行列のできる法律相談所 初挑戦SP 坂口健太郎がアジさばき&フライ・永野芽郁がドリフト駐車・宮本浩次が超魔術!…


出典:『行列のできる法律相談所 永野芽郁がドリフト駐車!宮本浩次が超魔術!初挑戦SP』の番組情報(EPGから引用)


行列のできる法律相談所[字] 永野芽郁がドリフト駐車!宮本浩次が超魔術!初挑戦SP


坂口健太郎がアジさばき&フライに挑戦!▼エレカシ宮本浩次がMr.マリックの超魔術に挑む!スタジオ披露で大ハプニング!?▼永野芽郁がドリフト駐車初挑戦!果たして…


出演者

【MC】後藤輝基、市來玲奈アナウンサー

【ゲスト】宮本浩次、坂口健太郎、永野芽郁、キムラ緑子、滝沢カレン、東野幸治、渡部建

【弁護士】北村晴男、本村健太郎

番組内容

勇気を出して初めてやってみます!SP▼女優・永野芽郁がテンション爆上がり!ドリフト体験で大興奮&人生初のドリフト駐車に挑戦▼エレカシ宮本浩次がMr.マリックの超魔術に挑む!スタジオ披露中にハプニング!?▼俳優・坂口健太郎が見事なアジさばきを披露!超人気店の絶品アジフライに挑戦▼キムラ緑子興奮!チーズ好きも驚きの絶品チーズが続々登場▼永野芽郁が会いたい話題のインスタ漫画家!新作ほっこり家族漫画公開

監督・演出

【総合演出】高橋利之【プロデューサー】吉無田剛、渡邊文哉【チーフプロデューサー】川邊昭宏


『行列のできる法律相談所 永野芽郁がドリフト駐車!宮本浩次が超魔術!初挑戦SP』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

行列のできる法律相談所 初挑戦SP 坂口健太郎がアジさばき&フライ
  1. 東野
  2. 渡部
  3. キムラ
  4. スタジオ
  5. 宮本
  6. 永野
  7. マリック
  8. 拍手
  9. 坂口
  10. ホント
  11. お願い
  12. 今日
  13. 久田
  14. 今回
  15. 奇麗
  16. 坂口君
  17. 大丈夫
  18. Mr
  19. キテ
  20. ミヤック


『行列のできる法律相談所 永野芽郁がドリフト駐車!宮本浩次が超魔術!初挑戦SP』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


♪~

<ところが!>

♬~

『行列のできる法律相談所』へ
ようこそ。         今夜は…。

皆さん よろしくお願いします。

さぁ まずは 宮本浩次さん
よろしくお願いします。

(渡部) 宮本さん!
(東野) ようこそ。

ようこそ 今回は この…。

また…。

(渡部) こんな感じだったな
こんな感じでしたね。

いつも こう やっぱ…。

…のイメージあるじゃないですか。

(渡部) えっ!?
(滝沢) えぇ~?

(宮本) するようになったんで
ちょっと…。

いつでも だから 一日…
何か 替えたりとか。

いやいやいや…。

ゆっくりしたいじゃないですか。

また… すごいな。

ほんで 今回…。

(東野) 楽しみ 何するのか。

結構…。

…と聞きましたけど。

(東野) 無表情ですけど。

俺は 一体
誰に しゃべってるんだ?

続いて 坂口健太郎さんです。

(歓声と拍手)

坂口君 何か
聞いたところによると…。

今 あんまり やってない?
(坂口) 今は もう 全然。

(東野)
俺も よう分からんねんけど。

すごいね!

(渡部) 1個の 1個の…。

3桁っていうのは。

さすがです。
3桁は上げたいなと思って。

…の仕事もすんの?

マラソンがね 思いの外…。

もともと お笑いなの 俺は。

で 坂口君も この後…。

はい。
(観客) えぇ~。

何となく
今日のスタジオの収録…。

次やることに集中してるから
こんな感じやねん。

(笑い)

緊張し過ぎやて! 何やねん!

