噂の!東京マガジン コク旨!本格天津飯・ブーム発信地!電気街!メイドカフェ!オタ活!進化する秋葉原を歴史散歩…


出典:『噂の!東京マガジン 爆笑!天津飯TRY蔵出しSP▽ブーム発信地!秋葉原歴史散歩』の番組情報(EPGから引用)


噂の!東京マガジン[解][字]爆笑!天津飯TRY蔵出しSP▽ブーム発信地!秋葉原歴史散歩


電気街!メイドカフェ!オタ活!進化する秋葉原を歴史散歩…スイーツの名店からメイド誕生秘話まで知られざるアキバの魅力▽達人が伝授!コク旨!本格天津飯&蔵出しSP


番組内容

笑いながら楽しんでいるうち今が分かるユニーク情報番組。どこにでもあるケンカ・対立・もめ事や珍妙な出来事を取材。それを元にスタジオで論議の輪が広がります。


出演者

森本毅郎

井崎脩五郎

小島奈津子

清水国明

山口良一

笑福亭笑瓶

風見しんご

深沢邦之


募集中!

番組では身近にある理不尽な問題や疑問を募集しています。

クチコミメールは番組ホームページから

クチコミFAXは03-3585-5529


公式ページ

◇番組HP http://www.tbs.co.jp/uwasa/


制作

TBSテレビ


『噂の!東京マガジン 爆笑!天津飯TRY蔵出しSP▽ブーム発信地!秋葉原歴史散歩』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

噂の!東京マガジン コク旨!本格天津飯・ブーム発信地!電気街!
  1. 山口
  2. 笑瓶
  3. 秋葉原
  4. 天津飯
  5. スタッフ
  6. 井崎
  7. カニ
  8. 新聞紙
  9. 風見
  10. 今日
  11. 関東
  12. 年前
  13. イメージ
  14. 関西
  15. 電気街
  16. お店
  17. ケチャップ
  18. ホント
  19. 清水
  20. 大丈夫


『噂の!東京マガジン 爆笑!天津飯TRY蔵出しSP▽ブーム発信地!秋葉原歴史散歩』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


(清水)俺 今 入るとこ 全然…
いやいや

(歓声)

こんにちは
こんにちは

コロナウイルスのね 感染拡大で

学校 休みになってる
そうですね

なっちゃんのお宅も お嬢ちゃん
おうちでしょ?

そうです ず~っと
ず~っとね 親御さん 大変だよね

色々 気ぃ使ってね
そうですね

まあ どのくらい続きますかね
ちょっと 心配ですね

気になりますが
さて 今日 番組はですね

秋葉原 取り上げるんですけれども

秋葉原っていう街で
何を連想するかっていう質問で

その答えによって 実はね
世代が分かる

(一同)え~!

え~ まあ やっぱり かつて
家族で テレビとかね

冷蔵庫なんかを
買いに出かけた世代

この辺 皆 そうじゃないかな?
電気屋さんですね

そうした親から
この アニメとかね ゲームとか

こういうのに夢中になる子供が
生まれて

やがて IT時代に
まあ 入っていくわけで

そこで 活躍する世代と まあ

こういうふうに
分かれてるんですけど

ここに集まってるのは 皆
一世代だからな

電気街だけですね

電気屋さん ばっかりです
ひとくくりだ

だから
あんまり バラエティーがないね

すいません ホントに
まあ いずれにしてもですね

そうした時代の波をつくってきた
秋葉原の歴史を

後ほど
散歩してみることにいたします

早速 目次をご覧ください

<今週の やって!TRYは>

<過去30年のVTRから>

<爆笑必至の挑戦者を蔵出し>

<その BEST4を
どどんと発表>

<作った本人も びっくり!>

<アンビリーバボーな大失敗から>

<あの
伝説級の勘違いも よみがえる>

<そして スタジオには
あの達人が登場>

<オイスターソースを利かせた>

<を伝授します>

<続いて
歴史さんぽ TOKYO大好き!!>

<今回は 電気街>

うわ~ 来た あっ 膨らんだ!

<アキバには ここにしかないものが
たくさん!>

立派なイチゴだ これ

<このパフェも
アキバだから出せるんですって>

<なぜ 家電街になったのか>

<そこに 知られざる歴史が>

<など
ブームを巻き起こしてきた>

<秋葉原の歴史を ひもときます>

それでは 週刊見出し大賞です
今週は 笑瓶さん お願いします

さあ それでは 井崎さん
アングルからお願いしま~す!

