遠くへ行きたい「茨城・冬の美味ざんまい!あんこう&干し芋&巨大ハマグリ」新感覚!トッピング納豆最前線…


出典:『遠くへ行きたい「茨城・冬の美味ざんまい!あんこう&干し芋&巨大ハマグリ」』の番組情報(EPGから引用)


遠くへ行きたい「茨城・冬の美味ざんまい!あんこう&干し芋&巨大ハマグリ」[解][字]


武田修宏▽新感覚!トッピング納豆最前線▽幸運呼ぶ使者?八の字まゆの看板ネコ▽海のフォアグラ絶品あんこう汁▽生産量日本一!甘くてうまい干し芋▽絶景!日の出スポット


詳細情報

出演者

【旅人】

武田修宏(元サッカー日本代表)

番組内容

茨城冬の美味ざんまい▽1)太平洋の日の出パワースポット!神磯の鳥居▽2)幸運の使者?「八の字まゆ」の看板ネコ…水戸東照宮横宝くじ売り場▽3)トマトと納豆?バターと納豆?トッピング自由自在の納豆最前線▽4)海のフォアグラ…冬の名物あんこう汁▽5)行列のできる鮮魚定食店「かあちゃんの店」▽6)肉厚&巨大ハマグリ!資源を継ぐ若手漁師たちとの出会い▽7)干し芋生産量日本一!甘味と旨味引き立つ絶品サツマイモ

音楽

【テーマ曲】

「遠くへ行きたい」

作詞:永六輔

作曲:中村八大

制作

ytv

テレビマンユニオン

番組ホームページ

★https://www.ytv.co.jp/tohku

★http://www.to-ku.com

★ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!

取材地

茨城県水戸市~大洗町~ひたちなか市


『遠くへ行きたい「茨城・冬の美味ざんまい!あんこう&干し芋&巨大ハマグリ」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

遠くへ行きたい「茨城・冬の美味ざんまい!あんこう&干し芋&
  1. ハマグリ
  2. 茨城
  3. 納豆
  4. 子供
  5. 名物
  6. サッカー
  7. トマト
  8. 頑張
  9. 漁師
  10. 武田修宏
  11. 人気
  12. 千鶴子
  13. 大洗
  14. バター
  15. ハハハ
  16. 今日
  17. 新感覚
  18. 水戸
  19. 選手
  20. 男性


『遠くへ行きたい「茨城・冬の美味ざんまい!あんこう&干し芋&巨大ハマグリ」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


<武田修宏です>

赤くてキレイですね。

<太平洋を望む

茨城県大洗へ
やってまいりました>

<岩の上に鳥居が立つ
絶景の海岸は

鳥居越しに日の出が拝める
パワースポット>

今日 何時起きですか?

今日は4時…。

4時15分?

埼玉から? これ 有名なんだ。

はい。

<初日の出には
一年の幸せを願って

こんなにたくさんの人が
集まる名所です>

ここで よく撮ってるんですか?

2年前ぐらい じゃあ ここで。

<この方は パワーを授かろうと

度々 撮影に来ているそうです>

(虎谷さん) 今年…。

また ちょっと…。

それよりも…。

頑張って。
どうもありがとうございます。

あっ!

<僕も 日の出に願います!>

<いい人と 巡り会えますように>

<武田修宏 冬の茨城へ>

<名物を食べ尽くします>

どうなるか楽しみです。

<大量のハマグリにびっくり!>

<浜の漁師飯は絶品です>

うまい!