(東野) こんな坂口君 大変やで。

(渡部) ここにいなくていいわ
2人とも そんな顔してるなら。

続きまして 永野芽郁ちゃん
よろしくお願いします。

(歓声と拍手)

芽郁ちゃん あれやんか
この間 来てくれた時ね

筋肉 好きっつって。
(永野) はい。

今は…。

やっぱ…。

そして 永野さんも…。

もう でも 私は…。

(渡部) して来たんだ。
(東野) この後 もう…。

でも ちょっと 一応…。

いやいや オフらんでええねん。

(渡部) オフらなくていい
困る 困る これ 3人。

もう終わってんねん。

そして キムラ緑子さん
お願いします。

よろしくお願いします。
(歓声と拍手)

(東野) 今日 もう…。

実は キムラさん…。

(東野) あら! 来た。

(東野) 言うたほうが
ええんちゃいます?

(拍手)

の割に…。

こんな方だったんだなと思って。
確かにね うん。

あの その髪形は…。

髪形 そんな…。

(東野) すぐ 癖でね こうする
これ これ これ。

(渡部) 印象ありますよ これ。
(キムラ) アハハハ!

(東野) それね
これが宮本さんですから。

近所の…。

(渡部) 宮本さん 今の。

だから 違う! だから…。

(東野) 小学校 言いたいのよね。

それでは 史上最強の弁護士軍団
紹介しましょう。

今夜は 北村弁護士に…。

…していただきます
お願いします。

(北村) ドラマ 映画に…。

(北村) 今 思い切り…。

…があるそうです
こちらをご覧ください。

<永野が…>

<それは…>

<三本さんは 3人の子を持つ…>

<…が笑えると話題に>

<すると>

<しかし…>

(拍手)

(東野) おもろい おもろい。

でも 更新されたら
移動中に見ると…。

漫画に出て来てる家族
本物の家族に やっぱ…。

おぉ~ ということで?

はい 本日…。

ご登場いただきましょう どうぞ!
来てくれましたよ。

♪~    薬 ちょうだい。

♪~

(渡部) 何? 今の。
いや 違うんですよ。

恥ずかしいから 顔 出せないから
ここで止まったら

一番下の子が こうやってもうて。
(キムラ) めっちゃ かわいかったよ。

(永野) かわいい。
(東野) 出しちゃったよ。

(渡部) かわいい。
かわいいですよね。

お母さん!

(キムラ) あら。

はじめまして どうも。
(永野) はじめまして。

…なんですって。

ユキ君 こんにちは。

永野さんは…。

あっちに。
(永野) いいんですか?

行って。
(東野) 会って来たら?

いいよ。
(永野) いってきます。

(東野) いってらっしゃい。
(キムラ) いってらっしゃい。

横から。

(永野) あっ。

(永野) えっ ちょっと!
(東野) どう?

あっ もう
漫画に出て来る そのまま?

(永野) こんにちは。
(三本さん) こんにちは。

まぁ でも
よかったですよね 見れてね。

さぁ というわけで 実は 今日
三本さんが 特別に…。

これを…。

うれしい。



(スタジオ:後藤) えらい差やな。

(拍手)
(キムラ) 素晴らしい。

ちゃんと こう オチが。
(東野) オチが ちゃんと あって。

描いてもらいました。

よかったですよね。

そして 永野さんに…。

えぇ~!

ねっ 後でね。
はい 撮りたい。

お母さん…。

やめぇ!

(渡部) お母さん!
お母さん!

ホンマ ちゃんと…。

(キムラ) おもしろい。
他も だって…。

いますよ われわれも。

お母さん! お母さん!

じゃあ 後でね せっかくですから
撮ってもらいましょう。

すいません 三本さん
今日は どうも…。

(三本さん)
≪ありがとうございました≫

さぁ それでは 行きましょうか。
はい 今夜は…。

まずは…。

ご覧ください。

できることって どんなこと?

<嫉妬に駆られた…>

<さらに…>

<そして 今回 坂口が…>

<そこで 番組で…>

<ランチタイムの営業は
アジフライ定食のみ>

<氷水で 一気に締め…>

<粗めの生パン粉をまとわせ…>

<あとは…>

<仕上げる>

<こちらが…>

<たっぷりの大根おろしに
ワサビを添え…>

<落とすのが こだわりの食べ方>

<この後 スタジオで

田中さん監修のもと 坂口が…>

<社会現象にもなった ドラマ…>

<…を演じ>

<そんな永野が…>

<カーブなどで
スピードを落とさずに

後輪を滑らせて曲がる
高度な運転テクニック>

<今回 やって来たのは…>

カッコいいなと思って。

(車のエンジン音)

(永野) うわ すごい! うわ!

