林先生の初耳学 広瀬すずvsキムラ緑子引越し術対決・肉の新常識「経産牛」ステーキ・令和のお仕事ピーポー…


出典:『林先生の初耳学【広瀬すずvsキムラ緑子引越し術対決★肉の新常識「経産牛」】』の番組情報(EPGから引用)


林先生の初耳学【広瀬すずvsキムラ緑子引越し術対決★肉の新常識「経産牛」】[字]


2020年ヒット間違いなし『経産牛』ステーキに広瀬すず悶絶▼年商1億の現役引越し業者芸人が確実に値引きされる魔法の言葉を伝授▼アンタッチャブ柴田が信頼する美女


出演者

【賢人】 林修(予備校講師) 【初耳コンシェルジュ】 大政絢  【ゲスト(50音順)】 キムラ緑子 澤部佑(ハライチ) 千原ジュニア 中島健人(Sexy Zone) 林輝幸 広瀬すず  【出題ゲスト(50音順)】たかくら引越センター 田辺晋太郎

番組内容

【初耳フリーク】 ●“赤身肉フリーク”の音楽プロデューサー田辺晋太郎が登場…広瀬すずも大感激!の『経産牛』の美味しさとは?  ●引越し会社の社長を務める芸人・たかくら引越センターが伝授!「絶対に失敗しない引越し術」多くの人が金額・時間・サービス面で損をしている!?…千原ジュニアが「超一流」と認める、その腕とは?

番組内容2

【中島健人の“令和のお仕事ピーポー!”】 ★いま急成長の業界で働く美女が登場。企業や芸能人、ホスト・ホステスなど幅広い業界から依頼が舞い込み、年収は数千万円!!アパレル業界で働いた経験を活かしたその仕事とは!?

公式SNS

【番組HP】 http://www.mbs.jp/mimi/ 【ツイッター】 @hatsumimigaku https://twitter.com/hatsumimigaku ハッシュタグ「#初耳学」 【フェイスブック】 https://www.facebook.com/hatsumimigaku

インスタLINE

初耳学のインスタ&LINEスタンプが登場!! 【公式Instagram】 @hatsumimigaku https://www.instagram.com/hatsumimigaku/  【公式LINEスタンプはこちら!】 ★スタンプ→初耳学で検索 https://store.line.me/stickershop/product/1284267/ja

★☆募集中☆★

■□■初耳ネタ受付中!!■□■ 番組では世の中でまだあまり知られていない情報やとっておきの知恵などを募集中!!あなたの知識を「初耳学」に認定されてみませんか?   ↓↓ 応募はこちら(・ω☆)キラリ http://www.mbs.jp/mimi/

◎この番組は…

物知りな人が「知らなかった!」と思わず唸る雑学…それが「初耳学」。番組では厳選したネタを、賢人代表・林先生に出題する。林先生が「知らなかった!」と申告したら出題者の勝利。物知りの林先生も知らなかった珠玉の情報はVTRで解説、知っていた場合VTRはお蔵入りとなり、出題されたネタは林先生が自ら“生授業”で解説する。


『林先生の初耳学【広瀬すずvsキムラ緑子引越し術対決★肉の新常識「経産牛」】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

林先生の初耳学 広瀬すずvsキムラ緑子引越し術対決・肉の新常識
  1. 澤部
  2. ジュニア
  3. 田辺
  4. 中島
  5. キムラ
  6. 引越
  7. 広瀬
  8. 拍手
  9. 経産牛
  10. 林先生
  11. 生駒
  12. 緑子
  13. ホント
  14. 今回
  15. お仕事ピーポー
  16. ステーキ
  17. 一体
  18. 頑張
  19. 邪魔
  20. 初耳学


『林先生の初耳学【広瀬すずvsキムラ緑子引越し術対決★肉の新常識「経産牛」】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送 関連商品

さぁ 始まりました
『林先生の初耳学』。

まずは
初耳フリークからの出題です。

(拍手)

(ナレーション)賢人…。

1人目は。

今 まさに…。

それが…。

進学や転勤も多い
3月 4月は

年間の引越し件数の
およそ3分の1が集中。

そのため。

業者を求めて さまよう…。

そんな 引越しの表と裏を
知り尽くした初耳フリーク。

…をたたき出す 実業家。

今回は…。

…を引っ提げ スタジオに登場。

(たかくら)どうも!
よろしくお願いします。

(たかくら)そうですね はい。

(ジュニア)そうですね。
(たかくら)なので 僕は もう…。

(中島)お客さんなんですね。

だって もう 数々の…
言える範囲で。

ダウンタウンさん そうですね。

(澤部)2人とも?
(たかくら)そうですね はい。

あと オリンピックで
金メダルを取るような方々とか。

(キムラ)すごい。

(たかくら)
だから 芸能人からのご指名が

多いんじゃないかなと思いますね。

(澤部)はい。
(たかくら)確か…。

(澤部)すぐ! すぐ‼

(澤部)いい!