はい 「週刊朝日」

外国人の店主が
経営する

日本料理店
紹介してます

その中の一軒 お訪ねしました

(笑瓶)はい どこの方でしょう

(井崎)
東上線の上板橋にある居酒屋

ここには…

どうも こんちは~

(井崎)ご主人は

(笑瓶)イラン出身

(スタッフ)
帰るっていうのはなかった?

(井崎)マンスールさんは
日本の商社に就職

学生時代に知り合った
きよみさんと 28年前に結婚

間もなく 居酒屋を開きました

外国の方が

(井崎)しかし 今は

その訳は

(笑瓶)サラダ

(井崎)
何を注文しても 特大サイズ

更に 驚きは
どの料理も 税込み400円という

料理はね

(スタッフ)回してんの?
はい そうです

アハハハハハハハ

笑てる

でも お客さんの方が
心配しちゃうってね

いいよね だけど
(笑瓶)はいはい

(山口)400円だもんね

どのメニュー頼んでも
あの大盛りで400円ですよ?

もっと頼みたいと思っても
食べるのも大変になっちゃう

(笑瓶)大変だから シェアするか

大人数で行かないと食べきれない
(笑瓶)そうやわね

だから
井崎さんみたいなお客さんが

たらふく来るといいんですよね
そうね カ~ッ

そうね

すごいお店ですね
ありがとうございます

さあ それでは
気になる見出し お願いしま~す

「プレイボーイ」です!

「東西で
人気も味も違う 天津飯研究」

今日の 実は やって!TRY
天津飯なんですけどね

今 天津飯 ブームです

元々 関西では 天津飯はね

チャーハン ラーメン
天津飯だった

(笑瓶)はい そうかなあ
ええ そういう…

(笑瓶)人気ですよ はい 天津飯

(井崎)関東 関西で
アンケートとった結果

天津飯が好きと答えた人
関東出身者だと

僅か20%なんですが
関西出身者は50%

中国食文化の研究家で
辻学園の横田文良さんは

こう 解説されてます

天津飯は
日本で生まれたものです

(笑瓶)あっ そうですか
(井崎)戦後 関東 関西で

ほぼ同時に誕生したんですが

関西では 高いカニの代わりに
川で取れたエビを使ったり

海外から
安い卵を仕入れたりするなど

工夫を凝らして 味を広げたと
(笑瓶)なるほど

一方 関東は 既に
天丼などの丼文化があって

貴重な卵を使う天津飯は
はやらなかった

あ~ そうでしたか
(井崎)実は 東西ともに

天津飯発祥の店は
もう 今 ないそうです

関東と関西では
誕生したきっかけから

最初から
味が違ってたそうですね

卵の上にかけるあんは 関東だと
酢にケチャップを加えた 甘酢

酢にしょうゆを加えた
酸っぱい味が主流なんですが

関西は
塩かしょうゆをベースにした

だしの旨味があるあんが
主流になっている

だから 全国チェーンで
関東と関西で

かけるあんを…
あ~ なるほど

(笑瓶)違うんですね
変えてる

森本さん 学生の頃
どうでした? 天津飯とか

やっぱ 食べましたけどね
あの 甘酸っぱいのがね

関東は もうね
好きなんですよね

僕もね 大阪の人間やけど

もう 甘酸っぱい
甘酢の天津飯の方が 好きですね

裏切りもんだね あなた

(笑瓶)申し訳ございません

山口さん 広島ですけど
でもね

やっぱり こっちが長いし

広島にいる頃に あまり天津飯って
食べたことなかったんですよね

だから 東京に来て食べてるから
やっぱり甘酸っぱいイメージがあるね

(笑瓶)甘酢のね イメージが

皆もう 関東に毒されてるな
君達は

(笑瓶)毒されてるというか
おいしいですから

甘酢のね あんが はい

面白いですね こうやって
食べ比べてみるとね

さあ それでは
今週の見出し大賞は何でしょうか

「週刊女性」です!

「新聞紙のエコ家事アイデア」

吸水性や吸湿性に富んだ新聞紙

様々な家事に使えます

エコに優れてるって
書いてありますね

そのテクニックを 家事評論家の
毎田祥子さんが紹介してます

新聞紙は 普通の紙より
繊維がやわらかくて

吸湿性が高いんで
その特徴を利用して

洗濯槽の清潔度をキープするのに
役に立つ

洗濯後
くしゃくしゃに丸めた新聞紙を

2~3個 洗濯槽に入れるだけで
(清水)そうか そうか

(井崎)きれいに乾燥すると
(笑瓶)あっ そうですか!