(永野) めっちゃカッコいい。

<今回 教えてくれるのは…>

<念願のドリフトに…>

<今回 永野が挑戦するのが

車1台分の限られたスペースに
スピードを落とさずに停車する

ドリフト駐車>

<まずは…>

(永野) うお~!

うお~!

うお~! ハハハ。

<まず…>

<駐車スペース手前で
フットブレーキを踏み

その後 すぐに
サイドブレーキを引いて

ハンドルを
右に切ると…>

<3つの動作を1秒で
素早く操作できるかがポイント>

<この日 永野が…>

よっ。

<まずは…>


(スタジオ:東野) すげぇ。
(スタジオ:キムラ) 度胸ある… すごい。

うお~。

スピードが遅い。

(渡部剛士さん) そうなんです。

<動作のタイミングを
合わせると

後輪が奇麗に滑る>

(剛士さん) そう
そうそう そうそう。

お~!

(剛士さん)
もうちょっと もうちょっと。

(スタジオ:渡部)
いいよ スピード出てる。

(剛士さん) そう。

そう。

そう。

(剛士さん) でも…。

<枠より手前ではあったが

奇麗に90度 回転して
停車ができた>

♬~

♬~  (スタジオ:キムラ) カッコいいわ。

♬~

(スタジオ:東野) 行け!

(スタジオ:東野) お~!

(スタジオ:渡部) 惜しい。
(スタジオ:東野) 難しい。

(スタジオ:渡部) 難しいね
そうも行かないんだな。

<そして…>

(スタジオ:一同) うわ~!

(スタジオ:渡部)
やった! すごい すごい!

(スタジオ:キムラ) すごい 完璧。
(スタジオ:後藤) すごいやん!

うわ~!

<後輪の滑りは完璧>

<横幅は ぴったり>

<そんな永野に…>

<ハンドルを切ったまま
アクセルを全開にすると

後輪が空転>

<ドリフト駐車に比べ
簡単な割に 派手に見える>

(剛士さん) はい。

(スタジオ:東野)
怖い 怖い 怖い 怖い…。

(スタジオ:キムラ) 怖くないの? すごい。
(スタジオ:東野) 笑うてるで。

(スタジオ:キムラ)
ホンマ 笑うてる すごい。

(永野の声) 回った 回った。

(拍手)

あんな…。

ホントですか。
うん でもな ホンマに…。

役で。
カースタントみたいなね。

絶対 やったらアカンで。
はい。

宮本さん いかがですか?

(宮本) 素晴らしいですよ でも…。

そして 坂口君。

はい。

アジフライ。

…と言ってもいいぐらい。

はい。

あれ 1回 さばけたら
ずっと さばけるもんじゃないの?

今日は…。

(滝沢) すごい。

さぁ というわけで。

はい 今日は そんな
坂口さんのために…。

どうぞ。

(拍手)

よろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。

これが 今から さばいてもらう
アジなんですけど…。


いろいろ
教わったんでしょ? 今日は。

1個だけ…。

それ以外は まぁ…。

さぁ それでは
さばいてもらいましょう。

はい。
ちょっと さっきより…。

そうなんですよ。
大丈夫?

(坂口) そんな でも…。

(田中さん) 包丁 ここ入れやすい。
なるほど。

さぁ さばいてもらいましょう。

(坂口) 最初に ここを
落とさないといけない。

ここは 何ていう名前なの?

(笑い)

(坂口) ここを落とさないと。

ぜいごを落とす。

(東野) ちゃんと してる。

(渡部)
いよいよ まず 頭 行きます?

(東野) うわっ。

はい 素晴らしい。

(渡部) 内臓 取って。

(東野) そうね… あっ 行った。

(渡部) あっ 来たよ
ここ 大事ですから。

(パチパチという音)

(渡部) 今 パチパチパチって
いったのが ちゃんと…。

へぇ~!

職人さんに聞きますから。

(笑い)

奇麗ね。

骨を切るんかな?

(東野) 上手にね。
骨 剥がす。

(東野) 頑張れって 芽郁ちゃん 顔
してくれへんかな 映ってるから。

そうそう そうそう
ありがとう そうそう そうそう。

(渡部) 来た… 来たか?

いいじゃん いいじゃん
いいんじゃない?

