セブンルール【ランチのみ営業30分で完売も!東新宿の立ち食いスパイスカレー】1日30食限定の絶品カレー!…


出典:『セブンルール【ランチのみ営業30分で完売も!東新宿の立ち食いスパイスカレー】』の番組情報(EPGから引用)


セブンルール【ランチのみ営業30分で完売も!東新宿の立ち食いスパイスカレー】[字][多]


1日30食限定の絶品カレー!

心と体に優しいスパイスカレーを提供し続けるカレー店店主密着!

店名に込められた彼女の思いと、7つのルールに迫る!


番組内容

◎7つのルールを手掛かりに、輝く女性たちの素顔を映し出す新感覚ドキュメント。

スタジオではYOU、オードリー若林正恭、俳優・青木崇高、芥川賞作家・本谷有希子の4人が予測不能な自然体トークを展開する。


◎カレー店「サンラサー」店主・有澤まりこ、43歳。東京・東新宿にあるこのお店はランチタイムのみ営業の“立ち食いスタイル”。30食限定の絶品カレーを求めて、開店前から大勢の人が列を作る。

番組内容2

メニューは定番カレーと、週替わりカレーの2種類があり、中でも2つのカレーが一度に楽しめる“あいがけカレー”が一番人気だ。


◎熊本県出身の彼女。会社員をしていた頃、ある雑誌のインド料理特集に衝撃を受けた。その後、カレーに魅せられた彼女は上京し、働きながらインド料理を学んだ。40歳の時、知人から誘われ新宿ゴールデン街で間借りカレー店を始めると、その味は瞬く間に評判となり、そこから半年後に

番組内容3

現在の店をオープンした。


◎店名の「サンラサー」の“サン”は、インドのサンスクリット語で“集まる”という意味。彼女がそう名付けたのは、「人が集まる場所にしたい」という思いからだった。その名の通り、店には、彼女との会話を求めて人々が集う。心を尽くして作るカレーで、食べる人を虜にし続ける、人気カレー店、その理由と、彼女の7つのルールに迫る!

出演者

◎スタジオキャスト

青木崇高 

本谷有希子 

YOU 

若林正恭(オードリー)

出演者2

【有澤まりこ/カレー店 サンラサー店主】

熊本県出身43歳。会社員時代の25歳頃、料理雑誌のインド料理特集に衝撃を受け、カレーに魅せられる。その後上京してインド料理を学び、40歳で新宿ゴールデン街の「BAR miki」で間借りカレー店を始める。その約半年後に東新宿に現在の店「サンラサー」をオープン。夫と息子との3人暮らし。

ご案内

◎YouTubeで未公開トーク「フライング!セブンルール」公開中!

◎公式ホームページ

http://www.ktv.jp/7rules/

◎公式ツイッター

@7rules_ktv

◎公式インスタグラム

@7rules_ktv

◎公式LINEもオープン!


『セブンルール【ランチのみ営業30分で完売も!東新宿の立ち食いスパイスカレー】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

セブンルール【ランチのみ営業30分で完売も!東新宿の立ち食い
  1. 若林
  2. カレー
  3. 青木
  4. 彼女
  5. 本谷
  6. お客さん
  7. 開店
  8. ココイチ
  9. カレー店
  10. ゲーム
  11. スパイス
  12. マハラジャ
  13. 宇宙
  14. 今日
  15. 時間
  16. 時間前
  17. 食限定
  18. 店内
  19. インド
  20. ウソ


『セブンルール【ランチのみ営業30分で完売も!東新宿の立ち食いスパイスカレー】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


(ナレーション)「セブンルール」
今回の主人公は…。

オフィス街の一室に
そのカレー店はある。

店内は 大人6人が
立って食べるのが

やっとの狭さ。

しかし その味が
口コミで広がり

今では 毎日 行列が絶えない。

やっぱり…

ははははっ。

メニューは定番カレーと
週替わりカレーの2種類。

(本谷)タコと大根 おいしそう。

2つのカレーが一度に楽しめる

あいがけが一番人気だ。

営業はランチのみ。

30食限定の
絶品カレーを求めて

開店前から大勢の人が列を作る。

(有澤)ごめん…

(若林)かわいそう。

あまりの人気に

開店30分で
売り切れてしまう日も

少なくない。

人気の理由は
カレーだけでなく…。

インドの古代語で

「サン」が集まる。

で 「ラサ」が味。

1日30食限定の絶品カレーで

食べた人を笑顔にする。

カレー店 サンラサー店主
有澤まりこの

7つのルールとは?