<納豆の街 水戸の最前線!>

<納豆ごはんの新しい食べ方に
挑戦します>

<生産量…>

<人気の秘密に迫ります>

<子供たちと…>

<さぁ 茨城の冬の名物を

味わい尽くす旅へ

皆さんと出掛けましょう!>

<水戸といえば
言わずと知れたスーパースター…>

<自然いっぱいの千波湖も
人気スポットです>

♪~

♪~  ラップだよ ラップ。

<最近は
茨城を盛り上げるラッパーなど

新しい風も吹いています>

♪~

<さて この宝くじ売り場に

今話題のアイドルが
いるそうです>

こんにちは。

逃げちゃった…。

(男性) いい男が来ちゃったから。
(長谷川さん) そうそう…。

<ほら! 見て この八の字の眉>

<珍しくて縁起がいいと
街の人気者です>

(長谷川さん) ここは…。

いっぱい当たったんだね。

(長谷川さん)
1000万とか当たってます。

<八の字の眉は末広がりで

開運にぴったりですね>

御利益あるかもしれない。

<さらに 店のすぐ隣には

合格祈願で有名な東照宮があり

学生たちにも大評判!>

<全国からハチに会いに来る人が
いるそうです>

猫が来て全然変わった
っていうことですね。

そうですね。

ワン!
(鳴き声)

<幸運を運ぶ猫
これは幸先がいいぞ!>

<水戸といえば
納豆も有名ですよね>

<おいしいので
将軍に納めた豆として

「納豆」と名付けられたそうです>

<そんな納豆の最前線として

人気を集める店がこちら>

<その秘密とは?>

(宮下さん)お待たせいたしました。
おっ! ありがとうございます。

こちらが 極松セットですね。

うわ~! すごい。

形とか 全然違うんですね。

はい。

<この店では日本各地の納豆と
トッピングを組み合わせて

新感覚の味わいが楽しめます>

コンビネーション 難しいな これ。

どの選手とどの選手が合うのか
って なかなか難しい…。

お勧めなのはトマトですとか…。

トマトも合うんですか?
トマトも…。

トマトと納豆。

<トマトを合わせるとは
びっくり>

<相性はどうかな?>

あ~ トマト合う。

これはいいツートップだね
これね。

あとはこちらの自家製のバター。
バター?

<岩塩とハーブを練り込んだ
バターには

黒豆納豆を合わせて洋風に>

うん!

これはワインとかに合いますね。

ワインじゃないですか?

とかなるんですけど 結構…。

<宮下さんは
納豆とトッピングの

おいしい組み合わせを試作して

SNSで
100種類余り配信し

人気を集めたトップ20を
提供しているそうです>

<これは楽しいですね>

<さて 次は茨城の冬の名物

あんこうを食べに
漁師町 大洗へ向かいます>

船もいっぱい
いい天気でよかった 今日はね。

どっから来たんですか? 地元?

(女性) いや…。

あんこう食べに来た! 一緒だ。

一緒ですか?
ここの あんこう。

おいしいですよね。

<親潮と黒潮がぶつかる
大洗の海は

海産物の宝庫です>

<漁港近くの直売所を
訪ねてみると…>

あっ これ? これ?

うわ~!

すげぇ これ?

これがあんこう?
≪そうです これが≫

すごいね。

うわ~。

俺嫌いじゃないっすよ
こういうの。

あっ ベトベトする。

これがコラーゲンだね。

<あんこうは
どこを食べてもおいしい

冬のごちそう!>

<皮やヒレなどが
七つ道具と呼ばれ

中でも肝は海のフォアグラと
呼ばれているほどです>

うわ! これ?

(高柿さん) これそうです。
すごいね これ。

<スープに肝をたっぷり溶かした
あんこう汁>

はい どうぞ食べてみてください。

スープ飲んでください
スープがおいしいです。

やさしくて
口の中 ちょっと辛さが…。

これ ぷるぷるになるね 肌ね。

最高ですね。

<次は ヒレ>

おいしいでしょ?
うまい!

サッパリしてる。

ぷるぷるな感じで。

みんないい顔してるね やっぱね。

ここにいるとみんなに
そう言われるの お客さんに。

ゼラチンで?
そう だから…。

どうもごちそうさまでした
ありがとうございました。

ごちそうさまでした
おいしかったです。

サッカーの試合で並んでるみたい
お客さんが。

<こちらのお店は
すごい行列ですね!>

おいしいんですか?
うん。

だって
こんだけ並んでますもんね?

どちらから来たんですか?

宇都宮!?
宇都宮から来た? マジで?

