ホンマでっか!?TV 筋トレ好き芸能人は幸せ?・デブを小バカにするな!・ノーベル賞研究を引き継ぐ世界的権威…


出典:『ホンマでっか!?TV【美BODY芸能人の闇▽ノーベル賞研究引き継ぐ世界的権威】』の番組情報(EPGから引用)


ホンマでっか!?TV【美BODY芸能人の闇▽ノーベル賞研究引き継ぐ世界的権威】[字]


ハワイで筋トレ強要!打上げでエイヒレ1枚…筋トレ好き芸能人は幸せ?▽デブを小バカにするな!怠惰は悪か?マツコ竹山が怒りの反論▽ノーベル賞研究を引き継ぐ世界的権威


ご案内

Twitter公式アカウント⇒@fujitv_honma 

https://twitter.com/fujitv_honma 


ホンマでっか!?マンのLINEスタンプが登場!!LINEスタンプの専用URLからアクセス 

http://line.me/s/sticker/1109236 

または、LINEスタンプショップにて「ホンマでっか」で検索♪

番組内容

▼ホンマでっか!?集団人生相談「美ボディ芸能人の心の闇SP」

ゲストパネラーに竹山隆範(カンニング)、内海崇(ミルクボーイ)、大久保佳代子(オアシズ)、ゲストに美ボディを誇る小倉優香、春日俊彰(オードリー)、国生さゆり、小島よしお、駒場孝(ミルクボーイ)、ダレノガレ明美、ほのか、横川尚隆を迎えてお送りする。筋肉大好きの彼らがもつ悩みとは「普通に筋トレしているだけなのに周りから引かれて困ります!」

番組内容2

そして「筋トレ地獄から抜け出したい!一体ゴールってどこですか?」というもの。果たして解決策はみつかるのか!?


▼狭いけど深い!筋金入りホンマでっか!?

ゲストパネラーは『東大王』でおなじみの伊沢拓司。あるジャンルだけを研究し続ける先生方に集まって頂き、長年の研究の成果でわかった珠玉のホンマでっか!?情報を発表していく。さらに東大王・伊沢とのクイズ対決も!勝つのはどちらか?

番組内容3

百戦錬磨の評論家軍団が彼らの疑問・質問に答えていく!目からうろこの情報満載の『ホンマでっか!?TV』をぜひお楽しみに!

出演者

【MC】

明石家さんま 


【進行】

加藤綾子 


【パネラー】

島崎和歌子 

マツコ・デラックス 

ブラックマヨネーズ 


【ホンマでっか!?集団人生相談「美ボディ芸能人の心の闇SP」】

〈ゲストパネラー〉

竹山隆範(カンニング) 

内海崇(ミルクボーイ) 

大久保佳代子(オアシズ) 


〈ゲスト〉

小倉優香 

春日俊彰(オードリー) 

国生さゆり 

小島よしお 

駒場孝(ミルクボーイ)

出演者2

ダレノガレ明美 

ほのか 

横川尚隆 


〈評論家〉

植木理恵(心理) 

岡田隆(骨格) 

梶本修身(疲労) 

門倉貴史(経済) 

谷本道哉(運動生理学) 


【狭いけど深い!筋金入りホンマでっか!?】

〈ゲストパネラー〉

伊沢拓司 


〈評論家〉

三谷純(計算折り紙一筋15年) 

永井健治(光るタンパク質一筋22年) 

藤井一至(土一筋18年) 

奥田順之(ペットの精神科医一筋8年)

出演者3

三枝聖(法昆虫一筋15年)

スタッフ

【チーフプロデューサー】

大江菊臣 


【プロデューサー】

原島雅之(スタッフラビ) 

田中美咲 


【総合演出】

鈴木善貴 

西田賢 


【制作】

フジテレビ 第二制作室


『ホンマでっか!?TV【美BODY芸能人の闇▽ノーベル賞研究引き継ぐ世界的権威】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ホンマでっか!?TV 筋トレ好き芸能人は幸せ?・デブを小バカに
  1. マツコ
  2. 小杉
  3. 島崎
  4. 奥田
  5. 伊沢
  6. 加藤
  7. 藤井
  8. 正解
  9. 竹山
  10. ダレノガレ
  11. 永井
  12. 梶本
  13. 筋トレ
  14. 三谷
  15. 春日
  16. 小島
  17. 大久保
  18. 横川
  19. 植木
  20. 先生


『ホンマでっか!?TV【美BODY芸能人の闇▽ノーベル賞研究引き継ぐ世界的権威】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


[今夜は 美しい体を手に入れた
美ボディー芸能人が

ひそかに抱える悩みを 告白!]

