極上空間 秋野暢子と馬場典子が奥多摩ドライブ 女優&女子アナ人生を語り尽くす・女子アナ裏話・ドラマ“赤い運命”秘話…


出典:『極上空間 秋野暢子と馬場典子が奥多摩ドライブ☆女優&女子アナ人生を語り尽くす』の番組情報(EPGから引用)


[字]極上空間 秋野暢子と馬場典子が奥多摩ドライブ☆女優&女子アナ人生を語り尽くす


秋野暢子と馬場典子が奥多摩をドライブ「百恵ちゃんとはよく遊びに行った」「三國連太郎さんに助けられた」ドラマ“赤い運命”秘話「火事現場の中継で大失敗」女子アナ裏話


詳細情報

出演者

秋野暢子、馬場典子

ナレーター

萩野志保子(テレビ朝日アナウンサー)

初回放送日

2020/3/7

番組概要

SUZUKI Presents 極上空間~小さなクルマ、大きな未来。~▽クルマだから行けるところがあるクルマだから話せることがある。毎回、クルマという空間を舞台に、素敵なゲストが「あのシーンの舞台裏」や「ターニングポイントになったあの瞬間の思い」など、普段聞けないような極上空間の“プレミアムトーク”を展開。友人・ライバル・兄弟・親子など…毎週、プライベートな瞬間が垣間見える番組!

<字幕放送あり>

番組ホームページ

<番組ホームページはこちら!>

www.bs-asahi.co.jp/gokujou/

制作

BS朝日、イースト・エンタテインメント


『極上空間 秋野暢子と馬場典子が奥多摩ドライブ☆女優&女子アナ人生を語り尽くす』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

極上空間 秋野暢子と馬場典子が奥多摩ドライブ 女優&女子アナ人生
  1. ホント
  2. 秋野
  3. 奥多摩
  4. 山菜
  5. 当時
  6. 自分
  7. 山口百恵
  8. 事務所
  9. 写真
  10. 川魚
  11. 素敵
  12. 仲良
  13. 馬場
  14. 料理
  15. ドライブ
  16. ブランド牛
  17. 喫茶店
  18. 橋幸夫
  19. 世界
  20. 朝ドラ


『極上空間 秋野暢子と馬場典子が奥多摩ドライブ☆女優&女子アナ人生を語り尽くす』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日 関連商品

〈本日の『極上空間』は
女優 秋野暢子さんが

仲良しのフリーアナウンサー
馬場典子さんとドライブ〉

なんか だいぶね
山深くなってきて…。

〈秋野さんが
行ってみたかったという

奥多摩の絶景渓谷へ〉

〈そして 馬場さんにも
行きたかった場所が…〉

〈奥多摩にある
古民家を使った旅館で

山菜と川魚の絶品料理を堪能〉

めっちゃおいしい! これ。

〈さらに 地元名産のブランド牛を
味わえるスポットにも〉

〈その道中で語られたのは…〉

そうね。
え~!

〈仲良しだった山口百恵さんとの
マル秘話〉

〈ESCUDOに乗って
ドライブ〉

〈昭和の大スターたちの秘話が
続々 飛び出します〉

♬~

〈ドライブすると
いつもより おしゃべりになる〉

〈普段は知らなかった
素顔にも出会える〉

〈車の中は
特別なひとときを過ごす

極上空間〉

〈2人のプレミアムトークが始まります〉

〈まずは
馬場さんのリクエストで

奥多摩の山菜と川魚の料理を
楽しめる場所へ〉

いや もう
最高のお天気じゃないですか。

ねえ よかったね。

晴れ女ですか?
私… ありがたい事に

割と晴れ女なのよね。
イメージ そんな感じです。

パッカー 晴れちゃいそうな…。
あんまり 雨 降られた事ないね

ロケでね。
いいですね。

〈中学時代に演劇部だった
秋野さんは

17歳の時 NHKの連続ドラマに
ウェイトレス役で出演〉

〈実は それが

朝ドラのヒロインの座を射止める
きっかけになったのだとか〉

17の年に NHKのね
銀河テレビ小説っていうのが

当時 あったのね。
寺尾聰さん主演で

田島令子さんと
2人のドラマだったんだけど。

それ 大阪で撮ってて…
新聞社の話で。

で その新聞社の人たちが集まる
新聞社の前の喫茶店

笑福亭仁鶴さんがマスターで

私とか 若い女の子が
3~4人出てたの。

鶴田浩二さんのお嬢さんとかも
出てたのかな?

