ダウンタウンDX WWE中邑真輔・小鳩ミク・白濱亜嵐!世界で活躍SP・メイド姿でハードロック!小鳩ミクに…


出典:『ダウンタウンDX★WWE中邑真輔・小鳩ミク・白濱亜嵐!世界で活躍SP』の番組情報(EPGから引用)


ダウンタウンDX★WWE中邑真輔・小鳩ミク・白濱亜嵐!世界で活躍SP[字][デ]


★世界を魅了するプロレスラー・WWE中邑真輔ウワサの年収は?★メイド姿でハードロック!小鳩ミクに浜田激怒?★GENERATIONS白濱亜嵐がアノ国で整形疑惑!!


出演者

【司会】

浜田雅功(ダウンタウン)

松本人志(ダウンタウン)


【ゲスト】

入山杏奈(AKB48)

勝俣州和

木嶋真優

古坂大魔王

小鳩ミク(BAND-MAID)

白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)

仲宗根梨乃

中邑真輔

森田哲矢(さらば青春の光)

渡部陽一

番組内容

★世界最大のプロレス団体で大活躍!中邑真輔の過密すぎる試合の1日!さらに噂の年収は?★メイド姿でハードロック!小鳩ミクの独特なしゃべり口調にダウンタウン激怒?★男前過ぎ!GENERATIONS白濱亜嵐がアノ国で整形疑惑?★古坂大魔王がついにピコ太郎の正体を大告白!アカペラPPAP披露★世界各国を飛び回る一流ヴァイオリニスト木嶋真優の意外な癒しにスタジオドン引き★戦場カメラマン渡部陽一の帽子の中は?

制作

ytv

おしらせ

☆「視聴者は見た!」スター目撃情報募集中!紹介された方には番組特製オリジナルグッズをプレゼントしてます★番組終了後、Youtubeにて収録合間にポロリと漏らしたゲストの映像公開!詳しくは番組HPまで★

番組ホームページ

★ダウンタウンDX公式HP★

http://www.ytv.co.jp/dtdx/

★LINE、Facebook、Instagramも是非チェックしてね!

キーワード

大谷翔平

マイケル・ジャクソン

ジャネット・ジャクソン

ジャスティン・ビーバー

ブリトニー・スピアーズ

東方神起

少女時代

美脚ダンス

リオネル・メッシ

マイケル・ジョーダン

モルック

日本代表


『ダウンタウンDX★WWE中邑真輔・小鳩ミク・白濱亜嵐!世界で活躍SP』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ダウンタウンDX WWE中邑真輔・小鳩ミク・白濱亜嵐!世界で
  1. 勝俣
  2. 森田
  3. 古坂
  4. 小鳩
  5. 会場
  6. ゴング
  7. 一同
  8. 中邑
  9. エーッ
  10. 渡部
  11. エエーッ
  12. お前
  13. 入山
  14. 自分
  15. 拍手
  16. イヤァオッ
  17. 移動
  18. 世界
  19. 時間
  20. 中邑選手


『ダウンタウンDX★WWE中邑真輔・小鳩ミク・白濱亜嵐!世界で活躍SP』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


(勝俣)今日ヒドいっすね。
(浜田)ヒドいよ。

<今夜の『DX』は…>

いちいち…。

(勝俣)カッコいい!

<アジア人初!アメリカプロレス
WWEでトップに輝いた男…>

<あの…>

<K-POPブームの火付け役!>

<そして 世界を飛び回る
戦場カメラマンも参戦!>

(笑いとゴング)

<さらに…>

(一同)ムキムキ!

(笑い)

<超個性派キャラの餌食に!>

<そして…>

(一同)エーッ!

(勝俣)AKB!?すげえ!

プロレスラーは
中邑真輔さんで ございます!
(拍手)

(ゴング)
(古坂)わぁ~本物だぁ!

おい なんやねん!
(松本)中邑さん…。

なんやねん!
もうええわ!

≪前衛芸術みたい…≫
≪やめろ~!≫

(笑い)

♪~

<日本が誇る プロレス界の
スーパースター…>

この人ねえ…。

<アメリカが誇る…>

<ファンを熱狂させる
トップレスラー!>

<去年 大坂なおみ
大谷翔平と並び…>

<今…>

<…と 呼ばれているんです!>

<そんな中邑選手が所属する
WWEとは…>

<と 呼ばれる
常識を覆した…>

<リングに…>

<中継車を ひっくり返したりと

奇想天外な演出が
世界中のプロレスファンを

虜にしているんです!>

<そして…>

<オーケストラの
生演奏からの…>

<この…>

<リング上では…>

♪~

いやいや…。

<この独特なスタイルで…>

<見事…>

<WWEでの優勝は…>

<実力も兼ね備えた…>

(拍手)

いや~。
何で腹立つ…。
(勝俣)カッコいい!

(ゴング)
(笑い)

(笑い)

全く こんな片鱗もなく。

え マジで?
あんな10万人規模で
試合してる人が

ダウンタウンの前で
緊張するから…。

(笑い)

古坂 これやっぱり
すごいんですか?

プロレス詳しいもんね。
いや もうでも ほんとに…。

そこで普通に…。

…って来ますからね。
(一同)へぇ~。

へぇ~。
とんでもないです。

ただ すいません
VTRでありましたけど。
(中邑)はい。

独特なパフォーマンスというか
どういうことですか?
どっから生まれたの?