(たかくら)ちなみに 大体…。

…っていわれてるんですけども。

へぇ~ 4~5回なんだ。

そして…。

(ジュニア)どうですか? 実際
失敗したなっていう引越し。

(キムラ)めちゃくちゃ ありますね。
例えば?

(キムラ)行ったり来たりなんかすると
壊れてたりとか。

けんてぃーとかも大変やろ?
そうっすね…。

(中島)やっぱり それを…。

恥ずかしいんで。

(澤部)「こいつ 自分の
飾ってるじゃん」っていう。

(中島)しかも 俺…。

(中島)それも…。

(ジュニア)どっちを取るかやな。

さぁ 今回は…。

…を
教えていただきたいと思います。

まず 押さえてほしいのは…。

(たかくら)林先生。
(林)はい。

いくらか分かります?
全然 分かんないですよ。

(ジュニア)1人当たりで考えんねや。

もっと?
(広瀬)えっ…。

(広瀬)…とかなのかなって
ちょっと思ってるんですけど。

早いな。

(たかくら)大失敗ですね。
(ジュニア)大失敗? えっ!

引越しの相場はですね 大体…。

えっ。
(たかくら)つまり…。

そんな安いんだ。

(澤部)そういう感じなんすか。

(たかくら)それを踏まえた上で
覚えといてほしいのは…。

(たかくら)相場は 1人3万円と
言いましたけども…。

…ことがあります。

そうなんや。
(たかくら)その差は 通常の…。

3倍以上!
(澤部)そんなになんの?

(たかくら)つまり…。

(たかくら)ホントに
ばかばかしいですけども。

でも…。

実はですね…。

(ジュニア)知りたい! 知りたい!
(中島)気になる。

広瀬さん。
(広瀬)えっ 何だろう?

先に言う。
(たかくら)なるほど なるほど。

(ジュニア)カルタが
うまいとき あったな。

(たかくら)引越し料金を安くする
魔法の言葉は…。

そうか~。
(キムラ)なるほど。

(たかくら)配車表
というんですけども

パズルのように 引越しを
組み合わせていくんですけども。

そんなときにですね…。

って言ってくれるお客様は…。

へぇ~ なるほど。

当然 料金だって
可能な限り 安くなるという。

(澤部)素晴らしい これは。

そしたら 聞いといて 何日って
自分で合わせることもできる?

もちろんです はい。

たかくら引越センター直伝。

よかれと思って…。

実は…。

この日も…。

あれ? 見たことある。

(長谷川)もう とにかく…。

実は この男性…。

奥さんと2人住まいとはいえ
運び出す…。

(たかくら)皆さん ここで もう…。

(たかくら)僕が 一番
声を大にして言いたいのが…。

(たかくら)
実は それが逆に邪魔なんです。

(たかくら)引越しに…。

(ジュニア)ホンマやな。

この日の引越しは
手伝いが入ったので

2時間くらい
かかったんですが

僕らだけだったら
もっとスムーズにいくので

1時間ちょっとぐらいで
終わってましたかね。

へぇ~。

(ジュニア)おっ! ホンマか?
(澤部)ずっと?

(たかくら)もう ずっと 一生です。

(たかくら)一生 はい。
(ジュニア)頑張って 2人。

それでは まいります
用意… スタート!

(中島)頑張れ!
(澤部)頑張れ!

頑張ってください。
こうか こうか。

早い 緑子さん 早い。
(澤部)緑子さん! ものすごい。

(広瀬)取れない。
(澤部)いいですよ… あっ 早っ!

あぁ たかくらさんが。
えぇ~!?

(ジュニア)緑子さん 何してんですか。
閉じ方 おかしい。

(澤部)緑子さん 緑子さん。

(広瀬)ヤバい ヤバい…。
緑子さんも終了です。

(中島)個性あり過ぎて。
ウソ ウソ!

(中島)個性あり過ぎて。
(キムラ)早い!

(澤部)すずちゃん 遅っ!