次に使う時は くれぐれも
出してから使ってください

目の粗い紙質が 泥やほこりを
からめとる特性があるんで

窓ふきに便利

まず
軽く濡らした新聞紙でふいて

ガラスに
その水分が残ってる間に

今度は 乾いた新聞紙で
仕上げするとピカピカになると

(笑瓶)あっ そうですか

入浴後の湯船に
新聞紙1枚を 数秒 浮かすと

髪の毛や湯あかが付着して
残り湯がきれいになる

それ すごい
それいいね

(笑瓶)いいですね
(井崎)銭湯で よくやってましたよ

(笑瓶)あっ 銭湯で もう既に

で 靴磨きにも生かせるんで

黒や紺の革靴なら
新聞紙の油分で… 油ですね

程よい艶が出る
え~!

(井崎)簡易保冷剤として
熱中症対策にも使えます

こう やるんですけどね
ジッパー付きのビニール袋ありますね

あれに 水を含ませて
ちぎった新聞紙を入れて

冷凍庫で凍らせば
簡易保冷剤になる

30分ぐらいで そうなっちゃう
(笑瓶)あっ そうですか

昔ね 雨で濡れた靴の中には
いっつもね

それ やります やります 今も
うん やります

(笑瓶)水分取りにね

あと
学校の教室をほうきで掃く前に

濡れた新聞紙を
ちぎってね

そうや そうするとほこり立たずに
ちゃんと 吸収してくれるしな

やってましたでしょ?

今 考えたらね ほんで 新聞紙て

とらない若者が
多くなってきてませんか?

新聞 読んでますか? 先輩

うちは 今 子供新聞とってる
(笑瓶)いいですね

もう 分かりやすい
一般の新聞をね お願いいたします

あれね 字が多いから
字が多いから

(笑瓶)振らなきゃよかったわ

さあ それでは 「週刊女性」は
初めての受賞でございます

おめでとうございま~す!

続いては やって!TRY
先ほどもありましたが

すごく はやっているという
天津飯です

30年分の蔵出し映像
BEST4です

令和の常識 やって!TRY
今回はですね

新型コロナウイルスの
感染拡大を受けまして

やって!TRYも
人気スポットでのロケを

自粛することになりました
はい

え~ まあ そこでですね
30年分のVTRから

蔵出しでございます
はい

中華の定番 天津飯の傑作選を
お送りしたいと思いますね

はい
ちなみに 先生にはですね

とっておきのレシピを
教えてもらいたいと思いますので

おなかをすかした皆さん!
≪はい!

はい 安心して お待ちくださいね
分かりました

(山口)はい
楽しみにしてください

それでは 天津飯の傑作選を…
(2人)やって!TRY

<今回は
30年分の映像から蔵出し>

<爆笑 天津飯BEST4を大放出>

<それでは 第4位>

<2006年 仰天トンカチ娘>

(スタッフ)
え~ 料理は どうですか?

お母さんのお手伝いとか
(スタッフ)する?

ですね

<はい じゃあ よろしくね>

じゃあ やりま~す

<ああ ええでないの?>

<どれどれ? あ~あ!>

≪いいのかな? これで

あっ これこれ これこれ
これ 欲しい!

<何 何 何? ちょっと それは
親子丼とかに使うんじゃないの?>

<あ~あ…>

≪そうだ! これだ!

(スタッフ)どうですか?

<見かけだけで ごまかすなっての>

<もしも~し お嬢ちゃん>

<火から目離しちゃ駄目だよ>

おっ 焦げてるし~!

アハハハ! ひどい!

<あ~ 何だ?>

いきま~す!
<よいしょ!>

<どうした?
くっついちゃったかい?>

<どうなってんの? もしも~し!
って おいおいおい!>

<叩くなよ>
(スタッフ)落ちた?

落ちてない

<いててててててて!>
落としてる? 取れない?

<あれ?
完全に ひっついちまってるよ>

え~?

<これ いつまで叩いてんだよ?>

ねえ!
<ず~っと やってな!>

<口の中が大惨事 毛ガニ娘>

(スタッフ)どういうイメージ? 天津飯は

<そうよ それ 頼むね>

<まずは?>
カニ?