(拍手)

田中さん…。

(笑い)
(渡部) さすがに それは。

(キムラ) 奇麗。
お~ できた。

(拍手)

(渡部) はい 奇麗。

(キムラ) すごい奇麗。

坂口さんが レクチャーを受けた際
さばいたアジに 塩を振って

1時間 寝かせたものが
こちらになりますので。

これも 実際に 坂口君が
さばいたということですね。

(坂口) そうですね。
さぁ それでは…。

(坂口)
ちゃんと 最初は 浸します。

ちゃんと 尻尾 持って 浸します。

(坂口) のっけます。

で もう…。

こういう状態です。

たっぷりのパン粉で押す。

(田中さん) 一緒に 1枚ずつ。
向きもあんねや 入れる向き。

(揚がる音)
(渡部) いい音 おいしそう!

(東野) ええ音。
(永野) うわ~。

(渡部) いや おいしそう。

もう 自分の感覚で行きましょう。

(キムラ) 1回だけ?

うわ~ いい色になって来た!
(渡部) おいしそうだけど。

(キムラ) いい色ですね。
(東野) ええよ。

(キムラ) おいしそう。

(永野) おいしそう!
いい感じ いい感じ!

(渡部) おいしそう!
(キムラ) カラリと来てる。

(東野) うまそう。
(永野) すごい。

(渡部) うまそうだね OK!

(拍手)
おっ 完成しました。

(東野) 大根おろしやね。
大根おろし。

(キムラ)
すごいね 大根おろし。

はい 完成しました~。
(拍手)

せっかく作りましたから…。

(東野) そりゃそうよ。
いいんですか?

もちろん。

(キムラ)
揚げたて サクサクいってる。

(渡部) いいね。
(永野) うわ~。

おいしそう。
おいしそう。

(渡部)
うまそう いい感じじゃない。

いただきます。
(坂口) これ つけなくていいの?

そのまま?
まずは このままで いただきます。

揚げたてですもんね。

(渡部)
一番おいしい 今まで食べた中で。

(拍手)

皆さんも食べたいと思いますんで。
(渡部:東野) 食べたい!

さぁ これは…。

(拍手)

(東野) いかがですか?
(永野) おいしい。

(キムラ) ホントに
おいしいですよ。

手作りのね。
もちろん もちろん。

(キムラ) 分厚い。
(坂口) 熱いかもしれないです。

おいしい… えっ? こっちの…。

(笑い)
(渡部) 率直に そりゃそう。

プロが揚げてるからね。
(坂口) そりゃそうです。

…みたいな感じです。

じゃあ…。

でも めちゃめちゃ おいしい。

よかった ぜひともね これ また
趣味にして楽しんでください。

というわけで 田中さん 今日は
どうもありがとうございました。

(拍手)

続いて 行きましょう。
続いては…。

ご覧ください。
来ました!

♪~

<代表曲 『今宵の月のように』は
80万枚の大ヒット>

<中学 高校の…>

<バンド名の由来は…>

<…から ノリで付けた>

♪~

<全国ツアーでは
ソールドアウト続出>

<『紅白歌合戦』への出場も
果たした>

♬~

<楽曲が…>

<そして 去年…>

<今月 初の…>

<そんな宮本が…>

どうも あの…。

<宮本が…>

ホントに…。

っていうか…。

<早速…>

こんばんは。

(Mr.マリック)
ようこそ お待ちしておりました。

<宮本 憧れの…>

<まずは マリックから…>

<代名詞ともいえる…>

(マリック) ないですね。

渡せばいいんですか?
(マリック) はい。

ホントに?
すいません じゃあ これで…。

じゃ すいませんが この手の上に。
はい。

(宮本) はい。

行きますよ。
はい。

(スタジオ:滝沢) どうなってるの?
(スタジオ:キムラ) 何?

(スタジオ:東野) キテますね。
(スタジオ:渡部) キテるね。

宮本さん これ…。

(宮本) はぁ~。

これ 浮いてますよ。

あ~ 飛んでっちゃう。

これが…。

(スタジオ:東野) 「はぁ~」やない!
(スタジオ:渡部) 驚いてあげて…。

<さぁ それでは…>

<Mr.マリックから…>

シャンパンのバケツですね
そして ハンカチ。

使うのは この2つだけ。

何もないハンカチの真ん中
ここですよ ここ。

小金が出て来るんですよ。

出て来ましたね
あっ まだ出て来ますよ。

出て来ます まだまだ出て来ます。

切りがないですから ちょっと…。

<方法を教わり…>

ほっ。

(小銭が入る音)

<宮本が…>

はい。

(拍手)
あぁ~。

いや…。

(笑い)

本日は…。

ご登場いただきましょう どうぞ。

♪~  (渡部) 来た ハンドパワー。

♪~

(東野) 来た!
♪~    Mr.マリックさん!

