世界一受けたい授業 話題のノンフィクション「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」著者がイギリスから…


出典:『世界一受けたい授業 11歳の少年が見た貧困・人種問題とは?▼自宅ですぐできる健康診断』の番組情報(EPGから引用)


世界一受けたい授業[字]


話題のノンフィクション「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」著者がイギリスから緊急来日!11歳の少年が見た貧困・人種問題とは?▼自宅ですぐできる健康診断


出演者

【校長先生】堺正章

【教頭先生】上田晋也(くりぃむしちゅー)

【学級委員長】有田哲平(くりぃむしちゅー)

ほか生徒役ゲスト

近藤サト、白濱亜嵐、鈴木梨央、辻岡義堂、ホラン千秋、吉村崇

番組内容

イギリスの中学に通う11歳の少年の成長を描いた実話「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」著者が初授業!日本の子どもたちにも知ってほしい貧困や人種問題!性の多様性を学べる意外な絵本とは?イギリスでボランティアが盛んな理由は学校の授業にあった!▼コナン君と一緒に健康診断!コップと水を使って脳の病気をチェック!人さし指を見るだけで病気かどうか分かる!?あるモノの使いすぎで若者に急増中の炎症とは?

監督・演出

【企画】福士睦

【総合演出】髙橋利之

【プロデューサー】廣瀬由紀子

【チーフプロデューサー】川邊昭宏


『世界一受けたい授業 11歳の少年が見た貧困・人種問題とは?▼自宅ですぐできる健康診断』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

世界一受けたい授業 話題のノンフィクション「ぼくはイエローで
  1. コナン
  2. 息子
  3. 先生
  4. ブレイディ先生
  5. 正解
  6. チェック
  7. お願い
  8. 日本
  9. 有田君
  10. 有田
  11. OK
  12. 一体
  13. 吉村君
  14. 鈴木君
  15. セルフチェック
  16. 吉村
  17. 中学校
  18. イギリス
  19. タンタンタンゴ
  20. ブレイディ


『世界一受けたい授業 11歳の少年が見た貧困・人種問題とは?▼自宅ですぐできる健康診断』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


うわ! 俺が 一番
びっくりしてんじゃないかよ。


(コナン) みんなも やってみてね。

(コナン) そのまま…。

<この時 手首に
痛みを感じた あなた

実は…>

<何の症状かは 後ほど>

有田君 まぁ 今日もね

すてきなゲストの皆さんに
お越しいただいて。

いろいろと
学んでっていただきたいね。

(有田) でも…。

(有田) 何か ちょっと
気付かないうちに…。

(有田) はい。

鈴木君の話じゃないの? 今。

ただただ…。

校長 まいりましょうか。

<毎年 話題になる

本屋さんが本当に優れた本を
選ぶことで有名な 本屋大賞>

<昨年 そのノンフィクション部門の大賞に
輝いた本をご存じですか?>

私の中では…。

<さらに…>

<9つもの賞を受賞>

<それが この本>

<今 話題の本の内容が…>

<著者は 本日の講師…>

<本に書かれていることは
全て…>

<港町…>

<ライター…>

<…の間に生まれ

厳格なカトリックの…>

<彼が…>

<…だった中学校>

<しかし 今は…>

<に切り替えて…>

<ただでさえ…>

<…で悩んだり>

<…でギスギスしたり>

<さらに>

<…に悩む友人がいたり>

<そんな時…>

<この息子の走り書きが

そのままタイトルになった
この本>

<著者の…>

(堺) はい 先生 登場。
(拍手)

(拍手)

よろしくお願いをいたします。
(ブレイディ)  よろしくお願いします。

はい ということでね
生徒さんで…。

どれぐらい
いらっしゃいますか?

おっ なるほど
女性陣は 皆さん。

もう 文句なしに…。

私は ちょうど…。

有田君 ブレイディ先生 今日
わざわざ この授業のために…。

(有田) いやいやいや もう
ねぇ 先生 僕…。

あっ そうなの?