<どれどれ?>
これ 使います

<あんた 豪勢だね>

(スタッフ)何で カニ使うの?

<だけど 殻取んの大変よ>

カニ入れま~す

<何? まんまかい?>

(スタッフ)これ 何
殻から身出さないの? これ

<いやいやいや
パリパリになんないって!>

卵 入れます

<あれ?
すごいことになってきたね>

≪おいしそうですね

<かたくて食べらんないと
思うんだけどな>

≪ここ?
<え~ 嘘!?>

≪あん かけま~す

<カニさん 熱そう>

<あ~あ 何か みじめなカニさん>

<どうよ? お友達>

フフフ…

<はっは~ん>

<食べんだ?
気を付けてよ どう?>

ちゃんと炒めたよ

<カニさん お友達 ごめんね>

<恐怖の片栗地獄>

1人分でいいですか?
<うん いいけどさ>

<何 トイレ行きたいのか?
大丈夫?>

≪カニが やっぱ入ってたよな

<あ~ でも
それ カニカマボコだよ?>

豪勢の方が あの 高級感が
出るんじゃないでしょうか

<豪勢にしたいっていうならさ>

<ほらほら カニがあるでしょうに>

≪カニを
ちょっと豪勢に入れてみて…

<君は 随分 安上がりな子だね>

いっちゃっていいんですか

<何 入れてんの?>

<ああ? 何すんの?>
≪こんなもんでしょ

<何で 卵に片栗粉入れてんの?>

とろみが増すんですね はい

<大丈夫か? 君>

<一応 無駄だと思うけど
焼くわけだな>

≪あっ あっ これ ちょっと…
ああ…

片栗粉を たくさん
<今度 何作ってんの?>

≪上の あんかけを…

<あ~ あんかけな>

≪色を出します
ケチャップで

<何 何?
ケチャップ!?>

うわ~ 入れちゃえ!

<あ~あ~あ~>

<いやいや すごいね>

≪あっ あっ…

≪天津っぽい!
<どれ?>

≪すごい!
<どこが?>

美味しそ… えっ えっ…

天津丼っぽくない?

天津… ど~ん!

<あんぽんた~ん!>

<そして 第1位
2007年 伝説の結末 真っ黒娘>

(スタッフ)あなたはいくつですか?
22です

(スタッフ)22?
はい

(スタッフ)22 どうなの?

<ホント 22か?>

(スタッフ)
今日のポイントは じゃあ 聞かして

<あ~ なるほど>

<よっ うまいね!
頼むよ 少子化だからね>

<で 今度は何?>

≪あと 小麦粉!
<小麦粉!>

≪ふっくらするかな?
<しないでしょ これじゃ>

<今 何作ってるか
一体 分かってる?>

<あ~あ>
≪大丈夫 いい感じです

<そう思ってんのは
君だけだと思うよ>

<どうなっちゃうんだろうなあ>

(スタッフ)何か 煙みたいなの
出てきてるけど大丈夫なの?

蒸してるんで これ
蒸してる状態だから

<いやいや どう見ても煙でしょ?>

<これ ほら よく見てごらん>

あっ 火が通ってますよ
<でも 何だかさ~>

≪やばい やばい やばい
<大丈夫かな?>

≪これ!
(スタッフ)何?

≪何か これと同じ色してます
<えっ どういうことよ?>

<ああ? うわっ!>

<…だよな>

見た目は
すごいけど

もう 言い張るしかないです
これは

<駄目だよ これ…>

<以上>

<でした>

(山口)いや すごいですね
すごいね

あんなの あったかな?
(笑瓶)はい

記憶にないけど まあ改めて見ると
すごい迫力だね~

(笑瓶)すごいね~
(山口)30年の中からの

えりすぐりですからね
そう!

(笑瓶)あんなに きれいに
真っ黒になんねんね

(山口)まあ かえってインスタ映え
するような具合がいいですよね

今やね
毛ガニ 上にのっけたやつは

インスタ映えですよね
今の時代なら

さあ それでは早速
先生 お呼びいたしましょう

上海料理「孫特家」のオーナーシェフ
孫関義さんです

どうぞ!
お願いいたしま~す

(清水)よっ 孫さ~ん!
お願いいたしま~す!