(澤部)緑子さん 汚っ!

さぁ 終了!

(ジュニア)このスピードの横に こういう
人たちがいるということが

いかに邪魔かっていうことや。
(たかくら)いかに邪魔かという…。

さらに 引越しに…。

(物音)

≪ホントだ≫

(たかくら)たまに
あることなんですけども

張り切って手伝った
依頼人の方が

物を壊してしまうケースが
あるんですね。

普通 引越し業者は

荷物の破損をカバーする保険に
入ってはいるんですけども

スタッフ以外が物を壊した場合は
保険がおりないんです。

(澤部)そうか。

(たかくら)皆さん…。

(たかくら)正直
手伝いに来てもらっても…。

(澤部)あぁ~! 何してんすか!

(中島)呼ぶんだ。

では ここで 引越しフリークの
たかくらさんから問題。

実は ある引越しが きっかけで

日本で おなじみの
意外なものが生まれたのです。

(澤部)えぇ~!
(中島)どういう関係性?

(たかくら)一体 これは
どういうことなのか?

林先生 知ってましたか?
それとも 初耳でしたか?

日本最大の引越しって…。

分からないですね。

(ジュニア)えぇ~!
(拍手)

ありがとうございます。
(拍手)

林先生が初耳だったので
初耳学に認定です。

(澤部)やった!
(拍手)

(拍手)

ちなみに 『東大王』の林君は
知ってましたか?

僕も 駅伝のルーツについては
調べたことがあるんですけど

それが引越しと つながってた
っていうのは知らなかったですね。

さぁ それでは
詳しく解説しましょう。

林先生の知らなかった初耳学です。

その引越しとは
明治時代に行われた…。

そのコースは
京都から東京までの…。

現在の箱根駅伝の
倍以上の距離を

1チーム 延べ23人で たすきを
つなぐという過酷なもの。

では 一体…。

(たかくら)きっかけは…。

明治維新によって
日本の首都は 京都から東京へ。

このとき…。

移りました。

新たな時代の到来を
盛大に祝いました。

ここが初耳ポイント。

このレースは 関東組と関西組の
2チームに分かれ…。

昼夜を問わず 東海道を走り抜け

最終ランナーが ゴールの東京に
たどり着いたのは

なんと2日後。

ちなみに このとき

関東組のアンカーとして
ゴールテープを切ったのが…。

…と呼ばれた金栗が

この駅伝をきっかけに
3年後に作ったのが

あの箱根駅伝なのです。

(拍手)

どうですか? 何か…。

ホントに ホントに最近。

(キムラ)
ちょっと やってみたいなって。

塗り過ぎてね 水のティッシュで
バババって 剥ぎ取ってたら

あんな ぼやけてしまったの。
(澤部)それがいいじゃないですか。

(中島)味 出てますね。
(キムラ)本当ですか いや うれしい。

(ジュニア)たぶん これで…。

(笑い)
(澤部)おめでとうございます。

(ジュニア)すずちゃんは どうなの?
何か…。

終了です!

もう1回 もう1回 もう1回!

2日間だけ死んじゃう薬を巡る
大騒動を描いた物語で

実際に薬を飲んで死んじゃった
お父さんを生き返らせるために

奮闘するハートフルコメディー
となっております。

ぜひ 映画館に
足を運んでください。

(拍手)
(澤部)見る 見る!

2人目は。

世は 空前の…。

肉本来のうま味を味わえる上
脂肪が少なく

ヘルシー志向の肉好きに
支持され

今や…。

そんな赤身肉を。

わざわざ プライベートで…。

時には…。

肉仲間のアンジャッシュ・渡部さんは
こう語る。

本業は…。

元AKB48の まゆゆにも
楽曲を提供し

12万枚のヒットを飛ばしたが

監修した
肉本の売り上げは…。

本気の赤身肉フリークが
スタジオに登場。

(田辺)どうも どうも
はじめまして。

(ジュニア)
今 写真ありましたけど あれ…。

(キムラ)行かない 行かない。
(澤部)行かないですよ。

(田辺)いや ほら やっぱり…。

(田辺)…っていうことがあるんで
行くんですね。

それなら すずちゃんとか
『なつぞら』で

牛とね 共演してたから
だいぶ 気持ちはね。

でも…。

(広瀬)フフっ ちょっと…。
(キムラ)ハハハ。

(ジュニア)すずちゃん どうですか?

