遠くへ行きたい「早春の瀬戸内!山口県岩国で城下町散策!隠れ小京都・柳井」刺身が美味しい絶品しょうゆ・幻の瀬戸貝…


出典:『遠くへ行きたい「早春の瀬戸内!山口県岩国で城下町散策!隠れ小京都・柳井」』の番組情報(EPGから引用)


遠くへ行きたい「早春の瀬戸内!山口県岩国で城下町散策!隠れ小京都・柳井」[解][字]


眞島秀和▽岩国城お殿様気分…天守閣の絶景と甲冑&鉄砲の戦国体験▽具材たっぷり!色とりどり岩国寿司▽刺身が美味しい絶品しょうゆ▽幻の瀬戸貝▽周防大島の絶景露天風呂


詳細情報

出演者

【旅人】

眞島秀和(俳優)

番組内容

早春の瀬戸内!城下町を丸かじり▽1)岩国城天守閣から絶景!お殿様気分▽2)いざ出陣!甲冑&火縄銃の戦国体験▽3)名物「岩国寿司」なんと70人前!色とりどりの具材を4段重ねに!▽4)鶏モモと手羽を秘伝のタレで豪快に!山賊焼&巨大おにぎりを野外で▽5)白壁土蔵の町並みは隠れ小京都とも…柳井▽6)濃くてまろやか…刺身がうまい甘露しょうゆ▽7)早い潮流が育む幻の瀬戸貝▽8)瀬戸内の絶景!周防大島の露天風呂

音楽

【テーマ曲】

「遠くへ行きたい」

作詞:永六輔

作曲:中村八大

制作

ytv

テレビマンユニオン

番組ホームページ

★https://www.ytv.co.jp/tohku

★http://www.to-ku.com

★ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!

取材地

山口県岩国市~柳井市~周防大島町


『遠くへ行きたい「早春の瀬戸内!山口県岩国で城下町散策!隠れ小京都・柳井」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

遠くへ行きたい「早春の瀬戸内!山口県岩国で城下町散策!隠れ
  1. ハハハ
  2. 金魚
  3. 出来
  4. 甘露
  5. レンコン
  6. 岩国
  7. 結構
  8. 江戸時代
  9. 城下町
  10. 森本
  11. 瀬戸貝
  12. 大丈夫
  13. 殿様
  14. 柳井
  15. アジ
  16. キレイ
  17. グッ
  18. ハァ
  19. ホント
  20. レストラン


『遠くへ行きたい「早春の瀬戸内!山口県岩国で城下町散策!隠れ小京都・柳井」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ 関連商品

<眞島秀和です>

すごい カッコいいお城。

すげぇな。

<やって来たのは 山口県の…>

<標高200mの
山の上にある城です>

うわ~ すごい景色。

うわ…。

うわ~ 楽しみだな。

<眼下に広がるのは
初代藩主 吉川広家が

治めた城下町>

<岩国のシンボル 錦帯橋は

現在 保全工事中ですが

今年の桜の季節には
工事も終わり

木造五連の見事な
アーチ橋が望めるそうです>

<城下町には戦国時代を
体験できる施設があります>

うわ カッコいいですね。

(波羅さん) そうですね。

広いですね ここのカバー。

これ 本物ですか?

(波羅さん) そうですね。

何度か時代劇は出てるんですけど。

甲冑は着たことないんですよ。

あぁ~。

<今回
特別に着させていただきました>

ちょっと
ここを持っててください。

重いですね ちゃんと重量が…。

ありますね。

<身を守るために
こんな重い甲冑を着て

戦っていたなんて驚きです>

そうすると ここの…。

こういう形になっております。

「火蓋を切る」って
このことだったんですね。

そうです。

これ…
重さを確認してみてください。

あっ 重いですね。

放て~。

バン!
はい そうです。

<本物の火縄銃を使った
訓練もあるそうです>

こんにちは お邪魔します。

<こちらは
岩国藩鉄砲隊保存会の皆さん>

よろしくお願いします。

(ほら貝の音)

≪火縄をつけ~≫

<火縄銃は
江戸時代に製造されたもの>

(ほら貝の音)

(銃声)

≪放て!≫
(銃声)

<火縄銃のごう音は
戦が始まったようです>

すごい迫力ですね。

音圧が ハハっ。

熱意さえあれば ハハハ…。

いざ!
(一同) 出陣!

<今回は 情緒たっぷりの山口で

城下町に残る名物 名所探し>

弾力ありますよ。

<豪華絢爛 巨大ずしにビックリ>

あ~!