(中邑)やっぱり ギュッて。

それを 何すかね…
弛緩させるというか。

ず~っと そのこと
考えてたら…。

(笑い)
(中邑)行き過ぎたんですね。

ちょっとクネクネした?
まあ だから…。

だったりも あるし もう…。

って思った時には…。

(一同)あ~…。

後楽園ホールか どっかで
お客さんも

そこまで入ってない時に
初めて見たんですよ。
はい。

でも初めて時 あ もう…。

(笑いとゴング)

(古坂)はまんなかった…
はまんなかったんですか?

はまんなかった。
(古坂)はまんなかったんですか?

なんじゃ…。

(勝俣)最初はね
最初は変な人だよね。
全然はまんなかった…。

最初は もう…。

(笑い)
はまんなかったんですね。

はまんなかった。

はい。
(森田)ちょっと 僕 普段…。

ま ここでもね ちょっと
コーナーみたいなのやってますけど。

たまに ここ来る…。

不評じゃないです!
不評じゃないです。

もう ネットでの噂を もう
くまなく探してるんですけど。

(勝俣)そうだね。
(森田)で ネットで見つけたのが…。

(会場)エーッ!
(森田)というのを
見つけたんですけど。

どうなんですか?
全然有り得るんじゃない。

5億?
(森田)はい。

中には…。

あとは…。

じゃ たとえば…。
(勝俣)いきますよ すぐいきます。

ねえ 全然って感じでもない。
うん。すぐ いくと思います。

(中邑)いやいや…。
(森田)たとえば

「イヤァオッ」って
あるじゃないですか。
(中邑)はい。

あれが…。

…なら。
そうそう。

分かる 分かる…。

(古坂)どれイヤァオッか。
(森田)どれぐらいの
イヤァオッですか?

どれぐらいイヤァオッか。
1000万なら「イヤァオッ!」です。

はい。
あ~1000万で?

おい!
(ゴング)

お前 関係ないやん!

ワールドワイド!
ワールドワイド!

ワールドワイド。

(笑い)
もう嫌や しんどい しんどい。

こんなん しんどいわ~。

(森田)ちなみに
ダウンタウンさん…。

な…何やったっけ?

何が どれぐらいのイヤァオッ?
1000万が イヤァオッ!です。はい。

(笑い)
30億…。

(白濱)30億 30億。

(古坂)30億だ。
「イヤァオッ」や言うてんのに。

<世界を魅了する…>

<伝説的アーティスト…>

<25歳の若さで
ジャネット・ジャクソンの

バックダンサーオーディションを
勝ち抜いたのを きっかけに…>

♬~

<世界的アーティスト
ジャスティン・ビーバーや

ブリトニー・スピアーズなどと
共演し

トップダンサーに!>

<さらに 振付師としても
その才能を発揮!>

<爆発的に注目を浴びた
きっかけの このダンス>

♬~

<この美脚ダンスも なんと
仲宗根さんが振付けしたんです>

<今では 世界を股にかける
振付師として

東方神起などの振付けも!>

(拍手)

さあ これまた
これも古坂が詳しいのか?

これもう 僕…。

いわゆる その…。

はぁ。
そう…。
見ていったら もう…。

もう世界で
バンバン行ってるんですよ。

で もう…。

もう…ずっと…。

今日 会えると思って
楽しみにしてて…。

(笑い)
まあちょっと ちょっとね…。

ちょっと問題ありだけどね。
(古坂)マジで。

(森田)やめた方がいい
全員が幻滅してますよ。

他にも たくさんの
アーティストの

振付けしております。
ちょっとご覧ください。

え AKBもやってんの?
(入山)そうなんですよ はい。

一度お会いしてますね。

AKBは どうやったんですか?
教えてて。

(仲宗根)まず プロセスが
ヤバイと思いました。

あぁ~!!
(古坂)待ってください…。
いや ほんまヒドい。

(古坂)あっちに住んでるから
あっちに。
ほんま腹立つわ。

(古坂)いやいや待ってください。

(笑い)
(森田)なかなか ないよ。

今まで なかなか
なかったっす そんなことは。

いや さっと出来る子ら
なんですか?AKBっていうのは。

一番…ホント
一番すごいと思ったのが…。

そうですね。
(一同)エエーッ!

(仲宗根)そんなこと…。

はいはい…。
大体 朝の6時から

まあ 3時間ぐらい
振り入れの時間を取って

その後…。

Yes!
(会場)エエーッ!

え~ じゃあ
朝の6時 来た時は もう…。

うん。
そこで初めて
教えてもらうんやもんな。

そうです そうです。

ウソ!?
(入山)いや…怖いって…
何て言うんですかね。

キビキビしてらっしゃって…。

…って呼ばれてて。
(一同)エエーッ!

ほら もう おかしいやん!
(笑い)

えっ もう 絶対
○△※…ついてるやろ!
(笑い)

なんで 絶対なんですか!
えっ それ何?

こんなもん。1本。

細さ!?細さなの?長さなの?
細さとか!
(笑い)

細さとか長さとか関係ない!
(笑い)

これだけの方 やられてるんなら

かなりのお金は やっぱ

もらってるんじゃないですか?
≪そうですよね≫

えっ!?
えっ!?

(笑い)
あの…振付師の人の

そのへんが分からないんです。
相場とかがね
ちょっと分かんないんです。

Yes!
(森田)1曲?