今日 いろんなの出てきましたから
孫さんにも すばらしいのをね

期待したいですね
40年前ですよね

えっ… 30年前
30年前 私より全然ましだよね

ええ えっ?

(山口)大丈夫かな? 今日
ひどかったよ 私も

30年前の私は ひどかったと

先生 じゃあ 今日は ひとつ

焦げつかさないように
お願いいたします

今日 1人前のレシピですね

卵2個 溶いてありますね
溶いてあります

ニラ入れます
(山口)ニラそのまま入れちゃう?

そのまま入れます
ニラ4分の1を もうそのままですか

しめじ
しめじ これは

ボイルしたやつ
ちょっと ゆでてあります

え~ しめじなんですが 25g
肝心な…

肝心ですよ 先生 はい

カニの身 25g
(山口)カニね おいしいよね

ひとつまみの このくらいで
(山口)ほんのひとつまみ

お塩を はい

(清水)パチパチいうてるぞ
油が

(山口)大丈夫ですね
≪はい

≪結構 具だくさんですね
(山口)具だくさんですよね

具だくさんの子だくさんって
言ってましたけど

(清水)ハハハ あれ うまいね!
子だくさんなってるかなあ?

≪自分が子だくさんになって
よく 皆 カニをイメージしてるんだけど

この中に豚肉入れてもいいし
え~!

エビもいいし
鍋 よく焼いて…

(山口)
油を ちょっとまた入れてね

そこへ!
はい!

もう 卵投入です

(山口)たくさんの油でね
かき回すじゃないですか

皆 これで終わっちゃうんだよね
(山口)これ 駄目?

これじゃね
周りが焦げてきますので

こう ひっくり返して…
(山口)ひっくり返しつつ

混ぜて… 丸く作っていくという

(山口)なるほど
寄せていくっていうかね

(山口)ああ 焼けた分を
また こうね 返しながら

ああ もう ちょっと
今 いい香りがしてる

こう イメージはね 丸く
(山口)イメージ イメージ

はいはいはい
もう これぐらいでいいですか

おっ!
お~ ふわふわだ

ふわふわで
これができたなあと思ったら

今度 焦げ目をつけます
ちょっと焦げ目が欲しいね

(清水)真っ黒じゃなくてね
あんまり こうやっちゃうと

焦げ目が つきにくいんで
しばらく ちょっと置いて

(山口)適度な焦げ目ですよね

…と思ったら
こうして…

おっ 今見た? 今見た?
今見た?

今 ひっくり返ったんですか?
(山口)ひっくり返ったね 今ね

ひっくり返ってた?
ひっくり返ってた

(山口)手元に寄せたら
ポッと ひっくり返してたね

もう一回!
もう一回!

ひっくり返るか…
よく見てて よく見てて

あっ ひっくり返ってる!
お~ はいはいはい

ホントだ すごい
(山口)技 今日 技 出しますね

(笑瓶)ねえ!

最後にね…
いや~ フライの天津飯だ

こっちの方が色がきれいなんで
(風見)さすが 孫さん!

うまくできた時は
カメラ見ないんですね

見ないですね
(一同)お~!

≪皿の上まで!
≪フライング天津!

≪すごい!
フライング天津! かっちょいい!

フライング天津飯!

これね D難度の技ですからね
(笑瓶)ホントですか

これは D難度です
今度 たれを…

じゃあ たれ いきます たれ!
しょうがが入って…

しょうがですか?
≪しょうがが入りました

小さじ2分の1
で スープですね スープ

≪しょうが入れるんだな
(清水)入れるんだな

鶏ガラスープ 150ccです

(山口)「だな」って言葉に
敏感だから 孫さん

オイスターソース入れます
オイスターソース大さじ1と2分の1

おしょうゆです
はい しょうゆ 大さじ1と2分の1

で お酢ですね
お酢が 大さじ2杯

≪ちょっと 酸っぱさもね
(笑瓶)関東風やからね

で お砂糖ですね
はい 砂糖が 大さじ1杯

(笑瓶)甘酸っぱい感じね
(山口)甘酸っぱい

条件 満たしてますね
最後に ちょっとケチャップを

そして ケチャップも 小さじ1杯
ほんの少しでいいですからね

少しなんですね
(山口)そんなに入れないんですね

入れないです 入れないです
先ほどの週刊誌で

だしの味が利いてるとか
ケチャップとか…

何か おしょうゆも入ってるし
ケチャップも入ってるし

ちょうど 中庸じゃないですか?
(山口)だから どちらの方にも

満足していただけるという
≪関ヶ原で ちょうどいいですね

≪ちょうどいいですね

肝心の味ですね
味 味 味!