(有田)
ちょっと前の写真 用意しました。

前から この。
ブロディですね。

ブレイディじゃなくて
ブロディですね。

超獣と呼ばれた。

違います。

(有田) あっ! どうも どうも。

よろしくお願いします。

さぁ それでは
早速ですが ここで…。

友達に…。

と聞くと 友達は…。

…と答えたんです
何と答えたでしょうか。

じゃあ 本を読まれた おさん方は
もちろん

答え ご存じでしょうから
最後に正解を伺います。

それを聞いた時…。

ちょっと びっくりした。
はい。

はい 辻岡君。

でも あの びっくりという
ニュアンスで行きますと…。

なるほど。
少し悲しい お話なのかなと。

はい 吉村君。

ちょっと やっぱ
おしゃれな表現というか。

私は もう…。

それに関しては。

まぁ いいわ… 白濱君
何て言ったと思う?

…とかなんですかね。
なるほどね。

有田君。

いや それ…。

いや そりゃ
びっくりは するけどな。

ということで…。

(近藤)
はい 息子さんのお友達は…。

(近藤) …と言ったんです。

正解です うん。

詳しくは こちらをご覧ください。
はい。

<本屋大賞に輝いた…>

<…した ブレイディ先生の息子>

<彼は そこで…>

(生徒) う~ん。

<しかし フリーミールには…>

<すぐ使い切ってしまい

その後 昼食を食べられず
我慢する生徒もいます>

<このような状況なので…>

<…まで面倒を見ているケースも
あります>

<先生が自腹で買ってあげたり>

<…を出してあげた先生も
いたといいます>

<ブレイディ先生は
この本の中で…>

<ここで 白濱亜嵐君に…>

<それは…>

<一体 何を売るのでしょう
お答えください>

えぇ~。

<…をおよそ100円で売る>

背が伸びても買い替えられず…。

を着ている子や
制服が1着しかないため…。

…を着ている子も
中には いるんです。

<制服のリサイクルは
着なくなった…>

<ある日>

ただいま。
おかえり。

ねぇ。

(ブレイディ)  えっ?

(息子) そう。


<友達を自宅に呼び
帰りがけに そっと>


<うれしさのあまり

涙しながら帰宅する友達の姿が
そこには ありました>

まぁ イギリスでは
このような貧困問題が

あるということなんですけれども
ホラン君は どう思われました?

得られるはずの…。

…っていうふうに思いました。
うん なるほど。

さぁ それでは ここで…。

一体 何を使わないんでしょうか?

<皆さん 分かりますか?>

<この中に映っている…>



<一体
何を使わないのでしょうか?>

はい 有田君。

何ですか?
僕 小っちゃい頃…。

それで…。

おぉ 消しゴムは なぜ使わない?
(近藤) 分かんないですけど…。

っていうことに 何か こう…。

なるほど。

それでは 先生
正解をお願いします。

え~ 誰が正解でしたか?

ちょっと待って。
何で? 別にいいんだよ 正解して。

やっぱ…。

あっ 笑いバージョンも撮れんの?
じゃあ そっち頼むわ。

さぁ はい 吉村君。

(吉村) 何か…。

すいません すいません…。
まぁ 教科書が正解です。

息子さんの中学校ですね。

それで…。

あります。
なるほど。

<ある日…>


いや。

<本の中には
こう記されています>

<日本で暮らす外国出身者は
わずか2%>

<一方 イギリスで暮らす
外国出身者は

全国民の
14%以上もいるのです>

<その後も…>

<いつしか>

<周りから無視され

いじめられるように
なってしまいました>

<実は 彼を…>

<彼に 差別発言を
されたことのない

直接…>

<すると 息子は>

<…を感じていたのです>

<ブレイディ先生の知らぬ間に

息子は成長していました>

実際 先生も 「あぁ 何か…」。

…なんていう場面も
多々ありましたか?

あぁ そうですか。
やっぱり…。

考え方が。

でも まぁ…。

彼は やっぱり…。

そうですね 息子は…。

…って悩んでいたんですね。

でも…。

何か 結構…。

…ところもありますよね。

(近藤) というような風潮があって
でも 私は…。

…ってことを
すごく強く思いました。

ブレイディ先生は 前に…。

はい。

が あって もう…。

それが こちらです。

さぁ それでは 皆さん
ここで 問題でございます。

ペンギン赤ちゃん タンゴの
成長を描いたお話なんですがね

タイトルが
ちょっと変わっています。

「タンタンタンゴは…」 ホニャララ
さぁ 何が入ると思いますか?