さぁ 宮本さんも。

マリックさん
よろしくお願いします。

(東野) 何か…。

そうですよ もう 今は そうです。
(東野) 色みも。

マリックさん 先ほど VTRでも
おっしゃってましたけども。

(マリック) もうね 私…。

(東野) えぇ~!
そうですか。

挙動不審でしょうか。

ところが
ところが めちゃめちゃ…。

(マリック) 私…。

あら これは楽しみですね。

(マリック) いや すごいですよ。

頂きました。

♪~

急に。
(笑い)

(渡部) どうしたんですか 急に。

<この後 宮本浩次が…>

(宮本) こうやって こう…。
(マリック) あっ 危ない!

それでは…。

どうぞ!

(東野) おっ。
♪~     (渡部) ミヤック!

ミヤック!
♪~     (東野) ミヤック!

♪~

(歓声と拍手)

Mr.…。

(渡部) おっ 来た Mr.ミヤック。

(宮本) これ ホントに…
これ ワインの入れる…。

と 私が…
これ ハンカチなんですけど。

この中から ハンカチが
出て来るんじゃなくて…。

(東野) コインが?
さすがに出て来ない… えっ!

(渡部) 出て来た 出て来た。

みんな 優しいですね。
あぁ 出た 出た…。

(拍手)

この真ん中の所から こう。
(渡部) あぁ 出て来た。

(拍手)

ふっ!
(渡部) 何?

(東野) えっ!
(キムラ) 出て来た!

無限に?
(渡部) 無限に出て来る?

ちょっと 緊張して来た
すいません… ほっ!

無限に出る?
(東野) どんどん出て行く。

でも ちょっと 切りがないんで
これ ちょっと これ…。

ホントに これ。

これ 何か
特別なものらしいんですよ。

これ。
(小銭が入る音)

(観客) わぁ~。

でも それなりに…
どうでしたでしょうか?

(拍手)

これ もう ちょっと…。

…していただきました。

これ あの~ すごい…
そうなんですよ。

知ってますか? これ 刺繍の

何か
こういうやつらしいんですけど。

ちょっと あの 今日はね…。

はい。
(宮本) 来ていただけますか。

来る? 怖いな。

(宮本) こちらに ちょっとね…
あっ 後藤さん こちらです。

ちょっと 後藤さんに この…。

あぁ いいですよ スーツね。
スーツの この上着をお借りして。

大丈夫ですか?
大丈夫ですよ はい。

これを
ちょっと 手伝っていただいて

これを…
ここの ちょっと だから…。

ちょっと持ってて…
大丈夫ですか?

(宮本) ちょっと持って…
マリックさん すいません。

すいません
よろしくお願いします。

それで これ ホントに あの…。

この ここの ちょうど
この線のとこでいいですね。

(マリック)
はい そうです 縫い目ですよ。

(宮本) 縫い目の ここの所から
これが こう 貫通するっていう。

ズバっと入る?
(宮本) ここですね この この…。

ここの これですね
大丈夫? 大丈夫ですか?

俺のちゃうし これ 衣装ですよ。

(宮本) ここの…。
(マリック) 危ない 危ない。

(宮本) ここを

こうやって こう…。
(マリック) あっ 危ない!

アカンやん。

えっ?
いや もう 完全に入ってるやん。

(宮本) ちょっと待ってください。
失敗でしょ これ。

(宮本) どうですか?
マリックさん これ。

抜いていいですか。
(東野) うん。

(宮本)ちょっと持っててください。
あっ 持つ。

(マリック) ちょっと待って。

(東野) マリックさんが
小っちゃい声で 「あら~」。

(笑い)
(渡部) 貫通した?

いいですかね これ。

ふっ!

キテる?
(マリック) うん キテる キテる。

(宮本) はぁ!

(東野) 手で そんなんしても
無理でしょ。

あっ!

穴 開いてません!

(拍手)

何で?
(マリック) 大丈夫です キテます。

これが ハンドパワーなんです。

(渡部) 出た!