どうやら 他の番組も
若い女の子 いっぱい出てたのよ。

なんなのかっていったら…。

動かしてみて あの

使える子を使おう
っていうふうな事だったらしくて。

確かに… しかも
現場で物おじする しないとかも

見えますもんね。
そうそう そうそう。

その時ね 私 あの 喫茶店の前の
情景カットがあるじゃない?

例えば 喫茶店に入る前に
喫茶店の情景 撮るじゃない?

その情景カットの時に
ディレクターに

キヌコっていう役
だったんだけど…。

…って言われて
「はーい」っつって。

水まくのに
ただ普通に水まいてても

つまんないなと思ったんで

♬~「潮来の伊太郎
ちょっと見なれば」

選曲… 選曲!
橋幸夫さんの『潮来笠』。

もちろん 乙女の曲も
ありましたよね? 当時もね。

それを歌って 水をまいたのを
ディレクターが見ていて

「あっ この子にしよう!」って
思ったんだって。

面白い… それが でも だって
16~17で?

10… だから 17歳。
17歳で そんな…。

その余裕がすごいですよね。
ただ まいても…。

「はい!」っつって
パシャ パシャってまくのが

手いっぱいなイメージですもん
そんな…。

ふざけてたんだね。
いやいや…。

でも まあ あの
その時のホントに…

そのきっかけを頂いた
橋幸夫さんに

たまたま 私 ホントに いつか

お礼を言わなきゃいけないと
思ってて。

橋幸夫さんにですか?
そう!

寺尾さんとかディレクターさん
じゃなくて橋幸夫さんに…。

ずっと お会いする事がなくて。

それで ちょっと
事務所 変わったのね。

えっと… 昨年か。 変わった時に
ちょうど うちの事務所が

橋さんの事務所と
間借りをしている所だったので…。

ついに?
えっ ちょっと待って。

デビュー何年での…
あれですか?

それは
去年 おととしぐらいですね。

すごい!
…ぐらいに 初めて 事務所に

新しい方の事務所に行った時に
橋さんがいらしたので

橋さんに
かくかくしかじかで…。

って言ったら…。

アハハハハ…! 素敵。
もう 相当たまってますよ 年数。

〈一方 22歳の時

日本テレビのアナウンサーになった
馬場さんが

入社試験の裏側を公開〉

色んな事をやる中で…。

今でもね あれは とてもいい
試験内容なんじゃないかと…。

自分が受かったから
言うわけじゃないんですけどね。

5枚 写真が用意されていて。

で そのうち
2枚 好きなものを選んで

で 3分間のフリートークをする。
この2枚は

とにかく 関係性を持たせて
しゃべりましょう。

景色だったら
景色と人物だったら

こんな環境の中で この人が
っていう創作を…

小説のように
創作してもいいし

あるいは もちろん
自分の事を話してもいいし。

どんな話 したの? それ。
もうね…。

おお~。
もう ホント バスト…

バスト あるかないかぐらいの
相当アップの顔で。

グローブは入ってるわけ?
グローブは ちょっと…

ちょっとです。 全部ではなく…
なんか 頬に当ててる感じの。

なんか 私が ひらめいたのは

スポーツって
「動」の世界じゃないですか。

あっ 「動く」のね。
「動く」の動の世界。

将棋っていうのは
静かな「静」の世界じゃないですか。

ところが 羽生さんは 今
指してる最中の写真なんですよ。

なるほど。
イチローさんは

走ってるわけじゃなくて
守備で 止まって

しかも
アップの写真なんですよ。

だから すごく なんか この2つが
対照的な世界な上に… でも

静の中の動の瞬間だし

動の中の静の瞬間を切り取った
写真だなって。

それが
すごく面白いなと思って。

まあ のらりくらりと
しゃべってたんですけど

このキーワード2つに

可能性を
見いだしてくれたみたいで。

ああ その2つを選んだ…。
もう ホント それだけで…

3分間 無駄しゃべりというか

しゃべりとも言えないしゃべりを
してる中で

面接官は 「あっ こういう
ものの見方をする子なんだ」って

多分 思ってくれて。
へえ~。

いや もう まぐれ…
まぐれヒットですよ。

いや そんな事ないよ。
だって その

動の中の静と静の中の動
みたいな感性を

写真から感じるって…。

かしこは違うなあ。
でも 私 バカかしこって

言われてるじゃないですか
秋野さんから いつも。

いやいや…
かしこだなあ ホントに。

バカかしこって言われて…。
ホントに賢い。

なるほど。 そういう
洞察力みたいなね 事を…

あと 観察力みたいな事が
やっぱり

この子は日テレに欲しいなと
思われたんだね。

失敗は? 失敗。
失敗?