ある…。

浮かばなくはない。
≪えぇ?≫

はい 有田君。
(有田) 「タンタンタンゴは…」。

違いますね
そういうことじゃないんですよ。

「タンタンタンゴは…」。

何で そんな…。

(吉村) 手 挙げてないですよ。
吉村君。

(吉村) 「タンタンタンゴは…」。

(吉村) すいません 先生…。

日本のテレビは 嫌いじゃ ない。

じゃあ ホラン君 教えて。

うん じゃあ 先生
正解 お願いします。

子供たちに
とても人気の絵本でした。

<この絵本は…>

<を描いた…>

<その様子を見た飼育員は>

<彼らは…>

<そこで
飼育員は ひらめきました>

<すると オスのカップルが
代わる代わる…>

<…という お話>

<日本でいえば…>

<と同じように…>

<…のは もちろんのこと>

<を 子供たちに
伝えるためにも…>

<ブレイディ先生が
勤めていた…>

<この絵本の読み聞かせが…>

<本当に…>

<をしている子供もいて…>

<そんな環境で育った
ブレイディ先生の息子は

身の回りの出来事に
柔軟に対応できました>

えっ?

<を見て来た息子にとっては…>

<中学校で LGBTQ

いわゆる…>

<…を学んだ日の
放課後>

<すると…>

<このエピソードを聞いた
ブレイディ先生は>

<一方 日本では

ようやく 昨年から
中学校の道徳の教科書に…>

さぁ それでは ここで…。

…が あるんですね さぁ それは
何の授業だと思いますか?

これも 本 読んだ おさん方は
答え ご存じでしょう。

また 男性陣に。
ちょっと…。

違う 違う ずるくないよ
吉村君…。

俺に…。

すいません。

はい 白濱君。

なるほど なるほど。

はい 吉村君。

おぉ なるほど それは?

分かりました。
ただ…。

そうですね。

有田君。

なるほど 確かに。
だから…。

「先生 すいません」じゃ ないわ!


先生 正解をお願いします。
はい。

<…があります>

<言葉を使った…>

<…を高めるための教科>

<ブレイディ先生の
息子の学校では…>

<そこには>

息子の学校では…。

…するのが
毎年の恒例行事になってます。

これは 新入生の
団結力と協調性を高めるために

行われているんです。

<他にも…>

<日本では
あまり浸透していないので

聞きなじみが
ないかもしれませんが…>


(ハリー杉山) …をやっていたんです。


<ブレイディ先生の息子が

シティズンシップ教育で
最初に教わったのは…>

<考え方が違う人の立場に立って
考えてみることで

問題解決力が身に付くと
いわれているのです>

さぁ それでは ここで…。

テストで 「エンパシーとは何か」
という問題が出た時

ブレイディ先生の息子さんは
「他人のホニャララ」と答えて

満点を獲得したんだそうです。

一体 何を使うんでしょうか?

鈴木君とか…。

なかなか やっぱ
経験できないよね。

さぁ じゃあ 皆さん
考えてみましょうか。

他人の立場になって
ものを考えるために。

…みたいなことですかね。

何の… いやいや…。

さぁ それでは 先生
正解をお願いします。

はい 辻岡君 正解。
えぇ!