(竹山)どっかでね…。

(マツコ)でも…。

[非美ボディー芸能人と
大論争を巻き起こす!]

[世界一 マニアックなクイズに
東大王は…]

[それは…]

[市場規模は 4, 800億円と
過去最高を更新し 今や…]

[SNSでは トレーニング後の
腹筋画像と共に

#腹筋女子や プロテイン女子と
投稿する女性が 急増!]

[さらに
ベストボディ・ジャパンという…]

[女性の参加者が 年々 増加]

[もはや 筋トレは
男性のものだけでは なくなった]

[そこで 今夜は
人に見せられる…]

[しかし そんな彼らにも…]

(春日)せーの…。

(8人)普通に
筋トレをしているだけなのに

周りから引かれて 困ります。

(さんま)あ~…。
まあ 引かれるというかな。

(春日)たびたび 困る場面が
あるんですよね。

食べることも トレーニングの一環なんで
結構 色々 気ぃ使って

食べ物を選んでるんですけど…。

おいしい物って。
炭水化物は 一番 制限して

過ごしてるので。 この間も…。

(春日)食べるみたいな ロケが。
(さんま)トライアスロン。 食べ物トライアスロン。

(春日)で 打ち合わせのときに
ディレクターさんに 私が

米 食べなくてもいいですか?
って言ったら…。

(春日)じゃあ 何 食べるんだ!?
みたいな。

(小島)寿司でね。
(春日)寿司 ラーメン 天丼で

何 食べるんだ!? って話に
なっちゃって。

(小杉)結婚してる人は。
(春日)理解してもらってるんで

一応…。

(小杉)へぇ~。

(春日)そういう感じで。

(さんま)ご飯を食べないように。
(春日)夜なんか 特に

食べないようにしてるんで。
(島崎)おいしいのに~。

(駒場)食べもんでいうと 僕ら…。

(駒場)お菓子が出てきたりとか
ラジオで 試食して みたいな

放送中に食べないといけないとき
ラジオなのを いいことに

食べずに…。

それ 腹立たないの!?
仕事で 食べてんの

相方 食べへんって 何やねんって。
(内海)でも その…。

何が?
横に ずっと おるから 話 分かる。

(国生)でも 反対に…。

そうなんですよ。
(国生)そうなんだ!

おいらも この2人と
長年 やってるけど

こうなりたくないと思うもんな。
(小杉)そうですね。

(小杉)追い込み過ぎなんです!
収録前に 岡田先生。

関係ある!?

(小島)
僕なんかも 自分が鍛えてると

周りも やっぱり これが
いいんだよっていうふうに

思っちゃってて。

(小島)行ったんですよ 4人で。

(小島)走ろうとか。

てやってったら
僕は 普段から やってるから

よかったんですけど…。

ハワイで すごい テンション
上がってたんですけど…。

離脱していくわけやな。
(小島)離脱してって 陰で

「あれは マッスルハラスメントだ」って
言われてたっていうのが…。

マスハラ!?
(小島)マスハラをしてしまったという。

(竹山)おんなじ時期に…。

(竹山)そしたら 後輩同士が 島は
違うけど 連絡 取り合うんですよ。

そしたら 小島が連れてる若手から
マウイ島から オアフ島に

「助けてください!」って
連絡 入って

うちの後輩から 「どうした?」
っつったら 「小島さんが

マウイ島で めちゃくちゃなこと
やってます」 今 行けないなって。

(島崎)筋トレばっかりして。
(ダレノガレ)何か 私…。

(国生)分かる!
(ダレノガレ)分かります!? 背中に

ムニュってされたとか なったら
嫌なんで。

硬い体って 男 好まないやんか。
(ダレノガレ)いや…。

(ダレノガレ)3日前から…。

抱いていい体を つくってるの!?

(加藤)え~!?

もう そうしか 嫌なのか!?
もう 嫌なの!

その体と プライベートの体
全部 分けてるんで。

嘘やん!? それは
分からんではないんですか?