Yes!
(森田)1曲 いかほどぐらい
なんですか?

多分 人によると思います。
だから 私も

始めた時と今とは また違います。
(勝俣)誰が…。

(渡部)う~ん そうですね。

(勝俣)AKB!?すげえ!
(一同)エエーッ!

(入山)ウソ!?
すげえじゃん!

そらそやろ!
うんうん…。

(勝俣)そりゃそうでしょ。
(森田)上?
うん。

下!

(森田)Maybe!
もっと もっと…。

(笑い)
もうええやろ!
いやいや…。

もうええ!
(勝俣)森田!森田!
(森田)うちの大将が…

うちの大将が いけいけって。
(笑い)

<現在 アメリカ
ヨーロッパなど…>

<…を演奏するという
異色のバンド>

<そんな彼女達は…>

<今や その人気は
世界中に広がり

回った国は16か国!>

<さらに…>

<日本の…>

(小鳩)シアトル!
(一同)シアトル!

BAND-MAID!
(一同)BAND-MAID!

<ハードロックバンド
小鳩ミクさんでした>

何か あるんですか?

(小鳩)
私達 BAND-MAIDは…。

バンドメイド?

キズパワーパッドの方が 僕は…。
(笑い)

キズの方ではなく…

えっと
心を癒やす方のバンドですぽね。

私達の初めて作った
ミュージックビデオ…。

その曲が…。
はいはい。

(小鳩)その曲が アメリカの

「Jrock Radio」っていうページ

Facebookのページで
紹介をされまして。

それまで…。

(会場)エエーッ!
(木嶋)すごい。

(小鳩)で そこから…。

(勝俣)そりゃそうだわな。

(笑い)

≪「ぽ」です≫
えっと…。

(笑い)

さっきから…。

(笑い)
(小鳩)えっと…。

あの…スタバの…。

(笑い)

小鳩 小さい鳩にミクなので…。

≪鳩なんですもんね≫
うん。

(笑い)

(笑いと拍手)
≪ややっこしいっすね≫

でも…。

そう。しょうがないですぽ。
≪小鳩だもんな≫

認めんなや!
だって 出ちゃうんだもんね?

出ちゃいますっぽ。
(古坂)出ちゃうね。

(笑いとゴング)
そうだよね そりゃ。

(古坂)「ぽ」無しだもんね。
「ぽ」無しだわね。
メンバー メンバーに…。

普段は 「ぽ」無しね。
(小鳩)メンバーに
止められてるんですぽ。

古坂の場合は
何で あれが こうブレイク…。

あれは ジャスティン・ビーバーやったっけ?
うちは もう 一番最初は

同じくFacebookの
「9GAG」ってところで いって

3000万ぐらいバッといって。
そっからビーバーちゃんですよ。

そやんな。
ビーバーちゃんで
一気にドーンと1億いって…。

すいません。

(笑い)
(古坂)ああ ええ。もう…。

(笑いとゴング)
(古坂)もう逆に。

なんか さらりと…。
俺。

お前…。
前 絶対アカン…。

お前 いっときやったか
他人の話みたいにしてたやん。

他人なんすけど もう
ダウンタウンさんじゃないですか。

もうね…。

(笑い)

(ゴング)
いや いい。それの方が
こっちとしても楽なんですけど。

(古坂)これ 逆ですよ。逆。
逆に 逆です。
逆にね。

全部 だから
『PPAP』は5億ぐらい…。

(勝俣)すごいな。
(小鳩)すごいっぽ。
(会場)へぇ~!

5億回は すごいで。
金の話で申し訳ない…。

いや これは
金の話なっちゃうわね。

(森田)ちょっと
ど…どれぐらいなんすか?

いや~ まあ だから
一生懸命 一生懸命 頑張って…。

(勝俣)そうだよね。
(会場)へぇ~!

(勝俣)超えるでしょ。

全体的には…。

3割ぐらい?う~ん。

これ 男性のファンも
メイド服とか 着るんですか?

ご自分で こう衣装を作られて

来てくださる方とか いますぽね。

ファンサービスで
なんか あるんでしょ?

あの…毎回 こう
ワンマンお給仕…。

って メイドさんなので
言っていて…。

(小鳩)で ライブの時
お給仕の時は

必ず 小鳩の…。

(笑い)

ちょっと 頼みますよ!

俺 叩かれるんだから!
ぽ!

おまじないタイム?
(小鳩)はい おまじないタイム
っていうの…。

ちょっと やってみてもらって
いいですか?
是非 よかったら 松本さんも

一緒に やっていただけたら。
あ~ はいはいはい。

おまじない…。
皆様も ご一緒にやって頂けたら
うれしいんですけどぽ。

小鳩が「萌え萌え」と言ったら
「萌え萌え」。

「きゅんきゅん」と言ったら
「きゅんきゅん」というように…。

返したらいいんですね?

ぽ!お願いしますぽ。

お前 うるさいって。
(小鳩)ぽ!

(勝俣)あの人…。

(笑い)
(森田)このアシンメトリーは
ヤバイっすよ。

しんどい しんどい!
ハハハ…。

じゃあ いきますっぽ。

萌え萌え!
(一同)萌え萌え!

きゅんきゅん!
(一同)きゅんきゅん!

萌え萌え!
(一同)萌え萌え!

(小鳩)BAND-MAID!
(一同)BAND-MAID!

