直撃!シンソウ坂上【福島第一原発の内部に坂上が潜入…震災10年目の現状に驚く】放射能汚染された場所へ坂上潜入…


出典:『直撃!シンソウ坂上【福島第一原発の内部に坂上が潜入…震災10年目の現状に驚く】』の番組情報(EPGから引用)


直撃!シンソウ坂上【福島第一原発の内部に坂上が潜入…震災10年目の現状に驚く】[字]


東京電力が全面協力!世界最大レベルの原子力事故…東日本大震災で津波直撃…水素爆発…メルトダウン…今も放射能汚染された場所へ坂上潜入…終わりない廃炉作業


ご案内

番組の最新情報・関連情報は「直撃!シンソウ坂上〈公式〉ツイッター」(アカウント:@ss_fujitv)で!

番組内容

今から9年前の3月11日に発生した東日本大震災。この時、福島第一原子力発電所は巨大な津波にのみ込まれた。現場は、水素爆発が立て続けに起こり、放射性物質がまき散らされるという非常事態。東日本大震災が起きてから10年目、世界最大レベルの原子力事故を起こした福島第一原発の今に迫る。東京電力の全面協力のもと、番組MCの坂上忍が福島第一原発を直撃取材。9年前に起きてしまった原子力事故の真相とは!?

番組内容2

そして今回、福島第一原発の内部を、民放ゴールデン初公開する。


世間を騒がせた「人・事件」などの“今”を、坂上が追跡&直撃し、真相を突き止めていく“ジャーナリズムバラエティー”『直撃!シンソウ坂上』に乞うご期待。

出演者

【MC】

坂上忍 

【ゲスト】

カズレーザー(メイプル超合金)、川田裕美

スタッフ

【制作統括】

石塚大志 


【チーフプロデューサー】

大川友也 


【総合演出】

島本亮 


【プロデューサー】

五十嵐剛 


【演出】

山﨑貴博 


【制作】

フジテレビ 第二制作室


『直撃!シンソウ坂上【福島第一原発の内部に坂上が潜入…震災10年目の現状に驚く】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

直撃!シンソウ坂上【福島第一原発の内部に坂上が潜入…震災
  1. 木元
  2. 号機
  3. 坂上
  4. 場所
  5. 福島第一原発
  6. マイクロシーベルト
  7. 阿部
  8. 事故
  9. 年目
  10. 原子炉
  11. 原子炉建屋
  12. 水素爆発
  13. 津波
  14. 放射性物質
  15. 警告音
  16. 建屋
  17. 原子力事故
  18. 現在
  19. 現場
  20. 作業


『直撃!シンソウ坂上【福島第一原発の内部に坂上が潜入…震災10年目の現状に驚く】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。


[今から 9年前]

[そして この 巨大な津波は

福島第一原発を のみ込んだ]

[立て続けに 起きる…]

[まき散らされた…]

[世界最大レベルの

原子力事故を 起こした
あの場所は

10年目を迎えた 今

どうなっているのか?]

[今回は…]

[そこには 驚きの光景が]

[さらに…]
(警告音)

[いまだ 残る 放射能]

[被ばくを知らせる 線量計の
アラームが 鳴り響く]

[坂上が いるのは

東京電力から 指定された
福島県 富岡町]

[第一原発から
わずか 10kmほど]

[3年前に 避難指示が
一部 解除されたばかり]

[人が住むことが 許されている
原発に 一番近い場所と いえる]

(坂上)あそこ
コインランドリー あるし。

こうやってると…。

[この先で 待っていたのが…]

おはようございます。
(阿部)おはようございます。

坂上と 申します。
よろしく お願いします。

(阿部)東京電力の
廃炉推進カンパニー 阿部でございます。

よろしく お願いします。
(阿部)よろしく お願いします。

今日…。

(阿部)いえ。 ホントです。

[今回 坂上が 直撃するのは

事故 10年目。 現場に
行ったからこそ 分かった

5つの真相]

[ここから 早速
車に 乗り込み…]

[すると…]

(阿部)
今 看板が 出てきましたね。

ホントだ。

[見えてきたのは
帰還困難区域の 看板]

[そこには…]

うわ。 あれ

むき出しに なってるわ。

[さらに こちらの店舗。
震災を 感じさせないが

中を のぞくと…]

[食事中に 地震に遭い

慌ただしく逃げた
生々しい様子が うかがえる]

[一方…]

(阿部)このエリアもですね…。

[さらに 帰還困難区域では

放射能で 汚染された土などを
取り除く 作業に当たる

作業員たちの姿が]

あのビニール袋 そうですよね?
(阿部)フレコンバッグという

黒い 大きな袋の中に 入れて

除染をしたものを
きちんと 保管してあります。

[そして…]