(小倉)それが できるのに…。

(島崎)「抱かれると」!?
生々しい!

(小倉)ハグされると
今 これは…。

(マツコ)じゃあ 彼氏とかと
会うときは 緩くするの? 体を。

(ダレノガレ)緩くします。
嘘!?

でも…。

だから それまでに…。
いろんな体を

毎日のように 変化させてるんだ?
変化を すごい させてます。

(小杉)ホンマかいな!?

(小杉)嘘つけ‼

どこに 口 挟んでんねん!? お前。

(大久保)分かります。

(大久保)ちょっと
そういう おじさんの好みの…。

(ダレノガレ)あ~。
(ほのか)確かに…。

(大久保)「顔じゃない」って 何だ?
何か 今 この流れ…。

この流れで言ったらさ…。
ものすごい 失礼や それは。

入ったよね? 前に。 失礼だよ。

(ほのか)違います! だから
例えば 一夜かぎりの関係でも

顔は 忘れてっちゃうけど 体つき
すごい 良かったなって思って

また 会いたくなって
やっちゃうんですって。

顔 忘れるなんか あり得ない。

(竹山)体だけ 覚えてるって
両方 遊び過ぎだよ! ちょっと!

(加藤)ダレノガレさんの
ベストなときと

太っていたときの お写真が
あるということで。

これ 67kgあって。
そっから… 今が ベスト体形です。

でも これでは 男性には 会いに
行けない。 これ 仕事用の体です。

デートしようと思ったら 3日前
以上に 言わなきゃ駄目なんだ。

3日前だったら 平気です。

触らせないの!?

いや キスは いいんでしょ?
キスは いいですけど

こうやっちゃ駄目だよっていう。
えっ! こうすんの!?

だから そうならないように
これ 巻いてるんですよ。

何を?

こんな細いの!?

これを!?

これ以上 あんま 伸びひんやんか。
これ 伸びないです。

(マツコ)あんな細いの!?
こんなん!?

こんなんやで! へぇ~!

ちょっと 身に着けてみよう。

(駒場)何の時間なんすか?
楽しい時間!

(ほのか)何か 変態。

(加藤)そして もう1人
ベストなときの写真を

持ってきていただきました。
こちらです。

≪うわ~!

怖っ!
(ほのか)カッコイイ!

怖っ!
何あれ?

(加藤)横川さんですが 何と…。

(加藤)そして…。

完璧っすね。

(岡田)ていうぐらいの選手。
しかも 始めて 6年ぐらい?

(横川)5年ですね。
(岡田)5年でなんで 相当な快挙。

(岡田)日本一になっても 世界で
戦えない人が 多いんですけど…。

日本人は 不利ですもんね。
(岡田)いきなり 世界4位なんで。

と 努力だ!

大阪で 出させて
もらってるんですけど たぶん…。

そんな 憧れなの!?
(駒場)横川さんの 横に座るのは

ホントに 名誉なこと。
(マツコ)お前…。

バカは… さらしてないっすよ!
(小島)もう ホントに 今…。

(マツコ)マジで!?
(小島)恥ずかしくて 脱げない。

(加藤)実は そんな横川さんが
トレーニングが終わった後に

周りから引かれちゃう ある行動を
取っているということですが

こちら ご覧ください。

[昨年
日本ボディビル選手権大会 優勝]

[さらに 世界大会で
4位入賞を果たした 横川さん]

[そのトレーニング内容は
すさまじく…]

[ゴールドジムで 一番重い
91kgのダンベルを

軽々と 持ち上げ…]

[続いて 背中を鍛える
デッドリフト。 何と…]

[そして
数々のトレーニングの中で

スタッフが 一番驚いたのが
こちら]

[脚を鍛える レッグプレス。
な な… 何と…]

(スタッフ)誰がですか?

[これらのトレーニングだけでも
ちょっと 引いちゃう

レベルですが…]

[この後 自宅に帰り
トレーニングの疲れを 取るため

お風呂へ。 そこで…]

(横川)えっ? いや これ…。

(スタッフ)プロテイン!?

皮膚からも 吸収できる
と思ってんの?

バカだ!

「マジかぁ」!