「セブンルール」 始まります。


(YOU)おいしそう。
おいしそうですね。

ああいう なんか こう
30食限定みたいな

実力派の店って
なんか ありますよね。

(青木)ありますね。
(若林)お昼だけみたいな。

「すいません 今日もう
売り切れなんです」って言って

「ああ そうですか」って
なったときに

食べてる人の表情
なんとも言えないです…。

ははははっ。

どっちもあるよね。

こういうパターンで
間に合わなくて

断られたあと 何食べるか
めちゃ難しいですよね。

わかる。
もう 口が完全にサンラサーに

なってるじゃないですか。

カレー どのカレー屋 行っても
下回るじゃないですか。

下回る。 だからって ギョーザ

急にギョーザっていうのも…。
そうなんすよ。

ねえ。
(若林)困るんだよな これ。

午前9時

仕込み作業は
開店2時間前から始まる。

すごいな。
ちっちゃい店なのにな~。

開店2時間前でしょ?
(青木)2時間前でしょ?

あんまり…

常備している
35種類のスパイスを使い分け

思い描くカレーを作っていく。

ご飯にも
数種類のスパイスを混ぜ

炊き上げる。

もっと作れるじゃんね。

定番は 花サンショウの
ポークキーマカレー。

辛いはイコール
スパイシーではないので。

体に効く効果は…

何しろ…

これまで作ったカレーは
300種類以上。

その ほとんどが

子どもでも
食べられる辛さだという。

うちで出してるカレーは
日常食に近い。


熊本県出身の彼女。

会社員をしていた25歳のころ

とある雑誌の
インド料理特集に衝撃を受けた。

その後 カレーに魅せられ 上京。

働きながらインド料理を学んだ。

ハマったね~。

(若林)へえ~。

40歳のとき 知人から誘われ

新宿ゴールデン街で
間借りカレー店をオープン。

ゴールデン街で。

その味は 瞬く間に評判となり

半年後
現在のお店をオープンした。

よし。

午前11時 開店。

あっという間に 店内は満席に。

店の外には 順番待ちの
お客さんが並んでいた。

はい ありがとうございます。

いないんだよね? ちょっと…

慌ただしく
カウンターの中を動き回り

調理 接客 後片づけなど

全て1人でこなす。

そして 開店から1時間。

7人 え~っと…

完売のお知らせを貼るのは
お客さんの役目。

かわいそう。

ああ ごめん お願いがある。
え~っと…。

はい。
売り切れましたって

ツイートしといてね。
は~い。

そのうち 玉ねぎ
買ってきてとか言われそう。

また 別の日には…。

かたすだけですけど。

午後3時

閉店後は 翌日に向けての
仕込み作業を行なう。

なんで あの なんか…

作っているのは

インドのお漬物アチャール。

カレーの付け合わせとして
出される アチャールは

季節によって
旬の食材で手作りする。

さらに 毎月の初めには…。


まあ 来月は もうちょっと
2月ですし

黒コショウとかを使って
もっと もっと

ガッて温まるような…。

季節ごとに 体調の変化に合わせた
スパイスを使うため

必然的にメニューは

毎月 変わる。

おいしそう。

そんなカレーを食べた
常連客は…。

ははははっ。
そうだよ~。

(青木)12時に売り切れって
すごいですよね。

11時開店で
まあ 30食とはいえ。

やっぱ おいしくないと

あんなに
お願いできないですもんね

お客さんにね。
できない できない。 そうだよ。

イエイ。
(本谷)やった~。

(若林)何カレー? これ。

宇宙ですよ 宇宙。
(若林)宇宙?

(青木)はい。
(若林)無限に広がってる?

(青木)いや だって もう 全然

香りが場所によって 全然違う。

いただきま~す。

うん。
(本谷)いただきます。

おいしい。 キーマ。
(若林)おいしい。

(青木)ほんとに うまい。
(若林)うまっ!

歴代で…

入る。
確かに おいしい。

きんかん? きんかんも うまい!
ウソ?

(若林)きんかん
めちゃくちゃ うまい。

この きんかん…

(笑い)

スカッとするっていうか
さっぱり。

「よし!もう1回」っていう。

1からね。
(若林)もう 1から。 ははははっ。

休日 彼女の自宅を訪ねた。

え~っと…

はははっ かわいい。

この日の夕食は…。

ははははっ。

ははははっ。

彼女が家で作るカレーには

あるルールが…。

えっ 違うのかな?