ちょっと 申し訳ないけど…。

[実は この バリケード。
人が いなくなった住宅での…]

[そんな 帰還困難区域に
今月…]

[駅周辺の地域に 限り
制限が 解除され

人が 立ち入れるようになった]

だから これを…。

[そして 走ること 15分。
いよいよ 福島第一原発へ]

[すると…]

(阿部)申し訳ありません。

[何と 到着前から
撮影禁止の指示が]

[ということで ここから
音声のみに]

[車は…]

おはようございます。
(木元)おはようございます。

よろしく お願いします。
(木元)よろしく お願いします。

(木元)実は…。

ですよね。

[われわれを 案内するのは…]

[事故の後 広報担当として
記者会見に 当たった人物だ]

[そして 今回のロケで
坂上が 訪れるのは

こちらの 6カ所]

[水素爆発を 起こした

原子炉建屋に向かい…]

[特別に 入ることが許された

1号機と 2号機の 建屋内部へ]

[原子炉まで わずか 20mの
距離に 潜入する]

[早速 準備のため
施設の中へ]

[ここで…]

[まず 用意されていたのは
3足の靴下]

(木元)これから入る 現場。
靴を 履き替えて 入っていきます。

(木元)その後 また
汚染する場所に 入るので…。

(木元)まずは…。

[ここでは…]

[取材を 終えた後に 体内に

放射性物質を 取り込んでいないか
確認できるよう

事前に チェックしておくのだ]

[さらに 専用ベストを 着用]

[すると…]

はい。

すいません。 頂きます。

[手渡されたのは
被ばく量を測る 線量計]

(木元)あります。
外から いらっしゃって…。

それを…。

(木元)そうですね。

[決められた 被ばく量を
超える恐れが 高まるため

取材中に 合計 70マイクロシーベルトに
達すると ロケを中止]

[原発から 強制退場となる]

[およそ 30分 かけて
ようやく…]

(木元)今 放射線管理区域の中に
入りました。 いわゆる…。

これ もう そういうことですか?
(木元)はい。 その中です。

[そして…]

(木元)これから 必要な装備も
ここで 取ります。

[大量の 全面マスクが ずらり]

お薦めが?

なるほど。

[これで 準備完了]

[ここは 水素爆発が起きた
原子炉建屋から

およそ 900m 離れた…]

[毎年 春になると
400本の桜が 咲き

作業員の 癒やしになる場所]

ですよね。

[今では 敷地内の ほとんどで

私服や 簡単な装備で
動けるようになったが…]

[事故直後は 完全フル装備の
作業員たちが 行き来していた]

[いったい なぜ
軽装で 大丈夫になったのか?]

[その訳が
フェーシングという 対策]

(木元)もともと…。

(木元)逆に…。

[一方…]

[事故の後 海へ 流れ出るなど

大きな問題になっている 汚染水]

[原子炉建屋に 入りこみ

放射能に 汚染された
雨や 地下水などが

増え続けていると
問題視されている]

[この対策として

原子炉建屋を 囲むように

土の中に 氷の壁を 作って

水が入るのを 防いだり…]

[海に 漏れ出ないように
している]

[今 汚染水問題は
どうなっているのか?]

[坂上の…]

これって 何ですか?

[実は 今 汚染水に含まれる

放射性物質の 大部分は
取り除かれ

処理水として 敷地の中に
保管されている]

[その量は すでに

東京ドーム 1杯分]

[そのため かつて
福島第一原発の 敷地内にあった

テニスコートや 野球場
森だった場所も 今では…]

[ほとんど タンク置き場に]

[福島第一原発は…]

うわぁ。

[処理水のタンクで
埋め尽くされるまで

タイムリミットは
およそ 2年半]

[では どうして この場所に

ため続けなければ
いけないのか?]

[処理水に トリチウムという
放射性物質が 残っているのだが

今の技術では
取り除けないというのだ]

[しかし このトリチウムの量

健康被害を 及ぼすものでは
ないと言う 専門家もいる]

大阪でしたっけ?
「別に いいじゃん 流したって」

「うち 持ってくりゃ
いいんだよ」って

言ってたじゃないですか。
(木元)そうですね。

(木元)そのために…。

(木元)いくら…。

まあ でも もう…。

[政府は
基準値以下に薄めて 海に流す]

[蒸発させて 大気に放出するなど
方法を 模索しているが…]

[そして…]

ああ。 そういうことなんですか。

[このような車は
敷地内専用の車両として

使っているという]

[坂上の 被ばく量は…]

(坂上)まだ ゼロ。 俺。

(木元)そうですね。

ああ。 ホントですか。

[続いて 向かったのは

水素爆発が起きた 原子炉建屋]

[事故 10年目]

[今 どうなっているのか?]