(加藤)何で 始めたんですか?
(横川)やっぱ…。

誰かが やってること やってても
仕方がないんで…。

プロテイン風呂。

(マツコ)「あい?」って。
でもね 皮膚から入るよ。

いや 俺は どぶろく風呂 いうの
入ってるから。

(谷本)物によりますね。
(横川)皮膚から 入んないんすか?

(谷本)入んないっすね。

何やねん! それは。

(加藤)はい 梶本さん。
(梶本)こういったね ちょっと…。

先生 正直に 筋肉バカって
おっしゃってください。

(梶本)あのね 運動をすると
才能っていうか 能力が開花して

例えば…。

(梶本)
報告が 幾つも あるんですね。

スクワットとか ランニングとか
縄跳びとか どっちかっていうと

下半身を鍛える運動をした場合に
非常に 顕著に出るんだけど。

(梶本)ただね 上半身を鍛える
筋トレをしても 一切 実は

頭が良くなる効果は なかった
という結果が出てるんでね。

(梶本)そもそもね 上半身
こうやって 一生懸命 鍛えて

これで 賢くなるんだったら
猿 めちゃくちゃ 賢くなったはず。

まあ 動物の中では 賢いけどね。
(梶本)そもそもね…。

これ 実は…。

人類というのは やっぱり 脳を
一生懸命 大きくするために

栄養とか 酸素を
供給しなきゃいけないから 実は

筋肉自体は どんどん
退化させてきたんですね。

(梶本)アウストラロピテクスの 初期人類から
今に至るまで 400万年の間に

いろんな臓器も
進化してきたんだけど…。

(梶本)でも 一方ね…。

(梶本)これが でもね 逆に言うと
人類の進化は

筋肉の退化に 伴ってる
っていうことなんですね。

(梶本)だから 今
やってらっしゃることは 逆に…。

(竹山)聞いてないでしょ!
(マツコ)カメラさん 見てあげて。

「何 話してんだ?」って。
「俺は これが できる」っていう…。

≪すごーい!

人が 真面目に話してるときは
真剣に聞くもんや!

(加藤)はい 岡田さん。
ないものだから 美しく感じるし

迫りたいって気持ちが
あるじゃないですか。

(岡田)逆に言えば 続いてる人
っていうのは すごい人たちで

誇れることじゃないですか。
だから 胸張って 関係ねえって

やったらいいじゃないですか。

(竹山)駄目だって…
聞いたろ! 先生に。

(竹山)意味がないって 聞いたろ!
(横川)あっ そっか! 言ってたな。

(横川)誰が 言ったんでしたっけ?

(加藤)はい 植木さん。
(植木)トレーニングなさってて…。

(植木)いろんなことが 交ざった
心だと思うんですけども。

(植木)こんなに…。

一番重要なのは…。

(植木)皆さんに対する。
そういうことか。

(植木)美しいからっていうことに
対する ジェラシーではなくてですね

何か 達成感を持って 夢中に
なることを 見つけている人って

うらやましいんですよ。

(植木)なかなか そういうのを
見つけられないで生きてますから。

(大久保)でも 先生
ジェラシーって言いましたけど…。

(ダレノガレ)え~! ホントですか!?

誰が言うてんねん アホ!
さっきから。

(ダレノガレ)めちゃくちゃ 幸せですよ。

(小杉)めんどくさい感じって 何!?

(国生)大久保さんが
そう言ってるの 分かるのは…。

(小杉)めんどくさいって 何や!?
めんどくさいって 何やねん!

(竹山)そういうふうに 見えるのよ
だから 悩みがちな人が多いから

余計に そういうことやると
もっと 悩んじゃうでしょ?

楽に生きられるよと思うんだけど
結局 楽に生きると 自分が

駄目と思うから 追い詰めることが
自分が 楽だと思ってんだけど。

でも それは…。

(竹山)ほんで 私 こうやってます
って言ってくるけど…。

何で!?

(大久保)必死で。
竹山の意見や! なあ!

(谷本)竹山さんは たぶんね
筋トレを ものすごい 長時間

やってると思ってるでしょ。
駒場さん めちゃくちゃ 短いです。

ヘビーデューティーっていうんですけど
その手法で やってるので 別に…。

それは…。 それ 言うたら…。
(小杉)相当 ショックやってんな。

(小杉)普通 芸人やったら
おい! って言うのに タハハハ…。

(駒場)これに関しては
立つことも できなかったです。

(小杉)ほんで…。

(内海)後輩とかも 気ぃ使って
いるんですけど ホンマに…。

(小島)時期がある。
(駒場)大会前の時期は。

打ち上げで
エイヒレ 1枚で つなぐの!?