ムキムキ!
(一同)ムキムキ!

ズキュン バキュン
ドキュン ワオ!

萌え萌えきゅ~ん!バーン!

(笑い)

今すぐ!
(笑い)

二度と やんないで ホントに!
(笑い)

ちょっと 荒れ気味でしたね。
ねえ。

ごめんなさいね なんかね。

(笑い)

(笑いと拍手)

(森田)全然 言ってくれたら
代わりますんで。そこ。

さあ そして…。

お仕事されてる?
はい そうなんです。

≪メキシコ…≫
はい。

(入山)えっと…。

メキシコに…のドラマに
オファーをいただいて。

10って何?
(勝俣)10って…。

間違えちゃった。間違えちゃった。

(笑い)
(古坂)サバ凄い…。

(古坂)凄くないっすか?サバ。
ごめんなさい。

メキシコで でも 新人女優賞に
ノミネートされてますから。

(入山)そうなんですよ。
はい ありがたいことに。

≪すごい!≫
(森田)メキシコで!
(拍手)

これ 入山さん どうなの?

どういう感じですか?
日本の方とは 結構 違くて…。

見かけたら
「ワー アンナ!」って来て…。

まあ そうなんや。
(会場)へぇ~!

(入山)でも やっぱり こう…。

ペチャッとしてたりする…。
(入山)そう…

ハグと ここで
キスするんですね こう。

ほっぺと ほっぺでキスするので
ちょっと あの…

ネチャッて…。

それが ちょっと?
それが ちょっとっていうのは
ありますけど。

亜嵐も よく
アジアツアーしてるけど。
(白濱)そうですね。

変わったファンとかいうのは
おられますか?

あの…変わったファンが
まあ ホント いて。

僕…。

やたら…。

ファンの人に。
(笑い)

こうやって
こうやって されて…。

(笑い)
エエーッ!

ナチュラルですよ。
すごくナチュラルなんですけど…。

(勝俣)エエーッ!
(森田)整形やと…。

そうなんです。

(笑い)

本物です。
(森田)やとしたら すごい勇気よ。

ここで しゃべってんの
すごい勇気!

(勝俣)作りもんだと思われんだね。
そういうこと されるんや。

そうなんですよ。
こうやって やられて。
(一同)へぇ~。

カッちゃんなんか どう?
ハワイとか よく行くけども。

ハワイなんかでは。
ハワイは 大体…。

家族でいると 絶対…。

…って言いに来るんですよ。
はいはい…。

(勝俣)
「カッちゃん プライベート?」
「家族と これから買い物です」…。

プライベートだから
普通 写真 ノーじゃないですか。
(笑い)

(勝俣)「じゃあ 写真 撮って」…
プライベートって

聞きたいだけなんですよ
関西の人は。
(笑い)

で 泊まってるホテルも同じだから
次の日も会うじゃないですか。

そうすると 大体…。

…って言うんすよ。
「ああ そうです 家族で」。

「じゃあ 写真 撮って」って
前の日も撮ってるし…。

(笑いとゴング)
(勝俣)あれは迷惑!

1回で収めてほしい。1回で。
(森田)ハワイで…

ハワイでいうと 1個
情報 仕入れたんですけど。
ええ。

あ~ 行きましたよ。
(森田)そこで なんか…。

(勝俣)えっ!?
違う 違う…。
(森田)情報が。

お前 気ぃつけなあかんで!
お前 それは。

(笑い)

あ~ 行きましたよ。
(森田)そこで…。

(勝俣)えっ!?
違う 違う…。
(森田)情報が。

お前 気ぃつけなあかんで!
お前 それは。

どこの情報やねん それ。
いや いよいよ入って
これはホントだっていうのは…。

(勝俣)これはヤバイね。
違う 違う…。
絶対ヤバイやん。

違う 違う…。

え?
買い物 行って歩いてたら…。

知り合いじゃない?
うん。何か もう…。

知り合いじゃない人と
そういう所で 何かこう…。

いや 違う!そんな感じの…。

(笑い)

粉的なね 粉的な。
ああ。

違う 違う。そういう子が
子いうか おっさんが

パーッと寄って来て…。

言われたんよ。
日本人?

日本人や。明らかに和彫りやから。
和彫り 和彫り!

ほんで あなたねって言って…。

(笑い)

(勝俣)そうですよね。
そうです そうです。
まあ 日本人だったら。

わかるでしょ?って言って。
あなた どっちなんですか?って。

こっちなの?
反社なの?って言って。
あ~!

≪どっちでもない!≫
≪どっちでもないは ないでしょ≫
チュウシャ?

それを…。

それを多分
見てたんじゃないですか?

あ そうなんですね?
そうそうそう!

(笑い)

同じ人が 同じ人が彫った。
そうそう 同じ人…。

モルックです。はい。
僕はですね こちらですね。

皆さん ご存じですか?
(森田)皆さん 知ってます?

モルックという…。
これ 案外面白いんですよ。

そうなんです。簡単に言えば…。

(笑い)

(森田)
こういう番号 振られてるやつを
この木の棒で倒すという。

皆さん 言うときますけど…。

(森田)そうなんです。
(会場)エーッ!

≪代表?≫
ありがとうございます。

1位?

