために

山奥まで
材料のタケノコを採りに行き

自家製メンマを作ります。

こうして おいしくなる
三大鉄則を使ったラーメン。

早速 食べてみると

うっ うまい! と思わず号泣し

会社を
辞めたくなってしまうほどの

おいしいラーメンが
完成したんです。

どうなったんだよ? これ。
(窪田)えっ!

読みてえ!

一応 『美味しんぼ』は 全巻

結構… 1回じゃなくて
何回も読んだんですけど

それを たくさん読んでたら

まあ だいぶ 料理の事とか
知識とか いろいろ ついてきて…。

えっ 趣味で?
漫画 読んだだけで?

(カンダさん)漫画 読んで… はい。
(高橋)ええー!

いや すごいんですよ!
調理師免許 取れちゃうんですね。

まあ 僕の場合は取れましたけど。
じっくり読めば。

すごい。
すごいな。

『美味しんぼ』のおかげで
ついに

うまいラーメンの極意を学んだ
カンダさん。

会社勤めの傍ら
理想の一杯を作るべく

ラーメンの鬼となるぞ!

さまざまなジャンルのラーメンを
制覇するべく…。

1つの味を 3年かけて
完成させていきます。

(高橋)えっ!
へえー! 1個1個やったの?

そうです。
土台作る事 3年のあとに

また それぞれ3年ずつ?

ハハハハ…!

例えば 煮干しの しょう油ラーメンが
作りたいと思ったら

それを ひたすら
3年ぐらい 作り続けるんですよ。

煮干しを買いにいくところから
いきます。

味を見ると
いろんな種類があります。

そうすると 乾物屋さんに
箱が置いてあって

箱に 生産者の名前と
電話番号 書いてるんで

それを見て 生産者に電話をして
工場に行って

イワシの水揚げから
見せてもらって

煮干しができる過程も
見せてもらって

そこから始めて… 作り始めて
みたいな事をしていくと

1つのマイブームが
大体3年ぐらい

サイクルでかかるんですよ。
(高橋)だって ねえ…?

(カンダさん)そういう事ですね
はい。

あとは…。

えっ? 仕事の前ですか?
遠いですよね 市場って。

いや でも 市場って 4時からとか
5時とかやってますから。

仕事って
朝の9時とかからじゃないですか。

ええー!
(カンダさん)5時間とかって

時間あるじゃないですか。
もう…。

(一同 笑い)
確かにね。

ようやく 納得のラーメンを
作り上げたカンダさん。

どれほど

実力を知りたくて挑戦したのが…。

日本最大級のラーメンイベント

東京ラーメンショーで
行われていた 新人王グランプリ。

名だたる有名店の猛者たちを
相手に

『美味しんぼ』片手に 唯一の素人
カンダさんが暴れまくるぞ!

カンダさんが出したのは

『美味しんぼ』で学んだ
しょう油ベースの…。

…というものなんですね。

(カンダさん)これはですね 僕は
市場に通うのが好きだったので

マグロの仲卸さんと
結構 仲良くさせていただいてて

スープに
マグロの頭を使ってですね

焼いたものを使っていて
のってるチャーシューも

マグロの脳天の肉を使ったですね
チャーシューなんですよ。

まあ 鶏もベースで入ってるので
まあ 「シー」「チキン」で

なんか マグロを想像する
みたいな感じで

ラーメンっていう感じです はい。

という事で
このシー・チキンラーメンをですね

自信を持って出した
カンダさんなんですが

やっぱり プロの審査員は
厳しかったんです。

えっ?
(窪田)ギリギリ?

こんな風に

予選で言われてしまった
という事なんですね。

こんなにやっても?
はい。

結構ね 予選のあとはね
不安だったんですもんね。

不安でしたし 予選の最中もね

素人が何しに来たんだ?
っていう空気を

ひしひしと感じてですね…。

ラーメンの達人って
オーラありますもんね。

こう 腕組んで
こういう感じですもんね。

タオル この辺の…
イメージですもんね。

ギリギリながら
予選を通過する事ができた

カンダさんだけど

自慢の一杯が
審査員から めった打ち!