味を ちょっと見てみないと
どうどうどう どうどうどうどう?

≪あっ もう… もう もう
こりゃ~ 懐かしいね この味

懐かしい!

≪いつ頃の話なんだろう
懐かしいって 30年前?

≪懐かしい味だ

片栗も 最初 少量で
≪少量で

(山口)いっぺんに入れると
固まっちゃうから

お~ とろみ出てきた!
トロミア~ンな感じですよ

≪いやいや おかしい おかしい
(山口)同じ味 トロミア~ン!

(笑瓶)言わないから
(山口)言わない?

(笑瓶)言わない 言わない
トレビア~ンや それは

あっ トレビアンか!
(笑瓶)トロミア~ン ちゃう

≪昭和の薫りがしました
≪まあ 何かね 皆 戻って…

≪うわ~ おいしそう!
(山口)森本さん 今日も熱々だ!

熱々を召し上がっていただきたい
ということで

天津飯の完成で~す

(山口)さあ 皆さん 召し上がれ!
(一同)いただきま~す!

(山口)いや~ このたれが
何と言っても

ホント おいしいんですよね
ホントね 甘酢ね

いただきます
≪うまい!

もう この熱いのは いじめだな
≪おいし~い!

(山口)さあ こちらの
関西系の皆さんも おいしい?

≪おいしい!
≪おいしい! これ これ!

ん! おいしい!
(山口)あっ ほら

関東 関西 関係なく
おいしいという声が

たれ これ 絶妙!
(山口)たれがね

もう最高!
(山口)甘さ 酸っぱさ

色んなものが ちょうどいい?
ちょうどいい

(笑瓶)これ ちょうどいい

≪卵の炒まってる その香りとか
味が また おいしいです

(山口)また ふんわり感もね
はい

≪これ ニラもきいてるな
(山口)ニラがね

やっぱり 最初 生の状態から
入れてるのが いいんでしょうな

そうか そうか
(山口)うん

ということで 今回の達人のツボ

お願いします!
こちらでございま~す!

そっか やっぱり
ちょっと焦げ目が…

いい焦げ目があるとですね
でも 中は ふわふわ

食べたくなったんじゃ
ないでしょうか 皆さんも

是非 お試しください
ありがとうございました

続いて 歴史さんぽ
TOKYO大好き!!です

今回は 日本一の電気街
秋葉原です

電気街から オタク文化の街へと
変貌してきた この秋葉原ですが

その歴史を探ってみましょう

秋葉原です
さあ 秋葉原といえば 電気街

もちろん 今でも 色んなお店が
頑張ってるわけですけれども

もう一つはね 駅前に
メイドさんが立たれてます

今の秋葉原ならではの
風景なんですね

<アキバといえば>

<最近はアニメやメイド喫茶などの
サブカルチャー>

オタ活ですね
(スタッフ)オタ活って 何ですか?

<まだまだ 電気屋さんも
頑張っています>

(風見)何か すごいマスクがあるよ

ちょっと ここ 面白そうだな 何か

<こちらは アイデア家電のお店>

これですね 何かというと

何するかというと

<このカメラで>

<耳の中を スマホに映し出し>

<耳かきが できちゃうんです>

<便利ですねえ>

<こちらは
その名も>

<洗濯したワイシャツをかぶせて
スイッチを入れると>

<エアーバッグが膨らみ>

<乾燥させながら
しわを伸ばしてくれます>

<秋葉原は
便利で楽しい商品の宝庫>

<昭和通り沿いに 老舗の
和菓子屋さんがありました>

おっ! 何か こんなところに

結構 昔から
ありそうな…

和 洋菓子と
ありますが

牛丼ではない
和菓子屋さんの松屋さん

でも あっ やっぱり ほら…

創業200年ですよ!

<松屋の創業は 251年前の明和6年
江戸時代です>

でも これ すごい!