一番先輩が エイヒレ 1枚しか…。
(駒場)3時間かけて 食べてます。

(ダレノガレ)めちゃくちゃ おいしい!
(ほのか)分かる!

(マツコ)ほらっ!

(マツコ)勝手に やってりゃいい。
私 何も言ってないけど…。

みたいに言うわけよ こいつら。
(小杉)ブチギレてるよ!

(竹山)どっかでね…。

でも…。

(小杉)ブチギレてる!

バカにしてんの?
(春日)バカにはしてないですよ。

(ほのか)ベストボディ・ジャパンで…。

(ほのか)ホントに…。

(竹山)20代に見えたら
しょうがないんだよ 50代で!

(ほのか)しかも
言ってるとおり ホントに…。

(加藤)はい 門倉さん。
経済学から。

(門倉)例えば…。

(門倉)筋トレしてる人ってのは
仕事で 忙しい中で

時間をつくって 筋トレしてるので
やっぱり 時間の管理が

重要になってくるので オンと
オフの切り替えが うまいと

仕事の効率も良くなって 年収も
上がりやすいということだと思う。

筋トレしていなかった
ということなので…。

どっちが 先なの?

金に余裕があるから 筋トレする
余裕があるんじゃないの?

(マツコ)
そう言うと 何か あれだけどね…。

(島崎)私たちの世界はね。
(春日)それは もう…。

それ おしまいなのね!?
(加藤)はい 植木さん。

(植木)何が違うか… 幸せだって
答える人が 多いかというと…。

なるほど!

1つのことを ストイックに
突き詰めた人が 必ずしも

すごく 充実した人生だったって
後で 思わないかもしれない。

(植木)ですから 今後 皆さんも
数を増やすっていうか…。

今 僕 5つ以上 ありますけど
それでいいんだ! 幸せなんだ。

だから 主観的には
幸福だと思いますけれども。

筋トレの量を減らすとか
筋トレを やめるっていう方向に

行くんではなくて
他の趣味も 増やすってことが

課題になると思います。
そうすると バランスが取れてて

人から見て
引かれないと思いますけどね。

国生は 何で やろうと思ったの?
だいたいは。

私 18の
おニャン子に入ったときから

自分が あんまり イケてない
っていうのが分かったので

そこから もう ジムに通い始めて。
18から… おニャン子のときから

やってんのか!
それから 続けてんの!? ずっと。

(国生)だから…。

(駒場)一番いいですね。
一番いいって そうしたいのか?

(ほのか)行くまでが 大変です。

(小倉)有酸素になっちゃうんです
あんまり やると。 痩せるけど。

そうなんだ!

タクシーで行って タクシーで帰ります。
外で 走ったりしていったら

筋肉が つかないのか!?

(加藤)国生さんは どうですか?
私…。

ずーっと… こういうので
やったんだけどとか

こういうこと できるかなとか。
みんなに こういうメンバーに

すごい すごい! とか
言うてもらうのが。

(ダレノガレ)すごい! これ すごい!
でも 奇麗な体やなぁ。

(マツコ)え~!
姉さん あんなことしてんの!?

すごいね 国生姉さん!

あっ! これ すごいわ!
えっ? これ すごいの!?

(国生)体幹で支えるので…。
難しいの!?

すごいなぁ。 これ 見て みんなが
すごい! 言うてくれると

国生 すごい うれしいんだ?
うれしい!

(大久保)こういうのを
SNSで 上げられると

こっち側は
すっごい 嫌な気持ちに…。

(大久保)何か すごい
自分が 駄目な人間に思えて。

大久保
ここで 回ったらええやんけ。

確かにね 骨だから…。
(ダレノガレ)大久保さん 上げたら

めちゃくちゃ 増えますよ
フォロワー数。

(ほのか)なおさら 体が…。

あの人 口 達者や!
達者な人だと思ってんの!?

(小杉)口が達者で 口が出てる人と
思うてるんですか!?

しゃべり過ぎちゃって?
(大久保)進化しちゃって?