ああ…! みたいな。
山ほどありますよ。

亡くなった方がいなかったから
よかったんですけど…。

「ひどく焼けてます」って
言わなきゃいけないところを

「よく焼けてます」って
言っちゃって…。

いや 焼き肉屋だからって…
みたいな お叱りを頂いて。

それは叱られる…。
「よく焼けてます」…。

当然 そんなの これっぽっちも
思ってないんですけど…。

ハハハハ…。

もう
ホントに怖いなと思いました。

よかったね
人が亡くなってなくて。

それ アカンわな。
気持ちは「ひどく」なんだけど

突いて出てきた言葉が…

生中継で台本もないし
みたいな中で

「よく焼けてます」とか
言っちゃって。

あと あれですよね。

ホワイトソックスというチームが
あるじゃないですか。

うん うん。

あの… ソックスの「ソ」を
「セ」に間違えるみたいな。

やりましたね。
そう…。

なぜ… なぜ? っていう。
「なぜ」ね。

そういうのありましたね。
あるんだろうね きっとね。

しょうもないのは
いっぱいありますね。

あっ 富士山 きれい。
わあ すごい!

すごいきれいに見える。

なんか 暖冬といいながら
やっぱり 雪が結構ありますね。

うん。 きれいだね。

東京 出てくる時にさ 18で
朝ドラ終わって 東京へ出てきて

三船プロダクションっていう

三船敏郎さんの会社に
入ったんだけどね。

その時に 母と2人で上京した時も
こんなきれいな いいお天気で。

母と2人で 新幹線 乗って
東京に行く時に

私 富士山に 「よし 東京 行って
一旗揚げるわ お母ちゃん」って

言ったの覚えてる。
日本一の富士山に向かって。

向かって。
かっこいい。 かっこいいなあ。

ホントにね… その時
ホントに そう思ったんだよね。

〈秋野さんは 19歳の時

大ヒットドラマ
「赤いシリーズ」に出演〉

〈山口百恵さんが演じる主役を
いじめる役で話題を呼びました〉

朝ドラ終わったあと すぐに
山口百恵ちゃんと一緒に

「赤いシリーズ」… 『赤い運命』
っていうのをやったんだけど。

それは まあ
NHKの朝ドラをやると

国民的女優みたいな こう…
感じになるから

それが ちょっと 自分では
嫌だなと思って…。

あえて… 役柄を聞いたら

百恵ちゃんをいじめる役だ
っていうんで

そうか…。

言っても… それ だって
おいくつの時ですか?

それは だから 19です。
そうですよね。

そんな… まだまだ
ヒロインでいたくないですか? 19。

国民的女優 なりたくても
みんな なれないんですよ。

でも なんか そういう ちょっと
へそ曲がりなとこあるのかな。

なんか
役として広がるなと思って。

その『赤い運命』
っていうのをやった…

ホントに意地悪な役なのよ もう。
意味わかんないんだけど。

あの時代のドラマって
あり得ないですよね

意地悪 いじめが。
そうなの。

でも ある意味 リアルだったりも
しますよね きっと。

だから
もう それで 私は

母は… うちの…。

「あんなふうに子供を育てて」って
言われたりね。

それは…
役の幅を広げるためだったけど

そんなとこまで影響があると

ちょっと
さすがに あれじゃないですか?

こたえませんか?

だから そういう意味では
なんか… どう言うの?

やっぱり こう
自分で引き受けたから

ちゃんと
やり抜かなきゃいけないんだけど

若干…
私も その時 まだ19だったから

そういうふうな目に遭うと
ひるむじゃない。

芝居が
ひるんだんだと思うのね。

そしたら…。

…って言われて。
「はい」って言ったら

わかったんだね
やっぱり ベテランだから。

すごい。
あのねってね… あのね…。

で 三國さんの役も
元殺人犯の役なので

百恵ちゃんを
いじめる役なんだけど…

強く怒ったりする役なんだけど。

でもね…。

きっとね あなたはね

これで 芝居の幅が広がるから
やりなさいって言われて…。

ああ すごい。
そうかと思って吹っ切れたのね。

でも… だから まず
自分の幅が広がるって考えも

間違いじゃなかったし

その時
その… 一番迷う時に

ふっと
声をかけてくださる。

もう 先輩のありがたい言葉。

その時ね

宇津井健さんはね
ホントに真面目な方で

とにかく 自分を律して

スーツの似合う俳優でいたい
っていうので

トレーニングなさって。

それで ご飯も…
ご飯 食べるシーン…。

お米をですか? え~!