<この「かあちゃんの店」は
漁師のお母さんたちが

大洗のおいしい魚を
味わってほしいと始めた店>

<刺し身や煮魚など

取れたての新鮮さが
いいですね~>

ありがとうございます。

うわ~ おいしそう。

<中でも一番人気は
生しらす丼>

ぷりっぷりでうまい!

新鮮だし
甘みとうま味が凝縮して

存在感が大きい。

これは並んでも食べたい
しらす丼ですね これね。

父ちゃんが働いているんだ?

もちろん
じゃなかったら ここにいない。

部長やってないですよ。
そっか そっか…。

<人気の秘密は
父ちゃんと息子と

息を合わせた母ちゃんの
愛情かもしれませんね>

<では 息子の漁師たちの話を

聞いてみましょう!>

集団がミーティングしてますよ。

みんな
どんな感じの集まりなんですか?

これは…。

若手の中の選ばれた
優秀な選手ですね。

(仲島さん)
選ばれし者って感じです。

そうなんですか。
(仲島さん) はい。

あっ… 何? これ。

「せがれ魂」。

<20代も活躍する
若々しい漁師チーム>

<これから漁に出るというので
連れて行ってもらいます>

取れるかな…
ちょっと期待だな これ。

ねっ!

<漁場は結構浅い所なんですね>

<網を投げ入れました>

何が取れるか分かんないね。

宝が入るかもしれない。

ハットトリックもある?
ある。

どうなるか楽しみです。

<ゆっくりと網を引くこと
30分>

来た 来た 来た。

<網が上がって来ました>

お~ 挟まってる いっぱい。

すごいすごい…!
ほらほら うわうわ…!

うわ~! すご~い!

うお~!

<見てください 大量のハマグリ>

<さらに もうひと網>

いや~!

すごい!

<日本屈指の水揚げを誇る…>

<貝が大きく
身が太っているのが特徴で

高級品として
引っ張りだこだそうです>

あっ そう。

ハハハ…!

<ハマグリの資源を絶やさない工夫も
しているそうです>

これ 「1604」って書いてある。

珍しいよ これ。

(仲島さん) これは…。

<若い漁師たちは
将来を見据えて

ハマグリを増やすために
力を尽くしています>

<春 浅瀬に打ち上げられた

稚貝を集め
印を付けて 海に戻し

放流に適した場所などを
調べているそうです>

おっ 来た 来た…!


<武田修宏 冬の茨城で

名物を味わい尽くす旅>

これ うまそうだな しかし。

<早速 ハマグリをいただきます>

何でこの仕事やろうと思ったの?
自分はもう 小っちゃい頃から…。

頭が悪いんで
これしかやることなくて。

ホントかよ?
はい。

全然ですね
かすりともしないですね。

マジか?
全然ですね。

募集中で
ここに テロップやってほしいぐらい。

パカパカいったよ パカパカ!

うわ!

<ハマグリが口を開けました>

≪おめぇ焼き過ぎだよ!≫
≪大丈夫だ≫

<しょうゆのいい香り>

いただきます!

うまっ!

最高です。

これ酒蒸しです!
うわ! 酒蒸し?

うわ~ これ おいしいね。

<味付けは 酒と自然の塩味だけ>

<これをご飯にのせて
食べてみたかったんです>

うわ! これは?

ハマグリの潮汁です。

<ハマグリの美味 3連発です!>

ハットトリックです。
ハハハ…!

みんなで温まって食べる
っていいね。

自分の背中を見せて
後輩の人たちにも

「いいな」って思わせるように
頑張りたいと思います。

はぁ~。

そうっすね 今 流行りの。

<家族の絆と
チームプレーでつながって来た

大洗の漁師たち>

<頼もしいですね>

<武田修宏 冬の茨城で

名物を味わい尽くす旅>

<干し芋の生産量 日本一という

ひたちなか市へ向かいます>

<見てください
広大な芋畑が広がる農業大国>

「ほしいも」!

干し芋出てます 「ほしいも」!