(加藤)はい 谷本さん。
(谷本)今…。

僕ら 話してたんですけど…。

(マツコ)腹筋なんて
四半世紀 したことないわよ 私。

[まず 1人目は…]

[その中で 気付いたのが
飼育放棄など…]

[そのために…]

[現在…]

[そんな奥田が…]

え~!?

みんな やってるというか…。

(奥田)そのまた 前は…。

(奥田)
ご飯を得ていたんですけれども…。

早過ぎて。
(奥田)そうなんです。 で 暇で。

(奥田)それによって 心の問題も。
ゆっくり あげる方が 正解なのか。

なので こういったですね…。

はっはぁ~! 遊べるやつなんだ!
≪なるほど!

(島崎)
かわいそうに見えちゃうけど。

(奥田)時間をかけて 食べることが
重要なんですね。

(加藤)これが 楽しいんだ。
(奥田)楽しいんです。

(奥田)人間でも そうですよね。

もちろん そうですよね。
あ~ なるほど!

(マツコ)あっ そう!
(吉田)うち…。

(奥田)いいんじゃないですか。

(吉田)俺も…。
(マツコ)あれじゃないと…。

どこでも ある物だと…。

タオル 敷いてもらって
中に フード ばらまいてもらって。

ちょっと 包んでいただいて
簡単に くるっと ひねるだけです。

(奥田)縛ってあるので
初めは ほどけないですけれども

これを 犬が ころころと…。
(島崎)自分で 遊びながら やる!?

これが 楽しいねや!?
ストレスじゃなくて。

[では クイズ王 伊沢に
奥田から

ペットの心理に関する
筋金入りクイズ!]

(加藤)見事 正解した場合は
先生から お薦めの…。

これ ええわ!
吉田に あげて! 正解して。

(伊沢)頑張ります。

て 言ったりしますけれども

行動学的には
何々性排尿といいますが…。

何々性って 何でしょう? という。
専門用語で。

うれしょんしたら うれしいよね?
うれしいです?

あれが ヒントやわ。
うれしくないんじゃない?

でも すごい喜んで しとるで!?

先生が 犬だとして
もし やるとしたら

どんな感じになっちゃいます?
(奥田)ちょっと やりましょうか。

うれしょんを!?
(島崎)犬の気持ち 分かるから。

(島崎)ホントだ! 若いころの。

(奥田)じゃあ
さんまさんが 飼い主さん。

(奥田)帰ってきた お父さん。
で 犬。 いい?

ベル! 帰ってきたよ!
(奥田)ワン! ワン!

よしよし! よしよし!
ワンワンワンワン ワンワンワンワン…。

(伊沢)結構 行ってはいたけど…。

行ってはいたけど…。

どうでしょう?

(吉田)何やねん!

すいません!

正解は 服従性排尿です。
服従性?

(奥田)相手に対して
少し 脅威があったりとか。

要するに あなたに 服従します
という…。 そうですよね!?

ていう意味での
排尿であることが多いですね。

(奥田)あとは 興奮し過ぎちゃって
排尿する 興奮性排尿っていう。

俺なんか…。

今 久々に行ったりするとって…。

(小杉)ベルも いるんや。
ルルちゃんだけじゃない…。

[続いては…]

[折り紙といえば
子供の遊びと思われがちだが

今や…]

[応用されるほどに]

[三谷は そんな折り紙の中で…]

[ついには
折り紙を 設計するためだけの

コンピューターソフトを 開発]

[そのソフトで作製した 設計図を
基に 三谷は…]

[珠玉の ホンマでっか!?な
折り紙を作り上げた!]

先生が 作り上げた作品
こちらです。

(島崎)これ!?
ここまで できるってことやけど。

(小杉)1枚から これって
すごいっすよね。 切らずにでしょ。

切り貼りは…。
(三谷)してないです。 1枚の紙。

ていうことは…。

(三谷)この形であれば
こういうふうに 正方形の紙…。

へぇ~!

(マツコ)ずいぶん 何か…。
(三谷)試してみてください。

(マツコ)もうちょっと 複雑な物
解いてもらえると…。

これは… これは 何ですかという。
(三谷)何かの形ではないけど…。

(島崎)ヤダ~!
違いますよ!

先生 折られたんですか?
(三谷)はい。

いろんな物に…。
いいじゃない。

カワイイ。
でも ホントに…。

パーティーグッズね。
「売れます」やない!