これは…。

例えば…。

を履いたら 足の…。

…というような感じで。

…と思う若者の割合が

イギリスは 日本の ほぼ 倍
いるということなんですね。

…といわれております。

<ブレイディ先生の息子は
大人に交じり…>

<…するボランティアに
参加しました>

これ…。

<イギリスの人口は
日本の半分にもかかわらず

ホームレスの数は…>

<日本の…>

<ボランティアから
帰って来た息子に

ブレイディ先生は
こう 声を掛けました>

<と言って 取り出したのは…>

<うれしそうに笑っている
息子を見た時

ブレイディ先生が
思い出したのは…>

<…という言葉でした>

<自分とは…>

<…を想像することが
いかに大事なことなのか>

<…のが 一般的なのに対し>

<…している学校が多いのです>

<中には 中学生から…>

<…が できるカリキュラムも>

息子の学校では コンサートの
プロモーターになったつもりで

プレゼン資料を作りなさい
という課題が出ました。

<そのため…>

<それを見た ブレイディ先生は>

<中学校に入って…>

<いろんなことを学んで来た
ブレイディ先生の息子>

<ノートの片隅に
こう記していました>

<この言葉が 心に
引っ掛かっていたブレイディ 先生は

日本の…>

<…のタイトルを

彼が走り書きした
あの言葉に決めたのです>

<連載を始めて…>

うん。

(息子) あれさ…。

(息子) うん。

<先生は この本の最後を

こんなふうに結んでいます>



<1年半前 「ブルー」とつづった
ブレイディ先生の息子も

今年で…>

<今は 政治と数学に
興味があるそうです>

ということで
ございましたけれども

辻岡君 いかが?

…っていう 今 私は
気持ちになっております。

鈴木君 先生に 何か質問ある?

先生が…。

あんまり…。

…からだと思います。

割と 私は…。

すごく 彼…。

でも 最近…。

結構…。

そうなんですか。
ちなみに…。

いえいえ ちょっと…。

そんなに お飲みになる。

先生に。

ぜひ。
ありがとうございます。

でも 息子の…。

そうですか。
はい。

(コナン) みんなも…。

(コナン)
突然ですが 皆さん…。

(コナン) まず…。

(コナン) …ようにして
軽く拳をつくります。

(コナン) この状態から…。

(コナン) この時…。

(コナン) 続いて…。

(コナン) 皆さん どうですか?

<実は これ…>

<…の疑いが>

(コナン) ここで 鈴木梨央さんに…。

(コナン) 近年…。

(コナン) 一体 何が原因でしょうか?
お答えください。

(コナン) そう。

<たちが 多く かかるのは…>

<別名…>

<皆さん…>

<…していませんか?>

<これにより

親指と手首をつないでいる
2本の腱と

腱を覆う腱鞘が こすれ合い

炎症が起きているんです>

<このように…>

<…ことも>

<将来…>

<…ことが大切です>

<本日は…>

<…健康診断>

<…をご紹介>

<教えてくれるのは…>

はい 先生 登場。
(拍手)

(コナン) こんばんは~。
コナン君も登場。

よろしくお願いいたします。
(久保) よろしくお願いします。

さぁ 先ほどね
VTRにありました…。

ほとんど全員?
吉村君は どっちが痛いの?

僕も…。

みんな やっぱり そう…
鈴木君も痛いのか?

どっちも痛い? たぶん…。

それは。
先生…。

実は この痛みがある部位は

親指の動きをコントロールする
筋肉の腱が通ってるんですよ。

ですから…。

もしくは…。

もちろん…。

ただ あくまで…。

出た場合は…。

有田君
体 気になることとかある?

何か やっぱり いつまでも…。

(有田) …して行きたいなと
思いながら生きてるんですが。

すいません たくさん 何か。
何の話だ。

うるせぇよ。

答える必要ないです。
それは…。

いいんですよ 先生 答えなくて。

さぁ それでは ここで…。

さぁ 何を確認するんでしょうか?

(コナン) はい ございますよ
はい はい。

返事は いいんだよ。

(コナン) 行きますよ。

んっ? 用意…。

ドン。

(吉村) えっ?