桜を見る会どら焼きですよ

これ 買って帰って
一人で桜を見る会 やろうかな

<シャレのきいたどら焼きに惹かれ
訪ねてみました>

桜を見る会どら焼きというのが…
はい

ああ じゃあ ちょっと現物を
こちらです はい

こういった感じになります

(風見)御招待ですから

<これが どら焼き
桜を見る会>

<なんと
完全予約制>

<オプションで 60番台の
招待者番号も入れてくれます>

<しかも…>

<肝心のどら焼きは?>

(風見)あっ 何か
色が濃い感じがしますね

(風見)ああ だからですか!
ちょっと茶色の色めが

<そのお味は 他にはない感じ>

うん! コーヒー風味もいいですね

(西井)はい まあ

そこに また

ギャグを シャレを
入れてという

<老舗ということで 地名の由来を>

ご存じですか?
ええ 昔

<現在の駅周辺には>

<明治初期まで>

<火事の延焼を防ぐための>

<広大な原っぱがありました>

<そこに 鎮火の神様を祭った>

<秋葉神社があったのです>

<なぜ
秋葉神社になったのかというと>

あ~ そういうことですか!
ええ

それで まあ

<そして いつしか>

<秋葉原という地名に>

<なったといいます>

<次は 電気街になった経緯を
探ってみることに>

こういったね パーツとか
コードばかり売ってるとか

何か こういったような
自分なんかね

ちょっと 昭和の秋葉原の
すごいイメージなんですけどね

<秋葉原には 電子部品の専門店が>

<密集しています>

<数ある中から 昭和31年創業の>

<田中無線電機を訪ねてみました>

TBSの「噂の!東京マガジン」という
番組で

ありがとうございます

あっ 社長さんで
いらっしゃいます?

どうも お邪魔しております
どうも どうも

<早速 電気街になった
きっかけを聞いてみると…>

はあ! それの部品?
そうです

<戦後 娯楽放送が始まると>

<ラジオブームが巻き起こったのです>

<しかし 当時は
庶民には手が出ない高級品>

<比較的安い
組み立てラジオの部品を売る店が>

<秋葉原で
軒を連ねていたそうです>

<そこには こんな背景が…>

ラジオの部品とか
そういったお店が

秋葉原に集まったっていうのは

<淡路町の露天商が>

<GHQに 秋葉原に移転させられ>

<店を構えることになったのです>

<そして 昭和30年代>

<家電ブームが訪れ
街は大きく変貌>

<テレビ 冷蔵庫 洗濯機が>

<三種の神器と
呼ばれるようになると…>

<部品を売っていた店などが>

<家電販売店に姿を変え>

<秋葉原は 家電の街になりました>

オノデンは 昔からありましたよ
ねえ

現在 頑張ってるんですね

おっ!
「♬~オノデン坊やが」ですよ

♬~

<かつては 家電量販店が
何軒もありました>

ああ そうかもしれない

そうそう

<家電量販店が立ち並んでいた
あの頃>

<秋葉原は
テーマパークのようでした>

<快適な暮らし 娯楽のある
暮らしを手に入れる>

<新商品が並んでいたのです>

<インターネットがなかった時代
家電といえば秋葉原でした>

<当時 販売員をしていた
松波さんです>

そういう 状態でした

それから

<安売り合戦も楽しみ
こんな風景が日常でした>

1円でも多くの売り上げを出す
頼むぞ!

(一同)はい!
やるぞ! やるぞ! やるぞ!

<その後
秋葉原では様々なブームが>

<平成の初めは ゲーム>

<パソコンブームの中 迎えた
Windows95の発売>

<行列が絶えず
大騒ぎになりました>

んじゃないですかね

<知る人ぞ知る
カフェがありました>

小じゃれた喫茶店が

「フルーフ デゥ セゾン」という
お店ですね

「フルーフ デゥ セゾン」

<フルーツを使った
スイーツの専門店>

今のオススメっていうと?

今はやっぱりね この

アイベリー?
ええ あんまり

うわ! すごい!
立派なイチゴですね アイベリー

≪はい アイベリーの…
(風見)うわ…!

<大きなイチゴ6個と 3種類の
アイスクリームを 使っています>

<アイベリーは
最高品種のイチゴの一つ>

<その大きさは
通常の倍以上あります>

<ため 市場でも手に入りにくい
アイベリー>

<それを たっぷり使える秘密が
この店にはあります>

(風見)あっ そっか!
市場があったんですね

そうなんです

<実は70年以上続く
仲卸のお店でした>

<平成2年 秋葉原の青果市場が
大田に移転しましたが>

<今でも市場で顔が利くんです>

あ~ 果汁が甘い すごい!