私も そうですね。

(田辺)はいはい。
(キムラ)…に なってますね。

(田辺)いや ちゃんと…。

(ジュニア)そうですか。
(田辺)そうなんですけど…。

(観客)えぇ~?

すごい。
(田辺)間違いございません。

(澤部)LIVEか。

…感じですね 何かね。
さぁ そんな…。

すごい。

基本的に 週6.5食ぐらいは
やっぱり お肉を食べないと。

まぁ 大体…。

このような…。

(澤部)
いやいや ぽっちゃりしてる!

そっち寄りになってました?
(中島)だいぶ おいしそうです。

では ここで 赤身肉フリークの
田辺さんから 第1問。

日本を代表する牛肉といえば

神戸ビーフ
つまり 神戸牛ですが…。

…って ご存じでしたか?

たぶん。
(田辺)知ってた。

知ってたんですね?

生きた神戸牛は存在しないって
どういうこと?

…とは どういうことなのか?

(澤部)えっ?
それで…。

…というふうに認識してますけど。
(観客)えぇ~?

正解でございます さすが。

(ジュニア)あ~ そうなんや。
(拍手)

(拍手)

林先生のドヤ顔知識。

神戸牛とは 兵庫県内の
但馬牛から取れた牛肉が

ある一定の基準を満たすと
名乗れるブランド名。

以前は
この神戸ビーフのような…。

実は そんな田辺さんを
はじめとする…。

それが こちらです。

(澤部)知らない。

経産牛とは 子供を産んだ牛
ということでございます。

あぁ そういうこと。

大体…。

本来…。

出産に耐えられるよう…。

そのため…。

まさに 究極の赤身肉なのです。

(田辺)ただ 経産牛っつっても

全部が全部
いいっていうわけじゃなくて…。

(田辺)…として 世の中に
出ていくことができると。

うまいって話は いろんなとこから
聞いてましたけど

食べる機会は
今まで なかったですね。

(澤部)食べてはいない。
ええ 興味はあります。

(田辺)そう だから まさに
まだ そこまで知られていない

という意味でも この…。

に なってきておりますしね…。

今回は 田辺さんが お薦めする…。

…を ご紹介したいと思います。
(ジュニア)えっ 知りたい 知りたい!

(中島)気になる。
(澤部)それ それ。

1つ目は…。

それが
ステーキグリルレストラン…。

(田辺)こちらの米澤シェフは
ニューヨークの三つ星レストランで

日本人初の副料理長を務めた

ステーキの達人です。

(田辺)扱うのは…。

(田辺)霜降り肉と比べて
サシは少ないんですが

ステーキにすると これが
めちゃくちゃ うまいんです。

(澤部)いいね。
いいお肉。

米澤シェフ 一番の こだわりが…。

強い火力で 一気に焼き目を付け

シェフいわく…。

しかも 通常のステーキより
かなり 表面を焦がしている。

(田辺)こんなに焦がして
大丈夫なのか?と思うんですが

断面をご覧ください。

(澤部)声優さんみたい。

♬~ それでも あの声は求めてる

♬~ 未知の旅へ

わぁ~!
幸せ。

(田辺)これが 米澤シェフの…。

(田辺)外は カリカリ でも 中は

しっとり レアな
ギリギリの火入れ。

この焦げがアクセントとなって
まさに 炎の味がします。

(田辺)経産牛って かたいって
イメージがあるんです。

だけど 非常に やわらかいんです。
(広瀬)すごい やわらかいです。

いただきます。
(澤部)うわ。

(笑い)

(キムラ)よっぽど やわらかいのね。

すごい。

焦げてるところが
すごい香ばしいです。

(ジュニア)なるほど。

うまい。

…っていう気がしますね。

2つ目は…。

それが食べられるのは
渋谷にある 焼き肉店…。

(田辺)こちらの店長 伊藤さんは

僕と一緒に
牧場に行ったことがあるくらい

とにかく 研究熱心で

経産牛を知り尽くしているんです。

そして 見つけたのが
この宮崎県の

都萬牛のロース。

年間120頭ほどしか
出荷されない 希少な経産牛です。

経産牛のうま味を
最大限に引き出す方法が…。

肉汁を逃さず
ジューシーな焼き上がりに。

(田辺)塊で焼くのにも
技術がいります。

その職人技 断面をご覧ください。

♬~

♬~ それでも あの声は求めてる

♬~ 未知の旅へ

(ジュニア)うわ!
(中島)すげぇ。

(キムラ)うわ~。

(田辺)はい これが
伊藤店長の 経産牛の塊焼。

口に入れたら ジュワっと
肉汁のうま味が爆発します。

(キムラ)おいしそう。

ん~!