皆さん…。

干してんのかな? これ。

<冬の晴天が多く
海風が吹くこの辺りは

干し芋作りにぴったり!>

<11月から3月まで
農家は大忙しです>

<干し芋作りは まず

寝かせておいたサツマ芋を
じっくり蒸します>

<冷めないように
急いで作業場に運びます>

うわ~ いい香り!

いい香りですよ。

見てください
この パッパッパッパッ…!

速いし。

どれぐらいやってんですか?
皆さん これ。

38年。
38年間 ずっと?

うわ~。

<僕も体験させてもらいます>

こっからここですね。
≪下から上に≫

下から上に…。
(千鶴子さん) うまい うまい。

このままかじったら
おいしそうだね? これ。

(千鶴子さん) そんなに
甘~いっていう感じじゃ…。

うまい!
(千鶴子さん) サッパリした感じ。

甘さが控えめで
ちょうどいいですね。

こういう男性になりたいですね。
(一同) ハハハ…!

あれ? みんな笑ってくれた。

<皮をむき終えると

ピアノ線を張った道具で
スライスします>

<繊維に沿って
押し込むのがポイント>

<それを
すだれに並べて行きます>

<軟らかいので
形が崩れないようにするのが

意外に難しい>

嫁に来た時 そう言われました。

<手作業で 一枚一枚並べて

本当に手間が
掛かっているんですね>

そうですね。

長男としての自覚が
カッコいいな。

仕事ね。

<並べ終わると台車に重ねて
乾燥機に入れ

2日間>

<乾いて
甘みとうま味が凝縮した

干し芋が完成します>

<大切にお札を並べるように
作って来たんですね>

うん! うまっ!

<次は新感覚の食べ方!>

<武田修宏 冬の茨城で

名物を味わい尽くす旅>

<干し芋の新感覚の食べ方が
こちら>

揚げる?

素揚げ!

フレンチトーストだね。

俺 この食感いいわ。

さっきより
しっかりした食感になって…。

やめられない。

(千鶴子さん) ねっ!

おいしい!

(黒沢さん)
お菓子ですね お菓子ね。

お菓子ですね。
どちらかといえば。

将来的にどうなってほしいの?

海外?
はい。

さすが長男!
はい。

<干し芋は産直市場で

誰でも買うことができます>

<それにしても この品ぞろえ!>

<さすが 本場ですね!>

<いつか世界へ羽ばたけ!
干し芋!>

<太平洋に面した
ひたちなか市には

漁師の唄が伝わっています>

こんにちは。

<その唄や踊りで

絆を深めている子供たちが
いるそうです>

<この地域は少子化が進み

来年度末で5つの小中学校が
統合されるのだとか>

<子供たちは…>

<…などで
心を合わせて来た唄で

親睦を深めているそうです>

(拍手)

太鼓をたたくところが
一番楽しいです。

練習が楽しかった。
練習が楽しかった!

<僕も教えてもらいます>

♪~

<漁を中心にして
心を合わせる唄と踊り>

<統合して行く子供たちに
ぴったりですね>

難しいけど…
網を引いたりする感じですもんね。

(男性) はい。
何となく分かりました。

<これから新しいチームとして
力を合わせて行く子供たち>

<僕もサッカーで応援したいと
思います>

麦の上をサッカーやればいい
ってことですね。

<芋の収穫後にまいた麦は

踏めば踏むほど
丈夫に育つ作物>

<子供たちもたくましく
育ってくれるといいな>

大丈夫みんな?
サッカー やりたい?

グジョグジョだぜ!

<さぁ
どろんこサッカー開幕です>

(ホイッスル)
はい 試合しま~す!

<さぁ!>

よ~い!

<キックオフです!>

<どの学校の子供も

夢中で一つのボールを
追い掛けます>

<サッカーになると
ついつい熱が入ってしまいます>

(ホイッスル)

頑張れ!

頑張れ!

楽しかった人?
はい!

えっ やりづらかった?

何?

どう?

靴 汚れた!

頑張るぞ!

(一同) お~!

<仲間を大切にする人たちと
出会えた>

<茨城の冬の名物を
味わい尽くす旅>

<あなたもこんな旅
いかがですか?>


関連記事