甘酸っぱさといいますか
ホントに品のいい甘さ

おいしいですわ

<21世紀になると 新しい風が>

<9年前 そんなアキバを
「マガジン」も取材>

(一同)お帰りなさいませ ご主人様

ただいま
今日は疲れたね

<ブームになったメイド喫茶>

では いきます
はい

あっ あっ ここもメイドカフェ

ここですね

いらっしゃいませ
お客様 1名様で

よろしかったでしょうか?
かしこまりました

<萌えを期待して訪れましたが…>

少々お待ちくださいませ

<何か 違います>

<ミニではなく ロングだし>

<お約束の
萌え萌えしてくれません>

<どういうことなのか
聞いてみると…>

(風見)そうですね はい

当初は全然 だから 違った
本当に落ち着くための

お店として電気街の中に…
はい

<こんなお店を見つけました>

何か ここは また 何だろう
ちょっと 秋葉原っぽい

電気関係 「計測器物語」なんだ

70年代の回路計とか

<昭和26年創業の東洋計測器>

<重さや長さ 電流など3, 000種類の
計測器を扱っています>

<これは 最近ニュースでも
よく見る サーモグラフィー>

<実はこちら 4年前から>

<隣で こんなお店を
始めていました>

どうも こんにちは
うわあ~

<素敵なバーの壁には
古い計測器が>

<ここは>

<実は社長さんのこんな思いが
込められていました>

必ず そのスタートには…

<日本の経済成長を
陰で支えてきた計測器達>

<そう聞くと 何だか
感慨深いものがあります>

<秋葉原を見続けてきた
松波さんは>

何も

<創業251年のシャレ好きな
和菓子屋さんも>

<時代に合わせた取り組みを>

(西井)うちで
スキャナーでとって

まあ こういった
袋に仕上げるという

<イラストを持ち込むと
ご主人のパソコンを駆使して>

<オリジナルの包装を作ってくれます>

へえ~! すご~い!
≪面白い

あの 親父さんね~

30円足せばこのように
オリジナルな… まあ…

でも 中に入ってるのは
もう二百何十年続く

伝統の和菓子 どら焼きが
入ってるわけですから

これ あの 是非
後ほど あの お茶うけで

うわ~ いいですね これ!
ありがとうございます

(風見)え~ 皆さんは30円足せば
作っていただけますから

ご自分で好きなデザインを…

でも 今 オタクの文化なんですが
こうやって 歩いて調べてみると

急にオタク文化に
なったんではなくて

やっぱり家電があって
Windowsの衝撃があって

パソコンがあって
そこで遊ぶゲームが来て

キャラクターが来てという
全部昔から つながっての

街なんですが
どうですか? 皆さんは

部品とか買いに行ったり…
さっき Gaugeが好きや言うてたよ

え~ いやいや Gaugeのバーはね
ちょっと テスターがありましたね

今 テスター使う人いないけど
何か こう 線につないで

針がピッピッ…
あっ これ電気来てないなとか

調べるやつでしょ?
ワクワクするね~!

(風見)え~! いた!
こういう方が

(笑瓶)VTR見ながら
ワクワクする言うて

(風見)やっぱり いらっしゃる

(笑瓶)興奮してた 興奮してた

≪萌え萌えですね
萌えちゃうね あれ

(笑瓶)萌え萌えキュンや!
萌え萌えキュン

(井崎)競馬関係は 皆ね
オノデン行ってたの

ん?
オノデンに競馬関係

うん オノデンオーっていう
馬がいたんですよ

(笑瓶)馬で!?

森本さんは秋葉原というと…?
やっぱりね 電化生活って

言ったんだよね

家の中を電気製品で
埋めることはね

文化の象徴みたいだった

その時代はね
だから憧れがあるわけですよね

そういう意味でいうと
秋葉原はねえ

そういう その 電気製品の
あふれている 街だから

豊かさの やっぱりね
憧れがそこに常にあったね

今はキャラクターものとか
いわゆる オタク文化なんて

いわれますけれども
きっとね 秋葉原

また時代とともに
何か新しいものへと

変化していくんではないかと
思ったんですけれども

やはりね ここにしかないという
ものが たくさんあるなと思った

不思議な魅力を持った街でした

以上 秋葉原の歴史さんぽ
TOKYO大好き!!でした

お別れは東京の街角
山手線シリーズ

今回は恵比寿の今と昔を
振り返ります

では また来週


関連記事