(木元)もうちょっと
近づいていきたいと 思います。

[今…]

[9年前]

≪本店。 本店。
大変です。 大変です。 爆発。

[世界最大レベルの
原子力事故を 起こし

刻一刻と変わる 状況を

日本中が 固唾を のんで
見守った あの現場]

[10年目の 今
どうなっているのか?]

えっ?

これ ですから もう むき出しに
なっちゃってるのが 1で。

(木元)1号機です。
目の前が 2で。

うわぁ。

遠目から 見たら
ちっちゃく 見えたもん 建屋。

でも…。

[事故が起きた 建屋まで
わずか 100m地点]

(木元)もともと 屋根材が
あったところ。

[最初に 水素爆発を 起こした
1号機は…]

[がれきの撤去が
進んでいるとはいえ

当時の面影が 残ったまま]

[一方…]

(木元)4号機も 見てのとおり

当時 ぐちゃぐちゃに
壊れていますけれども

今は 大きいカバーを つけて。
あれ そうですもんね。

(木元)今…。

取り出せて。

[同じく 水素爆発で
激しく損壊した 3号機は…]

[鉄骨が 吹き飛び
原形を とどめない

見るも無残な 姿に]

(木元)実は ここからですね
こういった がれきを

撤去する作業を
ずっと してきたんですね。

それで 今 あれですか?
(木元)はい。

[その 3号機の 現在の姿が
こちら]

(木元)がれきを 全部 取って
それから

今 見える ドームカバーを
つけました。

あれ カバーなんだ。

[がれきを 撤去し
粉じんが 飛び散らないよう

カバーを 設置]

[今後 1号機も

同じような対策を 施すという]

[ここで…]

(男性)見えますかね?
ほぼ 100ですよ。

(男性)100 超えてますね。

[この場所の…]

[ここに…]

(木元)限度ですね。

あっ そっか。

[ここは…]

[がれきに 残された
放射性物質が

今なお 放射線を
発し続けているのだ]

[しかし がれきの撤去が
少しずつ 進んだことで

10年目の今 放射線量は
かなり 低くなっているという]

[ちなみに 坂上が
高台にいたのは 5分程度だが…]

あっ! ただ まだ…。

[現在の被ばく量は
合計 10マイクロシーベルト]

[では 東京電力が
ルールにしている

今回のロケの 上限
100マイクロシーベルトとは

いったい どの程度の
被ばく量に 当たるのか?]

[例えば 歯の エックス線写真を

1回 撮影すると

被ばく量は 20マイクロシーベルト]

[胸の エックス線検査なら

1枚で 60マイクロシーベルト]

[つまり…]

[ここから さらに

事故を起こした 建屋に 接近]

[事故 10年目を迎えても

放射性物質を含む 粉じんが
舞っているため…]

(木元)そうですね。

(警告音)

(木元)今 線量計の アラームが
鳴りましたね。

[こちらの線量計は
20マイクロシーベルトごとに…]

(警告音)
あっ あっ あっ あっ。

[警告音が鳴る 設定]

[原子炉建屋の 近くにいるため
数値が 上がっていく]

[現在の 被ばく量は…]

[20マイクロシーベルトだ]

だから…。

(木元)そういうことです。

[残る ロケ場所は 4カ所]

[緊迫感が 高まる中
向かったのは…]

[事故直後は 放射能で汚染され

近づくことさえ できないような
場所だった]

[当時 無残な姿を 見せていた
3号機]

[今 真下から
見上げてみると…]

うわぁ。 ちょっと 何か…。

[さらに…]

[あの巨大津波が 直撃した場所で
坂上は…]

[今から 9年前]

[世界最大レベルの
原子力事故を 起こした

福島第一原発]

[当時 東日本壊滅の危機とまで
いわれていた まさに

その現場に 潜入する]

[坂上は
原子炉建屋を回りこんで 海側に]

[そこは
あの巨大な津波が 直撃し…]

[全てが 水に のみ込まれた
まさに この場所]

[10年目を迎えた 今
どうなっているのか?]

うわぁ。

[今も はっきりと残る…]

[しかし…]

[この場所が 9年たっても

手付かずのまま
片付けられないのには

大きな理由があった]

[実は…]

[建物を解体して 生まれた

新たな がれきは 敷地内で

保管場所を
確保しなければ ならないのだ]

結局 だから…。

(木元)そうですね。

ですよね。 はあー。

[さらに…]

[坂上が 身に着けている
マスク ベスト 軍手なども

敷地の外には 持ち出せない]

[このように…]

[この後…]

[そこで 見たものとは…]

[さらに…]

[福島第一原発の 敷地内は…]

[それぞれ
装備が 決まっている]

[マスクや 手袋だけの
軽装から…]