三谷先生は
昨年 開かれた ラグビーワールドカップの

プレーヤーオブザマッチに贈られる トロフィーの
デザインにも 協力されていて

実際に オールブラックスの選手に
トロフィーの贈呈も されているんです。

これも 要するに 折り紙でできる
ということなんですか?

[その他
ホテルの ランプシェードや

帽子のデザインにも 協力。
さらに…]

ISSEY MIYAKE。
ドレス!?

ドレスも 作ってらっしゃるんだ!
(三谷)デザインの協力をしました。

(小杉)これは 1枚から
折ったわけじゃないですよね?

え~!
(島崎)すごい!

ごめんなさいね! おいら…。

[ここで クイズ王 伊沢に対し
三谷から…]

見事 正解の場合は 先生から
折るのに 1時間はかかるという

曲線折り紙を 1つ 差し上げます。
頑張ってください。

(三谷)表示されている展開図を
折ってできる 折り紙の作品が

前のテーブルの上に 置いてあります。
どれでしょう?

(マツコ)行って 見ればいいよ。
(伊沢)選択肢があるわけですね。

それ ちゃうぞ 絶対。

消去法でいったら これ 違う。

えっ!?
じゃあ これで お願いします。

これは 正解かも! どうぞ!

違うんだ!?

結構 合ってると思いました。
(吉田)あっさり 間違えたで!

たぶん これやて。

(伊沢)
これは かなり 違うと思います。

はっはーん! これやな!?

(島崎)お気に入りのやつだ。
(マツコ)お気に入り!

(三谷)どうぞ 試されて…。
あ~! こうなって。

こうするだけで。
ホントだ!

はっはぁ~! これは 一応
のり 貼ってあるんですか。

(小杉)
何で そこ 取りたいんすか!?

やりたい 違う!
俺 こういうの 好きやからやな。

これで…。
(島崎)1枚… お~!

まだ あと3個あるんで。

(伊沢)3個 取ります。

[続いては…]

[様々な…]

[永井は その…]

[鮮やかに光る 5色のタンパク質
ナノランタンの開発に 成功!]

[今や 世界的権威
といわれるほどに]

[そんな永井が この…]

[この…]

≪うわ~!

(永井)これは ナノランタン 3色が
導入されている ゼニゴケです。

(島崎)うわ~!

(永井)タバコの葉です。

(島崎)これ 光っちゃったの?
ライト 当ててるんじゃなくて?

(永井)これは ライト 当てずに
そのまま 光ってます。

(永井)あと 初公開なんですが…。
シクラメン。

お花とか うれしいですね
光ったら。

(永井)この技術を さらに
応用していくと 例えば…。

これ!?
(永井)あくまでも イメージ図ですが

将来的には
こういうのを 作っていきたい。

(島崎)街路樹!?
(永井)樹木を光らせると

将来的には
こういうのが 可能になるかなと。

(吉田)でも…。

それは 助かるよね。
それは 可能なんですね?

僕らでも…。

ポーンって ついたら…
「今日 行こか?」って

いや! 今日 これやねんって
ポーンって 光ったら。

いや 光らさんでも。

[ここで クイズ王 伊沢に
永井から…]

[正解の場合 永井から
紫外線を当てると 光る

光るタンパク質のペンダントが]

ここに映っている ハナガサクラゲ。
緑の部分があるんですけれども

この緑の部分から われわれの
研究室が 最近 発見した

酸性条件でも 緑色に光る
蛍光タンパク質を

ガミラスと名付けました。
そのガミラスの由来は 何でしょう?

ガミラスという名前の由来は
何でしょう?

たぶん 50歳以上の人じゃないと
分からない問題ですね。

(永井)さんまさんは
分かるかもしれません。

どうぞ!
ガミラスが 酸の…。

ガミラスって怪獣が
酸の雨と 関係しているから。

何や!? お前!

正解は?
正解は…。

その ガミラス星が持つ海は…。

酸性なんですね。
なので そのように 名付けたと。

(島崎)そっから 取ったの!?
へぇ~!