(ジュニア)おいしい?

(キムラ)すっごい おいしい!

(広瀬)お刺し身 食べてる感触に
近いくらい

何か サクサク…。

何ていう? 何か こう…。
(笑い)

何だ? これ 経験ないですね
ただ でも…。

(ジュニア)おいしいわ。

3つ目は…。

それが食べられるのは…。

(田辺)こちらの杉田シェフは
とにかく 肉に詳しくて

15年前から 経産牛に
注目していた方なんです。

使ってる肉も まぁ 半端ないです。

こちらの赤身肉は…。

ヒレ肉。

通常 飼育期間は28か月ですが

こちらの経産牛は なんと…。

8年以上も飼育した…。

それだけでも珍しいんですが
杉田シェフは これを…。

(杉田さん)やっぱり 僕は…。

(田辺)基本 コース料理のみの
お店なんですが

杉田シェフの職人技が
特に光るのは こちらの…。

(田辺)ステーキと違って カツは

途中で火入れを
確認することができませんが

僕は 杉田さんのことを…。

(田辺)…と呼んでいます。

これが 肉の声が聞けるシェフの
断面でございます。

ご覧ください。

♬~ それでも あの声は求めてる

♬~ 未知の旅へ

(広瀬)すごい。

(ジュニア)いや~。

う~わ ホントに。
(キムラ)これは おいしいわ。

最高ですね。

(田辺)ただでさえ すごい
経産牛のうま味を

究極まで凝縮して とにかく
肉の存在感が圧倒的なんです。

(澤部)うわ。
(観客)わぁ~。

うわ やわっ。

やらかい。

(田辺)ナイス ビーフ!
(澤部)あるの? そんなの。

いや そうはいっても
ビーフカツだから

ちょっと硬いんだろうと思って
ちょっと 力 入れて かんだら

歯が すごい勢いで
当たっちゃった。

やわらかいから
一瞬で通過してった。

こんな経験 初めてですね。
へぇ~。

では ここで 赤身肉フリーク
田辺さんから 第2問。

この冬は 各地で 観測史上最高の
平均気温を記録するなど

地球温暖化が進んでいますが

その…。

二酸化炭素の25倍という

強烈な
温室効果を持っているのですが

実は その多くが 牛のゲップで

体内で作られたメタンガスが
放出されたものなのです。

えっ マジ?

これを何とか減らそうと 世界中で
研究が進められている中…。

それが。

(澤部)おぉ~。

(中島)いい発見だ。

(田辺)さぁ 林先生
その食べ物とは 一体 何なのか?

知ってましたか?
それとも 初耳ですか?

(ジュニア)すごい。

これ 結構 大きく
報道されましたよね。

(ジュニア)へぇ~。

結局 牛って
胃袋4つ あるんですけど

特に最初の胃袋がデカくて
そこで いろんな もう…。

えっと カ…。

っていうのが見つかって
それを…。

…っていう研究が。

林先生 その説明…。

お見事です。
(澤部)これは さすが!

(ジュニア)これは すごいわ。

(田辺)いやいやいや 素晴らしい
そのとおりでございましたね。

林先生のドヤ顔知識。

海藻の…。

…という研究も。

将来 安定的に
大量供給できるよう…。

続いては 健人君
お願いします。

(中島)まいりましょう。

(歓声と拍手)

(広瀬)そうですよね。
すずちゃんも覚えてるでしょ?

私 たぶん 2回…
たぶん 初めて やられたときに

座らせていただいてて。
そうだよね! 取られたんだよ。

(広瀬)ノー ビーフです。

はぁ?

令和時代だからこそ生まれた
新たな職業に密着し

意外な初耳学を紹介する
このコーナー。

今回のお仕事ピーポーは

今 市場規模が急成長する業界で
働く美女。

なんと…。

個人からも仕事が舞い込み

さらには
芸能人からのオファーも。

それこそ…。

早速 お仕事ピーポーさんの
ご自宅に お邪魔すると。

こんにちは。

お仕事ピーポーさんのご自宅は
都内にある…。

これはね 1脚7~8万円ぐらいは
すると思います。

そして
リビングの横には衣装ルーム。

…するコートで。

(中島)世界中のブランドに
詳しいんです。

さらに
マンションの隣の部屋には。

なんと 1LDKの部屋の他に

寝るためだけの部屋を
借りているのだそう。

家賃は 2部屋 合わせて…。

(中島)さぁ ということで
今回は いきなり…。

(中島)実際に 彼女が仕事を
している風景をお見せします。

その様子が こちら!
(澤部)答えじゃん。

(中島)
あ~ もう映っちゃってますね。

あぁ 映ってる 映ってる
あっ ダメ ちょっと そこは。

(澤部)
ケータイいじってるだけじゃん。

(中島)そこ映しちゃダメだから
ちょっと! もう 答え!