(笑いとゴング)

(森田)ホントにそうです。
(勝俣)いっぱい来るじゃん
じゃあ。

<モルックを始めて…>

<その大会の様子が こちら!>

これね 去年は あの~

スイスのジュネーブ空港に
着きまして。

フランスの
サモエンヌという所で

世界大会が
あるんでジュネーブ空港から

フランスまで車で行きまして。

これ だから…。

(森田)そうですね 自費です。はい。

これがね 軽井沢みたいなとこで。

むちゃくちゃ景色いいんですよ。
ホンマや。

ここが試合会場っすね。はい。

(森田)もうすごい景色の
いいとこで。世界大会が。

で まあ 一応 日本代表なんで。

簡単にモルックのルールを
説明すると

まあ 2パターンありまして
得点パターンが。

1つは 12本あるんですけど

この本数が点数になる
倒した本数が

これなら12点なんです。

もう1パターンが
数字の書かれたやつを

1本だけ倒す。

じゃあ その書かれた番号が
点数になるんです。

これを積み重ねて

相手より先に
50点ピッタリ取った方が。

(勝俣)ピッタリ?
ピッタリじゃないとダメ?
(森田)ダメなんです。

で まあ こっからが 僕の世界での
スーパープレーなんですけど。

はい 見てください。

「ふわり」という技ですね。

「ふわり」です。
見たまんまやけど。

(森田)世界のプレーヤーたち
ほら見てください。スゴイ!

これフィンランド代表の
人なんですけど

10mの ロングショットを
いとも簡単に決めるんす。

これが世界レベルです。
そんな中ですよ

これが一番 嬉しかったんですけど
皆さん 見てください。

モルック界の
スーパースターです。ヤケ。

これ モルック界のスーパースター
ヤケ 見てください これ。

す~ごい「ふわり」。
アッハッハ!

皆さん マジで。
スーパースターです。

あ えっとね…。

(笑い)
誰かな 誰か 頑張んないと。

いないんですけども…。

サッカー界でいうメッシ。ねっ。
いやいや…。

マイケル・ジョーダン…ヤケ。

(笑い)

(勝俣)へえ~!
ホンマか?
(森田)マジで一番上手いんすよ。

ホントに。
いやいやでも 浜田さんが意外と

『ガキ』でやってから
気に入ったみたいで。
(森田)そうなんすよ。

ハワイに持ってってくれたんすね。
浜田さんね。

(笑い)

言ってくれてました?
言うてたで。

♬~

まず最初のテーマは こちら!

とにかく 試合移動が。
そうですよね?

そうですね はい。
移動は大変です。ほぼ移動です。

西から東まで。
西から東 北から南。

これね 移動の様子を ちょっと
撮ってきてもらってますんで

ちょっとご覧ください。
うん。

<現在 中邑選手が住んでいるのは
アメリカ南部のフロリダ州>

<温暖な気候で住みやすく
中邑選手もオフの日は

趣味のサーフィンを
楽しんだりしているんだそう>

<そんな中邑選手に

普段の試合移動の様子を
撮ってきていただきました>

朝 4時です。朝 4時。

今日は サンノゼ
西海岸サンノゼで…。

<今日はサンノゼで
試合があるため

飛行機で8時間かけて

試合会場に向かう中邑選手>

<まずは…>

<自分で
運転しなければなりません>

<しかも…>

え~!?

<プロレスラー…>

<さらに 鹿の大群に…>

≪え~!?≫
うわ~!

<衝撃!プロレスラー…>

朝…4時です。朝4時。

え~ 今日はサンノゼ。

西海岸サンノゼで…。

<今日はサンノゼで
試合があるため

飛行機で8時間かけて

試合会場に向かう中邑選手>

<まずは…>

<自分で
運転しなければなりません>

<しかも…>

<もちろん 空港に着いても…>

<そして…>

<飛行機を降りて…>

<実は 試合会場までの
車も自分で…>

<時には…>

<すると…>

(歓声)

<そして 4時間
がっつり 体を動かした後は?>

<なんと 中邑選手…>

<…で自宅に帰るのが
普通なんだとか>

<帰りも
8時間かけて フロリダまで>

<距離でいうと…>

<家に着いたのは
20時間後のことでした>

(拍手)
これは でも…。

基本的に国内は全部。
国内は。

自分で飛んでって
レンタカーを借りて。
レンタカーで…。

まあ…。

…してますね。
会場まで。

それ なんか…。

(中邑)
いや いいんですけれども まあ…。

わざわざ。
あとは基本的には
やっぱり その…。

その 車の運転の時間も
ちょっと…。

逆に1人で?
したいな~という感じですね。

(中邑)そうですね あの~

本当に 国またぎが凄くて。
例えば…。

こんな感じです。
そうですね 当日は…。

何 これ!?
(古坂)スゲーな 台風みたいだな。

凄いな~ ホンマ。

(中邑)そうですね。

…っていうのも
ありましたね。

(会場)ええ~っ!

地球3周分。

…になるでしょ?
(中邑)パスポートは

あの…プラスのページを
付け足しましたね。

ああ~ そうか~。
足していかないと もう無理で。

これ 何か…。

ボコボコにされたと。
(中邑)そうですね あの…。

冬のウィスコンシン州
走ってると

前日 スノーストームで
雪がすごくて

運転出来なかったんです。じゃあ
朝 移動しようと思ったら…。

向こうの方に…。

(一同)エエーッ!

(勝俣)えっ!?
うわっ!