しかも 決勝は翌日という
大ピンチ!

カンダさんのラーメンに

『美味しんぼ』が
その答えを教えてくれるぞ!

思い悩む
神田さんの頭に浮かんだのは…。

はい 『美味しんぼ』海原雄山が
うまいと絶賛した料理でした。

(高橋)なんだろう?
これ 一体…。

はい こちらも紙芝居で
ご紹介します。

さあ 海原雄山がですね
付き人のおうちを訪ねた時に

お金がなくて 高価な料理を
用意できなかった付き人が

せめてものおもてなしとして
出したのが

米粒を1粒ずつ選び

(高橋)はあー…。

全て 大きさをそろえる事で
炊き上がりにムラがなくなり

あの海原雄山もですね
「うまい!」と大絶賛した…。

『美味しんぼ』なのよ。

予選を振り返ると

(カンダさん)そこに気付いて…。

じゃあ
何をしましたかっていったら…。

卵が入るんですけど
30個 買ってきたんですよ。

30個の中から
同じ大きさのやつ選んで

同じような重さのやつ選んで
作ったりだとか

麺の長さも
全部 センチまで測って

同じ長さに切ったりとかって事で
きちんと仕上がりを…

もっとクオリティーを
上げていこうと思って

作りましたですね。
へえー!

というようにですね
逸話を思い出したカンダさんは

心の底から
審査員をもてなそうと思って

ひと晩かけて

麺 メンマ 玉子
チャーシュの大きさを

同じ大きさにそろえまして

至高のラーメンを作り上げました。

こうして

カンダさんが作った
ラーメンを食べた

審査員の皆さんは…。

…と 称賛の嵐を受けました。

そして 審査員から絶賛された
カンダさんのラーメンは

世田谷などの
有名店の職人さんを差し置いて…。

を成し遂げたという事なんです。

すごい!
すっげえ…。

という事で
皆さん お待たせしました。

カンダさんのラーメンを
食べていただきます!

イエーイ!

これは
ハードルは上がりきってますよ。

やだ! おいしそう! 食べたい!

見た目はシンプルですよね。
(窪田)そうですね。

(高橋)縮れ麺のしょう油ですね。
本当だ。

あなた あとで食べるんでしょ?
あとで食べます。

いいにおいしてるから…。
いただきます。

(窪田・高橋)いただきます。
はい 皆さん いただいてください。

どうぞ どうぞ。

麺ね… 麺も自家製ですもんね
カンダさんが…。

いや ビックリしちゃった。

いや なんか…。

こんなに優しく入ってくれる?
っていう。

へえー!
(高橋)ごまかしてないっていうか。

ああ…!
うまいね。

本当に…。

お店は… はい。
(窪田)やらないんですね。

うん!
うーん!

という事で 皆さん

(一同 笑い)

これさ でも
やめれないかもしれない。

急に終わったけど。
もうちょっと食べてもいいかな…。

次 食べられないもん。
(窪田)そうですよね 本当…。

そうです。
他では食べられませんからね。

若林研究員
食べながらで構いません。

ラベリングをお願いします。
やばい なんも考えてなかった。

…の人です。

(一同 笑い)

若林研究員
食べながらで構いません。

ラベリングをお願いします。
やばい なんも考えてなかった。

プロにならない意志が
バリカタの太麺の人です。

(一同 笑い)

(高橋)確かに。

さあ そして 窪田さんから
お知らせがあります。

映画『初恋』。
(窪田)はい。

三池監督の作品で

およそ10年ぶりに
主演を務めさせていただきました。

僕もやってみたかった
ボクサー役にですね

初めて挑戦させていただきました。

人生で最も濃密な一夜から

誰も見た事のない
切ない初恋が生まれたと思います。

ぜひ… ぜひ 劇場でご覧ください。


関連記事