えっ?
答えが出ちゃってるんですね。

企業との打ち合わせ中も
ずっと スマホをいじっている

お仕事ピーポーさん。

(ジュニア)そうなんや。

マッサージ中も

美容院のシャンプー台でも

暇さえあればスマホを見ています。

(中島)で行うため…。

すると。

なんと…。

…っていう感じですよね。

番組での共演をきっかけに

相談に乗ってもらうようになった
という。

それこそ…。

(中島)仕事柄 数多くの芸能人とも
お仕事をするんだそうです。

それでは ここで…。

(中島)その当時は…。

(中島)…こともある
スーパーキャリアウーマンなんです。

アパレル企業で働いた経験が

今の仕事にも
生かされているそうなんですが

林先生 彼女の職業は何なのか?
お答えください。

(中島)さぁ 先生
今回は大ヒントだらけでしたね。

いけるんじゃないですか?
えっ。

(笑い)

(中島)はい すずちゃん。

(澤部)ホントに?
えっ 何?

(一同)えぇ~!

(澤部)当てた!

っていうのは そこで…。

何か…。

(笑い)
(中島)あぁ…。

(澤部)退場?
(キムラ)何? そんな。

(澤部)惜しいのか? 惜しい?
(中島)違います。

それでは…。

生駒さんのお仕事とは?

(中島)生駒さんのお仕事は…。

一日中 手放さないスマホは
連絡ツールとしては もちろん

クライアントのSNSを
チェックしたり

情報収集のため 欠かせない
マストアイテム。

育てたことを きっかけに

常に…。

先ほど 写真を撮っていた
女性たちも

現在 生駒さんが監修する
インフルエンサー。

一体…。

それは。

(生駒さん)私的には。

(生駒さん)これは。

普段の情報収集で培った
圧倒的な知識量と

マーケティングから
明確な答えを提示する能力の高さ。

例えば…。

…かなと思ってます。

生駒さんによると…。

1つ目は。

すごく大事で。

全くジャンルを絞らない
ダメな例が

この方のインスタ。

(キムラ)こんな顔 何で!? ハハっ!

あえて…。

場所を限定するなど
範囲を狭めることで

ユーザーが見てくれる確率が
高くなるそう。

そして…。

実は…。

よく使われる…。

今や 個人だけではなく…。

こちらの企業は
生駒さんが担当したことで…。

一方で 不適切な投稿によって

5000万円もの損失を出すなど
失敗する企業も。

(生駒さんの声)いや 割と…。

…とは思ってます。

生駒さんは…。

(拍手)

いかに…。

例えば タクシーを すぐ
呼ぶことができるアプリとか

あれ みんな 中間項なんです
ここは無限の可能性が残ってる。

僕は 街 歩いてて
どういう中間項を考えたら

ここが うまく いくかな?
ってことは ずっと考えて。

(笑い)
(澤部)そうか。

ちょっと
こっちの林をギャフンと言わす

何か 問題
軽く あったりしませんか?

ご存じですか?

あれ 何だっけ? ホワイト。

(ジュニア)おぉ! これで…。

(澤部)えっ!? もう この1問で
全てが決まる。

(ジュニア)そりゃそうです。

(ジュニア)うわ~!
(澤部)負けた!

何だっけ? これ。

ホワイトデーは…。


そうなんだ 全然 知らなかった。

という
お菓子メーカーが…。

(輝幸)百貨店のほうでも…。

(輝幸)ということになって…。

(一同)へぇ~。

(ジュニア)林なら
これぐらい知っとかないと。

(澤部)確かに…
すずちゃんが見てたぞ 林のこと。

(笑い)

(中島)マジ照れね。

(ジュニア)何で サイレントやねん。

有頂天シリーズという舞台が

第4弾 『有頂天作家』として
上演します。

3月 新橋演舞場
4月 大阪の松竹座で上演します。

とても 優しくて 面白い
楽しい作品です。


関連記事