でも これぐらいで済んで
良かったっちゅうか…ね。

へぇ~。
鹿の大群…。

(古坂)鹿の毛!
(中邑)そうです。鹿の毛。

≪かわいそう≫
うわ~!

日本はあっても…。

(笑い)

クロちゃん クロちゃんね。

(森田)これ 一番
常識ないかも…。

<そして 今まで世界30か国で
コンサートをしてきた…>

持って行くものって
いうよりも…。

ん?あれ?

物じゃないから
今 伝わんないんですよ。

仲間がいまして。
お前…。

(笑い)

(森田)いよいよ!
(勝俣)いよいよですね
我慢してきたから。

どっちが間違ってんの?
分からん。

その中に…。

≪仲間?≫
(木嶋)はい。

仲間は?

(木嶋)
全員これ仲間なんですよ。

海外で どこに行っても
自分の行き先を

自分の好きなもので
これを着いたら すぐに開けて

そこの…。

(白濱)おお~ なるほど。

(笑い)
もう今日…。

もうヤバい奴ばっかり!

(木嶋)
あれあれ ああいう感じです。

ヤバい奴祭りだぜ。

…がすごい出来るんですよ。

この子と
どこに行こうかな~とか。

この服 着て
こんなもの食べてるな~とか。

あれを こう 見つめて。

今 みんなで談笑してる?
(木嶋)そうです そうです。

痛い イタタ…!
(笑い)

(勝俣)ほら!
(白濱)ほら!

ほら~!

でも この子の中に

あの子を入れたり
できるじゃないですか。

あ そういう事しちゃ
ダメですよ。
えっ?

そんな…。

(笑い)

ごめんなさい!
ドッキング ダメ。
やかましいわ。

いや これは もう…。

ぽ?
例えば こう…。

ひとつ ひとつ
例えばですね…。
(勝俣)名前は?名前は?

なんかイラッとしてる。
(笑い)

(森田)
さすがの あの子でも。
≪ミクちゃま≫

(笑い)

(笑い)
小鳩さん あなた 移動は
どんな感じなんですか?

小鳩…そうですぽね このお話の
後にするのアレなんですけどぽ。

普通に移動は…。

で 機材とか 物がいっぱい…。

車と自分達と一緒に乗ると

スペースが狭くて あの…。
それはもう機材とかも
あるわけ?

そうですぽ
足元にも機材があるし…。

みんなで座って…。

ううん。忘れないですぽ。

一番 最後に
基本的には付けますぽ。

(笑い)
そんなことないですぽ!

君はいいから…。

(笑いとゴング)

ちょっと ちょっと話ある。

あなたの場合は…。

絶対 持って行く物は
メンバーみんなで

使う物なんですけどぽ。

…を持って行きますぽ。
粉シャンプー?

水がいらない?
(小鳩)そうですぽ。

(小鳩)…とかもあったりするので。

そういう時は 粉シャンプーで
みんなでやりますぽ。

それで?
それだけでいいの?
(小鳩)かけて

パサパサってするだけで
髪が さらさらってなるぽ。

(勝俣)汚れが落ちるんだ?
落ちますぽ。

さらさら~ってなって 脂が多分
吸収してくれるみたいで。
へぇ~。

ぽ?

(笑いとゴング)
(森田)ヤバい化学反応が!

(古坂)アベ…アベンジャーズ!

ホンマ…。

次から次へと。

(勝俣)ヒドいっすね!
ヒドいよ!

<そして!>

<世界の絶品スイーツとは!?>

<渡部陽一さんに
使って頂きましょう>

実は…。

はい はい はい。

ぽ!
これ いいじゃないですか。

(笑い)

(ゴング)
ああ…。

間が持たへん。

(笑い)

これさ 今さ どう…

どうすんのか教えたって。
どう使ったらいいですか?

教えてください。
(勝俣)帽子を取らないとね。

そうですぽね 帽子を…。
失礼します。

≪取って…≫
≪あ こんな感じなんですね≫

別に…。
髪の毛…。

(笑いと拍手)
洗わんでええやろ!

≪やめてください≫

いや 洗わんでいいでしょ?
洗わんでええよ。

これでも 脂が出てくるんです。

ああ そうなんですか。
意外とね 短いと今度は 脂がね。

(小鳩)これを手に…。
今 やったらええねんな。

頭皮から 髪に なじま…
髪ないんですけどぽ。

(勝俣)いや あるよ。
え?こうして…。

(小鳩)そうですぽ そうですぽ。

別に…ベビーパウダーで
ええんちゃうの?

(小鳩)かけますぽ!
(勝俣)かけて かけてもらって…。
(笑い)

≪何これ~≫
(古坂)何だこれ 何だこれ。

(森田)そういう店!?

(渡部)気持ちいいです。
(勝俣)神様だ。神様。神様だ。

(勝俣)汚れが取れるの?
ニオイもすんの?

(小鳩)ニオイは多分 そんなに…。

スースー?
へぇ~。

(渡部)気持ちいいです。
じゃ いいじゃないですか。

さっぱりした香りに
包まれてます。
どこで売ってるか

後で教えてあげたら?
はい。教えますぽ ぜひ。

ぽ~!良かったですぽ。

(笑い)
さあ 続いてのテーマは こちら!