ああ ルー使うんだ。

スパイスカレーも
おいしいですけど

メーカーさんのルーって
ほんと よくできてますよ

すごく。
もう 誰が作っても おいしいもん。

なんか おいしそうだな やっぱり。

30分後 カレーが完成。

そうだよ。
(息子)確かに。

(孝之)

(本谷)ええ~。
(若林)これで 分かれるのか。

定休日の土曜日。

ああ 片づいてる。

一生懸命 片づけたようです。

こんなんやって 豚をつぶして…

埼玉県にある 精肉店から

東新宿のお店まで
自らの手で肉を運ぶ。

本当は 例えば
日曜日の昼間とかにね

配達に来れれば
夜 寝れるので楽なんですけど

子ども よろしくね つって
出れる時間が

土曜の深夜しかなかった。

で なんか…

割と この…

ような感じがしますね。

ふ~ん。

深夜0時

1週間分
16kgの肉を店へ運んだ。

家のカレーも おいしそうやった。
(若林)あれ おいしそうでしたね。

ルーのカレーね
意外とおいしいですよね。

おいしいよね。

(若林)俺 あの

チェーン店にしては…

それ みんな
メンズ 言うんですよね。

私 まだ ココイチ バージンで。

えっ? ははははっ ウソ?

全然 関係ないですけど

ココイチの福神漬を食べたあと

水飲むと
めちゃめちゃ甘くなるんですよ。

(青木)ははははっ。
マジで?

それで 俺
これ 俺だけなのかなと思って

ネットで調べてみたら 同じこと
言ってる人 いっぱいいて。

えっ?
(青木)おお?

ココイチの福神漬食べて 水飲むと
ホワ~ッてなるんですよ。

すげ~ 行ってみたいじゃん。
ココイチ バージンだから。

ちょっと
やってみてほしいですよね。

この日 彼女の姿は

キッチンスタジオにあった。

でも あの…

ワ~ッて…

月に1回 主催する料理教室。

食材の下準備は
生徒が来る前に済ませておく。

なんだろう…

甘い香り…

(若林)へえ~。

生徒の多くは

彼女の店のお客さんでもある。

一応 なんか…

この日 教えていたのは

クミンライスと
バターチキンカレー。

ジュー!

あの…

彼女が料理教室で教えるのは

作り方だけではない。

マハラジャはね
おうちに使用人さんがいて

料理は マハラジャとか
マハラジャの奥さんしないんです。


≪すごい しらすまで入ってる。
でしょ~。

うれしい。

カレーがおいしいとか
ご飯がおいしいのは

そもそも
前提条件としてあって…。

ありがとうございました。

これが あれの それで これね。

熱いから気をつけて。
段差が2回あるから 気をつけて。

店内には
無料のコーヒーとお菓子を常備。

へえ~。

さらに彼女は こんな気遣いも…。

ははははっ。

また 別の日には…。

ありがとうございます。

早く消さないとね
ろうが垂れて

ケーキが食えなくなる。
早く消す 早く消す。

常連のお客さんの誕生日を
サプライズでお祝い。


最後のお客さんを
見送ったあとも

彼女は
すぐに店を閉めようとはしない。


どんなに早く
カレーが売り切れても

営業時間の午後3時までは待ち。

お客さんが来れば
コーヒーとお菓子で

たあいもない会話をする。

あの…

人が集まる場所にしたい。

そんな思いで名付けた
サンラサーには

今日も多くの人が訪れる。

1日30食のカレーと
彼女との会話を求めて。

ほんと 常連の人たちに

申し訳ない気分に
なっちゃいましたね。

ははははっ 確かに。 ここでね。

(本谷)並んでないのにね。

31番目だった人たちが
今 見て

「ふざけんな!」と。
(本谷)ははははっ。

お前らのせいで。

今日 本来なら食べれるであろう
その4席。

全てから解き放たれる時間って
ありますか?

でも 新幹線 乗ってるときとかも
結構 好きですね。

車窓を眺めるの?
(青木)眺めたり

なんか 本読んだりとか…。
(本谷)ああ そうなんだ。

俺 なんか
忍者みたいのを設定して

どんどん飛び移ってくと
永遠見てられる…。

(青木)わかる!わかります。

それ 子どもが
やるやつじゃないの?

(青木)ピョ~ンみたいな。
(若林)そうそう そうそう。

そうそう そうそう。
スタスタみたいな。

ゲームっぽい。
ゲームっぽく 横スクロールの

ゲームみたいになって…。
ああ~。

(本谷)ははははっ。

(笑い)

バカな男だけかもしれないけど。

(本谷)なんか考えてるなと思って
車窓を見てる人は それを

考えてるかもしれないってこと?
ピョンピョンしてるかも。

(若林)たまに
テレビ局の駐車場に

1人で車に乗ったまんまの
タレントを見ると

ゾッとするときがあるんですよ。
ははははっ。

それは ゾッとするね。
(若林)ありません? なんか。

ここで 無になるんだねって

忙しい人って やっぱり。

はははっ。

車乗ろうと思ったら こう

あの 運転席で
こういうふうにしてる人がいて

その5分が大事なんでしょうね。
大事なんだよね。


関連記事