<殿様が愛した れんこん>

<その秘密とは?>

<山里で珍スポットに潜入>

お祭りっていうか
縁日みたいな感じですけど。

<なんと これがレストラン>

すごい 金魚たくさん ないですか。

<白壁の町で見つけた
かわいい金魚たち>

息 止めてる ハハハ…。

すごいキレイですね
中 開けたとこって。

<その味は?>

うまっ。

<潮風香る山口で

ひと味違う名所巡りの旅>

<皆さんも ご一緒に どうぞ!>

<まずは
城下町で うまいもん探し>

「岩国名物 岩国寿司」。

へぇ~。

また あった。

何なんだろうな?

すいませ~ん。
≪は~い≫

岩国寿司って 何なんでしょうか?

(森本さん) よかったら どうぞ。

お入りくださいませ。
お邪魔します。

うわっ
外から想像できないぐらい

奥が…。
そうですね。

そうなんですか。

昔の階段ですね。
そのままですね。

これが岩国寿司の材料ですか?
具材でございますね。

<具材も こんなにたくさん>

この箱に詰め込んで行くんですか。
これでね 今 今日… 大方…。

70人前!

<郷土料理教室の
真っ最中でした>

これは 酢飯ですか?

一升…。
はい 一升… お米一升。

どういう時に?
祭りの日とか。

みんな来るんですよ 親戚縁者が。

だから 少しじゃいけないので

こんなに大きくなった。

まず 卵。

豪快ですね。

卵も何十個って必要ですか?

<色とりどりの
具材を敷き詰めたら

次々に4段 重ねるそうです>

これは?
これは コノシロ。

この辺りで取れる魚をね
酢で締めて。

へぇ~ そうなんですね。

1・2・3・4・5・6・7・8・9。

9つ 穴が開いてる。

<家紋に そっくりなので

殿様は殊の外 喜んだそうです>

<この寿司が
献上されたことから

「殿様ずし」ともいわれています>

これで この間を入れるんです。

仕切りなんですね。
仕切りになりますね。

押すのは男性の係。

押して 抜くのが。

あぁ。

<寿司に上がる時は

清潔な白足袋に
着物を着るのが 習わし>

よいしょ… グッ グッと。

<寿司の厚みが
均等になるように

満遍なく踏み込みます>

はい 大丈夫です。

そして
これをグッと抜いてしまう。

抜けたら すごい。

<しかし なかなか抜けない!>

あ~。
抜けてます? これ。

抜けてますよ 大丈夫 大丈夫…。

あぁ!
(森本さん) あ~! すごい。

(拍手)
抜けました! ハハっ。

あ~…。
(森本さん) 出来ましたね。

出来ました
そういう仕組みになってるんだ

…って思いました 抜けた瞬間に。

グサっ!と行ってください。

グサっ!と。

<崩れないように
切るのも ひと苦労>

切るのが大変ですね。
大変です。

は~い こんな感じで

全部 切って行きます。

これが…。
1つ分 1個分 お1人分。

<これが名物…>

いただきま~す。

アハハ!
男の子がね。

う~ん おいしいです。

おいしいです。
おいしいね うん。

<蓋付きの大きなお椀に
盛られた煮物は

「大平」と呼ばれる郷土料理>

うん…
レンコンが おいしいですね。

(森本さん) やわいですか?

軟らかいですね。

<岩国の食材を生かし切る名物>

<ごちそうさまでした!>

一面 レンコン畑だ。

<海沿いには
レンコン畑が広がっています>

ショベルカー 使ってる。

ショベルカー使って
掘ってくんですね。

今は機械使って 少しでも

効率良くするようにしてます。

これ すごい重労働ですね。

まぁ 見ての通りです。

<かつて この辺りは海の一部>

<江戸時代
農地拡大のため干拓が進められ

塩分に強いレンコン栽培が
始まったそうです>

<砂が混じった畑では

乱暴に掘ると
レンコンを傷つけるので

水を抜いてから
手掘りで収穫します>

どういう状態に ここ…。

≪あぁ! 大丈夫ですか?≫

埋まってるものなんですか?

(中尾さん)
こちら側が頭になりますね。

ここです。

ここから… ここまでですね。

結構 長いんですね。

何ていうんですか? これ。

<レンコンを傷つけないように

刃と刃の間が広い
専用のくわを使います>

「カイカキ」。

姿が見えたレンコンを

引き抜く時に使う道具です。
あぁ~。

<割ってみると…>

あ~ 糸引いてますね。

糸引くのが体にいい成分なんです。

<ムチンというネバネバ成分が

疲労回復に良いそうです>

息子さんと
ずっと やってらっしゃる…?