さあ 入山さん どうですか?
メキシコは。

いや やっぱり
最初 行った時は…。

なんか みんな
ご飯に行った時に…。

って勧められたものがあって
それが…。

(会場)エエーッ!
≪アリの卵?≫

だったんですよ。あれですね。

あの白いやつですか?
(入山)そうです そうです。

でも味は
すごくおいしくて。

白子みたいな。
ちょっと皮があって

噛むと中から こう じょわ~っと
濃厚な液体が出てくる感じの。

そうですね 結構…。

(会場)へぇ~。

あ そうですね。
結構 みんな…。

フルーツ?
あ そうですね。

(勝俣)フルーツに!?
(入山)フルーツかけます。

マンゴーとかパイナップルとか
そういう甘いフルーツに

唐辛子をかけて 食べたり。

これは…。

ハハハ…好きじゃないねや。
好きじゃない。

ダウンタウンは
何か ないんですか?

海外行って
これキツかったなって食べ物とか。

いや~ やっぱりね…。

(笑い)

下積み ありましたよ 意外と。

えっ 何やろう?ある?

いや 俺はロケ行った時に…。

(会場)エエーッ!?
(勝俣)ゾウの鼻!?

食べんの?そんなとこ。
食べんねんて。

めちゃくちゃ硬ぁて
もう ペッ!やったけど。
(笑い)

え?

(会場)エエーッ!

いかにも?いかにもなん?
もう いかにもやねん。

(一同)エーッ!?

それ切って食うねんけど
まず切られへんねん!硬くて。

ゴムみたいなんですか。
ホンマか それ…。

いや レストランですよ
ちゃんとした。

(会場)エーッ…。
ゾウの鼻?

それ ありましたね。
亜嵐は?亜嵐は?

僕 フィリピン人の
お母さんがいて

フィリピンでも
生活してた事があるんですけど。

…っていうものがあって。

豆腐に黒蜜をかけた
スイーツなんですけど。

これが結構 フィリピン人
みんな好きで

タホって言って売りに来ると
みんなが寄ってって

お金が…買うみたいな。

あ ヤケ?
(笑い)

これあの せっかくなんで
実際 皆さん

1回食べてみませんかと
いうことで。

<その お味は?>

≪あ うまい!≫

どうですか?皆さん。
お豆腐…だね。

(渡部)確かに豆腐だ 大豆の味。

(白濱)そうですね 豆腐だけでも。

うん。豆腐だけでも。

(笑い)

あ これ…。

ぜひ お店…。

なんでやねん。
(白濱)浜田さん タホ屋を。

タホ屋ね。うん。

(笑い)
言い方 悪いやろ。

言い方が悪いわ。
≪総出はやめてください≫

<このあと
海外でトラブル連発!>

<続いては…>

さあ まずは この人!

探知犬?
そうです。はい。

どういうことですか?
いや 基本的に…。

あんまり聞いたことないですね。
(中邑)ジャーマン・シェパードが…。

なるほど なるほど…。
(中邑)
その辺 犬が嗅いで嗅いで…。

僕も犬 飼ってるんで
犬 怖かったんですけど 本当は。

まあ ちょっと
俺も犬には慣れたかなと思って…。

えっ?
噛まれたん?

(中邑)そうです。
で 最初 多分2~3秒は

えっ 何が起こった?と思って。
なんか わかる。

もう その瞬間から痛みが
ぐあ~ってなって

で まあ倒れて…
もう こんな犬ですよ。
≪うわ!≫

…っていうトレーニングしてる。
だから 多分

そこにいた警官
あとセキュリティー

あとまあ わからない
おっちゃんが来て

もう みんなで
犬の顎を引き離して。

≪エーッ!
何で?何で?
でも何でですか?

(中邑)
それは わからないんですよ。
で 警察が…

僕 救急車で行ったんですけど
警察が

まあ トレーニングはしたけど…。

エーッ!?

(笑いとゴング)

(笑い)

(森田)
じゃあ噛まれて良かったんや。

さあ 続いては この人!

さあ 亜嵐!
はい。

どういうこと?
あのその 僕 フィリピンで

過ごしてた時に…。

ショッピングモール
みたいなとこ…。

お母さんに。
僕 まだ小学生だったんですけど

ショッピングモール入る前に
お母さんに…。

…って言われて 何でか聞いたら

後々 聞いたんですけど…。

めちゃくちゃ…。

≪エーッ!≫

それは やっぱり…
誘拐ってことですか?
(白濱)そうですね。

身代金目的…。
はい 身代金目的で。
そういう事でしょうねぇ。

そのデパートも普通に…。

へぇ~!

…とかが あったり。
(笑い)

≪専門店?専門店?≫
そんなん売ってんの?

僕 小学生の時…。
メリケン粉屋は まだ
あるかもしれんけど

サック屋は ないなぁ。
メリケンサック屋さんが
あって メリケンサック…。

≪エーッ!≫
ウォーズマンだよ。

そうなんですよ。
すごかったですね。
すごいな~!

続いては この人!

アフリカのジャングルを取材中

自分でテントを張って
移動していたんです。すると…。

僕自身に…。

その煙幕を よく見てみると

自分の体に
まとわりついてるんですね。

(会場)えぇ~。
うわ~!

(渡部)
その蚊に全身を突き刺されて

そのまま…。

≪え~!≫
(渡部)ひきつけを起こし…。

言うたからね。
(笑い)

(笑い)

そっから始まった…。
そうそう。
(渡部)そのまま

マラリアになり 近所の方が

避難所の難民キャンプのベッドに
連れて行ってもらうと

もう ひきつけを起こし
呼吸困難で もう自分は

意識がなくなり もう…。

泣きながら…。

すると 1人の看護師さんが
入ってきて…。

ズボッと…。

すると…。

(笑い)
ほんまに!?