コナン君も。
(コナン) はい。

真っすぐ走ったじゃないですか。

お前 そんな…。

はい ホラン君。

漏れ うん うん。

そうは言ってないけどな。

あぁ~。

なるほどね。
はい。

さぁ それでは 先生
正解をお願いします。

実は 最近の研究で
ほとんどの…。

大体…。

…という研究結果が
出てるんですね。

<皆さんは 自分が…>

<それ以上かかると

加齢や肥満などが原因で
前立腺が肥大し

尿が出にくくなる…>

<…の恐れがあるんです>

もちろん…。

時も あるので…。

<しかし 短い排尿でも…>

<場合は…>

(コナン) 続いてのセルフチェックは
こちら。

「アッカンベ~」と…。

<このチェックで…>

1人ずつ 順番に
やってみましょうか。

じゃあ 有田君から
やってみようか。

OKです。

はい OKです。

<脳の血管が詰まると…>

<舌のコントロールが
できなくなります>

<「アッカンベ~」と
舌を出した時…>

<…なのに

舌が…>

<要注意です>

<今回 スタジオには

問題がありそうな生徒は
いませんでした>

それから 両腕を上げて

片方の腕が下がってきたりなどの
チェック方法があるので

この舌の出し方と併せて
チェックをされると

脳卒中の
セルフチェックになります。

(コナン) 続いてのセルフチェックは
こちら。

用意するものは…。

(コナン) 100mの水を入れた
ペットボトルを…。

(コナン) この状態で…。

<これで
何の病気が分かるのか?>

<テレビの前の皆さんも
チェックしてみてください>


(コナン) 100mの水が入った
ペットボトルを…。

<これで…>

<スタジオでは…>

(コナン) では 行きますよ。

(白濱) きっつ! これ…。

これは
口のまわりを覆っている

口輪筋という筋肉の衰えを
チェックすることができます。

<本来 口をしっかり閉じ…>

<鼻には フィルター機能があり

ウイルスを
せき止めてくれるのです>

<しかし…>

<口呼吸になってしまいます>

<すると ウイルスが
体内に侵入しやすくなり

さらに 花粉症や いびきなど

さまざまな症状を引き起こす
原因にもなるのです>

…という状態が注目されています。

この…。

…などの危険性が高まります。

ですから
口輪筋などの 口まわりの症状

チェックが必要に
なって来るわけです。

(コナン) 口輪筋を鍛える方法は

口を大きく開けて動かす
「あいうべ体操」。

やり方は。

実は この運動…。

…も期待ができます
ほうれい線が気になる方は

やってみていただければと
思います。

(コナン) 続いては…。

(コナン) 使うのは…。

(コナン) 爪の間に このような
ひし形の空間が できているか

確認してください。

実は 隙間ができず

くっついてしまう人もいるんです。

<これで…>

さぁ じゃあ このチェック
皆さん やってみましょうかね。

はい OKですね。

じゃあ 白濱君。

はい OKです。

じゃあ 鈴木君。

はい OKです。

<このチェック
スタジオは 全員

指の間に隙間がありました>

これは…。

…の疑いがあるかどうかの
チェックなんですね。

<人さし指を合わせ

爪の間に
隙間ができている人は…>

<しかし 中には…>

<…人も>

<実は これ

ばち指と呼ばれる
指の膨らみが原因>

<…によって
引き起こされるのではと

いわれています>

ばち指の傾向があっても…。

…という形で やってみて
いただければと思います。

(コナン) 続いては…。

(コナン) 用意するのは…。

(コナン) まず 1つのコップの…。

(コナン) 水が こぼれないように
注意しながら

これを…。

(コナン) 当然 水が たくさん
残っていれば残っているほど

OK!

<これで…>


<一体…>

<まずは チェック>

さぁ それでは 皆さん
一斉に やってみましょうかね。

(コナン) コップに入っている水を

テンポよく…。

≪うわっ あぁ~
やっちった≫

≪クソっ クソ~≫

有田君も 最初 入れた時と
そんなに変わらず。

皆さん そうかな?

これは…。

…の セルフチェックの
1つになります。

今回は そういう方は
いらっしゃらないと思いますが

こちらをちょっと ご覧ください。

<そのため 手先の…>

<…になり
水をこぼしてしまうのです>

初期の…。

…が ひどい方などでも
できないことがあります。

鈴木君はね
まだ 若いっちゃ若いけど

でも 若い時から やっとくに
越したことはないもんね。

そうですね。

考えがね。

白濱君 どうだった?

いろいろ 今日 セルフチェック
させてもらったんですけど…。

えっ?

そんな男のエレガントさを
チェックできるのが

僕と片寄涼太が
ダブル主演を務める…。

僕がひき… 率いる 貴族と
片寄ひきずる… 率いる 王子が

伝説になるべく
バトルを繰り広げますので…。

すいません。

<次回は…>

<物語のきっかけは ある…>

<悪質な いじめを解決する
いじめ探偵>

<隠しカメラなどで いじめの…>


関連記事