だから 食べるシーンはね…
昔は ほら フィルムだから。

今みたいに
4Kとか8Kじゃないから。

ご飯のシーンはね 大根おろしを
召し上がってるぐらい

ストイックに
ご自身の体を鍛えて

それで あの…。

なんかね 役者としてのたたずまい
というか

役者としては こうあるべきだ
みたいな事はね

宇津井さんに…

宇津井さんを見て
教わった気がする。

〈そして 車は奥多摩へ〉

いやあ…! 山の方 行く
っていうので 私…。

おいしいね 山菜料理とか

眺めもいいレストランというか…
宿かな?

…があるって聞いたので。
ちょっと そこ。

もう まもなくだと…。
ちょっと小腹もすいてきたしね。

〈このあとは 古民家を使った
風情ある旅館で

奥多摩の山菜と川魚に舌鼓〉

いただきます。

ねっ! めっちゃおいしいよね。
おいしい…!

〈やって来たのは
奥多摩 檜原村にある旅館〉

いやあ 趣ありますね。
すごいね!

かやぶき屋根… すごいよね。

扉 でかい。
すいません…。

わあ! 素敵じゃない。
こんにちは。 素敵!

うわあ! すごい。

ねえ。

〈築250年以上の古民家を利用した
この宿は

秋川渓谷の上流にあり

部屋から
渓流や滝を望む事ができます〉

〈こちらの名物が…〉

うわあ! すごいボリューム。

〈奥多摩産の山菜と川魚を使った
料理〉

〈工夫を凝らして味付けした
山菜を

12種類も
楽しむ事ができるのです〉

〈お酢と砂糖であえた
ふきのとう〉

〈お味は?〉

(岡部さん)そうですか。
よかったです。

ホントに。

そうですよね。
(一同の笑い声)

それは知ってます。

これは なんだ?

〈うどは 自家製の味噌と
かつお節でとった出汁で

煮込んであります〉

うん!

やわらかい。

お味がいいですね この…。
ねっ そうなのよね。

絶妙な塩加減。

ホント 山菜の香りとか苦みが
生きてますね。

ちょうどいい。
うん。

〈そして ヤマメの塩焼きを
秋野さん豪快に!〉

うん!

めっちゃおいしい! これ。

めっちゃおいしいですね。

いただきます。

ねっ! めっちゃおいしいよね。
おいしい…!

フレッシュなんだな。

で まあ… 川魚って
よく臭みがあるっていうけど

全く なんにもない。 ねっ。

〈ちょっと珍しい
ヤマメのお造りは

酢味噌で頂きます〉

うん!

身がしっかりしてて

おいしいわ これも。

〈馬場さんが食べたかった料理
大当たりでした〉

いかがでしたか?
もう なかなかでしたよ~!

でもさ あれだけのさ
色んな山菜とかさ

そんなに食べる事ないからさ
ありがたかった。

地元の… その土地のっていうのが
いいですよね。

いいよね。
ヤマメもおいしかったし。

なかなか
いいお昼ご飯でございました。

ありがとうございます。

なんか 運転しやすいよ
このESCUDO。

ああ そうですか。
うん 小回りも利くし。

高いしね。 たっぱあるしね。
後ろに荷物も積めるし。

乗り降りも楽なのは
なんでだろう?

そういう あれが…
工夫がされてるんですかね?

なんか 人体力学みたいな…
あれなんじゃない?

〈続いては 秋野さんが

行ってみたいという

絶景の渓谷へ!〉

〈ブランド牛を使った料理も

楽しみます〉

〈ドラマでの共演で

山口百恵さんと仲良くなった
秋野さん〉

〈2人は 当時
昭和の名優たちが集う店に

足を運んでいたそう〉

そこは もう…。

へえ~! すごい!

そういう… 要するに

芸能界の中枢にいた人たちがいる
店なのよね。

で 私は まだ10代だから

お酒は飲んでないよ。
お酒は飲んでないけど

まあ そういう所に…。
社交場として。

社交場として
先輩に連れて行かれるわけよ。

で… あの…。

…みたいなさ。
え~っ! ええ~ 面白い!