(勝俣)それ すごいね!何 それ!?

渡部 ほんまに!?

ベッドから 意識を戻して…。

即効性も すごいですね。
(渡部)はい。そのまま

アフリカの南部の南アフリカまで
移動することが出来たんですけど。

何時間後じゃなくて もうすぐ?
すぐにでしょ?

それを突っ込まれて 抜かれて。
(勝俣)えっ!?

あの状況で?
(渡部)そうなんですよ。

その液体というのが その
突っ込んできた液体というのが…。

何なの?それ。
そこですよ。

(笑いとゴング)

(勝俣)エーッ!?
有り得ない!

(小鳩)それはないぽ!
ほんまか!?

お前 ほんまかいな!?お前~。

それは おかしいぽ。
いやいやいや!
これは すべて…。

どんなオチやねん?
事実です。
いやいやいや!

ファンタオレンジは
医薬品ではありません。

(勝俣)でも マラリアに効くんだ。

ファンタオレンジは
医薬品ではありません。

ただ アフリカで飲まれていた
ファンタは

ものすごく…。

甘いんだ。
(渡部)凝縮されてるんですね。

それを ファンタオレンジを
口にズボッと入れられ

抜き去ると…。
これが よくわからない。

(ゴング)
3回目や!

それが本当に命の恩人といえる…。
いや すごいな~!

これ 日本のファンタじゃ
たぶんダメだったかも…。
(渡部)やっぱり

アフリカならではの濃い甘~い
ねっとりとしたファンタ。

じゃあ ファンタグレープでも
よかったんかな?

横には…。

…がありました。
(笑い)

(笑い)

(勝俣)どれでも よかったんだ。

さあ 続いては この人!

あの…。

いやいや まあまあ ここはまあ…。

(笑い)
その意味が わからへん。
逆にね。

大統領から こう 命を受けまして。

で その後に ちょっと…。

…って言われて。それは
ワールドカップのアフリカ予選の

ケニア対ウガンダの試合の
オープニング。
なるほど。

で じゃあ歌うっていうんだけど
まず…。

へぇ~。

向こ~うに…。
(勝俣)広~いとこに。

向こうの方で何か…。
♪~ ピッポッパッパ ピッポッ ピッポッパッパッピッ

で さらにウガンダの人って

歓迎の音が
イェーイ!とか 日本だったら

イェーイ!うわ~!とか。
あっちは…。

≪あ~!≫
≪ブブゼラ≫

これな!
これなんですよ。
で ブブゼラって

ブー!とかっていうのは…。

普通の…。

(笑い)
ほんとだわ。
(古坂)だから ピコ太郎

出てったってなると
大ブーイングがブー!

遠~くで…。
♪~ ピッポッパッパ ピッポッ

(笑い)
全然 何も どこがペンで

どこがアッポーでパイナッポーか
まったく わかんない。

(スタジオ:古坂)
あいつ 頑張りましたよ。

<サッカー ウガンダ代表の
応援のため

スタジアムを訪れた
ピコ太郎さん>

<会場に登場すると…>

(歓声とブブゼラの音)

<どんなに耳を澄ませても…>

(ブブゼラの音)

(ブブゼラの音)

<まさかの 勘で『PPAP』>

♪~ I have an apple

♪~ Ah Apple pen

(ブブゼラの音)

(拍手)

ちゃんと見たいんやったらな
やめりゃええのに。
でも逆に…。

≪あ~!≫
(古坂)だから やればやるほど

鳴ってくるんですよね。
ハハハハ!

よう やりきったよ。
そりゃもう ほんとに。

わかりました。
さあ ラストは この人!

はい!
(会場)エーッ!

アフリカの市場で
買い物をしてたんですよ。

したら こういう
蛇使いの人がいて

記念だから…。

でも コブラって猛毒ですから。
そうだよ。

「噛まれたら どうすんだ」つったら
「大丈夫だ」と。

「俺が笛を吹いたら コブラが
おとなしくしてるから

その隙に横に行って写真撮れ」って
言うんですね。
お~。

で 笛を吹き始めたんですよ。
したら なんか…。

なんか この穴が
うまく押さえられないのか。

で よく見たら こっちに…。

え~!
(会場)エーッ!

「お前 それ どうしたんだ?」って
言ったら…。

(笑い)

「そんな奴の笛で コブラの横に

行ける訳ねぇだろ!」つったの。

「いやいやいや
記念だから撮っとけって。

俺はね 三代 爺ちゃん 親父…」。

なるほど!
(勝俣)あ だったら信用できるな。

「爺ちゃんと お父さん
今 何やってんだ?」ったら…。

(笑いとゴング)

繰り上がりなだけや。
絶対イヤでしょ?絶対イヤでしょ。

そんな 一か八かの蛇使い。

♬~

「この学園を乗っ取りに…」

<白濱亜嵐 率いる貴族と

片寄涼太 率いる王子が

伝説の座を巡り
バトルを繰り広げる…>

<来週の『DX』は…>

<芸能人のプライベート丸裸!

異常すぎる生態
のぞき見スペシャル>

<来週も お楽しみに!>


関連記事