お手伝いですか?
息子は 休みだけですけどね。

元々 仕事してますんで。

これ 体勢が すげぇキツいですね。

次 どこ掘ったらいいと思います?

これ
どこ掘ったらいいと思いますか?

こう行ってもいいってことですか。
(中尾さんの息子) そうです。

見えて来ました。

<ありました ありました>

(中尾さん) あとは…。

よいしょ! はぁ はぁ…。

結構 これでも 長いですね。

掘った中では。

汗だくです。
(笑い)

いい汗かいた。
いや もう 暑いです。

<この重労働が岩国の
食文化を支えて来たんですね>

何だ? これ… え~?

お祭りっていうか
縁日みたいな感じですけど。

<ここは 岩国の人気スポット>

<山賊の砦をイメージした
レストランです>

コタツで食べるってことですか
へぇ~。

<人気の秘密は
山賊気分を味わえる

この 野外席>

暖かいですか?
めちゃめちゃ暖かいです。

あぁ 暖かいですね へぇ~。

楽しいです ホントに ゆったりと。

おいしい?

おにぎりか すげぇ ハハハ…。

全部 手づくりなんですか!

広がって行ったんですね。

(高橋さん) ここのね…。

これは すごい!

山賊焼っていうんですか。

<鶏のモモと手羽を
秘伝のタレで焼く山賊焼>

すごい 豪快ですよね。

一日に大体どれぐらい…?

800 900。
はい。

<おむすびもビッグサイズ>

<具は…>

<お腹いっぱい食べてほしい
ということだそうです>

<僕も山賊気分を味わいながら
かぶり付き>

うめぇ。

すっごい豪快で
焼きたてで おいしいです。

場所の雰囲気も お料理も

何か 異次元な感じですよね。

<超特大の おむすび>

ずっしり感が すごいです。

このデカいおにぎりを持って
かぶり付くという。

<アミューズメントパーク のような レストラン>

<いや~ 楽しい!>

<次は 幻の海の幸 発見>


<眞島秀和の山口県の旅>

<岩国藩の財政を支えた町
柳井へ向かいます>

おう! 見えて来ました。

この辺りが
白壁の町並みっていうのかな。

すごい いい感じの町並みだ。

昔の蔵の造りなのかな これは。

<白壁土蔵の町並みは
「隠れ小京都」と呼ばれ

海の玄関口として栄えた
商業の町>

うん?
すごい金魚たくさん ないですか。

何だろうな? これ。

こんにちは。

こちらは… お菓子屋さんですか?

そうです。

「月でひろった卵」。

へぇ~。

<あさひ製菓は100年以上続く
老舗だそうです>

うん… すんごい軟らかい。

おいしいです。

<カステラとクリームが
ベストマッチ>

金魚のちょうちん
たくさん飾ってあるんですけど

金魚を育ててたりするんですか?

全力でプッシュ
させてもらっております。

<柳井のシンボルのような
この 金魚ちょうちん>

<実は お菓子屋さんの本社にも

職人さんがいるそうです>

ここですか? ひょっとして。

(山本さん) この辺に…。

オフィスの中で。
すいません ホントにオフィスです。

<江戸時代に始まった
金魚ちょうちん作り>

<その伝統を守ろうと

社内に
民芸部をつくったそうです>

手先が やっぱり多少…。

そうですよね 器用じゃないと。

こうして組んで。

障子紙ですね。

こうやって
あっちこっちと貼って行って

さっき仕上げたんですけど
こんな感じで。

お目目も手描きなんですか?

<溶かしたロウで
模様を描いて行きます>

置いただけで
わぁ~っと にじんで行くんです。

そのロウの所でピタっと止まる。

<僕も 体験させてもらいました>

じわ~って行くのが
面白いですね。

でしょ? にじみ具合がね。

<ほら!>

<ロウの所で
にじみがピタっと止まります>

<難しいのがアイシャドー>

<入れ方ひとつで顔の印象が
変わってしまうそうです>

息 止めてる ハハハ…。

いかがですか?

何かちょっと
マヌケな顔になりましたよね。

<ヒレと尾を付ければ 完成>

はい 付きました。

出来ましたね。
出来ました ハァ ハァ…。

いいことありますよ きっと。

<僕が作った金魚ちょうちん>

<店の軒先に
飾ってもらいました>

ちょっと
目がパンダ みたいになってますけど。

ハハハ…。

<江戸時代 交易で栄えた柳井は

しょうゆ造りが 一大産業でした>

へぇ~
しょうゆをこれで 造ってる水。

「ぜひ お召し上がりください」。

おっ。

すごいおいしい
入って行ってみよう。

お邪魔します。
≪どうぞ≫

甘露しょうゆでいい…?
甘露しょうゆという

おしょうゆを実際に造っています。

甘露しょうゆっていうのは
おしょうゆの種類なんですか?