伝説ですね! もう。
そうそう。

伝説の店なのよ その…。

撮影終わったら。

セキさん1人なんで

若い女の子たちが
手伝いに来るみたいな。

だって もう 国民的女優2人が
お皿洗いしているんですか。

そうよ お皿洗ったり…。

みたいな。

だから その 今思うとさ

すごい俳優さんが
集まってる店だったよ。

俳優さんも女優さんもね。

もう なんか 色んな人がいたの
そこの店に。

なんていうのかな…
色恋以前に すごく

人として ときめきそうですね
そういう場にいたら。

そう 勘九郎ちゃんもいたしね。
当時は勘九郎ちゃんが…。

勘九郎さん! うわあ そうか~!
なんかね

みんな
ワイワイいたんだよね。

ワイワイいたのよ~。

それで みんな
芝居の話 したり

なんか… ねっ。
色んな話 してたな。

う~ん。
夏目雅子もいたし。

うん…。

懐かしいね。
夏目さんは…。

同い年よ 私と。
ご共演とかは?

えっとね… 一緒に仕事した事は
ないんだけど

なんか仲良しで。

ドンキにも一緒に行った。 で…。

なんか
そんな感じの時代だったね。

面白かったけどね。

〈さらに 当時

三浦友和さんと山口百恵さんの
恋話を耳にしていたとか〉

当時から 昼間
どっかに出かけるとかっていうと

すごい大変なのよ。

だから あの…

夜 終わってから…
仕事終わってから

そういう
ドンキホーテみたいな その…

あんまり素人さんが来ない所に
行って おしゃべりしたり。

まあ なんか…
恋の話とかしたり。

えっ 恋の話も…。
えっ じゃあ あの…。

そうね。
え~!

え~ 素敵…。
あっ そうなんだ~ と思って。

私 当時…
結婚するぐらいの時

友さんとも仕事してたのかな?
はい。

友さんに…。

って 私が言って…。

アハハハ…! そしたら?

アハハハ! へえ~。
…みたいな感じ。

でもね とても仲良くね
お二人で ずっと やってらして。

いやあ ホントにきれいだね。
ねえ。 やっぱり 空気違いますね。

〈このあとは
秋野さん念願の絶景渓谷で

癒やしの ひととき〉

〈奥多摩名物のブランド牛も
堪能!〉

ホントだ。

甘みがすごい!

なんか だいぶね
山深くなってきて…。

〈やって来たのは

奥多摩 鳩ノ巣渓谷のそばにある
お宿〉

〈ここで 地元のブランド牛
秋川牛を使った料理に舌鼓〉

やわらかい!
やわらかい… でも それは思う。

見た目が
すでに やわらかいもんね。

脂が甘い…。
こんな甘いお肉 食べた事ない!

いただきます。

やわらかいですよね。
うん うん!

ホントだ 甘くて やわらかくて。

甘みがすごい!

脂も いい脂だね これ。
うん。

あの…
私 脂センサー 敏感なので

いい脂です。
やっぱりね。

味もね なじんで…
おいしいですよね。

〈秋川牛を堪能したあとは…〉

え~ 久々
こんな 渓谷! ってとこ来たの。

〈いよいよ

秋野さんが行きたかった
絶景スポットへ!〉

いいじゃない ちょっと!

なんか ちょっと こう
乳白色というか。

ねえ! 乳白色だ。
すごい!

〈巨岩の間を清流が縫う
名勝 鳩ノ巣渓谷〉

いやあ いいですね!
まあ… おお おお おお…。

ああいう こう 流れ込んでる川も
あったりして。

きれいだね。

いやあ ホントにきれいだね。
ねえ。 やっぱり 空気違いますね。

いい景色だ。
すがすがしい この沢の音と。

きれいだな
日本の田舎は きれいだな。

ねえ きれい。

〈そして 雄大な自然の中で…〉

それでは
この素晴らしい渓谷をバックに

(ほら貝)

〈実は 馬場さん

今 ほら貝に
はまっているのです〉

(ほら貝)

なぜ 馬場典子は ほら貝を
吹くようになったんでしょうか?

フフ… よくわかりませんが

でも かわいいですよね。

(ほら貝)

秋野さんへの感謝と

この自然の素晴らしさに向けて
吹きました。

でも
私は ただのビギナーなので

ほら貝は ホントは
とっても素晴らしいんですよ!

〈素敵な未来が生まれる
ドライブ〉

〈あなたも
出かけてみませんか?〉


関連記事