(拍手)

(渡部)
ハンドパワー! ミヤック!

(渡部) すごい すごい。
すごいですね。

いや ホンマに… 坂口君ね。
(坂口) いや ホントに…。

…と思いました。

すごいですよね。

(拍手)

(マリック) いや もうね…。

ちょっと こう
挙動不審なところが。

…と思ったから。

カレンちゃん
よかった? 今のマジック。

よく分かんなかったですけど
でも…。

しっかり できてましたよね
芽郁ちゃんね。

(永野) すごかったです。

はい ありがとうございます。
(マリック) すごい。

はい Mr.マリックさん
どうも ありがとうございました。

(マリック) ありがとうございました。

(宮本) お世話になりました
ありがとうございます。

さぁ 続いて 行きましょう。
続いては…。

ご覧ください。

<23歳の時に…>

<女優活動を始め…>

<そこで見せた…>

<ど派手に すっ転ぶ…>

<この勢いある コケ方に…>

<そして 今月13日からは
キムラと…>

<…の舞台 『有頂天作家』が
東京 大阪で上演>

<見た目のとおり…>

<そんなキムラが…>

<実は キムラ 海外から…>

<そこで 協力してくれたのは…>

<一部のチーズは お店で…>

<チーズの本場 フランスで…>


(拍手)
どんな味やろな?

…な チーズ。

そうですよね ヤクが
あんまり ピンと来ないです。

僕も…。

行ける?
うん 結構 好きですね。

<この後…>

さぁ というわけで。
ここで 今回…。


珍しいそうですよ。
(キムラ) キャ~ うれしい すごい。

そして チーズ熟成士の久田さんにも
お越しいただきました。

よろしくお願いいたします。
はい よろしくお願いします。

すごい。

≪すご~い≫

やっぱり…。

(久田さん) そうですね。

(久田さん) こうやって…。

ヤクチーズから行きましょうよ。

(久田さん)
土地の香りとか 木の香りとか

そういった自然の香りとか。

うわ…。

(東野) 濃いの?
うん 何か。

ちょっと ひと口だけ食べてみて。

(東野) あと…。

あっ これ?
(久田さん) これですか?

(久田さん)
…っていうチーズなんですけど。

…の状態ですね。

(笑い)

(東野) うわ~ すごい すごい…。

見たことない こんな やり方。

(キムラ) いや~ これ…。

(久田さん) こんな感じで…。

(東野) 奇麗 これは 何か
いいんじゃないですか。

いただきます えっ?

あっ これは…。

あぁ すごい。

そんな強い?

いや もう…。

かむと。
へぇ~ おいしい?

あっ ホントだ。
(キムラ) おいしいですよね。

おいしい おいしい。

(東野) へぇ~。

これ ホント
なかなか食べられないものだと

思いますけど
満足していただけました?

はい ありがとうございます。

ありがとうございます。
いや~ ありがとうございます。

久田さんに来ていただきました
ありがとうございました。

(キムラ) うれしい。

さぁ…。

SNSとかで…。

メッセージとか頂くことが
ちょこちょこ あるんですね。

えっ でも 今日 それこそ…。

(坂口)
何で? 誰だろうな?と思って。

悪いことに利用されたら
みたいな… 北村先生。

単に…。

(北村) ただ 例えば…。

(北村) そういうふうに
なって来ると これは…。

(菊地) 例えば 何か…。

(菊地) ただ単に…。

まぁ ちょっと…。

ここで…。

はい 僕たちが出演する映画

『仮面病棟』が
3月6日から公開されます。

とっても おもしろい映画ですので
ぜひ ご覧ください。

芽郁ちゃんが…。

で 坂口君…。

それは難しい。
(渡部) 今回 ある…。

(スタジオ:渡部)
…が 立てこもるんですよ。

なんと その…。

何だ?

(スタジオ:渡部) さぁ 皆さん この…。

(スタジオ渡部)
が 待ってます 皆さん…。

(東野) 渡部。
(渡部) 何ですか?

ホントに!

(渡部) 何 何 何?

(坂口) おぉ~。

(笑い)

さっき ちょっと…。

これからは ちょっと あの…。

<そして…>

<…は 一体
誰なのか?>

<のために…>

<広瀬 絶賛…>

<さらに 柄本
女優Yが好き過ぎて

汗だく!>

(吉沢) よっ!
<そして 吉沢>

<全ては 次週>


関連記事