再仕込みしょうゆ。
「再び仕込むしょうゆ」と書きます。

すごい…
こういうとこ 初めて入りました。

お~!
こういうふうな…。

あっ もうここ 造ってるんですね。

へぇ~。

これが そうなんですね。

一年半。
はい。

一年半たったら…。

(桐山さん)
その しょうゆの中に…。

もう一回 だから 再び仕込む

「再仕込み」ということになります。

お殿様のほうが…。

へぇ~。

<それで「甘露しょうゆ」という
名前になったんですね>

いただきます。

<濃くて まろやかなしょうゆは

お刺し身に合うそうです>

見た感じ 濃厚じゃないですか。

でも
さっぱりしているような感じに。

タイも名産なんですよ。

うん。

うん うん…。

<殿様が愛した甘露しょうゆ>

<伝統製法が
今も守られています>

<次は 絶品! 幻の漁師めし>

<眞島秀和の山口県柳井の旅>

<柳井には
流れの速い瀬戸があり

海産物が豊富です>

何が釣れるんですか?
今 アジ 釣ってます。

アジ 釣ってるんですか。

<早い潮流で育つアジは
生きがいい>

おう おう…。

お~!
随分たくさん入ってますね。

いつも
これぐらい釣れるんですか?

(男性)
釣れる時と釣れん時ありますから。

そうですよね。

<この辺りでは
幻の貝が採れるそうです>

ついて行っても いいですか?

お邪魔でなければ。
(村中さん) はい。

<ベテラン漁師の村中正和さんに
連れて行ってもらいます>

<一体どうやって
採るのでしょう?>

(村中さん) はい。

<漁のチャンスは
干潮の潮が止まるタイミング>

この辺ですか?
はい。

あぁ そうなんですか。

みんな…。

はぁ~。

<潜って採るんですね>

ハハハ…。

お~ 行った 行った。

<幻の貝は
見つかるんでしょうか?>

<かつては
たくさん採れたそうですが

今では数が減り

めったに市場に
出回らないそうです>

お~ 来た。

お~ 初めて見ましたです。

<これが幻の貝 瀬戸貝です>

黒い貝ですね
カキとも また全然違う感じな。

おっ… これ デカいですね。

ハハハ…。

これ大っきい
15cmぐらい あるのかな。

ものすごい貴重品なんだなって
分かりました。

ハハハ…。

結構 硬いんですね。

結構 硬いですね。

お~う あっ…。

すごいキレイですね
中 開けたとこって。

これ 何年ぐらい?

へぇ~
10年で この大きさなんですね。

それでどんどん減って来てる
っていうのもあるってこと…。

そうでしょうね。

<港近くの旅館で

料理を食べさせてもらう
ことになりました>

こんにちは お邪魔しま~す。

(藤山さん) これは…。

そうなんですね。
だから…。

バター焼きにして。

<まず
むいた瀬戸貝を細かく切って

ゴボウやコンニャクなどと
炒めます>

いい匂い して来ましたね。

こういう料理って
この辺で昔から食べてたんですか。

ええ 昔からありますね。

郷土料理…?
ええ。

この辺では。

<それを
米に混ぜて炊き込みます>

(女性) はい これで。

<待つこと1時間>

お~ 出来てますね。

うわ~
めっちゃくちゃ いい匂いする。

<うん! うまそう!>

<出来たてを ひと口>

うまい。

うまっ。

何か
食感がいいですね 瀬戸貝って。

すごい おいしい。

<こちらは ゆでた瀬戸貝を

湯切りして…

バター焼きにします>

ごつごつした見た目より
ホントに さっぱりしてます。

全然 クセないですよね。

うまい。

<酢味噌和えや…

鍋でいただいても おいしい>

<今では幻の漁師めし>

<絶品でした!>

<対岸の周防大島に
絶景の露天風呂がありました>

あ~!

はぁ!

すげぇ景色がキレイだな。

ハァ~…。

あ~ 気持ちいい!

あ~ いいな。

瀬戸内海ってゆっくり来るの
初めてだったので。

楽しかったですね。

ぜひ また来たいですね。

<のんびり瀬戸内海の旅>

<皆さんも いかがですか?>


関連記事