これで…。

[続いては…]

[日本では あまり…]

[実は…]

[アメリカをはじめとする…]

[専門の機関ができ…]

[さらに アメリカの…]

[三枝は 日本では
まだ 確立されていない

法昆虫学の第一人者であり

現在では 警察からの
捜査協力依頼も 集まっている]

[そんな三枝が 研究し続けてきた
法昆虫学が 導き出す

珠玉の ホンマでっか!?が…]

(島崎)すごいね。

おっしゃってましたね。

(三枝)という 分野になります。

そこで…。

ていうふうな 連絡を受けたら…。
行くんだ!

(三枝)実際には
虫の成長段階といいますか

卵なのか 幼虫なのか
さなぎなのか。 あるいは

そこに付いていた虫さえ
死んじゃったのかということで

どれぐらいの時間が たってますね
ということを推定して

警察に お伝えする
という形になります。

日数によっちゃあ。

[それでは クイズ王 伊沢に
三枝から 筋金入りクイズ]

見事 正解した場合は 死体から
虫を採取するのに 最適な

志賀昆虫普及社のピンセットを
差し上げます。

コバエが
死体に 多く付いていて

他の虫が
ほとんど いないような場合

どのような状態に
死体が 置かれていた可能性が

高いでしょうか?

コバエの習性が 関係している?
そのとおりや!

(マツコ)どういう立場よ!?

他のが 入ってこないのが 大事?
(三枝)他が 入れないというか。

何や!? 急に!
(伊沢)そうですね! そのとおり。

[クイズ王 伊沢…]

[クイズ王 伊沢…]

地下室?
(三枝)そこまで 行かなくても…。

そこまで 行かない!?
先生 答え お願いします。

正解は 屋内で 特に
たんすとか 押し入れの中に

死体が 隠された場合になります。
(伊沢)へぇ~!

(三枝)ショウジョウバエは
他の虫に比べて 小さいので

隙間から入ってくることが
可能なんですね。 そのため

屋内のたんすや 押し入れで
発見されたような死体で

多く見られることがあります。

(伊沢)何も 今日…。

何一つ できてないんですよ。
でも…。

[最後は…]

(藤井)もともと…。

[そんな藤井は…]

[そこで…]

[その後 世界各地に 飛び…]

[そんな彼のかばんには 土の
大切さを 多くの人に伝えるため

常に…]

[そんな 土の研究に没頭する
藤井が 導き出した

珠玉の ホンマでっか!?が…]

はぁ~!
(藤井)日本の田んぼの土が これ。

(藤井)特に 有名なのが 荒川の
運んでくれた土砂が 堆積した

田んぼの土。 これ 荒木田土
っていうんですけど。

(藤井)
お相撲さんが やられる 土俵…。

(藤井)
水持ちが良くて ねばねばしてて。

(藤井)土なんて 何でもよかろうが
と思いそうなところですけど

力士さんたちが やってみると
この土は ひび割れて 痛いとか

滑りやすいとかの中で
みんなが 結論に出したのが

荒木田土が 一番ええと。

(藤井)スプーンで 磨けば
泥団子も 奇麗に…。

こんな 石みたいになるんだ!
すごい…。

(藤井)土の中では 身近な。
この 何がいいかっていうと

日本って ほっとけば 雨が降って
カルシウムが 流れてしまうけど

田んぼで 回収して それを
カルシウムを 田んぼに入れることで

酸性の土を 中和することができて
日本の土は すごく良くなる。

すごいなぁ!

[では ここで クイズ王 伊沢に

藤井から 土に関する
筋金入りクイズ]

正解した場合は 先生から
先ほど ご紹介いただきました

荒木田土で作った 泥団子を
差し上げます!

(マツコ)座布団 付いてます!?
(藤井)これ 持参して…。

海外の土仲間が

「お土産に あれ 持ってきて
ほしいんだよな」って言う

山菜採り用の 土壌調査道具が
あります。

これは 外国で
何て呼ばれてるでしょうか?

(藤井)日本のオノマトペが 入ってます。
たぶん そうやろうな。

では 伊沢さん お願いします。

ザクザク!

≪惜しいって 何なんだろ?
(藤井)正解は… 実はですね…。

持ってきてるので ご覧ください。

お~!
掘ってるから!?

(藤井)掘るってことが たぶん
彼ら 「ホリホリ! ホリホリ!」

(マツコ)これ ホント ちょっと…。

(吉田)1回…。

[新型コロナ騒動の裏側で 何が!?
さらに…]

え~! すげえ。
[さんま・マツコ 驚愕の…]


関連記事