[防護服を
二重に着込むものまで 3種類]

[防護服を 着たら…]

[布手袋の上から
ゴム手袋]

[隙間から…]

[その上から ゴム手袋を 追加]

[さらに…]
(木元)次は

いよいよ 全面マスクです。

[最初に 受け取った
全面マスクの 出番]

[これで…]

はい はい はい。

お願いします。

[全面マスクと 防護服での作業は
やはり…]

[車に 乗り込み…]

[放射線量も どんどん
高くなっていく]

(警告音)

[線量計から…]

[現在の 被ばく量は

合計 40マイクロシーベルト]

[70マイクロシーベルトを
超えると

ロケ中止と なってしまう]

[世界 最大レベルの
原子力事故を 起こした

福島第一原発…]

[わずか…]

[世界 最大レベルの
原子力事故を 起こした

福島第一原発…]

これ でも。
やっぱ こっち 入ると…。

[臨時に引かれた
電源ケーブルも そのままだ]

(木元)こういった 仮設の
電源ケーブルが 残ってますね。

[津波の被害に 遭わなかった
2階に 上がると…]

[そして ついに

事故を起こした 1号機と
2号機の 原子炉から

わずか 20mの 距離にある…]

[まさに 心臓部]

[この 中央制御室で
コントロールできなければ

原子炉は 制御できずに
暴走してしまう]

[事故当時
まさに この場所が…]

[さらに…]

[原発を襲った 巨大な津波が

見る見るうちに
施設を のみ込んでいった]

[大量の海水は 地下にあった
非常用の電源盤などを 水没させ]

[そのとき 2階にあった
中央制御室は…]

[津波の被害は 免れたとはいえ
前代未聞の事態が 起きていた]

(木元)真っ暗に なりました。

えっ? できるんですか?

(木元)もっと ちっちゃい
懐中電灯だったかも しれません。

[しかし…]

[電源が なくなったことで

原子炉を管理する メーターなどの
動きが 全て 分からなくなった]

[原子炉の状況を 確認すべく
作業員は 動き続けた]

[津波襲来から およそ 1時間]

あっ。 ホントだ。

[動いていた メーターが
あったのだ]

[しかし 手書きのメモも
むなしく

原子炉では 核燃料を
冷やすための水が

どんどん 蒸発していた]

[そして 恐れていた…]

[核燃料が 溶け落ちる
メルトダウンが 発生]

(木元)どうしようっていうか…。

[そして 津波から
24時間後]

[1号機が 水素爆発]

[さらに…]

[しかし このとき
爆発していない…]

[それは…]

[福島第一原発で
次々と 起きた…]

[しかし なぜ 爆発しなかった
2号機が

最も 危機的だと
いわれていたのか?]

[それは…]

[1号機と 3号機は 水素爆発で
建屋が 壊れたものの

格納容器の 大きな破損は
なかったが…]

[2号機は 核燃料の入った
格納容器の圧力が

異常に高まり 大爆発の危機が
迫っていた]

[当時 現場を指揮していた
吉田 昌郎 所長は

こんな言葉を 残した]

[そんな事態を 防ぐべく
作業員たちは

決死の覚悟で
原子炉に 立ち向かい

命懸けの 復旧作業を 続けた]

(木元)当然…。

(木元)真っ暗な中 行けるって…。

(木元)職員は…。

[結果的に 2号機は
大爆発こそ 免れたものの

壊れた 格納容器から

大量の 放射性物質を
まき散らすことに なった]

[坂上が…]

うわ。

[ここは 特別に
取材が許された…]

[事故があった 建屋にある
核燃料棒は

安全に 保管するために

全て この場所に
移さなければならない]

(木元)そういう意味では…。

[去年 3号機からの
取り出し作業が

始まったばかりで 現在…]

[全て 移し終えるのには
あと 10年 かかるという]

[しかし…]

[福島第一原発の 事故処理には
終わりが

まったく見えない 作業も]

[それが 1号機から
3号機に残る…]

[燃料デブリの 取り出し]

[10年目の今も 格納容器には

放射線量が 高過ぎて
人が入れない]

[そのため ロボットを使った
調査が 続けられてきた]

(木元)それに応じて…。

(木元)被ばくを
するようであれば…。

(木元)おっしゃるとおりです。

[こうした…]

[しかし
そのときに 福島第一原発が

どのような姿に なっているか?]

[政府の ロードマップに
具体的なことは かかれていない]

一つ 言えることは…。

(カズレーザー)安直に あのときのままと
言っちゃいますけど…。

僕は でも…。

何だろう。

そういうところで
やられてるから…。

でかい。

[トライアウトに 挑戦すると
宣言した…]

(新庄)ありがとう。

[いったい なぜ…]

[さらに…]

[そして…]


関連記事